FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009


韓国が核武装へ!米支板挟みで米韓同盟消滅に備えて体制完了・日本は韓国焦土化と共に自主核武装を急げ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07281515/?all=1
米中対立激化で韓国「二股外交」の限界 国論分裂の先には「核武装」?
鈴置高史 半島を読む 2020年7月28日掲載

20200801韓国が核武装へ!米支板挟みで米韓同盟消滅に備えて体制完了・日本は韓国焦土化と共に自主核武装を急げ
フィリップ・フォルツ作『Pericles Gives the Funeral Speech』。ペロポネソス戦争の戦死者追悼演説で戦争の意義を説くアテネの指導者ペリクレスを描いた。

 中国におべっかを使うのをやめて米国側に戻るか、逆に米国との同盟をうち切るか――。米中対立が日増しに厳しくなる中、韓国の国論が分裂した。韓国観察者の鈴置高史氏が展開を読む。

(長文なので重要部分を抜粋)

■中立を掲げ滅ぼされたミロス

ペロポネソス戦争(紀元前431年―同404年)の最中の同416年、中立を標榜した小さな都市国家ミロスを、強力なアテネが攻め滅ぼした話

・当時、ほとんどのポリスはアテネかスパルタのどちらか一方を支持し、共に戦った。おカネや食糧などの貢物、軍人や船をはじめとする軍事物資の提供が支持を測る基準である。
・アテネとの交渉で、ミロスは中立を守ると約束する。アテネを排斥したり、害を加えたりしないと誓う。
・しかし、アテネの立場から見ればミロスは口先を駆使して生き残ろうとする機会主義者に映る。中立を守ると言っても結局、アテネに害を加える国と確信する。
・ミロスの中立の約束をアテネが理解したとしよう。他のすべてのポリスも、中立を守ると誓いながらアテネに「積極的に」同意しない先例となりうる。
・アテネからすれば、平時でもエーゲ海の平和維持の費用を(他のポリスから)もらわねばならない。スパルタとの戦争という困難な状況下では、さらに大きな直接的支援を受け取ってしかるべきだ。だから「中立」はアテネが望む答ではない。「我が方でなければ敵」なのだ。


■米国は韓国を焦土化する

 麗澤大学の西岡力・客員教授は2017年、米国の安全保障関係者から「我々が韓国から出ていく時は、韓国を焦土化してからだ」と聞かされたそうです。

 米韓同盟が消滅すれば、韓国が中国の傘下に入ることは確実。それなら中国が韓国の経済資源を利用できないよう、徹底的に破壊しておく――ということです。米国が韓国経済を滅ぼす際は、日本も加勢することでしょう。

■懲罰は在韓米軍撤収

鈴置:保守は「近寄りすぎた中国から離れ、米国側に戻ろう」と言い出しました。7月13日に開かれた「韓中ビジョンフォーラム」でもそうした意見が相次ぎました。中央日報前会長の洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)氏が理事長を務める「韓半島平和構築財団」が開催したシンポジウムです。

 中央日報が7月15日に内容を詳報しました。韓国語版も、要約された日本語版「懸案ごとに米国か中国か選択しなくては…国益がカギ」との見出しが付いているので「二股外交の勧め」と勘違いしがちですが、参加者の主張は「米国側に戻ろう」で一致しています。

 全世界での米軍再配置計画の一環とされていますが、自分に従わない韓国への圧力に使うとも見なされています。そんな今、韓国が「中立」などと言い続ければ「懲罰」として米軍削減を言い渡されかねません。

 チョン・ジェホ教授は演説では削減問題に言及していませんが、韓国では危機感が高まっています。関係悪化による「削減」「完全撤収」を呼び、さらには「米韓同盟の解体」につながるからです。さらに、その後に「焦土化」が続くかもしれないのです。


■敢えて誤解を与える見出しに?

・未だに政界と学会の一部には「米中の間で必ずどちらかを選ばねばならぬというものではない」との声を聞く。政治的な発言でもあろうが、いまや現実には通じない主張だ。個別の懸案に関する選択が毎回、不可避な状況になっている。

■技術を持つ日本はいじめられない

・米中間の華為技術(ファーウェイ)の5Gネットワーク設備を巡る葛藤が発生した時、日本はどんな国よりも早く米国側に加わった。にもかかわらず、中国は特に報復措置もとらなかったし、日本の産業界も中日関係はいつよりもよいと評価している。
・中国は、先端産業の技術開発のためには日本の素材、部品、設備が必須不可欠と考えており、日本との関係を維持していると思われる。

■米韓の戦略的利益は相反する

ハンギョレは6月29日に「米韓同盟を打ちきれ」と主張する米国の専門家の寄稿を載せました。

 7月15日には自社の記者が「米韓同盟廃棄」を示唆する記事を書きました。「[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦] 「昔の良き時代」になぜ戻れないのか」(日本語版)です

 この記事は日韓関係の悪化の原因を考察して「容易には戻らない」と結論付けました。が、「韓米関係も昔には戻らない」とも読める構造になっています。

「昔の良き時代」は中国の浮上と北朝鮮の核開発という二つのショックとともに幕を閉じた。
・北朝鮮と中国を抑制しなければならないという「現状維持」戦略を固守してきた日本は、韓国の「現状変更」の試みに危うさを感じ、強い抵抗に出た。これがこの3年間進められた韓日対立の停滞だ。新冷戦が「ニューノーマル」(新たなバランス)を取り戻すまで、この対立は続くだろう。
・韓国と日本の戦略的利害はもはや一致しない。両国の対中・対北朝鮮観と東アジアの未来像に対する見解は大きく異なり、そのため互いに対する憎しみと不信を積み重ねる「構造的不和」に陥ってしまった。


「日本」「米国」に置き換えても、この記事は完全に成立します。それどころか「米国」とした方がよりフィットします。中国との新冷戦を戦う主戦投手は米国なのですから。

 勘のいい韓国人が読めば「韓国と米国の戦略的利害はもはや一致しない。韓米は互いに対する憎しみと不信を積み重ねる『構造的不和』に陥ってしまった――とハンギョレは言いたいのだな」と思うでしょう。

■韓国民に「共通分母」なし

――米中対立が激化する中で始まった左右の全面対立。どちらが勝つのでしょうか。

鈴置:まだ、分かりません。国民を説得するにあたって、左右の言説共に弱点があるためです。

チョン・ジェホ教授も基調演説でこう述べています。

・韓国人に問うた場合、国益という共通分母を見つけることができるのだろうか?これまでもなかったことを、今のように国論が両極化した状況で、国益をひとつに集約する作業をいったい誰ができるのだろうか?

結局、米国か中国かに、あるいは双方から「どちら側に立つのだ」と激しくこん棒で殴られるまで、小田原評定が続くと思います。

■中国の侵攻に米軍は動かない

――双方から同時に殴られたら、どちらに付くのですか?

鈴置:より強く殴る方の言うことを韓国は聞きます。米中とも、この点はよく理解していますから、殴る時は力いっぱい殴るでしょう。下手すると韓国は双方からボコボコにされます。

 米国は「経済的な焦土化」で留めるでしょうが、中国は軍事行動に出るかもしれません。

■最後の手は核武装

――米中双方から「ボコボコ」に。韓国人はどうするのでしょうか。

鈴置:核武装する可能性が高い。多くの韓国人が、核さえ持てば周辺国からなめられない、と考えています。韓国のネット空間では、米中板挟みに陥るたびに核武装論が語られてきましたし今また、そうなりました。

 ミロスだって、それなりの軍事力さえあればアテネから滅ぼされはしなかった。そもそも攻撃されなかったはずです。もちろん、中立も維持できました。

「半導体用素材の開発がそんなに簡単にいくのかなあ」と考える人も多いでしょうが、それと比べれば「核」はさほど難しい技術ではありません。韓国なら半年もあれば核弾頭を完成できると見られています。

 核弾頭の運搬手段も韓国は確保済みです。6月23日、韓国軍は射程800キロの弾道弾の試射に成功しました。文在寅大統領も観覧しました。

 聯合ニュースの「韓国軍が試射の弾道ミサイルは中距離級 北朝鮮全域が射程圏」(6月23日、日本語版)などが報じています。なお、 北朝鮮全域だけではなく、名古屋や大連も射程に入ります。


 韓国海軍は垂直発射管を備えた3000トン級のミサイル潜水艦も建造しています。一番艦の実戦配備は2022年1月の予定です。いずれも核武装には必須。韓国はいつでも核保有を宣言できる体制を整え終わったのです。

■米国に見捨てられれば「核」しかない

――同盟を打ち切って核武装。左派政権ならではの動きですね。

鈴置:ええ。もっとも、中距離弾道弾の開発もミサイル潜水艦の建造も、保守政権が始めた事業。保守こそが核武装の準備を着々と進めてきたのです。ただ、米国との関係悪化を懸念して大声では唱えなかっただけです。

 もし、米国が同盟の弱体化や廃棄に動けば、保守も堂々と核武装に動くでしょう。米国に見捨てられる以上、自前の核が必要不可欠です。

 左派ならまだ、「北朝鮮の核の傘に入る」手がありますが、保守政権の韓国は周り中が敵となるのですから。結局、左右は「核武装」に共通分母を見出すことになるわけです。

 先ほど、「米韓同盟が消滅する際は、日本も米国の焦土化作戦に加わるだろう」と申し上げました。

――少し過激な意見かと。日本人にそんなハラがあるでしょうか?

鈴置:米韓同盟消滅には、韓国の核武装が伴う可能性が高い。日本人もそれを知ったら、韓国に対する姿勢を変えるでしょう。米国以上に熱心に焦土化作戦に取り組むのではありませんか。



>米韓同盟が消滅すれば、韓国が中国の傘下に入ることは確実。それなら中国が韓国の経済資源を利用できないよう、徹底的に破壊しておく――ということです。米国が韓国経済を滅ぼす際は、日本も加勢することでしょう。


「米国が韓国経済を滅ぼす際」というよりも、今すぐに日本が独自に韓国経済を滅ぼしたい!

すでに韓国は、不当な李承晩ラインを引いて当該ラインに接近した多数の日本人漁民を殺傷したり拿捕したりしつつ日本の領土である竹島を侵略して今もなお不法占拠し続けている!


http://www.news-postseven.com/archives/20101022_4077.html
◆韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人◆

李承晩
勝手に境界線(李承晩 ライン) を線引き
  ↓
1952~1962年まで
「李承晩 ライン」に近づいた日本人漁民を拿捕、殺害
 抑留者数:3929人
 拿捕船舶:328隻
 死傷者数:44人
1952年に韓国大統領の李承晩は、「李承晩ライン」という出鱈目な領海線を勝手に引き、竹島を韓国領土だと主張した上に、出鱈目な「李承晩ライン」付近で操業した日本の漁船328隻を拿捕し、3929人の漁師を不当に抑留
▼李承晩ラインで半島に強制連行され拷問を受け顔を焼かれた日本人漁民(第三興洋丸の乗組員)▼
李承晩ラインで半島に強制連行され拷問を受け顔を焼かれた日本人漁民(第三興洋丸の乗組員)
  ↓
※アメリカやイギリスは韓国の横暴を非難
※日本は敗戦と日本国憲法で軍隊を持っていなかったため何も出来ず



2012年8月10日、竹島(韓国名・独島)に上陸した当時の李明博大統領(左から3人目)=東亜日報提供
2012年8月10日、侵略して不法占拠を続けいている竹島(韓国名・独島)に上陸した当時の李明博大統領(左から3人目)


したがって、日本には韓国を滅ぼす十分過ぎる大義名分がある!

それなのに、日本は、韓国を滅ぼすどころか、逆に韓国に対して破格の経済援助や技術援助をしてきた!

日本は、韓国から侵略されて国民が殺傷されたり拿捕されたりした挙句に領土も不法占拠されっ放しであるにもかかわらず、経済援助や技術援助をするという馬鹿丸出しなのだから、韓国から侮られて舐められるのは当然だ!




韓国は、日本から上記のような大恩を受けながら、その恩を仇で返し続けている!

日本からの経済援助や技術援助に飽き足らずに韓国は、産業スパイ行為も盛んに行い、日本から半導体などに関する様々な技術を盗み取ってきた!

韓国は、日本から産業技術だけでなく、国宝級の仏像や経典などの窃盗も繰り返している。

平成24年(2012年)、長崎県対馬市の海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」、観音寺の長崎県指定文化財の「観世音菩薩坐像」、多久頭魂神社の長崎県指定文化財の「大蔵経」が、韓国人窃盗団に盗まれた


さらに、韓国は、歴史を偽造して、ウィーン条約慰安婦問題日韓合意に違反してソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前などに「ニセ慰安婦像」(売春婦像、米軍装甲車轢殺少女像)を設置して、世界中で日本の誹謗中傷を言い触らしている!
米グレンデール市に設置された慰安婦の像前で記念撮影する人々。2013年7月30日に米カリフォルニア州グレンデール市に朝鮮人売春婦像(従軍慰安婦を象徴する少女像)が設置された時の式典


その上に韓国は、2018年10月30日には自称「徴用工」(偽物)判決に伴う日韓基本条約(日韓請求権協定)違反を犯し、2018年12月20日の韓国軍の駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事件を起こし、2017年9月の国連安保理決議違反となる瀬取りによる北朝鮮への物資の供与も次々と明白になり、日本から輸入したフッ化ポリイミドやレジストやエッチングガス(高純度フッ化水素)など戦略物資の違法輸出(横流し)など発覚し、2019年8月10日に判明した米軍から導入した戦術ミサイル「ATACMS=エイタクムス」の北朝鮮への横流しなど、悪逆暴虐の限りを尽くしている!
【レーダー照射】防衛省がついに瀬取りの可能性に言及

火器管制レーダー照射事件



天皇陛下や皇室に対する非礼も限界を超えている!

2012年8月14日、韓国大統領の李明博は「日王が日本の植民地支配からの独立運動をして亡くなった方々を訪ね罪人らしく土下座謝罪するなら来なさい!」と妄言を吐いた!
平成24年(2012年)8月14日、李明博は「日王が日本の植民地支配からの独立運動をして亡くなった方々を訪ね罪人らしく土下座謝罪するなら来なさい!」と言った。

また、2019年2月7日、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長「日本を代表する首相か、あるいは私としては間もなく退位される日王が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と妄言を吐いた!(詳細記事

20191102文喜相、謝罪と撤回ないまま来日へ!文「お詫び」→山東昭子「不十分!謝罪と撤回を」→無視して来日



日本は自国領土を侵略され続けたまま、莫大な経済援助や破格の技術援助をしたにもかかわらず、恩を仇で返されまくっている!

さらに、それにも懲りずに、今もなお、日本の銀行(みずほ銀行と三菱UFJ銀行)が韓国の貿易の「信用状」を保証している!

韓国の銀行(韓国産業銀行、中小企業銀行、韓国輸出入銀行)は経営状態が悪化しており、邦銀の保証がなければ世界各国は韓国の「信用状」を受け取らない!

日本の銀行が韓国の貿易「信用状」の保証をやめれば、韓国は貿易(特に輸入)ができなくなり、韓国経済は焦土化する。(関連記事)!

日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ


また、日本の金融機関(銀行)が超短期のドル資金を韓国の金融機関(銀行)に融通している。

韓国の金融機関の信用不安を理由にして、日本の金融機関が韓国の金融機関に超短期のドル資金の融通をやめれば、韓国の金融機関はすぐにデフォルト(債務不履行)に陥る!

韓国の銀行がデフォルトに陥れば、国家債務が返済できないとみなされ、韓国全体のデフォルトの可能性も顕在化する。(関連記事

20200801日本の銀行が韓国の生命を維持!8月の韓国は反日目白押し!「生殺与奪の権利」を行使し韓国を滅ぼせ





>・未だに政界と学会の一部には「米中の間で必ずどちらかを選ばねばならぬというものではない」との声を聞く。政治的な発言でもあろうが、いまや現実には通じない主張だ。個別の懸案に関する選択が毎回、不可避な状況になっている。


この期に及んで、超極悪国家の支那とも水面下で仲良くするとか言ってる奴は、大馬鹿なのだ!

「ボクはこういう状況だからこそ、二階幹事長のような中国とのパイプを太くする政治家を増やさないといけない。地政学的に見ても、中国の隣にあるのは日本だから、繋がる所はつながる。水面下で中国と利益を取るところは取ればいい。ある程度ずる賢くやったらいい」などと言っている橋下徹は現状を全く把握できておらず、認識が甘過ぎるし、そもそも韓国人のようなズルい奴は日本人からもまともな外国からも信用されない!(関連記事
20200728橋下徹「二階さんを増やすべき!中国とのパイプを太くする政治家いない!水面下で中国と利益を取る」

今や橋下徹のような現状認識が全くできずに人類の敵である極悪支那と付き合いを続けようとする屑野郎にテレビで発言させることは、日本にとっても全人類にとっても有害だ!






>「半導体用素材の開発がそんなに簡単にいくのかなあ」と考える人も多いでしょうが、それと比べれば「核」はさほど難しい技術ではありません。韓国なら半年もあれば核弾頭を完成できると見られています。


これは事実だ。

核弾頭の開発なんて、何十年も前に、アメリカ、ソ連、支那、英国、フランス、イスラエル、南ア、インド、パキスタン、北朝鮮が開発に成功しているのだから、極めて簡単な技術だ!

一方、「レジスト」「フッ化ポリイミド」「高純度フッ化水素」などの半導体用素材は、今現在でも数少ないメーカーしか開発に成功していない超先端技術だ。

とっくの昔に支那人や北朝鮮人が開発に成功している核弾頭なんて、「レジスト」「フッ化ポリイミド」「高純度フッ化水素」と比べれば、馬鹿でも韓国人でもできる簡単な技術だ。






>韓国海軍は垂直発射管を備えた3000トン級のミサイル潜水艦も建造しています。一番艦の実戦配備は2022年1月の予定です。いずれも核武装には必須。韓国はいつでも核保有を宣言できる体制を整え終わったのです。


韓国が核保有を宣言する前に、日本は核保有を宣言するべきだ!

本来、日本には正当な理由があるので、堂々と核武装するべきだ!

ただ、そこまでできないなら、少なくとも日本も技術はあるので、その気になったら出来るだけ早く核ミサイルを持てるように、ぎりぎりまで前へ準備を進めておくべきだ!






>鈴置:米韓同盟消滅には、韓国の核武装が伴う可能性が高い。日本人もそれを知ったら、韓国に対する姿勢を変えるでしょう。米国以上に熱心に焦土化作戦に取り組むのではありませんか。


私は、上記の部分については、鈴置氏の見解とは異なることを強調したい!

韓国が核武装する可能性が高いなら、韓国焦土化作戦なんて二の次のことであり、まずは日本の核武装を最優先しなければならない!

韓国を焦土化しても、日本のマジキチ敵国である韓国が核武装をすれば、日本国民の生命と財産の危険性が増すことは変わらない!

それどころか、マジキチ韓国人どもは韓国焦土化作戦に参加した日本を更に余計に逆恨みして、日本に対して本当に核ミサイルを撃ち込むリスクが高くなる!

日本は韓国焦土化作戦にも勿論参加すべきだが、その最大の理由は「韓国の核武装」ではなく,飽くまで日本に対する侵略、天皇陛下や皇室に対する非礼、条約・協定・国際法・合意などの違反などとするべきだ。

そのうえで、日本が最優先して全力で取り組むべきことは、韓国焦土化作戦などよりも、韓国の核武装に伴って日本が核攻撃を受けるリスクが更に高まることを理由に自主核武装を実現することだ!

当該論文は、非常に貴重な情報や的確な分析が掲載されていて本当に役立つが、韓国の核武装の可能性が高いことを述べておきながら日本の最善策である自主核武装について言及されていないところが残念だ。




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!

「予約商品の価格保証」対象商品


▼高額転売の動きあるが、Kindle版(電子書籍)なら1,000円

熱誠憂国 日本人に伝えたいこと
李登輝 (著) (2016/7/1)
(高額転売の動きがあるが、Kindle版(電子書籍)は1,000円



「武士道」解題(小学館文庫)
李 登輝 (著)(2006/4/6)
Kindle版(電子書籍)660円




永遠の0 DVD通常版
岡田准一 (出演), 三浦春馬 (出演)


▼注意!高額転売の動きがあるので、価格を確認して購入してください▼
¥2,640【2020年8月28日に入荷予定です。】

『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)
(高額転売の動きがあるので、価格を確認して購入してください)
¥2,640【2020年8月28日に入荷予定です。】



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)



反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)



「日本が韓国経済焦土化して、韓国が核武装して、日本が核武装しない状態は、最悪だ!日本は核武装を急げ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.