FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
ヘリ墜落現場の頭上を取材ヘリ飛行!朝日新聞や毎日新聞!マスゴミの報道ヘリコプターの事故多発!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






朝日新聞毎日新聞が自衛隊ヘリ墜落事故現場の頭上で取材ヘリを飛行させる無神経

https://www.asahi.com/articles/ASL256263L25TIPE041.html
負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民
2018年2月5日22時38分、朝日新聞


自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影




▼朝日新聞▼

震える住民の頭上で取材ヘリを飛ばす無神経な朝日新聞。自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
震える住民の頭上で取材ヘリを飛ばす無神経な朝日新聞




▼毎日新聞▼

陸自ヘリが墜落し炎上する民家=佐賀県神埼市で2018年2月5日午後7時58分、本社ヘリから上入来尚撮影

陸自ヘリが墜落し炎上する民家=佐賀県神埼市で2018年2月5日午後7時58分、本社ヘリから上入来尚撮影
毎日新聞2018年2月6日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180206/ddm/001/040/195000c
https://mainichi.jp/graphs/20180205/hpj/00m/040/009000g/4





朝日新聞や毎日新聞が自衛隊ヘリ墜落事故現場の頭上で取材ヘリを飛行させるという無神経ぶりを発揮している!

マスコミの取材ヘリは、過去に何度も事故を起こしている。

実は、特に毎日新聞は、悪質な取材ヘリ墜落事故を繰り返している!

そして、毎日新聞機は昭和59年にマンション前の駐車場に墜落したことがあるし、平成26年には国際サイクリング大会の参加者2人に重軽傷を負わせたこともある!

また、朝日新聞機は平成6年、民家の上に落ちて屋根などを大破、ひとつ間違えれば住民を巻き込んだ大惨事になるところだった!




取材ヘリコプター事故まとめ マスゴミは公共性も緊急性も無いのに事故起こし過ぎだろ
――――――――――
▼取材ヘリコプター事故まとめ▼

▼昭和59年(1984年)7月31日、兵庫県明石市
毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突
チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷

1984年7月31日兵庫県明石市 毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷


▼昭和60年(1985年)6月13日、北海道紋別郡白滝村
北海道新聞のチャーター機が送電線に接触し墜落
乗員4人が全員死亡



▼昭和61年(1986年)7月23日、新潟県佐渡郡相川町
読売新聞社の飛行機が山中に墜落
乗員4人が全員死亡



▼平成2年(1990年)8月20日、沖縄県
NHKのチャーター機が海上に墜落し乗員3人が全員死亡
死亡したカメラマンが撮影した墜落するヘリコプターからの映像も存在



▼平成6年(1994年)10月18日、大阪部泉佐野市
朝日新聞社毎日新聞社のヘリコプターが空中接触
朝日新聞社のヘリが墜落し、乗員3人が全員死亡



▼平成6年(1994年)11月13日、鹿児島県大島郡笠利町
フジテレビのチャーターしたヘリコプターが墜落
乗員2人が死亡・1人が重傷



▼平成8年(1996年)4月27日、長野県長野市
長野放送テレビ信州のヘリコプターが空中衝突
双方の乗員合わせて6人が全員死亡



▼平成16年(2004年)3月7日、長野県南木曽町
信越放送が取材飛行を依頼したヘリが送電線に接触し墜落
搭乗していた乗員4人が全員死亡



▼平成19年(2007年)12月、静岡市
NHK新潟と契約していたヘリが墜落
1人が死亡、1人が重傷



▼平成20年(2008年)7月6日、青森県
テレビ局3局と合同契約のヘリコプターが海上に墜落
乗員4人が全員死亡



▼平成26年(2014年)10月、愛媛、広島両県を結ぶ西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)
毎日新聞ヘリが国際サイクリング大会の取材中に事故。
サイクリング大会の参加者2人が重軽傷


(参照)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14131962669
――――――――――


(参考記事)
昭和59年(1984年)7月31日兵庫県明石市 毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷
昭和59年(1984年)7月31日兵庫県明石市
毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突(写真は共同通信)
チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷

http://www.sankei.com/west/news/111104/wst1111040001-n2.html
【関西事件史】
取材ヘリ空中衝突事故 一度ならず二度までも
2011.11.4 10:00更新、産経新聞


(一部抜粋)

「泉佐野の上空でヘリコプターが空中衝突した」

平成6(1994)年10月28日。

「まさか、またヘリコプターの空中衝突を取材することになるとは。しかも当事者は一緒や」

昭和59(1984)年7月31日。記憶がまざまざとよみがえってきた。

事故の概要はこうだ。その強盗事件を取材していた毎日新聞のヘリと、朝日放送がチャーターしていたヘリが空中で接触し、双方とも墜落した。朝日放送機は大破して乗員3人が死亡。毎日機も大破したが、乗員3人は奇跡的に負傷ですんだ。

衝撃的だったのは、共同通信が配信してきた写真だった。事故では毎日機のメーンローター(主回転翼)が、ホバリング(空中停止)しながら取材をしていた朝日放送機の最後部(テール)を切断したのだが、まさにその瞬間を子供と散歩中だった明石市の男性が偶然写真に撮っていたのだ。

「ヘリ2機がランデブーのようにアングルに入ってきたので、珍しいと思いシャッターを押した」。男性は当時、そう語っていたが、写真では破片が飛び散る様子まで鮮明にとらえられていた。ちなみにこの写真は、同年の報道写真賞を総なめにしたと記憶している。


■繰り返された惨事

話を平成6年に戻そう。毎日新聞機朝日新聞機がすれ違った際に起きたこの事故では、ff0000">朝日機が墜落し、やはり乗員3人が亡くなった。運輸省(現・国土交通省)航空事故調査委員会によると、朝日機のメーンローターが毎日機最後尾の垂直安定板に接触して破損し、機体の姿勢が急変したために空中分解を起こしたのが墜落原因だった。

一方、毎日機は無事で、当初、事故の当事者であることに気づかず、朝日機の墜落現場を上空から撮影していた。だが、朝日機のメーンローターは毎日機のテールローターと胴体の36センチしかない隙間をすり抜けており、一歩間違えば毎日機も墜落を避けられなかったことがその後明らかになった。

何より、記憶を呼び戻す中で思いを強くしたのは、2度の事故とも当事者の一方は同じということだった。

率直にいえば、当時の大阪の事件記者の間では一部の社のヘリは「特攻ヘリ」と呼ばれていた。例えば山中の遺体の搜索現場など、ヘリによる空撮が有効な取材現場では、かなりの低空飛行で接近してくるためで、後で知ったことだが、東京でもこれらの社のヘリは「飛び方が荒っぽい」といわれていたという。

経験した2件とも、墜落した先での死傷者はなかった。が、明石の事故では朝日放送機は公民館の屋上、毎日機はマンション前の駐車場にそれぞれ墜落、泉佐野の事故では朝日機が民家の上に落ちて屋根などを大破、ひとつ間違えれば住民を巻き込んだ大惨事になるところだった。


【用語解説】取材ヘリ空中衝突事故

昭和59(1984)年7月31日午後1時すぎ、兵庫県明石市で発生した会社事務所での強盗事件を取材中の毎日新聞の取材ヘリと朝日放送がチャーターしたヘリが空中衝突した。朝日放送機は公民館屋上に墜落し、ぺちゃんこに大破して乗員3人が死亡した。毎日新聞機も墜落、大破し、乗員3人が負傷した。

一方、平成6年10月18日午前10時すぎには、和歌山沖であったタンカー同士の衝突事故の取材から戻る途中だった朝日新聞のヘリ「まいどり」が、大阪府泉佐野市の上之郷インターチェンジ上空で、同じ事故の取材に向かう途中の毎日新聞のヘリ「ジェットスワン」と接触した。毎日機は無事だったが、朝日機は民家の庭先に墜落して大破、乗員3人が死亡した。

事故原因は双方の前方不注意だったが、運輸省(当時)の航空事故調査委員会は、お互いが左に傾斜した状態ですれ違いざまに接触し、この際、朝日機のメーンローターが毎日機の後部にある垂直安定板を切断したと断定。これによってメーンローターが破損し、機体姿勢が急変したため、荷重がかかりすぎて朝日機が空中分解したと結論づけた。






毎日新聞朝日新聞の取材ヘリコプターは、危険運転の常習犯だ!

平成27年(2015年)9月、茨城県常総市で、鬼怒川沿いの堤防沿いの複数の地点から水が氾濫した。

すると、いつもどおり、毎日新聞の取材ヘリやテロ朝(TV asahi)の取材ヘリなどのマスゴミの取材ヘリが多数しゃしゃり出て来て、自衛隊の救助活動を妨害しまくった!


救助活動をする自衛隊ヘリコプターに異常なまでに接近して妨害する毎日新聞の取材ヘリコプター!
救助活動をする自衛隊ヘリコプターに異常なまでに接近して妨害する毎日新聞の取材ヘリコプター!


NHKが救助活動中の自衛隊ヘリを撮影(妨害)していたら、間にテロ朝(TV asahi)のヘリが割り込んで超至近距離で自衛隊ヘリの救助活動を妨害した!
NHKが救助活動中の自衛隊ヘリを撮影(妨害)していたら、間にテロ朝(TV asahi)のヘリが割り込んで超至近距離で自衛隊ヘリの救助活動を妨害した!







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「マスゴミの取材ヘリは無神経な飛行や救助妨害をやめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.