FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201806
インチキ銅メダル!南北合同チーム・卓球世界選手権団体戦・伊藤美誠「正々堂々と戦うって面白い」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






2番手の最終第5ゲーム、10―10。石川佳純が放った強打を、コリアのカット主戦型キム・ソンイが食らいついて返球した浮き球が、台の角(エッジ)に当たった。10―11。マッチポイントを握られた。伊藤美誠選手
卑怯な南北合同チーム「コリア」に勝利した日本チームの石川佳純キャプテン「嬉しくて泣いているわけじゃなくて、いろんなハプニングをみんなで乗り越えることができて、ホっとした。」「私たちにとっては予想していなかったハプニング。予想していなかったチーム編成で戦うことになって、やはりプレッシャーは感じていた」「何度も心が折れそうになった」

伊藤美誠選手「正々堂々と戦うってこんなに面白いんだなって改めて思った」



インチキ!
トーナメントの準々決勝の直前に対決を避け、南北合同チーム「コリア」を結成して準決勝に上がり、メダルを確定!

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/05/04/kiji/20180504s00026000017000c.html
異例 大会中に統一「コリア」結成 試合せずにメダル確定
スポニチアネックス 更新日:2018/05/04
卓球世界選手権団体戦第5日 ( 2018年5月3日 スウェーデン・ハルムスタード )

異例 大会中に統一「コリア」結成 試合せずにメダル確定
笑顔の韓国と北朝鮮の選手

 準々決勝を戦うはずだった韓国と北朝鮮は会場に入場したが、メダルを懸けて争う一戦は実施されなかった。場内には合同チーム結成がアナウンスされ、両国の選手は記念撮影してコートを去った。

 2日の決勝トーナメント1回戦で北朝鮮がロシアを下した後、両国から国際卓球連盟(ITTF)に合同チーム結成の申し入れがあった。韓国の梁夏銀は「とても驚いたけど、とてもうれしい」と話し、北朝鮮のキム・ソンイは「信じられない。力を合わせて頑張りたい」と準決勝を見据えた。チーム名は「コリア」となった。

 南北首脳会談の「板門店宣言」を受け、南北融和の流れが加速した形だ。大会期間中、しかもメダルが懸かるラウンドまで進んでからの合同チーム結成は異例中の異例。ITTFのトーマス・ワイカート会長は記者会見で「ルールは尊重する。そしてルールは変わる。これが答えです。これはルール以上のもので、平和へのサインだ」と話した。
[ 2018年5月4日 05:30 ]



>異例 大会中に統一「コリア」結成 試合せずにメダル確定
>準々決勝を戦うはずだった韓国と北朝鮮は会場に入場したが、メダルを懸けて争う一戦は実施されなかった。場内には合同チーム結成がアナウンスされ、両国の選手は記念撮影してコートを去った。



こんな卑怯なインチキ劇が許されて良いわけがない!

トーナメントの準々決勝で対決する両者が直前になって対決を避け、統一チームを結成して準決勝に進出してメダルを確定させた!

こんなものはインチキ以外の何ものでもなく、「犯罪」と言っても過言ではない。






>2日の決勝トーナメント1回戦で北朝鮮がロシアを下した後、両国から国際卓球連盟(ITTF)に合同チーム結成の申し入れがあった。


国際卓球連盟(ITTF)は両国(南北朝鮮)からの卑怯な申し入れを即刻却下しなければならなかったのに、どうして受け入れたのか!?





>大会期間中、しかもメダルが懸かるラウンドまで進んでからの合同チーム結成は異例中の異例。


「異例中の異例」というより、単なるインチキだ!

トーナメントの途中で、しかも準々決勝で対決することになった対戦相手同士が対戦直前になって合同チームを結成して準々決勝での対決を避け、両者の合同チームが準決勝進出(銅メダル以上を確定)なんて卑怯、インチキ、八百長以外の何ものでもない!

ルールと公正さを重んじるスポーツとして絶対にありえない!



339名無しさん@恐縮です2018/05/05(土) 01:46:09.26ID:+CjvoQXz0

W杯でウェールズ、スコットランド、イングランド、アイルランドがベスト4に残ったとして、僕たちひとつになりますなんて突然一方的に宣言して戦わずに優勝したらどう思う?
平和とかいう大会とは無関係の屁理屈を前面に押し出して、大会のルールも対戦相手へのリスペクトも無視して、独断による決定事項を押し通す、こんなおかしな話ないだろ。
しかもその平和とかいうものの担保は実際何もない。今後はあらゆるスポーツ競技をすべて統一朝鮮でやるのか、あるいは国家そのものを統一するのか、そんな担保は何もない。
ただただこの大会でのメダルを両国が確保するため、チーム力を上げて日本に勝つ確率を上げるために利用しただけの話、ついでに連戦による体力消耗も回避してアドバンテージもゲット。
最悪申請するなら大会前に申請しろと。こんなことを許す大会組織、クレームもつけない日本、そして何よりこんなことを仕掛ける朝鮮人のクズっぷりな。






>ITTFのトーマス・ワイカート会長は記者会見で「ルールは尊重する。そしてルールは変わる。これが答えです。これはルール以上のもので、平和へのサインだ」と話した。


ふざけんな!

「平和へのサイン」とか言っているが、卑怯なインチキをして準々決勝を戦わずして勝ち上がり、準決勝進出(銅メダル以上を確定)をして「平和」もヘッタクレもあるものか?!

国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・ワイカート会長をはじめとするITTFの役員どもは、両国(南北朝鮮)から賄賂を受け取り、買収されたと考えて間違いない!

賄賂や買収は支那や朝鮮の伝統文化であり、特に韓国はスポーツでも盛んに組織や団体の役員や審判を買収しまくってる。

元FIFA副会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)は、「買収は能力の高さの証明」と堂々と自慢している。関連記事1関連記事2関連記事3

元FIFA副会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)は、2014年のソウル市長選挙の最終日演説で、2002年日韓共催WCで審判を買収したことを告白し、「買収は能力の高さの証明」だとアピール(自慢)した!
元FIFA副会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)は、2014年のソウル市長選挙の最終日演説で、2002年日韓共催WCで審判を買収したことを告白し、「買収は能力の高さの証明」だとアピール(自慢)した!

▼買収は、韓国の伝統文化・お家芸▼
●関連記事
ACLで露骨な審判買収!FCソウルvs広島で、オフサイド無視ゴールと終了間際2回の八百長PK
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5405.html
法則発動!西村主審の誤審に批判殺到・予選で韓国W杯出場のための判定連発→あの国のあの法則
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5480.html
米国で「韓国するな=不正するな」アジア大会の判定、米国でも注目「平昌五輪でも」・世界が嫌韓へ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5596.html
韓国「汚い日本、韓国剣道にもたらされた不公平な判定」・男子団体戦でイチャモン・剣道世界選手権
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5847.html
大塚晴弘が大誤審で韓国を勝たせる!買収された可能性大!ヨルダン号泣!リオ五輪最終予選準々決勝
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6102.html



今回も韓国は北朝鮮と一緒になって国際卓球連盟(ITTF)の役員どもを買収したのだ!

韓国と北朝鮮に買収されてトーナメントの途中で合同チーム結成を求めた国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・ワイカート会長
韓国と北朝鮮に買収されてトーナメントの途中で合同チーム結成を認めた国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・ワイカート会長




韓国が国際卓球連盟(ITTF)の役員どもを買収する要因としては、死ねまでもらえる韓国の「競技力向上研究年金」の存在がある。

韓国では、オリンピックや世界選手権やアジア大会などスポーツの国際大会でメダルを獲得すると、死ぬまで「競技力向上研究年金」(体育年金)がもらえることになっている!

北朝鮮にも似たような制度があり、北朝鮮と韓国が準々決勝での対決を避けて両者が銅メダル以上を確定させれば、お互いに儲かることになる。


http://s-korea.jp/archives/5607
韓国スポーツの強さの源① 死ぬまでもらえる「競技力向上研究年金」とは何?
2016年07月05日

総人口が約5千万人であることを踏まえると、国際大会で一定の強さを発揮しているといえる韓国。国際大会でメダルを獲得したとなれば、それだけでも家族の誇りであり、国民的英雄になる。

しかし、韓国のスポーツ選手たちが国際大会で頑張る理由は、ただ名誉のためだけではない。いろいろな制度によって、結果が“実”として手に入るからだ。

その代表的な制度が「競技力向上研究年金制度」だ。俗に“体育年金”とも呼ばれるこの制度は、国際大会でメダルを獲得し、国のイメージアップに貢献したスポーツ選手に毎月一定額が支給されるというもの。1975年から導入され、2000代に入って現在のシステムに整えられた。

この制度を理解するためには、まず「年金ポイント」システムについて知る必要がある。

韓国のスポーツ選手たちは、大会とメダルの色ごとに決められている年金ポイントを貯めて、貯めたポイントに適合する年金額をもらうのだ。

例えば、アジア大会の年金ポイントは、金メダル10点、銀メダル2点、銅メダル1点。4年周期の世界選手権は、金メダル45点、銀メダル12点、銅メダル7点という具合に細かくポイントが決められている。

最もポイントが高いのは、もちろんオリンピックだ。金メダル90点、銀メダル70点、銅メダル40点となっている。ちなみに、オリンピックでは4位から6位にも、各8点、4点、2点と、ポイントが与えられるそうだ。オリンピック6位とアジア大会の銀メダルが同点という評価であることがわかるだろう。

年金をもらえるための最低限必要なポイントは20点。20点の場合、月30万ウォン(約3万円)の年金が一生涯、支給される。当然加点されれば年金額も増加される制度で、30点だったら月45万ウォン(約4万5000円)となる。30点以降は10点ごとに7万5000ウォンが加算される。

この計算でいくとポイントが90点のオリンピック金メダルの場合、月90万ウォン(約9万円)の年金をもらえることになるが、同金メダルは特別に月100万ウォン(約10万円)と決まっている。10万ウォンはボーナスというわけだ。

この競技力向上研究年金の上限額は、月100万ウォン。その基準となるポイント110点を超えると、10点追加されるごとに115万ウォン(約11万5000円)が“激励金”という形で一括支給される。ただし、ここでもオリンピック金メダルは特別扱い。10点ごとに500万ウォン(約50万円)だ。

ちなみに、年金ではなく、一括で受け取ることもできる。その場合は、年金ポイント20~30点までは1点あたり112万ウォンと計算。つまり、20点の場合は2240万ウォン(約224万円)、30点は3360万ウォン(約336万円)。30点以降は1点あたり56万ウォンと計算するので、ポイントが100点の場合、7280万ウォン(約728万円)を一括でもらえることになる。

メダルを取った時点から死ぬまで一生支給される「競技力向上研究年金」。毎月20日に振り込まれる“第2の給料”の存在も、韓国スポーツの強さの秘訣なのかもしれない。


(参考記事:韓国スポーツの強さの源② オリンピックで1秒もプレーしなくても、年金がもらえる!?)

(文=S-KOREA編集部)

(追記)
団体競技で最終エントリーに入った選手に該当する話だ。
本試合に出場できず、ずっとベンチにいたとしてもチームでメダルを獲得した場合、その候補選手はプレーした他の選手と同じ額の年金がもらえる。






さて、国際卓球連盟(ITTF)のトーマス・ワイカート会長をはじめとするITTFの役員どもを買収し、トーナメントの準々決勝直前に合同チームを結成して準決勝に上がり、銅メダル以上を確定させた南北合同チーム「コリア」の準決勝の相手は日本だった!

正義は勝った!


2番手の最終第5ゲーム、10―10。石川佳純が放った強打を、コリアのカット主戦型キム・ソンイが食らいついて返球した浮き球が、台の角(エッジ)に当たった。10―11。マッチポイントを握られた。
ゲームカウント2対2で迎えた2番手石川佳純の最終第5ゲーム、10―10。
石川佳純が放った強打を、コリアのカット主戦型キム・ソンイが食らいついて返球した浮き球が、台の角(エッジ)に当たった。
10―11。
マッチポイントを握られたが、石川佳純は3度のマッチポイントをしのぎ、16―14で逆転勝利した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000150-spnannex-spo
卓球女子が決勝進出 涙の佳純「嬉しくて泣いているわけじゃなくて」
5/4(金) 21:14配信、スポニチアネックス

キム・ソンイに競り勝ち、喜ぶ石川佳純 (AP)卓球女子が決勝進出 涙の佳純「嬉しくて泣いているわけじゃなくて」 インチキ銅メダル!南北合同チーム・卓球世界選手権団体戦・伊藤美誠「正々堂々と戦うって面白い
キム・ソンイに競り勝ち、喜ぶ石川佳純 (AP)

 ◇卓球・世界選手権団体戦第6日(2018年5月4日 スウェーデン・ハルムスタード)

 女子準決勝で日本は、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を3―0で撃破し、5日の決勝に駒を進めた。

 第1試合を伊藤美誠(スターツ)が制した後、主将の石川佳純(全農)が大激戦をモノにした。第2試合でキム・ソンイ(北朝鮮)と対戦。16年リオデジャネイロ五輪で敗れた相手との一戦は、フルゲームにもつれ込んだ。行き詰まる最終第5ゲーム。3度のマッチポイントをしのぎ、16―14で勝利をつかむと目が潤んだ。

 第3試合で平野美宇(日本生命)が勝利し、決勝進出が決まると石川の涙腺が決壊。決勝進出の歓喜に浸ったからではない。「嬉しくて泣いているわけじゃなくて」と話し、合同チームとの対戦などいつもと違う状況下での試合を踏まえ、「いろんなハプニングをみんなで乗り越えることができて、ホっとした」と涙の意味を説明した。

 71年名古屋大会以来、47年ぶりの世界一へ、あと1勝。「明日が本当の大一番と思ってやってきた。自分たちのプレーをして、全力でぶつかっていきたい」。涙が乾いた主将は、頂上決戦を見据えた。


勝利した日本チームのキャプテン石川佳純選手は涙を見せ、「嬉しくて泣いているわけじゃなくて、いろんなハプニングをみんなで乗り越えることができて、ホっとした。」「私たちにとっては予想していなかったハプニング。予想していなかったチーム編成で戦うことになって、やはりプレッシャーは感じていた」「何度も心が折れそうになった」と述べた。
女子準決勝 南北合同チーム「コリア」戦の第2試合でキム・ソンイに競り勝ち、感極まる石川佳純
【写真】キム・ソンイに競り勝ち、涙を見せる石川佳純



また、伊藤美誠選手は「正々堂々と戦うってこんなに面白いんだなって改めて思った」とツイッターで述べた!
伊藤美誠選手は「正々堂々と戦うってこんなに面白いんだなって改めて思った」とツイッターで述べた! 【ダイジェスト】世界卓球2018 女子準決勝 日本vs南北合同チーム コリア 第1試合 伊藤美誠vsチョン ジヒ

https://twitter.com/MSLpN5xiejmc2Ho/status/992392202688004107
伊藤 美誠 Mima Ito‏認証済みアカウント @MSLpN5xiejmc2Ho
やっぱり面白かったし、楽しかった☺︎
正々堂々と戦うってこんなに面白いんだなって改めて思った🤝

21:15 - 2018年5月4日








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「南北合同チームの銅メダルはインチキ!日本チームは良く勝った!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:朝鮮半島南北問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.