正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
(速報)「天皇制反対!明仁を最後の天皇に!終わらせるのは、いまだ!」終わりにしよう天皇制デモ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






20171126終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)
終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)
「天皇制反対!明仁を最後の天皇に!終わらせるのは、いまだ!」

http://www.labornetjp.org/EventItem/1506993334765matuzawa
終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)
レイバーネット

2017/11/26 終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)

終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ-天皇主導の代替わりを許さず、総結集を!

あなたがもし、
世襲の特権階級が無いことを望むなら、
何をためらうことがある?
あなたがもし、
歴史と責任を素通りする社会を嘆くなら、
何をためらうことがある?

あなたがもし、
民族や国籍で差別されない国を望むなら、
あなたがもし、
「不敬」と名指され傷つけられた人々の身の上を想うなら、
あなたがもし、
「正しい家族」「正しい日本人」の抑圧に窒息しそうなら、
何をためらうことがある?

「日本は決して美しい国ではない」と思うなら、ためらうな。
象徴のメッキを剥がすことを、偽りの統合を撃つことを、ためらうな。

天皇制反対!
明仁を最後の天皇に!
終わらせるのは、いまだ!


終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ
日 時:2017年11月26日(日)13:00開場/13:15開始
※16:00過ぎ、デモ出発!
会 場:千駄ヶ谷区民会館
JR山手線「原宿駅」(竹下口)より徒歩約6分
地下鉄千代田線「明治神宮前駅」(2番出口)より徒歩約8分
地図→http://www.j-theravada.net/tizu-sendagaya.html
講 演:吉澤文寿さん(朝鮮現代史)「植民地責任と象徴天皇制」
ビデオインタビュー:横田耕一さん(憲法学)(予定)「憲法と生前退位」
※コント、天皇制弾圧に関する映像、アピールなど盛りたくさん!予定
主 催:終わりにしよう天皇制!11・26集会実行委員会
連絡先:東京都千代田区神田淡路町1-21-7 静和ビル2A ゴメンダ共同行動気付
電話:090-3438-0263




https://twitter.com/dragonsnow1995/status/931063617549565953
飛龍@インフル予防接種受けました‏
@dragonsnow1995


返信先: @katsuyatakasuさん

高須先生。ここはどこの国でしょうか?日本ですか?
怒りを通り越してます。
このデモを主催してるのは何国人ですか😥

【日本ヘイト】「明仁を最後の天皇に!終わらせるのは今だ!」今日13時から都内で反天皇集会とデモ
16:37 - 2017年11月16日


https://twitter.com/katsuyatakasu/status/931072558220288000
高須克弥‏認証済みアカウント
@katsuyatakasu

高須克弥さんが飛龍@インフル予防接種受けましたをリツイートしました

なんでこんなデモを許可するんだ💢😠💢(怒)👹❗
17:12 - 2017年11月16日




11月26日、多くの国民が開催に反対する中、【終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)】の開催が強行されてしまった!

20171126終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)・抗議


私も、原宿に行き、【終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)】に対して怒りの抗議をしてきた。
20171126終わりにしよう天皇制 11.26大集会・デモ(原宿駅)・抗議

現在、その報告をまとめており、明日の朝に当ブログで詳細記事を更新する予定だ。




「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「ふざけんな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

麻生太郎が朝日新聞の虚偽報道に怒りぶつける!「安倍晋三記念小学院」デマ事件!朝日の捏造の歴史
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






森友学園が設立を予定していた「安倍晋三記念小学校(院)」がデマで本当は「開成小学校」という名前だった件について、麻生太郎氏が誤報を流した朝日新聞記者に詰め寄った。
麻生太郎「この話は極めて簡単で(安倍総理の名前は)書いてなかったんですよ。だろ?」
朝日新聞記者「はい」

森友学園が設立を予定していた「安倍晋三記念小学校(院)」がデマで本当は「開成小学校」という名前だった件について、麻生太郎氏が誤報を流した朝日新聞記者に詰め寄った。
麻生太郎「朝日は『書いてある!書いてある!』って煽った口だろあんたのとこは」
朝日新聞記者(無言)

森友学園が設立を予定していた「安倍晋三記念小学校(院)」がデマで本当は「開成小学校」という名前だった件について、麻生太郎氏が誤報を流した朝日新聞記者に詰め寄った。
麻生太郎「そうだったじゃねーか。素直に言えや」

https://twitter.com/i/web/status/934073900299718659
Mi2‏
@YES777777777
【素直に言えや】森友学園の設置趣意書に、朝日新聞が可能性を指摘していた「安倍晋三記念小学校」の記載がなかったことに、麻生太郎財務大臣「この話は極めて簡単で書いてなかったんですよ。朝日は書いてあるって煽った口だろ?そうだったじゃねーか。素直に言えや」

朝日新聞は紙面で謝罪な。
#news23
(動画)
23:59 - 2017年11月24日



小学校の「設置趣意書」「安倍晋三記念小学院」の記載は無かった!

またまた朝日新聞の裏取りナシの虚偽報道だった!

http://www.sankei.com/economy/news/171124/ecn1711240028-n1.html
「安倍晋三記念小学校」は朝日新聞が「煽った」 麻生太郎氏、森友問題で指摘
2017.11.24 13:28更新、産経新聞

閣議を終え、会見する麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
閣議を終え、会見する麻生太郎副総理兼財務相=24日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指した小学校の「設置趣意書」に、朝日新聞などが可能性を指摘していた「安倍晋三記念小学校」の記載がなかったことについて、「朝日新聞は書いてあるとあおった」と指摘した。

 財務省から資料を入手した自民党の和田政宗参院議員が22日に公開した趣意書は、「開成小学校」との記載で、首相名はなかった。麻生氏は、「(安倍晋三記念小学校とは)書いていなかった」と強調した。

 趣意書をめぐっては、5月8日の衆院予算委員会で当時民進党の福島伸享前衆院議員(10月の衆院選で落選)が、財務省が開示した資料の一部が黒塗りだったことを挙げ、「籠池泰典前理事長(詐欺などの罪で起訴)の記憶では、安倍晋三記念小学院の設置趣意書だった。その名前だったからこそ、忖度(そんたく)がなされ、特例措置が講じられることになった」と追及した。

 朝日新聞も、籠池被告の証言をもとに5月9日付で「開設予定の校名として『安倍晋三記念小学校』と記載したことを朝日新聞の取材に認めた」との記事を掲載した。

 麻生氏は報道に対し、「自分に都合の悪いところを隠すんじゃない。だから報道はゆがんでいるといわれるんだ」と語った。



>朝日新聞も、籠池被告の証言をもとに5月9日付で「開設予定の校名として『安倍晋三記念小学校』と記載したことを朝日新聞の取材に認めた」との記事を掲載した。


朝日新聞は、自分に都合の良い話については裏取りや検証をしないまま虚偽報道を垂れ流す常習犯だ!

今回の「安倍晋三記念小学院」デマ事件】も、籠池泰典前理事長の証言のみを根拠として裏取りをせずに事実として報道を垂れ流した。

しかし、籠池泰典前理事長の証言は虚言であり、実際には小学校の「設置趣意書」「安倍晋三記念小学院」の記載は無かった!





朝日新聞は、同様のことを「南京大虐殺」についても、「従軍慰安婦強制連行」についても、「加計学園問題」についても、やらかしている!

例えば、平成29年11月24日付当ブログ記事でも説明したとおり、「加計学園問題」では前川喜平の主張と前川喜平が情報提供した文科省内の部内文書だけを証拠として「総理の意向」などと大々的に虚偽報道した!


朝日新聞が平成29年5月17日付で大々的にスクープした八枚の文書は、飽くまで文科省内部にだけ存在する文科省側の言い訳文書だ。

獣医学部を新設したくない文科省が規制緩和推進派の内閣府・特区有識者委員に一方的に打ち負かされたために自分たちに都合の良い言い訳などを創作して記載しているだけだ。

朝日新聞が一面トップでスクープした文科省内部の八枚の文書は、既に内閣府と文科省の双方が認めて公表していた合意文書と違い、内容に信憑性がなく、証拠価値の極めて乏しい文書だ。

朝日新聞は、公式の合意文書を無視し、証拠価値のない文科省の言い訳用部内文書を使用した上に、朝日新聞にとって都合の悪い部分を陰で隠して「総理の意向」など都合の良い部分を大々的に報道した!





上述したとおり、朝日新聞は、自分に都合の良い話は「裏取り」をせずに虚偽報道を垂れ流す常習犯だ!

朝日新聞は、昭和40年代(1970年代前半)頃から現在に至るまで、「朝日新聞にとって都合の悪いことは『報道しない自由』を行使し、都合の良いことは『裏取りなし!検証なし!』で垂れ流す」というのが報道の大原則スタンスとなっている!

昭和40年代(1970年代前半)、朝日新聞は公平中立の立場を放棄し、完全に支那に偏向していった。

広岡知男社長は「たとえ事実でも中国に都合の悪いことは書くな」という趣旨の命令を出し、現実に実行させていった。

これは、裏を返せば、「たとえ事実と確認していないことでも、ウソでも、中国に都合のいいことを書け」と言っているようなものであり、それもまた現実に実行された。

昭和40年代(1970年代前半)、文化大革命の中、支那はあらゆる「日本軍の蛮行」を捏造しまくり、「その悪鬼・日本から我々を救って下さったのは毛沢東主席だ」という大宣伝を行ない、その一環として「南京大虐殺」も利用したのだが、朝日新聞はそのプロパガンダを直輸入し、裏取りや検証など全くせずに大宣伝した。

上記の朝日新聞の反日大キャンペーンの中でも、昭和46(1971)年8月から連載された『中国の旅』の影響は絶大だった。
朝日新聞がつくった南京大虐殺!朝日報道の中でも、最大の決定打となったのは1971年8月から連載された本多勝一の『中国の旅』だ。
朝日新聞がつくった南京大虐殺!朝日報道の中でも、最大の決定打となったのは1971年8月から連載された本多勝一の『中国の旅』だ。

本多勝一記者は、支那に赴き、支那共産党が用意した「証人」が話したことを「裏取りナシ・検証ナシ」でそのまま掲載し続けた!

朝日新聞は、支那共産党が用意した証人の嘘出鱈目を「裏取りナシ・検証ナシ」朝日新聞本紙、週刊朝日、朝日ジャーナル、アサヒグラフなど、あらゆる媒体を使って大々的に掲載し、翌年には単行本にまとめて販売したところ、ベストセラーとなってしまった。

東京裁判の時には「南京暴虐事件」などと呼ばれた南京での出来事(99%が捏造)はその後20年以上全く世間の話題になることはなかったが、支那共産党と朝日新聞が大々的に宣伝したため1970年代になって四半世紀ぶりに「南京大虐殺」という名称に変わって一般に広まった!

つまり、いわゆる「南京大虐殺」は、1970年代に支那共産党と本多勝一記者をはじめとする朝日新聞が共同で創造して宣伝したと言っても過言ではない。


ところが、1980年代になると、「南京大虐殺」は嘘っぱちのでっち上げとの見解が広まる。




苦しくなった朝日新聞は、元兵士の日記と写真を捏造する事件を起こした!

昭和59(1984)年8月4日、朝日新聞夕刊に5段抜きの大見出しが躍った。

日記と写真もあった南京大虐殺 昭和59(1984)年8月4日、朝日新聞夕刊

昭和59(1984)年8月4日、朝日新聞夕刊「日記と写真もあった南京大虐殺、悲惨さ写した3枚、宮崎の元兵士後悔の念をつづる」
昭和59(1984)年8月4日、朝日新聞夕刊
「日記と写真もあった南京大虐殺」
「悲惨さ写した3枚、宮崎の元兵士後悔の念をつづる」


この写真は、満州の張学良の部下が盗賊を銃殺して見せしめとして首を切って晒したものを撮影した写真であり、1937年の南京戦よりも何年も前から満州や朝鮮の土産屋などで「鉄嶺ニテ銃殺セル馬賊ノ首」と題して販
「鉄嶺ニテ銃殺セル馬賊ノ首」
「鉄嶺」は満州の都市。
張学良の配下の者が匪賊を銃殺し、見せしめとして首を切ったものと考えられ、当時この写真は満州や朝鮮などで販売されていた。


「日記と写真もあった南京大虐殺、悲惨さ写した3枚、宮崎の元兵士後悔の念をつづる」と題されたこの記事は、翌5日朝刊の全国版にも掲載され、一大センセーションを巻き起こした!

しかし、翌年の昭和60年(1985年)12月、朝日新聞が上記の大スクープで使用した写真は、実は張学良の配下の者が匪賊を銃殺して見せしめとして首を切ったもので、当時は満州や朝鮮などで販売されていた写真だと判明し、日記も写真も朝日新聞の捏造だったことが分かった!(詳細記事



また、大日本帝国陸軍の元将校などの親睦組織である「偕行社」は同じ頃の昭和59年~60年(1984年~85年)に南京虐殺は「幻か否か」について会員の証言を集め、1985年に『証言による南京戦史』を編纂した。

執筆担当者の畝本正己が、集めた証言や資料を基に日本軍による支那軍不法処理の疑いのある被害者数を推定した。

その後、畝本正己は、資料、証言を更に整理し検討し、昭和63年(1988年)に発行した『南京戦史』(偕行社)で、撃滅・処断推定約1万6千人、【うち不法殺害の可能性があるのは歩66第1大隊の捕虜処断最大約8百人の一例のみ】と結論している。

いずれも、日本軍による南京市民虐殺は0人だったとの認識だった。


●偕行の結論(1988年『南京戦史』)
南京市民虐殺=0人
不法な捕虜処断=0人~800人



朝日新聞が昭和59(1984)年8月に日記と写真を捏造までして「南京大虐殺」に係る捏造記事(フェイクニュース)を書いたことが昭和60年(1985年)12月に明白となり、また「偕行社」が年月を費やして綿密な調査をして南京市民虐殺は0人だったとの結論を昭和60年(1985年)の『証言による南京戦史』や昭和63年(1988年)の『南京戦史』にまとめたことにより、いわゆる「南京大虐殺」は学術的には虚構だったとの考えが優勢となり始めた。




すると、焦った朝日新聞は、「従軍慰安婦強制連行」に活路を見出した!

1989年に韓国の済州新聞「1983年に吉田清治が書いた本は捏造だ」と報じたにもかかわらず、1990年~1993年頃に朝日新聞は吉田清治の捏造本を証拠として「従軍慰安婦強制連行」を大宣伝した!


━━━━━━━━━━
▼いわゆる「従軍慰安婦」捏造の経緯のまとめ▼

1947年、吉田清治が日本共産党から立候補。129票を獲得しつつ落選

1971年、『週刊実話』が「従軍慰安婦」という言葉を使用

1973年、千田夏光著『従軍慰安婦』という悪質な捏造本が発行

1977年、吉田清治著『朝鮮人慰安婦と日本人』という悪質な捏造本発行
吉田清治が 「日本軍人が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にした」 と証言

1982年、吉田清治が 「朝鮮人の奴隷狩りがあった」 と証言


1983年、吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』という悪質な捏造本(韓国が強制連行された従軍慰安婦が居た証拠だと主張している本)を発行
以後、朝日新聞や赤旗が「従軍慰安婦強制連行」に関する記事を掲載。

1989年、韓国・済州島の済州新聞「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』は捏造」と報じる

1990年~1993年、朝日新聞は、1983年に吉田清治が書いた捏造本の「従軍慰安婦強制連行」というフィクションを真実であると大宣伝(テレビ朝日なども大キャンペーンを展開)

1991年、朝日新聞記者・植村隆が8月11日の紙面にて、従軍慰安婦について悪意ある捏造記事を掲載 !
裁判で「親に売られた」と証言した朝鮮人の言葉を、植村隆が「日本軍に強制連行された」と捏造して紙面に掲載した。


1991年、12/06にアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件として、35人が慰安婦に対する賠償を求めて日本政府を告訴
原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など
朝日新聞記者・植村隆の義理の母親が粱順任(ヤン・スニム)であり、植村隆は義理の母親が日本政府相手の訴訟で勝てるように、捏造して世論を動かそうとした。


1992年、韓国・済州島にて現地調査が行われる。島民からまったく裏付けとなる証言がでてこなかった

1993年、宮沢喜一と河野洋平が吉田清治や朝鮮人婆の虚言を事実であると認めて大宣伝
以後、南朝鮮の歴史教科書に「従軍慰安婦」が記述

1996年5月29日の週刊新潮のインタビューにて、「強制連行した」唯一の証言者である吉田清治はいろいろ言い訳しつつも「慰安婦強制連行がフィクションである」と認める。
吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と朝鮮での慰安婦強制連行を捏造と認めた。


1997年1月3日、「朝まで生テレビ」に出演した反日左翼の吉見義明は、「強制連行は確認されていない」ことと、「挺身隊が慰安婦にさせられた例も確認されていない」ことを認める。

1997年、日本の中学校の歴史教科書に慰安婦問題が記載される。

1998年、「人権屋に利用された私が悪かった」 と吉田清治が反省

2004年、11/29に日本最高裁判所にて、日本政府を告訴した原告の敗訴が確定

2006年、02/21にアメリカ最高裁判所にて、在米韓国人・在米中国人らが起こした従軍慰安婦訴訟の判決で、原告の敗訴が確定
アメリカ国内で慰安婦問題について日本に賠償・謝罪を求める訴訟は二度と起こせなくなった

2011年、05/09に韓国国内にて粱順任(ヤン・スニム)が日本政府から賠償金をとるからと弁護士費用を集めて、詐欺罪で逮捕

2014年、朝日新聞が吉田清治の証言について裏付け得られず虚偽と判断

━━━━━━━━━━


(参考)
▼朝日新聞が掲載した『従軍慰安婦』という語を含む記事の件数▼
――――――――――
年     件数   出来事  
1985(S60)  3 前年8月に朝日新聞がスクープした【「南京大虐殺」の証拠=元日本兵の日記と写真】捏造と判明!
1986(S61)  3
1987(S62)  2
1988(S63)  4 帝国陸軍の元将校などの親睦組織「偕行社」『南京戦史』「不法殺害の可能性があるのは捕虜処断最大約8百人の一例のみ(市民虐殺はゼロ)」と結論
1989(H01)  6 済州新聞「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』(1983年)は捏造」と報道!
1990(H02)  8
1991(H03) 110 朝日新聞が「吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』(1983年)を証拠として「従軍慰安婦強制連行」を事実として大宣伝!植村隆は元慰安婦の証言を捏造した記事を掲載
1992(H04) 622 韓国の済州島にて現地調査が行われたが、慰安婦強制連行の証拠も証言も全く無し!
1993(H05) 350 宮沢喜一と河野洋平が、吉田清治や朝鮮人婆の虚言を事実であると認める!
1994(H06) 296 
1995(H07) 384 
1996(H08) 450 吉田清治が「従軍慰安婦強制連行」をフィクション(捏造)と認める!
1997(H09) 375 
1998(H10) 76
――――――――――




「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「朝日新聞は、裏取りナシで虚偽報道を垂れ流す常習犯だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

朝日新聞が謝罪と賠償を要求!「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪

『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


http://www.asahi.com/corporate/info/11207014
朝日新聞社
2017-11-21
「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者・小川榮太郎氏と飛鳥新社への申入書
2017年11月21日  

小川 榮太郎 殿
株式会社飛鳥新社
代表取締役 土井 尚道 殿

株式会社 朝日新聞社
広報部長 後田 竜衛

申 入 書

 小川榮太郎著・株式会社飛鳥新社発行の書籍「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(本書という)は、弊社による「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「虚報」「捏造」などと決めつけています。
 本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず」「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報道し続けた」としています。また、実際には紙面で報じている当事者の発言等を「殆ど取材せず、報道もしていない」としています。さらに「加計学園」報道に関して、弊社がNHK幹部と「密議」や「共謀」して「組織的な情報操作」を行ったと記載するなど、荒唐無稽な持論を展開しています。

 弊社の一連の報道は、森友学園に国有地が大幅に値引きされて売却された不透明性・不自然さを指摘するとともに、約50年ぶりとなる加計学園による獣医学部の新設をめぐり、公平で適正であるべき手続きに疑念を抱かせる複数の文書の存在を明らかにしたものです。国民が当然抱くであろう疑問に答えるのは報道機関の使命であり、そのために現場の記者たちは内部文書を掘り起こすとともに、さまざまな関係者の証言を集め、事実に基づいて報じています。

 それを弊社に一切の取材もないまま、根拠もなく、「虚報」「捏造」などと決めつけるのは、弊社の名誉・信用を著しく傷付ける不法行為であり、到底見過ごすことはできません。
 貴殿及び貴社に厳重に抗議するとともに、すみやかに弊社に謝罪し、事実に反する部分を訂正し、弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます。
 以下に、事実に反する主な箇所を示します。
 本書面受領後2週間以内に、書面にて真摯にお答えください。
 なお、本書面は弊社コーポレートサイト(http://www.asahi.com/corporate/)で公表いたします。

【事実に反し名誉・信用を毀損する主な箇所】

①「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(本書題名)及び「無双の情報ギャング 朝日新聞に敬意を込めて捧ぐ」(本書2頁)との記載。
 上記の記載は、事実に基づかない、弊社に対する著しい誹謗中傷であり、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。

②「〝スクープ〟はこうしてねつ造された」(本書の帯)との記載。
 弊社の「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道にねつ造はありません。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。

③「仕掛けた朝日新聞自身が、どちらも安倍の関与などないことを知りながらひたすら『安倍叩き』のみを目的として、疑惑を『創作』した」(5頁)との記載。
 上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。

④「『安倍叩き』は今なお『朝日の社是』なのだ」(19頁)との記載。
 弊社は「安倍叩き」を社是としたことは一度もありません。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。


⑤「朝日の記者側から、何らかの訴訟を構成すれば記事にできるとの助言があった末でのこの記事だという」(22頁)との記載。
 豊中市議会議員の木村真氏に対し、弊社の記者が訴訟を促すような助言をしたことはありません。上記の記載は、事実に反し、弊社及び記者の名誉・信用を著しく毀損するものです。

(中略)

⑦「見出しは上から順に、『籠池氏「昭恵夫人から、口止めとも取れるメール」』『お人払いをされ、100万円を頂き金庫に』『夫人から財務省に、動きをかけて頂いた』」と昭恵叩きの虚報三連発」(99頁)との記載。
 記事は、虚偽の証言をすれば偽証罪に問われる可能性がある参議院予算委員会の証人喚問における籠池泰典証人の発言の要旨を記載したもので、上記見出しは発言内容の重要な部分を見出しとしたものです。籠池氏が上記のとおり発言したことは真実であり、「虚報」には該当しません。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。

⑧「『総理のご意向』が書かれた同じ文書のすぐ下に、『総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか』と書かれている。もし『総理の指示』があったらこういう言い方にはなるまい。指示がなかったからこそ『総理からの指示に見える』ような操作が必要だ――この文書はそう読める」「この日、朝日は後に政府が調査・公開した文書八枚(一部ずれがある)を既に入手していたが、『総理の意向』『官邸の最高レベル』という、安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず、未公開のまま、今日に至っているのである」「朝日新聞は、最初から世論の誤導を狙って、『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報道し続けた」(151~152頁)との記載。
 弊社は、上記8枚の文書について、その内容を本年5月17日、18日、19日の紙面で紹介しており、「安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず」という指摘は事実に反します。
 また、上記8枚の文書のうちの「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書には、今治市での大学設置の時期について「総理のご意向」で最短距離でプロセスを踏んでいると聞いているとの記載があり、次いで「大学設置審査のところで不測の事態(平成30年開学が間に合わない)ことはあり得る話」との懸念が記載され、そのすぐ後に、「『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり」と記載されています。一連の記載に沿って、普通の読み方をすれば、「総理のご意向」を実現するために、国家戦略特区諮問会議決定とし、総理からの指示に見えるようにするのがよいとの趣旨であることが明らかです。弊社が、入手した文書について「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽」した事実はありません。また、世論の誤導を狙って報道したこともありません。
 本書の上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。
 なお、獣医学部新設の時期に関しては、文科省が公表した「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題する文書で「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。成田市ほど時間はかけられない。これは官邸の最高レベルが言っていること」との記載もあります。


(中略)

⑩「朝日が裏取りもせずにスクープを決断」(156頁)との記載。
 弊社は複数の取材源に確認したうえで当該記事を掲載しています。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。


(中略)

⑯「時系列で読み解くと、朝日がなぜこの文書をひた隠してきたかがよくわかるはずだ」(256頁)及び「こうして八枚いずれの文書も、徹底的にサボタージュしてきた関係省庁を、藤原、義家、松野、萩生田らがそれぞれの立場から解きほぐし、圧力団体や麻生副総理の意向に配慮しながら、行政手続きと規制突破を両立させるべく腐心している様を伝えている。朝日新聞をはじめマスコミが『総理の意向』以外の部分を徹底的に隠したのはその為だったのだ」(267~268頁)との記載。
 弊社は、本年5月17日、18日、19日の紙面において上記の8枚の文書の内容を紹介しており、その中で、藤原、義家、松野、萩生田各氏の行動や発言について触れています。「総理の意向」以外の内容についても報じていることは前記⑧の通りです。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。


以上



上記の朝日新聞からの「申入書」に対し、すぐに小川榮太郎が反応した。

小川榮太郎【お知らせ】本日、朝日新聞広報部より、拙著『徹底検証森友・加計事件 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』への、「厳重」な「抗議」と共に「謝罪」「賠償」などを求め2週間以内に返答せよとのファッ

小川榮太郎
11月21日

【お知らせ】
本日、朝日新聞広報部より、拙著『徹底検証森友・加計事件 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』への、「厳重」な「抗議」共に「謝罪」「賠償」などを求め2週間以内に返答せよとのファックスが飛鳥新社及び著者である私に届いた。出版から一ヶ月以上経っての抗議は異例ではないか。ネット上で朝日からの抗議がないことへの疑念が広がってきたことへの対処であろう。
抗議は15項目ある。
大新聞社からののしかかるようにして15項目の抗議を受けるとは、組織の後ろ盾の全くない弱小個人の私としては大変な重圧だ。もっとも1、2調べ直して私側の瑕疵かもしれぬ点を除けば大半は、反論を書くのが楽しみな---あまりにも無理筋の内容だったが(笑)
自分では虚偽見出し、明らかで露骨な事実隠蔽を数々続けておきながら、個人の著作を組織の圧力で押しつぶそうとするとは、朝日新聞の人権感覚は天晴なものだ。漱石、如是閑ら泉下の先輩らに感想を聞いてみたいものである。
それはともかく、抗議と応酬が続き、拙著の問題性が白日に晒され、事柄が多くの国民に知られてゆくことはいいことだ。15項目の応酬を多くの人に知ってもらうことで、朝日新聞の体質、やったことは一層明らかになるだろう。

 


https://twitter.com/ogawaeitaro/status/933514665593675776
小川榮太郎‏
@ogawaeitaro
父の墓参に向かう新幹線の車中で朝日新聞への回答を書いている。
楽しくて仕方がない。
日本の言論史を画する事件になるだろう。

10:56 - 2017年11月23日





横から失礼して、私も朝日新聞に対して言いたいことがあるので以下に述べる。


>弊社の一連の報道は、森友学園に国有地が大幅に値引きされて売却された不透明性・不自然さを指摘するとともに、約50年ぶりとなる加計学園による獣医学部の新設をめぐり、公平で適正であるべき手続きに疑念を抱かせる複数の文書の存在を明らかにしたものです。国民が当然抱くであろう疑問に答えるのは報道機関の使命であり、そのために現場の記者たちは内部文書を掘り起こすとともに、さまざまな関係者の証言を集め、事実に基づいて報じています。


朝日新聞は「国民が当然抱くであろう疑問に答えるのは報道機関の使命」と豪語しているが、だったら民主党政権時代に辻元清美の庭(選挙区)で起きた国有地(野田中央公園)の売却価格に係る疑問、そして自民党の石破茂元地方創生担当大臣や希望の党の玉木雄一郎代表や立憲民主党の陳哲郎(福山哲郎)幹事長らが日本獣医師連盟から献金を受け取って国会などで獣医学部の新設を妨害したことに係る疑問にも答えろ!

朝日新聞は、辻元清美に係る国有地(野田中央公園)売却問題、そして陳、玉木、石破らの『あっせん利得罪』疑惑、『あっせん収賄罪』疑惑、『受託収賄罪』疑惑については国民が当然抱いている疑問に全く答えようとしていない!

辻元清美のお膝元である豊中市が14億円の補助金をもらって14億2000万円の国有地を実質2000万円で購入した時、辻元清美は国土交通副大臣だった!

民主党政権となり、辻元清美が国土交通副大臣になったら、14億円以上の夢のような補助金が交付され、結局豊中市はタダ同然(約2千万円)の値段で購入することができた。 安倍昭恵夫人が籠池氏に100万円渡していな
画像

隣接する土地(野田中央公園)【14億値引き】については、民主党政権となり、辻元清美が国土交通副大臣になったら、14億円以上の夢のような補助金が交付され、結局豊中市はタダ同然(約2千万円)の値段で購入することができた。
豊中市議会の議事録
平成22年10月12日建設水道常任委員会(決算)-10月12日-01号 委員(岡本清治)

平成22年10月12日建設水道常任委員会(決算)-10月12日-01号 委員(岡本清治)

委員(岡本清治) この(仮称)野田中央公園につきましては、当初予算が15億455万円、契約金額が14億2,386万円となっておりましたけれども、その後さまざまな国庫補助金と合わせて14億262万円が補助対象となるといったことから、実質1億8,250万円の市債も2,124万3,000円の一般財源で購入することができたと、夢みたいな話でございますが、これはどういうかげんでタイミングよくこうなったかわかりませんけれども、政権かわったからこうなったかどうかわかりませんが、どちらにしても当初は理事者も頭を悩ませておった大変大きな金額でありますが、一般財源で買えるといったいいチャンスに恵まれたんではないかと思っております。


これは、森友学園が購入した土地に隣接する豊中市の「野田中央公園」14億2千万円という値段も実際にはフィクション(虚構)であり、本来はタダ同然の「辻元清美の庭」(選挙区)の土地価格を地上げするために交付金などを利用して14億円以上のフェイク価格で取引させたのだ!
●関連記事
松井一郎府知事「辻元清美の話は言わないでねと言われたらメディアは民進党に悪い忖度をしている」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6612.html
安倍首相が辻元清美の疑惑について国会で言及・フジテレビも辻元の疑惑や民進党の報道規制などを報道
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6615.html

足立が辻元の巨大な疑惑を発表!隣の14.2億円こそ不当に高い地価・民進党が産経新聞に抗議文!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6616.html




また、自民党の石破茂元地方創生担当大臣や希望の党の玉木雄一郎代表や立憲民主党の陳哲郎(福山哲郎)幹事長らは、「日本獣医師政治連盟」から献金を受け取って国会などで獣医学部の新設を阻止しようとした!

陳哲郎、玉木雄一郎、石破茂らの行為は、普通に考えて『あっせん利得罪』、『あっせん収賄罪』、『受託収賄罪』に該当する!


▼「日本獣医師政治連盟」から金を受け取った政治家まとめ▼

(1)玉木雄一郎(希望)100万円 2012年12月7日

(2)福山哲郎(立憲)100万円 2010年8月31日

(3)芝博一(民進)100万円 2010年8月31日

(4)石破茂(自民)100万円 2012年12月27日

(5)逢坂誠二(立憲)10万円 2014年12月4日


●詳細記事
国会で足立康史が陳と玉木を犯罪者と指摘!朝日新聞記事を捏造と断定!野党は懲罰動議提出も検討
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6875.html




朝日新聞は、国民が当然抱くであろう上記の疑問に全く答えようとしていないくせに、「国民が当然抱くであろう疑問に答えるのは報道機関の使命」とか偉そうなことを言うな!





>④「『安倍叩き』は今なお『朝日の社是』なのだ」(19頁)との記載。
> 弊社は「安倍叩き」を社是としたことは一度もありません。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。



「安倍叩きは朝日新聞の社是」発言は、朝日新聞論説主幹だった若宮啓文が政治評論家の三宅久之さんに話したことだ。

今は二人とも亡くなっているので確かめようがないが、朝日新聞の報道の内容や傾向は「安倍叩きは朝日新聞の社是」を十分に裏付けている。






>⑧・・・
>また、上記8枚の文書のうちの「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」と題する文書には、今治市での大学設置の時期について「総理のご意向」で最短距離でプロセスを踏んでいると聞いているとの記載があり、次いで「大学設置審査のところで不測の事態(平成30年開学が間に合わない)ことはあり得る話」との懸念が記載され、そのすぐ後に、「『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり」と記載されています。一連の記載に沿って、普通の読み方をすれば、「総理のご意向」を実現するために、国家戦略特区諮問会議決定とし、総理からの指示に見えるようにするのがよいとの趣旨であることが明らかです。弊社が、入手した文書について「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽」した事実はありません。また、世論の誤導を狙って報道したこともありません。



だったら、どうして朝日新聞は、平成29年5月17日付一面トップに掲載した写真の『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。」と記載されていた部分をわざわざ陰に隠して見えないようにしたのか?!
朝日新聞は、平成29年5月17日付スクープで掲載した「文科省の記録文書」の写真で、上記の「総理からの指示に見えるのではないか。」という重要部分(総理の指示ではないことの証拠)を陰で隠していた!
「国家戦略特区諮問会議決定」という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。

(一部抜粋)
設置の時期については、今治市の区域指定時より「最短距離で規制改革」を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている。

「国家戦略特区諮問会議決定」という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。


朝日新聞の主張どおりなら逆に当該部分は重要なはずだが、わざわざ手間暇かけて当該部分を陰で隠したことの説明がつかない。(詳細記事





>⑩「朝日が裏取りもせずにスクープを決断」(156頁)との記載。
> 弊社は複数の取材源に確認したうえで当該記事を掲載しています。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。



朝日新聞は、「裏取り」の解釈を歪曲している。

平成29年5月17日付朝日新聞の一面トップに掲載したスクープ記事については、文科省の内部資料があったことは事実でも、その内容が事実かどうかの裏取りはしていない。
朝日新聞は平成29年5月17日付1面トップで【新学部「総理の意向」】の大見出しを掲載した!

元財務官僚で元内閣参事官の高橋洋一が説明したとおり(詳細記事)、朝日新聞がスクープで使った文科省の部内資料は、勝負のついた後に文科省側の言い訳を載せただけの文書であり、その内容は内閣府側には見せてもいない。

獣医学部を新設したくない文科省は、規制緩和推進派の内閣府・特区有識者委員によって一方的に打ち負かされたため、文科相内部で自分たちにとって都合の良い言い訳を創作したのだ。

飽くまで文科省内だけに存在する部内文書であり、内閣府の文書や文科省と内閣府の双方が共有する合意文書でない。

だから、平成29年年5月17日付朝日新聞の一面トップに掲載したスクープ記事は、裏取りをしていないのだ。

実際には、文科省のみならず内閣府も認めた、いわば両者の合意文書が存在しており、それ以前に公表されていた。

それにもかかわらず、朝日新聞は、それら合意文書とは食い違う内容の文科省部内資料だけをスクープ報道したのだから、やはり裏取りをしていないことになる。

既に公表されていた文科省と内閣府の両者の合意文書と比較すれば、朝日新聞がスクープした文科省の部内資料は事実関係を度外視した文科省側の言い訳を載せただけの文書だということが分かる。






>⑯「時系列で読み解くと、朝日がなぜこの文書をひた隠してきたかがよくわかるはずだ」(256頁)及び「こうして八枚いずれの文書も、徹底的にサボタージュしてきた関係省庁を、藤原、義家、松野、萩生田らがそれぞれの立場から解きほぐし、圧力団体や麻生副総理の意向に配慮しながら、行政手続きと規制突破を両立させるべく腐心している様を伝えている。朝日新聞をはじめマスコミが『総理の意向』以外の部分を徹底的に隠したのはその為だったのだ」(267~268頁)との記載。
> 弊社は、本年5月17日、18日、19日の紙面において上記の8枚の文書の内容を紹介しており、その中で、藤原、義家、松野、萩生田各氏の行動や発言について触れています。「総理の意向」以外の内容についても報じていることは前記⑧の通りです。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。



八枚の文科省の部内資料について、平成29年年5月17日付朝日新聞の一面トップに掲載した写真の『国家戦略特区諮問会議決定』という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。」以下の部分をわざわざ陰に隠して見えないようにしたことは事実。

それと、上述したとおり、朝日新聞が大々的のスクープした八枚の文書は、飽くまで文科省内部にだけ存在する文科省側の言い訳文書だ。

獣医学部を新設したくない文科省が規制緩和推進派の内閣府・特区有識者委員に一方的に打ち負かされたために自分たちに都合の良い言い訳などを創作して記載しているだけだ。

朝日新聞が一面トップでスクープした文科省内部の八枚の文書は、既に内閣府と文科省の双方が認めて公表していた合意文書と違い、内容に信憑性がなく、証拠価値の極めて乏しい文書だ。

朝日新聞は、公式の合意文書を無視し、証拠価値のない文科省の言い訳用部内文書を使用した上に、朝日新聞にとって都合の悪い部分を陰で隠して「総理の意向」など都合の良い部分を大々的に報道した!

上記の朝日新聞の報道姿勢は、捏造報道や虚偽報道と言われて当然だ。




「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「朝日新聞は、盗人猛々しい!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

野球の韓国代表、日本に勝っていたら東京ドームのマウンドに太極旗を刺す準備していた→結果は完敗
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【11月21日深夜(22日未明)からのブログ強制非公開について】

11月21日の深夜にFC2からメールで「利用規約違反がある」との通告がありました。

11月21日から翌22日に日付けが変わって間もなくブログ全体が「プライベートモード」(強制非公開)にされてしまいました。

以前にもFC2から利用規約違反を指摘されたことは何度もあったのですが、該当する記事に対してのみ非公開や削除の措置がされていました。

今回のように、いきなりブログ全体を強制非公開とされたのは初めてでしたので大変驚きました。

当初は何が利用規約違反か明確に分からなかったのですが、FC2に問い合わせたら11月22日の夕方に返事があり、4年以上前【トンスル】について説明した記事の中で使用していた画像が利用規約違反だと判明しました。

●該当ブログ記事(違反画像削除済み)
トンスルが世界24ヵ国以上で報道!韓国人「国家イメージに打撃」と激憤・人糞酒や食糞は事実
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5183.html


上記の該当ブログ記事の中で転載した2013年8月13日付VICE【韓国秘伝の人糞酒『トンスル』その製造過程からお味まで確かめてみよう!】の中にあった排泄物の画像(削除済み)が利用規約違反との指摘でした。

11月22日の夜に該当する画像を削除してFC2に連絡したところ、11月23日午前9時前に「プライベートモード」(強制非公開)を解除されました。

皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしました。

また、大変あたたかいお言葉の数々、大変感激しております。

FC2ブログが非公開にされた。
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/50009944.html
FC2の利用規約違反について
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/50010764.html
m(._.)m

ぺこ<(_ _)>

「人気ブログランキング」についても最近は10月上旬以降ずっと1位だったのですが、落っこちてしまいました。

また一から出直しますので、「人気ブログランキング」の応援クリックの方も、よろしくお願いします!



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)






g2009年3月18日WBC第2ラウンドで日本を破った時
2009年3月18日WBC第2ラウンドで日本を破った時


野球の韓国代表、日本に勝っていたら東京ドームのマウンドに太極旗(属国旗)を突き刺す準備していた!
→完敗し、未遂に終わる!

http://sports.news.naver.com/kbaseball/news/read.nhn?oid=079&aid=0003035429
(朝鮮語を翻訳)
11月19日
【悲報】野球・韓国代表、日本に勝っていたら東京ドームのマウンドに太極旗を刺す準備していた ⇒ 結果

太極戦士は日本を破って東京ドームマウンドに太極旗を刺す場面を必ずお見せすると念を押した。
大会期間中に良い技量を見せたリードオフのパク・ミンウは「私たちはここに勝つためにきた。負けるためにきたのではない。ク・チャウクとキム・ハソンがやってくれると思う」と期待感を表わし、「東京ドームのマウンドに刺す太極旗は準備してある」と耳打ちした。

「目標は当然優勝だ」と強調した"風の孫"イ・ジョンフは「日本戦が終わってまともに寝られなかった」と伝え、
「太極旗セレモニーをしたら鳥肌が出そうだ」と打ち明けた。

落ち着いて相手戦力をメモしていた"一番上の兄"チャン・ピルジュンもやはり派手なフィナーレを夢見た。
彼は「日本との第1戦でとても大変な試合をした。大変な結果を受けることになった相手を倒してマウンドに太極旗を刺すことになるならば、ジーンとしそうだ。一生記憶に残る場面になるだろう」と話した。

休むことなく駆け抜ける若い太極戦士。日本野球の心臓部である東京ドームで太極旗セレモニーを行う時間が近づいた宣銅烈(ソン・ドンヨル)号だ。

【悲報】野球・韓国代表、日本に勝っていたら東京ドームのマウンドに太極旗を刺す準備していた ⇒ 結果




韓国がマウンドに太極旗を挿すパフォーマンスは、日本に勝ったときに行う下品な挑発行為だ。

恥を知らない朝鮮人にはスポーツマンシップの欠片も感じられない。


2006年3月WBC大会第2ラウンドで日本を破った時
2006年3月WBC大会第2ラウンドで日本を破った時




2008年8月 北京五輪
2008年8月 北京五輪




g2009年3月18日WBC第2ラウンドで日本を破った時
2009年3月18日WBC第2ラウンドで日本を破った時




太極旗は属国の証
太極旗は属国の証

大清国属

高麗国旗

「大清国の属国 高麗国旗」と記された太極旗






▼朝鮮が支那の一部(属国)だった証拠の数々▼
明の属国朝鮮 朝貢属国!1602 日本海(Sea of Japan)「坤輿萬國全図」、制作Matteo Ricci、北京。
朝鮮が明の属国だった証拠!
「朝鮮」…「朝貢属国」
1602 日本海(Sea of Japan)
「坤輿萬國全図」、制作Matteo Ricci、北京。




大清国属 高麗国旗
朝鮮が清の属国だった証拠!
「大清国属高麗国旗」
(大清国に属する高麗の国旗)



土下座碑 ホンタイジに土下座する仁祖(銅版)
「土下座碑」
清朝の第2代皇帝ホンタイジに土下座する朝鮮王の仁祖(銅版)



迎恩門 清皇帝から受けた恩に、感謝して迎えるために作った門。ここで朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えた。
「迎恩門」
「迎恩門」は、清皇帝から受けた恩に感謝して迎えるために作った門。
朝鮮王が清国皇帝の使者を迎える際に土下座以上に屈辱的な【三跪九叩頭の礼】をさせられていた場所。
この「迎恩門」で朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏し、清の使者を迎えた。

迎恩門といい、朝鮮歴代の王が中国皇帝の使者を迎えるにあたって



日清戦争後に清から独立したために建てられた「独立門」。その前に「迎恩門」の石柱が残っている。
「独立門」
日清戦争後に清から独立したために大韓帝国が建てた。
その前に「迎恩門」の石柱が残っている。

「独立門」 は日清戦争後に清から独立したために大韓帝国が建てたが、その前に「迎恩門」の石柱が残っている。
「独立門」の前には朝鮮王が9回頭を地面に叩きつけてひれ伏す【三跪九叩頭の礼】をして清の使者を迎えさせられていたの「迎恩門」の石柱が残っている。


以上のとおり、1200年以上に亘り、朝鮮は支那の属藩・属領だった。

しかし、当時、日本は、朝鮮がこのまま沈みかけている清朝の属領のままでは日本にとっても危険だと考えたために清朝の支配から切り離そうとした。
だから、日朝修好条規で、日本は朝鮮の自主独立を承認し、清朝の宗主権を否認した。

ところが、清朝はそんなことはお構いなしにいつまで経っても朝鮮を属領・属藩にし続けた。
日本がせっかく朝鮮を「独立国」として認めたのに、清と朝鮮の関係に変化はなかった。

1894年6月6日、清国公使、陸奥宗光外相に、朝鮮国王の要請に応じ属邦保護のため出兵する旨を通告
陸奥外相、朝鮮を清国の属邦とみとめずと抗議

日清戦争

朝鮮の内部にも、儒者などを中心に「小中華」を自負し、「独立なんてとんでもない、いつまでも小中華として支那の属領・属藩であり続けるべき」という連中が大勢いた。

だから、日清戦争後の「下関条約」では、「獨立自主ノ國タルコトヲ確認」という文言になったのだ。

下関条約
1、清國ハ朝鮮國ノ完全無缺ナル獨立自主ノ國タルコトヲ確認ス
(清朝の朝鮮に対する「宗主権」放棄=朝鮮独立の承認)


以上のとおり、朝鮮は、1200年以上も支那大陸帝国の一部(属国・属藩)だったが、日本のお陰で支那(大清帝国)から独立できたのだ。

なお、属国というのは、支那が上で朝鮮が下ということだ。

併合というのは、日本と朝鮮が1つになるのだから基本的には対等ということだ。

上述したとおり、支那の属国(属領)時代の朝鮮は、とことん惨めだった。

朝鮮王は、「迎恩門」で、9回頭を地面に叩きつけてひれ伏し、清の使者を迎えていた。

そして朝鮮は毎年、女3,000人などを支那に献上させられていた!


(参考)

朝鮮と清国の従属関係について、簡単にまとめれば、(中略)細かく定められた貢品以外に、毎年、牛3000頭、馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜き、清国に朝貢することが義務づけられていた。
黄文雄著『中国・韓国の歴史歪曲』


●詳細記事
おいなりさん無残な姿!警固神社の4体壊される(福岡)・神功皇后の三韓征伐を勝利に導いた神祀る
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5841.html
「日本は韓国のお蔭で発展したのに」「日本のお蔭で朝鮮が独立した」・日本の教科書に韓国人が反論
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5841.html




「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「マウンドに属国旗を突き刺すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

大阪市長「ちょっと待てはこっちのセリフ。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実。やることある」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






はじめに

11月21日の夜に当該記事を更新した後、FC2からメールで「利用規約違反がある」との通告があり、11月22日に日付けが変わって間もなく当ブログ全体が「プライベートモード」(強制非公開)にされてしまいました。

皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしました。

また、大変あたたかいお言葉の数々、大変感激しております。

FC2ブログが非公開にされた。
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/50009944.html
FC2の利用規約違反について
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/50010764.html
m(._.)m

ぺこ<(_ _)>

当初は何が利用規約違反か明確に分からなかったのですが、FC2に問い合わせたら11月22日の夕方に返事があり、4年以上前【トンスル】について説明した記事の中で使用していた画像が利用規約違反だと判明しました。

●該当ブログ記事(違反画像削除済み)
トンスルが世界24ヵ国以上で報道!韓国人「国家イメージに打撃」と激憤・人糞酒や食糞は事実
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5183.html


上記の該当ブログ記事の中で転載した2013年8月13日付VICE【韓国秘伝の人糞酒『トンスル』その製造過程からお味まで確かめてみよう!】の中にあった排泄物の画像(削除済み)が利用規約違反との指摘でした。

11月22日の夜に該当する画像を削除してFC2に連絡しました。

そうしたところ、11月23日午前9時前に「プライベートモード」(強制非公開)を解除されました。

以前にもFC2から利用規約違反を指摘されたことは何度もあったのですが、該当する記事に対してのみ非公開や削除の措置がされました。

今回のようにブログ全体を強制非公開とされたのは初めてでした。

私も、4年以上前の記事で使用していた画像で、いきなりブログ全体を強制非公開にされたのには驚きました。

「人気ブログランキング」についても最近は10月上旬以降ずっと1位だったのですが、落っこちてしまいました。

また一から出直しますので、「人気ブログランキング」の応援クリックの方も、よろしくお願いします!



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)






【大阪市長】吉村洋文「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」
【大阪市長】吉村洋文『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」


【大阪市長】吉村洋文「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」

https://twitter.com/hiroyoshimura/status/932192487044612097
吉村洋文(大阪市長)‏認証済みアカウント
@hiroyoshimura
「ちょっと待て」はこっちのセリフだよ、朝日新聞。
吉田虚偽証言を何度も報道し、クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。
2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪。
僕を批判する前にやることあるでしょ。

19:23 - 2017年11月19日



【ポイント】
朝日新聞は平成26年(2014年)8月5日、6日両日付記事で「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道を認めた。
平成26年8月5日、朝日新聞は、「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治の虚偽証言に基づく記事を取り消した。

ところが、朝日新聞は、海外で読まれている英文サイトには、未だに「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道を認めたことについて掲載していない!

そのため、アメリカなど海外では、今でも朝日新聞が「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道を認めたことについて知られていない!

多くの日本国民が朝日新聞に対し、海外で読まれている英文サイトにも「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道についての記事を掲載するよう求めてきたが、朝日新聞は日本国民の声を無視し続けている!






▼これまでの経緯▼

大阪府庁を表敬訪問したハガティ駐日米大使に記念品を贈呈する、吉村洋文大阪市長(左) =25日午前、大阪市中央区(志儀駒貴撮影)
平成29年(2017年)9月25日、大阪市の吉村洋文市長は、ハガティ駐日米大使と大阪府庁で会談し、同市と姉妹都市提携を結ぶ米サンフランシスコ市が公園にいわゆる「従軍慰安婦の像」ニセ慰安婦像(売春婦像、米軍装甲車轢殺少女像)を設置する計画について、「パブリックスペース(公共空間)に設置されるなら、姉妹都市の関係を根本から見直さないといけない。姉妹都市は解消する」述べた。

「サンフランシスコ市が正式に寄贈を受け入れることになれば、パブリックスペースに市の意思として受け入れたことになる。市が設置したのと同じ。だから姉妹都市は解消します」(吉村洋文大阪市長)
「サンフランシスコ市が正式に寄贈を受け入れることになれば、パブリックスペースに市の意思として受け入れたことになる。市が設置したのと同じ。だから姉妹都市は解消します(吉村洋文大阪市長)
平成29年(2017年)9月25日

↓ ↓ ↓

11月14日、サンフランシスコ市議会は、地元の反日市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。
11月14日、サンフランシスコ市議会は、地元の反日市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決

↓ ↓ ↓

吉村市長「慰安婦像拒否しなければ姉妹都市を解消」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000001-kantelev-l27
吉村市長「慰安婦像拒否しなければ姉妹都市を解消」
11/16(木) 12:55配信 関西テレビ
(動画)

大阪市の吉村市長はサンフランシスコ市長が「慰安婦」像を公共物とすることを拒否しなかった場合、姉妹都市関係を解消すると改めて述べました。

サンフランシスコ市議会は中国系の市民団体によって設置された「慰安婦」を象徴する像の寄贈を受け入れる議案を全会一致で可決しました。

サンフランシスコ市長が今月24日までにこの決議を拒否しなければ、慰安婦像は正式に市の公共物となります。

これをうけて、大阪市の吉村洋文市長はサンフランシスコ市長に拒否権の行使を求める手紙を送ったということです。

【大阪市・吉村洋文市長】
「(サンフランシスコ市の)リー市長が拒否権を行使しなければ、サンフランシスコ市の意志としてパブリックスペースに慰安婦像の設置をし、そうなれば姉妹都市関係を解消します」

姉妹都市関係の解消には大阪市議会の同意は必要ないため、60年間続いた関係が解消される可能性が高まっています。


↓ ↓ ↓

http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html
(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ
2017年11月19日05時00分、朝日新聞

太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。


↓ ↓ ↓

【大阪市長】吉村洋文「『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」

https://twitter.com/hiroyoshimura/status/932192487044612097
吉村洋文(大阪市長)‏認証済みアカウント
@hiroyoshimura
「ちょっと待て」はこっちのセリフだよ、朝日新聞。
吉田虚偽証言を何度も報道し、クマラスワミ報告に発展し、国際社会では朝日の虚偽報道が真実になってる。
2014年になってやっと国内向けに訂正記事と謝罪。
僕を批判する前にやることあるでしょ。

19:23 - 2017年11月19日



吉村洋文大阪市長の反論は、的を射た正論だ!

大阪市長の吉村洋文については、平成28年1月15日に大阪市が可決した「ヘイトスピーチ抑止条例」などのため、非常に悪い印象があった。

しかも、大阪市の「ヘイトスピーチ抑止条例」は、日本国籍者を保護の対象外とする、恐るべき【差別条例】=「在日特権」なので、今でも許し難い!

しかし、今回のサンフランシスコ市への対応や朝日新聞とのやり取りに関しては、立派だ。

吉村洋文大阪市長の『ちょっと待て』はこっちのセリフだよ、朝日新聞。国際社会では朝日新聞の虚偽報道が真実になってる。僕を批判する前にやることあるでしょ」との指摘は、朝日新聞が海外向け英文サイトに未だに「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道について掲載していないことへの批判が込められている。




最初に説明したとおり、朝日新聞は、いわゆる「慰安婦誤報検証記事」(虚偽報道を認めた記事)を未だに英文サイト【AJW by The Asahi Shimbun】には掲載していない。
logo_ajw_gr AJW by The Asahi Shimbun
The Asahi Shimbun
http://www.asahi.com/ajw/



朝日新聞が英訳を掲載しのは、日本人しか読んでいない日本語サイトの【朝日新聞デジタル】だけだ。
朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/



そのため、アメリカなど海外では、今でも朝日新聞が「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道を認めたことについて知られていない!

多くの日本国民が朝日新聞に対し、海外で読まれている英文サイトにも「慰安婦強制連行」に係る虚偽報道についての記事を掲載するよう求めてきたが、朝日新聞は日本国民の声を無視し続けている!

今回のサンフランシスコ市の反日政策によって大阪市とサンフランシスコ市が姉妹都市を解消することになるのも、上記のような朝日新聞の悪意ある不作為が大きな一因となっている。

もう朝日新聞に自浄作用を期待するのは無理!

我々日本国民が一丸となって朝日新聞を叩き潰すしかない!


●関連記事
英訳したが英文サイトには掲載せず!日本人を愚弄し続ける朝日新聞・慰安婦虚偽報道、海外は放置
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5551.html



「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「朝日新聞は、海外向けにも訂正記事と謝罪をせよ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.