FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201612
偏差値37の日本工業大学が「東京デザインウィーク」で木屑と投光器を使用!作品の火事で5歳児死亡
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






神宮外苑のイベント会場で火事 5歳男児死亡 2人けが 東京
偏差値37の日本工業大学(工学部建築学科)「東京デザインウィーク」木屑と投光器を使用
作品の火事で5歳児が死亡!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161106/k10010757741000.html
神宮外苑のイベント会場で火事 5歳男児死亡 2人けが 東京
11月7日 0時19分、NHK

6日夕方、東京・新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、ジャングルジムのような形をした展示物が焼け、中で遊んでいた5歳の男の子が死亡し、助けようとした父親など2人がけがをしました。

6日午後5時20分ごろ、東京・新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑のイベント会場で展示品が燃えていると、警視庁や東京消防庁に通報がありました。会場にいた人が消火器で消火活動を行うなどして、火はまもなく消し止められましたが、警視庁によりますと、この火事で、東京・港区の幼稚園児、佐伯健仁くん(5)が搬送先の病院で死亡が確認されました。また、助けようとした健仁くんの44歳の父親と、別の40代の男性が顔にやけどをしましたが、いずれも命に別状はないということです。

警視庁やイベントの主催者などによりますと、当時、明治神宮外苑では現代アートの作品を展示するイベントが開かれていて、焼けたのは、日本工業大学工学部建築学科の学生が中心となって作る「新建築デザイン研究会」という部活動が出展したもので、ジャングルジムのような形の木製の展示物です。大きさは、高さが3メートル、幅が5メートル、奥行きが2メートルあり、人が中に入って遊べるようになっていたということです。

当時、健仁くんは真ん中付近で遊んでいて、火事に巻き込まれたと見られるということです。また、展示物には木くずが敷かれ、ライトで照らされていたということで、警視庁は目撃者の話などから、木くずから出火した可能性があると見て、火が出た当時の詳しい状況を調べています。

■主催者「全作品のチェックは困難」

今回イベントを主催した東京・港区にあるTOKYO DESIGN WEEKの川崎健二社長が6日午後9時すぎ、会場で報道陣の取材に応じました。川崎社長はまず、「貴い5歳のお子様が亡くなられ、ざんきに堪えず、重く受け止めています。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

そして、「31年間続けてきたイベントで、このような事故は初めてで、悔しくてしかたがない」と述べました。さらに、火災が起きた日本工業大学の作品「素の家」について、事前に学生側が提出した書類で構造を確認していたものの、書類には照明と素材の位置関係など詳しい記載はなかったと説明しました。

そのうえで、「作品にとがった部分がないかや、高さなどは確認しているが、全部で600点ある作品の一つ一つを詳しくチェックするのは困難だった。アート作品なので、主催者側からデザインについて、いろいろ注文をするのも難しい」と述べました。このほか、川崎社長は7日までの予定だった今回のイベントを、事故を受けて、6日までで中止とすると述べました。

また、学生作品展のエリアの責任者を務める多摩美術大学の田淵諭教授も川崎社長とともに取材に応じ、「展示は消防法にも照らして問題ないように準備してきた。照明など電気を使う場合は電圧に制限も設けていた。火災が想定されないかは開催前から十分確認していた」と述べました。

■大学「本当に申し訳ない」

火災が起きた作品を出展した学生が所属する日本工業大学は、6日夜、埼玉県宮代町のキャンパスで取材に応じました。この中で、藤田則夫常務理事は「まずもって謝らなければなりません。大変申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

大学の説明によりますと、作品を出展したのは工学部建築学科の学生が中心となって作る新建築デザイン研究会という部活動だったということです。この部活動は、ことし5月の時点で、1年生から4年生までの学生34人が参加していて、今回のイベントにはここ数年、続けて作品を出展していたということです。また、作品の詳細やどのような安全対策をとっていたのかについては把握できていないということですが、この部活動の部長を務める3年生の男子学生は、大学に対し、「白熱電球は使っておらず、LED電球1個を使っていた」と話しているということです。

そのうえで、大学は、今後の対応について、「詳細な状況は把握しておらず、火災のあと現場に到着した教員と連絡を取るなどして事実確認を急いでいます。子どもが亡くなっていて。お2人がけがをしているということなので、状況を把握しつつ対応を考えたい」と述べました。

また、日本工業大学の学生で、火事になった作品とは別の作品を出展していた20歳の男性がイベント会場で取材に応じ、「火が出た展示物は3、4年生があらかじめ学校で作って会場に持ち込んで組み立てていた。友人から聞いた話では、燃えた作品は、ジャングルジムのような木の骨組みの部分に装飾として木くずを敷いていて、そこに何らかの原因で火がついたのではないかということだった。同じ学校の作品でこのような事故が起こり、悲しいです」と話していました。

■目撃者「イベントの演出かと思った」

母親とイベントに訪れていた東京都内の中学1年生の男子生徒は「会場にいてなんとなく煙くさいなと思ったら、炎が上がった。炎の高さは15メートルほどで真っ赤な色だった。最初は演出かと思って周りにいた人も近づいていったが、火事だと分かり、一斉に逃げた。このようなイベントの会場で事故が起き、悲しいです」と話していました。

当時、現場にいた男性によりますと、燃えた展示物は人の背丈より高く四角い枠を組み上げて作ったジャングルジムのような形をしていたということです。「火の中に子どもがいる」という助けを求める声や救急車を呼ぶ声が聞こえたということです。そして、若い男性など10人ほどが水をかけたり消火器を使って懸命に火を消そうとして、展示物を持ち上げて横倒しにしたということです。

また、火災が起きた時、現場近くにいたという来場者の男性は、「火が出た時、子どもなど複数の人が展示品の上の方に逃れようとしていて、子どもを救助するのを手伝いました。逃げ遅れた人はいないと思っていましたが、消火活動が終わったあとに亡くなった子がいたと聞き、気が動転して、あとのことは覚えていません」と話していました。

■「地面には木材のチップのようなもの」

火災現場の近くで作品を出品していた20代の男性は火災が起きたときの状況について、「燃えたオブジェは学生が作ったもので、すべて木でできていてジャングルジムのように子どもが登って遊べるようになっていた。地面には木材のチップのようなものが敷かれていた。午後6時ごろ、突然、火があがり、その直後に“中に人がいるぞ”と声があがって、周りの人がオブジェを持ち上げて助け出した様子だった。オレンジ色の炎が高さが6メートルくらいまであがって、煙と熱気もすごかった。スタッフが消火器で火を消そうとしていたが、間に合わなかった」と話していました。



>6日夕方、東京・新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、ジャングルジムのような形をした展示物が焼け、中で遊んでいた5歳の男の子が死亡し、助けようとした父親など2人がけがをしました。


ジャングルジムのような形をした展示物が焼け、中で遊んでいた5歳の男の子を助けようとした父親などの動画があるが、観ると胸が苦しくなる。

焼け死んだ5歳の子供については可哀想でならず、助け出せずに黒焦げになった子供を目の当たりにした父親は精神崩壊状態と言って良いだろう。

【ニュース速報】神宮外苑のイベント会場で火事 5歳児死亡 2人けが【閲覧注意】モザイク入り対策済み
■動画
【ニュース速報】神宮外苑のイベント会場で火事 5歳児死亡 2人けが【閲覧注意】モザイク入り対策済み(モザイク有り)
https://www.youtube.com/watch?v=LIqFr5QVgk0
神宮外苑で火事、1人死亡 (モザイク無し)
https://www.youtube.com/watch?v=W9zwkFk3g_g






>今回イベントを主催した東京・港区にあるTOKYO DESIGN WEEKの川崎健二社長が6日午後9時すぎ、会場で報道陣の取材に応じました。川崎社長はまず、「貴い5歳のお子様が亡くなられ、ざんきに堪えず、重く受け止めています。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。
>そして、「31年間続けてきたイベントで、このような事故は初めてで、悔しくてしかたがない」と述べました。さらに、火災が起きた日本工業大学の作品「素の家」について、事前に学生側が提出した書類で構造を確認していたものの、書類には照明と素材の位置関係など詳しい記載はなかったと説明しました。



日本工業大学の工学部の偏差値は37.5なので、正確な提出書類を作成する能力はない!

書類作成能力がない大学生(偏差値37.5)の作品の展示の可否を書類だけで判断したことは、主催者側の重大な過失だ!

https://passnavi.evidus.com/search_univ/2060/difficulty.html
日本工業大学 
工学部 
建築学科 偏差値37.5






>また、学生作品展のエリアの責任者を務める多摩美術大学の田淵諭教授も川崎社長とともに取材に応じ、「展示は消防法にも照らして問題ないように準備してきた。照明など電気を使う場合は電圧に制限も設けていた。火災が想定されないかは開催前から十分確認していた」と述べました。


いや!

火事になった日本工業大学の作品は、木製のジャングルジムのようなモノに、木くず(かんなくず)のようなものを絡ませ、照明器具で照らしていた

光量からして投光器かましてるなこりゃ偏差値37の日本工業大学が「東京デザインウィーク」で木屑と投光器を使用!作品の火事で5歳児死亡

光量からして投光器かましてるなこりゃ

偏差値37の日本工業大学が「東京デザインウィーク」で木屑と投光器を使用!作品の火事で5歳児死亡

日本工業大学  作品の真ん中に設置したのはLEDの照明器具だが、作品の近くでは投光器が使用されていた。

作品の真ん中に設置したのはLEDの照明器具だが、作品の近くでは投光器が使用されていた!

作品の真ん中に設置したのはLEDの照明器具だが、作品の近くでは投光器が使用されていた。
LEDの照明器具以外にも、作品の近くでは投光器が使用され、コンセントもたこ足配線になっていた。

LEDの照明器具は、せいぜい50℃ぐらいにしか発熱しないが、作品の近くで使用していた投光器に白熱電球が使用されていたら100℃以上に発熱するため木くず(かんなくず)のようなものは容易に発火する。

学生作品展のエリアの責任者を務める多摩美術大学の田淵諭教授は「火災が想定されないかは開催前から十分確認していた」などと豪語しているが、木くず(かんなくず)をライトで照らす行為自体が非常に危険だ。

実際に、当該イベントにおいて、客が日本工業大学の学生(偏差値37.5)に対して発火の危険性について忠告(確認)したとの証言もある。

忠告もあったとの情報 「これ発火しないように対策してる?」

https://twitter.com/fluor_doublet/status/795226113504989184
赤城夏代
‏@AkagiKashiro
展示された直後位に、会場で展示物の傍らにいた学生?に
「これ発火しないように対策してる?」
と尋ねたら鼻で笑われて聞き流されました。
別にいちゃもん付けに行った訳ではないし、
そういうクリエイタ君が今はいくらでもいるので
そのまま離れて他見に行きましたが。

2016年11月6日 20:27



主催したTOKYO DESIGN WEEKの川崎健二社長や学生作品展のエリアの責任者である多摩美術大学の田淵諭教授らの責任は重大だ!

▼『東京デザインウィーク 2016』理事会メンバー▼

http://tokyodesignweek.jp/about/
会長
浅葉 克己 株式会社浅葉克己デザイン室/アートディレクター


理事長(代表)
川崎 健二 デザインアソシエーションNPO


副理事長
森 浩生 森ビル株式会社/取締役副社長
佐藤 茂 株式会社エイブル&パートナーズ/代表取締役会長

理事
池坊 美佳 華道家元 池坊青年部代表/華道家
生駒 芳子 ファッション・ジャーナリスト/アート・プロデューサー
伊東 豊雄 伊東豊雄建築設計事務所/建築家
今村 有策 トーキョーワンダーサイト館長
海豪 うるる 料理研究家/エッセイスト
川上 麻衣子 女優/ガラス工芸作家
川上 元美 川上デザインルーム/デザイナー
隈 研吾 隈研吾建築都市設計事務所/東京大学教授/建築家
小林 武史 音楽プロデューサー/キーボーディスト
小山 薫堂 放送作家/脚本家/オレンジ・アンド・パートナーズ代表
佐藤 可士和 株式会社サムライ/アートディレクター
篠原 ともえ 歌手/タレント/女優/デザイナー
田淵 諭 多摩美術大学教授/建築家
鶴田 浩 リアルスタイル/代表取締役社長
中田 英寿 スポーツ選手
西野 亮廣 アーティスト/芸人
根津 公一 根津美術館 館長
VERBAL MC/音楽プロデューサー/デザイナー
長谷川 喜美 空間デザイナー/ベルベッタ・デザイン代表
菱川 勢一 映像作家/アートディレクター
日比野 克彦 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授/アーティスト
宮本 洋一 清水建設株式会社 会長
茂木 健一郎 脳科学者
越智 茂樹 デザインアソシエーションNPO


>会長
>浅葉 克己 株式会社浅葉克己デザイン室/アートディレクター


浅葉克己は、東京五輪エンブレムで佐野研二郎のデザインを選んだインチキ審査員の一人だ!
会長 浅葉 克己 株式会社浅葉克己デザイン室/アートディレクター

会長 浅葉 克己 株式会社浅葉克己デザイン室/アートディレクター

会長 浅葉 克己 株式会社浅葉克己デザイン室/アートディレクター東京五輪エンブレムで佐野研二郎のデザインを選んだインチキ臭い審査員の一人だ!
http://i.imgur.com/yNLkAcJ.jpg



>隈 研吾 隈研吾建築都市設計事務所/東京大学教授/建築家

新国立競技場の設計者だが、新国立競技場も木造建築にする予定なのでシッカリしてほしい。



> 茂木 健一郎 脳科学者

この脳科学者(正しくは「脳障害者})は、脱税の犯罪者のくせに様々な所に顔を出し、本当に胡散臭さい。(詳細記事





>大学の説明によりますと、作品を出展したのは工学部建築学科の学生が中心となって作る新建築デザイン研究会という部活動だったということです。この部活動は、ことし5月の時点で、1年生から4年生までの学生34人が参加していて、今回のイベントにはここ数年、続けて作品を出展していたということです。また、作品の詳細やどのような安全対策をとっていたのかについては把握できていないということですが、この部活動の部長を務める3年生の男子学生は、大学に対し、「白熱電球は使っておらず、LED電球1個を使っていた」と話しているということです。


「白熱電球は使っておらず、LED電球1個を使っていた」と話しているということだが、上述したとおり近くで使用していた投光器についてはLEDではない可能性が極めて高い!
作品の真ん中に設置したのはLEDの照明器具だが、作品の近くでは投光器が使用されていた。
――――――――――
204 :名無しさん@1周年:2016/11/06(日) 23:55:10.28 ID:zr0sPfsA0
http://i.imgur.com/ZJwV02v.jpg
http://i.imgur.com/FteoPcQ.jpg

これ確実にLED投光器じゃなく

強力リフレクター投光器っしょ

http://www.komeri.com/images/goods/005/006/80/500680.jpg
【使用上の注意】
●布や紙で覆ったり、燃えやすいものに近づけないでください。(火災の原因)
●電球の前に接近して品物や遮へい物を置かないでください。(過熱、変形、火災の原因)

――――――――――


そもそも、この偏差値37.5の日本工業大学・工学部建築学科の学生たちは、常日頃から木くず剥き出しの教室でガスコンロらしき物(鍋物)を使用したりしており、常識知らずでリスク管理能力が劣っているのだ。
おがくず剥き出しの部屋で鍋やる知能ですから

遊具でない? → わたしたちの記憶が集積しうまれる「遊具」である
http://i.imgur.com/jJbPYrj.jpg
日本工業大学 
< 教員名> 
高桒広太郎

<参加生徒名>
相澤宏樹 畔上光司 陰山愛 菅野航 木村拓登 熊木翔平 指田尚樹 篠崎竜也 関沢秀一 竹田雄亮 田中宏幸 長南祥輝 徳竹美月
富永大地 長尾穂の華 三田茜 三浦万里奈 三村拓生 山本裕平 横田宏輝 吉村菜摘


教員名 高桒広太郎,大学に入学してからいわゆる「勉強」をした記憶がないってさ

https://www.nit.ac.jp/gakka/subject/kyoin7/arc_takakuwa.html
教員紹介:建築学科
助手/高桒広太郎

教員名 高桒広太郎,大学に入学してからいわゆる「勉強」をした記憶がないってさ
(一部抜粋)
■髙桒広太郎(TAKAKUWA, Kotaro)
昭和54年12月生まれ、博士(工学)
平成25年3月 日本工業大学大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻修了


あまり人に自慢できる話ではありませんが…
私は大学に入学してから、机に向かってノートにペンを走らせる、いわゆる「勉強」をした記憶がありません。



I wont to return to nature
I wont to return to nature
↓ ↓ 
wont ×
want 〇




そもそも偏差値37.5の学生が入学できる大学というものは、存在意義がない!

日本は少子高齢化にもかかわらず、新しい大学がどんどん増設され、今やどんな馬鹿でも大学生になることができる。

大学が文科省官僚の天下り先となっており、大学をつぶさずに増やし続けるためだ!

そのために、日本国民の血税を使って支那人や朝鮮人の留学生を大幅に増やしたり、必要のな大学を無理やり大量に設立して偏差値37.5の大学生を大量発生させることはやめるべきだ!

現実の一般的な社会では、偏差値37.5の人間に重要な役割を任せることは適切なことではない。

偏差値37.5の高校生は、大学などに進学せずに就職して優秀な上司の指示に従順に従って働き、実戦経験を積む方が世の中は上手くいく。




左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「日本工業大学と主催者には、重大な過失がある!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
>>続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.