FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003


WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200208WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化
支那から巨額の経済援助を受けるエチオピアテドロスWHO事務局長の妄言▼
「新型コロナウイルス肺炎で、中国の対応は、過去にないほど素晴らしい。他の国も見習うべき。中国に感謝しなければいけない」



https://www.sankei.com/world/news/200207/wor2002070020-n1.html
新型肺炎めぐりWHO事務局長の辞任要求が活発化、30万人超が署名
2020.2.7 17:12、産経新聞

20200208WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化
ウイルスへの対応を巡り、記者会見するテドロスWHO事務局長=1月30日、スイス・ジュネーブ(AP)

 【ジュネーブ=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の辞任を要求する署名活動がインターネット上で活発化している。米国発の署名サイト「Change.org」で署名活動が行われており、賛同者は7日時点で30万人を超えている。

 同サイトの情報によると、署名活動の発起人は、テドロス氏が1月22、23日に開催されたWHOの緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ったことが、新型コロナウイルスの感染拡大につながったと指摘。「テドロス氏はWHOの事務局長にふさわしくないと強く考えている」と主張している。

 また、発起人は「WHOは政治的に中立であると考えられている」とした上で「テドロス氏は調査なしで、中国政府が提供した(新型肺炎の)死者数と感染者数のみを信じている」と指摘。台湾が「一つの中国」原則を掲げる中国の妨害でWHOに加盟していない問題についても触れ、「台湾は政治的な理由でWHOから除外されるべきではない」としている。

 テドロス氏は中国から巨額投資を受けるエチオピアの元保健相。同氏は感染拡大の問題で中国寄りの言動を続けており、これまでに「WHOは中国が(新型肺炎の)感染拡大を防ぐ能力があることを確信している」とも発言していた。


20200208WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化
WHOのテドロス事務局長の辞任要求が活発化、30万人超が署名!



>世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の辞任を要求する署名活動がインターネット上で活発化している。米国発の署名サイト「Change.org」で署名活動が行われており、賛同者は7日時点で30万人を超えている。


世界保健機関(WHO)事務局長のテドロスなんて人間のクズであり、事実上の大量殺戮犯罪者だ!

テドロスは、支那から巨額の経済援助を受けて「アフリカの中国」と呼ばれているエチオピアの保健相だったため、支那の言いなりになって世界中を大混乱に陥れ、犠牲者数を大幅に増大させている!

辞任要求では生ぬるい!

法廷にかけて死刑にするべきだ!

そして、今回の不祥事を教訓として、二度と国際機関の重役には「アフリカの中国」エチオピアから選んではいけない!






>同サイトの情報によると、署名活動の発起人は、テドロス氏が1月22、23日に開催されたWHOの緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ったことが、新型コロナウイルスの感染拡大につながったと指摘。「テドロス氏はWHOの事務局長にふさわしくないと強く考えている」と主張している。


1月22、23日に開催されたWHOの緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ったことは、本当に異常な出来事だった!

当時、実際には12月から感染が拡大し続けていたにもかかわらず、習近平率いる支那政府が隠蔽を続け、1月20日になってようやく習近平が「感染蔓延の断固阻止」「社会安定の維持」などの重要指示を出したばかりだった。

その僅か3日後にWHOがいきなり「緊急事態宣言」をすれば、習近平率いる支那政府の面目は丸潰れとなるため、支那の犬のテドロスは何が何でも「緊急事態宣言」をしなかったのだ!

その1週間後の1月30日になって、ようやく世界保健機関(WHO)は支那で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言したものの、その際にテドロスは「中国の対応 過去にないほど素晴らしい。他の国も見習うべき。中国に感謝しなければいけない」と驚くべき妄言を吐いた!!






>また、発起人は「WHOは政治的に中立であると考えられている」とした上で「テドロス氏は調査なしで、中国政府が提供した(新型肺炎の)死者数と感染者数のみを信じている」と指摘。台湾が「一つの中国」原則を掲げる中国の妨害でWHOに加盟していない問題についても触れ、「台湾は政治的な理由でWHOから除外されるべきではない」としている。


支那から巨額の経済援助を受けて「アフリカの中国」と呼ばれているエチオピアの保健相だった支那の犬のテドロスは、現状の緊急事態宣言をした後も尚も台湾をWHOから徹底的に排除しまくっている!

テドロス個人にもWHOという組織にも、人道もヘッタクレもない!

2月6日のWHOの執行理事会で日本はWHOの台湾排除について「オブザーバーとしての参加さえ認められないことによる地理的な空白を生み出すべきではない」と意見を述べて米国も日本の意見に同調したが、支那代表は「強烈に不満だ」と応じた。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20200207-OYT1T50098/
WHOの台湾排除に日本「地理的空白を生み出すな」…中国は「強烈に不満だ」
2020/02/07 08:49、読売新聞

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】スイス・ジュネーブで開かれている世界保健機関(WHO)の執行理事会で、在ジュネーブ政府代表部の岡庭健大使は6日、新型コロナウイルスへの対応を巡り、WHOから排除されている台湾を念頭に「特定の地域がオブザーバーとしての参加さえ認められないことによる、地理的な空白を生み出すべきではない」と発言した。

 米国代表も「WHOは直接、台湾の医療保健当局と連携すべきだ」と述べた。中国代表は、各国の台湾の参加に関する発言に「強烈に不満だ」と応じた。

 また、岡庭大使は新型ウイルス対応のため、WHOに1000万ドル(約11億円)を拠出すると表明した。WHOは、2~4月分として国際社会に6億7500万ドル(約740億円)の支援を求めている。






>テドロス氏は中国から巨額投資を受けるエチオピアの元保健相。同氏は感染拡大の問題で中国寄りの言動を続けており、これまでに「WHOは中国が(新型肺炎の)感染拡大を防ぐ能力があることを確信している」とも発言していた。


上述したとおり、テドロスは支那から巨額の経済援助を受けて「アフリカの中国」と呼ばれているエチオピアの保健相だったため、支那の犬と成り果ていてる!

エチオピアの環状道路や高速道路など道路の7割は、支那によって建設された。

また、エチオピアの風力発電や水力発電所や工業団地、人工衛星の打ち上げ、ダム、ジブチ・エチオピア鉄道、アディスアベバ・ナショナル・スタジアム、ボレ国際空港の近代化、携帯電話工場、全土の通信網の整備などは、支那からの巨額援助を受けて行わている。

2002年に発展改組して発足したアフリカ連合(AU)本部は、支那の費用全額負担でエチオピアに寄贈された。

エチオピアは、支那からインフラ投資で一帯一路のモデル国家として称賛を受けているが、2018年時点の国家債務額は国内総生産の59%にも及んでおり、その大半は支那からの融資とみられており、もはや完全に支那に支配されている!

今回の不祥事を教訓として、二度エチオピアから国際機関の重役を選んではいけない!

20200208WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化

20200208WHOに世界が激怒!テドロス事務局長のエチオピアは「アフリカの中国」・辞任要求の署名も活発化

テドロスは「WHOは中国が(新型肺炎の)感染拡大を防ぐ能力があることを確信している」と妄言を吐いたほか、1月30日には「中国の対応 過去にないほど素晴らしい。他の国も見習うべき。中国に感謝しなければいけない」との妄言も吐いた!

支那政府は、2019年12月に武漢ウイルスの警鐘鳴らそうとした医者8人を公安に逮捕させていたにもかかわらずだ!(毎日新聞記事


新型肺炎「貿易・渡航制限は勧めず」 WHO会見要旨
【WHO絶賛】テドロス事務局長「中国の対応 過去にないほど素晴らしい。他の国も見習うべき。中国に感謝しなければいけない」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55073200R30C20A1000000/
新型肺炎「貿易・渡航制限は勧めず」 WHO会見要旨
緊急事態を宣言

2020/1/31 6:12、日経新聞


世界保健機関(WHO)は30日、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言した。同日開いた記者会見でのテドロス事務局長らの主な説明は次の通り。

テドロス事務局長 新型の病気が過去にないほどの大流行につながっている。だが、中国の対応も過去にないほど素晴らしい。中国の尽力がなければ中国国外の死者はさらに増えていただろう。中国の対応は感染症対策の新しい基準をつくったともいえる。
中国国外での感染件数は相対的に少なく抑えられており、ヒトからヒトへの感染もドイツ、日本、ベトナム、米国で確認されただけだ。中国国外での死亡例はない。

今こそ力を合わせて、さらなる感染を防がなければいけない。公衆衛生の制度が整っていない国でもし広がったらどんな被害が出るかわからない。
この理由で緊急事態を宣言する。中国への不信感を示したわけではない。
7つの分野で我々の勧告を出したい。まず我々は国際的な貿易と渡航の制限を勧めない。次に公衆衛生の制度が整っていない国を支援しなければいけない。
3つ目に予防接種、治療、診断法の開発を急ぐべきだ。噂や偽の情報に惑わされてはいけない。また感染者の特定、隔離などに必要な資金や人員を確定させなければいけない。最後に各国が一致団結する必要がある。


緊急委員会のフサン委員長 今日の緊急会合ではほぼ全会一致で宣言を出すべきだとの意見がまとまった。理由は中国国内での感染件数が増えていること、また感染が確認された国が増えていることも理由だ。さらに疑問を呈せざるをえない対策をとっている国があることも要因だ。

テドロス氏 私は先日中国に渡航し、習近平(シー・ジンピン)国家主席のリーダーシップを目の当たりにした。他の国も見習うべきだ。中国国外の感染者数が少ないことについて、中国に感謝しなければいけない。

フサン氏 国境封鎖などの対策をとっている国もあるが、科学的な根拠は何かと問いたい。我々は推奨しない。飛行機で自国民を呼び戻している国もあるが、それは呼び戻した後にさらなる感染を防げるという自信がある国だ。全ての国ができるわけではない。

(パリ=白石透冴)




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


朝日新聞への論理的弔辞 - 西村幸祐メディア評論集 - (ワニプラス)
西村幸祐著(2020/1/27)


「テドロスの辞任は当然!二度とエチオピアから国際機関の重役を選ぶな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.