FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912


残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報
韓国政府が日本政府に「GSOMIA協定終了を停止」と伝える!


日本は、韓国への輸出管理の運用の見直しを変更せず!


経産省が4年ぶり(3年ぶり?)に韓国当局と輸出管理に係る意見交換(対話)を再開するだけ!
20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報


テロ朝は「日本政府が輸出規制を一部撤回」「韓国向けの輸出管理を厳しくした措置を一部撤回」などと虚偽報道(フェイクニュース)を垂れ流した!
20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報


韓国では、GSOMIA恥辱的延長を糾弾するキャンドルデモが行われた!

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報
11月22日の夕方、ソウル 鍾路区(チョンログ)の駐韓米国大使館前で行われたGSOMIA恥辱的延長を糾弾するキャンドルデモ


とにかく、日本は、このまま何一つ譲歩をしないことが重要だ!



以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187301000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001
GSOMIA「協定終了を停止」韓国政府が日本政府に伝える
2019年11月22日 16時56分、NHK
20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

23日午前0時に失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、韓国政府が、日本政府に協定を終了するとした通告を停止する方針を伝えてきたことがわかりました。これにより、協定の効力は維持されることになります。

■協定の効力は維持

日韓のGSOMIAの失効が23日午前0時に迫る中、韓国大統領府は、21日に続いて、22日午後、NSC=国家安全保障会議を開き、最終的な対応を協議しました。

韓国政府は、GSOMIAを終了するとした通告を停止する方針を日本政府に伝えてきたことがわかりました。

これにより、協定の効力は維持されることになります。

GSOMIAは、弾道ミサイルの発射に向けた動きなど、秘匿性の高い軍事情報を2国間で交換できるよう情報を適切に保護するための仕組みなどを定めたもので、韓国との間では3年前に締結しました。

協定は1年ごとに自動的に延長される取り決めになっていますが、韓国政府は、ことし8月、日本が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外したことなどを理由に終了を決定し、日本に通告しました。

これに対し、日本政府は、地域の安全保障環境を完全に見誤った対応だとして、終了の決定を見直すよう求めてきたほか、アメリカ政府も、エスパー国防長官が韓国のムン・ジェイン大統領と会談するなどして、決定の見直しを繰り返し求めていました。



>23日午前0時に失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、韓国政府が、日本政府に協定を終了するとした通告を停止する方針を伝えてきたことがわかりました。これにより、協定の効力は維持されることになります。


最後の最後になって韓国がヘタレた!

韓国が折れた最大の要因は、やはりアメリカの圧力だろう。

11月21日には米国のポンペオ国務長官が韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と電話会談し、日韓関係と米韓同盟の重要性を確認するなど、韓国側への働きかけを強めた。

また、米国上院も、現地時間の11月21日に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長を促す決議案を全会一致で採択した!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000602-san-pol
日本「輸出管理」見直し方針ぶれず 米働きかけ奏功 GSOMIA失効回避
11/22(金) 21:08配信 、産経新聞

 日本政府は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告の停止を含む韓国政府の判断を受け入れた。地域情勢が不安定な中、日米韓の安全保障協力が維持される上、日韓の通商上の課題でも前向きな対応が見られたからだ。韓国の方針転換は、日本政府が輸出管理厳格化の見直し要求を拒否する姿勢を貫いた上、米国から韓国に圧力をかけさせる構図をつくった結果といえる。

 韓国側は8月下旬、日本政府による7月以降の対韓輸出管理厳格化への対抗措置として、GSOMIAの破棄を決定。さらに破棄撤回の条件として、輸出管理厳格化の撤回を求めていた。

 これに対し、日本政府は「GSOMIAと輸出管理は次元が違う話だ」(政府高官)として韓国側が設定した土俵にはのらず、「賢明な対応」(菅義偉官房長官)を韓国側に促し続ける戦術をとった。

 一方で日本政府は、日韓共通の同盟国である米国と各レベルで課題意識を共有してきた。政府関係者は「安倍晋三首相はトランプ大統領に対し、いかに韓国の対応がおかしいかを繰り返し説明してきた」と明かす。

 外交・安全保障関係者の間では、日韓のGSOMIAの破棄で、最も影響を受けるのは韓国でも日本でもなく、米国だとの見方が強い。

 日本政府は米国のこうした事情も踏まえた上で、米韓同盟の枠組みで「米国にガンガン言ってもらう」(外務省関係者)形をとることに成功した。

 日本との同盟関係が揺るぎない米国は、エスパー国防長官が今月中旬に訪韓し、ソウルで文在寅(ムン・ジェイン)大統領、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と相次いで会談。21日にはポンペオ国務長官が康京和(カン・ギョンファ)外相と電話会談し、日韓関係と米韓同盟の重要性を確認するなど、韓国側への働きかけを強めた。

 安倍首相らは韓国の「戦略的判断」に言及したが、日本政府のぶれない姿勢と米国の再三の圧力を前に「韓国は追い詰められていた」(官邸関係者)とみられる。
(原川貴郎)



20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報
韓国大統領府のキム・ユグン(金有根)国家安保室第1次長は、22日午後、記者会見を開き、日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて「いつでも効力を終了させることができるという前提で、ことし8月23日の終了通告を停止させることにした。日本政府はこれについて理解を示した」と述べ、日本政府に協定を終了するとした通告を停止すると発表した。





日本は、経済産業省が韓国向け輸出管理について3年(4年?)ぶりに政策対話を再開するだけだから、現時点では譲歩とは言えない。

3年ぶりに再会する輸出管理についての政策対話とは、3年前(4年以上前)から約束破りの常習犯の韓国が日本の申し入れを無視して応じてこなかった「日韓の意見交換」のことだ。

韓国への輸出に関しては不適切事案が発生した場合、日韓の意見交換を通して、韓国が改善に取り組み、制度を適切に運用していくことにしていた。

ところが、近年、韓国は、北朝鮮やイランやシリアなどの第三国に大量殺戮兵器(核ミサイルや毒ガス兵器)などの製造に転用可能な戦略物資を頻繁に大量に流出させている!

韓国の輸出管理に問題がありそうだから、日本が韓国の輸出管理体制や運用を確認しようとして意見交換の申し入れをしても、都合の悪い韓国は過去4年以上(今回報道では約3年)の長期間に亘って日本からの意見交換の申し入れを無視し続けてきた!

経産省が会見で述べ、NHKなどが報じている「経産省と韓国の当局と局長級の政策対話」とは、この「意見交換」のことと考えられる。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187611000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005
経済産業省 会見 韓国向け輸出管理で3年ぶり政策対話へ
2019年11月22日 18時15分、NHK
経済産業省 会見 韓国向け輸出管理で3年ぶり政策対話へ

韓国向けの輸出管理を厳しくした措置などをめぐって、経済産業省は韓国の当局と局長級の政策対話を行う方針を明らかにしました。韓国側が貿易管理体制の改善に向けた意欲を示していることから、政策対話を行うことにしたとしています。また、韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、協定終了の通告を停止したと発表したこととは、一切関係がないとしています。
日本政府は韓国向けの輸出管理に安全保障上の懸念があるとしてことし7月以降、半導体などの原材料の輸出管理を厳しくしたほか、優遇措置をあたえる対象国から韓国を除外しました。

これに韓国は反発しましたが、日本はことし7月、日韓の事務レベルの会合で、韓国側の貿易管理の体制が不十分だと指摘し、改善を求めました。

一方韓国側は、日本の措置はWTO=世界貿易機関のルールに違反しているとして、WTOに提訴する手続きに入り、日韓の2国間協議が2度にわたって行われました。

その後、韓国側から外交ルートを通じてWTOへの提訴の手続きを中断することが伝えられたということです。

こうしたことを踏まえ、経済産業省は韓国側が貿易管理体制の改善に向けた意欲を示しているとして、まず課長級の準備会合を経たうえで、局長級の政策対話を行うことにしたとしています。

これについて経済産業省は韓国政府が22日、GSOMIAの協定終了の通告を停止すると発表したこととは、一切関係がないとしています。
また半導体などの原材料の輸出管理を厳しくする措置や、韓国を優遇対象国から除外した措置については、変更はないとしています。

貿易管理に関する日韓の局長級の政策対話は2016年6月を最後に、3年以上、途絶えていました。

■「GSOMIAとは一切関係ない」

経済産業省の飯田陽一貿易管理部長は記者会見を開き、政策対話を再開する理由について「韓国からWTOプロセスを中断するという通告があったことを踏まえると韓国側が現状の問題点について改善に向けた意欲を示していると受け止めることができると判断した」と述べました。

また、GSOMIAとの関係については「輸出管理当局として判断した結果であり、GSOMIAとは全く性格が異なるものでGSOMIAとは全く性格が異なるもので一切関係ない」と話しました。

■梶山経産相「いろいろな対話をしていく」

梶山経済産業大臣は韓国の当局と局長級の政策対話を行う方針を決めたことについて記者団に対し「韓国からWTOへの提訴手続きを中断するとの通報があったのでそれを受けて、政策対話を再開することにした」と述べました。

そのうえで、「GSOMIAは所掌外なのでコメントは控えるが今までどおり適正な輸出管理をするということで対応していく。先のことは予断をもって答えられないがいろんな政策対話をしていく」と述べました。

■これまでの経緯

政府はことし7月、半導体や有機ELパネルなどに使われる原材料、フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドの3品目について韓国向けの輸出管理を厳しくしました。さらに8月には、輸出の手続きを簡略化する優遇措置の対象国から韓国を除外しました。

こうした措置をとった理由として経済産業省は、韓国側の貿易管理に関する審査などの体制が不十分なことや、短期で製品などの納入を迫るといった不適切な事案が複数見つかったこと、さらに、こうした問題の改善に向けて情報を交換するための局長級の政策対話が3年以上、開かれていないことを挙げていました。

これに対して韓国側は猛反発します。7月に輸出管理を厳しくした直後に、両国の事務レベルの会合が開かれましたが、会合そのものの位置づけや終了後の発表内容などをめぐって大きな食い違いが生じ、互いに反論するなどして両国の信頼関係が損なわれる事態となりました。

一方、韓国は8月、日本の措置を理由に日韓の軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」について破棄の決定を発表しました。

さらに、韓国は9月、日本の措置は韓国だけをねらった差別的な措置だと主張し、WTO=世界貿易機関のルールに違反しているとして、WTOへ提訴する手続きに入りました。

これを受けて、先月11日に1回目の2国間協議がスイスのジュネーブにあるWTOの本部で行われました。日本側が、韓国向けの輸出管理の強化は安全保障上、必要な措置だと説明したのに対し、韓国側はWTOルール違反だとする主張を譲らず、平行線のまま協議が終わりました。

今月19日には2回目の2国間協議が行われましたが、日韓両政府は従来の主張を繰り返し、歩み寄りはありませんでした。

協議が再び平行線に終わったことで、韓国向けの輸出管理を強化した日本の措置について、韓国政府がWTOの裁判所にあたる小委員会での審理を求めて提訴するかどうかが焦点になっていました。





なお、日本政府・経産省は、韓国への輸出管理の運用の見直しについては全く譲歩していないにもかかわらず、テロ朝は「日本政府が輸出規制を一部撤回」「韓国向けの輸出管理を厳しくした措置を一部撤回」などと虚偽報道(フェイクニュース)を垂れ流した!
20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報





一方、韓国では、GSOMIA恥辱的延長を糾弾するキャンドルデモが行われた!
20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

20191122残念!韓国がGSOMIAを延長!経産省、3年ぶり韓国と対話・テロ朝「輸出規制を一部撤回」と誤報

22日の夕方、ソウル 鍾路区(チョンログ)の駐韓米国大使館前
韓国では、GSOMIA恥辱的延長を糾弾するキャンドルデモが行われた。
11月22日の夕方、ソウル 鍾路区(チョンログ)の駐韓米国大使館前



今回、韓国がヘタレてしまい、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を停止されてしまい、私としては実に残念だ!

もともと韓国は、日本の敵国なのだから、協力し合う趣旨の軍事協定を締結することが不自然なのだ。

ただ、アメリカが在韓米軍と韓国を中心にインド太平洋地域の安全と防衛のために苦労してGSOMIAを築き上げ、最も恩恵を受ける韓国が自らGSOMIAを破棄しようとしたのだから、とんでもない罰当たりなことだった!

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効によって日本も若干は失うものはあるが、最も大きな損失を被るのは韓国自身と在韓米軍(アメリカ)だった!

私は個人的には、韓国が日本の敵国であることを明確にすることが重要だと強調して、1日も早い日韓断交と竹島奪還(自衛隊による自衛行動)と日本の自主核抑止力の保有などを訴えてきたので、GSOMIAにも反対だった。

だからこそ、韓国軍の駆逐艦による自衛隊機への火気管制レーダー照射事件の後は、何度も何度も韓国への制裁を訴えて、制裁の具体策の一つに「韓国への防衛協力の即時停止」(GSOMIA破棄)を訴えてきた!(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4

自衛隊機に火気管制レーダーを照射した韓国軍との軍事協力(軍事情報包括保護協定=GSOMIA)など絶対に有り得ないため、私は今でも日本はアメリカの反対を押し切って「韓国への防衛協力の即時停止」(GSOMIA破棄)をするべきだったと思っている。

しかし、やはり日本政府は、GSOMIAが韓国だけではなく在韓米軍やインド太平洋地域の安全と防衛のために役立つものだったので破棄できなかったわけだ。

それなのに、今回は韓国の側からGSOMIAを破棄してくれそうだったので、私としてはパーフェクトで理想的な展開だった!

本当に残念だ!

とにかく、日本は、このまま何一つ譲歩をしないことが重要だ!



20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「韓国によるGSOMIA終了の停止、非常に残念!」
「日本は今後も何一つ譲歩をしないことが重要だ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.