正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201604<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201606
舛添に新疑惑続々!手書き領収書1万8千円=珈琲45杯分!喫茶店「偽造だ」・動け東京地検特捜部
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【話題】舛添都知事の新疑惑、コーヒー45杯分18000円の領収書…「モーニングショー」伝える
■動画
舛添都知事の新疑惑、“コーヒー45杯分”の領収書…「モーニングショー」伝える
https://www.youtube.com/watch?v=4AwIVEjZDXc


【新疑惑】舛添要一、喫茶店で18,000円(コーヒー45杯分)の手書き領収書 
喫茶店オーナー「舛添さんは店に来たことがない」「うちの店で1万8000円の領収書は出しことはない」「誰かが1800円に0を付け足したんだろ」と証言
舛添オワタ・・・
テロ朝「モーニングショー」伝える

http://www.hochi.co.jp/topics/20160525-OHT1T50053.html
舛添都知事の新疑惑、“コーヒー45杯分”の領収書…「モーニングショー」伝える
2016年5月25日9時25分 スポーツ報知
舛添都知事の新疑惑、“コーヒー45杯分”の領収書…「モーニングショー」伝える

 25日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一 モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、政治資金の私的流用疑惑が取りざたされている東京都の舛添要一知事(67)の問題をさらに検証し、喫茶店の領収書の疑惑を指摘した。

 番組では、舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)による報告書にあった、都内の喫茶店の1万8000円の支出に着目。実際に喫茶店のオーナーを取材し、「舛添さんは店に来たことがない」「うちの店で1万8000円の領収書は出しことはない」「誰かが1800円に0を付け足したんだろ」との証言を紹介した。同店ではコーヒーは1杯400円とし、1万8000円となると45杯飲んだ計算になるとも伝えた。



>喫茶店オーナー「舛添さんは店に来たことがない」「うちの店で1万8000円の領収書は出しことはない」「誰かが1800円に0を付け足したんだろ」と証言


金額の欄も空白となっている領収書を受け取っていたり、領収書の1800円に0を付け足したりすれば、これだけでも私文書偽造などの立派な犯罪となる。

政治資金(血税)から支出となるので、かなり悪質だ。

喫茶店オーナーが舛添の政治団体の領収書を出していないと証言したことについては、週刊朝日も報じている。


舛添都知事 喫茶店でコーヒー45杯分の領収書
喫茶店オーナー「この領収書は切っていないと思う」、「こんな大きな金額は切った覚えがない」
【疑惑の支出一覧】

http://dot.asahi.com/wa/2016052400132.html
http://dot.asahi.com/wa/2016052400132.html?page=2
舛添都知事疑惑まとめ クレヨンしんちゃん400円、喫茶店代1万8千円…
更新 2016/5/25 07:00、週刊朝日
舛添都知事疑惑まとめ クレヨンしんちゃん400円、喫茶店代1万8千円…

 5月20日に開かれた舛添要一東京都知事の定例会見。2時間以上続いた会見で報道陣が再三にわたって説明を求めても、時折いら立った口調になりながら「まずは第三者の厳しい目で調査していただく」などと、力ない声で同じセリフを繰り返すのみ。そのくせ、「知事としての仕事をしっかりやりまして、都民の信頼を回復したい」と、続投への意欲だけは明確だった。

 かつてテレビの討論番組で舛添氏と丁々発止のやり取りを繰り広げた田嶋陽子元参議院議員も、この会見にはガッカリしたと語る。

「『自分ではここが悪いと思うけど、第三者にも聞いてみる』と言うならまだしも、何も語らないのは誠実さを欠く。厚労大臣までやった人が自分のしたことが良いか悪いかも判断できないなんて、都民をバカにしているとしか思えない」

 政治資金収支報告書に目を通せば通すほど、疑惑の支出が次々と出てくる。

 喫茶店の手書きの領収書には「18,000円」。宛先は舛添氏の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会様」となっている。

 繁華街の一角にある東京都港区のこの店を訪ねた。店内には10脚ほどのテーブルが並び、スーツ姿の客が数人くつろいでいた。オーナーに舛添氏の領収書を見せると、首をひねった。

「この領収書は切っていないと思う」

 コーヒーは1杯400円。1万8千円となると45杯分。「こんな大きな金額は切った覚えがない」という。サンドイッチは600円。コーヒーと合わせて18セット注文した?

「いいえ。うちは貸し切りはやっていません」

 本誌は舛添氏の五つの政治団体の過去5年分(2010~14年)の収支報告書の中から、「疑惑の支出」をピックアップした(下記一覧表参照)。

 11年10月9日に丸善博多店が発行した領収書は「コミック書籍400円」。金額の横には16ケタの数字が並ぶ。インターネットで検索してみると、漫画『クレヨンしんちゃん』と判明した。別の領収書の「コミック書籍499円」は、サッカー漫画『イナズマイレブン』。

 税理士の武田美都子さんはこう語る。

「舛添さんは秘書や会計責任者に任せていた、という内容の弁明をしていますが、『経費』かどうかは、お金を使った舛添さん以外の人にはわからないことなんですから」

 その上で、問題点をこう指摘する。

「舛添さんの使うお金は公金。正月の旅行にしても、メインが家族旅行じゃないですか。1時間会議をしたからって、経費になるという感覚ではダメです」

【疑惑の支出一覧】
●2010年
8月20日 一の俣温泉観光ホテル(山口県下関市) 76,077円

●2011年
1月3日 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 195,167円
1月16日 自宅近くのイタリア料理店 34,265円
4月1日  高島屋 178,710円
8月19日 タクシー代(沖縄) 25,000円
8月20日 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ 119,822円
9月7日 喫茶店(東京・赤坂) 18,000円
10月9日 コミック『クレヨンしんちゃん』 400円、コミック『イナズマイレブン スペシャル』 499円
10月14日 虎屋 41,994円
10月19日 ホテルセントラーザ博多 58,199円

●2012年
4月24日 中古車両代 985,000円
5月7日 車両修理整備代 400,390円
5月15日 中古車両代 990,000円
8月13日 花衣の館 日光千姫物語 83,985円
12月16日 湯河原の回転寿司店 16,560円

●2013年
1月3日 龍宮城スパホテル三日月(千葉県木更津市) 237,755円
1月24日 イタリア料理店 40,590円
3月23日 回転寿司店 15,560円
4月28日 回転寿司店 15,190円
5月2日 自宅近くの天ぷら店 18,050円
6月1日 イタリア料理店 16,665円
8月16日 天ぷら店 17,700円
8月26日 イタリア料理店 56,090円

●2014年
1月2日 龍宮城スパホテル三日月 133,345円
1月10日 天ぷら店 16,800円
1月22日 舛添政治経済研究所 ハウスクリーニング代 281,500円
4月15日 イタリア料理店 83,416円

※週刊朝日  2016年6月3日号



これはもう東京地検特捜部が強制捜査に踏み切るべき事案だ!

舛添に係る政治と金の疑惑なんて、平成26年(2014年)2月の東京都知事選の前から山ほどあったにもかかわらず、未だに動いていないのだから東京地検特捜部は役立たずだ!

舛添要一に係る一連の容疑について強制捜査に踏み切らないなら、東京地検特捜部の存在意義が問われる。

一応、「夕刊フジ」(ZAKZAK)は、地検や警察の動向に精通する永田町関係者が「東京地検などの捜査機関は告発前から情報収集をしているはずだ。何も動かないことは、あり得ない」と語っていると報じた。


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160524/plt1605241140002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160524/plt1605241140002-n2.htm
舛添都知事「政治とカネ」疑惑 東京地検が重大関心 世論調査7割超「辞めろ」
2016.05.24、ZAKZAK
舛添都知事「政治とカネ」疑惑 <strong>東京地検が重大関心</strong> 世論調査7割超「辞めろ」

 東京都の舛添要一知事(67)への、都民・国民の怒りが爆発している。連日のように発覚する「政治とカネ」をめぐる疑惑に対し、舛添氏が記者会見で「第三者による調査」を連発して説明責任を果たさず、居座りを決め込んだからだ。報道機関の世論調査では、7割以上が「(都知事を)辞める必要がある」と返答した。こうしたなか、東京地検などが、一連の疑惑に重大関心を寄せているという。

 舛添氏が20日に行った記者会見は最低・最悪だった。それまで、「色々な疑念や懸念、厳しい批判をいただいている。20日の定例会見で答えたい」と語っておきながら、舛添氏は約2時間15分の会見中、「第三者」という言葉を50回近く使って、具体的な説明を避け続けた。

 都民や国民をバカにした会見に怒りが沸騰した。

 「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏は20、21の両日、自身のブログで「不快極まりない態度に終始ビックリマーク」「都知事はお金にセコイだけじゃなく 釈明と謝罪にも見たことないほどセコイ人でした!!」「一刻も早く都知事辞職されること希望します!!」「もはや国民全体への背信行為です」などと、痛烈に批判した。

 NNN(日本テレビ系)が20~22日に行った世論調査によると、20日の記者会見に「納得しない」が90・2%、舛添氏が都知事を辞める必要があると「思う」が70・1%に達した。もはや、総スカン状態といえる。

 疑惑解明を、舛添氏が勝手に選任する「第三者」ではなく、捜査当局に期待する声も多い。

 市民団体「政治資金オンブズマン」(共同代表・上脇博之神戸学院大教授)はすでに、政治資金規正法違反などの疑いで、舛添氏と会計責任者だった男性に対する告発状を東京地検に送っている。千葉県木更津市内の温泉施設「龍宮城スパホテル三日月」での宿泊費を「会議費」としたと記載したのは虚偽記入に当たる-という指摘だ。

 地検や警察の動向に精通する永田町関係者は次のように語る。

 「舛添氏に直撃した疑惑のうち、『豪華海外出張』や『公用車での別荘通い』は政治倫理に関する問題だが、スパホテル三日月での『会議費』の件などは、政治資金規正法に抵触しかねない重大問題だ。次元が違う。政治資金オンブズマンもそこに狙いをつけて告発している。東大法学部卒の舛添氏も当然認識し、13日の会見で『返金する』と表明したのだろう。これだけ国民が怒りに震えている疑惑だから、東京地検などの捜査機関は告発前から情報収集をしているはずだ。何も動かないことは、あり得ない

 都議会各会派も、6月議会で疑惑を徹底追及する方針を固めている。舛添包囲網は一段と狭まっている。





他にも、週刊ポストは、舛添要一自身がかつて明かした「絵画財テク」の手法について報じた。

政治資金を絵画などで財テクすることは禁じられており、舛添は5月13日の会見で「議員外交、都市外交で書や浮世絵をツールとして利用している」「政治資金で財テクをしている事実はない」と話していた。

しかし、舛添が政治資金を使って絵画財テクをしている可能性は極めて高い。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160524/plt1605241909004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160524/plt1605241909004-n2.htm
舛添要一都知事がかつて明かした「絵画財テク」の手法
2016.05.24

 舛添要一・東京都知事の政治資金私的流用疑惑が止まらない。温泉代も美術品代も、娘の服代も政治資金で浮かせる「蓄財哲学」をかつて本誌に語っていた。記事は、「舛添要一 『50歳からの極楽財産術』」(2005年7月29日号)と題したもの。バブル期には不動産投資にも挑戦したが失敗したと語る彼が行き着いたのが、絵画による資産形成だった。

 〈不動産に投資する余裕資金があるなら、私なら趣味を活かした資産形成を考えますね。実際、私は絵が好きなので、絵画を購入しています。

 絵画を資産として所有する人は少ないかも知れませんが、1000万円で買った絵が5年後に2000万円の価値になっていることは十分ありえる。私は、買った絵を毎日眺めているだけで精神的な満足感が得られるので、たとえ値上がりしなくても、20年間見続けていたら、それだけで元を取った気分になれると思っています〉


 このインタビュー記事のきっかけとなった当時の新刊『マスゾエ式 定年後極楽生活入門』では、より詳細な「絵画財テク」の手法を明かしている。

 〈コーヒーを毎日飲む人と同じく、(絵画で)精神的な満足感を得ているわけで、毎日コーヒー代の300円分の利益を得ていると考えることができます。年間365日で毎日300円の効果だとすると、私は年に約11万円分を得たことになります〉

 絵画による癒やしすら金額換算してしまうところが、いかにも舛添氏らしい。

 同書では不動産投資について、〈購入したワンルームマンションに、入居者が入ってくれるかどうかという問題〉のほか、不動産取得税や固定資産税、部屋の維持管理費用、入居者とのトラブルなどのデメリットを挙げて、〈私ならば不動産よりも絵を選びます〉と力説する。よほど絵画は稼げるようだ。

 舛添氏が絵画財テクの参考にしているのが、東京・渋谷にある山種美術館を設立した山種証券(現・SMBCフレンド証券)創業者の山崎種二氏の逸話だ。

 贋作ばかりを買わされていた山崎氏は日本画家の横山大観から「生きている画家の絵を買えば偽物を掴まされない」と忠告を受け、前途有望な若手画家の作品を収集したことで、現在では高額作品ばかりの大コレクションを揃えることができたという。

 〈私もまだ有名ではない、ある台湾人画家の絵を購入し、議員会館に飾っています。今後、価値が上がっていくのを期待しています。そのほか、パリの留学時代に知り合った画家の絵もたくさん購入しています〉

 舛添氏は13日の会見で「海外の方と交流を行なう際に、書や浮世絵などをツールとして活用する」「国際交流で使うものと自分のコレクションとは明確に分けている」と語ったが、2005年当時に議員会館に飾っていたというこの台湾人画家の絵はどちらなのか。政治資金使用の有無や保有状況などを問い合わせたが、「お答えできません」(都庁政策企画局)との回答だった。

 ※週刊ポスト2016年6月3日号



舛添要一は「週刊ポスト」(2005年7月29日号)の誌面で、「舛添要一 『50歳からの極楽財産術』と題して、【絵画財テク】について詳しく説明していた!

舛添は会見で「議員外交、都市外交で書や浮世絵をツールとして利用している」と述べたが、東京地検特捜部は舛添が政治資金で購入した絵画や書などの美術品について、いつ、どこで、誰に、どのように使用したのか追及すれば、舛添は説明できないはずだ。





さらに、舛添要一は、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイッターで「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」ともツイートしていた!

舛添が政治活動以外のことに政治資金(日本国民の血税)を使っていた証拠や山ほどあるのだ!

【画像】舛添都知事、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイート「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」
【画像】舛添都知事、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイート「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」

http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/23/masuzoe-youichi_n_10111672.html
舛添要一都知事、過去にも政治資金でホテル 「家族サービス」とのツイートも
朝日新聞デジタル 2016年5月24日04時29分
画像】舛添都知事、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイート「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」

舛添都知事、盆正月にホテル宿泊 「家族で」つぶやきも

東京都の舛添要一知事の政治資金問題への対応について、朝日新聞の全国世論調査では8割超が「適切ではない」と回答した。「クリーンなイメージ」に期待していた支援者からは、辞任を求める声があがる。一方、問題となった2013年と14年の宿泊費だけでなく、以前から正月やお盆の時期のホテル代金が、毎年のように政治資金で賄われていた。

正月やお盆の時期の宿泊費は、舛添氏が代表の新党改革支部など四つの政治団体の政治資金収支報告書に記載されていた。宿泊前後の舛添氏のツイートやブログには、「家族サービス」などの記載もあった。

例えば11年1月3日、横浜市のホテルに宿泊費約19万5千円を支払った。舛添氏は同日のツイートで「2日は家族サービスで水族館で終日過ごしました。魚やいるかなど海の生き物を見ていると、心が和みます。何のために政治家をやっているのか分からない愚劣な連中と好対照です」とつぶやいていた。
――――――――――
【画像】舛添都知事、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイート「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」
https://twitter.com/MasuzoeYoichi/status/21586144932143104?ref_src=twsrc%5Etfw
舛添要一
‏@MasuzoeYoichi
2日は家族サービスで水族館て終日過ごしました。魚やいるかなど海の生き物を見ていると、心が和みます。何のために政治家をやっているのか分からない愚劣な連中と好対照です。
2011年1月3日 00:18

――――――――――

10年8月20日には、山口県下関市の温泉観光ホテルに約7万6千円を支出。同日のブログには同市に滞在していたと投稿。初代首相・伊藤博文が愛したとされる同市のふぐ料理店に触れ、「フグを食べることができるのも伊藤のおかげです」。同じ投稿で、翌日に約130キロ離れた福岡市に本社がある民放の番組に生出演するとも書いていた。

12年8月13日には栃木県日光市の温泉旅館(約8万4千円)、知事就任後の14年8月18日にも東京都港区のホテル(約9万3千円)に宿泊費の支払いがあった。

【画像】舛添都知事、政治資金で宿泊の高級ホテルからツイート「家族サービスで水族館で終日過ごしました。海の生き物を見てると心和む」



>2日は家族サービスで水族館て終日過ごしました。魚やいるかなど海の生き物を見ていると、心が和みます。何のために政治家をやっているのか分からない愚劣な連中と好対照です。
>— 舛添要一 (@MasuzoeYoichi) January 2, 2011



舛添要一は、政治資金で高級ホテルに宿泊しているにもかかわらず、「家族サービス」と明言しているのだ!

つまり、舛添は、日本国民の血税を使って家族サービスをしたと述べており、犯罪を自白しているのだ!

犯罪者が自白までし、その証拠まであるのにもかかわらず、強制捜査に踏み切らなければ東京地検特捜部の存在こそ税金の無駄使いだ!




左:「さよならパヨク 」千葉麗子著(2016/4/16 )
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:「余命三年時事日記2」余命プロジェクトチーム著(2016/5/16)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


「東京地検特捜部は舛添を強制捜査しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.