正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
蓮舫「日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかった」・嘘吐き!ずっと二重国籍だと知っていた!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【蓮舫氏「二重国籍」会見】20170718
蓮舫「私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかった」
嘘の上塗り!

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html
【蓮舫氏「二重国籍」会見】
「手続きを怠ったのは事実。深く反省している」と陳謝
2017.7.18 17:44更新、産経新聞

「手続きを怠ったのは事実。深く反省している」と陳謝
記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)

 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」と述べ、陳謝した。



これは、嘘!

蓮舫は、二重国籍の問題が発覚する前には、最低でも4回以上自分が二重国籍(中国国籍、台湾国籍)であることを公然と述べていた。


平成5年(1993年)2月、蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」と明言していた!

平成5年(1993年、当時25歳)3月16日、蓮舫は「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と明言していた!

平成9年(1997年、当時29歳)、蓮舫は「自分の国籍は台湾なんです」と発言していた!

平成22年(2010年、民主党政権時代)、蓮舫は「ずっと台湾・中華民国籍を維持」などと述べていた!


上記の蓮舫の発言については全て証拠が残っている。


▽蓮舫が22歳以降も違法な二重国籍を放置してきた証拠(蓮舫自身の発言)▽

平成5年(1993年)2月、蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」と明言していた!
1993年2月6日号 週刊現代 蓮舫「父は台湾で、私は、二重国籍なんです。」

週刊現代、1993年2月6日号対談記事より。
蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」
週刊現代、1993年2月6日号対談記事より。

https://twitter.com/chaco171717/status/775704060460617731?ref_src=twsrc%5Etfw
ちゃこ
‏@chaco171717
週刊現代、1993年2月6日号対談記事より。
25歳になった蓮舫は、自身が二重国籍だと明言。


これだけボロボロ過去の発言が出てきているが、知らなかったで押し通すことはできるのか。
25歳になった蓮舫は、自身が二重国籍だと明言。
2016年9月13日 23:33




平成5年(1993年、当時25歳)3月16日
蓮舫「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」

平成5年(1993年)3月16日、朝日新聞【蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。】
平成5年(1993年)3月16日付朝日新聞
蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。

平成5年(1993年)3月16日、朝日新聞【蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。】

平成5年(1993年)3月16日、朝日新聞【蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。】
平成5年(1993年)3月16日付朝日新聞(夕刊)
蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。




平成9年(1997年、当時29歳)
蓮舫「自分の国籍は台湾なんです」

蓮舫 日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目でみてみたい、言葉を覚えたいと考えていました。

「私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は

現在留学中
蓮舫の在北京的妊娠生活


――中国を選んだ理由は?
「私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目でみてみたい、言葉を覚えたいと考えていました。…」

(出典)1997年の雑誌CREA




平成22年(2010年、民主党政権時代)
蓮舫「ずっと台湾・中華民国籍を維持」

平成22年(2010年)8月、『飛越』という支那の国内線の機内誌のインタビュー記事支那の機内雑誌【蓮舫 「ずっと台湾・中華民国籍を維持、 双子に教えてる、華僑を忘れずに、だから何回も中国を探訪」】

2010年8月の『飛越』という中国の国内線の機内誌のインタビュー記事
平成22年(2010年)8月、『飛越』という支那の国内線の機内雑誌のインタビュー記事
蓮舫 「ずっと台湾・中華民国籍を維持、 双子に教えてる、華僑を忘れずに、だから何回も中国を探訪」



したがって、蓮舫は、自分の意志で二重国籍を持ち続け、当然そのことを知っていた!

法律に従えば、蓮舫は、昭和60年1月28日に日本国籍と中華民国籍(台湾籍)の二重国籍となった後、平成元年22歳の誕生日に到達する前に、日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択しなければならなかった。

しかし、二重国籍だった蓮舫は、平成元年の22歳の誕生日に到達する前に日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択せず、自分の意志で日本では法律違反となる二重国籍の状態を継続してきた。

そして、蓮舫は自分で「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと何度も発言しているとおり、自分が重国籍であることを間違いなく認識していた。(詳細記事

一度や二度なら何かの間違いということもあるかもしれないが、今も証拠が残って確認できているものだけでも4回も自分のことを「二重国籍」「中国国籍」「台湾籍」などと説明していたのだから、今頃になって「私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかった」と主張しても、全く通用しない!


蓮舫は、二重国籍(国籍法違反)の確信犯だ!

蓮舫は平成29年7月18日の記者会見で、過去に「二重国籍だ」「中国籍だ」などと明言していたことについて「混同して発言した。浅はかな発言だった」と釈明したが、意味不明であり、誰も蓮舫のことを信用しない!

http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html
【蓮舫氏「二重国籍」会見】
二重国籍言及の過去の発言は「混同した。浅はかだった」と釈明
2017.7.18 17:54、産経新聞
【蓮舫氏「二重国籍」会見】

 民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、国政に進出する前のタレント時代に雑誌などで「二重国籍だ」「中国籍だ」などと明言していたことについて「混同して発言した。浅はかな発言だった」と釈明した。



蓮舫は、これまでの選挙で、有権者に対し、選挙公報のプロフィールに「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽の記載をしていたのだから、少なくとも一旦は議員辞職をしなければならない!

二重国籍には罰則規定が設けられていないため、国籍法違反と認定されても、刑事罰は受けない。

それでも、国会議員など政治家にとっては、二重国籍が法律に違反するとなれば許されないこととなる。

実際に、最近オーストラリアでは、本当に二重国籍だったことを知らずに二重国籍となっていた議員が2人も辞職している!(後述)

また、日本においても、経歴詐称は、罰則規定のある公職選挙法違反となる。

蓮舫は、【選挙公報】などに何度も「1985年、台湾籍から帰化。」などと虚偽の記載をした!

平成16年(2004年)の【選挙公報】における経歴詐称については時効が成立しているらしいが、池田信夫によれば蓮舫は平成25年(2013年)においても同様の経歴詐称をしていた!

https://twitter.com/ikedanob/status/773038663751958528
池田信夫
‏@ikedanob
二重国籍は国会議員の欠格事由ではないが、経歴詐称は過去に議員辞職している。
2013年に「台湾籍から帰化」と書いていたのを削除したことをみても、過失とは考えにくい。
少なくとも代表選は撤退しないと、検察が動くだろう。

2016年9月6日 15:02



さらに、平成28年9月にも民進党代表選の最中に蓮舫は公共の電波で「私は、生まれた時から日本人です」、「高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので、台湾籍、抜いてます」、「昭和60年に台湾籍の放棄を宣言した。」などと嘘を吐きまくっていた!

これら一連の虚偽記載や虚偽発言は、「経歴詐称」【公職選挙法違反】に該当する。


●平成16年(2004年)
2004年、民主党公認で立候補した当時(36歳)の選挙公報のプロフィールに「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽の記載をした。

2004年、選挙公報
れんほう(蓮舫)プロフィール
1967年11月28日、東京都生まれ。青山学院大学法学部卒。
台湾人の父と日本人の母との間に生まれる。
1985年、台湾籍から帰化。<=== ここに注目!!!!!
1988年、第14代クラリオンガールに選ばれ、芸能界デビュー。
主に司会やレポーターの分野で活躍。
1992年、「スーパーワイド」(TBS)なでで歯に衣着せぬキャスターぶりで注目を集めた。
1993年、「ステーションEYE」(テレビ朝日)で報道キャスターに転身、結婚。
1995年から1997年まで北京大学に留学。
帰国後、男女の双子を出産。育児と同時にテレビ、ラジオへの出演と公演、執筆活動を再開。
講演テーマ「日本と中国の関係」「子育てについて」「少子化問題」「男女共同参画とは」ほか



●平成28年(2016年)9月3日
160903 ウェークアップ!ぷらす 二重国籍の噂について 蓮舫「私は生まれたときから日本人です。18歳で台湾籍は抜いてます。」
蓮舫「私は、生まれた時から日本人です」
辛坊「日本国籍で?」
蓮舫「はい」
辛坊「二重国籍は?今台湾籍は?」
蓮舫「籍、抜いてます」
辛坊「籍、抜いてます?いつですか?」
蓮舫「あの、高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので…ハイ」


●平成28年(2016年)9月6日
これについて蓮舫氏は、6日に高松市で記者会見し、「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。このことによって私は日本人となった。日本国籍を日本の法律のもとで選択しているので、台湾籍は有して
蓮舫「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」


上記の一連の虚偽記載や虚偽発言は、「経歴詐称」【公職選挙法違反】に該当し、「二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金」の刑事罰則があり、国会議員は失職となり、更に公民権停止5年となり、公民権停止中は選挙活動もできなくなる。


■■まとめ■■
蓮舫は、自分がずっと二重国籍を維持していたことを認識していた。

そして、実際に蓮舫は、平成元年に22歳に達するまでに国籍を選択せず、平成5年や平成9年や平成22年などに日本や支那などで最低でも4回以上「私は、二重国籍なんです。」とか「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと証言している!

しかし、一方で【選挙公報】には「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽記載をし、民進党の代表選中の平成28年9月にテレビ番組でも「私は、生まれた時から日本人です」とか「高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので、台湾籍、抜いてます」などと嘘を吐き、記者会見でも「昭和60年に台湾籍の放棄を宣言した。」などと嘘を吐き、経歴詐称(公選法違反)を犯している!






オーストラリアでは、本当に「自分が二重国籍だと知らなかった」2人の議員が辞職した!
オーストラリアの上院議員がまた二重国籍判明で辞職表明。先週末から二人目
豪、緑の党の副党首、二重国籍でまた議員辞職!
カナダ国籍を持っていたことを「知らなかった」

http://www.sankei.com/world/news/170718/wor1707180030-n1.html
豪、緑の党の副党首、二重国籍でまた議員辞職 もう1人の副党首も辞任したばかり
2017.7.18 18:06更新、産経新聞

豪、緑の党の副党首、二重国籍でまた議員辞職 もう1人の副党首も辞任したばかり
娘を抱いて議会で答弁するラリッサ・ウオーターズ上院議員=キャンベラ(ロイター)

 【シンガポール=吉村英輝】オーストラリアの野党・緑の党の副党首、ラリッサ・ウオーターズ上院議員(40)は18日、自身が二重国籍だったことが判明したとして、議員を辞職した。同党では、もう1人の副党首も二重国籍が判明して辞職したばかり。ロイター通信によると、移民国家の豪州では、3人に1人が海外生まれで二重国籍者も多いが、複数国籍所持者には議員資格がない。

 ウオーターズ氏は、2011年に当選。カナダで誕生したが戻ったこともなく、カナダ国籍を持っていたことを「知らなかった」としている。

 同党副党首のスコット・ラドラム氏(47)も先週、ニュージーランド国籍の放棄を怠ったまま9年間上院議員を務めていたとして、議員辞職した。

 与党の自由党では、トニー・アボット前首相(59)が先週、議員になる半年前の1993年に英国籍を放棄していたとして、証明書類を公開している。


●関連記事
東京新聞「重国籍、欧米では普通!蓮舫叩きは排外主義」・豪議員、二重国籍で辞職!支那でも厳格化
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6728.html

平成29年(2017年)7月14日
オーストラリアの野党議員、二重国籍で9年間議員活動。
指摘されて議員辞職!

オーストラリアの議員、二重国籍で9年間議員活動し辞職!帰化時に手続き済みと誤解…→ ネットの反応「どこかの誰かはどうすんだ?」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000078-jij-asia
豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
2017/7/14(金) 16:09配信 時事通信

豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
二重国籍で辞職したオーストラリア野党・緑の党のスコット・ラドラム上院議員。移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている=2016年5月撮影、西部パース

 【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。

 移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。

 ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。グラフィックデザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。最近になり問題を指摘されたという。




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「蓮舫は、大嘘吐きだ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

小野田議員が蓮舫を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない。合法か違法かの話」二重国籍問題
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」
二重国籍を解消した自民党の小野田紀美議員が蓮舫を猛批判!
「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」
「合法か違法かの話です」
「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている『戸籍謄本』のみです」

http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160017-n1.html
二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」
2017.7.16 20:49更新、産経新聞

自民党の小野田紀美参院議員(菊本和人撮影)
自民党の小野田紀美参院議員(菊本和人撮影)

民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、蓮舫氏が公的書類公開を表明しながら戸籍謄本公開に難色を示していることを受け、自民党の小野田紀美参院議員が自身のツイッターで「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない」などと立て続けに批判した。

小野田氏自身も昨年10月、米国との「二重国籍」状態だったことが発覚し、その後手続きをとって今年5月に正式に解消した。自身のフェイスブック上で戸籍謄本や米国籍の喪失証明書を公開している。

小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。

その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。

小野田氏のツイートには「なるほど! だから蓮舫さんはかたくなに戸籍謄本の公開を避けているのですね」「小野田さんが言うと説得力があるね」「テレビなどでこの件について詳しい説明をしていただけないでしょうか。都合の悪いことは報道しない自由を振りかざすマスメディア相手では困難はあるでしょうが」-など多数のコメントが寄せられている。



>民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、蓮舫氏が公的書類公開を表明しながら戸籍謄本公開に難色を示していることを受け、自民党の小野田紀美参院議員が自身のツイッターで「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない」などと立て続けに批判した。


7月14日付当ブログ記事でも説明したとおり、蓮舫は7月11日の党執行役員会で「いつでも戸籍謄本を開示する用意がある」「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と語っていたが、7月13日の会見では発言を翻して「戸籍謄本そのものというふうには言っていません。特に戸籍というのは個人のプライバシーに属するものであり、差別主義者、排外主義者に言われて公開することが絶対あってはならない。前例にしてはいけない。…戸籍そのものではなくて、私自身が既に台湾の籍を有していないことが分かる部分をお伝えする準備があるということです。」と述べた。
そもそも一度「戸籍謄本を公開する」と外部に発表したのに掌を返して「私は言ってません」と言い放つのはおかしい。


しかし、蓮舫が国籍法に違反していたかどうかを判定する際、いつ(何年何月何日に)二重国籍(あるいは三重国籍)を解消したのかが必要不可欠な事項であるため、国籍法に違反していないことを証明できるのは国籍の選択日が記載されている『戸籍謄本』だけとなっている。

パスポートや、台湾当局への国籍離脱申請書の写しだけでは、国籍の選択日が分からないため、国籍法に違反していないことを証明できない。

平成27年に米国との「二重国籍」状態を解消した自民党の小野田紀美参院議員が「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない。合法か違法かの話です。」などと立て続けに批判したツイッターは、次のとおり。

戸籍謄本を選管に提出して立候補OKが出てるのなら問題ないのだろうとお思いの方。それは違います。戸籍謄本には【重国籍者であることが分かる表記が何もありません】。国籍選択の義務を果たして初めて重国籍であっ

https://twitter.com/onoda_kimi/status/885823985937666049
小野田紀美【参議院議員】‏認証済みアカウント
@onoda_kimi
国籍について。
戸籍謄本を選管に提出して立候補OKが出てるのなら問題ないのだろうとお思いの方。それは違います。戸籍謄本には【重国籍者であることが分かる表記が何もありません】。国籍選択の義務を果たして初めて重国籍であった事が表記されます。スパイを送り込み放題の仕様になっています。

2017年Jul14日 20:31


https://twitter.com/onoda_kimi/status/885825646621999104?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.honmotakeshi.com%2Farchives%2F51701851.html
小野田紀美【参議院議員】‏認証済みアカウント
@onoda_kimi
私が自分自身について「日本に来てからアメリカと何も関わってないし自動的に日本国籍選択扱いにしてくれたんだろうな」と勘違いをしてしまった理由の一つがここにあります。私の戸籍謄本には米国籍所持などと一切書かれていなかったのです。つまり、選管も重国籍者を見抜けない。とんでもない事です。
2017年Jul14日 20:37


https://twitter.com/onoda_kimi/status/885829630850064384
小野田紀美【参議院議員】‏認証済みアカウント
@onoda_kimi
なお、外国籍喪失(離脱)の証明は、国籍法16条の“努力義務”を行ったかどうかの証明にしかなりません。私も米国籍喪失書類をお示ししましたがこれはあくまで補足です。国籍法14条の“義務”である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません。
2017年Jul14日 20:53


つまり、国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない。公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているか

https://twitter.com/onoda_kimi/status/885830589009375232
小野田紀美【参議院議員】‏認証済みアカウント
@onoda_kimi

小野田紀美【参議院議員】さんが小野田紀美【参議院議員】をリツイートしました

つまり、国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない。公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です。
2017年Jul14日 20:57


https://twitter.com/onoda_kimi/status/885841866087739392?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.honmotakeshi.com%2Farchives%2F51701851.html
小野田紀美【参議院議員】‏認証済みアカウント
@onoda_kimi
ちなみに国籍法14条と16条の差について。
日本は二重国籍を禁止しているのに、なぜ「日本国籍の選択」は義務で「外国籍離脱」が努力義務にとどまるのか。それは、国籍離脱を認めない国があり(ブラジル等)外国籍離脱が法的に叶わない場合があるから。「日本国籍選択」は役所ですぐできます。
2017年Jul14日 21:42






>小野田氏自身も昨年10月、米国との「二重国籍」状態だったことが発覚し、その後手続きをとって今年5月に正式に解消した。自身のフェイスブック上で戸籍謄本や米国籍の喪失証明書を公開している。


国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、平成28年(2016年)10月4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

小野田紀美議員の戸籍謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(2015年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(平成28年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。(関連記事


自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、平成28年10月4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開したことは、蓮舫にとっては非常に都合の悪いことだった!
国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

小野田紀美の戸籍謄本には、「【国籍選択の宣言日】 平成27年10月1日」と記載されているからだ。
蓮舫代表は小野田紀美議員と同じく戸籍謄本を公開せよ!蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開

蓮舫の戸籍謄本には、【国籍選択の宣言日】が、いつと記載されているのか?!

これが非常に重要なことだ!


「【国籍選択の宣言日】 平成27年10月1日」と記載された戸籍謄本を公開した小野田紀美と戸籍謄本を隠蔽している蓮舫とでは、全然違うのだ!






>小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。
>その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。



蓮舫が7月13日の記者会見で「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言した後、質疑応答の際に記者が「党内では蓮舫さんが説明を二転三転させ、本当に二重国籍の疑いがないのかという疑問を持つ声は民進党の議員などからもあった。そういう疑問の声を差別主義者、排外主義者と一括りにするのはどうなのか?」と質問した。

すると、蓮舫は、「差別主義者やレイシストの声と、党内の声は別です!」と回答した。

【二重国籍問題】記者「疑問の声を排外主義者と一括りにするのは...」⇒ 蓮舫、キレる「それは完全に間違い。差別主義者の声と党内の声は別」FBでも恨み節(動画)
■動画
民進党・蓮舫代表定例会見 2017年7月13日
https://www.youtube.com/watch?v=RQSvWpUDB7k&t=34m39s

(34:39~)
記者「先ほどの二重国籍の問題で誠に恐縮なんですけど、蓮舫代表が先程言われた『排外主義・差別主義者に言われて公開するのではない』という発言をされましたけれども、党内では蓮舫さんが説明を二転三転されたという、それで本当に二重国籍の疑惑がないのかということに対する疑問の声というのは、マスコミがこの問題を追いかけなくなってからもなお議員さんの方では聞かれておりまして、例えばそういう疑問を持つ声をですね、差別主義者、排外主義者と一括りにするような先程の発言があったかなと思うんですけれどもそれについてどうお考えなのかなぁと?」

蓮舫「それは受け止めが完全に間違っています。差別主義者やレイシストの方達の声には私は屈しませんし、世の中一般的に(力を込めて)絶対にあってはいけません。それと、党内の声は別です!



実は、7月13日に蓮舫が上記の記者会見を行う前、朝日新聞は同日付朝刊で「民進党 勘違いしていませんか」とする社説を掲載し、戸籍謄本の公開について「プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」と懸念を示した。

もしかしたら、蓮舫は、7月13日付朝日新聞朝刊を見て、同月11日に言っていた戸籍謄本の公開を取りやめたのかもしれない。

だとしたら、朝日新聞も蓮舫も、全く的外れな勘違いをしている。

産経新聞が朝日新聞に反論している。

http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130037-n1.html
【政論】
朝日社説「蓮舫氏の戸籍公開はあしき前例」こそが「勘違い」ではないか?
2017.7.16 14:00更新、産経新聞
朝日社説「蓮舫氏の戸籍公開はあしき前例」こそが「勘違い」ではないか?

民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題をめぐり、朝日新聞は13日付朝刊で「民進党 勘違いしていませんか」とする社説を掲載し、戸籍謄本の公開について「プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」と懸念を示した。蓮舫氏のケースに限っていえば、この指摘こそ「勘違い」ではないか。

もちろん、親が外国人であったり、外国籍から帰化した人への差別はあってはならないし、排外主義的に出生の秘密を探ることは許されない。しかし蓮舫氏は国会議員であり、中でも首相の座を狙う野党第一党の党首という特別な立場だ。

首相は自衛隊の最高指揮官であり、日本の国益を左右する外交と安全保障に最終的な責任を持つ。首相の国籍問題は一点の曇りもあってはならず、一般人とは比較にならないほど説明責任を求められる。

蓮舫氏は「生まれたときから日本人」と述べていたのが「日本国籍の取得は17歳」と変わり、「台湾籍は抜いている」「確認したところ残っていた」と説明が変遷した。昨年10月に台湾籍の除籍手続きを終え日本国籍の選択宣言をしたと表明したが、証明する公的書類は公表していない。

朝日社説も「公党のリーダーとして不適切だった」としたが、口頭だけでは信用してもらえない素地を作ったのは蓮舫氏本人だ。

こうした対応は党首としての信頼性を失墜させ、民進党の支持率が低迷する一因となったのは明らかだ。東京都議選でも、民進党を離党した元公認候補は「街頭で『二重国籍の代表は信用ならない』と罵声を浴びた」と証言している。

蓮舫氏が国籍問題で説明責任を完全に果たさない場合こそ「あしき前例」になる。(水内茂幸)




平成28年(2016年)夏から蓮舫の二重国籍について追及を続けている八幡和郎氏も、蓮舫の対応は「問題すり替え」とした上で、 「二重国籍状態解消の証明には 、『戸籍謄本』、そして台湾当局から受け取った『国籍喪失証明書』や『台湾旅券』など、すべての資料を公開してもらわなければならない」と指摘している。
蓮舫氏の対応は「問題すり替え」 「二重国籍」状態解消の証明には資料全面公開を 評論家・八幡和郎氏緊急寄稿

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170717/soc1707170001-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop
蓮舫氏の対応は「問題すり替え」 「二重国籍」状態解消の証明には資料全面公開を 評論家・八幡和郎氏緊急寄稿
2017.7.17、zakzak

蓮舫氏の対応は「問題すり替え」 「二重国籍」状態解消の証明には資料全面公開を 評論家・八幡和郎氏緊急寄稿

民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、自身の「二重国籍」問題を解決するため、18日に公的書類を開示する方針を明らかにした。ただ、戸籍謄本の全面公開ではなく「すでに台湾籍を有していないことが分かる部分を示したい」と述べた。この対応は、国会議員として、公党の代表として、おかしくないか。「二重国籍」問題を徹底追及してきた、評論家の八幡和郎氏が緊急寄稿した。

「(戸籍の公表は)個人のプライバシーに属するもの。差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」

蓮舫氏は13日の記者会見で、こう語ったという。

そのうえで、自らは野党第1党の代表で公人であることから、「極めてレアケース」だと前置きして、「私は多様性の象徴だと思っている。共生社会を目指す方針に一点の曇りはない。ただ、『二重国籍』問題をめぐる自らの説明が二転三転したため、説明する」と言ったらしい。

蓮舫氏は、大きな勘違いをしていないか。それとも、意図的に問題をすり替えようとしているのか。

「二重国籍」を隠して国会議員になったことの法的、道義的問題や、自衛隊の最高司令官でもある首相になるという「国盗り」を許すことと、彼女のいう「多様性」だとか「共生社会」とは、何の関係もない。

「戸籍謄本の公開」という話を、あたかも誰もが何かあれば戸籍謄本を公開しろということになるといわんばかりに、こじつけている「悪だくみ」があるので、解説を書いておきたい。

蓮舫氏が戸籍謄本の公開を要求されているのは、「国籍選択宣言を本当にしたのか?」「いつしたのか?」を証明できる唯一の手段であるからだ。また、「国籍選択宣言をしていなかったことを知らなかった」というようなことを本人が言っていたが、それなら、「蓮舫氏は、自分の戸籍謄本を見たことはなかったのか?」といった疑問が尽きないからである。

そもそも、蓮舫氏はタレント時代、「父は台湾で、私は、二重国籍なんです」(週刊現代1993年2月6日発行号)などと公言していた。一部の資料公開だけでは信用できない。

戸籍謄本の開示は「国籍選択宣言」という重大な義務を果たしたことを証明するが、決して、台湾籍を離脱して「二重国籍」状態でなくなったことを証明するものではない。台湾当局から受け取った「国籍喪失証明書」「台湾旅券」など、すべての資料を公開してもらわなければならない。






>蓮舫氏は「生まれたときから日本人」と述べていたのが「日本国籍の取得は17歳」と変わり、「台湾籍は抜いている」が「確認したところ残っていた」と説明が変遷した。昨年10月に台湾籍の除籍手続きを終え日本国籍の選択宣言をしたと表明したが、証明する公的書類は公表していない。


蓮舫は、ずっと二重国籍(三重国籍の可能性もあり)であり、日本国籍の選択をそもそもしていなかった。

大嘘吐きの蓮舫は、平成28年(2016年)9月3日にテレビ番組で「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」と発言し、その3日後9月6日の記者会見で「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」と改めて強調して嘘を吐いた!


●平成28年(2016年)9月3日
160903 ウェークアップ!ぷらす 二重国籍の噂について 蓮舫「私は生まれたときから日本人です。18歳で台湾籍は抜いてます。」
蓮舫「私は、生まれた時から日本人です」
辛坊「日本国籍で?」
蓮舫「はい」
辛坊「二重国籍は?今台湾籍は?」
蓮舫「籍、抜いてます」
辛坊「籍、抜いてます?いつですか?」
蓮舫「あの、高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので…ハイ」

●平成28年(2016年)9月6日
これについて蓮舫氏は、6日に高松市で記者会見し、「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。このことによって私は日本人となった。日本国籍を日本の法律のもとで選択しているので、台湾籍は有して
蓮舫「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」

しかし、民進党代表選の最中だった平成28年9月3日や9月6日の上記の蓮舫発言は、全て真っ赤な嘘だったのだ!


蓮舫は、最初から自分の意志で日本国籍と台湾籍(中華民国籍)の両方を持ち続け、重々承知の上で確信犯として違法な二重国籍状態を維持してきたのだ!

そして、蓮舫は、平成28年(2016年)8月末頃から二重国籍疑惑について追及され始めた時から、自分の意志で二重国籍にしていたことを知っていたくせに、すっ呆けて嘘に嘘を重ねてきたのだ。

したがって、蓮舫は、そもそも日本国籍の選択もしていなかったし、外国の国籍を離脱することもしていなかったし、もちろん外国の国籍を放棄する旨の宣言もしていなかったのだ!

蓮舫は、それらのことを全て承知のうえで、平成28年9月上旬に「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」とか「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない。」などと真っ赤な嘘を吐きまくったのだ!



しかし、実際には蓮舫は、自分の意志で二重国籍を持ち続け、当然そのことを知っていた!

平成5年(1993年)2月、蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」と明言していた!

平成5年(1993年、当時25歳)3月16日、蓮舫は「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と明言していた!

平成9年(1997年、当時29歳)、蓮舫は「自分の国籍は台湾なんです」と発言していた!

平成22年(2010年、民主党政権時代)、蓮舫は「ずっと台湾・中華民国籍を維持」などと述べていた!

上記の蓮舫の発言については全て証拠が残っている。


つまり、蓮舫は、昭和60年1月28日に日本国籍と中華民国籍(台湾籍)の二重国籍となった後、平成元年22歳の誕生日に到達する前に、日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択しなければならなかった。

しかし、二重国籍だった蓮舫は、平成元年の22歳の誕生日に到達する前に日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択せず、自分の意志で日本では法律違反となる二重国籍の状態を継続してきた。

そして、蓮舫は自分で「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと何度も発言しているとおり、自分が重国籍であることを間違いなく認識していた。(詳細記事

蓮舫は、二重国籍(国籍法違反)の確信犯だ!

【蓮舫の発言まとめ】
平成28年(2016年)
9/3 18歳で日本人を選んだ。
9/6 17歳で台湾の代表処で籍を抜いた。台湾国籍が抜けているか分からない。
9/7 国籍法に基づいて日本人になった。
9/13 台湾の籍が残っていた。
9/16 日本国籍を「選択」しました。
9/23 子供のころのパスポートを返却して台湾籍を抜いた。
10/6 戸籍は個人的なものだから見せない。
10/13 戸籍法に基づいて区役所に届けた。
10/15 10/7に国籍選択をした。

過去のインタビュー記事の中で…
93/2/6週刊現代 私は二重国籍なんです。
93/3/16朝日新聞 在日の中国国籍の者として…。
97CREA 自分の国籍は台湾なんです。




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「差別の話なんか誰もしていない。合法か違法かの話!」
「蓮舫は『戸籍謄本』『国籍喪失証明書』『台湾旅券』など全ての資料を公開せよ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.