FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201606<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201608
桜井誠「シナ人どもの凶悪犯罪を止める」池袋で街宣・「来年の都議選に10~20人立候補させます」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






■動画
「嵐を呼ぶ男、桜井誠、桜井誠でございます」 街頭演説第一声【都知事選2016】
https://www.youtube.com/watch?v=xe3mO4kqJ_Q


【都知事選】桜井誠氏「シナ人どもの凶悪犯罪を止める」「いい加減、日本人もシナ人と戦う覚悟を持て」 池袋で演説

http://www.j-cast.com/2016/07/14272577.html?p=all
「在特会」前会長の都知事選演説 「ヘイトスピーチ」か法務省に聞いた
2016/7/14 21:19、J-CASTニュース

東京都知事選が2016年7月14日に告示され、各候補者は街頭演説などを行った。全国紙各紙の14日付夕刊は、主要候補とされる鳥越俊太郎、増田寛也、小池百合子の3氏を中心に取り上げた。

そうした中、あの候補はどんな主張を行ったのか、と一部で注目を集めている候補がいる。民族差別的な言動をさす、いわゆる「ヘイトスピーチ」との関連で名前が挙がることも多い桜井誠氏(無所属、新顔)。市民団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の前会長で、14年に当時の橋下徹大阪市長とヘイトスピーチをめぐる面談を行い、その動画が公開されたことでも知られる。

「在特会」前会長の都知事選演説 「ヘイトスピーチ」か法務省に聞いた
桜井氏は豪雨の中演説を続けた

■「シナ」を連発

桜井氏は6月29日、都知事選への立候補を表明する記者会見を行った。「日本に対して牙をむくような民族がいれば処断する」などと述べ、パチンコの新規出店を認めないなどの方針を掲げた。在日韓国・朝鮮人などへのヘイトスピーチに関する質問も出たが、これまでもヘイトスピーチを用いてはいない、「反日教育」を受けている人々が(日本から)出て行けと言っているだけだ、などと主張していた。

桜井氏は実際、都内の朝鮮大学前でヘイトスピーチを行ったとして、2015年末に法務省から改善を求める勧告を受けている。

今回の都知事選告示日の14日午後、桜井氏はJR池袋駅近くで街頭演説を行った。公約の一つであるパチンコ規制実施について訴える中で「池袋はシナマフィアの巣窟」「いつシナ人が暴れるか分からないから(この場に)警察がたくさん来ている」などと発言した。「シナ人どもの凶悪犯罪を止める」「いい加減、日本人もシナ人と戦う覚悟を持て」とも。

「シナ」は、中国を示す蔑称とされ、14年には石原慎太郎・元都知事が辞任会見で多用したことが、マスコミなどで問題視された。

■「背景や文脈を総合的に判断する必要がある」

16年5月に成立したヘイトスピーチ対策法は、対象となる「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」について、

“「本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由にして、適法に居住するその出身者又はその子孫を、我が国の地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」

と定義している。

選挙活動において、ヘイトスピーチが疑われる言動があった場合はどのような対応が考えられるのか。法務省人権擁護局の担当者は7月14日、

“「差別的な言動があったかどうかは、発言内容や背景、どのような文脈で使われたかなどを総合的に判断する必要があります。選挙活動においてもこの原則は変わらず、たとえば、候補者の演説の中で『シナ』といった言葉が出たからといって、直ちに差別的な言動だと判断することはできません」

と説明した。ただ、有権者から「候補者の演説内容が人権侵害である」と指摘され、その内容が人権侵犯事件とみなされた場合、法務省から候補者に対して改善を求める「勧告」や「要請」といった処置が取られることも考えられるという。

公職選挙法との兼ね合いはどうか。東京都選挙管理委員会は

“「選挙運動においては、原則として自由に政策や主義・主張をよびかけることができます。選挙管理委員会が演説の内容にまで立ち入って規制することはありません」

と答えた。演説内容に選挙管理委員が介入すると、選挙の自由妨害について定めた公職選挙法第226条に抵触する可能性があるという。演説内容に対する判断は、あくまで有権者にゆだねるという立場だ。

桜井氏の池袋での街頭演説は、約20分で終了した。この間、在日韓国・朝鮮人に関する発言はなかった。



>桜井氏は6月29日、都知事選への立候補を表明する記者会見を行った。「日本に対して牙をむくような民族がいれば処断する」などと述べ、パチンコの新規出店を認めないなどの方針を掲げた。在日韓国・朝鮮人などへのヘイトスピーチに関する質問も出たが、これまでもヘイトスピーチを用いてはいない、「反日教育」を受けている人々が(日本から)出て行けと言っているだけだ、などと主張していた。


同感だ。

私は首都圏で行われたデモの90%以上に参加しているが、「ヘイトスピーチ」なんてなかった。

「ヘイトスピーチ」とレッテル貼りしている連中は、いったい【いつ、どこで行われたデモ(街宣)のどの部分】「ヘイトスピーチ」に該当するのか明確に説明するべきだ。






> 桜井氏は実際、都内の朝鮮大学前でヘイトスピーチを行ったとして、2015年末に法務省から改善を求める勧告を受けている。


平成27年(2015年)末に法務省が改善を求める勧告をした「朝鮮大学校前でのヘイトスピーチ」とやらについても、その動画をいくら視聴し直しても、いったい何が「ヘイトスピーチ」なのかサッパリ分からない。
平成27年(2015年)末に法務省が改善を求める勧告をした「朝鮮大学校前でのヘイトスピーチ」とやらについても、その動画をいくら視聴し直しても、いったい何が「ヘイトスピーチ」なのかサッパリ分からない。法務省

平成20年(2008年)11月9日(日)、東京都小平市内にある朝鮮大学校で「朝日学生フレンドシップフェスタ」というイベントが開かれていた。

その「朝日学生フレンドシップフェスタ」に参加するため、武蔵村山市の天目石要一郎市議会議員や維新政党新風の村田春樹さんなど10人近くの日本国民が朝鮮大学校に入ろうとしたら、入場を拒否された!

入場拒否の理由は、北朝鮮に拉致された日本人被害者を救出することを目的とした「ブルーリボンバッチ」をつけていたことだった。
ブルーリボンバッチ

入場を拒否した朝鮮人たちは、入場拒否の理由としてブルーリボンバッチを挙げた後に、「政治思想が違うので中には入れられない。帰ってくれ。」と言い放ったという。

同日、桜井誠会長(当時)など在特会の7人が小平市に来て1週間後に予定されていた在特会イベントのビラ配りをしていた。

「朝日学生フレンドシップフェスタ」に参加しようとしたが朝鮮大学校への入場を拒否された天目石要一郎武蔵村山市議や村田春樹さんらが、小平市で桜井誠会長らに入場拒否について伝えたところ、在特会はビラ配りを途中でやめて朝鮮大学校に抗議活動を行うことにした。

在特会などの日本国民の抗議団一行が朝鮮大学校前に到着すると、朝鮮人が「ここから入るな」と一行を阻止した。

ただ、警察官に確認したところ、歩道は市有地なので、在特会ら抗議団一行は、歩道から抗議を行うことにした。

抗議団一行は「友好というなら、まず拉致した日本人を返せ!」「横田めぐみさんを返せ!」「犯罪朝鮮人を日本から叩き出せ!」などと抗議の声をあげた。

その後、桜井誠は、警察の仲介で、朝鮮大学校側の責任者に直接抗議を行った。

――――――――――
桜井誠
「横田めぐみさんなど何の罪もない日本人を拉致する野蛮な犯罪を行ったのは北朝鮮ではないか。君たちはそのことについてどう思っているんだ?」


朝鮮人
「そのことについて答える筋合いはない。」


桜井誠
「ブルーリボンバッチをつけている人を入れないとはどういうことだ?北朝鮮によるテロ被害者の救出を願うことに君はなにか文句があるのか?」


朝鮮人
「・・・」


最後に、日本国民怒りのシュプレヒコールを朝鮮大学校前で行い、朝鮮大学校への抗議活動は終了となった。(詳細記事
――――――――――

いったい、この抗議活動のどこがヘイトスピーチなのか?!

朝鮮大学校が「ブルーリボンバッチ」を付けた日本人を差別して、イベントへの参加を拒否したことこそ差別だろう。

在特会らは、抗議活動の中で、「犯罪朝鮮人を日本から叩き出せ!」と言っているが、「犯罪朝鮮人を日本から叩き出せ!」は差別表現とするのはおかしい。

外国人犯罪者を日本国外に追放することは、日本国の主権者たる日本国民の当然の権利だ。

しかしながら、法務省の東京法務局は、この時の在特会らによる朝鮮大学校への抗議活動を「ヘイトスピーチ」と決め付け、ニコニコ動画など複数のサイト管理者に削除を要請した!

これは、国家による言論弾圧であり、日本国憲法でも禁止されている検閲に該当する。

日本国憲法は、第21条で、集会の自由・結社の自由・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密について規定している。

この動画は東京法務局の申立により、人格権侵害として削除されました。 対象物;個人の名誉
この動画は東京法務局の申立により、人格権侵害として削除されました。
対象物: 個人の名誉


↓ ↓ ↓

↓削除後に再投稿された動画↓
【拡散用】史上初!朝鮮大学校前で在特会が抗議活動【拡散希望】
■ニコニコ動画(2016年02月14日 17時39分 投稿)
【拡散用】史上初!朝鮮大学校前で在特会が抗議活動【拡散希望】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28220025



You Tubeは、法務省の削除の要請に応じなかったようだ!
検閲!法務省がヘイトスピーチ動画の削除を要請!ニコニコ動画は削除・You Tubeは削除せず 史上初!朝鮮大学校前で在特会が抗議活動
■You Tube動画
史上初!朝鮮大学校前で在特会が抗議活動
https://www.youtube.com/watch?v=kKsHz96NIB8

2008年11月9日、東京都小平市内にある朝鮮大学校で開かれていた
「朝・日学生フレンドシップフェスタ」というイベントに
ブルーリボンバッチを付けた人達が入場を拒否されました。
連絡を受けた、在日特権を許さない市民の会は、朝鮮大学に急行し
直接抗議活動を行いました。
在日特権を許さない市民の会

当ブログ関連記事





>今回の都知事選告示日の14日午後、桜井氏はJR池袋駅近くで街頭演説を行った。公約の一つであるパチンコ規制実施について訴える中で「池袋はシナマフィアの巣窟」「いつシナ人が暴れるか分からないから(この場に)警察がたくさん来ている」などと発言した。「シナ人どもの凶悪犯罪を止める」「いい加減、日本人もシナ人と戦う覚悟を持て」とも。
> 「シナ」は、中国を示す蔑称とされ、14年には石原慎太郎・元都知事が辞任会見で多用したことが、マスコミなどで問題視された。



「シナ」が中国を示す蔑称』というのは真実ではなく、「中国」という呼称こそが周辺の異民族を野蛮な民族の地として見下す蔑称(差別語)だ。

真実は、「中国」「中華」「中共」が差別語であり、「支那」「シナ」が正しい。

支那人の伝統的な文明観は「中華主義」というやつで、これを「華夷秩序」と言う。

これは差別そのものだ。


「中華主義」「華夷秩序」という差別文明観を取り込んだ「中国」という国名を認めて使用することは、満州やモンゴルや東トルキスタンやチベットやベトナムや台湾や日本や朝鮮などの周辺諸国を「野蛮な種族の地」と認めて呼ぶことを意味する

支那呼称問題・「中華」「中国」は差別語、「支那」「シナ」が正しい・「支那」は世界の共通語・「中華主義」と「華夷秩序」は差別文明観


「支那」という言葉(表記)は、大昔からあった。

「支那」という表記を発明したのは古代支那人だった。

支那人自身が支那を「支那」と呼んできており、清朝の公的文書にも「支那」は出てくる。

これらは、1999年5月7日付の「人民日報」で認めている事実だ。



支那の「国父」といわれる英雄「孫文」も国籍は「支那」と書いていた。
支那の「国父」といわれる英雄「孫文」も日本に入国した時、国籍は「支那」と書いていた
支那の「国父」といわれる英雄「孫文」も日本に入国した時、国籍は「支那」と書いていた
孫文「支那革命」


一方、日本においては、14世紀には既に、広島や岡山などの中国地方は「中国」と呼ばれていた。


辛亥革命の後に支那が「中華民国」と名乗った後も、世界は、「支那」、「シナ」、「シーナ」、「チナ」、「チーナ」、「シーヌ」、「チャイナ」などと呼び続け、「中華民国」とか「中国」などの周辺国に対する蔑称(差別語)で呼ぶ国はなかった。

ところが、大東亜戦争が終わり、一応戦勝国となった支那は、敗戦国となった日本に対してのみ「中国」という差別語を強要してきた。

支那が日本に「中国と呼べ」と言って来たのは、終戦の翌年1946年で、アメリカのお蔭で一応「戦勝国」となった国民政府(蒋介石政権)が、アメリカに占領されて主権がなかった日本に対して要求したのだった。

当時の日本の外務省は、公務員の公務時と公共電波での「支那」呼称だけに限定して禁止することを受け入れた。

――――――
「日本では敗戦直後の1946年に中華民国からの要望により、支那を中国と呼ぶように外務省から通達が出され、公務員が公務を行っている時のみは支那を使うことや公共電波での支那呼称は禁止されている(当時の外務省局長級通達による)。
ただし、上記通達で禁止されているのは「国名としての『支那』」呼称のみであり、歴史的・地理的および学術的呼称の場合は必ずしも従う必要はない。
上記通達でも「東シナ海」「支那事変(日支事変)」などの名はやむを得ないとされている(現実には支那事変は日中戦争に取って代わられた)。」
――――――




「支那」という言葉は最初の統一王朝の「秦」に由来し、その後今日に至るまで、世界中がその近似音で「シナ」「支那」と呼んでいる。

つまり、「支那」は、世界の共通語なのだ!


支那人が、「中華人民共和国」「中国」と呼べと言っている相手は、日本以外にあるのか?

日本以外の国は「チャイナ」「シーナ」のままで良いのに、日本にだけ「シナ」から「中国」(日本など周辺諸国に対する蔑称)に変更しろと言ってるのだ。

「支那」「シナ」は差別語や侮蔑語などではなく、「シーナ」(オランダ語、ポルトガル語)「チャイナ」(英語)と同じだ。

「中国」「中華」「中共」こそが、蔑称(差別語)なのだ。

●詳細記事
試験で「中国」を「支那」と書いたら不正解!教諭「支那は差別用語」・真実は「中国」こそ差別用語
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5691.html




なお、今回の参院選で非常に残念だったことは、維新政党新風がポスターに「中韓」という言葉を使用し、政見放送でも「中国」と呼んでいたことだ。

私は維新政党新風の党員として何度も抗議した。

今後、維新政党新風は、二度と「中韓」「中国」「中共」などという言葉を使用するべきではない。






>選挙活動において、ヘイトスピーチが疑われる言動があった場合はどのような対応が考えられるのか。法務省人権擁護局の担当者は7月14日、
>“「差別的な言動があったかどうかは、発言内容や背景、どのような文脈で使われたかなどを総合的に判断する必要があります。選挙活動においてもこの原則は変わらず、たとえば、候補者の演説の中で『シナ』といった言葉が出たからといって、直ちに差別的な言動だと判断することはできません」
>と説明した。



わざわざ、こんなことで法務省に問いあわせをした「J-CASTニュース」は馬鹿過ぎる!





さて、桜井誠候補だが、産経新聞のインタビュー記事で注目すべき発言をしている!

なんと来年の東京都議選には10~20人ほど立候補させるという!


【都知事選】桜井誠氏「間違ったことはしていない」「来年の都議選に10~20人立候補させます」

http://www.sankei.com/premium/news/160713/prm1607130011-n1.html
【東京都知事選】
桜井誠氏が激白!「間違ったことはしていない」「来年の都議選に10~20人立候補させます」
2016.7.13 18:13更新、産経新聞

インタビューに答える桜井誠氏(三枝玄太郎撮影)
インタビューに答える桜井誠氏(三枝玄太郎撮影)

東京都知事選に無所属での立候補を表明した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の前会長、桜井誠氏(44)。ヘイトスピーチ問題をめぐり、当時の橋下徹大阪市長と激しいののしり合いに終わったその様子をテレビで見てあぜんとした人も多いかもしれない。在日韓国・朝鮮人に激しい非難を浴びせ、韓国からは“差別主義者の権化”と言われる一方、ネットを中心に熱狂的なファンがいる。7つの公約を掲げ、都内在住の外国人への生活保護費支給の廃止などを訴える。その素顔とは…。

--ご出身は?

「北九州市です」

--ごきょうだいは?

「弟が1人。大阪で転勤族をやっています」

--どのような家庭でしたか

「父は早くに亡くなって、母子家庭でした。その母親も私が東京に出てきたころには倒れていました。50歳代で亡くなりました。弟を大学にやろうと奨学金を私が働いて返していたわけだけれども…、別にそんなこと、売りにしているわけじゃないですからね。当たり前でしょうよ、そんなこと」

--どんな少年だったと思いますか

「普通ですよ。剣道教室に通っていましたね。勉強は好きな方で、国語と歴史が好きでした」

--歴史が好きというのは今に通じる感じですね

「中1のころに、教師がしょっちゅう休むんです。『なんで休むんだ?』と思っていると、日教組の活動のためだという。でも当時はそんなの日常茶飯事でしたから、おかしいことだなんて思いませんでした」

(中略)

--区役所の非常勤職員をやっていたそうですが

「ええ。江戸川区でね。おばちゃんたちと話していたんですよ。『誰々さんと誰々さんが生活保護をもらったそうなんだけど、そのときに○○党や△△党の議員がついてきたのよ』って。口利きのようなことをしている。その代わり、選挙の際は死にかかっているような人が選挙に来ると聞いた。要は票を買っているわけでね」

--外国人の永住権については反対ですよね

「江戸川区なんかはインド人がたくさん住んでいますけれども。私は日本に外国人が訪れることは反対していないんです。ただ、永住しようという外国人は分けて考えなくてはいけないと思っているんです」

(中略)

--初めて街宣活動をしたときのことを覚えていますか

「署名集めをして銀座に立ったんですよ。あのときは民団(在日本大韓民国民団)が参政権を求めるデモをしていて3000人が集まっていた。そこにたった20人で駆け抜けたんですよ。数寄屋橋通りだったなあ。向こうはおそろいのジャケットに風船、『参政権よこせ』ってプラカードを掲げてデモやってましたね」

--怖くなかったですか

「目の前も後ろも敵だらけ。でもそれは男の夢でしょう。問題提起にはなったと思います」

--ほかにもありますか

「東日本大震災の直後に日遊協(日本遊技関連事業協会)にデモに行ったんです。すると黒い服を着た強面の人がずらーっと出てきた。『パチンコを廃止しろ』と私たちがやっているところにですよ。警察OBだそうですよ」

(中略)

--これからの展望はどう考えていますか

「来年の都議選には10~20人ほど立候補させますよ。みんな政治活動は素人ですが、今回の都知事選でノウハウができましたから」

--どこでこれほど日韓関係は悪くなったと思いますか

「4年前に李明博が竹島に上陸したでしょう。あのときに長崎で街宣やって、その後東京に戻って赤坂で1人で抗議活動をしました。8月10日に李大統領が竹島に上陸し、14日に不敬発言をしました。『(天皇陛下が)韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方々に対し心からの謝罪をする必要がある』と。それは日本国民は怒りますよ」

「新大久保には1月12日にデモを行ったのですが、このときの不敬発言に怒っているということを伝えたかったんです」

「今や内閣府の調査で韓国が嫌いだという人は64.7%に達している。日本人の意識が変わったんです。しばき隊(レイシストをしばき隊)が必死になって妨害していますがね、この流れは止まりません」

--今回の都知事選で都民の支持は得られるでしょうか

「やられっぱなしではなく、声を上げるべきでしょう。全国で何万という人が応援してくれている。吹けば飛ぶような数字しか取れないかもしれないが、いつかみんな気づいてくれると信じています」

「マスコミについてもうひと言。韓国のマスコミは私のことをめちゃくちゃに言って、嫌韓極右の権化などと批判するが、私のところに取材には来る。日本のメディアは知ろうともしない、見もしない、批判だけ。その意味では韓国の方がまともだと思います。これからも実際の行動しかないと思います」



>--これからの展望はどう考えていますか
>「来年の都議選には10~20人ほど立候補させますよ。みんな政治活動は素人ですが、今回の都知事選でノウハウができましたから」



今後が楽しみだ。


東京都知事選では、桜井誠に投票しよう!

http://www.tosyukai.net/m-sakurai.html
桜井誠オフィシャルサイト
桜井誠オフィシャルサイト
桜井誠オフィシャルサイト
桜井誠 「夢を紡ぐ戦い」

日本を取り戻す七つの約束

一.外国人生活保護の廃止
平成26年度の資料で都内の外国人被保護人数1万1269名。
日本人も含めた生活保護費全体で5643億7896万円。
外国人に垂れ流され続けているこの生活保護を東京都から無くして行く。


二.都内の不法滞在者を半減
平成26年度の全国統計で韓国が1万3634名、支那8647名、タイ5277名。
殺人、強姦、強盗こういった重大犯罪に結びつく可能性が極めて高くなっております。
特に池袋の支那人街では警視庁発表で400名を超えるチャイナマフィアが潜伏しておりその排除が急務となっております。


三.反日ヘイトスピーチ禁止条例制定
日本人に対し外国人が虚構の歴史に基づいて責め立てる反日ヘイトスピーチを禁止します。
外国人が日本人に対してヘイトスピーチを行う。
どう考えてもこれは間違っています。


四.総連、民団施設への課税強化
麻布にある民団ですが公の業務としてパスポートの発給が行われております。
任意団体であるはずの民団が公の業務を行い税金が減免されるなどあってはならないはずです。


五.違法賭博パチンコ規制の実施
日本の国会に報告されただけで700億円のお金がパチンコ業界から北朝鮮へ流れている。
この700億円がテロや拉致事件になり麻薬、偽札、核、この様なものに変わっている。
結局の所日本国民が自分で自分の首を絞めているという事です。


六.韓国学校建設中止
住民の誰もが理解し得ない韓国学校については建設いたしません。
その代わりに待機児童ゼロを目指して保育所を建設したいと思っております。


七.コンパクトな東京五輪の実施
当初予算では3000億円だったこの東京五輪ですが現在9000億円と見積もられています。
少しでも東京五輪に掛かる費用を減らしてコンパクトオリンピックを目指したいと考えております。


■動画
「嵐を呼ぶ男、桜井誠、桜井誠でございます」 街頭演説第一声【都知事選2016】
https://www.youtube.com/watch?v=xe3mO4kqJ_Q




左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:「余命三年時事日記2」余命プロジェクトチーム著(2016/5/16)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:「ジャパニズム31」(2016/6/10)


「頑張れ!桜井誠!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
>>続きを読む

テーマ:知事選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.