FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912


売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以降侵略」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以降侵略」
売国奴でホモだった中曽根康弘が死去


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-11290766-nksports-soci
「日本列島を不沈空母のように」中曽根元首相語録
11/29(金) 23:13配信 日刊スポーツ

20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以降侵略」
中曽根康弘元首相

日本電信電話公社や国鉄などの民営化を行った中曽根康弘(なかそね・やすひろ)元首相が29日午前7時22分、老衰のため都内の病院で死去した。101歳だった。自民党によると、葬儀は近親者のみで執り行われ、お別れの会が後日開催される予定。

   ◇   ◇   ◇

「首相と恋人は私が選ぶ」(1960年前後。青年将校と呼ばれた若手時代、「首相は国民投票で選ぼう」と首相公選制を掲げ、全国行脚)

「風の方向が分からないで船を進めることはできない」(78年4月、「政界の風見鶏」と呼ばれることについて)

「日本列島を不沈空母のように強力に防衛する」(83年1月、首相就任後、初の訪米でワシントン・ポスト紙社主に不沈空母発言)

「中曽根は死んだふりをしていたというが、野党は知らないふりをしていた」(86年6月、「死んだふり解散」で衆参同日選。野党の「ウソつき」批判に)

「米国には黒人とかプエルトリコとかメキシカンとか、そういうのが相当おって平均的にみたら非常に低い」(86年9月。自民党研修会で知的水準発言。米国で日本製品不買運動が始まり、謝罪)

「愛とか友情とか、ソフトクリームみたいな話ばかりで、お天道様が出たら消えちゃうんじゃないか」(96年5月、「友愛」を理念に、鳩山由紀夫氏らが旗揚げする民主党を辛口批評)

「政治家は聖人君子である必要はない」(97年10月、腹心の佐藤孝行氏の入閣・辞任で再燃した政治倫理問題で)

「極東で紛争が起こらないように番犬として使うということだ」(97年10月、在日米軍は番犬発言)

「真空はあらゆる政策を受け入れることができる。カリスマ性はないかもしれないが、真空という強さが潜んでいる」(98年12月、「文芸春秋」で小渕恵三首相を「真空総理」と命名)

「老兵は死なず、ただ頑張るのみ」(2000年1月、自民党が衆院比例代表候補の73歳定年制を検討。当時81歳。引退の意思がないことを表明)

「突然やってきて、このようなことを言うのは非礼だ。爆弾を投げるような一種の政治的テロだ」(03年12月、小泉純一郎首相の引退要請に激怒)

「政治家は常に歴史法廷に立つ被告人との思いで精励努力を重ねてきた」(18年5月、100歳の誕生日を迎え)




101歳まで長生きしていたホモで売国奴の中曽根康弘が死去した。

中曽根康弘の売国行為の中でも、特に有名なのは、中曽根が首相時代に「首相の靖国神社参拝」をストップさせたことだ!

また、中曽根康弘首相は、「韓国併合は合意の上に形成されたもの」などと事実を発言した藤尾正行文部大臣を罷免するというトンデモナイ言論弾圧を強行した!

さらに、晩年の平成27年(2015年)、中曽根康弘は読売新聞に国賊・売国奴丸出しの寄稿をし、「アジア諸国に対して侵略戦争でもあった」「特に対中国では、大隈重信内閣が日本の権益拡大を求めた1915年の『対華21か条要求』以降、侵略的要素が強くなった」「中国民族の感情を著しく傷つけたと言わざるを得ない」などと妄言を吐いた!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



中曽根康弘は、歴代首相の中でも、支那の理不尽な言い掛かりに屈して、最初に靖国神社参拝をやめた恥ずべき最低の首相の一人だ!

中曽根康弘は、戦時中は海軍主計少佐だったにもかかわらず、1985年に支那からそれまで問題にもされなかった首相の靖国神社参拝が突然非難され始めたら、アッサリと靖国神社参拝を取りやめた支那のポチだった!

中曽根康弘の売国行為の中でも、特に有名なのは、中曽根が首相時代に「首相の靖国神社参拝」をストップさせたことだ!
●1983年~1985年、中曽根康弘首相が靖国神社を10回参拝
●1984年3月、中曽根康弘首相が支那を訪問、「日中友好21世紀委員会」発足、4700億円の円借款供与で合意
●1985年8月15日、中曽根康弘が「公式参拝」
↓ ↓ ↓
●1986年
中曽根が早くも参拝中止!
理由は、胡耀邦が困った立場にあることを知り、慮(おもんばか)って!

パチンコ疑惑の際に朝鮮総連から500万円貰った中曽根内閣の後藤田正晴官房長官「平和条約11条であの裁判を認めておるといった大前提に立って事柄を処理せざるを得ない」と嘘出鱈目の売国妄言!(サンフランシスコ講和条約11条の関連記事
↓ ↓ ↓
昭和61年(1986年)8月15日に昭和天皇が詠まれた歌
「この年の この日にもまた 靖国の 宮しろのことに うれひはふかし」






超売国奴の中曽根康弘は「韓国併合は合意の上に形成されたもの」などと事実を発言した藤尾正行文部大臣を罷免し、「言論の自由」「学問の自由」を保障せずに堂々と弾圧した!
藤尾正行・文部大臣「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国側にも責任がある」
昭和61年(1986年)
藤尾正行・文部大臣(中曽根内閣)
入閣直後に歴史教科書問題に関連して「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国側にも責任がある」などと対談中の発言が月刊誌『文藝春秋』(1986年10月号)に掲載された。
中曽根首相は藤尾に辞任を要求したが、藤尾は「発言を問題にするのであれば罷免すればよい」と主張して辞任を拒否し、中曽根は罷免権を発動して藤尾文部大臣を罷免した!関連記事






超売国奴の中曽根康弘は、100歳近くになって更に売国奴ぶりが露骨になった!
20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以降侵略」
中曽根康弘元首相

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150806-OYT1T50099.html
対アジア「侵略だった」…中曽根元首相が寄稿
2015年08月07日、読売新聞

戦後70年にあたり、中曽根康弘元首相(97)は読売新聞に寄稿した。

 アジアとの戦争は「侵略戦争だった」と認め、先の大戦を「やるべからざる戦争であり、誤った戦争」と総括した。こうした否定的な歴史を直視しなければ、近隣諸国から信頼を得ることはできないと指摘した。

 戦時中は海軍に所属し、1982~87年に首相を務めた中曽根氏は、戦後政治とともに歩んできた宰相経験者として、寄稿の中でこの70年間を振り返った。

 先の大戦を「帝国主義的な資源や国家、民族の在り方をめぐる戦い」と評する一方、アジア諸国の国民に対しては「侵略戦争でもあった」と言及した。特に対中国では、大隈内閣が日本の権益拡大を求めた1915年の「対華21か条要求」以降、侵略的要素が強くなったとし、「中国民族の感情を著しく傷つけたと言わざるを得ない」と記した。



この「対支21か条要求」というのは、袁世凱が考えて、袁世凱が日本に要求させる演出をした【自作自演のヤラセ】だった。

「対支21か条要求」は、第1号~第5号まで5号21カ条からなる支那に対する日本の要求だが、特に第5号で「日本人を支那政府の財政及び軍事顧問として招くこと」を要求したため、日本が支那を保護国にしようとしていると、支那だけでなく米英などからも非難された。

多くの偽造自虐史観が定説となっている日本において「対支21か条要求」も、日本の支那侵略の象徴などと言われている。

だから、中曽根康弘のような糞馬鹿爺まで「日本の権益拡大を求めた1915年の『対華21か条要求』以降、侵略的要素が強くなった。中国民族の感情を著しく傷つけたと言わざるを得ない」などと尤もらしく知ったかぶりをする。

しかし、真相は、全く異なる!

本当は、袁世凱が「21か条要求」を考えて、袁世凱が日本に要求させた【自作自演のヤラセ】だったのだ!

このことは、支那の国父(孫文)が非常に詳しく証言している。

――――――――――
▽▽「21か条要求」の真実▽▽

孫文20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以降侵略」
孫文
二十一箇条条約の歴史に付いて略述する。

多くの人は21か条要求を日本の中国侵略の現れだと思っている。
もし、それが本当であれば、統一中国は、日本の圧迫に対抗すれば良い訳である。

ところが、この問題は中国側から起こったというのが事実である。
すなわち、袁世凱は、このような過大な特権を日本に承認する(与える)代償として、自分が皇帝になることを日本に支援させようとしたのである。

当初、日本は、このような激烈な要求を出すことに、しりごみした。
当時の外相加藤高明は、袁世凱が要求を呑むかどうかを仔細に観察し、呑むことを確認した後、絶対に秘密を守ることを要求し、日本側が提出するまでは内容を漏らすことを禁じたのであった。


ところが、提出後、新聞に載り、中国はもとより外国や袁世凱の部下までもが反対をした。
袁世凱は日本に対して終始この要求内容を堅持することを求め、必要ならば日本軍を出兵して武力を誇示することを求めた。

そこで、日本は、袁世凱の画策に従って中国に派兵したのである。
当時の日本人も、日本政府の暴挙を攻撃したが、政府はおかしな言い訳しか出来なかった。

一方、袁世凱は、中国においては、日本の派兵を威嚇行為であるとし、中国人に彼を信じさせようとした。
すなわち、21か条要求を承諾しなければ、日本は武力行使をするであろうと。
この袁世凱の深い密謀は、従来中国民衆が知り得なかったものである。


当時世論は、日本政府の大失態とし、加藤外務大臣は辞職。
中国側においても全体が一致してこの事に反対したが、袁世凱は当時の首相(現北京総統)の徐世昌と外交総長の陸徴祥に、無理に中国を圧迫するこの協定に調印させた。
このため21か条条約は既成の事実となって、日本人も重ねて政府を責めないようになった。

『孫文全集』より抜粋要約

『孫文全集』外務省調査部・訳編
第一公論社、昭和15年12月20日発行
第6巻
講演及び談話篇(上)
39、 中国問題解決の方法 ­­米国議員団の歓迎会にて(pp. 269-277)
引用部分は271頁~273頁

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278225
外務省調査部偏『孫文全集』中
原書房、昭和42年8月20日発行
編集兼発行人、成瀬恭
第2編 講演及談話
(原典)

『孫文全集』外務省調査部・訳編
第一公論社、昭和15年12月20日発行
第6巻
講演及び談話篇(上)
39、 中国問題解決の方法 ­­米国議員団の歓迎会にて(pp. 269-277)
引用部分は271頁~273頁

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278225
外務省調査部偏『孫文全集』中
原書房、昭和42年8月20日発行
編集兼発行人、成瀬恭
第2編 講演及談話

 次ニ二十一箇条条約ノ歴史ニ付イテ略述スル。

 二十一箇条約トハ何カ。多クノ人ハ之ヲ単ニ日本ノ中国蚕食(サンショク)ノ一ツノ現レデアルト思ツテヰル。之レガ若シ真ニ然ルナラバ、至ツテ簡単ナ問題デアツテ、一箇ノ統一国タル中国ガ、日本ノ圧迫ニ対抗スレバヨイ訳デアル。

 然ルニ此ノ問題ハ中国人カラ起ツタモノデアル。即チ袁世凱ガ故意ニ日本ノ斯クモ過大ナル特権ヲ承認シ、之レガ代償トシテ、日本ヲシテ、彼ガ中国ノ皇帝タルコトヲ援助セシメタノデアル。

 当初日本ハ、斯ル激烈ナ条約ノ提出ヲ逡巡シタ。当時ノ日本ノ外務大臣加藤高明男爵ハ、予メ先ズ仔細ニ袁氏ガ応諾スルヤ否ヤニ付イテ観察シ、彼ニ応諾ノ意思有ルコトヲ確メ得タ後、更ニ袁氏ニ絶対秘密ヲ守ルベキコトヲ要求シ、日本側ヨリ提出スル迄ハ、之ガ条約ノ内容ヲ漏洩スルコトヲ禁ジタノデアツタ。

 然ルニ提出後、新聞紙ガ此事ヲ世ニ漏スヤ、中国及外国ノ各方面ニ於テ、紛々タル反対ガ起ルニ至リ、袁氏ノ部下迄モ反対ヲ唱フルニ至ツタ。茲ニ於テ袁氏ハ日本政府ニ、終始其ノ主張ヲ堅持シ、必要ガアレバ出兵シテ武力ヲ示スベキヲ要求シタ。
 
 ソコデ日本ハ袁ノ画策ニ従ツテ中国ニ派兵シタノデアル。当時日本人モ、皆日本政府ノ斯ノ如キ無暴ナ挙ヲ攻撃シタガ、日本ノ首相ハ、満鮮駐屯軍ノ満期ニ当ル為、派兵交代セシムルモノナル旨ヲ声明シタ。然シ之レハ完全ナ飾詞デ、派兵シタノハ満期ノ二ヶ月前ノコトデアツタ。而モ日本ノ首相ハ遂ニ之ヲ以テ中国ノ反対ヲ圧ヘテシマツタノデアル。

 他方中国ニ於テハ、袁世凱ハ日本ノ派兵ヲ直接威嚇行為ナリトシ、中国人ヲシテ彼ヲ信ゼシメントシタ。即チ二十一箇条条約ヲ承諾シナケレバ、日本ハ武力ヲ用フルデアラウ、トナシタノデアル。此ノ種ノ深イ密謀ハ、従来民衆ノ暁リ得ナカツタモノデアル。然ルニ此ノ種ノ事実ヲ知ルコトナシニ、中国問題ノ正当ナル解決方法ヲ求メヨウトスルコトハ、実ニ至難デアル。

 当時ノ日本ノ世論ハ、之ヲ日本政府ノ外交上ノ大失態トナシ、其ノ結果加藤外務大臣ハ辞職ヲ迫ラルルニ至ツタ程デアツタ。
 
 他面全体ノ中国人モ一致シテ此ノ事ニ反対シタガ、袁世凱ハ現北京総統タル、時ノ首相徐世昌及外交総長陸徴?ヲシテ、無理ニ中国ヲ圧迫スル此ノ協定ニ調印セシメタ。之レガ為ニ此ノ二十一箇条条約ハ既成ノ事実トナリ、日本人モ重ネテ其ノ政府ヲ責メナイ様ニナツタ。

――――――――――

「対支21か条要求」というのは、袁世凱が考えて、袁世凱が日本に要求させる演出をした【自作自演のヤラセ】 孫文20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以
「対支21か条要求」というのは、袁世凱が考えて、袁世凱が日本に要求させる演出をした【自作自演のヤラセ】 孫文20191131売国ホモ中曽根康弘死去・「韓国併合は合意の上」で藤尾文相を罷免!「対華21か条要求以

袁世凱は、自分が皇帝になることを日本に支援させる代償として、日本に過大な特権を与えることにした。

その際に、袁世凱は、日本に対して「日本からの『要求』ということにしてくれ」と依頼し、更に「必要ならば日本軍を出兵して武力を誇示してくれ」とも求めて高圧的な要求を演出し、一方で支那においては【日本からの威嚇行為】と主張した。

つまり、「対支21か条要求」は、袁世凱による【自作自演のヤラセ】だった。


【加藤高明】 (1860~1926)岩崎弥太郎の女婿。四度外相。1916年(大正5)憲政会を組織して,第二次護憲運動に参加。24年首相。翌年普通選挙法・治安維持法を制定
【加藤高明】 (1860~1926)岩崎弥太郎の女婿。四度外相。1916年(大正5)憲政会を組織して,第二次護憲運動に参加。24年首相。翌年普通選挙法・治安維持法を制定

(参考1)

二十一ヵ条要求の背景

 世界中が戦争に巻き込まれていた1915年、日本はこれを好機と捉え失地回復を図った。
二十一ヵ条からなる文書を認め、中国代表団に提示した。
いわゆる「二十一ヵ条要求」である。
確かに「要求」といわれれば「要求」かもしれない。
全容は明らかにされなかったが、日本が最も力を入れたのは、1923年に期限切れとなる鉄道の租借期限の延長であった。
これを知ったアメリカがまず日本非難に回り、列強も同調したので要求を幾分和らげることとなった。
これは交渉に当たった日本の外交官からじかに聞いた話であるが、内容が公になるずっと前に、中国代表団は内容に満足し、調印に同意していたそうである。
ところが、中国側はこう持ち出してきた。
「内容はこれで満足だが『要求』ということにしてくれまいか。そうした方が見栄えがする。やむなく調印したのだという風にしたいのだが」と。
これを受けて日本側は「その方が良いならそういたしましょう」と言って、高圧的な態度に出るふりをした。
それで中国人は不承不承、署名をするという風にしたのである。

裏でかなりの金が動いたであろう。
中国との交渉事は金次第とみてきたからである。

 ところが今回は計算違いだった。
「日本に脅迫されやむなく調印した」という体裁にしたのは、中国の国内の中国人に納得してもらうためであった。
ところがアメリカがこれに噛み付いた。
「哀れな中国に、過酷な要求を突きつけるとは許せん」とばかり、同情が湧き上った。

(P256~258)

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)、田中秀雄・先田賢紀智共訳



(参考2)

 中央であると地方であるとを問わず中国当局が余りにも妨害政策を推進したために、日本は1915年に中国に対して「21ヶ条要求」を提出しなければならなくなった。
この要求に関しては中国の宣伝によって余りにも大きな騒ぎが生じたためにその本質がかすんでしまうほどであった。
 この21ヶ条要求(本質的な狙いは満州の日本利権の保護)は、中国に侵害されかけているこの地域での日本の足場を確り固めようと言う意図の下に考えられた警告手段以上の何ものでもなかった、というのが真相である。
(中略)
 21ヶ条要求が出されたとき日本側の責任者であった外務大臣の加藤伯爵の伝記の中に、1915年の交渉のときに日本政府が最後通告を出すことを中国側代表が非公式に求めてきた、と記されている。
その理由は、そうすることによって袁世凱大統領が条約により調印しやすくなり、彼の政敵に対するもっともらしい言い訳を与えてくれるからだ、というのだ。


『シナ大陸の真相』 K・カール・カワカミ著(1938年)、福井雄三訳



以上紹介した複数の資料からも判るとおり、「21か条要求」は、実際には袁世凱が考えて、袁世凱が日本に要求させた【自作自演のヤラセ】だった。

紹介した『暗黒大陸中国の真実』『シナ大陸の真相』 などでも演出(「日本からの高圧的な要求」ということにしたヤラセ)について述べているが、何よりも『孫文全集』において【袁世凱が考えて、袁世凱が日本に要求させた演出(自作自演のヤラセ)だった】旨を暴露されているから、決定的だ!

中曽根康弘は、晩年まで生き恥を晒した!






(その他参考)

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1860160.html
暴露!

そろそろ中曽根○弘のホモ話でもしようじゃないかw

以下、鹿砦社『ゲイ能人 勝手にカミングアウト』より

■海外での回春行為も多数。白人の美青年の巨根好き。

もう忘れられていると思うが、彼の回春行為は週刊誌や雑誌の記事として何度も取り上げられている。

『週刊文春』1989.7.13「エッ中曽根さんがホモ? 米国版ピンクの霧事件のチン脈とキン脈」
『テーミス』1989.7.19「アメリカ・ホモ醜聞のスペンスと中曽根元総理の「親密写真」が語るもの凄い真相 クレイグ・J・スペンス」

■社交の席上で美輪明宏がこの人に挨拶してもそっぽを向かれて深くキズついたと告白したが、彼は女っぽいゲイボーイは好きではなく、ノンケの美青年しか愛さない。また、近親憎悪でもあり、立場上、嫌同性愛の支持者を装っているため。
注)ノンケ…ホモ気のない異性愛の男性

■若いころの沢田○二にぞっこん入れあげていて、彼を愛人にしていたといわれる。
■芸能界とも癒着があり、2丁目住人の東郷○と懇意で、彼から俳優の卵や若い歌手を斡旋してもらっていた。この人のアメリカ、ロスの外交出張と、ジュリーのレコーディングでの渡米がいつも同じ時期に設定されていて、むこうで逢引を重ねていた。

この頃のジュリー↑ 中曽根にオカマ掘られていたんかいな?

■若いころの森進○ともできていた。

■GSのタイガースが解散し、ソロとしてジュリーをナベプロが売り出そうとしていたころ、後援会にもこの人が関わって、バックアップをしていた。

■ゲイの巣窟であるジャニーズ事務所のジャニー喜多○がいくら未成年の美少年たちに性的虐待を繰り返そうと、また、裁判で証明されようとも、警察がいっさい動けないのは、この元総理大臣だった大物の権力で止めているからだという。この人はそこから少年を斡旋してもらうこともある。ゲイの固い結束がそこにあるらしい。

2015/08/09(日) 17:06:57 | URL | ひろよし #- [ 編集



http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seitoron/jimintoron/history/nakasoneseikenco/seihekico1.html
中曽根の性癖考
 「日本人が知らない闇社会」より。中曽根のホモ気質、女装趣味について次のように言及している。

現に、中曽根首相を取り巻いている新聞記者の多くは、同じ特派員仲間でも眉をひそめる趣味の持ち主で、有楽町の電気ビルのエレベーターの中でも、男同士で手を握り合っているタイプに属しているそうである。外国の諜報機関はこのタイプの人間を送り込み、重要な国家機密を盗み出すことが多く。それはMIBやCIAのケースでよく知られているが、最近ではモサドが活用する手口として有名だ。そして、日本人はこの手口に余りにもナイーブであり、中曽根内閣の周りに群がっている人間には、この種のいかがわしい者が特に多いという話を、東京に行くたびに読者の特派員たちから聞かされたものである。
(中略)
 文芸春秋社から出版した「アメリカから日本の本を読む」の中に、私は「日本ではナルシスト集団の饗宴の日々が、司祭政治としての中曽根時代を特徴づけた。(中略)中曽根首相の私的諮問グループに結集した学者の八割が、倒錯精神によって特徴づけられる人材だったという事実」といった指摘をしておいた。すると、これを東京に行って話題にした時、日本の最上流の家庭の奥方が教えてくれた話に、中曽根が長い髪を垂らして女装している写真があり、それがカルメンの姿だったという情報だったから。このエピソードを「加州毎日」新聞の記事に書いたところ、情報誌の「インサイダー」が日本国内に紹介した。そのために、日本から国際電話が沢山かかり、週刊誌や新聞記者と情報を交換し合ったが、多くのジャーナリストやルポライターが注目し、中曽根、江副、鬘という奇妙な組み合わせに関心を持って、わざわざ高い国際電話を使ったり、中にはロスまで取材に来た人まで出現した理由は、ここに突破口があると感じたプロとしてのカンがあったからだろう。私が「加州毎日」に書いた記事は中曽根の鬘姿だったが、東京からの情報は江副と鬘についての物が多かった。最初の頃に江副が雲隠れして入院した時に、鬘をつけた変装で外部と連絡したことは有名だが、それ以前から彼には鬘をつける趣味があり、その後にも、岩手から女装して東北線で上野駅に到着したところを、週刊誌に証拠の写真を撮られている。

 また、中曽根が財界から寄付を集めて作った「世界平和研究所」には、リクルート事件で世界的に名を上げる以前の段階で、事業家の江副浩正が女装で時々出入りしていたと言われている。ある新聞の社会部記者の話によると、世界平和研究所は女装趣味を持つ集団の拠点らしく、この研究所を地検が家宅捜査すれば、ダンボールに幾箱もの女装用のかつらが押収できそうだ、という実にうがった珍説まであるそうだ。それに、中曽根が行った弁明記者会見によると、中曽根が江副と公式に会う時には、いつも奇妙に演出家の浅利慶太の同席があるが、演劇は鬘のコレクションの宝庫だとすれば、リクルート事件の別の側面は鬘コネクションではないのだろうか。
(中略)
 かつて写真雑誌「フォーカス」を舞台にして、女の写真をめぐって中曽根と江副の嫉妬に基づく暴露合戦が起こり、そこを突破口にして追及した地検は、江副、真藤、中曽根の三角関係について何かを探り当てたようだ。それを掘り起こされると政経官界の恥部が露呈し、支配体制は崩壊しかねないので、たとえ竹下内閣を潰しても中曽根の召喚を防ぐというのが、体制防御総司令官の後藤田が下した最終的な決断であり、それを自民党執行部が承認したということである。


「嵐・大野智の"大麻3P疑惑"当事者女性 故・AYAさんの自殺真相が明らかに!」のコメント欄から転載する。

 「ジャニーズのバックにあるのは、警視庁と中曽根康弘だ。同性愛者で有名な中曽根康弘は、ジャニーズのアイドルの卵を漁っていることで有名だ。あと、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川も男色で有名。ジャニタレがデビューし、有名になるには、喜多川に性をささげることが条件だ(SMAPのメジャー化が遅れた理由は、喜多川の性奉仕をこばんだためである)。そして、この喜多川という男は、GHQ占領時代、米軍の通訳をやっており、アメリカ大使館とのコネを持った。そのおかげで、ジャニタレに自分のみだらな性欲を押し付けても、米大使館とのコネで逮捕をまぬがれている。」

(以下略)


●関連記事
ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7560.html



20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「中曽根康弘のような売国奴を首相にしてはならない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.