正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201612
支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






経営ビザで国保タダ乗りは自民政権時の改悪が原因。支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国
来日支那人が日本の医療制度に「タダ乗り」
業者の斡旋で「留学ビザ」「経営・管理ビザ」「就労ビザ」などで日本に3か月在留し、日本の「国民健康保険」に最低額で加入し、3割負担で治療を受け帰国!

http://news.infoseek.co.jp/article/spa_20161122_01241761/?p=1
来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしている!?
日刊SPA! / 2016年11月22日 9時1分

支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国
※写真はイメージです

 国民医療費が40兆円を突破し、日本の財政は危機敵な状態にある。こうしたなか、一部の来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしているという。そんな噂を聞いて取材を開始したところ、とんでもない実態が浮かび上がった!

 爆買いが収束に向かうなか、安倍政権が見据える新成長戦略が医療ツーリズムだ。日本政策投資銀行は、’20年の潜在的市場規模を5500億円と見積もっている。

 今や日本の医療の信頼性は世界の知るところとなり、日本での検診や治療を希望する外国人も増えている。しかし中には招かれざる客も紛れているようだ。

 中国・広東省出身の40代の中国人女性Wさんは、3年前から患っているC型肝炎の治療のため、2か月前に夫を伴って日本にやってきたばかりだ。

「中国で1年ほどインターフェロン投与による治療を続け、一旦は治ったようにみえたのですが、半年後に再発。そんななか、ほぼ完治するという特効薬・ハーボニーの存在を医者から聞いた。ただ、その薬は中国国内では承認されておらず、海外の医療機関で治療する必要があるとのことでした」

 興味を持ったWさんは、海外への医療ツアーを斡旋する複数の業者に接触した。ちなみに中国の患者数は約4000万人以上おり、国民病だ。
こうした事情を受け、海外でハーボニーによる肝炎治療を仲介する業者は数多く存在するという。ただ、欧米での投与は完治までの滞在費を含め1000万円近くかかる。上位中間層に属するWさんにとっても、即断できる金額ではなかった。

「後発薬が使用されているインドや東南アジアなら100万円以下で済むらしいのですが、不安で踏み切れなかった。そんなとき、ある業者が日本での治療という選択肢を提案してきた」(Wさん)

 問題は彼女が支払う費用だ。

「医療費に業者への費用、滞在費をあわせて200万円ほどです」

 国が定めるハーボニーの薬価は5万5000円で投薬期間は12週間。完治までには薬代だけで最低465万円がかかる計算となる。

「国民健康保険のおかげです。薬代は月に1万円までしか取られないですから」(同)

 実は彼女の在留資格は、医療滞在ビザではなく、会社経営のために滞在する場合に発給される経営・管理ビザなのだという。留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3か月以上合法的に在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入が義務付けられている。同時に、日本人加入者と同様の恩恵を受けることができる。ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は、所得によって自己負担限度額が月額1万円もしくは月額2万円までに制限される。つまり薬価ベースでは465万円かかる投与が、最低3万円で受けられるのだ。さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども、国保なので「3割負担」で済む。Wさんが依頼した業者は、この制度に目をつけ、格安でC型肝炎治療を受けられる方法を彼女に売り込んでいたのだ。

 ちなみに医療滞在ビザで来日し、ハーボニー投与を受けた場合、滞在費を含めて600万円以上になると業者から言われたという。

 薬価と患者の負担額の差額は、保険料と税金によって賄われていることは言うまでもない。Wさんは「保険料はきっちり払っている」と強調するが、前年に日本で所得のない彼女の保険料は、最低額の月4000円程度だ。

 多くの日本人は、健康状態にかかわらず国保や社保の保険料を一生支払い続けなければいけない。治療目的で来日して国保に加入し、支払った保険料を大きく超えるような医療サービスを受けるというのは、公正とはいえない。

 ちなみにWさんのビザ申請は「業者任せなのでわからない」と言う。どういうわけか。中国人ジャーナリストの周来友氏が明かす。

「経営・管理ビザは、資本金500万円以上の会社を設立し、その代表取締役になる場合に申請できる在留資格で、まず1年間滞在することができる。500万円の“見せ金”を用意できれば、割と簡単に発給されるため、日本でマンションを爆買いして移住する中国人にも人気のビザです。ビザ申請のためのペーパーカンパニーまで用意してくれる行政書士もいる」

※現在発売中の『週刊SPA!』11/22発売号では「スクープ 来日中国人が医療費を不正受給している!」という特集を掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>



>国民医療費が40兆円を突破し、日本の財政は危機敵な状態にある。こうしたなか、一部の来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしているという。そんな噂を聞いて取材を開始したところ、とんでもない実態が浮かび上がった!


「とんでもない実態」とは、外国人が「留学ビザ」「経営・管理ビザ」「就労ビザ」などでで日本に3か月を超えて在留し、日本の「国民健康保険」に最低額で加入し、3割負担で治療を受けて帰国してしまうというものだ!

外国人は治療費などを3割しか負担せず、残りの7割には日本国民の血税が使われている!






>留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3か月以上合法的に在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入が義務付けられている。同時に、日本人加入者と同様の恩恵を受けることができる。


まさに「とんでもない実態」であり、【とんでもない悪法】だ!
支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国





>ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は、所得によって自己負担限度額が月額1万円もしくは月額2万円までに制限される。つまり薬価ベースでは465万円かかる投与が、最低3万円で受けられるのだ。さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども、国保なので「3割負担」で済む。Wさんが依頼した業者は、この制度に目をつけ、格安でC型肝炎治療を受けられる方法を彼女に売り込んでいたのだ。


これは酷い!

しかも、支那のC型肝炎の患者数は約4000万人以上おり、支那人の国民病となっている。

C型肝炎の治療だけでも、超格安の薬代と3割負担の診察料や3割負担各種検査費用で済ますために、今後大量の支那人が日本に押し寄せてくると予想される。

その他の病気も加えると、日本国民の血税がどれだけ支那人の治療のために使われてしまうのか、恐ろしくなる。

薬価ベースでは465万円かかる投与が最低3万円で受けられ、診察料や各種検査費用なども3割負担なら、それだけのために何千万人もの支那人が来てもおかしくない。






>薬価と患者の負担額の差額は、保険料と税金によって賄われていることは言うまでもない。Wさんは「保険料はきっちり払っている」と強調するが、前年に日本で所得のない彼女の保険料は、最低額の月4000円程度だ。
>多くの日本人は、健康状態にかかわらず国保や社保の保険料を一生支払い続けなければいけない。治療目的で来日して国保に加入し、支払った保険料を大きく超えるような医療サービスを受けるというのは、公正とはいえない。



このような医療制度は、明らかな欠陥制度だ!

以前から外国人が1年以上在留し、日本の「国民健康保険」に加入し、国保で日本の医療を受ける制度はあった。

それを【外国人が「留学ビザ」や「経営・管理ビザ」や「就労ビザ」などでで日本に3か月在留し、日本の「国民健康保険」に最低額で加入し、超格安の薬代と3割負担の診察料や各種検査費用などで受けられる】ように改悪したのだから、大問題だ!

これは、早急に改善しないといけない!

外国人がわずか3か月の在留で、国保で日本の医療を受けられるように改悪したことについて、ネット上では「民主党の置き土産」とか「民主党が改悪したせい」とか「民主党の小宮山が大臣だった時に、外国人が国民健康保険に加入できる条件を大幅に緩和」などという書き込みが多い。


――――――――――
2 :名無しさん@1周年:2016/11/22(火) 16:23:35.14 ID:2HVZiyh70
>>1
言っとくけどこれ民主党が改悪したせいで日本人の税金が使われてるからな(´・ω・`)

> 【社会】中国人に詐取される日本の国民健康保険…モラルなんてメじゃない“やりたい放題”
> http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1361802761/
>
> 1 名前:アヘ顔ダブルピースφ ★[] 投稿日:2013/02/25(月) 23:32:41.16 ID:???0
> 堺市南区に住む中国人が、国民健康保険の加入者が海外で支払った医療費の一部が給付さ
> れる「海外療養費支給制度」を悪用し、療養費をだまし取った事件。
> 大阪府警が詐欺容疑で逮捕した20~50歳の中国人男女13人はほとんどが親族関係にあり、
> 2年近くの間に9件の虚偽申請を繰り返し、約240万円を詐取していた。
>
> 358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/23(土) 03:56:26.47 ID:JY1F6HeN0
> 民主党の小宮山が大臣だった時に、外国人が国民健康保険に加入できる条件を
> 大幅に緩和して、ほとんどの外国人が加入可能な状態になっているそうです。
> 2泊3日で日本に観光に来た中国人も加入可能で、その後5年間はそいつが
> 中国で治療等をしても、日本の税金からお金が支払われるということに。。
>
> 【木原稔】民主党の置き土産、外国人への社会福祉問題[桜H25/2/22]
> http://www.youtube.com/watch?v=DScjGw87gws
>
> 371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/23(土) 04:38:58.54 ID:JY1F6HeN0
> >>360
> 地方自治体が混乱するから1年間は様子を見ざるを得ないんだとか。
> 小宮山が国会で法案を通す必要のない省令でやったから、
> 最近まで分からなかったみたい。
> 地方自治体からおかしいという陳情があって発覚したみたいで、
> 今後もおかしなことがあれば教えてほしいと木原稔議員が言ってました。

保険制度を改悪して中国人に金を流した民進党(元民主党)ひっ捕らえて市中轢きませ

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479799350/
――――――――――


しかし、実際には自民党と公明党の連立政権による平成21年(2009年)7月の「住基法改正法」「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」のためだった。

https://www.kokuho.or.jp/whlw/lib/ho_24_0120002.pdf
保発0120第2号
平成24年1月20日

都道府県知事 殿

厚生労働省保険局長

国民健康保険法施行規則及び高齢者の医療の確保に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の施行について

国民健康保険法施行規則及び高齢者の医療の確保に関する法律施行規則の一部を改正する省令(平成24年厚生労働省令第7号。以下「改正省令」という。)が本日公布され、平成24年7月9日から施行することとされるとともに、国民健康保険法施行規則第一条第一号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める者の一部を改正する件(平成24年厚生労働省告示第23号。以下「改正告示」という。)が本日官報に掲載され、改正省令と併せて適用することとされたところであるが、これらの改正の趣旨及び内容は下記のとおりであるので、その旨御了知の上、貴都道府県内の市町村(特別区を含む。)、国民健康保険組合、後期高齢者医療広域連合等への周知徹底を図られたい。



第一 改正の趣旨

国民健康保険及び後期高齢者医療制度において、被保険者となる外国人は、外国人登録法(昭和27年法律第125号)に基づく登録を受け、かつ、原則として出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)の規定による在留資格をもって本邦に在留する者であって、
① 1年以上の在留期間を決定されたもの
② 1年未満の在留期間を決定されたもののうち、客観的な資料等により、1年以上滞在すると認められるもの
とされている。(国民健康保険法施行規則(昭和33年厚生省令第53号。以下「国保則」という。)第1条及び高齢者の医療の確保に関する法律施行
規則(平成19年厚生労働省令第129号。以下「高確則」という。)第9条並びに国民健康保険法施行規則第一条第一号の規定に基づき厚生労働大臣が別に定める者(平成16年厚生労働省告示第237号。以下「関係告示」という。))

今般、住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号。以下「住基法改正法」という。)及び出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)の施行に伴い、適法に3月を超えて在留する等の外国人であって住所を有する者は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号。以下「住基法」という。)の適用対象とされることとなる。
これは、日本に入国・在留する外国人が年々増加していること等を背景に、在留情報の一元的、正確かつ継続的な把握とともに、外国人住民への基礎的行政サービスを提供する基盤を確立するものであり、外国人住民の利便の増進及び市町村等の行政の合理化を目的とするものである。
国民健康保険及び後期高齢者医療制度では、住所を有すること等によって、被保険者とすることとされていることから、今般、国保則及び高確則並びに関係告示について、住基法改正法の目的を踏まえ、内外人平等の原則の下、日本人と同様に、外国人住民を国民健康保険及び後期高齢者医療制度の被保険者とするための改正を行ったものである。


第二 改正の主な内容

Ⅰ 国民健康保険関係
第1 国保則の一部改正(改正省令第1条)
適用除外に関する事項(国保則第1条第1号)
日本の国籍を有しない者であって、住基法第30条の45に規定する外国人住民以外のものは、国民健康保険の適用除外としたこと。

第2 関係告示の一部改正(改正告示)
3月以下の在留期間を決定された者であっても、資料等により、当該在留期間の始期から起算して3月を超えて滞在すると認められる者を、国民健康保険の被保険者としたこと。


Ⅱ 後期高齢者医療制度関係
高確則の一部改正(改正省令第2条)
適用除外に関する事項(高確則第9条第1号)
国保則の一部改正に準じた改正を行うこととしたこと。

第三 施行期日
改正省令及び改正告示は、平成24年7月9日から施行(適用)すること。



>今般、住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号。以下「住基法改正法」という。)及び出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)の施行に伴い、適法に3月を超えて在留する等の外国人であって住所を有する者は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号。以下「住基法」という。)の適用対象とされることとなる。


住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号)

http://www.garyusha.com/wp/?p=2019
住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号)

法律名:住民基本台帳法の一部を改正する法律(平成21年法律第77号)
タイトル:外国人住民を住民基本台帳の対象に=併せて、住民基本台帳カードの転出後の継続利用を可能に=
公布日等:平21.7.15公布 3年内政令日施行
所管省庁名:総務省


日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)

http://www.houko.com/00/02/S26/319.HTM#s4.1.2
出入国管理及び難民認定法

第四章 在留及び出国
第一節 在留
第二款 中長期の在留

(中長期在留者)

第一九条の三 法務大臣は、本邦に在留資格をもつて在留する外国人のうち、次に掲げる者以外の者(以下「中長期在留者」という。)に対し、在留カードを交付するものとする。

一 三月以下の在留期間が決定された者

二 短期滞在の在留資格が決定された者


三 外交又は公用の在留資格が決定された者

四 前三号に準ずる者として法務省令で定めるもの


経営ビザで国保タダ乗りは自民政権時の改悪が原因。支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国
経営ビザで国保タダ乗りは自民政権時の改悪が原因。支那人が日本の医療制度にタダ乗り!留学や経営や就労ビザなどで3カ月在留し国保で3割負担→帰国
ネット上では「民主党の置き土産」とか「民主党が改悪したせい」とか「民主党の小宮山が大臣だった時に、外国人が国民健康保険に加入できる条件を大幅に緩和」などという書き込みが多い。
しかし、実際には自民党と公明党の連立政権による平成21年(2009年)7月の「住基法改正法」「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」のためだった。




官邸などへのメールは、内容などより数が重要!

2~3行で良いから、「来日外国人による日本の医療制度タダ乗りをやめさせろ」と抗議しよう!
首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各府省への政策に関する意見・要望
厚生労働省、法務省、総務省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/
ご意見・ご感想をお待ちしております。
衆議院議員第一議員会館 安倍晋三事務所
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact

■参考例文■
――――――――――
来日外国人による日本の医療制度タダ乗りをやめさせろ

外国人が「留学ビザ」や「経営・管理ビザ」や「就労ビザ」などで日本に3か月在留し、日本の「国民健康保険」に最低額で加入し、3割負担で治療を受け、帰国する事例が急増しています。
これは、来日外国人による日本の医療制度の「タダ乗り」です。

多くの日本人は、健康であるにかかわらず、国保や社保の保険料を一生支払い続けなければいけません。
治療目的で来日して国保に加入し、支払った保険料を大きく超えるような医療サービスを受けるというのは、公正とはいえません。

「住民基本台帳法の一部を改正する法律」(平成21年法律第77号)及び「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」(平成21年法律第79号)が原因です。
早急に何とかしてください!

――――――――――



左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「日本国民を犠牲にする欠陥制度を早急に改善しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.