FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
韓国企業が伊豆高原をハゲ山に!韓国メガソーラー、森林伐採に着手!渡辺周や細野豪志が今頃反省
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【櫻LIVE】第304回 - 渡辺周・衆議院議員(国民民主党)/奈良林直・東京工業大学特任教授 × 櫻井よしこ(プレビュー版). 言論テレビ
渡辺周「伊豆もそうですし、全国どこでもそうだと思うのですが、まさか、そんな大規模開発が我が街で起こるとは思わなかった!」
無能な民主党政権のせいで、伊豆高原がハゲ山に!
住民が猛反対する中、韓国企業は森林伐採に着手!!


http://www.sankei.com/premium/news/180903/prm1809030007-n1.html
【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
太陽光発電の悪しき制度「49kWの罠」
2018.9.3 05:00更新、産経新聞
【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】

 「旧民主党は東日本大震災の原発事故を受けて太陽光発電ありきで走ってしまった。自然再生エネルギーの前向きな評価だけに基づいて制度設計しましたが、当時は予想できなかった事態の発生に内心じくじたるものがあります」

 「言論テレビ」でこう語ったのは、静岡6区選出の旧民主党、現在は国民民主党副代表の衆院議員、渡辺周氏だ。


 氏は、同じく静岡県選出の細野豪志氏とともに8月22日、「伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会」の幹部らと資源エネルギー庁を訪れ、地元で進行中のメガソーラー建設計画の許可取り消しを求めた。かつて原発ゼロ政策を方向づけ、再生エネルギー優先策を打ち出した彼らが、なぜいま、異議を唱えるのか。

 「本来は環境に優しいはずの太陽光発電が環境を破壊し、CO2削減のはずが山林の大規模伐採でCO2を吸収する樹木を切り倒しています。住民を幸せにするどころか、感情を逆なでしています。太陽光発電自体に反対なのではありません。しかし、起きている現実には反対せざるを得ません」と渡辺氏。

 伊豆高原では、韓国資本の「ハンファエナジージャパン」が104ヘクタール(東京ドーム約20個分)に相当する緑の高原を買い取り、その約半分の森林を伐採し、12万枚のギラギラのソーラーパネルを建設する大規模計画が進行中だ。伊豆高原の緑豊かな景観は一変するだろう。静岡県と伊東市、住民がこぞって反対するゆえんだが、業者は8月10日、森林伐採に着手してしまった。

(中略)

 それがどれほどの土壌や地下水の汚染をひき起こすか、樹木が切り倒された後の山からどれほどの量の土砂が川に流れ込むか。

 こんな開発はどう考えてもおかしい。無論、まじめな太陽光発電の企業も存在するが、それでも現在の太陽光発電が本来の目指すべき在り方から大きく逸脱しているのは否定できない。

 世界の再生エネルギーの現場では、最先端を走る中国もドイツも太陽光発電から離れつつある。中国は猛烈な勢いで原子力発電に傾斜し、ドイツはFITを打ち切った。

 日本でも、九州電力が不安定な太陽光発電の全量買い取りにはもう耐えられないとして買い取りを制限すると宣言した。日本全体の問題として太陽光発電の長所・短所を比べ、考えるべき時だ。

 こうした中、伊東市の住民らは8月31日、建設工事の差し止めを求める仮処分を静岡地裁沼津支部に申し立てた。太陽光発電が私たちを幸せにしてくれるのかどうか。日本の未来を守る闘いはこれからだ。



>「旧民主党は東日本大震災の原発事故を受けて太陽光発電ありきで走ってしまった。自然再生エネルギーの前向きな評価だけに基づいて制度設計しましたが、当時は予想できなかった事態の発生に内心じくじたるものがあります」
>「言論テレビ」でこう語ったのは、静岡6区選出の旧民主党、現在は国民民主党副代表の衆院議員、渡辺周氏だ。



「当時は予想できなかった事態」などと今頃になって言っているが、頭が悪過ぎる!無能過ぎるだろ!

当時からメガソーラーなどによる太陽光発電など「自然エネルギー」の弊害は散々指摘された!

「言論テレビ」に出演した渡辺周は「まさか、そんな大規模開発が我が街で起こるとは思わないと、少し行政も後手に回ったところがある。」などと発言した!(動画の8:20~)

民主党政権当時に与党として法律を成立させた国会議員が今頃になって「まさか、そんな大規模開発が我が街で起こるとは思わない」などと発言するのは無能で無責任にも程がある!

【櫻LIVE】第304回 - 渡辺周・衆議院議員(国民民主党)/奈良林直・東京工業大学特任教授 × 櫻井よしこ(プレビュー版). 言論テレビ
■動画「言論テレビ」
【櫻LIVE】第304回 - 渡辺周・衆議院議員(国民民主党)/奈良林直・東京工業大学特任教授 × 櫻井よしこ(プレビュー版)
https://www.youtube.com/watch?v=ZKjhSL1QYiY

8:20~
渡辺周「伊豆もそうですし、全国どこでもそうだと思うのですが、まさか、そんな大規模開発が我が街で起こるとは思わないと、少し行政も後手に回ったところがある。ですので伊東市においても静岡県においても、実は届出をされてしまうと不備がない限りは、まー認めざるを得ない」






>氏は、同じく静岡県選出の細野豪志氏とともに8月22日、「伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会」の幹部らと資源エネルギー庁を訪れ、地元で進行中のメガソーラー建設計画の許可取り消しを求めた。


細野豪志(モナ男)も渡辺周も、今頃になって地元住民と行動を共にしているが、無能で無責任であることは周知されてしまった。

https://blog.goo.ne.jp/bridget_001/e/39e6bc1c36262626eafb753cf5fe5aa0
経産省へ要請
2018-08-22

伊東市から経産省への報告は数日前に行われました。今日は反対団体が中田県議、細野豪志衆議院議員、渡辺周衆議院議員とともに経産省へ認定取り消しの要請に訪れました。

まずは、静岡朝日テレビのとびっきり静岡から。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。

経済産業省を訪れたのは、伊東市のメガソーラー計画に反対する市民団体と同じく反対を訴える国会議員ら8人です。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。

反対派は、事業者が今月10日に伊東市から条例違反の通告を受けながらも着工に踏み切ったと主張し、経産省に対して工事を行うために必要な事業者の認定を取り消すよう求めました。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。

伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会 田久保真紀事務局長: 事業者に対して、「これは条例で認められない」と着工当日に指導しました。それにもかかかわらず、派手に着工したという事実は非常に重いというふうに思っております。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。

細野豪志元環境大臣:特に私の場合はエネルギー政策 原発も関わってきたという経緯があります。従って資源エネルギー庁と環境省それぞれ腹を割って話せるメンバーがいます。そういった実務レベルで私なりの役割を果たしたいというふうに思います。

経産省は今後事業者に聞き取り調査を行う方針を示したということです。
一方事業者側は、「一方的に条例違反だと言われることは遺憾」「地元住民とコミュニケーションをとりながら工事を進めていきたい」とコメントしています。
伊東市のメガソーラー計画を巡り、反対派の市民団体が事業者の認定取り消しを求め、経済産業省に要請書を提出しました。
(2018.08.22 静岡朝日テレビ とびっきり静岡)



SBSの動画ニュース。
メガソーラー問題への対応 国に要望 反対派市民グループ
■動画
メガソーラー問題への対応 国に要望 反対派市民グループ
https://www.youtube.com/watch?v=TjHoeQDavQk

伊東市の山林に民間企業がメガソーラーを作り始めている問題で、計画に反対する住民が経済産業省を訪ね企業側に厳しく対処するよう要望しました。
 8月22日、経済産業省を訪れたのは伊東市八幡野のメガソーラー計画に反対する地元住民やそれを支援する国会議員などです。
 住民グループは、企業が伊東市のメガソーラー規制条例に違反して工事に入ったと訴えました。一方、企業側は規制条例が施行される前にメガソーラー建設に着手していたと主張し、今後も事業を進めていく構えです。
 法律ではメガソーラーの開発企業は市の条例などを守るよう定めていて、違反した場合は事業認定を取り消す可能性があるとしています。しかし国はこれまで一度も認定を取り消したことはありません。 
(2018.08.22 SBS イブアイしずおか)






>「本来は環境に優しいはずの太陽光発電が環境を破壊し、CO2削減のはずが山林の大規模伐採でCO2を吸収する樹木を切り倒しています。住民を幸せにするどころか、感情を逆なでしています。太陽光発電自体に反対なのではありません。しかし、起きている現実には反対せざるを得ません」と渡辺氏。


いや、太陽光発電自体にも、もっと厳しい分析をするべきだ。

太陽光発電(ソーラーパネル)の弊害は、メガソーラーによる大規模森林伐採の他にも多い!(詳細記事






>伊豆高原では、韓国資本の「ハンファエナジージャパン」が104ヘクタール(東京ドーム約20個分)に相当する緑の高原を買い取り、その約半分の森林を伐採し、12万枚のギラギラのソーラーパネルを建設する大規模計画が進行中だ。伊豆高原の緑豊かな景観は一変するだろう。


伊豆高原の景観は一変し、禿山(ハゲヤマ)と化すだろう。

伊豆高原メガソーラー建設予定地。東京ドーム10個分もの森を伐採し、建設予定地の総敷地面積は東京ドーム20個分とのこと。



https://twitter.com/kennoguchi0821/status/876785445354352640
野口健(アルピニスト)‏認証済みアカウント @kennoguchi0821
伊豆高原メガソーラー建設予定地。東京ドーム10個分もの森を伐採し、建設予定地の総敷地面積は東京ドーム20個分とのこと。果たしてこれだけ広範囲の森林を犠牲にしてまでメガソーラーは必要なのだろうか。
伊豆高原メガソーラー建設予定地。東京ドーム10個分もの森を伐採し、建設予定地の総敷地面積は東京ドーム20個分とのこと。果たしてこれだけ広範囲の森林を犠牲にしてまでメガソーラーは必要なのだろうか。
21:55 - 2017年6月19日






>静岡県と伊東市、住民がこぞって反対するゆえんだが、業者は8月10日、森林伐採に着手してしまった。


悪徳韓国企業は電動のこぎりで、伊豆高原の森林を伐採中だ!

当該韓国企業は、猛反対している住民の声を聞くどころか、「税金を払ってやるから感謝しろニダ!」と言っている!

本当に取り返しのつかないことをしてしまったものだ!




知れば知るほど許し難い韓国に悪徳企業について、改めて最初から一連の経緯を振り返ってみよう。

━━━━━━━━━━
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」朴聖龍代表

韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
↓ ↓ ↓
地元住民が大反対!

平成29年(2017年)4月、「意見交換会」において、韓国企業は建設手続きで必要な「住民説明会」を開く前から既に勝手に建設工事を進めていたことが発覚!

住民が建設手続きで必要な「住民説明会」を開く前に勝手に工事を進めていたことに抗議!

韓国の悪徳企業「いや!だから文句言いたいんですか?!」と逆切れ!

韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
↓ ↓ ↓
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
平成29年5月、地元住民が韓国企業による伊豆高原の山林への巨大メガソーラー設置計画に反対署名

山を削り取って大量の土砂が海に流れ込むことが予想されているため、地元で事業撤回要求運動が起こった。
【問題点】
(1)広大な敷地の森林伐採・景観
(2)八幡野川の流量
(3)八幡野港、海洋汚染
(4)ソーラーパネルの撤去

↓ ↓ ↓
平成29年6月28日までに2万5000人を超える反対署名簿が提出された。

平成29年6月28日、小野達也伊東市長が土砂災害や海洋汚染を理由に韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」の朴聖龍(パク・ソンヨン)代表に対して事業撤回要求
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!

韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
小野市長は環境や景観が悪化するおそれがあるとして、韓国の業者に計画の白紙撤回を求めた。

小野市長は、伊東市が年間1130万人の観光客が訪れる観光地でサービス産業従事者が圧倒的に多いことを説明。
自然破壊や観光への悪影響を心配する3団体から提出された、延べ2万5245人の反対署名を示した。
そのうえで、地元の川・漁港・海への影響▽漁業、観光産業への影響▽近隣別荘地の水源への影響--など10項目の「住民の懸念事項」を挙げ「できることなら事業を白紙撤回していただきたく、市民を代表してお願いしたい」と告げた。


↓ ↓ ↓
それでも、韓国の悪徳企業の朴聖龍(パク・ソンヨン)は、事業のゴリ押しを主張!
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
韓国企業のパク代表は、事業をゴリ押ししようとしている!
↓ ↓ ↓
平成29年7月4日、伊東市議会がメガソーラー反対決議
↓ ↓ ↓
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
平成29年7月21日
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」の朴聖龍(パク・ソンヨン)代表らが、伊東市役所を訪れ、計画の白紙撤回を求める小野達也市長に「白紙撤回は困難」と回答し、事業を強行推進する考えを示した!

↓ ↓ ↓
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(代表:朴聖龍=パク・ソンヨン)が静岡県伊豆の伊東市で東京ドーム10個分の森林を伐採し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」の建設を計画!
平成29年8月17日
韓国の悪徳企業「伊豆メガソーラーパーク合同会社」と伊東市の幹部、反対団体の代表者らによる初の意見交換会が市役所で開催。
韓国の悪徳企業は「法人税を20年で14億円払って町に貢献してやるニダ!」などと説得!
しかし、住民側は「説明に根拠がなく、納得できない」と改めて反対姿勢を示した。


↓ ↓ ↓

平成30年8月10日
地元住民、伊東市民、静岡県民、日本国民が猛反対する中、韓国企業は、森林伐採に着手してしまった!

↓ ↓ ↓
平成30年8月22日
伊東市八幡野のメガソーラー計画に反対する地元住民やそれを支援する国会議員などが経済産業省を訪れ、事業者(韓国悪徳企業)の認定取り消しを求める要請書を提出


●関連記事
韓国が日本で電力販売開始!日本の技術を取り入れ、費用は日本人が負担・伊東市は韓国企業に撤回要求
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6718.html
韓国企業メガソーラー強行!地元は猛反対!韓国人「文句言いたいですか?法人税払ってやるニダ!」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6774.html







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


【国産トマト100%】
カゴメ トマトジュースプレミアム低塩 スマートPET 720ml×15本



左:『アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実』2018/6/10 ケント・ギルバート (著)
右:『西部邁 日本人への警告 わが国にとって「保守vs.革新」とは何だったのか』2018/6/17 西村幸祐 (著), 富岡幸一郎 (著), 三浦小太郎 (著)


「伊豆高原をハゲ山にするメガソーラー建設、絶対阻止!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.