FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912


朝日新聞「中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か。侵略戦争!植民地支配!当然なことだ」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


朝日新聞「中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か。侵略戦争!植民地支配!当然なことだ」
歴史認識問題の火元は朝日新聞!
支那にチクってけしかけて靖国神社問題に火を付けたのも朝日新聞の加藤千洋だった!


20191110朝日新聞「中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か。侵略戦争!植民地支配!当然なことだ」

https://webronza.asahi.com/national/articles/2019110600010.html?page=5
英軍ラグビーチーム靖国神社訪問の波紋
A級戦犯分祀では解決できない
20191110朝日新聞「中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か。侵略戦争!植民地支配!当然なことだ」
内田雅敏 弁護士
2019年11月09日、朝日新聞「論座」

■中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か

 1985年8月15日、中曽根首相は、靖国神社を首相として初めて公式参拝した、その際に「国民や遺族の方々の多くが、靖国神社を我が国の戦没者追悼の中心的施設であるとし、同神社において公式参拝が実施されることを強く望んでいるという事情を踏まえた」(「閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会」藤波内閣官房長官談話)とされた。
20191110朝日新聞「中・韓が靖国神社参拝を批判するのは内政干渉か。侵略戦争!植民地支配!当然なことだ」
靖国神社を参拝した中曽根康弘首相。玉串料を公費から支出し「公式参拝」を名乗った=1985年8月15日

 ここでは靖国神社の「聖戦史観」についての言及が全くなかった。同官房長官談話は「公式参拝に関しては、一部に、戦前の国家神道及び軍国主義の復活に結び付くのではないかとの意見があるが、政府としては、そのような懸念を招くことのないよう十分配慮してまいりたいと考えている。さらに、国際関係の面では、我が国は、過去において、アジアの国々を中心とする多数の人々に多大の苦痛と損害を与えたことを深く自覚し、このようなことを二度と繰り返してはならないとの反省と決意の上に立って平和国家としての道を歩んで来ているが、今般の公式参拝の実施に際しても、その姿勢にはいささかの変化もなく、戦没者の追悼とともに国際平和を深く念ずるものである旨、諸外国の理解を得るよう十分努力してまいりたい。」とも述べたが、アジア諸国からの厳しい批判を受けて翌年からは参拝を断念した。

 「アジアから孤立したら英霊も悲しむ」とは中曽根首相の残した名言である(1986年特別国会における答弁)。この年8月14日、後藤田正晴官房長官は、「内閣総理大臣その他の国務大臣による靖国神社公式参拝に関する談話」を発した。 

 同談話は、前年8月14日に発せられた前記藤波官房長官談話において「政府が表明した見解には何らの変更もない」としつつも、「しかしながら、靖国神社がいわゆるA級戦犯を合祀していること等もあって、昨年実施した公式参拝は、過去における我が国の行為により多大の苦痛と損害を蒙った近隣諸国の国民の間に、そのような我が国の行為に責任を有するA級戦犯に対して礼拝したのではないかとの批判を生み、ひいては、我が国が様々な機会に表明して来た過般の戦争への反省とその上に立った平和友好への決意に対する誤解と不信さえ生まれるおそれがある。それは諸国民との友好増進を念願する我が国の国益にも、そしてまた、戦没者の究極の願いにも副う所以ではない。」と事実上、藤波官房長官談話の「修正」をした。

 この「修正」は、きわめて示唆に富むものである。すなわち、藤波官房長官談話は、「中曽根首相の公式参拝ありき」を前提とし、同官房長官の下に、「識者」らによる「閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会」を設け、公式参拝を是とする報告書(但し、8対7の僅差)を提出させ、公式参拝に関する「環境」づくりをしたうえでなされたものであり、そこでの議論は専ら、参拝の形式が、憲法の「政教分離原則」に反するか否かという、「内向き」のものであったのに対し、後藤田官房長官談話は、アジアに目を向けた「外向き」視点をも併せ持った視野の広いものであった。

 靖国神社参拝については日本の国内問題であり、それについて、中国、韓国がとやかく言うのは内政干渉だと批判する向きもあるが、この2つの官房長官談を読み比べた時、靖国問題は、決して国内問題に留まらず、世界、とりわけアジアの問題でもあるということが理解できる。日本の侵略戦争に、あるいは植民地支配に苦しめられた中国、韓国が靖国問題について発言するのは内政干渉でなく、当然なことである。



>アジア諸国からの厳しい批判を受けて翌年からは参拝を断念した。


「アジア諸国」って、どの国なんだよ?

当時、厳しい批判をしたのは、支那とせいぜい韓国の2か国だけだ。

アジアには約50の国があるが、2か国くらいのことを「アジア諸国」と表現するのは、明らかに不適切であり、読者を騙そうとする悪意がある!






>靖国神社参拝については日本の国内問題であり、それについて、中国、韓国がとやかく言うのは内政干渉だと批判する向きもあるが、この2つの官房長官談を読み比べた時、靖国問題は、決して国内問題に留まらず、世界、とりわけアジアの問題でもあるということが理解できる。


いや、日本の首相が国の命令によって亡くなった戦死者などの公務死者を祀った靖国神社を参拝することは当然の責務であり、それを外国が「やめろ」「するな」と言うのは明らかに内政干渉だ!

靖国神社は国が作った慰霊施設。

国が戦争に送り出し、死なせてしまった兵士を祀るために作った施設。

トンネル工事で落盤事故などが起こり、多くの坑夫が死んだりすると、その人達の霊を慰めるために慰霊碑を立て法要したりする。

それと同じように、国家が戦没兵士を慰霊する施設を作って参拝することは当たり前のことであり、外国がそれを「するな」ということは悪質な「内政干渉」以外の何ものでもない!

また、中曽根内閣の官房長官だった後藤田正晴という奴は、所謂「パチンコ疑惑」と言われた問題が発覚した際に朝鮮総連から500万円を貰っていた超売国奴の反日工作員だ!

朝鮮総連から500万円を受け取って反日売国奴工作員となっていた後藤田正晴は、中曾根康弘の靖国神社参拝に関しても、サンフランシスコ平和条約11条などについて嘘出鱈目を吐きまくった!(関連記事






>日本の侵略戦争に、あるいは植民地支配に苦しめられた中国、韓国が靖国問題について発言するのは内政干渉でなく、当然なことである。


まず、支那事変は、100%侵略戦争ではない!

支那事変は、支那共産党が日本軍を銃撃して盧溝橋事件を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。

盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)。

更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。
支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量殺害した。

その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。
支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。
支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防破壊(決壊)などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。




次に、連中が連呼する「植民地支配」も完全な事実無根だ!

1910年に成立した日韓併合については、大日本帝国は大韓帝国と条約を結んで併合し、日本(内地)の血税を朝鮮半島に持ち出して、朝鮮半島の文明化と近代化を行ったのだから、植民地支配のわけがない。

朝鮮は7世紀から19世紀まで歴代支那大陸帝国の属領・属藩だった。

日本は日清戦争後の1895年の下関条約で清国に朝鮮の独立を認めさせ、朝鮮は日本のお陰でようやく独立できた。

日本のお陰で清国から独立できた朝鮮(大韓帝国)は日本からカネやヒトの支援を受けたが、あまりにも朝鮮人の能力が欠如していたために国家破綻の危機が続いた。

結局、自分たちの力ではマトモに独立(一人立ち)できそうになかった朝鮮人は、日本との合邦を希望した。

「合邦」を望む、朝鮮半島からの熱意あふれる電報の数々
「合邦」を望む、朝鮮半島からの熱意あふれる電報の数々

【日韓併合前】
併合前の朝鮮は地獄だったといってよい。
玄永燮


↓ ↓ ↓

【日韓併合時代】
日韓併合により、日本は、階級による身分差別を撤廃し、両班による搾取・虐待から農民を救い、移住の自由を認めさせ、残酷な拷問や刑罰や一族の罪人連座法などを廃止し、女性再婚の自由を保障し、人権尊重などの法治国家の基礎をつくり、学校教育制度を導入し、読み書きを教え、ハングル文字を復活・普及させ、台湾では運動が起きても1~2%にしか許可しなかった改姓名だが、85%の朝鮮人には創氏改名を許可し、鉄道網、道路網を整備し、港の開設工事をし、水力発電所を建設し、重化学工業を興し、緑化政策によって山野を甦らせ、不毛の地を開拓し、河川大事業で洪水を減少させ、水田を倍増させ、世界中から世界一不潔と言われた町々を清潔にし、近代医療制度を導入し、平均寿命を24歳から45歳にのばし、人口を2倍にし、内地(日本)への渡航規制を犯して来る密航者にも寛容に対処した。

(上)日本統治前、(下)日本統治中
(上)日本統治前、(下)日本統治中

併合後のソウル
併合後のソウル

●関連記事
NHK「植民地支配」連呼・違いを認識しろ!五輪キャンプ地を融通?互いが必要・時論公論で出石直
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5684.html
みのもんた「朝鮮と日本が戦争したのは事実」!松川るい「してない」!武藤正敏「植民地支配です」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7282.html
小6教科書「軍隊で韓国を併合した。植民地朝鮮の学校で日本語教育、朝鮮人の誇りが傷つけられた」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7302.html






支那や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句をつけ始めたのは、朝日新聞が支那や韓国に対して「怒りなさい!反発しなさい!」などとそそのかした(煽った)ことが原因だった!

事実関係は、次のとおり。

昭和53年(1978年)に、所謂A級戦犯が靖国神社に合祀された後も、総理大臣は靖国神社を参拝し続けた。

昭和60年(1985年)頃まで、日本の首相は年に3~4回ずつ靖国神社を参拝していたが、支那も韓国も全く問題視しなかった。

支那や韓国に「日本の首相が靖国神社を参拝したら、反発しなさい!怒りなさい!神経を逆なでされたと感じなさい!」と持ちかけたのは、朝日新聞だった。


いわゆる「A級戦犯」とされてしまった方々が合祀されたのは1978年だが、マスコミはその翌年に合祀のことを報道していた。

その合祀以降も、大平正芳首相や鈴木善幸首相などが靖国神社を参拝したが、支那も韓国も文句など言わなかった。

それどころか、彼らが支那を訪問すると、支那は熱烈歓迎していたほどだ!

━━━━━━━━━━
昭和34年(1959年)
靖国神社が「公務死」と認定された「戦犯」を初めて合祀

昭和53年(1978年)10月
天皇陛下に所謂「A級戦犯」合祀が上奏され、秋季例大祭前日の霊璽奉安祭で合祀


昭和54年(1979年)
大平正芳首相が春と秋の例大祭に靖国を参拝し、日本のメディアは所謂「A級戦犯」合祀と首相の靖国参拝について執拗に報道!



大平正芳首相
1979(昭和54)年から1980(昭和55)年にかけて靖国神社を3回参拝
(1979年4月21日・同年10月18日・1980年4月21日)

↓ ↓ ↓
1979年12月
大平正芳首相は夫人を伴って支那を訪問、支那は大平正芳首相を熱烈大歓迎。
「中日友好医院」建設、対支円借款などを約束



鈴木善幸首相
1980(昭和55)年から1982(昭和57)年にかけて靖国神社を9回参拝
(1980年8月15日・同年10月18日・同年11月21日・1981年4月21日・同年8月15日・同年10月17日・1982年4月21日・同年8月15日・同年10月18日)

↓ ↓ ↓
1982年9月
鈴木善幸首相が支那を訪問、(北京政協礼堂で)日支国交正常化10周年記念講演



中曽根康弘
1983(昭和58)年から1985(昭和60)年にかけて靖国神社を10回参拝
(1983年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1984年1月5日・同年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1985年1月21日・同年4月22日・同年8月15日

↓ ↓ ↓
1984年3月
中曽根康弘首相が支那を訪問、「日中友好21世紀委員会」発足
4700億円の円借款供与で合意

━━━━━━━━━━

上記のとおり昭和53年(1978年)に、いわゆる「A級戦犯」合祀後も、日本の首相はマスコミが報道する中で靖国神社を参拝していたが、支那も韓国も嫌がっていなかったから何の異議申し立ても行なわなかった。

支那や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句をつけ始めたのは、朝日新聞が支那をそそのかした後の1985年以降だ。

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
■YouTube 動画
『靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった!』
http://www.youtube.com/watch?v=KT-Dj8agc4Y



20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

①『朝日』加藤千洋記者
↓「中国『日本的愛国心を問題視』」ほか
↓1985年(昭和60年)8月7日

②社会党 田辺誠書記長ら訪支
↓1985年(昭和60年)8月26日

③支那の姚依林副首相が初めて政府要人として中曽根康博首相の靖國神社参拝を」批判
 1985年(昭和60年)8月27日
 これ以前、歴代首相は、いわゆる「A級戦犯」合祀後も20回も靖国神社を参拝している(合祀前も含めると58回)。



【週刊新潮】「慰安婦」と構図は同じ「靖国参拝」 ご注進は沈黙のロマンスグレー「加藤千洋元編集委員」

http://www.gruri.jp/article/2014/09190900/
「慰安婦」と構図は同じ「靖国参拝」 ご注進は「加藤千洋元編集委員」――続・おごる「朝日」は久しからず
週刊新潮 2014年9月18日菊咲月増大号 掲載

 火の気のないところに火種をおこす……。従軍慰安婦大誤報で韓国の反日感情を煽り、日韓関係を悪化させた朝日、お得意のお家芸だが、もう一つ決して忘れてはならない“ご注進報道”がある。同じ構図で、中国を焚きつけた「靖国参拝報道」だ。発火点の記事を書いたのは、古舘伊知郎氏の『報道ステーション』でコメンテーターとしてお馴染みだった、あのロマンスグレー、加藤千洋元編集委員(66)である。

〈中国 日本的愛国心を問題視 (中略)今夏を、中国は「世界反ファシズム戦争・抗日戦争勝利四十周年」と位置付け、マスコミはこぞって戦争回顧の特集を組んでいる。(中略)「愛国心の高揚」を強調している。(中略)同じ「愛国心」が、日本ではかつては軍国主義を底支えする役割を担わされたことを、中国は自らの体験として知っている。それだけに、靖国問題が今「愛国心」のかなめとして再び登場してきたことを、中国は厳しい視線で凝視している〉(朝日新聞1985年8月7日付朝刊)

 これが全ての始まりだった。日本の総理や閣僚が靖国神社を公式参拝することについて、アジア諸国がどう捉えているか、各国駐在の特派員が報告するもので、中国を担当し、こう記したのが、当時、北京特派員だった加藤氏、その人である。

 この年の8月15日、中曽根康弘総理(当時)が靖国を公式参拝する予定だったことから、その批判記事を展開したわけだ。

「しかし、戦後、その時点で、すでに日本の総理大臣は59回も靖国を参拝しており、そのうち22回はA級戦犯の合祀後に行われたものだった。それにもかかわらず、中国政府は一度たりとも怒りを示したり、日本を批判することはなかったのです」

 と語るのは政治部デスク。

「加藤さんの記事が出た頃も、靖国参拝を疑問視する動きは中国になかった。つまり、問題意識を全く持っていなかったわけです」

 しかし、この記事に呼応する形で、8月14日、中国外務省のスポークスマンは、

「首相の靖国参拝はアジアの隣人の感情を傷つける」

 と牽制の意味も込め、反対表明を行った。だが、中曽根総理は「戦後、初となる内閣総理大臣の資格での公式参拝」を予定通り決行。驚くなかれ、その時ですら、中国は日本に正式な抗議を行わなかったのだ。

■沈黙のロマンスグレー

 朝日はそれが許せなかったのか、8月26日から中国の招きで彼の地を訪ねた社会党訪中団(団長・田辺誠書記長)と、まるでコラボするかのように“ご注進”
(以下略)


20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
支那工作員 朝日新聞→報道ステーション 加藤千洋



そもそも、所謂「A級戦犯」とされた人たちは、完全に無罪の人たちだった。

A級戦犯の犯罪とされた「平和に対する罪」は、当時は国際的にも国内的にもいかなる法律にも全く存在せず、GHQが無実の連中を何とかして罰したかったために後になってから作った法律「極東国際軍事裁判所条例」で定めた事後法のインチキ罪だ!

誰かを無理やり罰するために後からつくる法律(事後法)は、近代国家・法治国家ではあり得ないことだ!



百田尚樹「首相や大臣の靖国参拝を中国が非難するようになったのは85年から。それまで首相が60回参拝してたのに一度も非難してなかった。しかし朝日新聞が靖国参拝を非難開始した2週間後に非難が始まった!朝日が焚
百田尚樹「首相や大臣の靖国参拝を中国が非難するようになったのは85年から。それまで首相が60回参拝してたのに一度も非難してなかった。しかし朝日新聞が靖国参拝を非難開始した2週間後に非難が始まった!朝日が焚きつけた!」
2017年8月15日


●関連記事
連日の嘘!池上彰「中韓の靖国神社参拝批判の原因は中曽根の公式参拝」・朝日新聞のご注進を無視!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5853.html
百田尚樹「靖国参拝を中国が非難したのは85年から。一度も非難しなかったが、朝日が焚きつけた」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6763.html
駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意(当該ブログ記事の情報源となった英紙タイムズの記事は後日虚偽報道だったと判明:虚偽報道!「英国大使が英軍ラグビーチームの靖国神社参拝を注意」!英紙タイムズのフェイクニュース
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7631.html




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


籠池家を囲むこんな人たち
籠池佳茂 著(2019/9/26)


「朝日新聞を廃業に追い込もう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.