FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201611
蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






蓮舫代表は小野田紀美議員と同じく戸籍謄本を公開せよ!蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開
二重国籍だった自民党の小野田紀美議員が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開したことにより、蓮舫国籍法違反が益々確実になった!

http://www.sankei.com/politics/news/161006/plt1610060046-n1.html
民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」 二重国籍問題で維新が証明求めたものの…
2016.10.6 22:28更新、産経新聞

参院予算委員会で質問する民主党の蓮舫氏=国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影、撮影日:2016年3月2日)
参院予算委員会で質問する民主党の蓮舫氏=国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影、撮影日:2016年3月2日)

 民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。

 蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。

 蓮舫氏は会見で、昭和60年1月に日本国籍を取得した点に関連し、「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明。「ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでだ」と述べた。

 国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

 謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。



>民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。


蓮舫は日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍を隠蔽して示さないと主張しているが、そんなことは絶対に許されない。

なぜならば、【国籍の選択】は、「努力義務」ではなく、国籍法14条の「義務」だからだ!

国籍法16条の【外国の国籍の離脱】「選択の宣誓をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。」とあるように「努力義務」となっているが、国籍法14条の【国籍の選択】「いずれかの国籍を選択しなければならない。」とあるように「義務」なのだ!

蓮舫が「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と言って誤魔化そうとしても、それでは済まされないのだ!

しかも、国籍法16条についても「努力義務」とされているが、それはブラジルなど国籍離脱ができない外国を想定しているためであり、台湾や米国のように離脱できる国については遵守すべき義務と解される。


【参考】
蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開

【国籍法】
(国籍の選択)
第14条
 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。


第16条 選択の宣誓をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。

2 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失つていないものが自己の志望によりその外国の公務員の職(その国の国籍を有しない者であつても就任することができる職を除く。)に就任した場合において、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対し日本の国籍の喪失の宣告をすることができる。






>蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。
>蓮舫氏は会見で、昭和60年1月に日本国籍を取得した点に関連し、「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明。「ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでだ」と述べた。



蓮舫は「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明したが、それは真っ赤な嘘なのだ!

台湾国籍だった蓮舫が日本国籍を取得した場合、義務である【台湾籍の離脱】か、あるいは【日本の国籍を選択し、かつ、台湾籍を放棄する旨の宣言】をしなければならない。

しかし、蓮舫は、二重国籍を望んでいたため、日本国籍を取得し、台湾籍もそのままにし、意図的に二重国籍状態を維持してきた確信犯なのだ。






>国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。
>謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。



自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、10月4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開したことは、蓮舫にとっては非常に都合の悪いことだった!
国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

小野田紀美の戸籍謄本には、「【国籍選択の宣言日】 平成27年10月1日」と記載されているからだ。
蓮舫代表は小野田紀美議員と同じく戸籍謄本を公開せよ!蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開

蓮舫の戸籍謄本には、【国籍選択の宣言日】が記載されていないか、あるいは「【国籍選択の宣言日】 平成28年9月●日」とつい最近の日付が記載されているはずだ!

「【国籍選択の宣言日】 平成27年10月1日」と記載された戸籍謄本を公開した小野田紀美と戸籍謄本を隠蔽している蓮舫とでは、全然違うのだ!

http://agora-web.jp/archives/2021874.html
蓮舫代表は小野田紀美議員と同じく戸籍謄本を公開せよ
2016年10月04日 23:26
池田 信夫
蓮舫代表は小野田紀美議員と同じく戸籍謄本を公開せよ!蓮舫の違反が益々確実に!二重国籍で自民党の小野田紀美が【国籍選択の宣言日】記載の戸籍謄本を公開

今年の7月に当選した参議院議員の小野田紀美氏が、Facebookで戸籍謄本を公開した。ここには平成27年(2015年)10月1日に国籍選択を「宣言」したと書かれており、彼女はこれで国籍選択の手続きが完了したと思ったようだ。
――――――――――
昨年(平成27年)、参議院議員に立候補を決意するにあたり万が一があってはならないと再度確認したところ、やはり自分で手続きをしなくては選択したことにならないと判明したため、立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております(画像参照 )。
それで手続きは無事終了したと思っておりましたが、今回の蓮舫議員の二重国籍問題報道を受け、今一度詳細を調査したところ、米国の法においての放棄ができていなかったという経緯でございます。現在は、米国においての国籍放棄の手続きを進めております。
――――――――――


このように日本の国籍法はややこしく、彼女のような間違いが多い。戸籍謄本で国籍選択を「宣言」しても、アメリカ大使館に行って国籍放棄の手続きを完了しないと正式の「日本国民」になれないという国籍法の規定にも問題があるが、これは代行業者に頼めばできることで、小野田氏の過失責任まぬがれない。

蓮舫氏は小野田氏のように1年ではなく、31年間にわたって国籍放棄しなかった。これは彼女が9月13日の記者会見で認めた通りだ。おまけに国籍選択の宣言もしなかった疑いが強いので、彼女の戸籍謄本の【国籍選択の宣言日】には「平成28年9月*日」と書いてあるのではないか。

つまり蓮舫氏は意図的な二重国籍であり、それを隠していた疑いが強い。彼女が戸籍謄本を公開すれば、疑いは晴れる。自民党の1年生議員が出せたものを、民進党の代表が出せないことはあるまい。ここで何も出さないと、国籍選択の宣言をしないで(日本国民にならないで)選挙に立候補したと解釈せざるをえない。これは国籍法14条違反なので、原口元総務相のいうように、当選無効になる可能性がある。



現在の国会で蓮舫の二重国籍問題を追及して新たな国籍法の法案を提出する日本維新の会の足立康史議員も、上記の池田信夫と同様の指摘をしている。
私たち日本維新の会は、国民一般に国会議員や国家公務員と同じレベルの遵法意識を求めてはいません。参院選に臨むにあたって日本国籍を選択した小野田氏は現行法に照らしても維新の二重国籍禁止法案に照らしても完全

https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316201485197313
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316389322891264
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316618482900992
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316698556358656
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316739257794560
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316786724741120
https://twitter.com/adachiyasushi/status/783316852394962944
全文、「日本維新の会」のあだち康史議員のツイート

2016年10月4日 23:41~2016年10月4日 23:44

あだち康史
‏@adachiyasushi
なぜマスコミは、ことの軽重を峻別して報道できないのでしょうか?
村田蓮舫氏のケースは極悪、小野田紀美氏のケースは無実。
同じ二重国籍でも両者は全く異なります。
月とスッポン。
後者について罪があるとすれば、国籍法や戸籍法に係る実務を取り仕切る法務省と、昨日軽々に国会答弁した安倍総理です。


誤解がないように最初に書いておくと、蓮舫と小野田氏とを月とスッポンと私が言う理由は、もちろん蓮舫の外国籍が中国で小野田氏の外国籍が同盟国米国だからでは決してありません。
そうではなくて、蓮舫は国籍法14条義務違反に噓を重ね、小野田氏は16条努力義務違反で正直に戸籍謄本を公開しました

国籍法の基本的構成については3日の衆院予算委で紹介した通りであり、蓮舫と小野田氏の違いについても本日4日の衆院総務委で指摘した通りです。
蓮舫が嘘つきだと私が確信した理由は、まさに小野田氏が即日戸籍謄本を公開したように、国籍選択の日付は本人の戸籍謄本を見れば一目瞭然だからです。

にもかかわらず蓮舫は自らが日本国籍を選択した日付を開示しません。
これだけ同僚の民進議員に迷惑をかけ、私たち日本維新の会が再三、戸籍謄本の開示を求め、関連法案まで提出しているにもかかわらず、です。

蓮舫が国籍選択の日付を明言しない理由はただ一つ、国籍選択義務違反以外には考えられません

蓮舫は未だに戸籍謄本を開示せず、「生まれた時から日本人」と白々しい嘘を重ね、“非難されるのは「悲しい」”とうそぶく。
蓮舫は(少なくとも国会議員に立候補してからは)嘘に嘘を重ね、もう何も開示できなくなってしまったのです。
開示すれば嘘つきの罪で辞任、開示しなくても嘘つきの罪で辞任です


小野田氏も日本国籍を選択したのは昨年の10月、十年以上も違法状態にあったわけで、三十年以上違法状態にあった蓮舫と五十歩百歩とも言えます。
それでも私が小野田氏は“無実”というのは、小野田氏が国籍選択したタイミングが蓮舫の二重国籍問題が発覚するはるか以前、国会議員を志す前だからです。

私たち日本維新の会は、国民一般に国会議員や国家公務員と同じレベルの遵法意識を求めてはいません。
参院選に臨むにあたって日本国籍を選択した小野田氏は現行法に照らしても維新の二重国籍禁止法案に照らしても完全に合格、一方の蓮舫は完全にアウト、国会議員にあるまじき天下の“嘘つき”なのです。


【国籍履歴】国会議員の二重国籍洗い出し始まる。日本維新の会・足立康史。蓮舫は義務違反。自民党小野田議員は、努力義務違反。
■動画
【国籍履歴】国会議員の二重国籍洗い出し始まる。日本維新の会・足立康史。蓮舫は義務違反。自民党小野田議員は、努力義務違反。
https://www.youtube.com/watch?v=P8XdAMwryjk


足立康史(おおさか維新の会) 二重国籍問題 蓮舫氏のケースは極悪、小野田紀美氏のケースは無実。 平成28年10月4日 衆議院 総務委員会
■動画
足立康史(おおさか維新の会) 二重国籍問題 蓮舫氏のケースは極悪、小野田紀美氏のケースは無実。 平成28年10月4日 衆議院 総務委員会
https://www.youtube.com/watch?v=KldufeUkpqI




「誠実で迅速に対応する」とか「誠実かつ迅速に説明責任を果たす」というのは、小野田紀美の対応や説明のことを言うのであり、一方の蓮舫の対応や説明は不誠実で動きな鈍くて嘘デタラメのオンパレードだ!

国籍法を良く理解している「日本維新の会」の足立康史議員らが「蓮舫は、義務違反!完全にアウト!嘘つき!極悪!」などと批判し、「小野田紀美は、努力義務違反、無実」などと擁護するのは当然だ。

それでも、多くの一般国民には分かり難いため、小野田紀美は議員辞職する方が良い。

「努力義務違反」「無実」「無罪」と言われる小野田紀美が二重国籍問題で議員辞職することにより、「義務違反!完全にアウト!嘘つき!極悪!」などと言われている蓮舫にトドメを刺すことができるからだ。








●当ブログ関連記事
蓮舫二重国籍の重大新事実!日本国籍を選択してなかった!何もせぬのに「選んだ」「宣言した」と嘘
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6380.html


(一部再掲載)

【八幡和郎】蓮舫二重国籍の重大新事実!
そもそも日本国籍を選択していなかった!
最悪のケース!

http://agora-web.jp/archives/2021617.html
蓮舫二重国籍の重大新事実!日本国籍を選択してなかった!
2016年09月24日 00:50
八幡 和郎
八幡 和郎

蓮舫さんの本日の記者会見についての産経新聞の詳報によると、蓮舫さんは二重国籍のうち日本国籍の選択をそもそもしていなかったようだ。

蓮舫さんこと従来の中国名:謝蓮舫(日本名:村田蓮舫)さんによると、台湾から国籍喪失手続き完了の書類が届いたので、それをもって目黒区役所(?)に日本国籍選択を23日に届けたようである。これまで謝蓮舫さんは1985年1月21日に日本国籍を合法的にゆるされた二重国籍として取得したあと、22歳までにいずれかの国籍選択をすることと、もう一方の国籍を放棄することをする法的義務があった。すでに、9月13日に台湾からの国籍離脱をしておらず、二重国籍状態にあることは認めていたので、私もたびたび、日本国籍選択の日付けを明らかにするように求めていた(参照;9月21日のアゴラ記事)。

しかし、そもそも日本国籍選択はされていなかったということのようだ。日本国籍選択にはふたつの方法があって、

①台湾の籍を抜いたことを届ける

②国籍選択宣言を区役所でしてあとで台湾籍を抜くである。

従来は②をしたようなこといっていたのでそれはいつかを示せといっていたが、そもそも、新聞記事を見る限りなにもしてなかったということらしい。少なくとも。新聞記事からはそうとしか取れない。

まさかとは思ったが上記アゴラ記事で第三の可能性として指摘していた最悪のケースである。記者会見の完全なやりとりではないので、正確さを留保しなくてはならないし、法律的検討を十分する時間がないものの、とりあえず問題提起させてもらう。



>蓮舫さんの本日の記者会見についての産経新聞の詳報によると、蓮舫さんは二重国籍のうち日本国籍の選択をそもそもしていなかったようだ。


蓮舫はずっと二重国籍だったので、蓮舫が二重国籍のうち日本国籍の選択をそもそもしていなかったことは、多くの人が予想していたことだ。

大嘘吐きの蓮舫は、9月3日にテレビ番組で「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」と発言し、その後も9月6日の記者会見で「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」と改めて強調して嘘を吐いた!


●平成28年(2016年)9月3日
160903 ウェークアップ!ぷらす 二重国籍の噂について 蓮舫「私は生まれたときから日本人です。18歳で台湾籍は抜いてます。」
蓮舫「私は、生まれた時から日本人です」
辛坊「日本国籍で?」
蓮舫「はい」
辛坊「二重国籍は?今台湾籍は?」
蓮舫「籍、抜いてます」
辛坊「籍、抜いてます?いつですか?」
蓮舫「あの、高校3年で…18歳で、日本人を選びましたので…ハイ」

●平成28年(2016年)9月6日
これについて蓮舫氏は、6日に高松市で記者会見し、「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。このことによって私は日本人となった。日本国籍を日本の法律のもとで選択しているので、台湾籍は有して
蓮舫「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない」

しかし、民進党代表選の最中だった9月3日や9月6日の上記の蓮舫発言は、全て真っ赤な嘘だったのだ!





>しかし、そもそも日本国籍選択はされていなかったということのようだ。日本国籍選択にはふたつの方法があって、
>①台湾の籍を抜いたことを届ける
>②国籍選択宣言を区役所でしてあとで台湾籍を抜くである。
>従来は②をしたようなこといっていたのでそれはいつかを示せといっていたが、そもそも、新聞記事を見る限りなにもしてなかったということらしい。少なくとも。新聞記事からはそうとしか取れない。



八幡和郎さんはかなり驚いているようだが、私を含めて多くの人々にとっては蓮舫が何もしていなかったことは想定の範囲内だったのではないだろうか。

蓮舫は、最初から自分の意志で日本国籍と台湾籍(中華民国籍)の両方を持ち続け、重々承知の上で確信犯として違法な二重国籍状態を維持してきたのだ!

そして、蓮舫は、今回(8月末頃から)二重国籍疑惑について追及され始めた時から、自分の意志で二重国籍にしていたことを知っていたくせに、すっ呆けて嘘に嘘を重ねてきたのだ。

したがって、蓮舫は、そもそも日本国籍の選択もしていなかったし、外国の国籍を離脱することもしていなかったし、もちろん外国の国籍を放棄する旨の宣言もしていなかったのだ!

蓮舫は、それらのことを全て承知のうえで、9月上旬に「高校3年で…18歳で、日本人を選びました…」とか「昭和60年に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。台湾籍は有していない。」などと真っ赤な嘘を吐きまくったのだ!



しかし、実際には蓮舫は、自分の意志で二重国籍を持ち続け、当然そのことを知っていた!

平成5年(1993年)2月、蓮舫(当時25歳)は「私は、二重国籍なんです。」と明言していた!

平成5年(1993年、当時25歳)3月16日、蓮舫は「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と明言していた!

平成9年(1997年、当時29歳)、蓮舫は「自分の国籍は台湾なんです」と発言していた!

平成22年(2010年、民主党政権時代)、蓮舫は「ずっと台湾・中華民国籍を維持」などと述べていた!

上記の蓮舫の発言については全て証拠が残っている。


つまり、蓮舫は、昭和60年1月28日に日本国籍と中華民国籍(台湾籍)の二重国籍となった後、平成元年22歳の誕生日に到達する前に、日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択しなければならなかった。

しかし、二重国籍だった蓮舫は、平成元年の22歳の誕生日に到達する前に日本国籍か中華民国籍(台湾籍)かを選択せず、自分の意志で日本では法律違反となる二重国籍の状態を継続してきた。

そして、蓮舫は自分で「中国国籍(中華民国籍、台湾籍)を維持している」などと何度も発言しているとおり、自分が重国籍であることを間違いなく認識していた。(詳細記事

蓮舫は、二重国籍(国籍法違反)の確信犯だ!



左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「蓮舫は、戸籍謄本を公開しないなら議員辞職しなければならない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.