正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201711<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201801
流行語大賞を「フェイクニュース」で受賞した准教授「フェイクニュース対策に朝日新聞の協力頂く」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






流行語大賞を「フェイクニュース」で受賞した准教授「フェイクニュース対策に朝日新聞の協力頂く」明治大学准教授の清原聖子(「フェイクニュース」で流行語大賞を受賞) いや、しかし朝日新聞がどのような形で協力
明治大学准教授の清原聖子(「フェイクニュース」で流行語大賞を受賞)
「フェイクニュースという流行語の受賞者に私が選ばれるとは思っていませんでした。…(中略)…それで今年はゼミの学生とともに学生が参加できる形の調査としてフェイクニュースに惑わされない方法をまとめたいと思ってプロジェクトを進めています。最後に、このプロジェクトには朝日新聞とヤフーニュースの関係者の方にも協力を頂いておりますのでここでお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました」




昨年は全く流行していなかった「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に選ばれて大問題となった「ユーキャン新語・流行語大賞」
20161204ユーキャン新語・流行語大賞に対する抗議街宣
【ユーキャン新語・流行語大賞に対する抗議街宣】(平成28年12月4日、高田馬場、ユーキャン本社前)



今年は「忖度」「インスタ映え」が年間大賞に選ばれ、トップ10には「35億」(受賞者:ブルゾンちえみ)、「Jアラート」(YouTuberのクリス・ブロード氏)、「睡眠負債」(枝川義邦早大教授)、「ひふみん」(加藤一二三氏)、「フェイクニュース」(清原聖子明大准教授)、「プレミアムフライデー」(石塚邦雄経団連副会長)、「魔の2回生」(森山志乃芙産経新聞記者)、「○○ファースト」(受賞者なし)が選ばれた。
「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、東京・帝国ホテルで発表され、「忖度(そんたく)」と「インスタ映え」が年間大賞に選ばれた。
「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」

私個人的には大賞に選ばれた「忖度」「インスタ映え」よりも、トップ10にとどまった「フェイクニュース」の方が流行ったと思うのだが、選考委員が反日韓国人の姜尚中、歌人の俵万智氏、女優の室井滋、反日漫画家のやくみつる反日糞左翼で『現代用語の基礎知識』編集長の清水均なので、安倍批判に関係する「忖度」が優先されたような気がする。

それ以上に???なのは、トップ10に選ばれた「フェイクニュース」の受賞者が明大准教授の清原聖子だということだ。

今年「フェイクニュース」を流行らせたのは、アメリカ大統領のトランプであって、明大准教授の清原聖子じゃないだろ!




それと、今年の発表会で問題だったのは、「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10で「フェイクニュース」が発表された際の「フェイクニュース」についての説明だ!
2017 ユーキャン新語・流⾏語⼤賞の発表及び表彰式を中継
■動画
2017 ユーキャン新語・流⾏語⼤賞の発表及び表彰式を中継
https://www.youtube.com/watch?v=Nocwmt0WYh0&t=36m35s

36:35~
女性アナウンサー
インターネット上ではフェイクニュースが蔓延しているという。フェイクニュースには大まかに分類すると、シャレやパロディを狙ったもの、知識不足による信頼に値しないもの、広告収入を目的としたもの、組織的なプロパガンダがある。今年これに自分の都合の悪い情報をフェイクだと決めつける新しい使い方をアメリカ大統領が実践することですっかり一般にも周知されることとなった。フェイクニュースによる風評被害は深刻で世論を危うい方向に動かす危険性もある。報道機関がファクトチェックを行うなど、対策に乗り出してはいるが、溢れるばかりの情報量で、撲滅するのは難しいだろう。フェイクニュースの拡散の場となっているFacebookはAI技術で対抗しようと対策を進めている。膨大な投稿をAIがフィルターするのだそうだ。AIが進化すると物事の真実をAIが選別する時代になるのだろうか。そうなったら政治家の答弁や公約はどう判断されるのかな?」




>インターネット上ではフェイクニュースが蔓延しているという。


「フェイクニュース」という言葉の説明として最初に「インターネット上ではフェイクニュースが蔓延している」と言っているが、フェイクニュースが蔓延しているのはネット上だけではなく、テレビや新聞などのマスメディアでも同じであり、むしろ今年「フェイクニュース」が流行したのは、テレビや新聞などのマスメディアの「フェイクニュース」のことだった。

そのテレビや新聞などマスメディアのフェイクニュースについて全く説明せずに、「インターネット上ではフェイクニュースが蔓延している」という説明は、今年「フェイクニュース」が流行した背景、端緒、経緯を無視している。






>今年これに自分の都合の悪い情報をフェイクだと決めつける新しい使い方をアメリカ大統領が実践することですっかり一般にも周知されることとなった。


トランプは自分の都合の悪い情報をフェイクだと決めつけることもないとは言えないが、事実関係としてCNNやニューヨークタイムズなどのマスメディアが実際に虚偽報道をした時に使用したのだ。

ところが、「ユーキャン新語・流行語大賞」の発表会・表彰式での説明の中には、実際に蔓延しているCNNやニューヨークタイムズ(テレビや新聞)などのマスメディアの「フェイクニュース」(虚偽報道)については一切触れていない!

以下、「フェイクニュース」が流行った経緯について検証する。



トランプが「フェイクニュース」を使った最初の投稿は2016年12月10日、テレビでの足がかりとなった人気番組「アプレンティス」に大統領就任後もエグゼクティブ・プロデューサーとしてのクレジットは残す、というCNNの報道についてだった。

https://twitter.com/realdonaldtrump/status/807588632877998081
Donald J. Trump‏認証済みアカウント
@realDonaldTrump
Reports by @CNN that I will be working on The Apprentice during my
Presidency, even part time, are ridiculous & untrue - FAKE NEWS!

23:11 - 2016年12月10日


トランプ「私が大統領になって在任期間中、たとえパートタイムでも(人気番組の)「アプレンティス」の仕事をするという@CNNの報道はバカげているし間違いだ―フェイクニュース!」
2016年12月10日



これは、実際にCNNのフェイクニュース(虚偽報道)だった。


そして、トランプが「フェイクニュース」を本格的に使い始めるのは今年になって2017年1月10日だった。

https://twitter.com/realdonaldtrump/status/818990655418617856
Donald J. Trump‏認証済みアカウント
@realDonaldTrump
FAKE NEWS - A TOTAL POLITICAL WITCH HUNT!
10:19 - 2017年1月11日


トランプ「フェイクニュース―完全な政治的魔女狩りだ!」
2017年1月11日



当選後、始めての記者会見前日のツイートだ。

そして、トランプは、約1時間におよぶ会見でも「フェイクニュース」を7回連呼した。

最前列に座ったCNNのホワイトハウス担当記者に向かって「You are fake news」(あなたたちはフェイクニュースだ)と言い放って質問を受け付けなかった。
フェイクニュース トランプ


実際に米大統領選挙期間中にCNNなどのマスメディアがトランプを批判するために悪質なフェイクニュースを頻繁に流したことは事実だ!
フェイクニュース トランプ

以後、トランプは、ツイッターや会見などで「フェイクニュース」を頻繁に使用するようになり、日本でもトランプがCNNやNYタイムスやワシントンポストなどの報道機関(マスメディア)に対して「フェイクニュース」と批判することが報道されるようになった。

検索キーワードへの関心の増減が見られるグーグルトレンドで、米国内のこの半年ほどの”フェイクニュース”の推移を見てみる。
検索キーワードへの関心の増減が見られるグーグルトレンドで、米国内の半年間の”フェイクニュース”の推移

https://twitter.com/realdonaldtrump/status/832708293516632065
Donald J. Trump‏認証済みアカウント
@realDonaldTrump
The FAKE NEWS media (failing @nytimes, @NBCNews, @ABC, @CBS, @CNN) is not my
enemy, it is the enemy of the American People!

6:48 - 2017年2月18日


トランプ「フェイクニュース・メディア(落ち目の@nytimes, @NBCNews, @ABC, @CBS, @CNN)は私の敵ではない、米国人民の敵だ。」
2017年2月18日



トランプ大統領が報道機関(マスメディア)に対して「フェイクニュース」を連呼したことにより、日本でも「フェイクニュース」が流行語になったことは明白だ。

トランプが大統領選などで「フェイクニュース」を連呼する以前には、フェイクニュースは主にインターネット上での虚偽報道(虚偽情報)について言われることが多かったようだが、今年日本でも「フェイクニュース」が流行語となった主体は、CNNやNYタイムスなどの報道機関(マスメディア)の「フェイクニュース」から転じて朝日新聞やTBSやNHKなどの報道機関(マスメディア)「フェイクニュース」だった。

●関連記事
CNN「南京大虐殺を扱った文書は豊富にある。東京裁判でも議論され、ユネスコ世界記憶遺産に登録」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6539.html
安倍「貴方はNYTに叩かれた。私も朝日新聞に叩かれた。だが、私は勝った」トランプ「俺も勝った」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6558.html
バノンがNHKに激怒「北朝鮮問題が膠着と思わない!」→カット→「お前ら日本のCNNに違いない」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6876.html






>フェイクニュースによる風評被害は深刻で世論を危うい方向に動かす危険性もある。報道機関がファクトチェックを行うなど、対策に乗り出してはいるが、溢れるばかりの情報量で、撲滅するのは難しいだろう。


これは、酷い!

今年日本で「フェイクニュース」という言葉が流行したのはトランプによる新聞やテレビなどの報道機関(マスメディア)批判とその後の日本における朝日新聞やTBSやNHKなどの報道機関(マスメディア)批判だった!

日本ではインターネットが報道機関のファクトチェックをして「フェイクニュース」という言葉が流行したにもかかわらず、「報道機関がファクトチェックを行う」と説明したのだから、現実とは全く逆だ!

実際に日本で「フェイクニュース」という言葉が流行したのも、インターネットが報道機関(マスコミ)のファクトチェックを行い、インターネットが報道機関(朝日新聞やTBSやNHKなどのマスゴミ)を批判することで流行したのだ。






さて、女子アナウンサーが「フェイクニュース」について現実無視の説明をした後の表彰では、なぜか「フェイクニュース」の受賞者に明治大学准教授の清原聖子という奴が登場した!
2017年流行語大賞『フェイクニュース』の受賞者、清原聖子さん「このプロジェクトに協力頂いた朝日新聞の方にお礼を申し上げます」 「忖度」と共に噴飯ものの受賞理由を文字起こししてみた

http://netgeek.biz/archives/107637
流行語大賞を受賞した准教授「フェイクニュース対策を朝日新聞と研究しています」←ギャグかな
2017年12月2日、netgeek

流行語大賞トップ10入りを果たした「フェイクニュース」で賞を受賞した明治大学の清原聖子准教授(情報コミュニケーション学部)のコメントに奇妙な紹介が混じっていた。

「フェイクニュースに惑わされない方法を朝日新聞の協力で…」

■動画


清原聖子准教授フェイクニュースという流行語の受賞者に私が選ばれるとは思っていませんでした。ただ、ゼミの学生と一緒に行っているフェイクニュースの調査研究が評価されたということだったのでとても嬉しく思っています。ゼミ生も喜ぶと思います。フェイクニュースという言葉はアメリカでは昨年の大統領選の頃から話題になっていました。アメリカ政治研究者として私はその頃から注目していました。それで今年はゼミの学生とともに学生が参加できる形の調査としてフェイクニュースに惑わされない方法をまとめたいと思ってプロジェクトを進めています。最後に、このプロジェクトには朝日新聞とヤフーニュースの関係者の方にも協力を頂いておりますのでここでお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました」

途中まではごく普通の挨拶だったのに、最後の一言で台無しに。清原聖子准教授が「朝日新聞と」という言葉を発した瞬間にコメント欄ではツッコミの嵐が起こる。
途中まではごく普通の挨拶だったのに、最後の一言で台無しに。清原聖子准教授が「朝日新聞と」という言葉を発した瞬間にコメント欄ではツッコミの嵐が起こる。

アナウンサー「具体的にはどういうデータの集め方をなさっているんですか?」

清原聖子准教授「学生自身がフェイクニュースに惑わされない目を養いたいので、学生にまず怪しいと思う情報、間違っていると思う情報をネットで検索してもらってサンプルを集めています」
流行語大賞を「フェイクニュース」で受賞した准教授「フェイクニュース対策に朝日新聞の協力頂く」明治大学准教授の清原聖子(「フェイクニュース」で流行語大賞を受賞) いや、しかし朝日新聞がどのような形で協力

いや、しかし朝日新聞がどのような形で協力しているかは分からない。きっと反面教師としての研究対象ということなのだろう。そういう意味で皮肉としてお礼を伝えた。…そうであってほしい。

清原聖子准教授の思想を調べたところ、トランプ大統領が嫌いでメディア寄りという印象を受けた。

清原聖子准教授の思想を調べたところ、トランプ大統領が嫌いでメディア寄りという印象を受けた。
出典:https://twitter.com/taketake1w/status/837056977335287810

コラムの内容を簡単にまとめると以下の通り。

・トランプ大統領はTwitterで扇動的なツイートをして注目を集める炎上マーケティングで成功した

・炎上マーケティングは対処が難しい

・ここで大事になるのはメディアのチェック機能

・メディアがおかしいことを「おかしい」と批判し続けられるかが大事だ

言うまでもない当たり前のことを長々と書いているという印象。メディアの本来の役割の重要性を指摘しているが、今はマスコミの偏向報道が問題視されている局面なわけで、トランプ大統領が直接情報を発信するのはその対策も兼ねてのこと。

トランプ大統領が間違っているという前提でコラムを書くのではなく、メディアが間違っているという前提で書くとより深い洞察が展開できるのではないか。
少なくとも今の時代、読み手や研究のニーズがあるのはそちらのほうだと思う。



>清原聖子
>「…それで今年はゼミの学生とともに学生が参加できる形の調査としてフェイクニュースに惑わされない方法をまとめたいと思ってプロジェクトを進めています。最後に、このプロジェクトには朝日新聞とヤフーニュースの関係者の方にも協力を頂いておりますのでここでお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました」



これは酷い!

清原聖子は、フェイクニュースに惑わされない方法をまとめるプロジェクトに、朝日新聞の協力を頂いているそうだ!

馬鹿か?!

フェイクニュースに惑わされないための最善策は、朝日新聞に廃業させることだ!








▼フェイクニュース対策の最善策は、朝日新聞に廃業させること▼
(直近2週間だけ)

朝日記者「朝日捏造は?」→ 維新・足立康史「今も捏造だと思っているから撤回しない」…「“死ね”は言い過ぎた。今後は『廃業しろ』と言い続ける」
足立康史「支持者の皆さんから『死ね』は言い過ぎだ。『廃業しろ』程度にしなさいとご指導頂いた。今後は『朝日新聞は廃業しろ』と言い続ける」





【大阪市長】吉村洋文「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」
【大阪市長】吉村洋文『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」

【大阪市長】吉村洋文「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」

https://twitter.com/hiroyoshimura/status/932192487044612097
吉村洋文(大阪市長)‏認証済みアカウント
@hiroyoshimura
「ちょっと待て」はこっちのセリフだよ、朝日新聞。
吉田虚偽証言を何度も報道し、クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。
2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪。
僕を批判する前にやることあるでしょ。

19:23 - 2017年11月19日






衆院予算委員会で、加計学園問題について質問する自民党の菅原一秀
衆院予算委員会で、加計学園問題について質問する自民党の菅原一秀氏=11月27日午前、国会・衆院第1委員室(産経新聞、斎藤良雄撮影)
平成29年11月27日~30日、連日、国会では、朝日新聞のフェイクニュースについて取り上げられた。





黒田成彦市長
長崎県平戸市・黒田市長「市長室では朝日新聞の購読を辞めた。誤報を垂れ流す広報媒体を排除することが公的立場にあると信じている」

https://twitter.com/naruhiko_kuroda/status/935173776827805697
黒田成彦‏
@naruhiko_kuroda
平戸市長室では朝日新聞の購読を辞めた。
そして私はその報道姿勢を非難する立場をツイッターで表明している。
これに対して「市長は公平公正であるべき」という声もあるが、誤報を垂れ流す広報媒体を排除することが公的立場にあると信じている。

0:49 - 2017年11月28日 · Nagasaki-shi, Nagasaki



長崎県平戸市・黒田市長「市長室では朝日新聞の購読を辞めた。誤報を垂れ流す広報媒体を排除することが公的立場にあると信じている」

https://twitter.com/naruhiko_kuroda/status/936122285345214464
黒田成彦‏
@naruhiko_kuroda
一昨日に朝日新聞の購読を辞めたというツイートをしたら、一気にフォロワーが1千人近く増え、返送されたメッセージもほとんどが「賛同!」「支持する!」だった。
改めてこんなに嫌われている新聞なのだと実感した。
でもなかなか廃刊にならない不思議も残った。

15:38 - 2017年11月30日 · Hirado-shi, Nagasaki


●関連記事(直近の約2週間だけ)
国会で足立康史が陳と玉木を犯罪者と指摘!朝日新聞記事を捏造と断定!野党は懲罰動議提出も検討
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6875.html
大谷昭宏「国会議員が民主国家最大の柱・言論機関に『死ね』は浅はか」・足立康史‏「朝日新聞、死ね」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6877.html
足立「朝日新聞は廃業しろ!と言い続けたい。今も捏造だと思っている」・朝日は捏造発言に強く抗議
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6878.html
大阪市長「ちょっと待てはこっちのセリフ。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実。やることある」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6881.html
朝日新聞が謝罪と賠償を要求!「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6883.html
麻生太郎が朝日新聞の虚偽報道に怒りぶつける!「安倍晋三記念小学院」デマ事件!朝日の捏造の歴史
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6884.html
国会で朝日新聞の虚偽報道(フェイクニュース)について議論される・テロ朝は報道しない自由を行使
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6887.html
足立「朝日新聞は捏造、誤報、偏向のオンパレード」・宛名に「衆議員議員」・平戸市長室は購読やめた
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6891.html



「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「朝日新聞を潰すことが最大のフェイクニュース対策!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.