FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
北朝鮮「日本列島を核爆弾で海に沈めなければならない」と核恫喝→日本上空に弾道ミサイルを発射!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






北が弾道ミサイル発射 襟裳岬東2200キロに落下 飛距離1000キロ以上伸びグアム射程に
2017年に北朝鮮が行ったミサイル発射


平成29年(2017年)9月13日、14日
北朝鮮が日本に対して核恫喝!
北朝鮮「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」!「日本の上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」
北朝鮮「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000028-jij-kr
北朝鮮「列島、核で海に沈める」=制裁に便乗と日本非難
9/14(木) 8:21配信 時事通信

 【ソウル時事】14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。

 その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

 声明は「わが軍や人民の声」として、「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」と主張した。

 さらに、米国を「決議でっち上げの主犯」と決めつけ、「わが軍や人民は、米国人を狂犬のように棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」と警告。声明の英語版は日本人を「ジャップ」、米国人を「ヤンキー」と蔑称でののしっている。



北朝鮮は、昔から日本が気にいらないことをした際に繰り返し「東京を火の海にする」「日本列島全体が戦場に変わる」などと脅迫している。

今年の4月も宋日昊(ソン・イルホ)大使が「戦争になれば、日本が最初に最大の被害を受ける」と宣告した!(関連記事

また、今年の8月にも「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる」と威嚇したばかりだ!(関連記事

上記の核恫喝に引き続き、今回は「日本は米国の制裁騒動に便乗した」「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」!「日本の上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」と核恫喝をした!

これら北朝鮮による恫喝は、日本ではなくアメリカがやっていても、やはり日本に対しても恫喝する。

北朝鮮にとってみれば、日本は核弾頭も持っていないし、弾道ミサイルも持っていないし、核シェルターさえ持っていない無防備国家だから、脅し易いのだ!

そして、今回北朝鮮は「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と脅迫した直後に日本に向けて弾道ミサイルを発射した!

これは、もう北朝鮮による弾道ミサイルを用いた「威嚇射撃」であることは間違いなく、解釈のしようによっては「宣戦布告」と言っても良い程だ!


↓ ↓ ↓

平成29年(2017年)9月15日
北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを発射!
北朝鮮の日本に対する弾道ミサイルによる「威嚇射撃」!(宣戦布告)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000558-san-n_ame
北が弾道ミサイル発射 襟裳岬東2200キロに落下 飛距離1000キロ以上伸びる
9/15(金) 12:03配信 産経新聞

北が弾道ミサイル発射 襟裳岬東2200キロに落下 飛距離1000キロ以上伸びグアム射程に
2017年に北朝鮮が行ったミサイル発射(写真:産経新聞)

 韓国軍合同参謀本部によると、15日朝、北朝鮮の平壌近郊の順(ス)安(ナン)付近から東方に向けミサイル1発が発射された。菅義偉官房長官は記者会見で、弾道ミサイル1発が日本時間の同日午前6時57分ごろ発射され、7時4~6分ごろに北海道上空を通過、7時16分ごろ襟裳岬東約2200キロの太平洋上に落下したと発表した。

 菅氏は、日本の領域で落下物は確認されておらず、航空機や船舶への被害情報はないと明らかにした上で、「北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」と述べた。ミサイル発射を受けて、12道県で全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した。自衛隊法に基づくミサイルへの破壊措置はとられなかった。

 ミサイルの飛行距離は約3700キロで、最高高度は約800キロと推定されている。菅氏は、通常より高い高度に発射する「ロフテッド軌道」による発射ではなかったとの認識を示した。韓国軍の分析によると、ミサイルの飛行距離は約3700キロで、最高高度は770キロ余り。北朝鮮が発射計画の目標としていた米領グアムまでの距離は約3350キロで、小野寺五典防衛相は、「グアムに十分届く距離が出た」と述べ、警戒感を示した。中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性があるとの見方も示した。

 日韓両政府は15日午前、国家安全保障会議(NSC)をそれぞれ開催した。韓国政府は「国際平和に対する挑発であり、強く糾弾する」との声明を発表し、韓国軍は弾道ミサイルの発射訓練を実施した。

 北朝鮮の弾道ミサイルが日本列島を越えたのは、今回で6回目で、金正恩政権下では2回目。

 北朝鮮は8月29日、金(キム)正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長が視察するなか、「火星12」を発射した。この時、ミサイルの落下地点は襟裳岬の東方約1180キロで、高度は550キロだった。今回は高度が200キロ以上も上がっており、飛行距離も1000キロ以上伸びている。

 米太平洋軍は14日(現地時間)、北朝鮮のミサイルについて「初期段階での分析では中距離弾道ミサイルとみられる」との見方を明らかにした。ミサイルは米領グアムへの脅威とはならなかったとしている。

 北朝鮮は今月3日に6回目の核実験を強行。これに対し国連安全保障理事会は11日、新たな制裁を決議したばかりだった。北朝鮮は制裁決議に猛反発し、弾道ミサイルなどによる新たな挑発が警戒されていた。(田北真樹子、ソウル 名村隆寛、ワシントン 黒瀬悦成)





上述したとおり、北朝鮮にとってみれば、日本は核弾頭も持っていないし、弾道ミサイルも持っていないし、核シェルターさえ持っていない無防備国家だから、脅し易いのだ!

それにもかかわらず、共産党書記長の小池晃は「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つ」などと寝言を言っている!

共産党書記長の小池晃
共産小池「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つ」

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-14/2017091402_01_1.html
しんぶん赤旗
2017年9月14日(木)
改憲阻止 野党共闘 縦横に
西日本新聞の懇話会 小池書記局長語る

(写真)「二水会」の勉強会で話をする小池晃書記局長=13日、東京都千代田区

 日本共産党の小池晃書記局長は13日、東京都内で開かれた西日本新聞社主宰の政経懇話会「二水会」で講演し、「森友学園」や「加計学園」をめぐる疑惑や安倍晋三首相による9条改憲の狙い、米朝間の緊張打開に向けた展望、安保法制=戦争法の廃止と立憲主義の回復を掲げる野党共闘の意義について縦横に語りました。

 「二水会」は九州の主要企業や自治体の在京代表者らでつくる団体です。

 小池氏は、ますます深まる「森友」「加計」両学園をめぐる疑惑を臨時国会で追及する決意を表明した上で、自民党が来年の通常国会で9条改憲案の発議を狙っている重大問題にふれ「安倍首相の宿願であり、執念をもってやってくる。党派を超えた幅広い戦線をつくり、9条の改憲を許さない運動を進めていく」と力を込めました。

 米朝間の緊張打開について小池氏は、国連安全保障理事会が11日に全会一致で採択した対北朝鮮制裁決議が、同時に「対話を通じた平和的解決」を呼びかけていると指摘。安保理で制裁と同時に対話と交渉の開始を求める声が各国から上がったと述べ、対話を否定する日本政府の姿勢をただし、米国と北朝鮮の直接対話を促すよう日本政府に求めると語りました。

 核兵器禁止条約にもふれ、「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つし、世界の流れのなかで北朝鮮を包囲することが必要だ」と訴えました。

 小池氏は、戦争法廃止と立憲主義回復を求める市民の声から生まれた野党共闘の意義を語り、10月22日投票の衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の3補選で統一候補擁立を実現し、自民党を打ち破る決意を語りました。

 安倍政権とのたたかいで、保守層からも温かい共感が寄せられているとして「この国の未来を真剣に考えている党はどこなのか。共産党が綱領で示す方向が幅広い方に共鳴していただける条件が生まれている」と共闘前進にむけてさらに奮闘する決意を述べると、大きくうなずく参加者もいました。

 質疑応答では、共闘を進める上で共産党への共感をいかに広げるかなどの質問がだされました。小池氏はこれらの質問にていねいに答え、市民と意見交換をしながら提案型の宣伝物をつくるなど努力を続けてきたこと、野党共闘は一致点で協力するもので、自衛隊や日米安保に関する党独自の政策は持ち込まないことなど党の姿勢や立場を説明しました。



>核兵器禁止条約にもふれ、「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つし、世界の流れのなかで北朝鮮を包囲することが必要だ」と訴えました。


いやいや、「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つ」って、今までこの方法で駄目だったわけだから、既にこの方法は駄目だったと実証されている!

小池晃は、かなり頭が悪い!

何をやっても北朝鮮が核兵器を放棄することなど有りえないが、仮に小池の論法で行くならばむしろ日本が核兵器を保有した上で「日本も核を放棄するから北朝鮮も放棄しろ」と迫る方が論理的にはまだ成り立つかもしれない。

しかし、今まで全く核弾頭も弾道ミサイルも持っていないから、北朝鮮に舐められて核恫喝や弾道ミサイルによる「威嚇射撃」をされている日本が「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろ」と迫るったところで全く説得力を持つわけがない!

もう日本は、北朝鮮が核ミサイルを放棄することなんて綺麗サッパリ諦め、北朝鮮が日本を核攻撃したり核恫喝したりすることを抑止するための行動を急いで実行しなければならない。

具体的にはやはり日本自身が核ミサイルを保有することが最善策だ。

もしも北朝鮮が日本を核攻撃しようものなら、日本の潜水艦から何十発、何百発もの核ミサイルが平壌(ピョンヤン)めがけて発射される態勢をしっかり整えておくことこそ最善策であり、日本政府が「国民の生命と財産を守るために万全を尽くす」と言っている以上は急いで実行しなければならない!


●関連記事
志位和夫「北朝鮮への軍事力行使に反対。外交交渉で核の放棄を」→百田尚樹「お前がやってみろ!」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6632.html

(一部抜粋)

https://twitter.com/shiikazuo/status/852104192198160384
志位和夫‏認証済みアカウント
@shiikazuo
志位和夫さんがDonald J. Trumpをリツイートしました
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/851767718248361986

トランプ大統領が、米国単独で北朝鮮への軍事力行使に踏み切る可能性を示唆。破滅をもたらす軍事力行使に強く反対する。経済制裁の強化と一体に、外交交渉のなかで、北朝鮮の核・ミサイル開発の手を縛り、放棄させることが何よりも大切だ。
2017年Apr12日 19:20


日本共産党の志位和夫‏は馬鹿だ。

これまで北朝鮮に核開発の放棄を求める【外交交渉】なんて腐るほどやってきた!

散々【外交交渉】をやったが、全く役に立たずに逆効果だった。

北朝鮮に核開発の放棄を求める代表的な【外交交渉】は、「6者協議」「6か国協議」「六者会合」だった。

2003年8月から2007年3月まで「6者協議」「6か国協議」「六者会合」などと呼ばれる【外交交渉】が合計9回も開催された。

「6者」「6か国」とは、日本、アメリカ、韓国、北朝鮮、支那、ロシアの6か国のことだった。

しかし、結局、「6か国協議」と呼ばれた【外交交渉】では、北朝鮮に核開発を放棄させることが全くできなかった。

そして、2009年4月14日、北朝鮮は「6カ国協議に二度と絶対に参加しないし、いかなる合意にもこれ以上拘束されない」、「われわれの自衛的核抑止力をあらゆる面から強化していく」と、核問題をめぐる6カ国協議を離脱し、核開発を再開することを表明した。

共産党の志位和夫が主張する【外交交渉】とやらは既に散々やったが、結局は全く役に立たないという結論が出ているのだ!




【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本


左:「サイコパス」中野信子著(2016/11/18)
右:百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱


「日本は核ミサイルの保有を急げ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.