FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判
ジャニーズ事務所の多数の所属タレントに対して、立場と権力を濫用し、ホモ淫行の強要をしたり、ホモ性的虐待をしたりした卑劣なジャニー喜多川


20190715ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判
7月12日、「ジャニーズ事務所」は、同月9日に87歳で死亡した社長のジャニー喜多川の【家族葬】を行った。



20190715ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判

■東京高裁や最高裁もジャニー喜多川のホモ淫行を事実認定!

ジャニー喜多川は、ジャニーズ事務所の所属タレントの少年たちに対し、立場と権力を濫用したホモ淫行の強要ホモ性的虐待をやりまくった!

平成11年(1999年)、「週刊文春」(文藝春秋)は、ジャニー喜多川の事務所所属タレントへのホモセクハラ性的虐待について報道した。

平成12年(2000年)、国会(衆議院)の児童虐待問題等を審議する「青少年問題に関する特別委員会」でも、阪上善秀議員により、元ジャニーズジュニアの母親の手紙が紹介されるなどし、ジャニー喜多川による所属タレントへのホモ性的虐待の問題が取り上げられた。

その国会で、自民党の阪上善秀議員は、ジャニー喜多川の卑劣極まりないホモ淫行性的虐待について批判した他、海外メディアが当該問題を報じているにもかかわらず、全く報道しないNHKなどの日本のマスメディアについても厳しく批判し、その後の報道に期待する発言をした!

平成15年(2003年)、ジャニーズ側は「週刊文春」(文藝春秋)のジャニー喜多川の所属タレントへのホモ性的虐待についての記事を「事実無根だ」として文春を提訴したが、東京高裁はジャニー喜多川のホモセクハラ行為について事実認定をした。

ジャニー側は最高裁に上告したが、平成16年(2004年)に棄却され、同性愛行為の認定が確定した。

『ニューヨーク・タイムズ』『オブザーバー』などの世界各国のメディアも、ジャニー喜多川による所属タレントへのホモ性的虐待について報道し、この問題について「報道しない自由」を行使して隠蔽し続ける日本のマスメディアの卑怯な姿勢についても指摘した!





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



タブーだったジャニー喜多川の姿をとらえた「噂の真相」92年9月号 20190715ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判
立場や権力を濫用したホモ淫行の強要ホモ性的虐待をやりまくったジャニー喜多川について、国会審議や海外メディアでは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判された!

https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4830/
ジャニー喜多川社長の美談を垂れ流し性的虐待問題を一切報じないマスコミ!元ジュニアが法廷で証言、最高裁でも確定してるのに
2019年7月11日 17:21、Litera

タブーだったジャニー喜多川の姿をとらえた「噂の真相」92年9月号 ジャニー喜多川社長の美談を垂れ流し性的虐待問題を一切報じないマスコミ!元ジュニアが法廷で証言、最高裁でも確定してるのに
タブーだったジャニー喜多川の姿をとらえた「噂の真相」92年9月号

 6月9日にジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川氏が逝去し、ワイドショーのみならず『報道ステーション』(テレビ朝日)や『news23』(TBS)などの報道番組まで、ありとあらゆるメディアが横並びで追悼報道を展開している。

 ジャニー社長のショービジネス、芸能・エンタテインメント界での功績、スターを多数輩出した卓越した審美眼、タレントたちとの親子のような強い絆……。湯水のようにジャニー社長賛美報道が繰り広げられているが、しかし一方で、メディアが一切触れていないことがある。ジャニー社長の性的虐待という問題だ。

 実はかなり古い時代から、ジャニー社長のタレントやジュニアに対する性的虐待の告発は数多く存在した。なかでも衝撃的だったのが、1988年に元フォーリーブスの北公次が出した告発本『光GENJIへ』(データハウス)だろう。北はこのなかでジャニー社長からの性的虐待を赤裸々に記しているが、その後も元ジャニーズの中谷良による『ジャニーズの逆襲』(データハウス/1989年)、平本淳也の『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社/1996年)、豊川誕の『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社/1997年)、光GENJIの候補メンバーだった木山将吾の『Smapへ――そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社/2005年)などの告発本が刊行され、いずれもジャニー社長からの性的虐待を訴えたのだ。

 多くのマスコミは、ジャニーズタブーのため、これら告発本やその内容はほぼ黙殺、まともな検証がなされていないため、現在ではジャニー社長の性的虐待を“都市伝説”のように思っている向きも多いだろう。しかし、ジャニー社長のタレントたちへの性的虐待は都市伝説などではないばかりか、最高裁でも認定された事実なのだ。

 その裁判のきっかけは、1999年に「週刊文春」(文藝春秋)がジャニーズ事務所の数々の問題を告発するキャンペーン記事を掲載したことだった。キャンペーンは10回以上に及び、そのなかでも衝撃的だったのがジャニー社長の性的虐待や児童虐待だった。

 記事は複数の元ジュニアやジャニーズOBの証言をもとに、ジャニー社長の性的虐待を赤裸々に告発するものだったが、これに対し同年11月、ジャニーズ事務所は名誉毀損で「週刊文春」を提訴。そして裁判でジャニー社長の性的虐待の有無が争われることとなった。その裁判の過程で「週刊文春」側証人として元ジャニーズJr.の2人が出廷、裁判の場で、性的虐待の実態を赤裸々に語ったのだ。

 ジャニーズタブーのためマスコミはその裁判の動向はほとんど報じていなかったことに加え、元ジュニアの証言は性被害というセンシティブな問題であることから非公開で行われたため、まったく外部に伝わっていなかったが、月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が、その証言内容をつかみ詳細を報じている。

 記事によれば、証言に立った元ジュニアは2人とも未成年。2001年7月25日大阪地裁のある法廷でのことだという。証言者のひとりであるA君は仕事で夜遅くなり、電車がなくなったとき、他のジュニア数人と“合宿所”と呼ばれるジャニー社長の自宅である六本木の高級マンションに宿泊した。そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。

●法廷で元ジュニアが証言したジャニー喜多川社長による性的虐待

 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。普通に触ってきた。ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。

 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。

 さらに、A君もB君もそろって、ジュニア仲間や先輩らの間で、こんなふうに言われていたと明かしている。

「断ればテレビや舞台に出ることができないらしい」
「ジャニーさんからそういう行為を受けたら、いい仕事がもらえる。逆に受けなかったり拒否するとデビューできない」


 ジャニー社長の行為は性的虐待だけでなく、その立場や力関係を背景にしたパワハラでもあったということだろう。しかも、それを未成年者に対しておこなっていた。これら被害者証言の後には、ジャニー社長の証言が控えており、ジャニー社長もその法廷にいたという。

 そして、ジャニー社長は自身の証言として「(被害者少年たちが)嘘をついている」と反論していたというが、その後の裁判の展開はむしろ、ジャニー社長のセクハラ行為を認定するものになった。

●最高裁でも確定してもジャニー社長のセクハラを一切報じないマスコミ

 こうしてジャニー社長の性的虐待が裁判の場で告発されたのだが、2002年3月の一審判決は「セクハラ行為の重要部分が真実だと証明されていない」という不可解な理由で「週刊文春」側に880万円の損害賠償を求めるものだった。しかし、これに対し「週刊文春」側が不服とし控訴、2003年7月の高裁ではジャニー社長のセクハラ行為が認定されるという逆転判決が出され、損害賠償も120万円と大幅に減額。判決は「逆らえばデビューできなくなる拒絶不能な状態に乗じ、社長がセクハラしている」との記載について、「被害者の少年たちの証言は具体的で詳細なのに、事務所側は具体的に反論していない」と指摘し、「セクハラに関する記事の重要部分は真実」と判断した。そして、ジャニーズ側が不服として最高裁に上告したが、2004年2月に上告は棄却、これで最高裁においてもジャニー社長のセクハラ行為が確定されたのだ。

 この衝撃的な裁判は、当時、海外メディアでも大きく報じられたが、しかし国内マスコミはほぼ黙殺。ジャニー社長の行為のみならず、裁判で確定したセクハラ問題までジャニーズタブーで沈黙する日本メディアの姿勢も、それ以上に大問題だろう。

 また、一部で取り上げられたとしても、当時はジャニー社長の性的指向ばかりがセンセーショナルにクローズアップされるかたちとなっていた面もあるが、ジャニー社長の行為の本質は、芸能人生の命運を握る権力者であることを背景にしたパワハラをともなう性的虐待、しかも未成年への虐待だ。

 しかし当時も、そして#MeToo運動の拡大もあり世界中でセクハラ・パワハラに対する問題意識が高まっている現在においても、ジャニー社長の負の問題について、マスコミは口をつぐんだままだ。
 
 なかには“十年以上も前の過去のこと”などと嘯く人もいるかもしれない。だが、世界的に見ても、#MeTooの発端となった映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインへの告発は十年以上前や数十年も前の行為も含まれており、また大きな衝撃をもって報じられたカトリック教会の莫大な人数の神父による性的虐待・隠蔽もまた、過去に遡って検証されている問題だ。

 ジャニー社長が歴史に残るプロデューサーであることは否定しないが、であればこそ、正の面だけでなく負の側面も検証されてしかるべきだろう。実際、イギリスの公共放送局・BBCは、ジャニー社長の訃報を伝える記事のなかで、その功績だけではなく性的虐待問題にも言及している。しかし、上述の通り、国内メディアはジャニー社長賛美一色。『報道ステーション』や『news23』のような報道番組までもが横並びの賛美報道しかできないのは異常だ。

 いまメディアで喧伝されているジャニー社長の功績とされる部分の多くもまた、男性グループを実質的に独占してきたことなど、こうしたジャニーズ事務所の強権的なマスコミ支配によるところが大きいことも付記しておきたい。

 ジャニーズタブーに縛られたマスコミだが、ジャニー社長が逝去したいまこそ、こうした性的虐待、パワハラの実態を再び検証すべきではないのか。(編集部)


20190715ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判





自由民主党の阪上善秀議員
自由民主党の阪上善秀議員
平成12年(2000年)、児童虐待問題等を審議する衆院「青少年問題に関する特別委員会」で、阪上善秀議員は、ジャニー喜多川によるジャニーズ事務所所属のジュニアタレントたちに対する性的虐待について取り上げ、報道しないNHKなどのマスメディアも批判し、その後の報道に期待する発言をした!

●平成12年(2000年)4月13日

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/147/0073/14704130073005a.html
●第147回国会 衆議院 青少年問題に関する特別委員会 第5号

平成12年4月13日(木曜日)

■青少年問題に関する件(児童虐待問題等)

○阪上委員(自由民主党の阪上善秀議員)
 東京に少年たちがタレントとして活躍しているジャニーズ事務所という芸能プロダクションがあるのですが、そこに所属する少年たちの間で喫煙や飲酒が堂々とまかり通っておるというのであります。
ほかにもいろいろな問題があります。
私も耳を疑ったのですが、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんがタレントの少年たちに性的ないたずらをしているという話も聞きました。

 その親御さんのお子さんがジャニーズ事務所に関係しており、お子さんだけでなく、子供の友達からもジャニーズ事務所の体験談をたくさん聞いたそうであります。

 私は芸能界に疎い人間であります。
ジャニーズ事務所という名前は知っておりましたが、その詳しい内容について知りませんでした。
しかし、訴えの内容が内容だけに、私も気になって少し調べてみました。
すると、かなり以前からこの問題は活字になっていますし、最近でも文芸春秋社発行の週刊文春に、十回にわたり、この問題が掲載されておるではありませんか。

(中略)

○阪上委員
 次に、最も深刻な問題であるジャニー喜多川社長のセクハラ疑惑についてお聞きしたいと思います。

 報道によれば、ジャニー喜多川社長は、少年たちを自宅やコンサート先のホテルに招いて、いかがわしい行為を繰り返しておるという内容のものであります。
なぜ少年たちがこんな行為に耐え忍んでいるかといえば、ジャニー喜多川社長に逆らうと、テレビやコンサートで目立たない場所に立たされたり、デビューに差し支えるからというのであります。

 私は独自の調査で、ジャニーズ事務所に所属していたことのある少年の母親の手紙を手に入れました。
少し長くなりますが、御紹介をさせていただきます。

――――――――――
★  うちの現在高校二年生の息子も、中三の冬にオーディションに合格し、約一年間ジャニーズジュニアをしていましたが、事務所からのコンタクトがなくなり、自然にやめたような形になりました。
ずっと後になって息子から聞いたのは、オーディションに受かってから初めてレッスンに行ったとき、先輩のジュニアから、もしジャニー喜多川さんから、ユー、今夜はホテルに泊まりなさいと言われたとき、多分ホモされるかもしれないけれども、それを断ったら次から呼ばれなくなるから我慢しろと教えられたそうであります。
息子はジャニーさんの好みでなかったらしく一度も誘われなかったので、清い体でやめることができましたが、何人かはこの行為を受け、お金をもらっていたそうであります。
今テレビでにこにこして踊っているジュニアたちは、陰ではそんなつらい思いをしておるかと思うとかわいそうです。
――――――――――


 こういう内容であります。
こういうことが事務所でまかり通っているわけであります。

 ジャニー喜多川氏は、親や親権者にかわって児童を預かる立場であります。
児童から信頼を受け、児童に対して一定の権力を持っている人物が、その児童に対して性的な行為を強要する。
もしこれが事実とすれば、これは児童虐待に当たるのではありませんか。

(中略)

○阪上委員
 厚生省の今の答弁のように、事実を把握しておりながら実行しないというところが、私は、青少年、あこがれのスターを夢見る子供たちをみすみす犠牲に追いやっているものと思います。
 報道によれば、ジャニー喜多川氏はセクハラを行った後に、数万円の金銭を少年たちに与えておりますが、東京都や大阪府などで定められた青少年健全育成条例では買春処罰規定があります。例えば東京の場合、「何人も、青少年に対し、金品、職務、役務その他財産上の利益を対償として供与し、又は供与することを約束して性交又は性交類似行為を行なってはならない」とあります。この規定に抵触するのではありませんか。
 なぜか大阪と東京の場合では違いがあるそうでございますが、その差についても御答弁をお願いいたします。

(中略)

○阪上委員
 これはやはり全国的な、統一なものを私はつくっていく必要があるのではないかと思っております。
 ここで忘れないうちにお聞きしておきたいのですが、ジャニーズ事務所に対して警察庁も厳重注意を勧告されたと聞いておりますが、それはいつのことであったのですか。

○黒澤政府参考人
 そのように対応いたしております。

○阪上委員
 私の質問が終わるまでで結構ですから、きのう打ち合わせに来られた方にお話の中で、ジャニーズ事務所にいつ厳重注意を勧告されたかという日にちをお聞かせください。
 金銭だけでなく、少年たちに仕事上の不利益があると考えさせることも違反に該当するのではありませんか、御答弁をお伺いいたします。

○黒澤政府参考人
 厳重注意、始末書をとった日時、ちょっと手元に資料を持ち合わせておりませんが、間違いなく厳重注意、始末書処分をいたしておるところでございます。

 それから、先ほども申し上げましたが、仕事として出させない、こういったことが条例に違反するかどうかにつきましては、個々具体的な事案に応じて判断されるわけでございますけれども、先ほどの繰り返しになりますけれども、仕事上の不利益が条例で言うところの職務等に当たるのか否か、それは具体的な事案の当てはめの問題でございまして、具体的な事案の内容に基づきまして判断されるものと考えております。

(中略)

○阪上委員
 警察庁の方にも、私の質問の流れを聞いていただいて、ジャニーズの事務所の実態、社長の存在、そして、そこで働く傷つく子供たちのこともよくわかっていただいたと思いますので、これからの児童虐待に警察庁がどのような姿勢で対応するのか、これがこれからの動きを大きく左右すると思いますので、注目をしてまいりたいと思います。

(中略)

○阪上委員
 捜査当局では、報道にあったような証言について真摯に受けとめる必要があるのではないかと思っております。
 ジャニーズ事務所所属タレントが一日署長を務めたり、所轄署に差し入れをしていることが捜査に影響を与えているのではないかという意見もよく聞くわけでございますが、そういうことはないと思いますが、お伺いいたします。

○黒澤政府参考人
 警察におきましては、違反行為につきましては厳正に対処いたしておるところでございます。

○阪上委員
 大みそかのNHKの紅白歌合戦といえば、昔ほど驚異的な視聴率は上げてはいないのですけれども、現在でも国民全般に愛されている番組であると思います。
 私も、当委員会に所属しております関係上、若者たちに人気のある芸能人はどういうものだろうかということで、興味を持って前半から見ておりましたが、最近の若者はスタイルはよくなったなと感心する以外、だれがだれなのかさっぱりわからないというのが現状でございました。
そして、その出場メンバーの中にジャニーズ事務所という芸能プロダクションに所属している若者たちが大挙して出演していることも知りませんでした。

★ そんな折、私は、知り合いの芸能プロダクションの元社長からこんな話を聞いたのであります。
ジャニーズ事務所が日本の芸能界を牛耳っているため、ジャニーズ事務所に逆らうとタレントを引き揚げられて番組ができなくなってしまうというのであります。
それで、テレビ局は遠慮して、ジャニーズ事務所に関する不祥事を放送できないそうであります。
マスコミ、新聞においても、ニューヨーク・タイムズがこの問題を報じておるのにもかかわらず、日本のマスコミはへっぴり腰だという批判を受けておるのもその辺に根拠があるのではないかとおっしゃったのであります。


★ そこで、NHKの電波が一事務所の意向で左右されることがあってはならないと思いますが、郵政省はどのような御指導をされておるのか、お伺いをいたします。

○金澤政府参考人
 放送法第三条におきましては、「放送番組は、法律に定める権限に基く場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。」というふうにされております。
これは自律の原則をうたっているということでございまして、放送事業者はみずからの判断により番組を編集し、放送した番組については放送事業者みずからが責任を負うということでございます。

 お尋ねの件でございますけれども、これはまさに放送事業者たるNHKの番組編集権にかかわる問題でございまして、NHKみずから判断すべきものというふうに考えているところでございます。

 ただ、一般論として申し上げますと、NHKはその公共性を十分配意いたしまして、番組編集に当たって適切に対応されるものというふうに期待しているところでございます。

○阪上委員
★ きょうの質問をきっかけに、差し控えておりましたマスコミ関係もこの問題を注視するものと思います。
★今後このような形の事務所の問題、社長の存在、虐待される少年の問題等々が明らかになった場合には、先ほど申し上げました元芸能プロダクションの社長がおっしゃっておりますように、一事務所に左右されない電波を私どもは期待するのであります。



>○阪上委員
>きょうの質問をきっかけに、差し控えておりましたマスコミ関係もこの問題を注視するものと思います。
>今後このような形の事務所の問題、社長の存在、虐待される少年の問題等々が明らかになった場合には、先ほど申し上げました元芸能プロダクションの社長がおっしゃっておりますように、一事務所に左右されない電波を私どもは期待するのであります。



残念

その後も、阪上善秀議員のNHKなどのマスコミに対する期待は、裏切られ続けた!

上記の国会審議から19年以上経ったが、NHKをはじめとする日本のマスコミは全く問題視することなく、ジャニー喜多川もジャニーズ事務所も、安泰に稼ぎまくった!

ジャニー喜多川が死んだ後も、日本のテレビなどマスコミは、全くジャニー喜多川の卑劣なパワハラ・ホモ淫行性的虐待問題について取り上げない!



(参考)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャニー喜多川
ジャニー喜多川
『ウィキペディア(Wikipedia)

ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)
出身地:アメリカ合衆国・カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日:1931年10月23日
学歴:ロサンゼルス市立大学

事件

■タレントに対する性的行為についての報道と裁判

ジャニーが同性愛者(ゲイ、少年愛、ペドフィリア)であり、事務所に所属する男性タレントに対して猥褻な行為を行っているとの噂は、1960年代から散発的に報道されていた。

・元フォーリーブスの北公次は、『光GENJIへ』シリーズ データハウス、1988年(昭和63年)
・元ジューク・ボックスの小谷純とやなせかおるは、『さらば!!光GENJIへ』データハウス、1989年(平成元年)
・元ジャニーズの中谷良は、『ジャニーズの逆襲』データハウス、1989年(平成元年)
・平本淳也は、『ジャニーズのすべて―少年愛の館』鹿砦社、1996年(平成8年)
・豊川誕は、『ひとりぼっちの旅立ち - 元ジャニーズ・アイドル 豊川誕半生記』鹿砦社、1997年(平成9年)3月
・元光GENJI候補の木山将吾(山崎正人)は、『SMAPへ - そして、すべてのジャニーズタレントへ』鹿砦社、2005年(平成17年)など


などを出版した。1988年(昭和63年)- 1989年(昭和64年/平成元年)に『噂の眞相』がこの問題を数回取り上げた。なお、自民党衆議院議員(当時)・阪上善秀(元・兵庫県宝塚市長)が2000年(平成12年)4月13日にこの問題を衆議院で取り上げている[18][19]。

1999年(平成11年)、『週刊文春』がジャニーズ事務所に関する特集記事、「ホモセクハラ追及キャンペーン[20] 」を掲載し、喜多川が所属タレントに対して同性愛行為を行い、事務所では未成年所属タレントの喫煙などがあると報道した。これらの記事は衆議院の特別委員会でも取り上げられ[21] 、これに対しジャニー側は記事が名誉毀損であるとして、文春に対し1億円あまりの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。

2002年(平成14年)3月27日の一審判決では東京地裁は文春側に880万円の損害賠償を命じた。文春側はこれを不服として東京高裁に控訴した。2003年(平成15年)7月15日の二審判決では、ジャニー側の所属タレントへの同性愛行為を認定した(矢崎秀一裁判長)。このため、同性愛部分の勝訴は取り消され、損害賠償額は120万円に減額された。ジャニー側は損害賠償額を不服として最高裁に上告したが、2004年(平成16年)2月24日に棄却され(藤田宙靖裁判長)、120万円の損害賠償と同性愛行為の認定が確定した。

また、『ニューヨーク・タイムズ』、『オブザーバー』などの世界各国のメディアでも取り上げられ、この問題をタブー視するなどして報道しない日本のマスメディアの姿勢を指摘した[22]。




https://www.cyzo.com/2016/05/post_28160_entry.html
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」
今さら「SMAPは我が子」宣言? ジャニー喜多川社長“ホモセクハラ疑惑”のおぞましさ
2016/05/18、日刊サイゾー

20190715ホモ淫行虐待!ジャニー喜多川!国会や海外メディアは、報道しないNHKなど日本のマスコミも批判

(一部抜粋)

 1999年に「週刊文春」(文藝春秋)が報じたジャニー氏の“ホモセクハラ疑惑”。ジャニー氏が、所属する少年たちに性的虐待を行っていたというものだ(その後、ジャニーズサイドは「事実無根だ」と文春と提訴。民事裁判になったが、2003年に東京高裁は、記事に書かれたジャニー氏のホモセクハラ行為の真実性を認定した)。

 その時に筆者は、ジャニー氏の実姉であり、“ジャニーズの女帝”と呼ばれるメリー喜多川副社長と親しかった芸能プロモーターから「文春を提訴した後、メリー氏はジャニー氏に『しばらくは、ジャニーズJr.の子たちの写真を見るだけで我慢しなさい』と、たしなめていましたよ」という話を忘れない。

 自分のタイプかどうかで扱いは変わっていたようだが、ジャニー氏は自らの性欲のはけ口として、所属のアイドルたちを見てきた。そんな男に「父親代わり」と言われても、ただただおぞましいだけだ。

(文=本多圭)


ジャニー氏の実姉であり、“ジャニーズの女帝”と呼ばれるメリー喜多川副社長と親しかった芸能プロモーターから「文春を提訴した後、メリー氏はジャニー氏に『しばらくは、ジャニーズJr.の子たちの写真を見るだけで我



人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


ジャニー喜多川にカマ掘られ続けられ変態行為に耐えられなくなった郷ひろみ、北海道に逃げるが、見つかり、逃亡の責任は不問とされ、ジャニーからバーニングに

ジャニー喜多川にカマ掘られ続けられ変態行為に耐えられなくなった郷ひろみ、北海道に逃げるが、見つかり、逃亡の責任は不問とされ、ジャニーからバーニングに
郷ひろみも、ジャニー喜多川によるホモ淫行性的虐待や変態行為に耐え切れなくなり、北海道に逃亡したと言われている!

●関連記事
村西とおる【北野誠氏の追放劇の真相とは】
バーニング周防氏、あなたが「秘密」にして隠しておきたいことを私は知っています。
テレビ局などマスコミは、金正日を「崇拝」する北朝鮮のアナウンサーと同じ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-1761.html


(一部抜粋)

村西とおる
日 記
muranishi BLOG
◆ 北野誠氏の追放劇の真相とは
―――――
●要約

まずマスゴミはヘタレ。
北野誠の降板を、究明し報道しない。
テレビ局に国民の財産である「電波」を使用する「権利」を預託し、新聞雑誌に「第三種郵便認可」の郵送料金の特別の便宜をはかっているのは何んの為か?!

「民主主義の酸素、翼といわれる言論の自由と報道」を「堅持」してくれると国民が信じているからだ。
それなのに、これじゃ金正日を「崇拝」し金きり声で声明を読みあげている北朝鮮のアナウンサーと同じ。

周防=ヤクザ関係者、周防=ホモは、もう周知のこと。
そんなことで、周防が怒ってるわけではない。
むしろ芸能界のドンといわれる立場ならヤクザと親しいってのは、むしろ勲章。
ただしそのことは両刀の剣で、借りができて後で義務を背負うことにもなる。
実際、事務所にピストルを撃ち込まれることもあった。

★またホモについては、郷ひろみとの一件。
★ジャニーにカマ掘られ続けられ変態行為に耐えられなくなった郷ひろみ、北海道に逃げるが、見つかり、逃亡の責任は不問とされ、ジャニーからバーニングに円満に移籍。
★ところが喜んだ郷ひろみ、今度は周防に釜掘られることになり、とうとう心療内科に入院まで追い込まれた、って話もある。

まあ、最近はオカマキャラも認知されてるし、周防もホモ(二刀使い)といわれたぐらいではキレないだろう。
また周防氏に会った印象は、温好で知的な人物って感じで悪くはなかったよ。

週刊文春は、北野がサザンの版権のトラブルのことを暴露してキレた、と書いていた。
でもそれなら、「藤原紀香は愛人である」と報道をした出版社を訴えて裁判としたように、これも訴えればいいことだ。

実際のところは、音事協という「圧力団体」を使って、弱い立場の一タレントを追放したんだが、これはちょっとやりすぎ。
周防はドンなんだから、少々のことは笑って許せる器量が欲しい。
情けをかけてやれば、さすればさすがドンと、世間の評判は高まる。
「窮鼠猫を噛む」とのことわざもある。
小物だと思ってなめてると、致命傷を負い、クビを取られることもある。
このことは、寛容さを見せて、北野誠をまあ許してやったらどうか。
あんまり周防氏、図にのってると、ひどいスキャンダル暴露しますよ。
まあ、わたくしをあんまりなめないほうがいいですよ。

それにしても、マスゴミのバーニングに対するヘタレは情けなすぎ。
これはまるで「自爆テロ」で、そのうち大衆からの仕打ちを受けるだろう。
バーニングやジャニーズのタレントにもたれかかって、緊張感のない退屈な番組をいつまで流し続けるんだ、いい加減にしろ。
そんなお前たちは、金正日より先に逝くだろうよ。


頑張れ北野誠、めげるな北野誠。
―――――


●その他のジャニーズ事務所の関連記事
ジャニーズが募金詐欺!四川地震に使うだと?!
「【東日本大震災支援募金】はパンダ誘致とレンタル料、四川地震遺児の日本での就学と就職に使う」by「Marching J」代表近藤真彦
募金額や使途の内訳は公表せず
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4554.html
近藤真彦が訪支!パンダの仙台誘致で
ファンなどからの抗議殺到で募金をパンダに使用しないと発表
しかし、ジャニーズ事務所の支那進出の宣伝費のため自腹でパンダ招致
4月21日、仙台にパンダはいらないデモ開催
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4587.html




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


韓国への絶縁状:変見自在セレクション
高山正之著(2019/3/18)


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


「ジャニー喜多川の卑劣なホモ淫行性的虐待を報道しない日本のマスゴミは恥知らず!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.