FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909


日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期



https://twitter.com/blue_kbx02/status/1166236352096002048
ブルー(新垢)@blue_kbx02
GSOMIA破棄
金慶州「米国の反応を十分に予想してなかった」
北村晴男「予想してなかったとすればかなり無能」
「外交的にも意味がある」
「北と中国が喜ぶだけでしょ」
「破棄で米国の仲裁を...」
「今の解説は米国に対する脅しという意味。とんでもない。あり得ない。通用する訳ないでしょ」

(動画)
午後3:29 · 2019年8月27日






20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期
韓国の李洛淵首相「GSOMIA破棄まではまだ3か月近くある。その間に不当な措置を元に戻せば、協定の終了を再検討してもよい」

――――――――――
20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期
8月27日
フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」


韓国の李洛淵首相
GSOMIAが失効するのは、11月23日からだ。
日本の不当な措置(対韓輸出管理の見直し)が元に戻れば、我が政府もGSOMIAを再検討することが望ましい。



20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期【GSOMIA破棄】金慶州「米国の反応を十分に予想してなかった」→ 北村晴男「予想してなかったとす
金慶珠
李洛淵さんの発言が今の文在寅政権の意向を代弁しているとは思いません。
というのは同時期に与党のイ・ヘチャン代表がGSOMIAの破棄ごときで大騒ぎしすぎだというような発言をしている。
文政権の意向というよりかは、政権の中でも様々な声が聞かれているという現状を表す発言だとは思います。
李洛淵さんの発言で注目すべきは、GSOMIAの破棄は間違いじゃないかという声が上がっていること。
それに対して3ヵ月猶予があるので、その間になんとかすべきじゃないかという声が漏れてきているのは事実。
GSOMIAの土台の上に日米韓の軍事的な協力を図りたいというのがアメリカの意向だし、それを韓国政府にも十分伝えていた。
ところがGSOMIAということなので、連日批判している。
韓国としてもある程度予想はしていたとは言えアメリカのこういう指摘は負担にはなっている。
アメリカの反応を十分に予想していなかった節はある。


【GSOMIA破棄】金慶州「米国の反応を十分に予想してなかった」→ 北村晴男「予想してなかったとすればかなり無能。」
北村晴男
予想してなかったとすればかなり無能ですよね!
だって、あれだけ「GSOMIA破棄しちゃ駄目だよ」と言われてたわけですから!
言われていて、それを蹴るということは、それは予想できなければ、おかしいですよね。


金慶珠
文在寅政権は、いったい何を考えてこういうカードを切ったかという分析になりますと、


北村晴男
アメリカのことよりも、自分の支持率を優位に立たせたと、そういう判断をしたということじゃないですか?


金慶珠
単なる国内政治よりかは、やっぱり外交的にも意味はあるというふうに踏んでいると思います。
特に、GSOMIAは、単なる日韓の問題ではなくて、アメリカも絡んでいる話。


北村晴男
外交的には、北朝鮮と中国が喜んでいるだけでしょ。
どういう意味があるんですか?


金慶珠
アメリカに対して文在寅政権は、相当な不満を持っている側面がある。
特に日韓関係が悪化して以降、アメリカに再三にわたって仲裁を要請した。
ところが、アメリカが本気で乗り出すことはなく、放置状態のまま日本も強気の姿勢を崩さない。
こういう状況で、GSOMIAのカードを切ることで、アメリカが仲裁しなければ我々はこういう決断をせざるを得ないと。

20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期

北村晴男
アメリカに対する脅しですか?


金慶珠
言い換えると、今後、アメリカが何らかの形で仲裁をして・・・


北村晴男
その判断は、あまりにも間違っていますね。
アメリカに対する脅しに使えるわけがないんだから!


金慶珠
私も今回のGSOMIAのカードというのは、果たして有効なカードなのかということになると、必ずしも有効ではないと思います。


北村晴男
アメリカに対する脅しという意味ですか?
今の解説は?
とんでもないですよ。
あり得ないです。
脅しが通用するはずが無いんだもん!

――――――――――



金慶珠はGSOMIAを破棄した場合の「アメリカの反応を十分には予想していなかった節がある」と言っているが、現在の事態の本質からズレている。

確かに韓国政府の中には「GSOMIAを破棄するニダ」と脅せば、アメリカが【日本政府による韓国への輸出管理の運用の見直し】について介入してくれることに期待している馬鹿もいるようだ。

しかし、北村晴男が「有り得ない」と断言し、金慶珠も「今回のGSOMIAのカードというのは必ずしも有効ではないと思います」と認めているように、そんな韓国の脅しでアメリカが【日本政府による韓国への輸出管理の運用の見直し】に介入するなど断じてありえない!

韓国が日本とのGSOMIAを破棄してアメリカを怒らせている現状の本質は、やはり、米韓同盟が消滅する過程にある通過点ということだ!

文在寅政権は、米韓同盟を消滅させることを承知の上で、南北統一の実現を最優先に目指しており、現在はその過渡期の様相を呈している!

当ブログの8月18日付記事【韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与!?北のミサイルが米軍の「ATACMS=エイタクムス」に酷似!】8月23日付記事【韓国がGSOMIAの破棄を決定!韓国政府「日本が輸出規制を撤回したなら再開を検討しても良い」】でも述べたとおり、文在寅政権は、米国や日本と手を切って北朝鮮と手を結んで悲願の南北統一を実現し、北朝鮮と共に「小中華」に戻ろうと真剣に考えているのだ!

GSOMIA破棄については、当ブログ8月25日付記事【大スキャンダル!文在寅の最側近チョ・グクの娘が不正入学!GOSMIA破棄の前倒し発表は攪乱目的】で述べたとおり、文在寅大統領の「最側近」「リトル文在寅」とも呼ばれていた曹國(チョ・グク)の不正が次々と発覚している大スキャンダルを攪乱させる意図もあったが、それはGSOMIAを破棄するか延長するかの決定に影響を及ぼしたのではなく、飽くまで発表を予定よりも1日早く前倒しして行ったことに影響を及ぼしたに過ぎないと考えるべきだ。

やはり、GSOMIA破棄は、南北統一小中華への回帰米韓同盟の消滅日韓の敵国関係の明確化などへの通過点として、文在寅政権としては計画どおりの決定だったのだ!

アメリカのトランプ政権だって、韓国の文在寅政権が、アメリカと手を切って、北朝鮮や支那に近づこうとしていることを十分承知している。

だから、2019年6月3日に米韓国防相会談で、米韓連合司令部の平沢移転と、韓国側の連合司令官就任を決定し、それに伴いソウルの米国人学校も閉鎖することにしたのだ!

20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期


今の韓国は、まさに、南北統一小中華への回帰米韓同盟の消滅日韓の敵国関係の明確化などへの過渡期にある!

「米韓同盟」が消滅すれば、当然「日韓関係」も激変する。

韓国の敵国認定日韓断交を訴え続けてきた私としては、非常に良い流れとなっている。

((o(^-^)o))わくわく



GSOMIA破棄などについて、2018年10月に出版された『米韓同盟消滅』の著者・鈴置高史氏の見解や説明が「デイリー新潮」に掲載されている。

長文だが、分かり易くて興味深い見解や説明が沢山述べらているので以下に掲載する。

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08271800/?all=1&page=1
トランプの顔に泥を塗った文在寅 米韓同盟はいつまで持つのか
2019年8月27日掲載、デイリー新潮

20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期
トランプ大統領

 日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄し、米国の面子を潰した文在寅(ムン・ジェイン)政権。取りざたされ始めた「米韓同盟消滅」を、韓国観察者の鈴置高史氏に聞いた。

■亀裂はとっくに入っている

――米韓同盟は果たして存続するのでしょうか?

鈴置: 8月23日、韓国がGSOMIA破棄を日本に通告して以来、多くの人から同じ質問を受けています。

(中略)

■「共通の敵」がなくなった米韓

――「もう亀裂は入っているから」とはトリッキーな答えですね。

鈴置: 奇をてらっているわけではありません。「事実」がそうなのです。米国と韓国はすでに別居状態にあります。内情を知る人は「いつ、正式に分かれるのかな」といった感じで眺めていたのです。そんな状態の夫婦が口げんかしても、大勢に影響はありません。

 米国との同盟を打ち切るつもりの文在寅政権が、GSOMIAを一方的に破棄したのは「予定のコース」です。米韓同盟だってやめるつもりですから、同盟国でもない日本との軍事協定を続けるのはおかしいのです。

 2017年の大統領選挙でも、文在寅候補はGSOMIAの再検討を公約していた。ただ、米国との関係悪化を恐れ、直ちには動けなかった。それが今回、「信用できない日本」を口実に破棄できるようになったので実行した、ということに過ぎません。

『米韓同盟消滅』に沿って米韓関係をおさらいします。2010年頃から、米国の安保専門家が日本の信頼できるカウンターパートに対し「米韓同盟はもう、持たない。長くてあと20年だ」と漏らし始めました。

 私も2013年に米国の専門家に「米韓同盟はいつ消滅すると思うか」と聞いたところ「今すぐではない。しかしそんなに遠い先ではない」との答えが返ってきました。

 理由は簡単です。米韓の「共通の敵」が消滅し始めたからです。1992年8月の中韓国交樹立以降、韓国は急速に中国に接近しました。21世紀に入り中国の台頭がはっきりすると、韓国は中国の言うなりになりました。

 保守政権か、左派政権か、には関係ありません。経済的な関係が急速に深まって、2007年頃から韓国の対中輸出額は、対米・対日輸出を足した額よりも大きくなったからです。

(中略)

 しかし、北朝鮮の核問題が浮上したことが米韓同盟の消滅を大きく後押ししました。2017年1月に登場したトランプ(Donald Trump)政権が「北朝鮮の非核化」の見返りとして「米韓同盟の廃棄」に応じる方針に舵を切ったからです。

 習近平主席の示唆によるものです。初の米朝首脳会談が2018年6月に開かれたのも、北朝鮮が米国のこの取引案に一応、応じた結果です。

 米政府がこの取引案をはっきりと語ったことはありませんが、関連する多くのファクトがその存在を示唆しています。

■「米国をイライラさせる」のはなぜか

――韓国も「同盟破棄」には反対しない……。

鈴置: 文在寅政権もこの取引の「米韓同盟破棄」部分に異存はありません。この政権の中枢は「米韓同盟が諸悪の根源」と信じる人たちで占められています。

 なお、「非核化」の部分は望んでいないと思います。なぜなら米国との同盟を廃棄したうえ、手を結ぶ北朝鮮の核までなくなれば、韓国は核の傘を完全に失うからです。

――米韓両政権が「同盟廃棄」で一致したのに、なぜ未だに続いているのですか?

鈴置: 機が熟していないからです。トランプ政権にしてみれば今、同盟を廃棄してしまえば「北朝鮮の非核化」を引き出すカードを失ってしまう。現段階では「やめる」と大声では言えないのです。北朝鮮にはささやいていますが。

 一方、文在寅政権も今は表明できない。親米保守派はもちろん、普通の人までが同盟廃棄には大反対するからです。下手をすれば、政権が倒れます。米国が廃棄を言い出すのを待っているのでしょう。

『米韓同盟消滅』を読んだ、各国の安保専門家からヒアリングを受けました。ことに、米国の専門家の質問が興味深かった。「韓国はなぜ、我々をいらいらさせるのだと思うか?」でした。

「米国の側から同盟破棄を言わせたいのだろう」と答えると、大きくうなずいてメモを取りました。我が意を得たり、という感じでした。米国も、文在寅政権の手口は十分に認識しているのです。

■反文在寅デモが始まった

――GSOMIA破棄は、米韓同盟消滅という本質が表面化したに過ぎない、ということですね。

鈴置: その通りです。大きな流れに変わりはないのです。ただそれは「眺める者の論理」。当事者の韓国の親米保守にとっては一大事です。GSOMIA破棄を機に、文在寅政権が一気に本性を現わすのではないか、と真っ青になっています。
(中略)
 この「離米従北」への恐怖感は保守から普通の人も共有しています。だから多数の人が参加する「反文在寅デモ」が始まったのです。

『米韓同盟消滅』の作者としては「韓国人も今回の事件で、ようやく米韓同盟消滅という現実に目を向けるようになったな」と、感慨深いものがあります。

 それまでは、いくら同盟消滅を示す事実を指摘しても、「米韓は血盟である」といった抽象論で反撃してきました。「見たくないものは見ない」という心情だったのです。

■「韓国に情報を渡すな」と日本に通告

――デモは文在寅政権の「離米従北」に歯止めをかける?

鈴置: とりあえずは、かけるでしょう。政権が倒れるリスクをかけてまで、米国との同盟を破棄するほどのハラは、この政権にないからです。

 一方、米国も日韓GSOMIA破棄を理由にして韓国と縁を切ろうとは考えない。トランプ政権にとって大問題ではないからです。

 米国が面子を潰されたのは事実です。が、しょせん、前のオバマ(Barack Obama)政権が日韓に結ばせた協定に過ぎません。

 そもそも、この協定は軍事的には意味がない。韓国は米国や日本の軍事情報を中国や北朝鮮に流している。だから米国は韓国に重要な情報を流さない。日本にも教えないよう通告済みです。

 韓国が日本に出す情報にもたいしたものはない。もし必要があれば、米国経由でとれる程度の情報です。

 あくまで「日米韓」の安保協力を北朝鮮や中国に見せつけるための協定です。でも今や、専門家の間では「日米韓」どころか「米韓」の協力だって存在するのか怪しい、との見方が一般的です。

 プロの世界では、日韓GSOMIAがなくなったことをもってして「米韓関係が急速に悪化する」と見る人はあまりいません。「もう、悪化しているから」です。

 普通の日本人は「日米韓」「米韓」の安保体制がいまだに機能している、と思い込んでいる。だからGSOMIA破棄を見て「日本や米国の安保体制が揺れる」と大騒ぎになっているのです。


20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか
朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか

■「民族の核」に心踊らす韓国人

――では、米韓の正式な離婚は当分ない?

鈴置: そう思います。ただ、決めつけは危険です。朝鮮半島では何が起こるか分からないのです。着目すべきは「中途半端な北朝鮮の非核化が始まる時」です。

 不完全であっても「非核化」は米韓同盟の廃棄とセットになる可能性が高い。すると韓国は「離米従北」に舵を切るしかなくなる。

 米国の核の傘を失えば、自前の核を持つか、中国やロシアの核の傘に入るか、あるいは北朝鮮と「民族の核」をシェアするしかないからです。

 図表「朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか」で言えば、韓国はケースIV――北の核に守ってもらう――に進むわけです。そもそも、文在寅政権はこれを狙っていると思われます。
(中略)
 タイミングを見計らい、文在寅政権が「北の核は民族の核だ。南北が一緒になれば我々も核保有国だ」と叫べば、普通の韓国人も心を動かすと思います。ことに、米国に見捨てられると思った時には。


(中略)

■ミサイル乱射は韓国への請求書

 前回の「『四世紀ぶりの孤立』を招いた文在寅、日本と北朝鮮から挟み撃ち」で書いたように、文在寅政権は北朝鮮から三行半(みくだりはん)を突きつけられています。

 米朝首脳会談を仲介したかのように振る舞わせてもらいながら、お礼のドルを送って来なかったからです。米国も韓国のやり口はすっかり見抜いていますから、北朝鮮の非核化を邪魔する対北送金には厳しく目を光らせています。

 北朝鮮は連日のようにミサイルや多連装ロケット砲を撃ちまくっています。韓国への請求書です。同時に「ドルを送らないというなら、南北首脳会談はもちろん、接触さえもしてやらないぞ」と繰り返し恫喝しています。

 文在寅政権の存在意義は「南北の和解」ですから、北朝鮮から三行半を突きつけられると、立ち行かなくなってしまう。そこで、ドルは送れないものの、せめてGSOMIAを破棄することで北朝鮮の怒りを収めようとしたのではないかと思います。

■嫌な奴だが阿吽の合意

――破棄したら、米国から怒られるとは考えなかった?

鈴置: トランプ政権が米韓同盟廃棄をカードに使っていることは、文在寅政権もよく分かっている。それなら「同盟を揺らす」GSOMIA破棄を実行しても、本音では怒ってはこないと踏んだのでしょう。

 確かにGSOMIA廃棄に対し、ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官をはじめとする米政府高官は不快感を表明しました。

 でも、肝心のトランプ大統領は8月23日、記者団に対し「文大統領は(安倍首相と同様に)私のいい友人だ。韓国に何が起こるか見守ろう」と答え、問題視しませんでした。ホワイトハウスのサイトによると、以下です。

・President Moon also a very good friend of mine. And we’ll see what happens with South Korea.

 米韓の政権の関係は極めて悪い。でも、「米韓同盟の廃棄」という点では阿吽の合意ができているのです。これを見落としてはなりません。

■ムーディーズに注目

 もう1つ、注目すべきはマーケットです。米国の歴代政権は韓国が裏切った時には「通貨」でお仕置きしてきました。

 今は韓国を「泳がせて」いますが、米国がいつ通貨による牽制を始めるか、予断を許しません。ことに「米中」と「日韓」の2つの経済戦争で韓国金融市場が極めて不安定になっている最中です。

 8月26日のKOSPI(韓国総合株価指数)は前日比31・99ポイントも下げ、1916・31と1900台割れが目前に迫りました。
20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか

 ウォンの対ドル相場も前日比7・2ウォン安の1ドル=1217・80で引けました。取引時間中には一時、1220を突きぬけました。
20190829日韓関係も激変させる「米韓同盟消滅」は時間の問題・韓国は北朝鮮と共に小中華へ!今はその過渡期その過渡期朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか

 こんな時に国の格付を下げられたら、韓国市場はひとたまりもありません。1997年の通貨危機の際、ムーディーズは2カ月弱で6等級も格付けを引き下げて韓国を奈落の底に落としました。今も同社の動きに注意を払う必要があるのです。



米韓同盟消滅 (新潮新書)




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



GSOMIA破棄によって、日本が失う情報は殆どないが、韓国は重要な多くの情報を失う!

それでも韓国の文在寅政権がGSOMIA破棄を決定した理由の一つは、そもそも文在寅政権は米国や日本と手を切って北朝鮮と手を結んで悲願南北統一を実現し、北朝鮮と共に「小中華」に戻ろうと真剣に考えているからだ!(関連記事1関連記事2


朝鮮半島は1000年以上の長きに亘って歴代支那帝国の属国だった。

支那が急速に強大化して来た昨今では、南の文在寅政権も、再び北朝鮮と共に本来の「小中華」に戻るべきだと考えているのだ。

そうだとすると、自称「徴用工」(偽物)判決に伴う日韓基本条約(日韓請求権協定)違反国連安保理決議違反となる瀬取りによる北朝鮮への物資の供与韓国軍の駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事件、日本から輸入したフッ化ポリイミドやレジストやエッチングガス(高純度フッ化水素)など戦略物資の違法輸出(横流し)米軍から導入した戦術ミサイル「ATACMS=エイタクムス」の北朝鮮への横流し、そして今回の日本との軍事情報包括保護協定「GSOMIA」の破棄など、文在寅政権のあらゆる行動は、見事に辻褄が合う!

●関連記事
韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与!?北のミサイルが米軍の「ATACMS=エイタクムス」に酷似!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7597.html
韓国がGSOMIAの破棄を決定!韓国政府「日本が輸出規制を撤回したなら再開を検討しても良い」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7602.html


【告知】

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1517
第3286回 さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町

日韓両国民の願い「日韓断交」
反日妄動を繰り返す韓国とは断交あるのみ!


【集合日時】
令和元年9月15日(日)
16:00 集合
16:30 デモ隊出発

【集合場所】
錦糸公園 (水と緑と花の広場)

【総指揮】
桜井誠




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


「早く韓国の敵国認定と日韓断交を実現させよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:無法国家-韓国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.