FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910


駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


★注意!
このブログ記事の情報源となった英紙タイムズの記事は、後日虚偽報道だったと判明しました。

(参考)
虚偽報道!「英国大使が英軍ラグビーチームの靖国神社参拝を注意」!英紙タイムズのフェイクニュース
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7632.html






ポール・マデン駐日英国大使 20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
ポール・マデン駐日英国大使は、所謂「A級戦犯合祀」などを理由に靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームをけん責!
更に「今後はいかなる神社も参拝しないように」と注意!




20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
9月13日、第3回「国際防衛ラグビー競技会」(日本開催)に出場中の英国軍チームが靖国神社を参拝!
↓ ↓ ↓
日本国民が感謝の声!(関連記事
↓ ↓ ↓
9月16日、韓国メディアがフェイクニュース満載の批判記事!
↓ ↓ ↓
ポール・マデン駐日英国大使が所謂「A級戦犯合祀」などを理由に英国軍チームをけん責!
更に日本では「今後はいかなる神社も参拝しないように」と注意!
↓ ↓ ↓
9月18日、英紙「タイムズ」が報道!
↓ ↓ ↓
9月19日、支那「環球網」も報道!


日本政府は、靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームをけん責して「今後はいかなる神社も参拝しないように」と注意したポール・マデン駐日英国大使に対して厳重注意すべき!


以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。


https://www.sankei.com/sports/news/190919/spo1909190026-n1.html
英国軍ラグビーチーム、靖国神社参拝 物議醸す 英紙タイムズ報道
2019.9.19 18:06、産経新聞

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
靖国神社(川口良介撮影)

 【ロンドン=板東和正】英紙タイムズ(電子版)は19日までに、現役の英軍人で構成されるラグビーチームが訪日中に靖国神社を参拝し、物議を醸したと報じた。第二次大戦で日本と戦った英国内では「A級戦犯が合祀(ごうし)される神社を参拝した」との批判があり、ポール・マデン駐日英国大使が注意したという。

 タイムズによると、同チームは、防衛省の主催で23日まで開かれている「国際防衛ラグビー競技会」に参加。参拝の経緯は不明だが、チーム関係者は「(参拝は)とても考えが甘い行為だった」と話している。マデン氏は念のため、今後は日本で神社の参拝を避けるよう注意したという。

 同紙などは、英国内で「靖国神社にA級戦犯が合祀されていることを理解していたのか」と指摘する声が上がる一方、「戦争に対する和解だ」と称賛する反応もあったと伝えている。



>英紙タイムズ(電子版)は19日までに、現役の英軍人で構成されるラグビーチームが訪日中に靖国神社を参拝し、物議を醸したと報じた。


英紙タイムズ(電子版)の記事は、❝UK military rugby team visit shrine for war criminals in Japan❞(英国軍ラグビーチームが日本の戦争犯罪者のために神社を訪問)と題したフェイクニュース満載の酷い内容の記事だ!

英紙タイムズの記事は、フェイクニュース満載であり、まるで朝日新聞や韓国の新聞と同レベルであり、まさに恥知らずの虚偽報道と言って過言ではない!

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

https://www.thetimes.co.uk/article/uk-military-rugby-team-visit-tokyo-shrine-honouring-war-criminals-kmnb0b7ll
UK military rugby team visit shrine for war criminals in Japan
20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
The 27-man squad include players from the Parachute Regiment and crew of the aircraft carrier Queen Elizabeth II
(本文略)






>第二次大戦で日本と戦った英国内では「A級戦犯が合祀(ごうし)される神社を参拝した」との批判があり、ポール・マデン駐日英国大使が注意したという。


英国内での「A級戦犯が合祀(ごうし)される神社を参拝した」との批判は、本当に英国人の批判なのか?

英国内の韓国人や支那人が批判しているのではないのか?

ちなみに、韓国では早くも9月16日にはフェイクニュース満載の報道がされていた!

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0013716888
↓(翻訳)↓
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ko&tl=ja&u=http%3A%2F%2Fnews.kmib.co.kr%2Farticle%2Fview.asp%3Farcid%3D0013716888
参拝? 観光? 靖国神社間イングランドラグビーチーム騒々しく
ネット右翼は「やはり紳士の国、韓国と違う」喜色

入力 :2019-09-16 16:36
20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
(本文略!)
(そもそも9月20日開幕のラグビーワールドカップに出場するイングランドチームと誤報!韓国人の妄言や原発事故のことまで記載した偏向報道)




そして、「ポール・マデン駐日英国大使が注意した」とのことだが、ふざけんな!

ポール・マデン駐日英国大使が英国軍ラグビーチームに対して、靖国神社参拝について注意することは、信仰の自由(宗教の自由)を侵害・弾圧する行為だ!

しかも、驚くべきことに、ポール・マデン駐日英国大使は、靖国神社だけではなく、今後は全ての神社の参拝を避けるよう注意したという!

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意





>マデン氏は念のため、今後は日本で神社の参拝を避けるよう注意したという。


英国でも信仰の自由や宗教の自由は保障されているはずであり、靖国神社参拝について注意する権利などない!

ましてや、靖国神社だけではなく、「今後は日本で神社の参拝を避けるよう注意した」のだから、許し難い宗教弾圧であり、神社に対する冒涜だ!
ポール・マデン駐日英国大使 20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

支那の環球網も『英国のポール・マッデン駐日大使がチームをけん責し、「今後はいかなる神社も参拝しないように」と注意したと伝えている』と報じている!

https://www.recordchina.co.jp/b745933-s0-c30-d0135.html
靖国神社を訪れた英国軍ラグビーチームが物議=「もう神社参拝するな」―英紙
Record china
配信日時:2019年9月19日(木) 11時50分

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
19日、環球網は、英国の軍人からなるラグビーチームが日本の靖国神社を参拝したことが物議を醸していることを報じた。

2019年9月19日、環球網によると、英紙タイムズは18日付の記事で、英国の軍人からなるラグビーチームが日本の靖国神社を参拝したことが物議を醸していると報じた。

タイムズの報道によると、英国の現役軍人らによって構成されるラグビーチームが先日、東京の靖国神社を参拝した。チームのメンバーはパラシュート部隊員とクイーンエリザベス2世号の乗組員だという。

記事は、「靖国神社には第2次世界大戦の戦犯が多く祭られており、今回の行動は非常に気まずい上、センシティブなものだ」とし、英国のポール・マッデン駐日大使がチームをけん責し、「今後はいかなる神社も参拝しないように」と注意したと伝えている。

記事によると、物議を醸してからチームはSNS上で公開していた写真を削除したという。
(翻訳・編集/川尻)






>同紙などは、英国内で「靖国神社にA級戦犯が合祀されていることを理解していたのか」と指摘する声が上がる一方、「戦争に対する和解だ」と称賛する反応もあったと伝えている。


「靖国神社にA級戦犯が合祀されていることを理解していたのか」と指摘する声が上がること自体が、完全に朝日新聞や特ア(支那や南北朝鮮)の反日洗脳工作に害されている!

所謂「A級戦犯」とされてしまった無実の人たちが靖国神社に合祀されたのは1978年だ!

所謂「A級戦犯」の靖国神社合祀についてはすぐに報道されているが、その後も英国の駐日大使館付武官は靖国神社を参拝していた!

なぜ今頃になって、そんな指摘をする声が上がり、英国のポール・マデン駐日大使が靖国神社を参拝した英軍ラグビーチームを注意し、更に「今後はいかなる神社も参拝しないように」とまで言って弾圧するのか?!

――――――――――
昭和53(1978)年10月、天皇陛下に所謂「A級戦犯」合祀が上奏され、秋季例大祭前日の霊璽奉安祭で合祀

平成6(1994)年6月15日 イギリス 駐日大使館付武官 M.スミス海軍大佐

平成8(1996)年6月15日 イギリス 駐日大使館付武官 ロバートソン大佐  駐日大使館付武官 エドワーズ大佐
――――――――――




20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1173914414585544704?s=20
山田宏 自民党参議院議員@yamazogaikuzo
英国軍ラグビーチームありがとう。
できれば全参加国軍のラグビーチームにも参拝していただきたいので、靖國神社のことをきちっと紹介をして働きかけてみたいと思います。

午後7:59 · 2019年9月17日


●関連記事
ラグビー英国軍が靖国神社を参拝!第3回「国際防衛ラグビー競技会」日本開催・なぜか韓国軍も参加
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7626.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



支那や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句をつけ始めたのは、朝日新聞が支那や韓国に対して「怒りなさい!反発しなさい!」などとそそのかした(煽った)ことが原因だった!

事実関係は、次のとおり。

昭和53年(1978年)に、所謂A級戦犯が靖国神社に合祀された後も、総理大臣は靖国神社を参拝し続けた。

昭和60年(1985年)頃まで、日本の首相は年に3~4回ずつ靖国神社を参拝していたが、支那も韓国も全く問題視しなかった。

支那や韓国に「日本の首相が靖国神社を参拝したら、反発しなさい!怒りなさい!神経を逆なでされたと感じなさい!」と持ちかけたのは、朝日新聞だった。


いわゆる「A級戦犯」とされてしまった方々が合祀されたのは1978年だが、マスコミはその翌年に合祀のことを報道していた。

その合祀以降も、大平正芳首相や鈴木善幸首相などが靖国神社を参拝したが、支那も韓国も文句など言わなかった。

それどころか、彼らが支那を訪問すると、支那は熱烈歓迎していたほどだ!

━━━━━━━━━━
昭和34年(1959年)
靖国神社が「公務死」と認定された「戦犯」を初めて合祀

昭和53年(1978年)10月
天皇陛下に所謂「A級戦犯」合祀が上奏され、秋季例大祭前日の霊璽奉安祭で合祀


昭和54年(1979年)
大平正芳首相が春と秋の例大祭に靖国を参拝し、日本のメディアは所謂「A級戦犯」合祀と首相の靖国参拝について執拗に報道!



大平正芳首相
1979(昭和54)年から1980(昭和55)年にかけて靖国神社を3回参拝
(1979年4月21日・同年10月18日・1980年4月21日)

↓ ↓ ↓
1979年12月
大平正芳首相は夫人を伴って支那を訪問、支那は大平正芳首相を熱烈大歓迎。
「中日友好医院」建設、対支円借款などを約束



鈴木善幸首相
1980(昭和55)年から1982(昭和57)年にかけて靖国神社を9回参拝
(1980年8月15日・同年10月18日・同年11月21日・1981年4月21日・同年8月15日・同年10月17日・1982年4月21日・同年8月15日・同年10月18日)

↓ ↓ ↓
1982年9月
鈴木善幸首相が支那を訪問、(北京政協礼堂で)日支国交正常化10周年記念講演



中曽根康弘
1983(昭和58)年から1985(昭和60)年にかけて靖国神社を10回参拝
(1983年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1984年1月5日・同年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1985年1月21日・同年4月22日・同年8月15日

↓ ↓ ↓
1984年3月
中曽根康弘首相が支那を訪問、「日中友好21世紀委員会」発足
4700億円の円借款供与で合意

━━━━━━━━━━

上記のとおり昭和53年(1978年)に、いわゆる「A級戦犯」合祀後も、日本の首相はマスコミが報道する中で靖国神社を参拝していたが、支那も韓国も嫌がっていなかったから何の異議申し立ても行なわなかった。

支那や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句をつけ始めたのは、朝日新聞が支那をそそのかした後の1985年以降だ。

20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
■YouTube 動画
『靖国問題に火を付けたのは報ステの加藤千洋だった!』
http://www.youtube.com/watch?v=KT-Dj8agc4Y



20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意

①『朝日』加藤千洋記者
↓「中国『日本的愛国心を問題視』」ほか
↓1985年(昭和60年)8月7日

②社会党 田辺誠書記長ら訪支
↓1985年(昭和60年)8月26日

③支那の姚依林副首相が初めて政府要人として中曽根康博首相の靖國神社参拝を」批判
 1985年(昭和60年)8月27日
 これ以前、歴代首相は、いわゆる「A級戦犯」合祀後も20回も靖国神社を参拝している(合祀前も含めると58回)。



【週刊新潮】「慰安婦」と構図は同じ「靖国参拝」 ご注進は沈黙のロマンスグレー「加藤千洋元編集委員」

http://www.gruri.jp/article/2014/09190900/
「慰安婦」と構図は同じ「靖国参拝」 ご注進は「加藤千洋元編集委員」――続・おごる「朝日」は久しからず
週刊新潮 2014年9月18日菊咲月増大号 掲載

 火の気のないところに火種をおこす……。従軍慰安婦大誤報で韓国の反日感情を煽り、日韓関係を悪化させた朝日、お得意のお家芸だが、もう一つ決して忘れてはならない“ご注進報道”がある。同じ構図で、中国を焚きつけた「靖国参拝報道」だ。発火点の記事を書いたのは、古舘伊知郎氏の『報道ステーション』でコメンテーターとしてお馴染みだった、あのロマンスグレー、加藤千洋元編集委員(66)である。

〈中国 日本的愛国心を問題視 (中略)今夏を、中国は「世界反ファシズム戦争・抗日戦争勝利四十周年」と位置付け、マスコミはこぞって戦争回顧の特集を組んでいる。(中略)「愛国心の高揚」を強調している。(中略)同じ「愛国心」が、日本ではかつては軍国主義を底支えする役割を担わされたことを、中国は自らの体験として知っている。それだけに、靖国問題が今「愛国心」のかなめとして再び登場してきたことを、中国は厳しい視線で凝視している〉(朝日新聞1985年8月7日付朝刊)

 これが全ての始まりだった。日本の総理や閣僚が靖国神社を公式参拝することについて、アジア諸国がどう捉えているか、各国駐在の特派員が報告するもので、中国を担当し、こう記したのが、当時、北京特派員だった加藤氏、その人である。

 この年の8月15日、中曽根康弘総理(当時)が靖国を公式参拝する予定だったことから、その批判記事を展開したわけだ。

「しかし、戦後、その時点で、すでに日本の総理大臣は59回も靖国を参拝しており、そのうち22回はA級戦犯の合祀後に行われたものだった。それにもかかわらず、中国政府は一度たりとも怒りを示したり、日本を批判することはなかったのです」

 と語るのは政治部デスク。

「加藤さんの記事が出た頃も、靖国参拝を疑問視する動きは中国になかった。つまり、問題意識を全く持っていなかったわけです」

 しかし、この記事に呼応する形で、8月14日、中国外務省のスポークスマンは、

「首相の靖国参拝はアジアの隣人の感情を傷つける」

 と牽制の意味も込め、反対表明を行った。だが、中曽根総理は「戦後、初となる内閣総理大臣の資格での公式参拝」を予定通り決行。驚くなかれ、その時ですら、中国は日本に正式な抗議を行わなかったのだ。

■沈黙のロマンスグレー

 朝日はそれが許せなかったのか、8月26日から中国の招きで彼の地を訪ねた社会党訪中団(団長・田辺誠書記長)と、まるでコラボするかのように“ご注進”
(以下略)


20190920駐日英国大使「神社を参拝するな」!「A級戦犯合祀」靖国神社を参拝した英国軍ラグビーチームに注意
支那工作員 朝日新聞→報道ステーション 加藤千洋



そもそも、所謂「A級戦犯」とされた人たちは、完全に無罪の人たちだった。

A級戦犯の犯罪とされた「平和に対する罪」は、当時は国際的にも国内的にもいかなる法律にも全く存在せず、GHQが無実の連中を何とかして罰したかったために後になってから作った法律「極東国際軍事裁判所条例」で定めた事後法のインチキ罪だ!

誰かを無理やり罰するために後からつくる法律(事後法)は、近代国家・法治国家ではあり得ないことだ!

●関連記事
連日の嘘!池上彰「中韓の靖国神社参拝批判の原因は中曽根の公式参拝」・朝日新聞のご注進を無視!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5853.html
百田尚樹「靖国参拝を中国が非難したのは85年から。一度も非難しなかったが、朝日が焚きつけた」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6763.html



百田尚樹「首相や大臣の靖国参拝を中国が非難するようになったのは85年から。それまで首相が60回参拝してたのに一度も非難してなかった。しかし朝日新聞が靖国参拝を非難開始した2週間後に非難が始まった!朝日が焚

ttps://twitter.com/take_off_dress/status/897312209004412928
DAPPI‏
@take_off_dress
百田尚樹「首相や大臣の靖国参拝を中国が非難するようになったのは85年から。それまで首相が60回参拝してたのに一度も非難してなかった。しかし朝日新聞が靖国参拝を非難開始した2週間後に非難が始まった!朝日が焚きつけた!」

朝日新聞は日本の転覆や中国の為に暗躍してるとしか思えません…
(動画)
13:21 - 2017年8月15日





https://twitter.com/dappi2019/status/1173813279845543936
Dappi@dappi2019
百田尚樹「戦後の朝日新聞は“日本と日本人の名誉”を傷つけることをずっとやってる。日本は“酷い国・最低”と言いたいがために南京大虐殺・慰安婦を捏造し、日本人のモラルは低いと貶めるためにKY珊瑚捏造事件も起こした。朝日の精神は日本人を貶めたいで、その為なら平気で嘘をつく」

朝日は日本の敵
(動画)
13:17 - 2019年9月17日




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



★注意!
このブログ記事の情報源となった英紙タイムズの記事は、後日虚偽報道だったと判明しました。

(参考)
虚偽報道!「英国大使が英軍ラグビーチームの靖国神社参拝を注意」!英紙タイムズのフェイクニュース
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7632.html






■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


「日本政府は、ポール・マデン駐日英国大使に対して、厳重に抗議しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.