FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008


民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
球磨川流域で水害が相次いでいたため、国は支流の川辺川に九州最大級のダムを設ける計画だったが、平成21年(2009年)9月17日に民主党政権の前原誠司国土交通相は就任会見で当該ダム計画の中止を表明した!

↓ ↓ ↓

その後、有効な治水対策を怠ったまま10年以上が経った令和2年(2020年)7月4日、また球磨川は氾濫した!
20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者

https://news.yahoo.co.jp/articles/80aa78cb4fdb65483371f3df3c70d569e438fc59
熊本で記録的大雨 球磨川が氾濫、3人死亡 老人ホームで14人心肺停止
7/4(土) 23:39配信、TBS系(JNN)
20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者

20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
■動画

 記録的な大雨で熊本県の球磨川は複数の箇所で氾濫し、3人が死亡、球磨村の特別養護老人ホームでは14人が心肺停止となっています。

 熊本県内では初めてとなる大雨特別警報。4日未明から記録的短時間大雨情報が県南の人吉市や芦北町など、のべ13か所に出されました。

 各地で、過去最も多い降水量を観測するなかで一級河川の球磨川が氾濫。球磨村の特別養護老人ホームでは14人が心肺停止になっているほか、3人が低体温症で見つかっています。

 熊本県内では、これまでに土砂崩れや家屋が流されるなどして3人が死亡し、心肺停止が球磨村の老人ホームを含め16人、重体が1人、行方不明者は16人にのぼっています。自衛隊、警察、消防団が捜索にあたっていて、流された屋根の周辺を中心に捜索が進められています。(04日22:30)



>記録的な大雨で熊本県の球磨川は複数の箇所で氾濫し、3人が死亡、球磨村の特別養護老人ホームでは14人が心肺停止となっています。


熊本県の球磨川が氾濫し、今後もっと犠牲者が増えそうだ。

実は、日本三大急流の1つである球磨川流域で水害が相次いでいたため、国は昭和41年(1966年)、支流の川辺川に九州最大級のダムを設ける計画を発表した。

ところが、計画反対派が反対運動を展開し、平成20年(2008年)9月に熊本県の蒲島郁夫知事が当時のダム反対の世論の高まりを受けてダム計画反対を表明した。
熊本県の蒲島郁夫知事

すると、翌平成21年(2009年)9月17日、民主党政権の前原誠司国土交通相は就任会見でダム計画の中止を表明した。
20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者

球磨川水系の川辺川ダムは八ッ場ダムと同様、国直轄のダム事業だ。

中止表明から10年後、前原誠司は令和元年(2019年)9月17日に、【川辺川ダム計画の中止表明から10年】の節目で地元「熊本日日新聞」にインタビュー記事が掲載された。

平成27年(2015年)9月10日に茨城県常総市付近で鬼怒川の数か所で越水や堤防決壊が発生するなど、民主党政権の事業仕分けによる「治水事業費」の大幅削減に批判が高まり、前原誠司は令和元年9月のインタビューでは「ダムを容認する首長が誕生すれば、再度、建設に方針が戻ることもあり得る」などと話していた。


http://suigenren.jp/news/2019/09/23/12308/
【川辺川ダム計画の今 中止表明から10年】(1)前原誠司元国交相 再度建設方針、あり得る
(熊本日日新聞2019年9月17日 09:44) 

20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
(写真)まえはら・せいじ 京都大卒。京都府議を経て、1993年、衆院初当選。民主党政権で国交相、外相、国家戦略担当相などを務めた。京都2区。当選9回。国民民主党。57歳。

球磨川流域の川辺川ダム計画は、民主党政権が中止を表明して、17日で丸10年を迎えた。計画発表から半世紀近い時を経た中止表明は、大型公共事業の在り方に一石を投じたが、ダムに代わる治水対策や水没予定地だった五木村の振興など多くの課題を残す。連載「川辺川ダム計画の今」は関係者へのインタビューで現状に迫る。初回は中止表明した当時の国土交通相・前原誠司衆院議員に聞いた。

蒲島郁夫知事が川辺川ダムの建設反対を表明した1年後。2009年に発足した民主党政権で初代となる国交相となり、9月17日の就任会見で同計画の中止を表明した。

(中略)

川辺川ダム計画は治水代替策の議論が継続中として、特定多目的ダム法に基づく事業廃止の手続きはとられていない。

「川辺川の場合、事業費を負担する立場の県知事をはじめ、ダムなしの姿勢を貫く地元首長の存在が大きい。仮にダムを容認する首長が誕生すれば、再度、建設に方針が戻ることもあり得る。代替案が決まらないのは、国がダムでやりたいと思っているからではないのか(聞き手・並松昭光)



>前原誠司元国交相
>「川辺川の場合、事業費を負担する立場の県知事をはじめ、ダムなしの姿勢を貫く地元首長の存在が大きい。仮にダムを容認する首長が誕生すれば、再度、建設に方針が戻ることもあり得る。代替案が決まらないのは、国がダムでやりたいと思っているからではないのか」



球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画によって水没する予定だった五木村はダム計画の中止によって水没を免れたが、激しい人口減少と高齢化によって衰退の一途を辿っている。

また、平成27年(2015年)9月の鬼怒川決壊などで、民主党政権の事業仕分けによる「治水事業費」の大幅削減に批判が高まっており、前原誠司も自身のダム中止表明が正しかったのか自信を失っているように見受けられる。

事実関係として、日本三大急流の1つである球磨川流域では、以前は水害が相次いでいたため、有効な治水対策がなければ水害はいつまた発生しても不思議ではない状況だった!

川辺川ダムに代わる有効な治水対策も明確でないまま、また水没予定だった五木村の有効な振興策もないまま、ダムの中止だけを表明した当時の民主党政権と熊本県知事は政治家として有能とは言えない!


https://mainichi.jp/articles/20180911/mog/00m/040/007000c
川辺川ダム
熊本県知事の建設白紙撤回から10年 「ダムによらない治水」の今は

毎日新聞、会員限定有料記事 2018年9月11日 19時32分

20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
移転した村民が暮らす代替地(左上)の眼下に広大な水没予定地が広がる五木村の中心地=熊本県五木村で、2018年9月7日、福岡賢正撮影

 熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も残っている。【福岡賢正】

 「『現在の民意』は川辺川ダムによらない治水を追求し、いまある球磨川を守っていくことを選択している」。2008年の9月県議会の冒頭、蒲島知事は世論を根拠に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明した。ただし「『未来の民意』については、人知の及ぶところではありません」とも述べていた。

(以下、有料)

20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者



(参考)

https://www.sankei.com/region/news/190818/rgn1908180017-n1.html
川辺川ダム中止表明10年 水没免れた熊本・五木村、集落存続に力
2019.8.18 07:00、産経新聞

20200705民主党政権が球磨川水系ダム中止させた!川辺川ダム中止から11年後に球磨川が氾濫し多数の犠牲者
熊本県五木村の水没予定地周辺。宿泊施設などが整備された

 熊本県で国が高度経済成長期から進めた川辺川ダム建設計画は、民主党政権が中止を表明してから、9月で10年になる。水没を免れた同県五木村は、人口減少や高齢化にあえぎながらも、地場産業を立て直して集落の存続を図っている。

(中略)

【用語解説】川辺川ダム建設計画
 日本三大急流に数えられる熊本県の球磨川流域で水害が相次いだことを受け、国は昭和41年、支流の川辺川にダムを設ける計画を発表した。建設賛成派と環境破壊などを懸念する計画反対派が対立。蒲島郁夫知事は平成20年9月、計画反対を表明した。翌21年9月17日、民主党政権の前原誠司国土交通相も中止方針を示した。ダムに代わる治水対策を、国と流域自治体が協議している。




結局、今回の記録的大雨により、取り返しのつかない被害をもたらしてしまった!

自公連立政権になっても、日本全国の河川の堤防の増強や改修などに係る「治水事業費」などの公共事業関係費はあまり増加していないため、早急の見直しが必要だ。


https://twitter.com/tsuisoku/status/1279350086376407045
ツイッター速報@tsuisoku
熊本県球磨川 九州最大級のダム計画があったのに民主党政権が中止させてた・・・

――――――――――
http://tsuisoku.com/archives/56936656.html
熊本県球磨川 九州最大級のダム計画があったのに民主党政権が中止させてた・・・ : ツイッター速報
1: 名無しさん@ 2020/07/04(土) 09:45:24.20 ID:FBCRP9MH0● BE:135853815-PLT(13000)
https://www.sankei.com/region/news/150412/rgn1504120041-n1.html
球磨川の支流、川辺川では国が昭和41年、九州最大級のダム建設計画を打ち出した。 しかし、「清流が失われる」「
――――――――――

午後6:43 · 2020年7月4日



https://twitter.com/yuuzantorii/status/1279353012381573121
YUUZANNEST BASKET@yuuzantorii
返信先: @tsuisokuさん
鬼怒川の堤防決壊といい八ッ場ダムの工事遅延といい今度の件といい民主党政権の負の遺産はあまりにも大きい。
「一度自民党にお灸を据えようと民主党に票を入れたら国民がお灸を据えられた」←どこかのブログにあった文章ですが正にこれ。

午後6:55 · 2020年7月4日




私たち日本国民は、民主党政権がその3年間に「事業仕分け」によって「治水事業費」など治水や防災の予算を大幅に削減し、日本全国の治水事業や防災事業を大幅に衰退させたことを永久に忘れてはならない!









民主党政権は、治水事業費などを激減させた!

立憲民主党国民民主党などは、民主党政権時代の治水事業費大幅削減などの事業仕分けが間違いだったことを認め、日本国民に謝罪すべきだ!


https://twitter.com/mitos7/status/1017733568934473728
ミトス@宮城‏ @mitos7
治水事業等関係費(当初予算)の推移。
凹んでる部分は民主党政権時代><

#primenews
治水事業等関係費(当初予算)の推移。凹んでる部分は民主党政権時代>< #primenews

治水事業等関係費(当初予算)の推移。凹んでる部分は民主党政権時代>< #primenews
20:32 - 2018年7月13日



http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7142.html
民主党政権が治水事業費を大削減!事業仕分けで治水や防災が衰退・倉敷の浸水、河川改修予定だった

【グラフ】治水事業費推移:民主党政権(H21~24)にご注目ください
【グラフ】治水事業費の推移:民主党政権(平成21~24)に注目!

▼民主党政権による平成22年の事業仕分け▼
スーパー堤防に蓮舫大臣が切り込む
スーパー堤防に蓮舫大臣が切り込む

緒方林太郎らはパフォーマンスのためにこの重要な事業を廃止しようとした 民主党時代の蓮舫氏による事業仕分けで廃止になった『スーパー堤防』、対象地域だった大和川が氾濫
民主党の仕分け人!緒方林太郎「スーパー堤防については『スーパー無駄遣い』ということで廃止にさせていただきたい!」
緒方林太郎は、平成29年10月22日投開票の衆院選で落選!
しかし、平成30年(2018年)3月、次期衆院選は無所属で立候補する意向を示した!



http://netgeek.biz/archives/122538
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」
2018年7月14日
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

蓮舫議員の手のひら返しが酷い。事業仕分けで公共事業の予算を散々削っておきながら災害が起きてから主張を変え始めた。

時系列で紹介。

スーパー堤防を視察する蓮舫、「仕分けの対象として分かりやすい」として予算を削減する気満々。同じく民主党の緒方林太郎が「スーパー堤防はスーパー無駄遣いということで」と半笑いで宣言したことも有名になった。
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

予算をカットする理由は「100年に一度の災害に備える意味が分からないから」というもの。しかし、「100年に一度」という数字に根拠はなく、その災害が本当に起きてしまうことになる。
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

予算を分析してみると民主党政権下になってから約60%も削減された。
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

さらに民主党は保育士の給与アップに年間2,800億円を振り分ける案を公表。主な財源は公共事業の削減というとんでもない計画だった。
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

さて、ここまでの紹介で蓮舫議員をはじめ民主党がいかに間違え続けたかが分かるだろう。しかし話が酷くなるのはここから。なんと蓮舫は自分の過去の悪事を棚に上げて主張を180度変えたのだ。
公共事業を60%削減した蓮舫、災害が起きてから「公共事業にもっとお金を使え(矛盾)」

蓮舫「環境変化、天候変化に応じた今そこにある一次産業、生活。その公共事業やインフラにお金を注ぐことこそが本当に政治に求められることではないでしょうか」

すごい形相で力説しているのは過去の自分を説教しているからだろうか。さすがブーメラン投げの名手。災害が起きてから国民の支持を得るためにあっさり意見を変えるあたり、蓮舫議員は本当に信用できない。



蓮舫仕分け人の発言
『津波なんて実際に来るまでに時間差があるからその時間でできる対応をすれば済むこと』
『明日来るのか100年後に来るのか200年後に来るのか来ないのかわからない対策費を使うのは無駄遣い』


↓ ↓ ↓

平成23年、【東日本大震災】が発生

平成23年3月11日の東日本大震災後、蓮舫は新たに「節電啓発相」に任命された。
平成23年3月11日の東日本大震災後、蓮舫は新たに「節電啓発相」に任命された。

蓮舫は節電啓発相として節電の要請を行うために同月14日に石原慎太郎東京都知事を訪問したが、石原都知事から「スーパー堤防、要りますよ。あなたに(廃止と)言われたけどね」と抗議され、スーパー堤防の廃止の見直しをせまられた。
石原都知事から「スーパー堤防、要りますよ。あなたに(廃止と)言われたけどね」と抗議され、スーパー堤防の廃止の見直しをせまられた。

↓ ↓ ↓

平成27年9月10日、茨城県常総市付近では鬼怒川の数か所で越水や堤防決壊が発生
平成27年9月10日、茨城県常総市付近では鬼怒川の数か所で越水や堤防決壊が発生
民主党政権が事業仕分けによって鬼怒川を含めた日本全国の河川の堤防の増強や改修などに係る「治水事業費」を大幅に削減したことは、紛れもない事実だ。

民主党の事業仕分けによる「治水事業費」の大幅削減が原因で、鬼怒川の決壊が起こった可能性は高い。


●関連記事
蓮舫らが廃止し蓮舫、糸魚川視察を「こんな日程」などと嫌がる!「移動だけで1都5県、こんな日程をありがとう」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6505.html
蓮舫らが廃止しようとした『スーパー堤防』の対象地域だった大和川が氾濫!近畿地方整備局が見直し
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6848.html

蓮舫、NHKで恥知らず発言連発!自民党懇談会を日付偽り批判!災害には土建での支援をすると主張
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7150.html





平成21年(2009年)9月
●八ッ場ダム中止宣言

20131013民主党が建設中止させた八ッ場ダム、完成前に再開し今回さっそく最大級に活躍!事業仕分けは糞だった
平成21年(2009年)9月17日未明、前原は国土交通大臣に就任直後、記者団の取材に対して、国が進めていた八ッ場ダム(群馬県)と川辺川ダム(熊本県)の建設事業について「マニフェストに書いてあることなので中止します」と明言。

ただ、「口だけ番長」の異名を持つ前原誠司は、関係自治体などが猛反発すると、ウヤムヤにして、イタズラに工事を遅らせた。

20131013民主党が建設中止させた八ッ場ダム、完成前に再開し今回さっそく最大級に活躍!事業仕分けは糞だった
前原大臣vs6人の知事


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570927543/
【画像】 クソ民主党が建設中止させた八ッ場ダム、再開・完成前の今回さっそく最大級に活躍

民主党が建設中止させた八ッ場ダム、完成前に再開し今回さっそく最大級に活躍!事業仕分けは糞だった
2009年、悪夢の民主党政権の前原誠司国交相らによって一度は建設が中止された利根川水系の最上流域の「八ッ場ダム」

その後、建設が再開された「八ッ場ダム」は、2019年10月にようやく「試験湛水」が始まっていた!

↓ ↓ ↓

20131013民主党が建設中止させた八ッ場ダム、完成前に再開し今回さっそく最大級に活躍!事業仕分けは糞だった
試験湛水を始めた八ッ場ダムは3~4カ月間で満水になる見込みだったが、今回の台風19号によって殆ど満水状態に!

一方、台風19号によって10月12日から13日未明にかけて大雨となった関東地方では、た八ッ場ダム下流の利根川の堤防が決壊寸前となっていた!

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191013-00000530-nnn-soci
埼玉県加須市流れる利根川、堤防決壊の恐れ
10/13(日) 2:50配信 最終更新:10/13(日) 4:25 日本テレビ系(NNN)

埼玉県加須市流れる利根川、堤防決壊の恐れ
(動画)

国土交通省・関東地方整備局は、埼玉県加須市を流れる利根川で、堤防が決壊する恐れがあると発表した。

国土交通省・関東地方整備局によると、加須市を流れる利根川の、渡良瀬川と合流する地点付近で、13日午前3時以降に堤防が決壊する恐れがあるという。

この付近にあたる北川辺地区全域には警戒レベル4の避難指示が出ている。十分な警戒が必要だ。



もしも、2019年10月に、八ッ場ダム試験湛水ができるまでに出来上がっていなければ、下流の利根川の堤防は間違いなく決壊していただろう!

埼玉県や東京都などの利根川水系の地域は、悪夢の民主党政権のせいで危うく大惨事となるところだった!

●関連記事
口だけ番長!オモニ前原!民進党の新代表に前原誠司!竜頭蛇尾の見本・政治と金(誠司とキム)の問題
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6779.html
民主党が建設中止した八ッ場ダム、今月「試験湛水」開始!台風19号で利根川の堤防決壊の危機救う
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7662.html



「民主党」の連中は、その後「民進党」などの党名ロンダリングを経て、現在は「立憲民主党」「国民民主党」無所属などに紛れ込んでいる!

日本国民は、「立憲民主党」「国民民主党」などの連中が事実上の民主党の残党だということをシッカリと認識し、絶対に「立憲民主党」「国民民主党」の候補者に投票してはならない!

●関連記事
蓮舫「悪質なデマに法的措置」堤防・「民主党は戦争法案とレッテル張りしてない」→「戦争法案」連呼
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5955.html
蓮舫、糸魚川視察を「こんな日程」などと嫌がる!「移動だけで1都5県、こんな日程をありがとう」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6505.html
蓮舫らが廃止しようとした『スーパー堤防』の対象地域だった大和川が氾濫!近畿地方整備局が見直し
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6848.html
民主党政権が治水事業費を大削減!事業仕分けで治水や防災が衰退・倉敷の浸水、河川改修予定だった
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7142.html
民主党が建設中止した八ッ場ダム、今月「試験湛水」開始!台風19号で利根川の堤防決壊の危機救う
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7662.html
嘘「安倍は民主党より公共事業減らした」!事実「安倍政権は民主党政権より公共事業関係費を増額」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7675.html



桜井誠「都知事選に当選したら、外国人の生活保護を廃止!パチンコも規制します!」
桜井誠「都知事選に当選したら、外国人の生活保護を廃止!パチンコも規制します!」

桜井誠 東京都知事選挙 政見放送 2020(令和二年6月)
■動画
桜井誠 東京都知事選挙 政見放送 2020(令和二年6月)
https://www.youtube.com/watch?v=h0L2Z_MwpCQ





「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)


朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)
西村幸祐著(2020/1/27)



反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「治水事業などの公共事業はもっと予算を増やして必要なことを実施していくべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.