FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
10月5日、川崎市内で、李玉善(イ・オクソン)(92歳)は、自分が受けたと主張する被害などについて、またまた嘘出鱈目を垂れ流した。
「私たちは『慰安婦』ではない。日本人が勝手に名付けたもので、強制的に軍人の相手をさせられた強制労働の被害者だ
「日本政府はきちんと反省し、公的な謝罪と賠償をしてほしい」
14歳だった1942年7月、朝鮮半島東南部の蔚山で2人組の男にトラックに押し込められ、支那の慰安所へ連れて行かれた。
「1日で40、50人の相手をさせられ、耐えられずに自ら命を絶つ人もいた。拒否すれば軍人に刀で刺し殺された。慰安所は実際には死刑場のような所だった」
「少女像は私たち自身。歴史を記憶するための像になぜ反対するのか」
「その結果が今の日韓の対立だ。歴史に向き合わずに政治的、経済的圧力をかけている」




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000008-kana-l14
少女像巡る首長発言に抗議 元慰安婦、川崎で証言
10/6(日) 9:50配信、カナロコ by 神奈川新聞

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
慰安婦として受けた被害を証言する李さん =川崎市中原区のエポックなかはら

 旧日本軍慰安婦の韓国人女性、李玉善(イ・オクソン)さん(92)が5日、川崎市内で自らが受けた被害を証言した。慰安婦の歴史を否定する言説がまかり通る中、市民団体の集会に合わせて急きょ来日。「日本政府はきちんと反省し、公的な謝罪と賠償をしてほしい」と訴えた。

 ソウル近郊で共同生活する李さんら元慰安婦のドキュメンタリー映画「まわり道」の上映会に合わせて来日した。主催の「川崎から日本軍『慰安婦』問題の解決を求める市民の会」によると、あいちトリエンナーレで平和の少女像の展示が相次ぐ脅迫で中止に追い込まれ、慰安婦の歴史を否定する首長の発言を知り、証言することを決意したという。

 満場の約180人が詰めかける中、李さんは「私たちは『慰安婦』ではない。日本人が勝手に名付けたもので、強制的に軍人の相手をさせられた強制労働の被害者だ」と訴えた。

 14歳だった1942年7月、朝鮮半島東南部の蔚山で2人組の男にトラックに押し込められ、中国の慰安所へ連れて行かれた。時折苦しそうな表情を浮かべながら「1日で40、50人の相手をさせられ、耐えられずに自ら命を絶つ人もいた。拒否すれば軍人に刀で刺し殺された。慰安所は実際には死刑場のような所だった」と証言した。

 介助者に車いすを押してもらい、看護師同伴で来日した。上映会に先立つ記者会見では「安倍(晋三首相)に会いたい一心で来た。謝罪を直接求める。皆さんの力で会えるよう取りはからってほしい」と呼び掛け、「強制的な状況に置かれていたのだから謝罪と賠償を求めるのは当然。日本政府が強制したのではないと言い張るのは耐えられない」と思いを吐露した。

 歴史否定の発言は首長からも相次ぐ。慰安婦を象徴する少女像を巡っては、悲劇を繰り返さぬよう願って創作されたものであるにもかかわらず、河村たかし名古屋市長が「日本人の心を踏みにじる」と敵対視。松井一郎大阪市長は「慰安婦の問題というのは完全なデマ」と発言、神奈川県の黒岩祐治知事も「事実を歪曲(わいきょく)したような政治的メッセージ」と曲解を重ねる。

 「少女像は私たち自身。歴史を記憶するための像になぜ反対するのか」と李さん。「自らやった悪いことをなかったと言い、私たちの身に起こったこともなかったと言う。許されないことだ」と語気を強めると「その結果が今の日韓の対立だ。歴史に向き合わずに政治的、経済的圧力をかけている」と断じた。

 記者会見を含め約1時間の証言を李さんは「日本政府は私たちが死ぬのを待っているとしか思えないが、死んでも問題はなくならない。次の世代が解明してくれる」と結んだ。元慰安婦の女性たちが共同生活を送る「ナヌムの家」の安信権(アン・シンクォン)所長によると「韓国では若い人の関心が膨らんでおり希望的雰囲気がある」といい、「慰安婦」ではなく「日本軍性奴隷制度被害者」と呼ぶようになるなど人権意識の高まりを指摘した。

神奈川新聞社



>旧日本軍慰安婦の韓国人女性、李玉善(イ・オクソン)さん(92)が5日、川崎市内で自らが受けた被害を証言した。慰安婦の歴史を否定する言説がまかり通る中、市民団体の集会に合わせて急きょ来日。「日本政府はきちんと反省し、公的な謝罪と賠償をしてほしい」と訴えた。


「日本政府はきちんと反省し、公的な謝罪と賠償をしてほしい」って、2015年12月の慰安婦問題「日韓合意」などで何度も何度もやっている!

いい加減にしろ!

慰安婦問題については安倍晋三首相だけでも、もう既に何度も何度も謝罪をしている!

平成27年(2015年)12月の慰安婦問題「日韓合意」の直後にも安倍晋三首相は、朴槿恵大統領に慰安婦について「日本国の首相として心からおわびと反省の気持ちを表明する」と伝え、日本国民の税金10億円を拠出した!






>14歳だった1942年7月、朝鮮半島東南部の蔚山で2人組の男にトラックに押し込められ、中国の慰安所へ連れて行かれた。


李玉善(イ・オクソン)は、当初朝鮮男 2人が手首をぱっと引っ張って、有無を言わさず、力ずくで私をトラックに押し込んだ。」と証言していた!

▼李 玉善(イ・オクソン)の証言▼

李 玉善(イ・オクソン)は、1942年15歳のときに、延吉で「買い物に行く途中で【朝鮮男 2人】に捕まり、トラックの荷台に押し込まれた。」と証言していた。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6515.html
■李玉善(イ・オクソン)の証言
■李玉善(イ・オクソン)の証言

(一部抜粋)

ナヌムの家に掲載されている韓国語による証言。

(中略)

少女、 李玉善は七歳の頃から勉強がしたくて毎日学校に通わせてくれお母さんにせがんだ。その時から勉強がしたくて泣いたが、そんな悲しみは十五歳まで続いた。

玉善が十五,弟(妹)たちがそれぞれ 7歳,5歳,4歳だったある日だ。

お母さんが静かに 玉善を呼んだ。

釜山津駅オドメでうどんを売る食堂があるのだけど,主人に娘がいなくて、養女を欲しがっているが、行くか?

そっちへ行けば学校に通わせてくれるんですか?

そう,そこはご飯も自由に食べることができるし,学校にも通わせてくれると言ってくれてる。

それでは行きます。

これで少女、玉善は食堂に養女に行った。

しかし学校に通わせてくれるという話は真っ赤な嘘だった。養女でもなかった。朝鮮の主人はあらゆる下動きはもちろん酔客の接待までさせた。玉善はお酒の接待を拒否して二回も逃げて、非道く殴られたりした。

それから、数ヶ月の内に、そこの主人は他の居酒屋に玉善を売ってしまった。その店は、芸者の置屋だった。ここでも玉善は夜 12時まで、あらゆる下動きをした。とても大変で、夜に布団の中で枕を濡らしたこともあった。

ここ来てから、まだ1年もならないうちに、満洲まで連れてこられた。
というのは、芸者の置屋さんでおつかいに出された時、白昼大道で拉致にあったのだ。
その時、 42年 7月,玉善は年十六(満15歳)だった。

白昼に強制拉致

午後におつかいに出たが、40歳を過ぎたように見える太っている朝鮮男 2人が手首をぱっと引っ張って、有無を言わさず、力ずくで私をトラックに押し込んだ。
(以下略)


李玉善(イ・オクソン)は拉致した男について当初「朝鮮男 2人」と証言していたが、後に都合が悪くなって「日本人と朝鮮人の男に捕まった」と証言を変えている。





>時折苦しそうな表情を浮かべながら「1日で40、50人の相手をさせられ、耐えられずに自ら命を絶つ人もいた。拒否すれば軍人に刀で刺し殺された。慰安所は実際には死刑場のような所だった」と証言した。


1944年9月にアメリカ合衆国の諜報機関・合衆国戦争情報局(United States Office of War Information:OWI)の心理作戦班がインドアッサム州のレドで慰安婦に尋問を行い作成した旧日本軍慰安所・慰安婦に関する報告書がある。
米軍レポートの最後には「慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった」と明記されている!
ビルマのミッチーナでアメリカ軍に捕らえられ尋問を受ける慰安婦。
(1944年8月14日)


「慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった
ビルマのミッチーナの慰安婦に関するアメリカ軍の報告書。
(1944年10月1日)


日本による朝鮮人慰安婦の募集の方法や、生活状況、日本軍人との関係についての報告が述べられている。

その米軍レポートの最後には「慰安婦は接客を断る権利を認められていた。接客拒否は、客が泥酔している場合にしばしば起こることであった」と明記されている!

つまり、慰安婦は、しばしば接客を拒否していたのだ!

それにもかかわらず、「拒否すれば軍人に刀で刺し殺された。慰安所は実際には死刑場のような所だった」とか、嘘吐き糞婆の李玉善は92歳にもなってまだ見て来たような嘘を吐く!

李玉善の嘘出鱈目は、度を越している!






>歴史否定の発言は首長からも相次ぐ。慰安婦を象徴する少女像を巡っては、悲劇を繰り返さぬよう願って創作されたものであるにもかかわらず、河村たかし名古屋市長が「日本人の心を踏みにじる」と敵対視。松井一郎大阪市長は「慰安婦の問題というのは完全なデマ」と発言、神奈川県の黒岩祐治知事も「事実を歪曲(わいきょく)したような政治的メッセージ」と曲解を重ねる。


神奈川県の黒岩祐治知事なんて朝鮮学校に補助金を出したがる反日左翼の一人だが、8月27日に「ああいう慰安婦像は事実を歪曲したような極めて政治的なメッセージ」と述べており、流石に「慰安婦の強制連行や強制労働」などは嘘だということくらいは承知しているようだ!
神奈川県の黒岩祐治知事

以前キャスター・コメンテーターを務めていたフジテレビの『新報道2001』でも「従軍慰安婦強制連行」は嘘っぱちのでっち上げと明確に報道しているため、そこは史実歪曲と言わざるを得ない。


■dailymotion動画
新報道2001 140810_2
http://www.dailymotion.com/video/x236v67_%E6%96%B0%E5%A0%B1%E9%81%93%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%91-140810-2_news

▼dailymotion動画部分の文字起こし▼
メイド・イン・ジャパン!より

━━━━━━━━━━
2014年8月10日
フジテレビ
新報道2001


ナレ
いわゆる慰安婦問題が生まれた地、チェジュ島へ我々は向かった
チェジュ島は朝鮮半島の南西部に位置している

吉田清治氏は、この島で慰安婦の強制連行が行われたと訴えた

我々スタッフがこの地を訪れたのは、昨日の朝9時19分

目的は朝日新聞が32年かけて出した結論を確かめたい
強制連行について島の人達に実際に会って話を聞きたいと思ったからだ

帰国する夕方の便まで滞在できるのは、わずか6時間

手がかりは吉田氏が書いた私の戦争犯罪
この本の中で度々登場する、海女という文字

このページには、若い海女80人ぐらいなら2,3か所の漁村で集められるとある
チェジュ島は昔から海女漁が盛んな場所
我々はある漁村を訪ねた
海女さんが集まる番屋を見つけた

中では海女さん達がチェジュ島の海で獲った鮑を捌いていた

首都ソウルでは、毎週のように慰安婦を巡る反日運動が行われている
その発端となったチェジュ島の島民ならば、誰もが慰安婦の問題に対して
強い思いを持っているはず
我々はおそるおそる取材を始めた
20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
Qかつてこの島で大勢の海女さんが連れ去れたことってありましたか?

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「そんな話今まで聞いたことないよ
親からだって聞いたことないね」


20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「狭い町だし そんなことがあったら誰も黙ってないよ」

吉田氏の本には、チェジュ島から200人を超える女性が強制連行されたとある
ならば、誰もがそれを知っているはずだが海女さん達はまるで他人事のように話していた
次なる手がかりを吉田氏の著書に求めた
そこには貝のボタン製造所の中から、若い娘を従軍慰安婦に徴用するとある

海女さんがボタン工場の場所に案内してくれた

海女さんによれば、当時ボタン工場は島に3つあり、ここはその一つだという
現在は工場ではなく、民家となっていた
そこに住む人に話を聞いた
詳しい事がわからない為、昔から工場の隣に住む人を紹介してくれた
この女性は現在81歳、つまり当時10歳
慰安婦について聞いた
20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「そんなの私は聞いたことないよ」

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
Q工場ではどんな人が働いていた?

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「男の人だよ」

80歳になるこの女性の夫にも話を聞くと
20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「7、8人の男の人たちがこの位のサザエを磨いて、ボタンにして日本に送っていたんだよ」

ボタン工場に女性はいなかったのか
吉田氏の著書とは食い違っている

我々はこの工場でかつて働いていたという男性と会う事ができた
この男性は興味深い話を語った
20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「貝のボタンを作るのはとても力がいるんだ。貝を足で踏んで作るんだ」

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「女性になんかできる仕事じゃない」

吉田氏は無理矢理女性を連れ去った時期は、1943年だと証言
我々は当時を知る人物を時間の許す限り探した
20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
合計18人に話を聞いたが、誰もその事を知らなかった

去年まで海女だったという87歳の女性は
新報道2001韓国チェジュ島での聞き取り取材
「聞いたことない。村から何人も連れて行かれたら、私が知らないわけないでしょう」

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
「この本がでたらめなんだよ!」

地元のチェジュ新聞を訪ねた
この新聞社は、1989年に吉田氏の著書を元に地元を取材

20191007嘘吐き慰安婦の李玉善が川崎で嘘証言「2人組の男にトラックに!拒否すれば軍人に刀で刺し殺された」
しかし、強制連行の証言は得られなかったと報じていた

この島から始まった慰安婦問題は、今や世界を巻き込む
しかし、我々の取材では誰一人知る人物に出会う事はできなかった
朝日新聞は、誤報と結論付ける為になぜ32年の月日を費やしたのか

━━━━━━━━━━



人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


籠池家を囲むこんな人たち
籠池佳茂 著(2019/9/26)


「嘘吐き糞婆の李玉善は、早くくたばれ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:従軍慰安婦性奴隷制問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.