正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
国連特別報告者はウソ報告の常習犯・ケナタッチがテロ朝「報ステ」の取材に応じテロ等準備罪を批判
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【テロ等準備罪】新設法案 衆院通過
国連特別報告者はウソ報告の常習犯・ケナタッチがテロ朝「報ステ」の取材に応じテロ等準備罪を批判
テロ朝「報道ステーション」の取材に応じ、スカイプで登場した「国連特別報告者」ジョセフ・ケナタッチ
「私が送った書簡や日本政府からの回答を含め、すべて国連人権理事会に報告する」とチクリ宣言をした!

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170523-00000063-ann-pol
【報ステ】共謀罪衆院通過、国連特別報告者から懸念
テレビ朝日系(ANN) 5/23(火) 23:30配信

(リンク先に動画あり)
【テロ等準備罪】国連報告者がチクリ宣言「私が送った書簡や日本政府の反論文も含めて、全て国連人権理事会に報告する」

いわゆる“共謀罪”法案が衆議院本会議で与党などの賛成多数で可決された。
採決前には最後の討論が行われ、安倍総理宛てに届いた書簡が取り上げられた。
差出人は、国連の人権理事会から任命され、プライバシー権の保護を任務とするジョセフ・ケナタッチ氏。
ケナタッチ氏は「新法案では、犯罪を立証するため国民への監視を強化する必要がある場合に、適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と指摘。
「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れがある」と懸念を示した。
これに対し、日本政府はすぐさま抗議の文書を送ったが、ケナタッチ氏は「受け取った“強い抗議”は中身のあるものではなかった。私の懸念に答えていない」と反論を発表。
さらに、我々の取材に対し「法案の文言を見て驚いた。私が送った書簡や日本政府からの回答を含め、すべて人権理事会に報告する」と語った。



>【報ステ】共謀罪衆院通過、国連特別報告者から懸念


国連特別報告者ジョセフ・ケナタッチなど国連に出鱈目をチクった連中の1つは、「ヒューマンライツ・ナウ」だ。

http://hrn.or.jp/news/11031/
ヒューマンライツ・ナウ
【News!】国連特別報告者が共謀罪に懸念
2017/05/19
(一部抜粋)
ヒューマンライツ・ナウは、共謀罪(テロ等準備罪)に対し、懸念を表明する声明を3月17日に公表し、
http://hrn.or.jp/activity/10327/
5月15日に国連宛声明を送付し、国連の関係する特別報告者に対し、緊急に事態に介入するよう要請をしました。
Japan: Concerns with the “Crime of Preparation for Terrorism and Other Acts” Bill.pdf

本日、衆議院で共謀罪(テロ等準備罪)の委員会採決が行われましたが、ヒューマンライツ・ナウは、今回の国連の指摘を受け、国際人権基準に即した慎重な取り扱いを改めてすべての国会議員、政府に対し求めるものです。


▼ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子 (弁護士)▼

https://twitter.com/KazukoIto_Law?visibility_check=true
Kazuko Ito 伊藤和子
Kazuko Ito 伊藤和子 ‎
@KazukoIto_Law

お問い合わせがあったのですが、
私たちが5月15日に共謀罪への懸念について国連宛声明を出したのは事実ですが、無論うちの声明一本でケナタチ氏が動いたわけではない。
その前から心配して多々情報収集してた模様。
特別報告者が共謀罪に懸念 http://hrn.or.jp/news/11031/
2017年May23日 19:40






>ケナタッチ氏は「新法案では、犯罪を立証するため国民への監視を強化する必要がある場合に、適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と指摘。
>「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れがある」と懸念を示した。
>これに対し、日本政府はすぐさま抗議の文書を送ったが、ケナタッチ氏は「受け取った“強い抗議”は中身のあるものではなかった。私の懸念に答えていない」と反論を発表。



5月22日、菅義偉官房長官は、記者会見で「政府が直接説明する機会を得られることもなく、公開書簡の形で一方的に発出された。内容は明らかに不適切なものであり、強く抗議した」と述べた。
菅官房長官、国連特別報告者の懸念・書簡に抗議「明らかに不適切で強く抗議。テロ等準備罪法案は国連の条約に加盟しようとしてやっていることだ」【ジョセフケナタッチ

また、菅官房長官は、テロ等準備罪を新設する法案について「187の国・地域が締結する条約締結のために必要な国内法整備であって、プライバシーの権利や表現の自由を不当に制約するとして恣意的運用がなされるということは全くあたらない」と反論し、「法整備は国連がやっている条約に加盟しようとしてやっていることだ」と強調した。

さらに、「特別報告者は、個人の資格で調査報告を行う。国連の立場を反映するものではない」と述べた。

国連特別報告者のケナタッチが指摘する「プライバシーや表現の自由を過度に制限する恐れ」などない。

以前は「防犯カメラが普及したら、プライバシーが侵害される、悪用される、役に立たない」などという批判があったが、今では防犯カメラの設置を増やす声の方が多くなっている。






>さらに、我々の取材に対し「法案の文言を見て驚いた。私が送った書簡や日本政府からの回答を含め、すべて人権理事会に報告する」と語った。


変な奴に取りつかれたものだ。

とんでもない内政干渉だ!


http://www.sankei.com/politics/news/170523/plt1705230032-n1.html
【テロ等準備罪】
「訂正するまで、安倍晋三首相に書いたすべての単語を維持する」 ケナタッチ国連特別報告者が菅義偉官房長官の抗議に再反論
2017.5.23 20:19更新、産経新聞

衆院本会議で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の採決で投票する民進党の法務委員会の議員=23日午後、国会(斎藤良雄撮影)
衆院本会議で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の採決で投票する民進党の法務委員会の議員=23日午後、国会(斎藤良雄撮影)

国連特別報告者のケナタッチ氏が「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に懸念を示した問題で、民進党はケナタッチ氏が菅義偉官房長官の抗議に再反論した声明を入手し、23日の法務部会で公開した。声明全文は次の通り。



私の書簡は、特に日本政府が今回の法案を十分な期間の公的議論(public consultation)を経ず、提案された諸施策について許容される十分な考慮もないままに、法案を早急に成立させることを愚かにも決定したという状況においては、完全に適切なものです。

私が日本政府から受け取った「強い抗議」は、ただ怒りの言葉が並べられているだけで、全く中身のあるものではありませんでした。その抗議は、私の書簡の実質的内容について、1つの点においても反論するものではありませんでした。この抗議は、プライバシー権に関する私が指摘した多くの懸念またはその他の法案の欠陥について、ただの1つも向き合ったものではありません。

私はその抗議を受けて、5月19日の朝、次のような要望を提出しました。

「日本政府には、法案の公式英語訳を提供することが望まれます。その上で日本政府には、当該法案のどこに、どの部分に、あるいは既存の他の法律のどの部分に、新しい法律が、私の書簡で示唆しているものと同等のプライバシー権の保護と救済が含まれているのか、または他の法律によりカバーされているのか示していただきたいです。私は、私の書簡の内容について不正確であると証明されれば、当該部分については公開の場で喜んで撤回いたします」

日本政府は、これまでの間、実質的な反論や訂正を含むものを何一つ送付してくることができませんでした。いずれかの事実について訂正を余儀なくされるまで、私は、安倍晋三首相に向けて書いた書簡における、すべての単語、ピリオド、コンマに至るまで維持し続けます。日本政府がこのような手段で行動し、これだけ拙速に深刻な欠陥のある法案を押し通すことを正当化することは絶対にできません。

日本政府が、その抗議において、繰り返し多用する主張は、2020年の東京オリンピックに向けて国連越境組織犯罪防止条約を批准するためにこの法案が必要だというものでした。

しかし、このことは、プライバシーの権利に対する十分な保護もないこの法案を成立することを何ら正当化するものではありません。日本が国連条約に批准することを可能にし、同時に、日本がプライバシー権および基本的人権の保護の分野でリーダーとなる機会を付与する法案(それら保護が欠如していることで日本を目立たせる法案ではなく)を起草することは確実に可能です。

私は日本およびその文化に対して深い愛着をもっています。さらに、私は日本におけるプライバシー権の性質および歴史についてこれまで調査してきており、30年以上にわたるプライバシー権とデータ保護に関する法律の発展を追跡してきたものです。私は、日本が高い人権基準を確立し、この地域における他の国々および国際社会全体にとってよい前例を示していただけるものと期待しております。ですので、私が先の書簡を書かなければならなかったことは、私にとって大いなる悲しみであり、不本意なことでした。

現在の段階において、ただ一つの望みは、日本政府が私の書簡で触れたプライバシーの権利に着目した保護と救済の制度に注意を払い、法案の中に導入することです。私が書簡にて述べましたとおり、私は日本政府が私の支援の申し出を受け入れてくださるのであれば、日本政府がさらに思慮深い地位へと到達できるように喜んでお手伝いをさせていただきます。今こそ日本政府は、立ち止まって内省を深め、よりよい方法で物事をなすことができることに気付くべき時なのです。私が書簡にてアウトラインをお示ししたすべての保護措置を導入するために、必要な時間をかけて、世界基準の民主主義国家としての道に歩を進めるべき時です。日本がこの道へと進む時、私は全力を尽くして支援することといたしましょう。



国連は日本に対して、「死刑を廃止しろ」とか「慰安婦に謝罪と補償措置を講じろ」とか「ヘイトスピーチをやめろ」とか「夫婦別姓は、女性差別だ」とか「男系継承(皇統)は、女性差別だ」とか「慰安婦日韓合意は、被害者への補補償や名誉回復が十分でない」などと不当な内政干渉をしたり、不当な圧力をかけたりしており、確信犯的に日本を貶め、滅ぼそうとしている。

国連なんて脱退するべきであり、まず日本政府は即刻「国連分担金」の支払いをやめろ!







菅官房長官は「特別報告者は、個人の資格で調査報告を行う。国連の立場を反映するものではない」と述べたが、実際に「国連特別報告者」という連中は、ウソ報告や出鱈目報告の常習犯だ!

例えば、平成27年(2015年)10月、「国連特別報告者」は、「日本の女子学生の30%(後に13%に訂正)が援助交際を経験している」などというデマを言っていた!

「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」に係る国連特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオに「日本の女子学生の30%(後に13%に訂正)が援交経験」とデマ情報を流したのは、仁藤夢乃という西早稲田ウリスト日本基督教団のバカ女だった!

http://www.j-cast.com/2015/10/28249188.html?p=all
国連担当者が「日本の女子学生の30%が援交経験」 根拠は不明のまま、記者会見で「いいかげん発言」
2015/10/28 19:20、j-castニュース

国連の児童ポルノ問題の専門家が「現在、日本の女子学生の30%が援助交際をやっている」と発言した。

本当だとすれば、驚くべき高い割合だが、こうした調査は最近行われていない。根拠のない発言は国際問題だ、という批判も出て、大きな波紋を広げている。

国連担当者が「日本の女子学生の30%が援交経験」 根拠は不明のまま、記者会見で「いいかげん発言」
女子学生の3割が援助交際している?

■「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正

国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏は2015年10月26日、日本記者クラブで記者会見し、日本の子どもがさまざまな形の「性的搾取」の危険にあう可能性があると指摘。その上で

“「現在、女子学生の30%が援助交際をやっていると言われている」

と述べた。

にわかには信じられない高い割合だが、会見で数字の根拠は問われず、ブーア=ブキッキオ氏からもどんな調査にもとづくのか説明はなかった。

J-CASTニュースが日本の国連広報センターに確認したところ、実は「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正された。通訳の勘違いということらしいが、本当かどうかは微妙だ。

また、会見で話した内容は彼女が日本滞在中に面会した関連団体などの調査にもとづくものだとしたが、具体的にどういう調査か把握していなかった。また、会見の内容はあくまで彼女の見解で、国連の正式なものではないという。
(以下略)



>国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏は2015年10月26日、日本記者クラブで記者会見し、日本の子どもがさまざまな形の「性的搾取」の危険にあう可能性があると指摘。その上で
“「現在、女子学生の30%が援助交際をやっていると言われている」
>と述べた。



後に「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正されたとのことだが、「13%」だとしても、誰がどう考えても事実に反する。

まともな根拠もなしにデマを言いふらしており、世界中の人々に日本人についての重大な誤解を招く、かなり悪質な妄言だ。

国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏
国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ「日本の女子学生の30%(13%?)が援交経験」





>また、会見で話した内容は彼女が日本滞在中に面会した関連団体などの調査にもとづくものだとしたが、具体的にどういう調査か把握していなかった。また、会見の内容はあくまで彼女の見解で、国連の正式なものではないという。


国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオが面会した関連団体とは、女子高生サポートセンターColaboを開設している【一般社団法人Colabo(こらぼ)】(代表:仁藤夢乃)のことだと分かった。
仁藤夢乃
仁藤夢乃 『難民高校生』 今日も国連のミーティングへ女の子と参加。中高生の置かれた現状は、こういう場に集まったり、影響力のある意見書を書く立場にあったりする日本の方にも、特に年配の方々には全然伝わってい

https://twitter.com/colabo_yumeno/status/659377081000718338
仁藤夢乃 『難民高校生』
‏@colabo_yumeno
【ブログ更新】国連特別報告者とのミーティング
虐待や児童買春、JKビジネスなどでの性暴力の被害、福祉や制度のはざまに落ちた過程、行政に思うこと等について女の子たちも自分の言葉で伝えました
http://s.ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-12088716843.html
国連「日本女子30%援交経験」→13%に訂正・情報源は仁籐夢乃(西早稲田ウリスト日本基督教団)
22:32 - 2015年10月28日


▼仁藤夢乃のブログ▼

http://ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-12088716843.html
女子高生サポートセンターColabo代表・仁藤夢乃
2015-10-28
国連の特別報告者とのミーティングへ、女の子たちと。

(一部抜粋)

児童買春・児童ポルノ・人身取引に関する国連の特別報告者と面会しました。

国連「日本女子30%援交経験」→13%に訂正・情報源は仁籐夢乃(西早稲田ウリスト日本基督教団)
性的虐待や児童買春、JKビジネスなどでの性暴力の被害、福祉や制度のはざまに落ちた過程、行政に思うこと等について、女の子たちも自分の言葉で伝えました。

国連「日本女子30%援交経験」→13%に訂正・情報源は仁籐夢乃(西早稲田ウリスト日本基督教団)
現場で活動する団体から、児童ポルノや児童の性的搾取に関する現状や法制度について現状を報告しました。



それで、この仁藤夢乃という奴がどういう奴かというと、とんでもない奴なのだ。

仁藤夢乃が盛んに恩師として仰いでいる故人・阿蘇敏文は、中核派革マル派とも連携する反日テロ集団「日本基督教団」(日本キリスト教団=西早稲田2-3-18)という朝鮮ウリスト教の牧師をやっていた反日工作員なのだ。

http://ameblo.jp/colabo-yumeno/entry-11844215009.html
【恩師阿蘇さんの記事】『宗教語らず農業教える牧師 模索する予備校生を支援』2007年11月13日
【恩師阿蘇さんの記事】『宗教語らず農業教える牧師 模索する予備校生を支援』2007年11月13日
(阿蘇さんと18歳のとき農園で)


https://twitter.com/colabo_yumeno/status/468420311512125441
仁藤夢乃 『難民高校生』
‏@colabo_yumeno
私の出会った韓国の反核運動ー日本基督教団 百人町教会牧師 阿蘇敏文
http://www.asahi-net.or.jp/~hn3t-oikw/tobira/a48.pdf
0:57 - 2014年5月20日


▼日本基督教団▼
(日本キリスト教団=西早稲田2-3-18)
【在日大韓キリスト教会との協約】
戦時中における罪責の反省から在日大韓キリスト教総会と協約を結び、その中で在日韓国・朝鮮人問題を受けて取り組み、在日大韓キリスト教会との宣教協力を決意すると述べている。
同協約では下記の3点を約している。
日本基督教団と在大韓会はそれぞの職制聖礼典を相互に認める。
日本基督教団と在大韓会は可能な限り各方面での宣協力を約する。
日本基督教団と在大韓会は特に在日韓国・朝鮮人の権問題へとりくみついて協力を約する。


http://kyodan.holy.jp/kd_k01.pdf
日本基督教団(日本キリスト教団)資料 実録 教団紛争史 (1)
第五章暴力の嵐
全共闘・中核派・革マル派等と連帯した


●詳細記事
国連「日本女子30%援交経験」→13%に訂正・情報源は仁籐夢乃(西早稲田ウリスト日本基督教団)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6007.html





また、平成28年(2016年)4月20日にフランスのNGO「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」において、日本の順位は2010年の11位から2015年には61位、2016年には72位へと急速に悪化した!

ところが、「放送法遵守を求める視聴者の会」の調査の結果、【国連人権理事会「表現の自由」特別報告者のデビッド・ケイ】「報道の自由度ランキング」を計測して発表している【国境なき記者団】【日本の反日マスゴミ】は、グルだった!

【国連人権理事会「表現の自由」特別報告者のデビッド・ケイ】と「報道の自由度ランキング」を計測して発表している【国境なき記者団】と【日本の反日マスゴミ】は、グルだった!

放送法遵守を求める視聴者の会【国境なき記者団による報道の自由度ランキング及び国連特別報告者デビッド・ケイ氏に関する声明】
世界を巻き込む「偽りのスパイラル」
【国連人権理事会「表現の自由」特別報告者のデビッド・ケイ】「報道の自由度ランキング」を計測して発表している【国境なき記者団】【日本の反日マスゴミ】はグルだった!
●詳細記事
放送法遵守を求める視聴者の会・国境なき記者団の報道の自由度ランキング&国連特別報告者に係る声明
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6494.html








【北朝鮮のミサイル攻撃に備えて】
(※警告!拡散してください:詳細記事
◎1週間分の水をペットボトルなどで確保しておく。
◎お風呂の水は捨てずに湯船に張っておく。(サリンは水で無毒化するので何かを浴びたら水に入る)
◎Jアラートが鳴った時に室内にいたら、窓をきっちり閉める。
◎Jアラートが鳴った時に屋外にいたら、建物【できれば地下】に入る。


キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱


左:マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 1000ml×6本
中:大関 甘酒 190g×30本
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「国連特別報告者はウソ報告の常習犯!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.