FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
「南北合同チームにノーベル平和賞を」IOC委員が発言・五輪憲章違反!バッハ会長は五輪後訪朝へ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






アンジェラ・ルッジェーロ
国際オリンピック委員会(IOC)委員のアンジェラ・ルッジェーロ(米国)「アイスホッケー南北合同チームにノーベル平和賞を与えなければならない」

左からルッジェーロ、バッハIOC委員長、ユ・スンミンIOC選手委員[AP通信資料写真]【五輪】IOC委員「アイスホッケー合同チームにノーベル平和賞を与えなければならない」
左からルッジェーロ、バッハIOC委員長、ユ・スンミンIOC選手委員[AP通信資料写真]
バッハIOC会長は、五輪後に北朝鮮を訪問へ

http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180211/pye1802110083-n1.html
【平昌五輪】
「南北合同チームにノーベル平和賞を」 米国のIOC委員が主張
2018.2.11 23:45更新、産経新聞

初戦を終え、記念写真に納まる韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」。(最後列の左2人目から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、金与正・朝鮮労働党第1副部長=1
初戦を終え、記念写真に納まる韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」。(最後列の左2人目から)韓国の文在寅大統領、IOCのバッハ会長、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、金与正・朝鮮労働党第1副部長=10日、韓国・江陵(共同)

国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めるアンジェラ・ルッジェーロ氏(米国)が、平昌五輪のアイスホッケー女子に出場した南北合同チームに関して、「ノーベル平和賞に値する」と発言したことが11日、明らかになった。ロイター通信が伝えた。

ロイター通信によると、ルッジェーロ氏は南北合同チームを「出場のために犠牲をいとわなかった真のチームだ」と称賛し、「ノーベル平和賞を受賞してほしい」と語った。

IOCアスリート委員会の委員長を務めるルッジェーロ氏は、アイスホッケー女子で4度五輪に出場し、金メダルを獲得した経験を持つ。

南北合同チームをめぐっては、韓国の文在寅大統領のほか、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正・朝鮮労働党第1副部長らがそろって初戦のスイス戦を観戦し、南北の融和ムードを演出した。

一方、合同チームの結成に至る過程では、選手の意向よりも政治的な思惑が優先された側面もあり、選手からは「(南北選手間の)呼吸が合ったとは考えていない」「多くの努力をしたが、点差が開いたことに失望した」などと不満が噴出している。(五輪速報班)



>国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めるアンジェラ・ルッジェーロ氏(米国)が、平昌五輪のアイスホッケー女子に出場した南北合同チームに関して、「ノーベル平和賞に値する」と発言したことが11日、明らかになった。


南北合同チームなんてインチキだから、本来は非難されるべきだ。

それなのに国際オリンピック委員会(IOC)委員がそのインチキを称賛するのだから呆れるしかない。

完全なスポーツの政治利用だ!

IOCの五輪憲章には「スポーツと選手を政治的、または商業的に不適切に利用することに反対する」と記載されている。

もともとノーベル平和賞なんて、金大中やオバマのような詐欺師が受賞してきたら胡散臭くて安っぽい賞だった。

そうだとしても、アイスホッケーの南北合同チームを結成しただけで本当にノーベル平和賞を受賞したら、胡散臭さと安っぽさに益々拍車がかかる。

アンジェラ・ルッジェーロという米国の国際オリンピック委員会(IOC)委員は、韓国か北朝鮮からカネをもらって発言しているとしか思えない。

賄賂や買収は、支那と朝鮮の伝統文化であり、何かを成そうとする場合には賄賂工作をしなければならないというのが朝鮮の常識だ。(関連記事

アイスホッケーの南北合同チームの結成に非常に前向きに関与しあ国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も、まず間違いなく買収されている。
アイスホッケーの南北合同チームの結成に非常に前向きに関与しあ国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も、まず間違いなく買収されている。

そのIOCのバッハ会長は、五輪閉幕後に北朝鮮に訪問する方向で調整中だという!

IOCバッハ会長、北朝鮮に訪問する調整

IOCバッハ会長、北朝鮮に訪問する調整
五輪が今月25日に閉幕した後に北朝鮮を訪れる方向で調整している国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00050096-yom-int
IOCバッハ会長、五輪閉幕後の訪朝で調整
2/12(月) 19:49配信、読売新聞

 【ソウル=岡部雄二郎】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は12日、ロイター通信とのインタビューで、平昌(ピョンチャン)五輪が今月25日に閉幕した後に北朝鮮を訪れる方向で調整していることを明らかにした。

 バッハ氏は「一緒に議論し、交渉すれば、よい結果を得られるということを我々は示すことができる」と述べ、スポーツを通じた北朝鮮との対話継続に意欲を示した。






>南北合同チームをめぐっては、韓国の文在寅大統領のほか、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正・朝鮮労働党第1副部長らがそろって初戦のスイス戦を観戦し、南北の融和ムードを演出した。


上記のような行動がそもそも「スポーツの政治利用」という五輪憲章違反丸出しだ。

文在寅は、金正恩の妹の金与正(キム・ヨジョン)に対して恥も外聞もなく媚びへつらいまくっている!

韓国大統領府で10日、文在寅(ムンジェイン)大統領(右)に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の親書を手渡して握手する実妹の金与正氏=AFP時事

文在寅は、金正恩の妹の金与正(キム・ヨジョン)に対して恥も外聞もなく媚びへつらいまくっている!ワロタw】韓国ムン大統領が金正恩の妹に媚びる姿をご覧くださいwwwwwwwwww
北朝鮮の金正恩の妹の金与正(キム・ヨジョン)に媚びまくる韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領


また、韓国首相の李洛淵まで、文在寅と同様に金与正に対して恥も外聞もなく媚びまくっていた。
韓国首相の李洛淵まで、文在寅と同様に金与正に対して恥も外聞もなく媚びまくっていた。■乾杯する韓国首相と正恩氏妹




文在寅らが金与正に媚びへつらう様子は、舛添要一や二階俊博による朴槿恵への媚びへつらいを彷彿させる。
朴槿恵(パク・クネ)大統領は青瓦台(大統領府)で東京都の舛添要一知事と会談した。握手を交わす朴大統領(右端)と舛添知事=7月25日、ソウル(聯合ニュース)舛添要一による朴槿恵への媚びへつらい

朴槿恵(パク・クネ)大統領は青瓦台(大統領府)で東京都の舛添要一知事と会談した。握手を交わす朴大統領(右端)と舛添知事=7月25日、ソウル(聯合ニュース)舛添要一による朴槿恵への媚びへつらい
韓国大統領の朴槿恵(パク・クネ)に媚びへつらう東京都知事の舛添要一




朴槿恵(パク・クンへ)大統領が2015年2月13日午後、大統領府(青瓦台)で自民党の二階俊博総務会長と対面し、握手を交わした。

朴槿恵(パク・クンへ)大統領は2015年2月13日午後、大統領府(青瓦台)で自民党の二階俊博総務会長と対面し、握手を交わした。
朴槿恵(パク・クンへ)大統領は2015年2月13日午後、大統領府(青瓦台)で自民党の二階俊博総務会長と対面し、握手を交わした。

平成27年(2015年)2月、自民党総務会長の二階俊博は、1,400人を引き連れて韓国を訪問し、2018年の平昌冬季五輪の成功に向け協力することを誓った。
平成27年(2015年)2月、自民党総務会長の二階俊博は、1,400人を引き連れて韓国を訪問し、2018年の平昌冬季五輪の成功に向け協力することを誓った。





文在寅らによる露骨な「スポーツの政治利用」を見せつけられているにもかかわらず、TBS「サンデーモーニング」で田中秀征が「政治色をあまり感じない」と言い放ったから、これまた呆れた!
TBSサンモニ 田中秀征「政治色をあまり感じない」
田中秀征「平昌五輪の開会式も全部観たが、政治色を感じない!」

https://twitter.com/take_off_dress/status/962468747972767744
DAPPI‏
@take_off_dress
関口宏「褒める人や警戒しろという人がいる不思議な五輪が始まった」
田中秀征「政治色をあまり感じない」

これ程までに政治色しか感じない五輪なのに『政治色を感じない』と主張する人が出演するのが #サンデーモーニング
もはや反日国家を擁護するための番組としか思えない

(動画)
8:30 - 2018年2月11日


田中秀征「政治色をあまり感じない」(TBSサンデーモーニング)




韓国人を嫁にしている松本人志でさえ、「ピョンチャンオリンピック」のことを「文チャンオリンピックだ」と揶揄している!
【平昌五輪】松本人志「平壌五輪どころか、文(ムン)ちゃん五輪」「文大統領の点数集めのため」@ワイドナショー(動画あり)
松本人志「平昌(ピョンチャン)オリンピックじゃなく、平壌(ピョンヤン)オリンピックかと思っていたら、文ちゃん(ムンチャン)オリンピックだ!」
「文ちゃんの点数集めのためにやっている」

https://twitter.com/blue_kbx/status/962507263775719425
ブルー‏
@blue_kbx
【文ちゃんオリンピック】
西川貴教「メディアは北朝鮮美女軍団、政治的背景とかより五輪に出てる選手の事をもっと取り上げて欲しい」
松本人志「本当にこれは平昌五輪なのかと。平壌五輪ではないかと思っていたが、さらに突き詰めて考えたら(文在寅)文チャンオリンピックだよね」

#ワイドナショー
(動画)
11:03 - 2018年2月11日








「ノルウェー・ノーベル委員会」は、とんでもない者をノーベル平和賞に選ぶことがある。

「非核三原則」の佐藤栄作も嘘を吐いて受賞したわけだが、それ以上に酷い詐欺師と言えるノーベル平和賞受賞者は金大中とオバマの2人だ!




2000年に受賞した韓国の金大中は、ノーベル賞詐欺師の典型例だ。

金大中は、大統領引退後に逮捕をされないようにするは己の名を歴史に残すべく韓国人初のノーベル賞を受賞しておこうと考え南北首脳会談を実現させた。

韓国では、大統領が引退すると次期政権によって逮捕されるのが恒例となっていたからだ。

この南北首脳会談は、現代財閥が5億ドルの北への違法送金を行い、金大中がそれを黙認したことの見返りで実現した。

2000年6月に行なわれた南北首脳会談は大変な注目を浴び、金正日と金大中が空港で抱き合ったとき、日本や韓国では、まるですぐにでも統一が実現するかのように報道された。
2000年6月に行なわれた南北首脳会談は大変な注目を浴び、金正日と金大中が空港で抱き合ったとき、日本や韓国では、まるですぐにでも統一が実現するかのように報道された。

かねてから行われた韓国の活発なロビー活動もあって、金大中は望みどおり韓国人として初のノーベル賞受賞の栄誉に輝いた。

しかし、その栄誉もわずか半年で終焉を迎えた。

会談で約束された「離散家族再会」が北朝鮮によって中止され、南北交流が中断されたのだ。

北朝鮮は、自国民が、北朝鮮と比べれば豊かで自由な南朝鮮について知ることを野放しにはできなかった。

南北が交流を続けたら金正日政権は崩壊してしまう。

このようなことは初めてではなく、過去にも同じことがあったのだが、ノーベル賞がほしくてほしくてしょうがない金大中と、援助がほしくてほしくてしょうがない金正日の利害が一致したため南北首脳会談の茶番劇が演じられたのだった。

会談で約束されたが、反故にされたのは「離散家族再会」だけではない。

【金正日の韓国訪問】も約束されたが、実現されることはなかった。

もちろん、朝鮮半島の南北統一なんて、最初から無理な話で、実現するはずもなかった。

南北首脳会談で約束された【金正日の韓国訪問】なんて最初から嘘っぱちであり、【離散家族再会】も中止されたのだから、金大中のノーベル平和賞受賞は詐欺行為だった。

金大中の受賞について、欧米では「ノーベル賞を金で買った」という批判もされており、今からでも金大中のノーベル賞を剥奪するべきだ。


●関連記事
ICANは日本よりも北朝鮮に行け!ピースボートと結託し日本批判!ノーベル平和賞は詐欺師の賞!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6949.html








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「スポーツの政治利用が酷過ぎる!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日本と韓国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.