正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201611
蓮舫を東京地検に告発!国籍法違反と公職選挙法違反の罪(二重国籍)・「愛国女性のつどい花時計」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






蓮舫を東京地検に告発!国籍法違反と公職選挙法違反の罪(二重国籍)・「愛国女性のつどい花時計」【GJ速報】保守系市民団体、民進党・蓮舫代表を二重国籍問題で東京地検に告発へ「国籍法違反と公職選挙法違反」
市民団体「愛国女性のつどい花時計」が蓮舫を二重国籍に係る【国籍法違反と公職選挙法違反の罪】で東京地検に刑事告発

http://www.sankei.com/affairs/news/161028/afr1610280020-n1.html
蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら
2016.10.28 18:55更新、産経新聞

参院議員総会で挨拶する民進党の蓮舫代表=28日午前、国会内(斎藤良雄撮影)
参院議員総会で挨拶する民進党の蓮舫代表=28日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとして、国籍法違反と公職選挙法違反の罪で蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出した。

 民進党役員室は「事実関係がわからないのでコメントは控えたい」とした。

 告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、今月7日に選択の宣言をするまで義務を怠った。また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。

 岡氏らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。



>民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとして、国籍法違反と公職選挙法違反の罪で蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出した。


良くやった!

蓮舫が「国籍法違反と公職選挙法違反の罪」を犯したことは、紛れもない事実なので、東京地検は蓮舫を起訴しなければならない!






>告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、今月7日に選択の宣言をするまで義務を怠った。


まず、国籍法違反について、蓮舫は22歳の誕生日に達する平成元年(1989年)11月28日までに「いずれかの国籍を選択しなければならない」という義務があったが、それを怠った。(国籍法第14条違反)

●参考

【国籍法】
(国籍の選択)
第14条
 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。


第16条 選択の宣誓をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。

2 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失つていないものが自己の志望によりその外国の公務員の職(その国の国籍を有しない者であつても就任することができる職を除く。)に就任した場合において、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対し日本の国籍の喪失の宣告をすることができる。







>また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。


次に、公職選挙法違反について、蓮舫は平成28年10月7日まで国籍を選択せずに違法な二重国籍だったにもかかわらず、過去3回の参院選において【選挙公報】「ホームページ」などで有権者に対して「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽表示をした。(公職選挙法第235条違反)

●参考

【公職選挙法】
(虚偽事項の公表罪)
第235条  当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。



■■まとめ■■
蓮舫は、自分がずっと二重国籍を維持していたことを認識していた。

そして、実際に蓮舫は、平成元年に22歳に達するまでに国籍を選択せず、平成5年や平成9年や平成22年などに日本や支那などで最低でも4回以上「私は、二重国籍なんです。」とか「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと証言している!

しかし、一方で【選挙公報】「ホームページ」などには「1985年、台湾籍から帰化。」と虚偽表示(公選法違反)をしてきた!


最近もテレビ番組で「私は、生まれた時から日本人です」とか「高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので、台湾籍、抜いてます」などと嘘を吐き、記者会見でも「昭和60年に台湾籍の放棄を宣言した。」などと嘘を吐いて民進党の代表選で当選した。





>岡氏らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。


そのとおりだ!
【2016.10.28】花時計による民進党:蓮舫代表に対する「二重国籍問題」での告発
■動画
【2016/10/28】花時計による民進党:蓮舫代表に対する「二重国籍問題」での告発
https://www.youtube.com/watch?v=geQLo8SG1cU

2016/10/28 に公開
愛国女性団体:花時計の皆さんによる 民進党:蓮舫代表に対する「二重国籍」問題に関する東京地検への告発直後に行われたインタビュー
日時 2016年10月28日 14:00~
場所 東京地方検察庁前


市民団体「愛国女性のつどい花時計」が蓮舫を「国籍法違反と公職選挙法違反の罪」で東京地検に刑事告発 
▽告発状▽
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)
告発状(蓮舫氏を東京地検に告発 二重国籍問題で市民団体代表ら)


蓮舫の場合、かなり悪質な国籍法違反と公職選挙法違反だ!

東京地検は、これで蓮舫を厳しく捜査し、起訴しなければおかしい!

また、民進党は、民主党時代に学歴詐称をした古賀潤一郎議員を除名したのだから、国籍詐称した蓮舫も除名しなければおかしい!




左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「Good Job!東京地検は蓮舫を起訴せよ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.