正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201701
やくみつるが「日本死ね」の授賞を正当化・「物議を醸し議論が起これば流行語」・過去と整合性なし
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






やく氏「日本死ね」問題に反論 流行語選考に「過激」「穏当」関係なし【流行語大賞】選考委員のやくみつる氏「過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない」“日本死ね”受賞への批判に対し
【流行語大賞】選考委員のやくみつるが「日本死ね」授賞批判に対して反論!
「物議を醸し議論が巻き起これば流行語だ!」
過去の選考基準と整合性なし!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000039-dal-ent
やく氏「日本死ね」問題に反論 流行語選考に「過激」「穏当」関係なし
デイリースポーツ 12/5(月) 9:40配信

流行語大賞の「日本死ね」についてコメントした漫画家・やくみつる氏
流行語大賞の「日本死ね」についてコメントした漫画家・やくみつる氏

 漫画家で、ユーキャン新語・流行語大賞の選考委員を務めたやくみつる氏(57)が5日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の電話取材に応じ、「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことに嫌悪感を示している意見があることについて「過激だとか穏当だとか、言葉を選ぶ時になんの尺度にもならない」と訴えた。

 番組では、今年の流行語大賞トップテンに「保育園落ちた日本死ね」が選ばれたことに、タレントのつるの剛士が「悲しい気持ちになった」などとつぶやき、議論がわき起こっていることを特集。ツイッターや街の声を取り上げ「もう少し明るい言葉がいい」「強い言葉だから響いた」など、賛否両論あるとした。

 それを受け番組では選考委員のやく氏にインタビュー。やく氏は「私も当時は嫌悪感を示した方」だったとしたが、「それとこれとは話が別」とキッパリ。「流行語を選ぶにあたって、過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない。むしろ、こういう言葉は流行語大賞でなければ拾い得ない」と、必要であれば“死ね”など過激な言葉が選ばれることもあるとした。

 そもそも流行語ではないのでは?という意見もあるが「口の端に上るという意味での流行語もあるが、その言葉が物議を醸すなり、そこから議論が巻き起こるのも広い意味での流行語である」と、“日本死ね”によって、待機児童問題がクローズアップされたことから“流行語”であると訴えていた。

やく氏「日本死ね」問題に反論 流行語選考に「過激」「穏当」関係なし【流行語大賞】選考委員のやくみつる氏「過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない」“日本死ね”受賞への批判に対し



>それを受け番組では選考委員のやく氏にインタビュー。やく氏は「私も当時は嫌悪感を示した方」だったとしたが、「それとこれとは話が別」とキッパリ。「流行語を選ぶにあたって、過激だとか穏当だとか、選ぶ時に何の尺度にもならない。むしろ、こういう言葉は流行語大賞でなければ拾い得ない」と、必要であれば“死ね”など過激な言葉が選ばれることもあるとした。


全く説明になっていない!

過去、流行語大賞では、マイナス面で流行った言葉を選定・受賞対象にすることは不適切であるとする批判が在るとして除外してきた。

例えば、平成7年(1995年)の「ポア」「サティアン」「ああ言えば上祐」などのオウム真理教関連用語を上記のマイナス面で流行った言葉という理由で選考対象から除外した。
ああ言えば上祐


また、平成17年(2005年)には、マンガ「嫌韓流」が一気に30万部の売上を記録し、「嫌韓流」という言葉が大流行し、ユーキャン流行語大賞のネットアンケートでも8月の1位を皮切りに、年末まで1位などの上位にランクインされ続けたにもかかわらず、なぜかノミネート候補にすら選ばれなかった。
マンガ嫌韓流
平成17年(2005年)には、マンガ「嫌韓流」が一気に30万部の売上を記録し、「嫌韓流」という言葉が大流行し、ユーキャン流行語大賞のネットアンケートでも8月の1位を皮切りに、年末まで1位などの上位にランク


さらに、平成24年(2012年)の「ナマポ」(生活保護)は、当初はノミネート候補に選ばれたが、その後生活保護受給者から差別や悪意の助長のおそれが指摘され、受賞は差別を肯定したという解釈につながるとし、後に受賞対象外とされた。
ネットの書きこみサイト、そこでは生活保護をナマポと表現し、不正受給を匂わせるような書き込みが多く見られる河本準一
ネットの書きこみサイト、そこでは生活保護をナマポと表現し、不正受給を匂わせるような書き込みが多く見られる河本準一


やくみつるは「必要であれば“死ね”など過激な言葉が選ばれることもある」と主張しているが、だったらテロの教訓のためにオウム真理教関連用語も除外するべきではなかったし、ネット投票で1位を獲得していた「嫌韓流」がノミネート候補にすら選ばれなかった理由も全く分からないし、「ナマポ」も後に受賞対象外とするべきではなかった!

やくみつるの主張は、過去の選考基準との整合性が全くない。






>もそも流行語ではないのでは?という意見もあるが「口の端に上るという意味での流行語もあるが、その言葉が物議を醸すなり、そこから議論が巻き起こるのも広い意味での流行語である」と、“日本死ね”によって、待機児童問題がクローズアップされたことから“流行語”であると訴えていた。


この説明は、もっと無茶苦茶だ。

まず、待機児童問題は、山尾志桜里が国会で取り上げるよりも、ずっとずっと以前から散々議論が巻き起こっており、しかも待機児童問題の改善に向けた対策が実行されていた!

決して「日本死ね」という言葉によって議論が巻き起こったわけではない。

待機児童問題は、20年くらい前から一部都市において待機児童の急増によって問題化し、平成6年には「エンゼルプラン」、平成11年には「新エンゼルプラン」、平成13年には「待機児童ゼロ作戦」など、次々と国の対策も制定されてきた。

◦平成14年度から「待機児童ゼロ作戦」を進め、待機児童は2年連続で減少中。待機児童数が全国最多の横浜市でも、ほぼ半減(平成16年1,190人→平成17年643人)

http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/meeting/promote/se_5/siryo2_5.html
内閣府
平成14年度から「待機児童ゼロ作戦」を進め、待機児童は2年連続で減少中。待機児童数が全国最多の横浜市でも、ほぼ半減(平成16年1,190人→平成17年643人)


それでも、大都市への人口集中や共働きの増加などのために解消し切れずに今日に至っているが、かなり以前から議論が成されて次々と対策が制定されてきたことは紛れもない事実だ。

そして、最悪期は山尾志桜里らの民主党政権時代だったが、民主党政権が終わった後は徐々に改善していた。

つまり、山尾志桜里が国会で自作自演で「日本死ね」を使った質問をする前に待機児童対策は強化され、既に改善に向かっていた。(関連記事

民主党政権の時の方が待機児童が多かったのに、あの時は「日本死ね」と言われなかった。民進党政権は【2009年秋から2012年末まで】の約3年間だったが、山尾志桜里は待機児童数が減少していた【2011年か
待機児童問題は約20年前から問題化しており、様々な対策が講じられてきた。
【2009年秋から2012年末までの民進党政権時代】が待機児童の最悪期だったが、その後また改善に向かっている!



やくみつるの「日本死ね」という言葉によって議論が巻き起こった』という主張は完全に的外れであり、やくみつるはそのような事実を知らなかった可能性が高い。


次に、やくみつるの説明では、過去における除外や落選の理由と大きく辻褄が合わない。

「その言葉が物議を醸すなり、そこから議論が巻き起こるのも広い意味での流行語である」として問題がクローズアップされたことを「流行語」とするなら、上述したオウム真理教関連用語も除外するべきではなかったし、ユーキャンのネット投票で1位を獲得していた「嫌韓流」がノミネート候補にすら選ばれなかった理由も全く不明だし、「ナマポ」も受賞対象外とするべきではなかった!



また、そもそも「その言葉が物議を醸すなり、そこから議論が巻き起こるのも広い意味での流行語である」と主張するのであれば、「新語・流行語大賞」というネーミングをやめ、もっと分かり易く「物議醸成・議論巻起し言葉大賞」などに変更する方が良い。

「新語・流行語大賞」と銘打っている以上は、飽くまで新語・流行語の中から選ぶべきだ。








▼やくみつる(漫画家)▼
やくみつる「軍隊持ちたくて持ちたくてしょうがない、戦争なんか1回も行ったことのない連中が、もう戦争従軍経験あるのは80代後半以上の人ですよね。てめえで勝手に行ってください。そのかわりしたくない。絶対戦
やくみつる「絶対戦わない!降参して中国領で生き続けたい」
詫びて詫びて詫び倒す
画像:銀色の侍魂

平成25年(2013年)5月27日放送のテロ朝「TVタックル」で、やくみつる「絶対戦わない!降参して中国領で生き続けたい」などと発言!
●詳細記事
やくみつる「絶対戦わない!降参して中国領で生き続けたい」・チベット族やウイグル族は滅亡の危機
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5079.html


(一部再掲載)

平成25年5月27日(月)
テレビ朝日
TVタックル


TVタックルやくみつる「絶対戦わない!降参して中国領で生き続けたい」

■動画
やくみつる 神発言w
http://www.youtube.com/watch?v=pCRMWA82xKI

やくみつる
軍隊持ちたくて持ちたくてしょうがない、戦争なんか1回も行ったことのない連中が、もう戦争従軍経験あるのは80代後半以上の人ですよね。
てめえで勝手に行ってください。
そのかわりしたくない、絶対戦わない!もう降参してでも【中国領日本】で生き続けることを良しとしてでも戦いたくない人間はほっといてくれって感じですね。
その代わり税金もそのまま払わねぇぞって感じです。





酷い発言だ!

やくみつるがここまで馬鹿で売国奴だったとは知らなかった。

支那や朝鮮との自衛戦争を避けて支那や朝鮮の奴隷になったら、やがて自衛戦争をして失う人命を遥かに超える人命を失うことになる。

英国に植民地にされたアイルランドの人口は、1841年の820万人が1911年には444万人と約半分になった。
英国に植民地にされたアイルランドの人口は、1841年の820万人が1911年には444万人と約半分になった。


1939年9月に始まった1ヶ月余りに亘るドイツとポーランドの戦争(ポーランド侵攻)でポーランド人が失った命は人口(約3000万人)の0.4%にあたる約13万人だった。

ところが、そのポーランド侵攻の後に、ポーランドが独ソ両国によって分割占領されていた時の大量処刑や大量虐殺、及び独ソ両軍がポーランドを戦場として死闘を繰り広げたことなどにより、ポーランドは人口の20%(600万人)が死ぬという悲劇に見舞われた。

600万のポーランド人の死因の大半は、ドイツによる占領中に主にポーランド人知識階級大虐殺作戦、ポーランド人飢餓絶滅作戦、ポーランド人微罪死刑作戦、の大まかに3つのポーランド占領政策によりドイツによって計画的に殺されたものだった。


ポーランド人犠牲者の大半は民間人であり、戦死ではなかった。

つまり、ポーランドでは、戦争で抵抗した際に死んだ人数は人口の僅か0.4%だったが、戦争をしない弱小国家になったら死んだ人数が人口の20%にまで増加したのだった。
独ソ不可侵条約(モロトフ=リッベントロップ協定)ポーランドが独ソ両国によって分割占領
独ソ不可侵条約(モロトフ=リッベントロップ協定):ポーランドが独ソ両国によって分割占領でポーランド人は大量死に。


そして、何よりも実際に支那によって侵略されて支配された東トルキスタンやチベットの惨状を見れば良く分かる。

1949年に支那によって侵略された東トルキスタン(支那は「新疆ウイグル自治区」と改称)では、楼蘭などで支那に46回も核兵器を使用(大気圏核実験)されたため、19万人が急死し、129万人が健康被害者となった。
札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました
札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました

札幌医科大学教授の高田純氏によれば、 1996年までの約30年間にウイグル自治区のロプノルで46回の核実験が行なわれ、その影響で少なくとも19万人以上が死亡しました
画像:ブログ「論破小僧」より

高田純著「核の砂漠とシルクロード観光のリスク」


人類の歴史における核兵器使用には、アメリカによる日本への2回の他、支那による東トルキスタンへの46回も含めるべきだ。


1951年から始まった支那によるチベット侵略の結果、犠牲になったチベット人は120万人にものぼる。

死んだ120万人の大半のチベット人は武器を手にとって戦って死んだのではなく、支那人たちに虐殺されたり処刑されたりして死んだのだ。
1959年、支那軍に連行されるチベットの人々 

さらに、支那は、チベット人をこの世から抹殺しようとし、チベット人男性に断種治療を行い、女性にも不妊や堕胎のための治療(手術)を行ったり、漢民族の子孫にするため強姦したりした。




左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「やくみつるの出鱈目と詭弁が酷過ぎる!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.