FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
強制わいせつの初鹿明博に6カ月の役職停止処分・立憲民主党2人目の処分は甘すぎる!初鹿は常習犯
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【文春砲】立憲民主党・初鹿明博氏に「強制わいせつ疑惑」→ 本人直撃「記憶にない」「合意があれば」(※動画あり)

立憲民主党が強制わいせつをした初鹿明博「6カ月の役職停止処分」という甘い処分!

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171102-00000240-fnn-pol
初鹿明博議員を6カ月の役職停止処分
11/2(木) 11:41配信、フジテレビ系(FNN)

立憲民主党は1日、週刊誌で女性へのわいせつ行為疑惑を報じられた、初鹿明博議員に対し、党の役職停止6カ月などの処分を決定した。

初鹿議員は週刊誌で、知人女性に対し、タクシーの車内で強引にわいせつな行為をした疑惑が報じられていた。

立憲民主党は、初鹿議員から聴取を行ったうえで、役員らが対応を協議し、役職停止6カ月と国会での委員会筆頭理事に就けないこととする処分を発表した。

立憲民主党の福山幹事長は「当該女性にご迷惑をおかけし、不快な思いをさせたことで、私からも心からおわび申し上げたい」と述べた。

初鹿議員は、「意に反したわいせつ行為をした事実は、一切ない」とコメントを出しているが、福山幹事長は、処分理由について、「女性に不快な思いをさせ、報道により、国民に不信感を招いた」と述べた。



初鹿明博(ミョンバク)は、タクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いた!

それにもかかわらず、「6カ月の役職停止処分」というのは、甘過ぎる!

しかも、「意に反したわいせつ行為をした事実は、一切ない」などと開き直って全く反省もしていない!

さらに、初鹿明博(ミョンバク)は、昨年にも舞台女優を歌舞伎町ホテルへ引っ張り入れて強姦しようとして未遂に終わった前科もある!

1年以内に強姦未遂強制わいせつについて2件も週刊誌で報道されているのだ。

週刊誌でも報道されていない犯罪はその何倍もあることは間違いない!

重ね重ね、「6カ月の役職停止処分」なんて甘過ぎる!


立憲民主党・初鹿議員に強制わいせつ疑惑強制わいせつの初鹿明博に6カ月の役職停止処分・立憲民主党2人目の処分は甘すぎる!初鹿は常習犯

【文春砲】立憲民主党・初鹿明博氏に「強制わいせつ疑惑」→ 本人直撃「記憶にない」「合意があれば」(※動画あり)

【文春砲】立憲民主党・初鹿明博氏に「強制わいせつ疑惑」→ 本人直撃「記憶にない」「合意があれば」(※動画あり)

【文春砲】立憲民主党・初鹿明博氏に「強制わいせつ疑惑」→ 本人直撃「記憶にない」「合意があれば」(※動画あり)
■動画
立憲民主党・初鹿明博に強制わいせつ疑惑を直撃!《予告編》
https://www.youtube.com/watch?v=nRWy_wZ6BXk




http://bunshun.jp/articles/-/4739
立憲民主党・初鹿議員に強制わいせつ疑惑
「週刊文春」編集部2017/10/31
source : 週刊文春 2017年11月9日号

立憲民主党の初鹿明博衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることが、週刊文春の取材でわかった。


結党メンバーの初鹿氏 ©共同通信社
結党メンバーの初鹿氏 ©共同通信社

被害女性・佐藤陽子さん(仮名)が相談していた友人によると、事件が発生したのは2015年5月。懇親会の帰途、酔った初鹿氏はタクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたという。

初鹿氏に聞いた。

――陽子さんに、強制的にわいせつな行為をされた?

「あ、そう? それは知らないけど。そんなこと陽子さんが言ってるの? それはだって、誤解じゃないの?」

――犯罪に当たるような案件です。

「犯罪じゃないとは思うんだけど。陽子さんと、あの、強制ではなかったと思うんだけど」

――タクシーでわいせつな行為をされたことは?

「それはあんまり覚えてないですね。う~ん、酔っ払ってたからわかんない。手はわかんない、握ったのかもしれない」


立憲民主党・初鹿議員に強制わいせつ疑惑枝野代表も初鹿氏の応援に(YouTubeより)
枝野代表も初鹿氏の応援に(YouTubeより)

改めて、事務所に取材を申し込むと、書面で次のように回答した。

「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」

一方、被害女性の陽子さんは、次のように回答した。

「タクシーの中でそうした行為があったのは事実です。何度も拒否をしましたが、先生も大変酔っていらっしゃったようなので……」

警察への被害届についてはこう語った。

「立場のある方ですし、当時は見送りました。ただ今回取材を受けて、重大な問題だと再認識しました。改めて提出を検討します」

初鹿氏は、東大法学部を卒業後、鳩山由紀夫元首相の秘書などを経て2009年に初当選。立憲民主党の結党メンバーの一人で、先の衆院選で3回目の当選を果たしている。

立憲民主党を巡っては、小誌が先週号で、初当選した青山雅幸議員のセクハラ疑惑を報じ、同党は党員資格停止の処分を下したばかり。相次ぐ性暴力問題の発覚に、立憲民主党がどのような対応をとるのか、注目される。

11月1日(水)発売の「週刊文春」では、初鹿議員との一問一答を含めて事件の詳細について報じている。また、直撃取材の様子を収めた動画は「週刊文春デジタル」(http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun)にて配信する。






平成28年(2016年)12月も、「共和国(北朝鮮)マンセー!」の初鹿明博(ミョンバク)は、不倫問題と強姦未遂について報道されたばかりだ!
初鹿明博(ミョンバク)
「共和国(北朝鮮)マンセー!」の民進党の初鹿明博(ミョンバク)が女性の腕掴み強引にラブホへ!
週刊新潮のインタビューに対して、「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」と発言!
国会内書店の「週刊新潮」を全て買占め!


https://twitter.com/shigenobutamura/status/811409599928496128
田村重信
‏@shigenobutamura
僕の良くいく国会内書店の今日発売の『週刊新潮』が売れきれ、民進党衆議院議員の00事務所が全部買ったとのこと。
2016年12月21日 12:14


民進党の初鹿明博が女性の腕掴み強引にラブホへ・国会内書店の週刊新潮を全て買占め・北朝鮮マンセー

■ 週刊新潮 最新号 | 週刊新潮 16年12月29日・1月5日新年特大号 2016/12/21発売
【ワイド】夜明けの鶏(チキン)レース

舞台女優を歌舞伎町ホテルへ引っ張る「民進党代議士」のすごい言い訳

(前略)

知人の話。
「向かい合わせに座っていたところ、隣に座るよう言われ、席に着くと抱き付いてきて胸を触られたのです。さらにセンセイは自分のズボンを脱ぎ始めた。店員が来たので離れたのですが、その後も家に行こうとしきりに言っていたそうです。」
センセイと呼ばれているのは、民進党の初鹿明博衆院議員(47)、東大法学部を卒業後09年に初当選。現在は民進党で青年局長を務める若手議員だ。
(中略)
だが、セクハラとなると話は別だ。
しかも、自身のホームページには、(宝物)として妻、長女、長男、次女とぬけぬけと書いている。

〝はけ口求めている〟
(中略)
12月某日、新宿歌舞伎町に繰り出した議員は、焼肉店で宮本さんと合流する。
(中略)
約2時間後の2人は、手を繋ぐこともなく、ラブホテル街を横目に帰路につく、と思われた。
が、一軒のラブホ前で議員の足が止まる。
と、次の瞬間、女性の腕を掴み、強引にホテルの入り口に連れ込んだ。
戸惑った様子の彼女は、玄関前でその手を振りほどく。
〝玉砕〟したところで、直撃した。
「ホテルへ行こうって、相手もいいって言ったからね。(彼女が首を横に振ると)だったら、行かなかったよ」
女性が離れて初鹿議員は一人になると、唇を噛んだような弁に熱が入る。
「良い雰囲気だったと思うけど。継続的に付き合うかと言えば、相手もそうではなかったと思う。彼女も行きたかった。俺に興味持っていたと思う」
一か八かの勝負ではなく、自信満々というわけだ。
そして、いよいよ話は脱線。
「女房とセックスなんて、してないからね。みんな奥さん以外に、はけ口求めていると思うよ。でも風俗はつまらない。あなたとイキたいと思われるから、こっちもイキたくなるわけ。俺の好きなタイプ?女で一番いいのは、30代半ばから40代半ば、絶対そうだよ。練れてきているから、好きだよね、セックスが」

後日、宮本さんに話を聞くと「もう絶対に関わりたくありません」とつれない一言
初鹿議員は、思い上がりだと知る由もないのである。


民進党の初鹿明博が女性の腕掴み強引にラブホへ・自身のホームページには、(宝物)として妻、長女、長男、次女とぬけぬけと書いている。「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」 国会内書店の週刊新潮









▼初鹿明博(ミョンバク)▼

平成14年(2002年)6月29日
『都議会民主党訪朝団』として北朝鮮を訪問。
北朝鮮の金日成将軍の銅像前の記念撮影で悦に入る初鹿明博議員
平成14年(2002年)6月29日、『都議会民主党訪朝団』として北朝鮮を訪問。
日韓ワールドカップに対抗して行なわれていた『大アリラン祭典』を観賞。
「朝鮮の人々は非常にまじめに見えました。まじめさ、勤勉さというものも、最近の日本人が忘れかけている点ではないでしょうか。」と発言。



~平成18年(2006年)7月、ホームページに「『北朝鮮』という呼称を私は使いません。『朝鮮』もしくは『共和国』と呼ぶように心がけています。」と掲載!


平成18年(2006年)9月、北朝鮮での洪水災害に対し、日朝友好促進東京都議会議員連盟事務局長として朝鮮総連を訪問し、支援金を手渡した。


パチンコチェーンストア協会(政治分野アドバイザー)


焼肉を考える議員連盟(監事)


平成21年(2009年)11月26日、衆議院第1議員会館で在日本大韓民国青年会や在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人の地方参政権法案の早期立法化を求める11・26緊急院内集会」に参加し、「論点は尽くされたと考えている。いつ政治が決断を下すかにある」と述べ、在日外国人の参政権法案を早期に成立させる決意表明をした。


平成24年(2012年)の解散総選挙の際に初鹿明博が離党しようとしたら、田中美絵子が「民主党に残って一緒に頑張ってください」と離党届提出を止めようとした。


平成28年1月5日、維新の党(元民主党)の初鹿明博(ミョンバク)「テロが起きても、怒ったりせず、戦争(仕返し)はしないとはっきり誓い合うことが必要だ」 と妄言!
平成28年(2016年)1月
初鹿明博(ミョンバク)
維新の党(元民主党)の初鹿明博(ミョンバク)「テロが起きても、怒ったりせず、戦争(仕返し)はしないとはっきり誓い合うことが必要だ」


平成28年12月、舞台女優として活動している20代女性と歌舞伎町の飲食店で食事後、強引にホテルに連れ込む様子を週刊新潮(2016年12月29日号)に報じられた。
初鹿は公式ホームページにおいて「宝物は妻、長女(高校生)、長男(中学生)、次女(小学生)」と述べている。
週刊新潮のインタビューに対して、「みんな奥さん以外に、はけ口を求めていると思うよ」と発言!
国会内書店の「週刊新潮」を全て買い占めた!

野田佳彦幹事長が口頭で厳重注意、12月21日に青年局長の辞表を党に提出、同日中に青年局長の役職を辞任。


●関連記事
民主、止まらぬ離党ドミノ・「初鹿さんみたいに優秀な人はいません…」と言われた初鹿明博と言った田中美絵子の正体
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4864.html
初鹿明博「テロが起きても、怒ったりせず、戦争(仕返し)はしないとはっきり誓い合うことが必要だ」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6083.html
民進党の初鹿明博が女性の腕掴み強引にラブホへ・国会内書店の週刊新潮を全て買占め・北朝鮮マンセー
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6495.html

民進党「不倫議員は辞職しろ」・蓮舫、榛葉賀津也が中川俊直に辞職を要求・初鹿や細野らにブーメラン
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6639.html




『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「日の名残り」 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ
右:「わたしを離さないで 」(ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ


左:「民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党」赤尾 由美 (著)2016/8/24
右:「国防女子が行く-なでしこが国を思うて何が悪い」河添 恵子 (著), 葛城 奈海 (著), 赤尾 由美 (著), 兼次 映利加 (著) 2014/12/10


「初鹿明博は性犯罪の常習犯!」
「6カ月の役職停止処分は甘過ぎる!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:立憲民主党 - ジャンル:政治・経済

テレビ「民意を反映せず」→テレ朝の細川隆三&小松靖「民意です」・民意を蔑ろにしているマスゴミ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






総選挙で大敗北のマスコミ 朝日新聞「自民党が勝ったが、民意とは大きなズレがある!」
10月23日
朝日新聞(社説)「選挙結果と民意には大きなズレがある」


【テレ朝】視聴者「野党が酷すぎる」⇒ 田原総一郎氏「ちょっと待って!“野党が酷すぎる”ってどういうことなんだろう!?×3」(動画あり)
10月23日
視聴者の意見「今回の選挙で民意は問うた。野党が酷すぎる」
田原総一朗「ちょっと待って!『野党が酷すぎる』ってどういうことなんだよ!」(3回繰り返す!)
テロ朝系開票速報特別番組「選挙ステーション2017」


与党2/3以上の議席獲得という衆院選の結果に対して、司会者・コメンテイターが一丸となってケチをつけたモーニングショーですが、さすがにこの公平さを欠いた議論を見かねたテレビ朝日政治部細川氏が最後にキレち
10月23日
羽鳥慎一「必ずしも自民信任ではない!」
玉川徹「足してみると、立憲、共産、社員で30%取っている!自民の34%に匹敵する!」
羽鳥慎一「野党分裂が追い風になったのであり、決して安倍政権の大信任ではない!」
住田裕子「増長やおごりを見せたら、国民はちゃんと反発するときが出てくる」
政治ジャーナリスト「勝てば勝ちではない、複雑な結論を出させたところが有権者のよくみているところ」

テロ朝「モーニングショー」


【これは酷い】朝日新聞編集委員、安倍政権は選挙では勝ったが、世論調査の「民意」をみると、安倍首相は支持されていないと指摘 @正義のミカタ(動画)
10月28日
朝日放送「正義のミカタ」に出演した朝日新聞編集員の曽我豪「安倍政権は総選挙では勝ったが、世論調査の『民意』をみると、安倍首相は支持されていない!」


青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」
青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」
10月29日
青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」
岸井成格「小選挙区制の歪みは今回の選挙で頂点にきた!」
TBS「サンデーモーニング」





http://www.sankei.com/premium/news/171028/prm1710280016-n2.html
衆院選TV報道を振り返る 自民の圧勝より、一部放送「民意を反映せず」内閣支持率に力点
2017.10.28 16:00更新、産経新聞

衆院選勝ったのは自民党だったが、一部テレビはどのように報道したか…=22日、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)
衆院選勝ったのは自民党だったが、一部テレビはどのように報道したか…=22日、東京・永田町の自民党本部(松本健吾撮影)

(一部抜粋)

■番組内で異論?

 テレ朝やTBSが「政権批判」の論拠とするのは、世論調査の内閣支持率だ。確かに、産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査(本紙10月17日付)でも、安倍政権の支持率は「支持する」が42・5%、「支持しない」が46・3%と拮抗(きっこう)している。

 だが、その一点をもって、選挙結果に民意が反映されていないと解釈するのは強引だ。民意は一義的には選挙結果。世論調査のほうが選挙結果よりも国民の声を代弁しているかのように扱うのは本末転倒だ。

 投開票翌日の23日朝にテレ朝で放送された情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」では、コメンテーターとして出演した住田裕子弁護士が、自民の勝利は「『安倍一強』というより、安定政権に対する信頼なので、増長やおごりを見せたら、国民はちゃんとバランスを取って反発するときが出てくる」と解説を加えていた。

 国民が自民に票を投じたのは安定政権だからであって、安倍首相を評価したわけではないといいたいのだろう。

 しかし、自民を「安定政権」に押し上げたのは、安倍首相の手腕に負うところが大きい。安倍首相が2007年に退陣(第1次安倍内閣)した後、民主党政権時代も含めてほぼ1年ごとに首相が交代している。その流れを断ち切ったのは、ほかならぬ安倍首相だ。

 自民を「消極的」(テレ朝)に支持しなければならなかった有権者がかなりいた、というのであれば、その受け皿になりきれなかった野党の力量こそ解説すべきだろう。

 モーニングショーではさらに、解説に招かれた政治ジャーナリストが「勝てば勝ちではない、複雑な結論を出させたところが有権者のよくみているところ」と発言。さすがに出演していたテレ朝政治部デスクの細川隆三氏が「(自民の勝利は)民意ですよ。結果なんだから。それを否定するのはどうかな」と語気を強めて“反論”した。局内から見ても、違和感を覚えたのだろう。

■気に入らなければ「民意に反する」

 川上教授は一部のテレビが選挙結果の大勢判明後、相次いで民意が反映されていないかのような解説を加えたことについて、次のように話す。

 「それらのテレビは、2009年に今回と同じ小選挙区比例代表並立制の下で民主党政権が誕生したときにはもろ手を挙げて、政権交代を歓迎してはいなかったか。自分たちの気に入った政権に対しては『民意の表れだ』と伝え、気に入らなければ『民意が反映されていない』かのように報じるのは、言いがかりのように感じられる」

 「民意をないがしろにしている」という批判の矛先は、今回のテレビ報道自らに向けられる。
(文化部 玉崎栄次)




 NHKと民放在京キー局による投開票日の選挙特番の平均視聴率は次の通り。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 ■NHK「2017衆院選開票速報」 17・1%(19時55分~21時)

 ■テレビ東京「TXN衆院選SP 池上彰の総選挙ライブ」 9・8%(第1部、20時~22時)

 ■日本テレビ「ZERO×選挙2017」 9・3%(第1部、19時58分~23時30分)

 ■テレビ朝日「選挙ステーション2017」 8・8%(第1部、19時57分~21時)

 ■フジテレビ「FNN選挙特番 ニッポンの決断!2017」 7・2%(21時30分~23時15分)

 ■TBS「激突!与野党大決戦選挙スタジアム2017」 5・5%(19時57分~21時)



>テレ朝やTBSが「政権批判」の論拠とするのは、世論調査の内閣支持率だ。確かに、産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査(本紙10月17日付)でも、安倍政権の支持率は「支持する」が42・5%、「支持しない」が46・3%と拮抗(きっこう)している。
> だが、その一点をもって、選挙結果に民意が反映されていないと解釈するのは強引だ。民意は一義的には選挙結果。世論調査のほうが選挙結果よりも国民の声を代弁しているかのように扱うのは本末転倒だ。



安倍政権の支持率が【「支持する」が42・5%、「支持しない」が46・3%】だからといって「選挙で自民党が圧勝するのはおかしい」という主張は全くナンセンスだ!

だったら、野党の支持率はどうなのか?!

世論調査における野党各党の悲惨な支持率を考慮したら、今回の選挙結果は野党の議席数が多過ぎて民意を反映していないだろ!

内閣支持率が何%なら国会議員の議席数が幾つになるかなんて理論は全くないし、論理的に有りえない。

安倍内閣の支持率が【「支持する」が42・5%、「支持しない」が46・3%】だから、自民党圧勝は「民意を反映していない」と言う奴は、かなり頭が悪い。

現実問題として42・5%という内閣支持率は、歴代内閣の支持率の中でも相当に高い!

内閣支持率が42・5%なら、選挙で与党が完勝するのは普通のことだ。

それにもかかわらず、「選挙結果は、民意を反映していない」とか「民意と選挙結果に大きなズレがある」などと言い張るのは、馬鹿丸出しだ!



朝日新聞社説「選挙結果と民意には大きなズレがある」
朝日新聞(社説)「選挙結果と民意には大きなズレがある」

http://www.asahi.com/articles/DA3S13193375.html?ref=editorial_backnumber
(社説)政権継続という審判 多様な民意に目を向けよ
2017年10月23日05時00分、朝日新聞

 衆院選は自民、公明の与党が過半数を大きく超えた。有権者は安倍首相の続投を選んだ。

 森友・加計問題への追及をかわす大義なき解散――。みずから仕掛けた「権力ゲーム」に、首相は勝った。

 ただ、政権継続を選んだ民意も実は多様だ。選挙結果と、選挙戦さなかの世論調査に表れた民意には大きなズレがある。

 ■選挙結果と違う世論

 本紙の直近の世論調査によると、「安倍さんに今後も首相を続けてほしい」は34%、「そうは思わない」は51%。

 国会で自民党だけが強い勢力を持つ状況が「よくない」が73%、「よい」は15%。

 「今後も自民党中心の政権が続くのがよい」は37%、「自民党以外の政党による政権に代わるのがよい」は36%。

 おごりと緩みが見える「1強政治」ではなく、与野党の均衡ある政治を求める。そんな民意の広がりが読み取れる。


総選挙で大敗北のマスコミ 朝日新聞「自民党が勝ったが、民意とは大きなズレがある!」




10月28日(土)朝日放送「正義のミカタ」に出演した朝日新聞編集員の曽我豪「安倍政権は総選挙では勝ったが、世論調査の『民意』をみると、安倍首相は支持されていない!」
10月28日(土)朝日放送「正義のミカタ」に出演した朝日新聞編集員の曽我豪

【これは酷い】朝日新聞編集委員、安倍政権は選挙では勝ったが、世論調査の「民意」をみると、安倍首相は支持されていないと指摘 @正義のミカタ(動画)
10月28日(土)朝日放送「正義のミカタ」に出演した朝日新聞編集員の曽我豪「安倍政権は総選挙では勝ったが、世論調査の『民意』をみると、安倍首相は支持されていない!」





>モーニングショーではさらに、解説に招かれた政治ジャーナリストが「勝てば勝ちではない、複雑な結論を出させたところが有権者のよくみているところ」と発言。さすがに出演していたテレ朝政治部デスクの細川隆三氏が「(自民の勝利は)民意ですよ。結果なんだから。それを否定するのはどうかな」と語気を強めて“反論”した。局内から見ても、違和感を覚えたのだろう。


与党2/3以上の議席獲得という衆院選の結果に対して、司会者・コメンテイターが一丸となってケチをつけたモーニングショーですが、さすがにこの公平さを欠いた議論を見かねたテレビ朝日政治部細川氏が最後にキレち
羽鳥慎一「必ずしも自民信任ではない!」
玉川徹「足してみると、立憲、共産、社員で30%取っている!自民の34%に匹敵する!」
羽鳥慎一「野党分裂が追い風になったのであり、決して安倍政権の大信任ではない!」
住田裕子「増長やおごりを見せたら、国民はちゃんと反発するときが出てくる」
政治ジャーナリスト「勝てば勝ちではない、複雑な結論を出させたところが有権者のよくみているところ」

↓ ↓ ↓
テレ朝政治部デスクの細川隆三氏が「(自民の勝利は)民意ですよ。
テレ朝政治部デスクの細川隆三「(自民の勝利は)民意ですよ。 結果なんだから。それを否定するのはどうかな」と語気を強めて反論!
10月23日放送、テロ朝「モーニングショー」

https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/922473939082756097?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.honmotakeshi.com%2Farchives%2F52351616.html
藤原かずえ‏
@kazue_fgeewara
与党2/3以上の議席獲得という衆院選の結果に対して、司会者・コメンテイターが一丸となってケチをつけたモーニングショーですが、さすがにこの公平さを欠いた議論を見かねたテレビ朝日政治部細川氏が最後にキレちゃいました(笑)
(動画)
23:45 - 2017年10月23日



テロ朝にも、政治部デスクの細川隆三のように少しマトモな人物がいることを知り、少しだけ救われた気分になった。





10月25日には、「虎の門ニュース」で、ケント・ギルバートらが「選挙結果は民意ではない」などと負け犬の遠吠えをしている連中に対して次のとおり厳しく批判した!

ケント「田原総一朗は選挙結果を民意じゃないと言い出した」
ケント・ギルバート「選挙結果を民意じゃないって言うんですよ。例の方が、田原さんがそう言いましたよ」

居島一平「選挙の結果が民意じゃないなら何が民意なんですか?気は確かなんですかね?選挙の結果が民意じゃなかったら何が民意なんですか(苦笑)」

ケント・ギルバート「あのね、サンデーモーニングを見れば民意が分かるんですよ。関口宏さんが『これが民意だ』『これは民意ではない』っていう。関口宏さんが決めてます」

居島一平「素晴らしい何様ですね。本当にね。いや~すごい」

ケント・ギルバート「選挙が民意じゃないなら何が民意なんだよ、本当に」


https://twitter.com/i/web/status/923076207125471233
DAPPI‏
@take_off_dress
ケント「田原総一朗は選挙結果を民意じゃないと言い出した」
居島一平「選挙の結果が民意じゃないなら何が民意なのか?気は確か?」
「サンモニを見れば民意が分かる。関口宏が決めてる」
居「凄まじい何様ですよね」


自分の意見が正しいと押しつけてくるジャーナリスト達は害悪でしかない
(動画)
15:38 - 2017年10月25日






10月28日、産経新聞が上掲した記事を掲載した。

http://www.sankei.com/premium/news/171028/prm1710280016-n2.html
衆院選TV報道を振り返る 自民の圧勝より、一部放送「民意を反映せず」内閣支持率に力点
(一部抜粋)
「民意をないがしろにしている」という批判の矛先は、今回のテレビ報道自らに向けられる。






テロ朝では、上述した政治部デスクの細川隆三の他、小松靖アナも、同様の正論を述べた!

10月29日放送のBS朝日「日曜スクープ」番組内で各党の若手議員を集めて衆院選についての討論を行ったが、司会の小松靖アナが正論を述べた

立派な正論ぶりに、コメンテーターとして出演した川村晃司や片山善博や、そして国会議員の連中も全く太刀打ちできなかった!

【ド正論】テレ朝・小松アナ、選挙制度にケチをつけるマスコミや議員に苦言「民主党が政権を取った時も、“民意が反映されてない”となるのか」「国民の声を聞くべき」(動画)

https://twitter.com/blue_kbx/status/924835402388615168
ブルー‏
@blue_kbx
小松アナ「マスコミは選挙制度のせいで本来の民意が反映されてない、野党共闘してれば安倍一強を食い止める事が出来たと言ってるが、国民の側が後になってそういう事言うの?となるし、2009年民主党が政権取った時も民意が反映されてないとなる。一つの国民の審判として潔く受け止めるべき」←GJ
(動画)
12:08 - 2017年10月30日



テレビ朝日唯一の希望…小松靖アナ、野党のワガママを正論の嵐で完全に制圧!無双状態のトークの切れ味に若手国会議員は為す術なしwww
■動画
テレビ朝日唯一の希望…小松靖アナ、野党のワガママを正論の嵐で完全に制圧!無双状態のトークの切れ味に若手国会議員は為す術なしwww
https://www.youtube.com/watch?v=z7CKqpMmeu4





上記のとおり、流れは徐々に「選挙結果は民意だ」という正論が優勢になりつつあった時、10月29日放送のTBS「サンデーモーニング」で青木理や岸井成格らが、選挙結果に思いっきりイチャモンを付けた!

衆院選の投開票から1週間も経ってから、TBS「サンデーモーニング」までもが青木理や岸井成格などが「民意が反映されていない」旨を主張した!

青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」
青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」

https://twitter.com/take_off_dress/status/924429427878125568
DAPPI‏
@take_off_dress
青木理「安倍総理の続投を5割は望んでない!今回の選挙は政権交代起きてもおかしくなかったのに選挙結果は圧勝というのはどうなのか!」
 
選挙結果に文句を言う青木理。
自分たちが納得出来ないからって国民の選択にケチつけるのは本当に何様のつもりなのでしょうか?

#サンデーモーニング
(動画)
9:15 - 2017年10月29日



岸井成格「小選挙区制の歪みは今回の選挙で頂点にきた!」

https://twitter.com/take_off_dress/status/924431758916907014
DAPPI‏
@take_off_dress
岸井成格「小選挙区制の歪みは今回の選挙で頂点にきた!」

自民党圧勝に納得出来ない岸井が選挙結果が歪んでるとまで主張。
国民が選んだ選択に文句言い、自分の意見が正しいと押しつけてくるジャーナリスト達は完全に反安倍意見を押し付ける活動家に成り下がってます
#サンデーモーニング
(動画)
9:24 - 2017年10月29日






なお、民意の反映させる政治を実現するためには、「政党」・「政治家」への投票ではなく、「政策」の一つ一つに国民投票することが理想的な姿となるだろう。

しかしながら、政策の一つ一つに国民投票するというのは大変な手間ひまがかかるため、相当程度を政党や議員に委ねている。

国民は、数年に一度行われる現行の選挙により、その総合的な判定を行っている。





>「民意をないがしろにしている」という批判の矛先は、今回のテレビ報道自らに向けられる。


確かに常日頃から民意を蔑ろにしているのは、テレビ局だ!

テレビの関係者が勝手に「民意」と決め付けているだけだ!


ケント・ギルバートも「サンデーモーニングを見れば民意が分かるんですよ。関口宏さんが『これが民意だ』『これは民意ではない』っていう。関口宏さんが決めてます」 と言ったが、まさにそのとおりだ!


http://netgeek.biz/archives/105127
ケント・ギルバート「選挙結果を民意として受け止めなかった田原総一朗。じゃあ何が民意なんだよ」
2017年10月30日、netgeek


ジャーナリストという肩書を持つ司会者でありながら番組中に国民の声より自分の意見を優先して暴走した田原総一朗がバッシングされている。

視聴者の意見「今回の選挙で民意は問うた。野党が酷すぎる」が引き金を引いた。


――――――――――

https://twitter.com/i/web/status/922157911379341312
ブルー‏
@blue_kbx
【田原発狂】
視聴者意見「今回の選挙で民意は問うた。今が完璧ではないが、野党が酷すぎる。安倍総理はやりたい事を形にして欲しい」
田原総一郎「ちょっと待って。野党が酷すぎるってどういう事?×3」


この意見だけに噛み付く田原(笑)野党の酷さが理解できない哀れな老害
#選挙ステーション
(動画)
2:49 - 2017年10月23日


――――――――――


田原総一朗はこの言葉に食って掛かり「どういうことなんだよ!」と発狂。番組進行を遮って3回も同じ言葉を繰り返し、ジャーナリストとして、いやそもそも社会人としてあるまじき失態を晒した。選挙の結果を中立の立場で受け止め、冷静に意見しないといけないのに、なぜか自分の感情を優先したのだ。

ネット上では田原総一朗がやったことはおかしいと非難され、動画は「田原総一朗が有権者に逆ギレした映像」として広くシェアされた。

ケント・ギルバートはこの騒動について改めて問題提起する。


――――――――――
https://twitter.com/i/web/status/923076207125471233
DAPPI‏
@take_off_dress
ケント「田原総一朗は選挙結果を民意じゃないと言い出した」
居島一平「選挙の結果が民意じゃないなら何が民意なのか?気は確か?」
「サンモニを見れば民意が分かる。関口宏が決めてる」
居「凄まじい何様ですよね」


自分の意見が正しいと押しつけてくるジャーナリスト達は害悪でしかない
(動画)
15:38 - 2017年10月25日

――――――――――


ケント・ギルバート「選挙結果を民意じゃないって言うんですよ。例の方が、田原さんがそう言いましたよ」

居島一平「選挙の結果が民意じゃないなら何が民意なんですか?気は確かなんですかね?選挙の結果が民意じゃなかったら何が民意なんですか(苦笑)」

ケント・ギルバート「あのね、サンデーモーニングを見れば民意が分かるんですよ。関口宏さんが『これが民意だ』『これは民意ではない』っていう。関口宏さんが決めてます」

居島一平「素晴らしい何様ですね。本当にね。いや~すごい」

ケント・ギルバート「選挙が民意じゃないなら何が民意なんだよ、本当に」

■田原総一朗はテレビに出る者として天狗になり、いつの間にか謙虚さを忘れているのではないか。


選挙という民主主義の基本を押しのけて自分の考えのほうが正しいという前提で説教を始める。もはや典型的な老害としか思えない。

選挙という民主主義の基本を押しのけて自分の考えのほうが正しいという前提で説教を始める。もはや典型的な老害としか思えない。

ケント・ギルバートがサンデーモーニングに触れたのもよく分かる。これまでの偏向報道の前科を振り返れば、サンデーモーニングというよりサイテーモーニングと表現するほうが正確だ。多くのメディア関係者はそろそろ自分たちが間違っていて国民の多数決が正しいのだと考え直さなければならない。



マスゴミが「民意」を蔑ろにしているのは政治に係る「民意」だけではない。

近年では「韓流ブーム」なんて全くなかったにもかかわらず、「韓流ブーム」のごり押しをしたことは、マスゴミが民意を蔑ろにした象徴的な出来事だった。




『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「日の名残り」 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ
右:「わたしを離さないで 」(ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ


左:「民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党」赤尾 由美 (著)2016/8/24
右:「国防女子が行く-なでしこが国を思うて何が悪い」河添 恵子 (著), 葛城 奈海 (著), 赤尾 由美 (著), 兼次 映利加 (著) 2014/12/10


「民意が反映していないのは、反日マスゴミの存在だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.