FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912


香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




https://twitter.com/chowtingagnes/status/1196742202405224448?s=20
周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes
午後7:49 · 2019年11月19日

***重要***
[香港警察によって、香港史上最大の健康・生態危機発生]


先日、ある香港記者が、毒(ジオキシン)を浴びることで発症するクロロアクネという病であると診断されました。
人間は体内でこの毒を分解できないため、この病を完治させるのは非常に難しいとのことです。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

多くの専門家たちが、クロロアクネの発症は、この半年間で約1万発も乱射された催涙弾と関係があると主張しました。
警察側は否定しましたが、催涙ガス以外にこんなに大量の毒(ジオキシン)に接触することはなかなかできません。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

香港警察は現在、中国製催涙弾を使っています。
この催涙弾は他国製造のものより燃焼温度が高く、より毒性が強いです。
記者、デモ隊、警察はガスマスクをつけていますが、毒は皮膚から体内に入ります。
また、警察はよく住宅街でも催涙弾を発射するため、窓、ドア、空調などから毒が住宅に入るのです。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

このように、警察が狂ったように催涙弾を乱射していることが、香港市民の健康被害への恐ろしい脅威となってしまいました。
20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

最近、催涙弾が発砲された場所を数日後に通っただけの子供たちに酷い発疹ができていることを、多くの親が発見しました。
催涙弾の毒は皮膚だけではなく、免疫系や多くの器官も破壊し、発癌性もあります。
この強い毒が体内や土地や水などに入ると、香港史上最大の生態危機となると見られています。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機

香港にいる日本人のみなさん、催涙弾の毒ガスに気をつけてください。
近くで催涙弾を発射されたら、すぐ現場から離れてください。
もし催涙ガスを浴びてしまったら、安全な場所に戻ってから、すぐに着替えてください。
催涙ガスを浴びた洋服は捨てた方がいいです。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機



↓ ↓ ↓ 

https://twitter.com/7IZ3G0JWL2hCaLJ/status/1196918814018953217?s=20
Mikan@Mikan52313926
返信先: @chowtingagnesさん
市民に長期にわたって毒ガスを浴びせる政府はどこにありますか。
有害物質がずっと環境に残り、香港市民全員が毒から逃れません。
これは人道危機です。

#香港デモ
#香港警察暴行
20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機
午前1:26 · 2019年11月20日






https://www.excite.co.jp/news/article/EpochTimes_49071/
警察の催涙弾にダイオキシン類 香港市民や記者に健康被害
2019年11月18日 13:56

日常的に発射されている催涙弾が香港市民の健康を脅している。地元メディアによると、このほど、塩素ざ瘡(クロルアクネ)と診断された市民が出た。民間組織は、催涙ガスと関連していると疑っている。

香港の民間組織・公共衛生研究社は14日、催涙ガスの主成分と影響について声明を発表した。それによると、催涙ガスの主要成分であるジオキシンは、強い毒性のある化学物質ダイオキシン類。暴露量により生殖機能、甲状腺機能、免疫機能に影響を及ぼす。皮膚への暴露、食物、水、空気、その他の経路を通じて人体に侵入するという。

香港独立メディア・立場新聞の陳裕匡記者はSNSに、医師によりクロルアクネと診断されたと投稿した。医師は、「抗議の前線に出ている複数の記者に同じ症状がでている」と述べたという。

20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機



14日、警察報道官は記者会見で、この被害について「催涙ガスとの関連は証明されていない」「暴動鎮圧のために催涙弾を使用することは通常であり合法的な措置だ」と述べた。

香港のあるSNSグループは、香港警察が催涙弾を使用し始めた夏以降、皮膚疾患が現れた人々に対して、画像を公開するよう呼びかけた。赤ちゃんから成人までの投稿者は、湿疹が発生した腕、目の周り、もも、首などの部位の写真を上げた。症状はみみずばれ状のものや、ニキビ状のようなものまでさまざまだ。催涙ガスとの関連は証明されていないが、皮膚疾患のほかに、止まらない咳や喉の痛み、涙、色素沈着があると訴えている。

同グループは香港当局に対して、公共の場で催涙弾などの化学薬品の無差別な使用の禁止、化学成分に関する情報開示、学校や公園の除染を求めている。

同組織は米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)や疾病管理予防センター(CDC)などの情報、また科学論文を引用して、ダイオキシンは脂溶性で、人体から排出または分解されるのに長期間を必要とし、毒素が半分になるまで20年かかると警告している。

6月に市全体の抗議運動が開始されて以来、7千発超の催涙ガス弾が発射された。催涙ガスは住宅地、学校、介護施設、店舗、オフィス街などに広がった。

同組織は、ガスが噴射された地域からは直ちに離れ、汚染された場合の対処法を公開している。

警察は12日、学生や民主派市民が滞在する香港中文大学に進入するため、少なくとも約2000発の催涙弾を発射した。

10月、現地メディアは、香港警察は米国産の催涙ガス弾の在庫を切らしたために、このほど、中国本土からガス弾を購入したと報じた。警察は、使用するガス弾についての情報を開示する要求を拒否している。

香港の陳肇始(ソフィア・チャン)食品衛生局長は、警察が使用した催涙ガスの化学組成について、同部署が十分な情報を受け取っていなかったことを認めた。

(翻訳編集・佐渡道世)



20191120香港警察が毒入り催涙ガスを使用!支那製の催涙弾にダイオキシン類のジオキシン!健康被害や生態危機





なお、歴史の話をすると、世界で最初に違法な細菌戦や毒ガス戦を行ったのも、実は支那だった!

そして、日本は、過去に一度たりとも細菌戦や違法毒ガス兵器の使用をしていない!


第一次世界大戦においてドイツ軍により初めて近代的な化学兵器が使用されたことを受け、1925年には化学兵器の使用禁止を定めた「毒ガス等使用禁止に関するジュネーヴ議定書」が作成された。

上記の毒ガス戦や細菌戦を禁止した1925年の「ジュネーブ議定書」以降、世界で最初に細菌戦を行ったのは支那軍だった!

支那軍が行った細菌戦や毒ガス戦については資料も存在している。

確認された事例だけでも、昭和12年(1937年)から昭和15年(1940年)にかけて、支那軍による毒ガス戦の事例は13件、細菌戦の事例は20件だった。


【資料】

 支那派遣軍化学戦教育隊がまとめた「敵軍毒瓦斯(細菌を含む)使用調査」(内藤裕史編・解説「毒ガス戦教育関係資料」所収)によれば、昭和十二年から昭和十五年にかけて、中国軍による毒 ガス戦の事例は十三件、細菌戦の事例は二十件であった。

 右の調査は、その年月日、場所、種類、方法、被害、概要を一覧 表で記録している。

 例えば、昭和十二年九月七日、宝山城付近にて中国軍はコレラ菌 を井戸に投入し、このためその井戸水を飲んだ日本軍及び中国人民数十名が罹患している。

 また、昭和十三年七月二十六日、九江においても同様の理由で日本軍百二十九名、中国人民五百名の罹患者を出している。

 また、重慶を脱出した国民党軍の元軍政部防毒処勤務将校の情報をまとめた「支那軍の化学組織系統の概要」(昭和十六年六月二十六 日付、前掲「毒ガス戦教育関係資料」所収)によれば、中国における毒ガスの研究及び製造は、「軍政部兵工署理化研究所」において行われていた。

 中国は1926年3月、ソ連から一万発の毒ガス弾を購入し、1937年9月、第二次上海事変で細菌、猛毒兵器を使っている。

 日本軍は中国軍から、大量のソ連製毒ガス兵器を押収している。

「細菌・毒ガス戦/中国が最初の違反者だった」信夫淳平博士
(「昭和史研究會報」中村粲/第39、40)


信夫淳平博士は、外交官、法学者。専門は国際法。戦時国際法の権威。

wikipedia
信夫 淳平
信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年9月1日(1871年10月14日) - 昭和37年(1962年)11月1日)は、日本の外交官、国際法学者。法学博士。
1949年頃

信夫 淳平(しのぶ じゅんぺい、明治4年9月1日(1871年10月14日) - 昭和37年(1962年)11月1日)は、日本の外交官、国際法学者。法学博士。早稲田大学教授、学士院会員、中華民国顧問等を歴任。

1943年には四巻五千ページの大著『戦時国際法講義』で学士院恩賜賞をうけた[11]。1944年帝国学士院会員[12]。



日本政府・外務省は馬鹿なので、有りもしない「侵略」などについては談話やHPなどである程度認めてしまっているが、そんな日本政府・外務省でさえ支那事変や大東亜戦争中における生物化学兵器違法毒ガス兵器の使用については公式に否定し、一切認めていない!

731部隊の細菌戦などは全て後年の作り話や捏造だ!

●関連記事
支那外務省がNHK731部隊ドキュメントに異例の論評!日本政府「細菌戦を示す資料は確認されず」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6765.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



こんな支那の習近平の国賓招待(日本国民の税金を使って天皇陛下の御客様にすること)など、絶対に許せない!

日本国民は、声を大にして、習近平の国賓招待をやめさせよう!


20191118習近平「ウイグル人に容赦は無用」!支那政府の内部リークで米報道!日本政府は習の国賓招待やめろ

官邸や外務省や宮内庁などへのメールは、内容などより数が重要!

2~3行で良いから、「ウイグル人に情け容赦は無用」とハッパを掛けて、ウイグル人の民族抹殺・民族絶滅・民族浄化政策を主導し、香港の民主化運動を違法な毒ガス(ダイオキシン類のジオキシン)入り催涙弾で弾圧する習近平国賓招待(日本国民の税金を使って天皇陛下の御客様にすること)をやめさせるように声を届けよう!

▼ご意見お届け先▼

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、宮内庁、内閣官房、内閣府など)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/
ご意見・ご感想をお待ちしております。
衆議院議員第一議員会館 安倍晋三事務所
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact


■文例1
【習近平の国賓招待に反対】
支那の習近平の国賓招待をやめてください。
習近平は「ウイグル人に情け容赦は無用」とハッパを掛けてウイグル人の民族抹殺・民族絶滅・民族浄化政策を主導していることが判明しました。
また、支那は、香港の民主化運動を弾圧するため、毒ガス(ダイオキシン類のジオキシン)入り催涙弾を香港警察に大量にして購入・使用させています。
そして、習近平は、我が国領土の尖閣諸島の領有権も主張して度々我が国の領海や領空を侵犯している侵略者でもあります。
日本国民の税金を使って天皇陛下の御客様にする国賓招待に、断固反対します!


■文例2
【習近平の国賓招待をやめろ】
来年春に予定している支那の習近平の国賓招待をやめろ!
習近平が「ウイグル人に情け容赦は無用」とハッパを掛けてウイグル人の民族抹殺・民族絶滅・民族浄化政策を主導していることが、判明した!
現在、数百万人のウイグル人が所謂「再教育キャンプ」に強制的に収容され、重度の政治的な洗脳をはじめとする虐待を受けている!
ウイグル以外のチベットや南モンゴルなどでも、習近平による弾圧、虐殺、民族浄化(抹殺)が行われている。
また、2019年7月に発表した国防白書で習近平政権は「台湾独立勢力は許さない!戦って阻止する」との趣旨で4度も繰り返して台湾侵略宣言を行っている。
さらに、習近平政権は、香港の民主化デモに対しても暴力弾圧を強化するよう指示し、毒ガス(ダイオキシン類のジオキシン)入り催涙弾を香港警察に大量に購入・使用させている!
そして何よりも習近平政権は、我が国の領土である尖閣諸島についても領有権を主張して度々領海や領空を侵犯しているし、以前から支那は日本の全ての大都市に核ミサイルの照準を定めている!
そんな支那の習近平の国賓招待(日本国民の税金を使って天皇陛下の御客様にすること)など、絶対に許せない!
日本政府は、習近平の国賓招待をやめろ!


●関連記事
習近平「ウイグル人に容赦は無用」!支那政府の内部リークで米報道!日本政府は習の国賓招待やめろ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7702.html



20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「香港警察は、支那から購入した毒ガス入り催涙弾を使用するな!」
「習近平の国賓招待、絶対反対!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.