FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008


「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令
極悪裁判官の中垣内 健治(なかがいと けんじ)ブルーリボンバッジをはずせ」




在日韓国人の女性が「フジ住宅」と会長に3300万円の損害賠償を求めた裁判で、大阪地方裁判所堺支部の中垣内健治裁判長が裁判所で「ブルーリボンバッジ」を外すようフジ住宅側の弁護士や傍聴人らに命令(通達)した!

裁判長の中垣内健治ブルーリボンバッジを身につけないでほしい。もし裁判所敷地内で着けていたら、入廷を許可しない。また傍聴券の抽選も認めない」

裁判長の中垣内健治は、ブルーリボンバッジは自分たちへのヘイト行為ニダ」とみなす原告の在日韓国人側の主張を認めて、フジ住宅側がつけていた「ブルーリボンバッジ」をはずさせる驚くべき通達を出した!

案の定、中垣内健治裁判長は、フジ住宅と会長に計110万円の支払いを命じる不当判決を下した!

中垣内健治のような極悪裁判官を国民が罷免できる制度を設けるべき!




なお、フジ住宅が社員教育のために配布した資料(市販されている書籍や雑誌)について「ヘイト(民族差別)によって精神的苦痛を受けた」と言いがかりを付けた在日韓国人は「日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感する」などと意味不明な発言をしており、精神的に異常を来している可能性が高いと考えられる。
日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」会社の文書は段ボール3箱分 「ヘイト」訴えた在日女性




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://news.yahoo.co.jp/articles/e8cf8d78e6ace2a5f261da6696ab3abc8bf76e4a
「許容限度超えている」職場ヘイト賠償命令 進まぬレイシャルハラスメント対策 
7/2(木) 21:37配信、毎日新聞

20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令
判決後、裁判所の前で「勝訴」と書かれた紙を掲げる原告側=堺市堺区で2020年7月2日午後3時11分、伊藤遥撮影

 職場で民族差別表現を含む文書を繰り返し配布され、精神的苦痛を受けたとして、東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」(大阪府岸和田市)に勤める在日韓国人の50代女性が、同社と会長(74)に計3300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部は2日、計110万円の支払いを命じた。中垣内健治裁判長は「国籍によって差別的取り扱いを受けない人格的利益を侵害するおそれがあり、許容できる限度を超えている」と述べ、文書配布を違法と判断した。

 判決によると、女性は2002年からパートとして勤務。同社は13年ごろから、従軍慰安婦などの歴史認識に加え、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布した。会長が下線を引いて強調した文書もあった。

 判決はまず、労働基準法が、労働者に国籍によって差別的取り扱いを受けない人格的利益を保障している点を重視。文書配布は女性個人に向けられた差別的言動とは認めなかったが、「韓国籍や民族的出自を持つ者には著しい侮辱と感じる」と指摘。「(韓国への)憎悪感情を抱く会社側から差別的取り扱いを受けるとの危惧感を抱いてしかるべきだ。女性が自由に意見を述べるのも困難だった」として、女性の人格権侵害を認定した。

 同社が文書を継続して大量配布していることから、「広い意味での思想教育にあたり、労働者の思想・信条に大きく介入するおそれがある」とも指摘した。

 判決を受け、同社は「社員教育の裁量や、言論の自由の観点から到底承服しがたい」とのコメントを発表し、控訴する意向を示した。【高田房二郎、伊藤遥】



>職場で民族差別表現を含む文書を繰り返し配布され、精神的苦痛を受けたとして、東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」(大阪府岸和田市)に勤める在日韓国人の50代女性が、同社と会長(74)に計3300万円の賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部は2日、計110万円の支払いを命じた。中垣内健治裁判長は「国籍によって差別的取り扱いを受けない人格的利益を侵害するおそれがあり、許容できる限度を超えている」と述べ、文書配布を違法と判断した。


「職場で民族差別表現を含む文書を繰り返し配布され、精神的苦痛を受けた」とあるが、フジ住宅が配布したのは、市販されている書籍や雑誌であり、社員教育(研修)として役立つと判断した書籍や雑誌だ!

それら市販されている書籍や雑誌の中に韓国人や支那人について「うそつき」などの文言が含まれていただけのことだ!

こんなことでフジ住宅に勤務していた当該在日韓国人は、精神的苦痛を受けたと言いがかりを付けて3300万円の賠償を請求したというから、まさに在日韓国人は日本の癌だ!






>判決によると、女性は2002年からパートとして勤務。同社は13年ごろから、従軍慰安婦などの歴史認識に加え、韓国や中国の出身者らを「うそつき」「野生動物」「死ね」などと侮辱する内容の雑誌記事などを全従業員に繰り返し配布した。会長が下線を引いて強調した文書もあった。
>文書配布は女性個人に向けられた差別的言動とは認めなかったが、「韓国籍や民族的出自を持つ者には著しい侮辱と感じる」と指摘。



フジ住宅が配布した市販の書籍や雑誌の中に韓国人や支那人について「うそつき」「野生動物」「死ね」などの文言が含まれていただけのことだ。

在日企業や在日韓国人や在日朝鮮人や在日支那人や韓国企業や支那企業や韓国人や支那人などに極端に嘘吐きや犯罪者や極悪人が多いことは紛れもない事実だ!

事実関係(現実問題)として多くの日本人や日本企業は、嘘吐き常習犯の在日企業や在日韓国人や在日朝鮮人や在日支那人や韓国企業や支那企業や韓国人や支那人などによって様々な被害(損害)を受けている。

だから、まともな日本企業は、韓国人や朝鮮人や支那人との取引を禁止するなど、できる限りの損失発生防止策を講じている。

例えば、私は1997年に、東証一部上場の日本の証券会社の東京本社に勤務していた韓国人をクレジットカード会社に勤務していた私の友人に顧客として紹介したことがあった。

当時は私自身が証券会社に勤務しており、韓国の機関投資家(サムスン生命保険や韓国投信など)に対して証券営業をしていたため、韓国にも何度も出張していたし、日本でも韓国人の知人が多かった。

1997年、私は、ハワイ大学を卒業して東証一部上場の証券会社の東京本社に勤務し始めたばかりの韓国人から「クレジットカードを作りたいから、どこかクレジットカード会社を紹介してほしい」と頼まれたので、大手クレジットカード会社に勤務していた友人に「顧客を紹介する」と言って申込用紙などをもらって当該韓国人に記入・送付させた。

すると、大手クレジットカード会社の友人は、私に電話で「韓国人なんかにクレジットカードを出せるわけないだろ」とカンカンになって怒鳴ってきた!

大手クレジットカード会社の友人は「韓国人や支那人などは、日本で日本の一流企業に勤務していても、何かあるとすぐに海外に逃亡して債務を不履行にしてしまう!そんなの常識だろ!」と言って私を叱った。

私は、己の無知と甘さを恥じて猛省した。

そして、多くの日本人や日本企業が韓国人や支那人によって大損害を被っている事実(現実)を改めて知り、日本人や日本企業は韓国人や支那人によって損害を受けないための対策を講じる必要があることを痛感した。






>判決を受け、同社は「社員教育の裁量や、言論の自由の観点から到底承服しがたい」とのコメントを発表し、控訴する意向を示した。


当然だ。

フジ住宅の社員教育の取組みが駄目なら、現実的で具体的な活きた社員教育なんてできなくなってしまう!

高裁では、逆転判決が出なければおかしい。





今回不当判決を下した大阪地裁堺支部の中垣内健治裁判長は、異常な日本人差別主義者(反日主義者)在日外国人優遇主義者だ!

20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

裁判長の中垣内健治は、裁判所で「ブルーリボンバッジ」を外すようフジ住宅側の弁護士や傍聴人らに命令した!

中垣内健治はブルーリボンバッジを身につけないでほしい。もし裁判所敷地内で着けていたら、入廷を許可しない。また傍聴券の抽選も認めない」と通達したのだから驚く!

裁判長の中垣内健治は、ブルーリボンバッジは自分たちへのヘイト行為ニダ」とみなす原告の在日韓国人側の主張を認めて、フジ住宅側がつけていた「ブルーリボンバッジ」をはずさせる驚くべき通達を出した!

こんな裁判長(裁判官)が公平公正でまともな判決を下すわけがない!


http://netgeek.biz/archives/125734
「ブルーリボンバッジをはずせ」 大阪地方裁判所堺支部が異例の指示
netgeek 2018年8月29日
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

大阪地方裁判所堺支部の中垣内健治裁判長がブルーリボンバッジを外すよう指示を出した。被告を応援する傍聴人がブログで告発した。

参考:「傍聴人はブルーリボンバッジをはずせ。」『大阪地方裁判所堺支部』が示した、前代未聞の驚くべき訴訟指揮。南木隆治

訴えられたのはフジ住宅株式会社および今井光郎会長。
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

訴訟を起こしたのは在日韓国人である40代のパート従業員で「会社がヘイト・嫌がらせ的な文書を配り、感想文を書かせている。精神的苦痛を味わった」と慰謝料3,300万円を求めた。

フジ住宅のOBである南木隆治さんは会長のことを尊敬しており恩師と考えている。裁判の傍聴に参加しつつ、ブログで進展状況を綴っていた。南木隆治さんはまず重要な情報としてフジ住宅が配布した文書というのは市販されている書籍であり、差別的な意図はないと説明する。

具体的には 日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人 (徳間文庫) 斎藤一人の道は開ける (PHP文庫) 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)など普通の書籍。会社は教育の一環として感想文を書かせていたのだろう。

裁判の内容はさておき、7月30日に裁判所から会社側弁護士に驚くべき通達が出された。

「ブルーリボンバッジを身につけないでほしい。もし裁判所敷地内で着けていたら、入廷を許可しない。また傍聴券の抽選も認めない」

ブルーリボンバッジは北朝鮮に拉致された被害者を奪還する意思表示を表すものであり、裁判で身につけても問題ないと思われる。
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

慌てて裁判所に誤解がないか確認するが、中垣内健治裁判長の指示で間違いないとのこと。

この指示の背景には原告側の「メッセージ性のあるバッジをつけて裁判所を包囲するな」という主張があったようだ。

だが、南木隆治さんはこれについても反論があるとブログに綴る。まずはじめにバッジをつけ始めたのは原告側だというのだ。

▼原告側がつけていた缶バッジ。「ストップ!ヘイトハラスメント!」と書かれている。
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

▼その後、被告側が対抗してつけたバッジ。メッセージ性は薄く、バッジで結束する原告たちに対抗してつくっただけという印象。
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

裁判官は傍聴人がこうしたバッジをつけるのを一切禁止。問題がないはずのブルーリボンバッジまで禁止されるに至った。南木隆治さんはこれを国民の裁判を傍聴する権利を侵害しており、違法だと考えた。

南木隆治さんは大阪府立高校教師として教壇に立つとき、さらに過去20年間に渡って裁判を傍聴するときにずっとブルーリボンバッジをつけていたが、注意されたことはないと語る。

多くの政治家も身に着けているブルーリボンバッジ。
20200710「ブルーリボンバッジをはずせ」中垣内健治裁判長がフジ住宅側に命令!在日韓国人への支払いも命令

規制がかかるというのは異例の事態だ。そして、裁判当日。告発者はバッジをポケットに入れ、その他の傍聴人も全員ブルーリボンバッジを外して参加した。

だが傍聴人がどのような意思表示をするかは自由なのではないだろうか。ブルーリボンバッジが規制されるという異例の指示が出されたことについて、ネット上ではざわめきが広がっている。

公平に裁判を行いたいという裁判官の心情も理解できるが、それにしても良くない前例をつくってしまったようにも思える。



現在、最高裁判所裁判官については「最高裁判所裁判官国民審査」の制度がある。

この「最高裁判所裁判官国民審査」の制度は、実際には最高裁判所裁判官を罷免させないために設けられている形骸化された欠陥制度なので、大幅な改善が必要だ!

一方、地方裁判所や高等裁判所の裁判官(判事)については、最高裁判所裁判官のような国民審査の制度すら全くない。

最高裁判事についても、地裁や高裁の判事についても、国民のリコール活動などにより、もっともっと罷免しやすい制度を創設するべきだ!

近年、地方裁判所、高等裁判所及び最高裁判所のいずれにおいても、信じられないような不当判決(違法判決)が続出しており、明かなダメ裁判官や極悪裁判官については国民が罷免しやすい制度を設ける必要性が高まっている。(関連記事1関連記事2






なお、「精神的苦痛を受けたニダ」と言いがかかりを付けてフジ住宅と会長に3300万円の損害賠償を請求した在日韓国人は「成長につれ日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」などと意味不明なことも述べている!

当該在日韓国人はフジ住宅と会長に対して「精神的苦痛を受けたニダ」と言いがかりを付けたが、上記「日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感する」などの意味不明な発言などから推察すると実際には精神障害者か精神異常者だった可能性が高いのではないか。


日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」会社の文書は段ボール3箱分 「ヘイト」訴えた在日女性
「日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ!」
社員教育のために配布した資料(市販されている書籍や雑誌)について「ヘイト」と言いがかりを付けた在日韓国人

https://www.asahi.com/articles/ASN726F29N72PPTB001.html
会社の文書は段ボール3箱分 「ヘイト」訴えた在日女性
有料会員記事
山本逸生 2020年7月2日 20時16分

日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」会社の文書は段ボール3箱分 「ヘイト」訴えた在日女性

判決後の会見で「会社に変わってもらいたい」と訴える原告の女性=2020年7月2日午後5時13分、大阪府堺市堺区、山本逸生撮影、朝日新聞

 職場で「在日は死ねよ」などのヘイトスピーチを含む文書を配布され精神的苦痛を受けたとして、東証1部上場の不動産大手「フジ住宅」(大阪府岸和田市)で働く在日韓国人3世の50代女性が、同社と会長を相手取って3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、大阪地裁堺支部であった。中垣内(なかがいと)健治裁判長(森木田邦裕裁判長代読)は「職場で差別的取り扱いを受けるおそれがないという労働者の内心の静穏は保護されるべきだ」との判断を示し、同社と会長に計110万円の支払いを命じた。

 「私の心の痛みをくみ取ってくれた」。原告の女性は判決後の会見で、時折涙を浮かべ、喜びを語った。

 女性は在日韓国人の3世として日本で生まれ育った。幼なじみの在日韓国人3世が友達の親から「あっち(朝鮮)の子とは遊ばないように」と差別を受けたことがきっかけで、小学校高学年から日本名を使わず本名で暮らした。成長につれ日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感する一方、自分のルーツを大切にしたいと思いを強くしたという。日本人男性と結婚しても名前や国籍は変えなかった。

 2児を出産した後の2002年2月、建築設計関連の経験を生かせるパートタイマーの職場を求めて見つけたのがフジ住宅だった。子供が急病にかかった時も休みが取りやすく、働きやすい職場だったが、12年ごろから社内の雰囲気が変わったという。

 会長が社内で毎日のように文書…

日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」会社の文書は段ボール3箱分 「ヘイト」訴えた在日女性

▼この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。



>成長につれ日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感する一方、自分のルーツを大切にしたいと思いを強くしたという。日本人男性と結婚しても名前や国籍は変えなかった。


国籍を変えていないのだから、韓国人(韓国籍)以外の何ものでもない!

韓国人なのに「日本人でも韓国人でもない在日韓国人としての生きにくさを痛感するニダ」とか言っているのだから、やはり精神的に異常だ!

こんな精神異常者が「精神的苦痛を受けた」と言いがかりと付けてフジ住宅と会長に3300万円の損害賠償を請求すること自体、無効なのではないか。

あるいは、在日韓国人として感じているストレスをフジ住宅と会長に八つ当たりしてぶつけているのではないだろうか?!




「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)


朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)
西村幸祐著(2020/1/27)



反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「中垣内健治のような極悪裁判官を国民が罷免できる制度を設けるべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.