正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201610
「二重国籍者が外交に携われば、国益が損なわれる」維新の馬場幹事長が民進の蓮舫代表にロックオン
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






「日本維新の会」の馬場伸幸幹事長「二重国籍者が外交に携われば、国益が損なわれる」「二重国籍者に、国政選挙での被選挙権などに制限を課すべきだ」

http://www.sankei.com/politics/news/160928/plt1609280041-n1.html
【衆院代表質問】
「二重国籍者が外交に携われば、国益が損なわれる」維新・馬場伸幸幹事長が民進・蓮舫代表に“ロックオン”
2016.9.28 19:49更新

衆院本会議で代表質問する日本維新の会の馬場幹事長。奥右は安倍首相=28日午後 「二重国籍者が外交に携われば、国益が損なわれる」維新・馬場伸幸幹事長が民進・蓮舫代表に“ロックオン”
衆院本会議で代表質問する日本維新の会の馬場幹事長。奥右は安倍首相=28日午後

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は28日の衆院本会議で、民進党の蓮舫代表による日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題と山尾志桜里前政調会長の政治資金問題などを取り上げ、安倍晋三首相に是正を迫った。

 馬場氏はまず、山尾氏の政党支部が公職選挙法に抵触する可能性がある選挙区内の有権者への花代などの支出をしていた問題を紹介し「事実上の選挙買収」と断言。「政党支部からの選挙区内の寄付を禁止すべきだ」と述べた。

 さらに、蓮舫氏の問題をめぐっては「二重国籍者は外交官になれない。日本と外国の2つの国籍を持つ者が外交に携われば、わが国と当該国で利害対立があれば、国益が損なわれる恐れがあるからだ」と発言。「二重国籍者に、国政選挙での被選挙権などに一定の制限を課すべきだ」と主張した。


 馬場氏のこれらの主張に、首相は「各党各会派で議論を」などと述べるにとどめた。



>日本維新の会の馬場伸幸幹事長は28日の衆院本会議で、民進党の蓮舫代表による日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題と山尾志桜里前政調会長の政治資金問題などを取り上げ、安倍晋三首相に是正を迫った。


百聞は一見に如かず。

動画がある。

[国会]馬場伸幸[蓮舫の二重国籍問題・山尾志桜里問題をぶっ込む維新] 安倍総理 [代表質問]【衆議院 本会議】2016年9月28日
■動画
[国会]馬場伸幸[蓮舫の二重国籍問題・山尾志桜里問題をぶっ込む維新] 安倍総理 [代表質問]【衆議院 本会議】2016年9月28日
https://www.youtube.com/watch?v=2jyD9P0pezs






> 馬場氏はまず、山尾氏の政党支部が公職選挙法に抵触する可能性がある選挙区内の有権者への花代などの支出をしていた問題を紹介し「事実上の選挙買収」と断言。「政党支部からの選挙区内の寄付を禁止すべきだ」と述べた。


山尾志桜里に係る公職選挙法違反の事案は複数ある!(関連記事

選挙区内での葬儀に供花し、その生花代を政治資金収支報告書に記載していたことが発覚したのだ!

生花代 12,600円 H24.3.6 ○○葬具 瀬戸市○○
生花代 12,600円 H24/3/6 ○○葬具 瀬戸市○○

「葬儀の供花は禁止」と総務省のHPに明記されている。
葬儀の供花は、禁止と総務省のHPに明記されている。
民進党・山尾議員にまた公職選挙法違反疑惑キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!! 選挙区内で生花代を支出していたことが発覚ww


また、平成26年2月8日付で山尾事務所から選挙区内の有権者に21000円の新築祝いを支出していたことも発覚!

これも、明白な公職選挙法違反だ!

http://www.pref.aichi.jp/senkyo/280330/x/126x0001.pdf
平成26年2月8日付け山尾事務所から選挙区内の有権者に21000円を新築祝いで支出!これは明白な公職選挙法違反
新築祝い 21,000円 H26.2.8 FLORIST○○ 尾張旭市○○
新築祝い 21,000円 H26/2/8 FLORIST○○ 尾張旭市○○

選挙区にある者の家に新築祝いを出すことは祝儀に当たるので罰則をもって禁止される

http://www.city.shimotsuke.lg.jp/hp/page000001100/hpg000001045.htm
後援会が、選挙区内の人の家の新築祝いを出すことはできますか。 〔答〕 新築祝いは禁止されている祝儀に当たりますので、罰則をもって禁止されています
後援会が、選挙区内の人の家の新築祝いを出すことはできますか。
〔答〕 新築祝いは禁止されている祝儀に当たりますので、罰則をもって禁止されています






> さらに、蓮舫氏の問題をめぐっては「二重国籍者は外交官になれない。日本と外国の2つの国籍を持つ者が外交に携われば、わが国と当該国で利害対立があれば、国益が損なわれる恐れがあるからだ」と発言。「二重国籍者に、国政選挙での被選挙権などに一定の制限を課すべきだ」と主張した。


馬場幹事長は「二重国籍者に、国政選挙での被選挙権などに一定の制限を課すべきだ」と主張して明確に制限する新たな法案を提出するようだが、既存に法律でも蓮舫のような二重国籍者に被選挙権などないはずだ。(関連記事

より明確な法案を提出することは非常に良いことだが、山尾や蓮舫の事案については既にある法律に照らしても許してはいけない!

国籍法14条によれば、外国の国籍を離脱しない限り、日本の国籍を選択したことにはならない!

原口一博「国籍法14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。…国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある。」
原口一博「国籍法14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。…国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある。」

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51984287.html
池田信夫 blog
2016年09月18日16:17

蓮舫氏は「日本人ではないので国会議員になれない」

【動画】
そこまで言って委員会NP 2016年9月18日 160918 あの元首相も緊急参戦!民進党が委員会を占拠!?
https://www.youtube.com/watch?v=iLk1BkCTQHw


きょう放送の「そこまで言って委員会NP」で、金美齢氏が「2009年に日本国籍を取得するとき、法務局から先に台湾国籍を喪失して喪失証明書を持ってきてくださいと求められた」と証言した。原口一博元総務相も「国籍法14条違反だ」と言った。
――――――――――
第十四条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。
――――――――――


原口「国籍法16条は努力義務ですが、14条によって台湾籍は放棄しとかなきゃいけない。それをなされないということは、14条違反になる。私は総務大臣だったので、そこからひるがえると公職選挙法や政治資金規正法違反になる。国会議員になるには日本人でなければならないという根本的な要件を満たしていない疑いがある」。

これは八幡さんも私も指摘した通りだ。日本国籍を選択するためには、国籍法14条2項によって外国籍を離脱していなければならない。「外国の国籍を放棄する旨の宣言」はブラジルのように国籍離脱を認めていない場合であり、台湾は国籍離脱できるので、台湾の国籍喪失証明書がないと日本国籍は取得できない。

つまり蓮舫氏は公選法10条で被選挙権の条件として定める「日本国民」ではないので、国会議員にはなれない。したがって彼女は議員資格を失い、民進党代表の地位も失う、というのが原口氏の見解だ。


●参考

【国籍法】
(国籍の選択)
第14条  外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2  日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。


第16条 選択の宣誓をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。

2 法務大臣は、選択の宣言をした日本国民で外国の国籍を失つていないものが自己の志望によりその外国の公務員の職(その国の国籍を有しない者であつても就任することができる職を除く。)に就任した場合において、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、その者に対し日本の国籍の喪失の宣告をすることができる。





なお、上記の「日本維新の会」による【山尾法案】【蓮舫法案】については、9月26日に説明会が開催されており、その動画もある。

日本維新の会『目指せ!100本法案マスコミ向け説明会』 【2016年9月26日】
日本維新の会『目指せ!100本法案マスコミ向け説明会』 【2016年9月26日】
■動画
維新・足立康史 “山尾法案、舛添法案、蓮舫法案” を今国会に提出するw
https://www.youtube.com/watch?v=I4wxm_2i-EM



また、「日本維新の会」は、ホームページ上に説明などを掲載している。
▽日本維新の会のホームページ▽
https://o-ishin.jp/houan100/
身を切る改革、維新だからできる。
■「めざせ法案100本提出」



★山尾法案
001 選挙区支部寄附禁止法案 “山尾法案”

001
選挙区支部寄附禁止法案
(公職選挙法の改正)

解説パネル
https://o-ishin.jp/houan100/pdf/panel001.pdf

選挙区支部寄附禁止法案
【公職選挙法の改正】

(中略)

<悪質な事例>
民進党 山尾志桜里 政調会長 (当時)

後援会からの支出が不適切だったとして、自身が支部長を務める選挙区支部が支出した形に訂正

「『政党支部が支出することは禁止されていない』が党の統一見解だ」




★舛添法案
002 政治資金使途制限法案 “舛添法案”

002
政治資金使途制限法案
(政治資金規正法の改正)

解説パネル
https://o-ishin.jp/houan100/pdf/panel002.pdf
政治資金使途制限法案
【政治資金規正法の改正】

(中略)

<悪質な事例>
舛添要一 東京都知事 (当時)

資金管理団体が家族旅行のホテル代等に政治資金を支出

「会議に使用していたとはいえ、家族と使用していた部屋を利用し、懸念を招いたことを反省しています。」




★蓮舫法案
選挙区支部寄附禁止法案.jpg・004 公職に係る二重国籍禁止法案 “蓮舫法案”

004
公職に係る二重国籍禁止法案
(公職選挙法の改正)

解説パネル
https://o-ishin.jp/houan100/pdf/panel004.pdf
公職に係る二重国籍禁止法案
【公職選挙法の改正、国家公務員法の改正(別途)】

(中略)

<悪質な事例>
民進党 蓮舫現代表 代表代行 (当時)

・国籍に関する説明が二転三転
・経歴詐称疑惑、旅券虚偽申請疑惑等

「台湾当局に私の籍の確認をしていたところ、昨夕、代表処から連絡があり、私の籍が残っていたということを受けた」






一方、9月21日付当ブログ記事でも報告したとおり、蓮舫については公職選挙法第235条5項氏名等の虚偽表示罪の疑惑による刑事告発がなされたが、検察から書類が返却されたとのことだ。

告発人は、再度、刑事告発状の内容を検討したいとのこと。

https://twitter.com/cyuponpon/status/780912455123816449
飛騨守右近 @The 告発人(公式)
‏@cyuponpon
昨日、地検から民進党、蓮舫代表の刑事告発に関し、具体的な事実を具体的な証拠に基づき、出来る限り特定してもらいたいとの事で書面が返却されました。
再度、刑事告発状の内容を検討したいと思います。

昨日、地検から民進党、蓮舫代表の刑事告発に関し、具体的な事実を具体的な証拠に基づき、出来る限り特定してもらいたいとの事で書面が返却されました。
2016年9月28日 08:30




左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「より明確な法案の提出も良いが、山尾や蓮舫を許すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.