正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
安保法制に猛反対した辻元清美や陳哲郎や白眞勲らは希望の党の公認は絶望か・小池百合子が判断基準
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






希望の党・小池代表:「ご自身が安保法制の時に全く賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(申し込み)してこられないんじゃないか」
小池百合子「安保法制のときに、全く賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(応募)してこられないんじゃないかというふうに思います」
民進党の候補者が「希望の党」の公認を得ることができるかどうかは、安全保障関連法への賛否次第
(画像:記者会見する希望の党代表の小池都知事=9月28日午後)


辻元清美 涙の絶叫 強行採決 「お願いだから、やめて!」安保関連法案
平成27年(2015年)7月15日の衆院平和安全法制特別委員会での安保関連法案の採決で、辻元清美はカメラ目線で「お願いだから、やめて!」と涙の絶叫をしていた!



http://www.sankei.com/politics/news/170928/plt1709280129-n1.html
【衆院解散】
希望の党、候補者公認権は小池百合子代表に一任 安保法制、白紙撤回論者は認めず
2017.9.28 17:21更新、産経新聞

希望の党、候補者公認権は小池百合子代表に一任 安保法制、白紙撤回論者は認めず
衆院解散後、記者の質問に答える細野豪志氏=28日午後、国会

国政新党「希望の党」の細野豪志元環境相は28日、次期衆院選の候補者公認の権限を党代表の小池百合子東京都知事に一任したと明らかにした。細野氏は公認に関し「安全保障法制白紙撤回を言い続ける人は考え方として厳しいと思う」と述べた。国会内で記者団に語った。

 また、細野氏は現時点の候補者数について「(小池氏が代表就任を表明した)25日の会見以降、加速している。三桁はいっている」と語った。




一方、篠原孝(衆議院議員、民進党選挙対策委員長代理、前原支持)は、9月28日のBSフジ「プライムニュース」「選別なんて聞いてないよ?全員いくと前原さんに言われた」と主張していた。
民進 篠原孝
――――――――――
67: 名無しさん@涙目です。(大阪府)[US] 2017/09/28(木) 21:55:50.04 ID:VjBtZPFi0
プライムニュースで

細野が、何回も何回も何回も何回も

憲法改正、安保法案、反対の人は思想が合わないから入れない
っと断言してたけど



91: 名無しさん@涙目です。(三重県)[GB] 2017/09/28(木) 21:57:26.40 ID:buTpDmmJ0
>>67
細野自身も合わないと思うけどそのあたり何か言ってた?



170: 名無しさん@涙目です。(大阪府)[US] 2017/09/28(木) 22:03:08.97 ID:VjBtZPFi0
>>91
プライムニュース見てなかったのかよ

今世紀最大の面白さやったのに

希望の党、細野と
民進党、篠原が

真逆の事を言い合ってた

民進党、篠原<選別なんて聞いてないよ?全員いくと前原さんに言われた

希望の党、細野<安保法案反対や思想の合わない人は入れない

民進党、篠原「選別なんて聞いてないよ?全員いく」と前原さんに言われた

民進党・陳哲郎「安倍政権を倒すため小池さんにつくことに全員が納得した」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1506602933/

――――――――――

このように、民進党選挙対策委員長代理の篠原孝と希望の党の細野豪志では、見解が食い違っていた。

ただ、9月28日には、「希望の党」代表の小池百合子自身が会見で「ご自身が安保法制の時に全く賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(申し込み)してこられないんじゃないか」と述べ、安保法制の賛否が大きな判断基準となることに言及したことが何度も報道された。

そうなると、やはり「希望の党」の公認を得られない民進党議員はそれなりにいるのだろう。

民進党、希望の党に“合流”へ 早速批判も

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170929-00000002-nnn-pol
民進党、希望の党に“合流”へ 早速批判も
9/29(金) 1:56配信、日テレNEWS24


 民進党は、小池東京都知事が立ち上げた希望の党への事実上の合流を決めた。前原代表はすべての民進党議員の希望の党での公認を目指す考えだが、調整は難航が予想される。

 両院議員総会では、前原代表が、民進党が立候補予定者の公認内定を取り消し、総選挙に候補者を擁立しないこと、そして立候補予定者は民進党を離党した上で、希望の党に公認を申請するという方針を示し、満場一致で了承された。一方、参議院議員は民進党に残ったままとなる。

 その後の会見で前原代表は、すべての民進党議員の希望の党での公認を目指す考えを示した。

 前原代表「我々は一緒にやってきた仲間でございますので、この仲間の公認を目指すということで、これから交渉していくことになろうかというふうに思います」

 また、民進党が憲法違反だと主張して希望の党と考えに隔たりのある安全保障関連法の見直しについては、希望の党との間で合意できるという見通しを示した。

 一方、小池代表は会見で、安保関連法に賛成しない人は「そもそも公認を申請しないのではないか」と述べた。

 希望の党・小池代表「この安保法制のときにですね、全くそれに賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(応募)してこられないんじゃないかというふうに思います」


 また、希望の党の議員は、「全員なんか入れない」と話しているほか、民進党幹部も、「議員の1割ぐらいはこぼれるだろう」と指摘している。

 なお、前原代表は28日夜、「政党交付金の扱いなどテクニカルな話」として、自身は希望の党に合流せず、無所属で選挙戦に臨む考えを表明した。

 民進党・前原代表「衆議院選挙は無所属で出させていただく」

 一方、この民進党の決定に早速、批判の声があがっている。

 安倍首相「いま野党のみなさんは、新しい党を作ろうとしています」「あの新党ブームの結果、政治は混乱し、日本は長い経済の低迷に突入してしまった。ブームからは決して希望は生まれないんです」

 共産党・志位委員長「民進党の候補者がですね、希望の党の公認候補となった場合には、我が党は原則として、候補者を擁立して戦うことは当然のことではないでしょうか」

 民進党との連携を模索していた共産党の志位委員長は、民進党の決定は重大な背信行為だとして、対抗馬を擁立する方針を明らかにした。



>前原代表「我々は一緒にやってきた仲間でございますので、この仲間の公認を目指すということで、これから交渉していくことになろうかというふうに思います」
>  また、民進党が憲法違反だと主張して希望の党と考えに隔たりのある安全保障関連法の見直しについては、希望の党との間で合意できるという見通しを示した。
>  一方、小池代表は会見で、安保関連法に賛成しない人は「そもそも公認を申請しないのではないか」と述べた。
>  希望の党・小池代表「この安保法制のときにですね、全くそれに賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(応募)してこられないんじゃないかというふうに思います」
>  また、希望の党の議員は、「全員なんか入れない」と話しているほか、民進党幹部も、「議員の1割ぐらいはこぼれるだろう」と指摘している。



希望の党代表の小池百合子は「この安保法制のときにですね、全くそれに賛成をしないというような方は、そもそもアプライ(応募)してこられないんじゃないかというふうに思います」と述べている。

民進党の候補者のうち、希望の党の公認を得ることができるかどうかは、安保法制の賛否が大きな判断基準となる。

民進党(当時は民進党)は、党を挙げて安全保障法制に反対していたので、安保法制に賛成した民進党の議員なんていたのが疑問だ。

特に、衆議院では、辻元清美は泣き叫んでいた安保法案に猛反対していたことが印象深い。

また、参議院では、陳哲郎や白眞勲が議長に暴力を振るってまで猛反対していたことが印象に残っている。


そうなると、衆議院議員の辻元清美や参議院議員の陳哲郎や白眞勲などは、希望の党の公認を得ることは絶望的なのではないだろうか。

もしも、辻元清美陳哲郎白眞勲が希望の党から公認を得られるようであれば、丸ごと「合流」(合併)と同じことだ。


辻元清美 涙の絶叫 強行採決 「お願いだから、やめて!」安保関連法案

http://www.sankei.com/politics/news/150715/plt1507150043-n1.html
【安保法案特別委採決】
辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗
2015.7.15 13:20更新、産経新聞
コピーを手に質問する民主党の辻元清美氏=15日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

民主党は15日の衆院平和安全法制特別委員会で行われた安全保障関連法案の採決に際し、「強行採決反対!!」などのプラカードを掲げて対抗した。採決を阻止しようと浜田靖一委員長(自民)に詰めよって「反対」を連呼し、最後まで抵抗した。

特別委がヒートアップしたのは正午過ぎ。浜田氏が大声で質疑の終結を宣告すると、民主党は用意していた「強行採決反対!!」「自民党感じ悪いよね」「アベ政治を許さない」などと表記したプラカードを一斉に掲げて抵抗。安住淳国対委員長代理ら委員以外の“応援組”も多数加勢した。

民主党議員は浜田氏を取り囲み、マイクや議事進行の資料を奪おうとしたが、浜田氏は必死に議事を続行。辻元清美氏が浜田氏の目の前で涙声で「お願いだから、やめて!」と叫び、「反対、反対、反対…」のコールがわき起こった。

ただ、野党の足並みがそろったとは言い難い。維新の党と共産党の議員も採決直前の質疑では政府案の採決反対を訴えた。だが、維新は、同党が提出した安保関連法案の対案が否決されると、政府案の採決前に退席。共産党も浜田氏の近くまで詰め寄るほどの抵抗はせず、民主党の独壇場となった。

民主党の岡田克也代表は記者団に「強行採決されたことに強く抗議する。安倍晋三首相が国民の理解が深まっていないと認めた中で今採決する必然性はなかった」と述べた。維新の松野頼久代表は「ひどい強行採決だった。まだ審議が足りない」と語った。

安全保障関連法案が可決され、報道陣の質問に答える民主党の辻元清美氏=15日午後0時29分、国会
安全保障関連法案が可決され、報道陣の質問に答える民主党の辻元清美氏=15日午後0時29分、国会


■動画
安全保障関連法案採決の様子 ~平成27年7月15日
https://www.youtube.com/watch?v=t86FElBd2b4

■動画
民主党感じ悪いよね。『強行採決?』変な国会議員たち【安保法案】
https://www.youtube.com/watch?v=GnM29-_Bfr0



383:名無しさん@1周年:2015/07/15(水) 19:22:48.45 ID:Y//0dAiO0.net
違反のプラカードを持ちこみ
違反のプラカードを持ちこみ

^^^^^^^^^^^^^^^^^
チラッチラッ カメラをさがす
チラッチラッ カメラをさがす

*カメラ目線
これが涙の絶叫?

辻元清美 涙の絶叫 強行採決 「お願いだから、やめて!」安保関連法案

これ 腕組をしてふんぞりかえる辻元
これ 腕組をしてふんぞりかえる辻元

今日も いい絵取ってもらえたかしら?
紀香より私の方が芝居はうまいんだから
と、ご満悦の辻本の図

採決後、記者に囲まれる民主党の辻元清美議員=7月15日、国会(早坂洋祐撮影)


394:名無しさん@1周年:2015/07/15(水) 19:24:02.43 ID:vkZhNXIs0.net
>>383
演技の後のドヤ顔にワラタw




156 :名無しさん@1周年:2015/07/15(水) 12:46:27.56 ID:H4nzPHpT0
野党「テレビ来てるな!反対!反対!プラカード持って反対!」
テレビ終了
野党「終わったか帰るで~昼やで」

野党「テレビ来てるな!反対!反対!プラカード持って反対!」 → テレビ終了 →野党「終わったか帰るで~昼やで」




それと、今度は衆議院選挙なので当面は関係ないかもしれないが、参議院議員の陳哲郎や白眞勲が議長に暴力を振るってまで猛反対していたことを忘れてはいけない!

平成27年、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)は、日本の自衛権の行使に係る選択肢を増やす「安全保障関連法案(安保法案)」に、猛反対した。
陳哲郎(チン・チョルロー=福山哲郎)と白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)の朝鮮人2人が、前後から元自衛官の佐藤正久議員の襟首を掴むなどの数段的暴行を働いた!
平成27年9月17日、国会で与党が採決に踏み切ろうとしたら、陳哲郎(チン・チョルラン=福山哲郎)白眞勲(はく しんくん=ベック・ヂンフン)の朝鮮人2人などが、元自衛官の佐藤正久議員の襟首を掴むなど前後から「集団的暴力」を振るった!




【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本


左:「サイコパス」中野信子著(2016/11/18)
右:百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱


「希望の党は民進党の希望の党なので希望はない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.