正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
仏解説「支那が日本と韓国の野蛮人を文明化させた。ハングルは支那語の表記のため19世紀に作った」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






写真で真ん中の人物がフランス2TVの解説者・マーティン・フロスト教授マーティン・フロスト教授。オンラインコミュニティ
フランス2TVの解説者・マーティン・フロスト教授
「支那が日本と朝鮮のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」
「ハングルは、支那語を表記するために19世紀に作った」

韓国の所謂「ネチズン」は、フランス2TVの解説者(マーティン・フロスト教授)が上記の発言をしたと主張した。


http://www.insight.co.kr/news/139881
【平昌五輪】 「支那が韓国を文明化した」…オリンピック開幕式で今度はフランスの解説者の発言が物議
インサイト(朝鮮語)

写真で真ん中の人物がマーティン・フロスト教授。オンラインコミュニティ
▲写真で真ん中の人物がマーティン・フロスト教授。オンラインコミュニティ

平昌(ピョンチャン)オリンピックのフランス放送解説者から出た「韓国専門家」発言が物議をかもしている。

平昌冬季五輪開幕式が開かれた9日、何人かのネチズンがフランス2TV開幕式中継で、ある解説者が韓国文化に対する誤った解説をしたと主張した。
ネチズンによれば解説者は中国選手団が入場するとき、「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」という説明を付け加えた。
また、ハングルを紹介しながら「中国語を表記するために19世紀に作った」と発言したと主張した。


論議に包まれた解説者はパリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授だった。彼女は1970年頃、ソウル大で韓国語を勉強した後、パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた。韓国人と結婚したフロスト教授は1992年から96年まで駐韓フランス大使館門庭観で仕事をしたりもしたし丙寅洋擾の時フランスに奪われた外圭章閣(ウェキュジャンガク)儀軌が145年ぶりに返還されるのに大きな役割をした人物だ。

ネチズンらはこのように韓国文化に造詣が深い専門学者が韓国で開催した行事で「文明化」という発言をしたことについて信じられないという反応だ。

論議が大きくなるとすぐに今回のオリンピックメダル授賞式でフランス語解説者を引き受けたフロスト教授の娘オリビアが釈明に出た。彼女はSNSに「母は放送中、絶対に韓国を侮辱する発言をしたことはない」と明らかにした。「文明化」発言について「中国代表チームが入場する時、中国の漢字の意味を説明しながら過去の中国が日本と韓国を東夷族と感じて文明化させようとした、ということを説明したものです」と説明した。むしろ母親が美しい韓国文化について紹介しようと努力した点を強調した。

引き続き「それにもかかわらず、フランス放送で解説をしたことに不足があって、不便を差し上げたとすれば代わりに謝罪申し上げる」と伝えた。このような釈明文で彼女を応援するコメントが走ったが、全く違った意見を見せるネチズンも多数いた。

あるネチズンは「第3国の人が特定国家の立場から偏向した視野で他国を見るのは誤まり」として単語の選択が適切でなかったと指摘した。また「悪意がない発言であることを勘案しても基本的に韓国の歴史や地政学的な関係について韓国を低くする言葉を言った」と批判したネチズンもいた。

論議になった解説についてまだ公式立場が確認されておらず、生半可に非難することは難しい状況だ。しかし、韓国で開かれる国際的な行事であえて敏感な歴史を土台に紹介する理由があったのかという批判を避けるのは難しい。

一方、9日、米国NBCアナウンサーが根拠のない妄言で袋叩きにされたことがある。彼は「日本は韓国を1910年から1945年まで植民支配した」として「それでも韓国人は日本が韓国の経済発展に大きな影響を及ぼした文化・技術・経済的モデルだと話す」という卑劣な発言をした。その後、沸き立つ世論にNBCは公式に謝まり、該当発言をしたアナウンサーは解雇された。

チェ・ミンジュ記者



>平昌冬季五輪開幕式が開かれた9日、何人かのネチズンがフランス2TV開幕式中継で、ある解説者が韓国文化に対する誤った解説をしたと主張した。ネチズンによれば解説者は中国選手団が入場するとき、「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」という説明を付け加えた。


韓国の所謂「ネチズン」は、フランス2TVの解説者が上記の発言をしたと主張した。

しかし、フロスト教授の娘オリビアは「中国代表チームが入場する時、中国の漢字の意味を説明しながら過去の中国が日本と韓国を東夷族と感じて文明化させようとした、ということを説明したものです」と説明した。

フロスト教授の娘オリビアの説明どおりなら、それほど大きな問題とは言えない。

しかし、「ネチズン」の主張どおりなら、大問題だ!

今回は、所謂「ネチズン」の主張どおり、フロスト教授が「中国が日本と韓国のような野蛮人を文明化させました(La Chine a civilise les barbares comme le Japon et la Coree)」と発言したと仮定し、私から反論しておく。





フランス2TVの解説者とはパリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授とのことだが、思い込みが激し過ぎてマトモな研究や確認はしていないようだ。

朝鮮人が20世紀まで野蛮人だったことは間違いない。

朝鮮人は今でも南北共に野蛮人かもしれない。

しかし、支那人が文明人であり、その文明人の支那人が「日本人と朝鮮人のような野蛮人を文明化させた」というのは明らかに間違いだ。






>論議に包まれた解説者はパリ7大学で韓国学科長を歴任したマーティン・フロスト教授だった。彼女は1970年頃、ソウル大で韓国語を勉強した後、パリで20年以上韓国語と韓国文化を教えた。韓国人と結婚したフロスト教授は1992年から96年まで駐韓フランス大使館門庭観で仕事をしたりもしたし丙寅洋擾の時フランスに奪われた外圭章閣(ウェキュジャンガク)儀軌が145年ぶりに返還されるのに大きな役割をした人物だ。


こうしてみると、マーティン・フロスト教授は、ソウル大学で朝鮮語を勉強したり、パリで朝鮮語や朝鮮文化を教えたり、韓国人と結婚したり、駐韓フランス大使館門庭観で仕事をしたりしたので、朝鮮(韓国)のことは相当詳しいようだ。

しかし、マーティン・フロスト教授は、日本については何も知らないし、むしろ韓国との関わりが深いために日本について間違った情報を入手して間違った思い込みをしている!

そもそも、韓国人や朝鮮人なんて今でも文明化したと言えるかどうか疑問だし、朝鮮人がある程度文明化したのも日本が統治した20世紀以降のことだから、支那が朝鮮人を文明化させたということは絶対に有りえない!






日本においては、縄文時代には既に世界でも稀に見る高度な文明が存在していた。

縄文人は、森を基盤とした集落に定住し、巨大建造物を作ったり、高度な航海技術を駆使して海を越えて交易をしたりしながら、従来のイメージを超える"森の文化"を築き上げていた。

縄文時代の巨大建築物で有名な青森県の三内丸山遺跡

縄文時代の巨大建築物で有名な青森県の三内丸山遺跡
縄文時代の巨大建築物で有名な青森県の三内丸山遺跡

縄文時代のジオラマ(国立歴史民俗博物館にて)
縄文時代のジオラマ(国立歴史民俗博物館)



縄文人は高度な航海術を持った海洋民族だと判明!歴史が変わるぞ!

縄文人は高度な航海術を持った海洋民族だと判明!歴史が変わるぞ!
■動画
縄文人は高度な航海術を持った海洋民族だと判明!歴史が変わるぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=FHSXX4rUrLc



1万年にわたって続いた縄文時代の繁栄。

縄文時代の一定期間において南方では土器に「縄文」ではなく「貝殻文様」が描かれた別の文化も存在した。

縄文時代が終わる頃、大陸から縄文人とは姿形がまったく違う人たちがかつてない規模で日本列島に渡来してきた。

当時の支那大陸は「春秋戦国」とよばれる戦乱の時代であり、戦火を逃れた人たちなどが、安住の地を求めてやって来たと考えられる。


――――――――――
▼日本の古代文明▼
(紀元前の主なものだけ)
土器(煮炊きなどの料理に使用)
1万4千年前【世界最古】

勾玉
6000年前【世界最古】

水田稲作
日本で3200年前→その1700年後(1500年前)に日本から朝鮮半島に伝わる

弦楽器
3000年前【世界最古】

鉄器
日本で2400年前→その後に朝鮮半島に伝わる
――――――――――





文明の衝突 (集英社) サミュエル・P. ハンチントン

『文藝春秋』 2010年7月号(平成22年)

一学究の救国論 日本国民に告ぐ 藤原正彦(お茶の水女子大学名誉教授)


(一部抜粋)

ハーバード大学の国際政治学者サミュエル・ハンチントン教授は、その1990年代のベストセラー『文明の衝突』の中で世界の文明を7つに分けた。

中華文明、ヒンドゥー文明、イスラム文明、日本文明、東方正教会文明(ロシアなど)、西欧文明、ラテンアメリカ文明である。

この中で日本文明以外はすべて、多くの国にまたがるものだ。
いかなる分野でも、学者が何かを分類しようとする時、なるべく簡明なものにしようとする。
複雑な区分けはもはや分類と呼べないからだ。

当然、日本という小国だけに存在する日本文明を、中華文明に組み入れようとする。
ところが世界の文明を分類しようとする現代のどの学者も、日本文明を独立したものと見なすのである。
1万年も前の縄文時代からあった土着の文明に、西暦2世紀頃から中華文明が混じり、16世紀末からは西欧文明の影響を受けたものの、主に日本という孤島で独自の発達をとげた文明と見なさざるを得ないからである。
明瞭に中華文明に含まれる朝鮮半島などと異なり、日本文明中華文明は何から何まで余りにも隔たっているからである。


日本は古来、新しい進んだ文明に触れると、繊細な民族性だけにすぐに劣等感を持ち、それを見習い取り入れてきた。
漢字も仏教も西欧の技術もそうだった。
ところが不思議なことに、その劣等感をバネに、それら新文明に必ず独創性を加え、自分達独自のものに変えて行くのである。
漢字が来れば間もなく万葉仮名、片仮名、平仮名を発明し、漢文の訓読を始める。
仏教の方も伝来して間もない奈良時代には神仏習合という離れ技をなしとげ、遣唐使の終了した平安末期の頃から日本独自の仏教を創始した。
禅や儒教は中国では庶民まで広がらなかったが、日本では武士道にとり入れたのを皮切りについには国民精神にまで広めてしまう。
鉄砲が種子島に伝えられれば、その30年後には工夫に工夫を加え、織田信長が世界最優秀の鉄砲を3000丁も量産していた。
先進中国のものであっても君主専制や科挙や宦官は取り入れないなど、国柄との適合を念頭に、取捨選択と換骨奪胎(こんかつだったい)を繰り返しながら自らのものとしていたのである。




サミュエル・P・ハンティントン 画像

ハンチントンは、上記7つの文明に更にアフリカ文明を加えて8つの文明が存在するとしている。

【ハンティントンの文明衝突論】

サミュエル・ハンティントンによる各文明の分布(緑色の部分が日本文明圏)
サミュエル・ハンティントンによる各文明の分布(緑色の部分が日本文明圏)

サミュエル・P・ハンティントンは1998年に文明同士の衝突を考察した『文明の衝突』を著し、その中で世界を8つの文明に分け、日本を単一の文明圏とみなした。
ハンティントンは日本文明が100年から400年にかけて中華文明から独立して成立した独自の文明であるとしている。



ハンチントンは、現在世界に
01.中華文明
02.日本文明
03.ヒンドゥー文明
04.イスラム文明
05.西欧文明
06.ロシア正教会文明
07.ラテンアメリカ文明
08.アフリカ文明


の8つの文明が存在するとしている。

サミュエル・P・ハンティントン 8つの文明が存在するとしています


世界最古の文明は縄文文明だ!文明は日本から世界へ広がった!1万年も続いた縄文時代が何故こんなにも知られていないのか?!【縄文時代】
■動画
世界最古の文明は縄文文明だ!文明は日本から世界へ広がった!
1万年も続いた縄文時代が何故こんなにも知られていないのか?!【縄文時代】
https://www.youtube.com/watch?v=usX3L0ggCyw






>また、ハングルを紹介しながら「中国語を表記するために19世紀に作った」と発言したと主張した。


これも、明らかに事実に反する。

ハングルは、朝鮮語を表記するための表音文字であり、1446年に李氏朝鮮第4代国王の世宗が「訓民正音」の名で公布した。

しかし、その後、殆ど使用されなくなった。

ハングルを復活させて広く普及させたのは、19世紀の日本人の尽力によるものだった。

19世紀の朝鮮には、学問どころか読み書きができる朝鮮人が殆ど存在せず、朝鮮人は豚犬的生活を送っていた。

日本は、そんな朝鮮人を普通の人間にするために、日韓併合前にハングルを復活させ、読み書きを教えた。

漢字・ハングル混合文は、世界最初に福沢諭吉が発案してハングル活字を作り、井上角五郎らが1886年に初めて『漢城週報』の創刊号を発行した。

朝鮮語辞典については、朝鮮人による辞書はなかったものの、すでに19世紀末には仏と露と英によって作られていたようで、本格的な『朝鮮語辞典』は1920年に朝鮮総督府によって完成された。

本格的な『朝鮮語辞典』は1920年に朝鮮総督府によって完成された。

朝鮮人が自らはじめて『朝鮮語辞典』を作ったのは1939年だった。

日韓併合時代も、朝鮮半島では朝鮮語で授業が行われていたし、その他の公的な場でも朝鮮語が使用されていた。

「日帝時代の朝鮮の小学校の教科書(参考書)
「日帝時代の朝鮮の小学校の教科書(参考書):詳細記事

「日帝時代の朝鮮の小学校の授業(朝鮮語・ハングルで授業している)
「日帝時代の朝鮮の小学校の授業(朝鮮語・ハングルで授業している)








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「マーティン・フロスト教授は、日本と朝鮮が全く異なることを勉強しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

平昌ノロウイルス、大便の大腸菌を検出!糞大腸菌で汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される
平昌五輪のノロウイルス、大便物質による大腸菌を検出!
大便の大腸菌で汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明!


http://gogotsu.com/archives/37228
平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される
2018/02/13 13:59:17、ゴゴ通信

平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される

平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。

2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。

疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と食べて居ない人を比較するとノロウイルス発生のリスクが6.5倍高く、食事だけして帰った人の中でも感染している人がいることが判明し、感染経路は食事に使われた水だと確定した。

特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた。

疾病管理本部の関係者は、「問題がある地下水を調理用の水使用する過程で、食事が汚染されて集団感染が起きたと推定される」と述べた。

地下水が何故ここまで汚染されていたのか? パイプに亀裂が生じて下水道と混入してしまったのか、それとも配管ミスか不明であるが地下水が汚染されていたのは事実でそれを多くの人が食べていたという。



>特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた。


調理用の水が大便物質によって汚染されていた!

いかにも韓国らしい!

まー、私は、上記の報道で原因が確定される前から知っていたが。

平昌ノロウイルスに関する2月8日付当ブログ記事では【韓国では多数の「一流ホテル」が便器を磨いたスポンジでコップ洗いをしていること】【韓国の海産物が人間の糞便にまみれていてノロウイルスに汚染されていること】などを強調した!
便器を磨いたスポンジでコップ洗い、韓国一流ホテルの衝撃的な客室清掃
便器を磨いたスポンジでコップ洗い!韓国一流ホテルの衝撃的な客室清掃

当然、今回の平昌でのノロウイルスの拡大も、人間の糞便によるノロウイルスが食事か何かを汚染していることが原因だと確信していた!

平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される



弊ブログを長く読んでいる読者ならもう知っているはずだが、そもそも韓国人(朝鮮人)にはトイレの後に手を洗う習慣がない!

だから、韓国には手を洗う水道が設置されていないトイレが多数存在している。

よって、韓国人(朝鮮人)は、大便をした後も、手を洗わずに調理をしたり食事をしたりするの当たり前だ。

加熱することのないキムチなどは、韓国では簡単にノロウイルスに汚染されてしまう。

なぜ韓国(朝鮮)では小便大便をした後も手を洗う習慣がないかと言えば、韓国(朝鮮)では昔から小便で顔を洗ったり、小便大便が混じった汁を飲んだり、大便を料理や酒の原材料にしたり、住居の壁に馬糞を使用したりしてきたからだ!

韓国(朝鮮)では、人糞酒「トンスル」の他にも、解熱剤や解毒剤などとして「人糞水」「人糞汁」を飲んだり、「人糞」を治療用食品として食べたりしていた記録がある。

日常生活において小便で顔を洗ったり小便や大便を飲み食いしたりする民族だから、トイレの後に手を洗う習慣などある訳がない。


てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766869/55
「最近朝鮮事情」明治39年(1906年) 清水書店より
(本書は衆議院議員で中国新聞社主筆でもあった荒川五郎の朝鮮視察記)

(一部抜粋)

56頁~
朝鮮人の不潔ときたら随分ヒドイ。
てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む。
実に味噌も糞も朝鮮人には一緒である。
といえば朝鮮に行かない人には、極端の言いようのように思われるかも知れないが、事実その通りで、一例をあげれば、家を造るに、壁土の中に馬糞などを混ぜて喜んでこれを塗る。
その訳は馬糞を混ぜると壁が堅くなって泥が落ちにくいというている。
さらに驚くべく信じ難い程であるのは、朝鮮人は小便で顔を洗い、気目がよくなるというて居る。
また小便は腎虚や肺結核や解熱等に有効じゃというてこれを用い、また強壮剤じゃというて無病の者でも飲んでいる。
いよいよ病気が重くて生きられまいという時は、大便を食べさすということも聞いている。
なんと驚かしいことではないか。
塵や芥(ごみ)がばらけておろうが、物が腐って臭かろうが、食物に蝿などがたかって汚しても、更になんとも思わないで、年中風呂に入るの、湯をつかうのということは無い。


てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む。

政治史』第77巻、豚犬的生活より
細井肇著「漢城の風雲と名士」

韓国内地を旅行すれば、路傍や街路中に累々たる黄金の花(人糞の比喩)が場所も構わずにあちらこちらに咲き乱れいて、足の踏み場もなく潔癖な人は一目その不潔さと臭気の酷さに驚くのである。
(中略)
現に、この国(韓国)の中央都会である京城(ソウル)のような、「韓国の帝都」と言われる都市でさえ至る所に人糞や牛馬糞を見ないことはなく、辺りに漂う恐ろしいほどの臭気は人の鼻を襲い目を顰めない人はいない。
さらに京城市内(ソウル市内)を流れている川には、そこに隣接する各家々から排せつされる糞尿が混じり、川の水は黄色に染まり、ドロドロとなっているなど目も当てられない光景であるが、韓国人はその水を洗濯に使っている。

全く持ってとんでもない話である。
毎年夏期になると京城(ソウル)では伝染病が流行し、その伝染病にかかる患者の殆どが韓国人であり、大流行時には何千人もの患者を出すことも珍しくはない・・・








上述したとおり、朝鮮では、「人糞酒」のトンスルの他にも、解熱剤や解毒剤などとして「人糞水」「人糞汁」を飲んだり、「人糞」を治療用として食べたりしていた記録がある。

「東亜日報」「中央日報」など韓国の大手新聞も記事にしている。


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2005082232258
東亜日報
AUGUST 22, 2005
(一部抜粋)
中宗(チュンジョン、1488~1544年)は解熱剤として「野人乾」の水を飲んだという内容もある。「野人乾」とは人糞のこと。


http://japanese.joins.com/article/303/132303.html
【噴水台】人糞
2010年08月20日 中央日報

人糞を治療用として食べた記録も見られる。 『東医宝鑑』は、自ずと死んだ鳥や獣の肉を食べて中毒になった時、人糞汁を食べさせればよいと書いている。
毒キノコ中毒になった時、人糞を一升食べさせるという記録もある。 むちにひどく打たれて重い病気にかかった人に人糞を食べさせる秘方もあった。 昔の歌歌いがを通すために人糞を濾した糞水を飲んだというのはよく知られている話だ。


ユネスコ世界記録遺産 『東医宝鑑』
ユネスコ世界記録遺産 『東医宝鑑』


寝たきりのお婆さんに孫がうんこを食べさせようとする韓国の絵本
寝たきりのお婆さんに孫がうんこを食べさせようとする韓国の絵本


約100年前に、日本人も、「朝鮮では、肺結核の治療や解熱として小便を飲み、いよいよ病気が酷くなると、大便を食べる。」と報告している。

『最近朝鮮事情』全文(文字の大きさ拡大可能)
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40010268&VOL_NUM=00000&KOMA=55&ITYPE=0

最近朝鮮事情 明治39年 荒川五郎

(要点抜粋)

濁っている水だろうが、小便や糞が混ざっている水でも平気で飲む。 とにかく不潔で、味噌と糞も朝鮮人にとっては一緒だ。

・壁は馬糞を混ぜる。壁が固くなるそうだ。

・驚くべき事に小便で顔を洗う。肌のきめが細かくなるそうだ。

・肺結核の治療や解熱として小便を飲む。


・いよいよ病気が酷くなると、大便を食べる。

・穴で暮らしているから夏は暑く、家の外で寝る。顔の近くを大便や小便が流れているが、朝鮮人にとっては臭くないらしく、平気で寝る。

・小便壷が家の中にあり、客がいても平気で小便をする。また、痰を吐くときは口の近くに壷を持ってくる。

・雨が降るとこれらの不潔物と雨水が一緒になりすねの上まで浸かり、家の中の物が水に浸るが、洗うという事はしないでそのまま使っている。

・婦人が洗濯をしているので見てみると小便水と見分けの付かない黒い水に洗濯物を揉んだり打ったりしている。


てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む。


そもそも、朝鮮では伝統的、日常的に人糞「ホンタク」(ギンガエイの人糞漬け)などの食品に使用しているし、嘗糞(しょうふん)という習慣もある。

洪濁(ホンタク)
人糞の中にガンギエイを入れて発酵させる韓国の最西部にある都市、全羅南道木浦(モッポ)の郷土料理で主に刺身にして食べる。
更なるアンモニア刺激を求めて、人間の大便に漬け込んだ究極版。
強烈なアンモニア臭と古便所のような臭いが特徴。
ある人は「五感の革命」と呼ぶ。
韓国のことわざ「恐るるに足らずエイのちんぽこ」。
それがいちばんおいしい食べ方だというのだ。
ホンタクは、主に中級、高級レストランで取り扱われています。
日本には持ち込み不可。

ジュンタク
エイの切り身を瓶(かめ)に詰めて、油紙をしっかり巻いた後に牛舎の牛糞置き場の中に埋める。
牛糞自体が発酵して熱が出るのでエイの発酵に最適。
韓国の駅で売っている弁当なんかに入っているのは、ジュンタク。

大便酒(デビョンスル)
朝鮮の民俗医術の一つ。
梅毒の治療に効果があるとされる。
製造方法は、竹の筒に焼酎を入れて、注ぎ口は蝋で密閉し、便壺に半年以上漬け込む。
半年以上飲用を続けるのが良いとされる。

野人乾水
朝鮮の民間療法。
解熱剤として野人乾水(大便を水で溶いた物)を飲用する。


■嘗糞(しょうふん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「嘗糞」(しょうふん)とは、人間の糞を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われた民間療法。儒教では孝行の一種とされている。また、これより転じて、他人の糞を舐めて誰の糞かを当てる遊びになったとする文献もある(後述)。
嘗糞の記録は中国の南北朝時代や唐代の説話にも見受けられる。『二十四孝』や『日記説話』によれば、南斉時代に庚黔婁と言う役人が父親が病気になったので帰郷すると医者に、糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、その味が甘かったので憂いたと言う「嘗糞憂心」の故事が残っている。

朝鮮での嘗糞の実際
朝鮮では、6年以上父母の糞を嘗めつづけ看病し病気を治した孝行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる「指詰め供養」(断指)や内股の肉を切って捧げる「割股供養」などと共に、親に対する最高の孝行の一つとされた。断指及び割股に関しては『三国史記』の統一新羅時代に記述が見られる為、同時代に唐から入ってきたと推測される。こうした風習は朝鮮時代まで続き、日韓併合後に禁止された。世宗が編纂を命じた儒教的な教訓を纏めた書、『三綱行実図』には孝行の一例として挙げられている。『朝鮮医籍考』によると、後に娯楽化し、人の糞を舐めてその味で誰の糞であるか当てる遊びが流行した。
また、朝鮮王の中宗は、解熱剤として人糞を水で溶いたものを飲んでいたという[1]。
20世紀に入っても人間の大便を民間医術に使用する例があり、『最近朝鮮事情』には重病人に大便を食わせる例が載せられている。また『朝鮮風俗集』には人中黄[2](冬季に竹筒に人糞と甘草を交ぜ地中に埋め、夏季に取り出し乾燥させて粉末にしたもの)と言う民間薬が載っている。
嘗糞は「お世辞の言葉」としても使われ、お世辞の度が過ぎる輩の事を「嘗糞之徒」と言う。



韓国伝統の人糞酒「トンスル」の製造現場
韓国伝統の人糞酒「トンスル」の製造現場


韓国ではトイレの後に手を洗う習慣がなく、殆どの韓国人はトイレの後に手を洗わない。

だから、手洗いのための水道がない公衆トイレも珍しくない。

更に韓国では台所にトイレを設置している家庭も少なくない。


韓国では台所にトイレを設置している家庭も少なくない
韓国の一般家庭

●関連記事
朝鮮時代のソウルは汚物まみれ、衛生状態が深刻だった・複数の韓国メディア
朝鮮の『豚犬的生活』と日本の『語られざる「善政」』・韓国で糞尿は食品や酒や医薬品
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4820.html
トンスルが世界24ヵ国以上で報道!韓国人「国家イメージに打撃」と激憤・人糞酒や食糞は事実
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5183.html








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「絶対に韓国に行っては駄目!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.