FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202002<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202004


イタリアで感染者が膨大な理由は支那との深い関係!イランや支那や韓国で多い理由は?武漢ウイルス
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200313イタリアで感染者が膨大な理由は支那との深い関係!イランや支那や韓国で多い理由は?武漢ウイルス

イタリア、新たに2651人感染で計15113人に 死亡者も189人増え計1016人に!

なぜ、イタリアで武漢ウイルス感染者が爆発的に急増しているのか?!




▼イタリアで武漢ウイルス感染急拡大の理由▼

2019年1月時点でイタリアでは既に30万人の支那人移民がおり、イタリアで工場や店を運営していた。
★2019年3月、イタリアはG7で初の支那巨大経済圏構想「一帯一路」参加国となり、人的交流が急拡大!
20200313イタリアで感染者が膨大な理由は支那との深い関係!イランや支那や韓国で多い理由は?武漢ウイルス

イタリアへの支那人移民が更に急増してイタリア全土で約40万人に!
2019年にイタリアを訪れた支那人観光客は、前年比100万人増の600万人に
イタリア&支那の両国は2020年を文化・観光交流の促進年に!
2020年1月31日にイタリアで最初に武漢ウイルス感染が確認されたのも、支那人観光客2人(夫婦)だった!



イタリア人は、ハグやキスなどのスキンシップが大好き!
イタリア人「相手の事が好きであればスキンシップが必要です。感染するまで続けますよ」
イタリア人「相手の事が好きであればスキンシップが必要です。感染するまで続けますよ」


イタリア政府は「欧州一厳しい監視体制を取る」として、韓国のように広く浅いPCR検査で徹底した水際対策をとることを宣言!
韓国と同じくイタリアのどこの病院でも無防備にPCR検査を行った結果、多くの医療従事者が武漢ウイルスに感染!
イタリアは、医療崩壊により、「60代以上に人工呼吸器使わず」
イタリアは、医療崩壊により、「60代以上に人工呼吸器使わず」!
イタリアで武漢ウイルスによる死亡者が急増中!



EU域内で自由に行き来ができる「シェンゲン協定」により、その後、フランス、ドイツ、スペインなどでも武漢ウイルス感染者が急拡大!


【教訓】
支那の「一帯一路」参加など、支那との深い関係は災いをもたらす!
支那人移民や支那人観光客の増加は、災いをもたらす!
EU域内で自由に行き来ができる「シェンゲン協定」は災いをもたらす!(国境は重要)
日本のマスコミが大絶賛する韓国のような広く浅いPCR検査の徹底は、医療崩壊を招く!






▼イランで武漢ウイルス感染急拡大の理由▼

イランは、支那巨大経済圏構想「一帯一路」の中東の最重点国!
イランは、支那巨大経済圏構想「一帯一路」の中東の最重点国!

2017年のイランの輸出の31%、輸入の37%を支那に依存し、中東における一帯一路の中心的事業を担っている!

支那からイランに帰国したビジネスマンが最初に武漢ウイルスに感染して、その後も感染拡大が続いたが、支那との関係を考慮して支那からの入国禁止措置が遅れた!

支那人の入国を禁止したのが2月27日と他国より1か月近く遅かった!(それでも日本と比べれば約1週間早い)


【宗教的な要因も】
イスラム教シーア派の聖地コムで、多くの巡礼者はモスクの柱や壁に唇をつけて祈りを捧げる!
↓ ↓ ↓
イラン政府「武漢ウイルス感染防止のため、人が集まる金曜礼拝中止して!」
↓ ↓ ↓
宗教指導者「武漢ウイルスは悪霊の仕業!祈って撃退だ!」と反発!
↓ ↓ ↓
信者がモスクに殺到!
↓ ↓ ↓
武漢ウイルス集団感染へ



【教訓】
支那の「一帯一路」参加など、支那との深い関係は災いをもたらす!
支那との貿易拡大は、災いをもたらす!
支那からの入国禁止が遅くなると、感染拡大をもたらす!
宗教への妄信は、災いをもたらす!






▼支那や韓国で武漢ウイルスが感染拡大する理由▼

支那人
90%以上が便所の後でも手を洗わない。
大声で話す習性があるので飛沫(ツバ)が飛び散る。


韓国人
90%以上が便所の後でも手を洗わない。
手を洗わないため紙幣で感染するが、紙幣を消毒しようと電子レンジに入れるほど頭が悪い国民が多い。
大声で話す習性があるので飛沫(ツバ)が飛び散る。
どこの病院でも無防備にPCR検査を行った結果、検査による武漢ウイルス感染拡大が発生し、医療崩壊!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



オープニングはNY株<br />価の話:一帯一路のリスクがもうひとつ加わった
■動画
一帯一路のリスクが顕著化
イタリアとイラン、悪いお手本
https://www.youtube.com/watch?v=88yusx1MiiQ




▼イタリアで武漢ウイルス感染急拡大の理由▼

https://www.yomiuri.co.jp/world/20200311-OYT1T50202/
イタリア、急速に深化した対中関係が裏目に?「感染拡大の要因」指摘の声
2020/03/12 07:40、読売新聞

イタリア、急速に深化した対中関係が裏目に?「感染拡大の要因」指摘の声
10日、人影が消えたローマ市内の観光名所「スペイン階段」(ロイター)

 【北京=中川孝之】イタリアでの新型コロナウイルス感染拡大の要因として、近年結びつきが強まる中国との関係を指摘する声が上がっている。イタリアは中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に昨年参加し、民間レベルでも人の行き来が拡大しているためだ。

 中国外務省によると、王毅(ワンイー)国務委員兼外相は10日にイタリアのディマイオ外相と電話会談し、マスクの提供や医療チームの派遣を申し出た。電話会談は2月28日にも行われ、王氏は「健康のシルクロード」を共に築きたいと語り、支援の意向を伝えていた。

 習近平(シージンピン)国家主席は昨年3月にローマを訪問し、先進7か国(G7)との間では初めてとなる「一帯一路」の協力文書をコンテ首相と交わした。両国は今年を文化・観光交流を促進する年と位置づけ、1月にローマで記念式典も開いた。

 こうした関係強化が裏目に出た可能性がある。昨年イタリアを訪れた中国人観光客は、前年比100万人増の600万人に達したとの試算がある。イタリアでの感染拡大との因果関係は不明だが、ロイター通信によると、1月末にイタリアで最初に感染が確認されたのは、湖北省武漢市から旅行に来た中国人の夫婦だった。

 イタリアでは中国系住民が増加しており、全土では約40万人に達するとされる。中国系住民の7割は、中国本土で感染が深刻な浙江省温州市の出身者が占め、繊維関連の工場で働く労働者が多い。経済的な相互依存関係も感染拡大の背景にある可能性がある。



>イタリアでの新型コロナウイルス感染拡大の要因として、近年結びつきが強まる中国との関係を指摘する声が上がっている。イタリアは中国の巨大経済圏構想「一帯一路」に昨年参加し、民間レベルでも人の行き来が拡大しているためだ。


2019年1月時点でイタリアには約30万人の支那人移民がおり、支那人移民たちはイタリアで工場や店を運営していた。

2019年3月、イタリアはG7で初の支那巨大経済圏構想「一帯一路」参加国となり、その後人的交流を更に急拡大させた!
20200313イタリアで感染者が膨大な理由は支那との深い関係!イランや支那や韓国で多い理由は?武漢ウイルス
習近平国家主席は2019年3月にローマを訪問し、先進7か国(G7)で初めてとなる「一帯一路」の協力文書をイタリアのコンテ首相と交わした。


イタリアへの支那人移民も、更に急増してイタリア全土で約40万人に上るという!

2019年にイタリアを訪れた支那人観光客は、前年比100万人増(20%増)の600万人に膨れ上がった!

そのため、イタリアは、支那人観光客を大いに歓迎していた。

イタリアと支那の両国は、2020年を文化・観光交流の促進年にして、2020年1月にはローマで記念式典も開催された!

2020年1月31日にイタリアで最初に感染が確認されたのは、支那人観光客2人(夫婦)だった!

その後、イタリア政府は「欧州一厳しい監視体制を取る」として、韓国のように広く浅いPCR検査で徹底した水際対策をとることを宣言した!

韓国と同じくイタリアのどこの病院でも無防備にPCR検査を行った結果、多くの医療従事者が武漢ウイルスに感染し、イタリアの医療は完全崩壊に陥った!

 ■村中璃子(むらなか・りこ) 医師、ジャーナリスト。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200312/for2003120006-n1.html
韓国・イタリアで医療“崩壊”地獄 無防備なPCR検査で医療従事者の感染招く 医師・村中璃子氏寄稿
2020.3.12
ソウルの低所得者層が住む地域を消毒する作業員ら(共同)
ソウルの低所得者層が住む地域を消毒する作業員ら(共同)

 世界保健機関(WHO)もようやく認めた新型コロナウイルス感染症の「パンデミック(世界的大流行)」。韓国ではソウルでも集団感染が発生、11日時点で感染者7755人、死者63人となった。イタリアも感染者1万149人、死者631人と深刻だ。発生元の中国を含めて共通しているのが、無症状や軽症の患者も積極的に検査した結果、「医療崩壊」を招いた点だ。対照的に重症者に医療資源を集中させた日本は持ちこたえられるのか。WHOで新興感染症対策に携わった医師でジャーナリストの村中璃子氏が緊急寄稿第3弾で分析した。

 中国の外に新型コロナウイルスの感染が拡大している。

 「アンダーコントロール」を豪語していたが、ここ数日各地で緊急事態宣言が出され始めた米国を除けば、目立つのはイタリア、韓国、イランだろう。日本も3月2日、WHOから「深刻な懸念のある国」として、イタリア、韓国、イランと並んで名を挙げられたが、翌日、菅義偉官房長官はこれに抗議。3月9日、今度はシンガポール、中国、韓国と並び、その努力と経験から学ぶことが「パンデミック抑止の鍵」となる国として改めて名を挙げられた。

 中国のような監視社会とイタリアのような民主主義国家ではできることが異なる。中国は、個人情報を脅かすほどの徹底した感染者の追跡、治療・隔離のための巨大病院の建設、マスクやガウンなどの医療物資の緊急大量生産といった対策を行った。中国メディアではこれを、「WHOは他国が行ったことのない公衆衛生学的介入を成し遂げたと絶賛している」と報じたが、どの国でも同じことを実施できるわけではない。

 そこで、注目されるのは日本と同じく民主主義国家である韓国とイタリアだ。

 韓国では、感染者を徹底的に洗い出すことを目的に無症状・軽症の患者まで広くPCR検査を実施した。日本では「韓国にできるのになぜ日本でできないのか」とPCRの全員検査を主張する識者まで現れたが、結果、韓国では軽症者が病床を占拠して重症者の医療を奪い、重症患者の救命にあたる医療スタッフが手薄となるなど医療崩壊が始まった。

 韓国ではMERS(中東呼吸器症候群)の経験から、大量のPCR検査を行うキャパシティを持っていたが、そのことがかえって災いした結果となった。

 イタリアでは、欧州で初めて中国人観光客2人を含む3人の感染が確認された1月31日時点で、「欧州一厳しい監視体制を取る」として、広く浅いPCR検査で徹底した水際対策をとることを宣言した。しかし、新型コロナウイルスはすでにイタリア国内に広がっていた。防護服を着るなどの体制を整えず、どこの病院でも無防備にPCR検査を行った結果、多くの医療従事者の感染を招いた。


 ■日本方式、有効か

  新型コロナウイルスは、症状だけではインフルエンザなど他の呼吸器感染症と区別がつかない。また、発熱は入院時で約半数、入院の全期間を通じても約90%しかないなど、インフルエンザとは似ていない部分もある。無症状の人も多いようだ。既知の感染症と「似ているのに似ていない」新型コロナウイルスは、探せば探すだけ感染者は見つかるが、無防備に探せば、医療関係者の感染という悪循環を招く。皆保険のイタリアではそもそも医療予算が手薄いが、医療スタッフという肝心の医療資源が損なわれるなか、急激な感染拡大の防止に失敗。人工呼吸器が不足するなど深刻な医療崩壊が起きているという。

 日本には中国のように、ひいては韓国やイタリアのようにPCR検査を広範囲に行う体制は整っていない。そのため、最初から医療資源を重症患者の救命に集中させることを目的として、武漢への渡航歴のある人、濃厚接触者、重症肺炎など「新型コロナの可能性の高い人」に限定してPCR検査を行ってきた。

 そんな中、日本では無症候者による目に見えない感染が広がっているという強い不安感がある。死者数は3月11日現在15人とあまり増えていないが、医療関係者の感染の報告が増えていることは非常に気がかりだ。

 目に見えない感染まで追わない代わりに、医療資源を効率よく使うことを目指した日本の対策が本当に有効かどうかは分からない。しかし、今後は、医療従事者の保護をより充実させながら流行を乗り越えたい。

 ■村中璃子(むらなか・りこ) 医師、ジャーナリスト。
 ■村中璃子(むらなか・りこ) 医師、ジャーナリスト。



イタリアは、医療崩壊により、「60代以上に人工呼吸器使わず」

https://twitter.com/vismoglie/status/1237108197648973825
ヴィズマーラ恵子@vismoglie
ミラノからの衝撃的な証言「60代以上の人には挿管しなくなった。状況は非常に深刻です。若い人や他の病状のない人を選んで挿管する人の選択を開始する必要があった。多くの人が換気補助を必要としていますが全ての人に機械的換気はできません」(ないと死に至ります)

―――――
"Non possiamo intubare tutti. Dobbiamo evitare gli over 60"
Un'altra testimonianza choc da Milano sul coronavirus. Una cardiologa racconta : "C'è chi ha deciso di non intubare più gli over 60".
イタリアは、医療崩壊により、「60代以上に人工呼吸器使わず」!
―――――

午前5:09 · 2020年3月10日




現在イタリアは支那に次ぐ武漢ウイルスの被害大国となっているが、その理由はG7で最初に支那「一帯一路」の参加国になるなど、支那との深い関係構築だった!

他の理由を挙げると、イタリア人は、ハグやキスなどのスキンシップ好きだということだ。


イタリア人は、ハグやキスなどのスキンシップが大好き!
イタリア人「相手の事が好きであればスキンシップが必要です。感染するまで続けますよ」
イタリア人「相手の事が好きであればスキンシップが必要です。感染するまで続けますよ」



さらに、イタリアは、EU加盟国であり、EU域内で自由に行き来ができる「シェンゲン協定」により、その後、フランス、ドイツ、スペインなどにも武漢ウイルス感染者を急拡大させている!

シェンゲン圏内は、まるで「1つの国」であるかのように、人も物も動いて流れて一体化する。

移動などに関してはまるで「1つの国」となったEUのように移動の自由を徹底させれば、現在イタリアからフランス、ドイツ、スペインなどへ武漢ウイルスが急激に感染拡大しているように、拡大を食い止めることは難しくなる!



【教訓】
支那の「一帯一路」参加など、支那との深い関係は災いをもたらす!
支那人移民や支那人観光客の増加は、災いをもたらす!
EU域内で自由に行き来ができる「シェンゲン協定」は災いをもたらす!(国境は重要)
日本のマスコミが大絶賛する韓国のような広く浅いPCR検査の徹底は、医療崩壊を招く!






▼イランで武漢ウイルス感染急拡大の理由▼

イランは、もともと支那巨大経済圏構想「一帯一路」の中東の最重点国だった!
イランは、支那巨大経済圏構想「一帯一路」の中東の最重点国!

2017年のイランの輸出の31%、輸入の37%を支那に依存し、中東における一帯一路の中心的事業を担っている!

そのため、支那からイランに帰国したビジネスマンが最初に感染して、その後も感染拡大が続いたが、支那との関係を考慮して支那からの入国禁止措置が遅れた!

イランが支那からの入国を禁止したのは他国より約1か月遅い2月27日となってしまった!

それでも、3月5日になってようやく支那からの入国を事実上拒否した日本と比べればイランの決断は1週間早かったのだが、宗教的な出来事から武漢ウイルスの感染拡大を深刻化させたようだ。


【イラン】政府「金曜礼拝中止して!」宗教指導者「コロナは悪霊の仕業!祈って撃退だ!」→信者がモスクに殺到。集団感染へ

https://news.livedoor.com/article/detail/17921644/
イランは政府要人も次々コロナ感染 服役囚5万4000人釈放の異常事態
2020年3月6日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

(一部抜粋)

 なぜイランで感染が急拡大したのか。もともと中国との関係が深く、中国人の観光客やビジネスマンが多かったのも理由だが、宗教的な事情も大きい。今回、感染者が大量に発生したのは中部のコム市。ここはイスラム教シーア派の聖地で、多くの巡礼者が訪れる。巡礼者はモスクの柱や壁に唇をつけて祈りを捧げる。これが飛沫感染を招いたとみられているのだ。

 政府は人が集まる金曜礼拝を中止するよう指示したが、宗教指導者から「新型コロナの感染症は悪霊に違いない。撃退するにはみんなで祈るのが最善の方法だ」と反発の声が上がった。

 そのため参加者が減るどころか、通常より多くの信者がモスクに殺到。信仰心のあつさを証明するため、モスクのあちこちに抱きつき、唇を接する行為を繰り返している。その様子をテレビが「こうして舐めることで他の巡礼者が安心してモスクに来られるようにしている」と報じる始末だ。



【教訓】
支那の「一帯一路」参加など、支那との深い関係は災いをもたらす!
支那との貿易拡大は、災いをもたらす!
支那からの入国禁止が遅くなると、感染拡大をもたらす!
宗教への妄信は、災いをもたらす!






▼支那や韓国で武漢ウイルスが感染拡大する理由▼

支那人
90%以上が便所の後でも手を洗わない。
大声で話す習性があるので飛沫(ツバ)が飛び散る。


韓国人
90%以上が便所の後でも手を洗わない。
手を洗わないため紙幣で感染するが、紙幣を消毒しようと電子レンジに入れるほど頭が悪い国民が多い。
大声で話す習性があるので飛沫(ツバ)が飛び散る。
どこの病院でも無防備にPCR検査を行った結果、検査による武漢ウイルス感染拡大が発生し、医療崩壊!

●詳細記事
便所の後に手を洗う支那人は4%!新型コロナウ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7784.html




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)
西村幸祐著(2020/1/27)


「支那との関係は災いをもたらす!日支断交!日韓断交!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.