FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006


安倍「ウイルスは中国から世界に広がった」・米WSJ記者の「米中どっち側につく?」の質問に対して
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200526安倍「ウイルスは中国から世界に広がった」・米WSJ記者の「米中どっち側につく?」の質問に対して

米WSJ記者
今、アメリカと中国がウイルスなどをめぐって激しく対立していますが、日本はどっち側につくのでしょうか?


安倍晋三首相
現在、中国と米国との間で、新型コロナウイルス感染症の発生源を巡って、相当激しく議論が行われています。
日本の立場でありますが、新型コロナウイルスについては、中国から世界に広がったということが事実であると、考えています。
日本の外交・安全保障の立場としては、米国は日本にとって唯一の同盟国でありますから、米国と協力しながら、様々な国際的な課題に取り組んでいきたいと考えています。





当たり前の見解だが、米支が激しく対立している真っ最中に日本国首相がウイルスの発生源を「中国」と明言したことは重要だ!


武漢ウイルスは、自然発生して不可抗力で感染拡大したのではなく、支那が人工的に作った生物兵器がズサンな管理によって流出して、支那政府とWHOによる情報隠蔽によって世界中に感染拡大したのだから、再発防止のために支那に対する徹底的な調査や追及が必要だ!



以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-00010013-huffpost-soci
アメリカと中国、どっち側につくのか?記者の質問に安倍首相は...
5/25(月) 19:53配信、ハフポスト日本版

20200526安倍「ウイルスは中国から世界に広がった」・米WSJ記者の「米中どっち側につく?」の質問に対して
安倍首相

安倍晋三首相は5月25日に開いた記者会見の中で、新型コロナを巡って対立するアメリカと中国について、日本の立ち位置を問われる一幕があった。(浜田理央 / ハフポスト日本版)

質疑応答で、記者から「アメリカと中国のどっち側につくのか。日本企業に対して中国への依存度を下げるべきと考えるか」と質問された。

これに対して安倍首相は、「発生源を巡って相当激しく議論がされている」と前置きした上で、「日本の立場は、中国から世界に広がったというのが事実と考えています」と説明。

今後の日本の役割について「今回のようなパンデミックが起きた時、世界がどう対応するかあり方を提示していくこと。世界中が協力しないといけない」と強調した。

一方で、アメリカが唯一の同盟国である点を踏まえて「自由や民主主義、基本的人権といった価値を共有する同盟国として、様々な課題に取り組んでいきたい」と述べた。

中国に対しては「世界の中で経済的に重要な国、プレーヤー。それにふさわしい責任も果たしてもらいたい」と求めた。

日本と中国の共有する考えとして、こう続けた。

「日本と中国がそれぞれ国際社会で期待されてるのは、地域の平和と安定、繁栄に責任ある対応をとっていくこと。中国がそういう対応をしてくれるよう願いたい」

新型コロナに立ち向かうために「普遍的な価値を共有する国々と手をたず合え、中国も含めて、助け合いながら、国際社会がよってたつ原則を築いていくべきだ」と述べた。
浜田理央 / ハフポスト日本版



【ノーカット】安倍首相記者会見 緊急事態宣言の全面解除を表明
■動画
【ノーカット】安倍首相記者会見 緊急事態宣言の全面解除を表明
https://www.youtube.com/watch?v=dCT2EulQOLE




https://twitter.com/nico_nico_news/status/1264864785499254785
ニコニコニュース@nico_nico_news
新型コロナウイルスが中国から世界へ広がったことは事実=安倍首相

https://live.nicovideo.jp/watch/lv326086267

新型コロナをめぐるアメリカと中国の対立についての質問を受け、安倍首相が日本の立場を表明。中国には国際社会において、地域の平和と繁栄に責任ある対応を取るよう期待したいと述べた。

#首相会見
■動画
午後7:23 · 2020年5月25日



▼文字起こし▼

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)記者
今、アメリカと中国がウイルスなどをめぐって激しく対立していますが、日本はどっち側につくのでしょうか?
日本企業に対して中国への依存度を下げるべきと、そういうお考えでしょうか?


安倍晋三首相
現在、中国と米国との間で、新型コロナウイルス感染症の発生源を巡って、相当激しく議論が行われています。
日本の立場でありますが、新型コロナウイルスについては、中国から世界に広がったということが事実であると、考えています。
今後の日本の役割としては、今回のようなパンデミックが起きた時、世界がどう対応するかあり方を提示していくことと思います。
世界中が協力しないといけません。
ただ、日本の外交・安全保障の基本的立場としては、米国は日本にとって唯一の同盟国でありますから、日本は同盟国として、また、自由や民主主義や基本的人権、法の支配といった基本的な価値を共有する同盟国として米国と協力しながら、様々な国際的な課題に取り組んでいきたいと考えています。






>米WSJ記者
>今、アメリカと中国がウイルスなどをめぐって激しく対立していますが、日本はどっち側につくのでしょうか。


>安倍晋三首相
>現在、中国と米国との間で、新型コロナウイルス感染症の発生源を巡って、相当激しく議論が行われています。
>日本の立場でありますが、新型コロナウイルスについては、中国から世界に広がったということが事実であると、考えています。



当たり前のことだが、安倍首相が公式の記者会見で武漢ウイルス(支那ウイルス=the Chinese Virus)の発生源が支那だと明言したことは重要だ!

テレビでは殆どニュースになっていないようなので、ブログで取り上げておきたくなった。

これまでのところ日本政府では、西村康稔・新型コロナウイルス対策担当相が4月21日に収録したYouTube番組「長谷川幸洋と高橋洋一の『NEWSチャンネル』」で、「武漢で発生したのは間違いない。これはWHOも認めている。かつてはSARSもあった。事態が落ち着いた後に、原因究明や再発防止策は教訓として、しっかりやっていかなければいけない」「マスクや防護服、アビガンの原液など中国に依存していた。すでに予算もつけているが、長い目で見て、サプライチェーンを強靭化、多層化していくことも考えていかなければならない」と語っていた。(関連記事
YouTube番組「長谷川幸洋と高橋洋一の『NEWSチャンネル』

YouTube番組「長谷川幸洋と高橋洋一の『NEWSチャンネル』


しかし、今回は、アメリカと支那の論争が激化している真っ最中に、安倍首相が公式な記者会見で「ウイルスの発生源は中国で間違いない」と明言したのだから、当たり前のことでも重要だ!
回は、アメリカと支那の論争が激化している真っ最中に、安倍首相が公式な記者会見で「ウイルスの発生源は中国で間違いない」と明言したのだから、当たり前のことでも重要だ!


支那政府は「新型コロナウイルスは米国が武漢に持ち込んだ」などと、とんでもない主張をして有耶無耶にしようとしている!
支那政府「新型コロナウイルスは米国が武漢に持ち込んだ」

支那政府のそんな誤魔化し戦法に流されてて知らん振りをしてはいけない。

新しいウイルスが発生することは今後も世界のどこかで起こることだが、今回の武漢ウイルス(支那ウイルス=the Chinese Virus)については「仕方ない」で済ませるわけにはいかない!

主な理由は2つある。


1.武漢ウイルス(支那ウイルス=the Chinese Virus)が支那によって人工的に作られた生物兵器であり、支那の「武漢ウイルス研究所」からズサンな管理が原因で流出したからだ!(関連記事1関連記事2
武漢ウイルス研究所
武漢ウイルス研究所

2.支那政府がWHOとグルになって情報統制(情報を隠蔽)したことによって、世界中に感染拡大したためだ!


1.については、様々な状況や見解から間違いないものの、動かぬ証拠を示して完全に証明できるかどうは不透明だ。

もしも証明できれば、支那の責任は重大であり、世界中から損害賠償請求や厳しい制裁が科されることは必至だ!



2.については、支那政府やWHOの言動から論理的に証明されるため、今後世界で同様のパンデミックを繰り返させないためにも、世界各国が協力して厳しく支那とWHOの情報隠蔽について追及していく必要がある。

また、アメリカのバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4月21日に、ラジオのインタビューで「WHOは支那に支配され、支那のプロパガンダ(宣伝)の道具になっている。支那が影響力を持つために、別に資金を支払ったのかどうか、詳細に調査している」と述べたことから、既にアメリカ政府は支那からWHOのテドロス事務局長らに裏金(賄賂)が渡っていることを把握しているものと考えられる。(関連記事
バート・オブライエン大統領補佐官

いずれにせよ、武漢ウイルスが世界中に感染拡大したことは支那による犯罪であり、今後の再発防止のためにも徹底的に支那への責任追及をしていかなければならない!


https://www.news-postseven.com/archives/20200524_1565745.html
コロナで8か国100兆ドル賠償請求に中国「ならリーマンは?」
2020.05.24 07:00  NEWSポストセブン

コロナで8か国100兆ドル賠償請求に中国「ならリーマンは?」
中国にも言い分はある

 新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっているが、感染拡大の原因は中国の初動対応の誤りが主要な原因だとして、現在、米国、英国、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの8カ国の政府や民間機関が中国政府に賠償を求める訴訟を起こしている。

 これに対して、中国内では大きな反発の声が上がっている。ネット上では「1918年のスペイン風邪で死者が推定で最大5000万人に上ったが、その原因は第一次世界大戦で欧州に派遣された米兵が感染を拡大させたことだ。しかし、そのとき、アメリカ政府は賠償金を支払っただろうか。いま中国に賠償金を要求するのならば、アメリカが当時の責任をとって、賠償金を支払ってからにせよ」などとの痛烈な批判が出ている。

『香港経済日報』によると、今回の新型コロナの感染拡大による中国への賠償金の要求額は総額で100兆ドル(約1京1000兆円)を上回り、中国のGDP(国内総生産)7年分に相当する額に達している。

 英国のシンクタンク「ヘンリー・ジャクソン協会」は今回の感染拡大は中国当局による情報統制が最大の原因で、多くの湖北省武漢市民が感染に気づかぬまま春節連休前に出国したためだと指摘。経済的損失は先進7カ国(G7)に限っても最低4兆ドル(約425兆円)に上ると試算している。

 中国政府が世界保健機関(WHO)へ十分な情報提供をしなかったことは国際保健規則に反するとして、国際社会は中国政府に法的措置を取るべきだと提言した。

 このような賠償請求額について、中国外務省報道官は記者会見で、「中国政府は速やかにWHOや米国を含む関係国・地域に新型ウイルスの情報を提供してきた。これらの訴訟は乱訴というべきだ」と強い不快感を示している。

 また、共産党機関紙『人民日報』系の『環球時報』は7日付朝刊で「ウイルスはいかなる国にも出現する可能性があり、どの国が最初にまん延しようとも法的責任はない。世界的な疫病のいくつかは最初に米国で広まったが、米国に賠償を求めた国はない」とする大学教授の論評を掲載した。

 崔天凱・駐米国中国大使も「世界的な経済停滞を招いたアメリカ発のリーマンショックや世界恐慌などで、アメリカに賠償を求めた国はない」と強調。さらに、崔氏は米紙『ワシントン・ポスト』のコラムに寄稿し、新型コロナ感染拡大の原因が中国にあるとの主張は、世界の2大経済大国である米中を「分断」する恐れがあると指摘した。崔氏はまた、中国への疑念の高まりが新型コロナとの闘いや世界経済の再始動における米中協力を脅かしているとの見解を示している。


●関連記事
武漢ウイルスは人工的な生物兵器!発生源は武漢のウイルス研究所・投稿した肖波涛教授は行方不明に
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7805.html
ポンペオ「武漢ウイルス!支那は重大な脅威!偽情報流し、支援で正義の味方気取り!責任を検証する」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7841.html
ノーベル賞博士「コロナは人工的に作られた」とテレビで断言!フランス騒然!世界が支那の責任を追及
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7865.html
8カ国が支那に1京円超の賠償請求!日本もバスに乗り遅れるな!トランプ「武漢研究所の証拠見た」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7877.html






なお、当該記者会見は、緊急事態宣言全面解除に先立ち開かれた。

専門的な質問に対応するため尾身先生も同席した。

20200526安倍「ウイルスは中国から世界に広がった」・米WSJ記者の「米中どっち側につく?」の質問に対して
緊急事態宣言の全面解除に先立ち、記者会見する安倍晋三首相(右)と基本的対処方針等諮問委員会の尾身茂会長=25日午後、首相官邸


ところが、終了時間が迫って最後の質問で、東京新聞・中日新聞の記者が緊急事態宣言の全面解除とは関係のない黒川に関する質問をぶち込んだ!

さらに、その後に朝日新聞の記者が支持率についての質問をするなど、時間がなくなってから場違いな質問を連発してひんしゅくを買っていた。

20200526安倍「ウイルスは中国から世界に広がった」・米WSJ記者の「米中どっち側につく?」の質問に対して


https://twitter.com/dappi2019/status/1264864916470501377
Dappi@dappi2019
司会「最後の質問で」
東京新聞「賭け麻雀がー!黒川がー!」
安倍総理「法務省が訓告相当と判断した対応を了承した」

朝日新聞が粘る

「支持率がー!」
「日々の支持率に一喜一憂してない」

全国で緊急事態宣言解除を発表した記者会見の最後の質問がこれ。
マスコミの関心はコロナにない

■動画
午後7:24 · 2020年5月25日



https://twitter.com/ty88397162/status/1264865789250637825
ty@ty88397162
返信先: @dappi2019さん
呆れますね・・・
これが首相や尾身先生の貴重な時間を奪ってまで
聞くべきことですか?
だいたい、退職金のこというなら天下り官僚の
前川だってもらってたのに思想が彼と近いためか
知りませんが左派メディアはそちらにはダンマリ
どころか聖人扱いですからね・・・

午後7:27 · 2020年5月25日




▼新刊の紹介▼

「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)

中国発の新型コロナウイルスが、世界中に蔓延し、我が国はもちろんのこと、特に欧米に深刻な被害をもたらしている。
失われる人命、壊滅的な打撃を受ける各国の経済活動、前例のない規模の財政出動……。
未知のウイルスとの、形を変えた第三次世界大戦ともいわれる今回の事態を通じて、世界はどう変化していくのか。
保守の論客、西村幸祐氏とインテリジェンスに精通した元陸将、福山隆氏の対談によって、政治、経済、軍事的な側面から、「ポスト・ウイルス」世界を解き明かす。




朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)
西村幸祐著(2020/1/27)



反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「ウイルスは支那から世界に広がった人災だ!再発防止のために支那への責任追及を徹底的に行うべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.