正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201604
「私たちは怒っています!高市総務大臣の「電波停止」発言は憲法及び放送法の精神に反している」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






青木理(元共同通信) 大谷昭宏(元読売新聞) 金平成紀(TBS執行役員) 岸井成格(元毎日新聞) 田原総一朗(元テレビ東京) 鳥越俊太郎(元毎日新聞)
「私たちは怒っています!」
『高市総務大臣の「電波停止」発言は憲法及び放送法の精神に反している』
左から、青木理(元共同通信) 大谷昭宏(元読売新聞) 金平茂紀(TBS執行役員) 岸井成格(元毎日新聞) 田原総一朗(元テレビ東京) 鳥越俊太郎(元毎日新聞)

http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290018-n1.html
【高市総務相電波停止発言】
「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見
2016.2.29 17:15更新、産経新聞

「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見
横断幕を広げて撮影に応じる(左から)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田原総一朗、鳥越俊太郎の各氏=2月29日午後、東京・内幸町(古厩正樹撮影)

 田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。

 呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。

 声明では、高市氏の発言が「放送による表現の自由の確保」を定めた放送法1条や「表現の自由」を保障する憲法21条の精神に反していると主張。その上で「現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく『息苦しさ』を増していないか」として、「自主規制、忖度、萎縮が放送現場の『内側から』拡がることになっては、危機は一層深刻だ」と訴えた。

 会見で、岸井氏は「高市発言にはあきれ果てた。憲法、放送法の精神を知らない中での発言であれば、大臣失格だ。仮に曲解しているのであれば、『言論統制を進めたい』と思われても仕方がない」と高市氏を批判。田原氏は「非常に恥ずかしい発言。全テレビ局の全番組が抗議すべきだが、残念ながら多くの番組は何も言わない。高市さんに、恥ずかしい思いをさせなければならない」と訴えた。

 また、鳥越氏は「安倍政権からの恫(どう)喝(かつ)、脅しだ。安倍政権のなめきった態度が、高市発言となって現れた」と強調。「メディア内部に(政権への)遠慮がはびこっている。このままでは日本は大変なことになる。戦前のようになるかもしれないし、全権委任法を受けたナチスのようになるかもしれない」とも訴えた。

 会見で配布された声明文の全文は次の通り。


 「私たちは怒っている--高市総務大臣の『電波停止』発言は憲法及び放送法の精神に反している」

 今年の2月8日と9日、高市早苗総務大臣が、国会の衆議院予算委員会において、放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性について言及した。誰が判断するのかについては、同月23日の答弁で「総務大臣が最終的に判断するということになると存じます」と明言している。

 私たちはこの一連の発言に驚き、そして怒っている。そもそも公共放送にあずかる放送局の電波は、国民のものであって、所管する省庁のものではない。所管大臣の「判断」で電波停止などという行政処分が可能であるなどいう認識は、「放送による表現の自由を確保すること」「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」をうたった放送法(第1条)の精神に著しく反するものである。さらには、放送法にうたわれている「放送による表現の自由」は、憲法21条「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」の条文によって支えられているものだ。

 高市大臣が、処分のよりどころとする放送法第4条の規定は、多くのメディア法学者のあいだでは、放送事業者が自らを律する「倫理規定」とするのが通説である。また、放送法成立当時の経緯を少しでも研究すると、この法律が、戦争時の苦い経験を踏まえた放送番組への政府の干渉の排除、放送の自由独立の確保が強く企図されていたことがわかる。

 私たちは、テレビというメディアを通じて、日々のニュースや情報を市民に伝達し、その背景や意味について解説し、自由な議論を展開することによって、国民の「知る権利」に資することをめざしてきた。テレビ放送が開始されてから今年で64年になる。これまでも政治権力とメディアのあいだでは、さまざまな葛藤や介入・干渉があったことを肌身をもって経験してきた。

 現在のテレビ報道を取り巻く環境が著しく「息苦しさ」を増していないか。私たち自身もそれがなぜなのかを自らに問い続けている。「外から」の放送への介入・干渉によってもたらされた「息苦しさ」ならば跳ね返すこともできよう。だが、自主規制、忖度、萎縮が放送現場の「内部から」拡がることになっては、危機は一層深刻である。私たちが、今日ここに集い、意思表示をする理由の強い一端もそこにある。

 〈呼び掛け人〉(五十音順 2月29日現在)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎

【高市総務相電波停止発言】岸井成格氏「品性、知性のかけらもない」「恥ずかしくないのか」 自身への批判に反論



>高市総務大臣の「電波停止」発言は憲法及び放送法の精神に反している


放送法174条には、放送事業者が放送法に違反した場合、総務大臣が「放送の業務の停止を命ずることができる」と明記されている。

違法行為をする放送事業者の電波を止めることは当然しなければならないことなのだ!

【放送法】
(業務の停止)
第174条 総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、3月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる。

●関連記事
高市総務相、電波停止の可能性に言及・政治的公平性で・虚偽にも厳格に対処し、放送免許の取り消せ!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6119.html
民主党が電波停止に反発!民主党政権時の数々の圧力はお忘れ?松本龍、輿石東、菅直人、前原誠司…
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6120.html



また、平成22年の民主党政権でも平岡秀夫総務副大臣は、高市総務大臣と同じ答弁をしている。
民主党の平岡総務副大臣「総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは」

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/009417620101125006.htm
第176回国会 総務委員会 第6号 平成22年11月25日(木曜日)

○平岡副大臣 
委員のお尋ねは、放送法を改正した後の新放送法のことかと思いますけれども、百七十四条で、「総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く。)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、三月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる。」という規定であろうかというふうに思います。

●詳細記事
民主党も電波停止を命ずることができると片山善博総務大臣時代に明言・報ステでは高市総務相を批判
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6127.html



「政治的に公平であること」のみだけではなく、他にも、放送法第4条には、「報道は事実をまげないですること」などの条項もあるので、虚偽放送や偏向報道などについても、もっと頻繁に電波停止を命じ、改善しなければ放送免許を取り消すべきだ。

【放送法】
(国内放送等の放送番組の編集等)
第4条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。


総務大臣は、もっと頻繁に電波停止を命令し、行政が何度指摘しても、改善しない放送局については、放送免許を取り消すべきだ!

放送法に違反しているのは、お前らだ!





>横断幕を広げて撮影に応じる(左から)青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田原総一朗、鳥越俊太郎の各氏=2月29日午後、東京





▼青木理の問題発言集▼

独島問題っていうのは韓国の人にとっては物凄く感情的で、物凄く怒りを誘発するってことをね、その日本の人達は必ず知らなくちゃいけないし
平成23年(2011年)8月
独島問題っていうのは韓国の人にとっては物凄く感情的で、物凄く怒りを誘発するってことをね、その日本の人達は必ず知らなくちゃいけない
歴史認識問題と植民地支配問題と非常に結びついているんだっていう事をひとつボクら知らなくちゃいけない
韓国のことを少し考えて動く、外交的なことを考えて動く。あるいは相手のことも考えつつやるっていうことのね、センスってのがないっ。(ソース:テレビにだまされないぞぉ


東アジアでは敗戦国の日本が分断されず、隣の植民地支配から解放された朝鮮半島が分断されて今でも統一が成し遂げられていないという事を考えると、かつて、植民地支配した日本の我々にやっぱり責任があると思う
平成23年(2011年)9月
東アジアでは敗戦国の日本が分断されず、隣の植民地支配から解放された朝鮮半島が分断されて今でも統一が成し遂げられていないという事を考えると、かつて、植民地支配した日本の我々にやっぱり責任があるソース

青木理「やっぱり敬語を使うって事は基本的にはボクはおかしいと思う」
平成24年(2012年)1月
皇室に敬語を使う報道について、「やっぱり皇室に敬語を使うってことは基本的にはボクはおかしいと思う」などと発言!ソース


平成26年(2014年)10月15日
ジャーナリストを守れ!~シンポジウム「朝日バッシングとジャーナリズムの危機」
「メディアに誤報はつきものだ」などの立場から、従軍慰安婦に関する植村隆の捏造を擁護!(ソース
慰安婦問題で過熱。“朝日バッシング”から見えてくる日本の言論状況の危うさ 
その後も、朝日新聞や植村隆による慰安婦に係る悪意に満ちた捏造報道を擁護し続け、逆に朝日新聞や植村隆を批判する側を非難!

http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/03/42915/
慰安婦問題で過熱。“朝日バッシング”から見えてくる日本の言論状況の危うさ 
2015年02月03日、週プレNEWS

(本文略)







▼大谷昭宏の問題発言集▼

平成18年(2006年)、ABC朝日放送「ムーブ」
例えば被害者の遺体をですね写真をドンドン流出するというのと同じでですねぇ
大谷氏「あのー、いた、いなかった云々という事。これはずっと、、例えば南京大虐殺についても、私は従軍慰安婦に関して言えば、明らかに証言者がウソをついているとは思えない
■動画
日本軍による従軍慰安婦強制連行の客観的証拠はない
http://www.youtube.com/watch?v=HdoxOM9-TBQ



平成24年(2012年)5月
大谷昭宏
■ニコニコ動画
ジャーナリスト()大谷昭宏が河本準一を全力擁護w
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17845091

名古屋テレビ(テロ朝系列:ANN)
ドデスカ!2012年05月17日7:40頃放送

コメンテーター:大谷昭宏、高橋ジョージ
芸人と言えども、お母さんが生活保護を受け取っていることを公開して良いのか?
お母さんは一般市民ですからね。

今回の形で国政を携わる議員が一人の芸人を名前を上げてまで批判するのは私はある程度行き過ぎだと思う。
河本さんは、会見するなりして、耐えられるかもしれません。
でも、お母さんは堪ったもんじゃない。
吉本側は、既に受け取っていないんだということになると、それと収入が不安定だということを考えると、あまり一人の人を攻撃するのはいかがなものなのかなという気がするんですけどね。」

【反論あり】(詳細記事


平成25年(2013年)4月13日放送「たかじんNOマネー」
大谷「東京はね、テレビでやらないけども、今もう雑誌なんかで物凄い話題になってる、新大久保とか、大阪と生野区…所謂ヘイトスピーチって、すごいデモやってるじゃないですか。で、えなりさんの主張わかるけど、あ
大谷
「東京はね、テレビでやらないけども、今もう雑誌なんかで物凄い話題になってる、新大久保とか、大阪と生野区…所謂ヘイトスピーチって、すごいデモやってるじゃないですか。で、えなりさんの主張わかるけど、ああいう形のデモとか見ていくと…」
関連記事



平成25年(2013年)6月
大谷昭宏「靖国に寝てる連中は…」!「休んでる方たち」と言い直す“たかじんNOマネー”
大谷昭宏「靖国に寝てる連中は…」!「休んでる方たち」と言い直す“たかじんNOマネー”
■動画
靖国に寝てる連中
http://www.youtube.com/watch?v=MUfh-ov50F0

大谷昭宏
じゃあ日本軍と日本国民に謝れよと。今、靖国に寝てる連中は……
休んでる方たちはこういうことをずっとしてたのかと。うちのおじいちゃんはこうやって散ったんだと。



平成25年(2013年)11月
大谷昭宏
【慰安婦】大谷昭宏 「強制連行はあったと思う。元慰安婦のおばあさんたちが恥部をさらして、ここまで明らかにする、このおばあさんがウソをついても何の得もありません。また、そんな人に、お前はウソをついているだろうと言うほど失礼なことはないでしょう。」





▼金平茂紀の問題発言集▼
小学校の教科書に領土問題の事を記述するよりも
http://blogs.yahoo.co.jp/teripokin/11966910.html
平成26年(2014年)4月5日
TBS「報道特集」

金平茂紀
こんばんは、報道特集です
ご覧頂きました、まー君の、まー君を始めとする日本人が
海の向こうで活躍する姿、素直に喜ばしい事です
と言いますか、小学校の教科書に領土問題の事を記述するよりも、よっぽど日本人として心強い動きだと思いますが皆さんいかがでしょうか



━━━━━━━━━━
平成27年(2015年)2月7日
TBS
報道特集


TBSが捏造発言疑惑キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !→TBS金平「ヨルダンで取材中にヨルダン人が寄ってきてお前ら憲法9条守れよって言われた」
小林悠アナ:金平さんはヨルダンでの取材を振り返って、改めていかがでしたか?

TBSが捏造発言疑惑キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !→TBS金平「ヨルダンで取材中にヨルダン人が寄ってきてお前ら憲法9条守れよって言われた」
金平:こういう時期だから、お前たちの国は憲法とか平和を守れよと言われ、複雑な思いがしました。

ソース
画像等:
ば韓国いい加減にしろ速報
メイド・イン・ジャパン!

━━━━━━━━━━


http://blogs.yahoo.co.jp/teripokin/13938143.html
平成28年2016年2月13日
TBS「報道特集」

聖域にでもなったつもり?!
金平茂紀
高市総務大臣が国会で、テレビ局の電波停止の可能性に言及しました
表現の自由の確保をうたった放送法の精神をどこまで理解しているのか
疑問の声があがっています
こんな脅しのような発言が大臣から出ること自体、時代は悪い方向に向かっている事の証しではないでしょうか






▼岸井成格の問題発言▼


平成25年6月20日、TBS「NEWS23」
平成25年4月25日に、「在日特権」=「日本人差別」(逆差別)をなくすことを求めて行われた【日本人差別をなくせデモin新大久保】を見て、岸井成格は「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」と言い放った!

TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」

10TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」
TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」

10TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」
膳場
「えー、このヘイトスピーチの問題ですけれども、先月には国連から日本に対して、慰安婦についてのヘイトスピーチを改善するよう求められていますし、安倍総理もこのヘイトスピーチについては、国会で懸念をね、表明してますよね」


10TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」
岸井
「そうですねー、だから憲法で保障された表現の自由の問題をどうするかって事はあるにしても!
先程のデモの内容を聞いていると、これはもうそういう枠を超えて

10TBS「NEWS23」岸井成格「デモの内容を聞いていると、これは犯罪です、よねー」
犯罪です、よねー!
と思うんですよね!




平成27年(2015年)9月16日
TBS社長「公平・公正に報道している」・
岸井成格「安保法案は、日本の土台を破壊!」

TBSによる安保法制に係る偏向報道の代表的事例は、「NEWS23」で岸井成格が「メディアとして廃案に向けて声をあげ続けるべきだ」と発言したことだ。

平成27年9月16日の夜、TBS「NEWS23」で岸井成格は「やっぱりメディアとしても廃案に向けて、声をあげ続けるべきだ」などと放送法で定められている「政治的に公平であること」に明確に違反する発言をした!
9月16日TBSニュース23 岸井成格「やっぱりメディアとしても廃案に向けてね、声をあげ続けるべきだというように私は思いますね」
9月16日TBSニュース23 岸井成格「やっぱりメディアとしても廃案に向けてね、声をあげ続けるべきだというように私は思いますね」
■動画
9月16日TBSニュース23
https://www.youtube.com/watch?v=QUkMqknPOw8

9月16日
TBS
ニュース23

岸井成格「やっぱりメディアとしても廃案に向けてね、声をずっと上げ続けるべきだというように私は思いますね」
9月16日TBSニュース23 岸井成格「やっぱりメディアとしても廃案に向けてね、声をあげ続けるべきだというように私は思いますね」

同年11月に発足した「放送法遵守を求める視聴者の会」は、岸井成格が「メディアとして廃案に向けて声を上げ続けるべきだ」と発言したことを問題視し、岸井成格らに公開質問状を送ったが、岸井らは公開質問状に回答せず、遁走した!(ソース



平成27年(2015年)11月15日
━━━━━━━━━━
11月15日
TBS
サンデーモーニング


TBS「サンデーモーニング」岸井成格「西ドイツシュミット首相の言葉、何で日本はアジアに友人つくれないんですか」
ほいで、シュミットさんはねOBサミットでもね、日本の歴代首相に何を言ってたかっていったら
イスラム圏と、とにかく日本っていうのは非常に良い関係作ってるって事は
それは非常に大事なんですよ、という事と

TBS「サンデーモーニング」岸井成格「西ドイツシュミット首相の言葉、何で日本はアジアに友人つくれないんですか」
同時に返す刀で何て言ったかっつったら
何で日本はアジアに友人つくれないんですか


TBS「サンデーモーニング」岸井成格「西ドイツシュミット首相の言葉、何で日本はアジアに友人つくれないんですか」
関口
あー、痛い所突かれたなー


20151115TBS「サンデーモーニング」岸井成格「西ドイツシュミット首相の言葉、何で日本はアジアに友人つくれないんですか」
岸井
痛い所
あー痛い所ですよ


画像等:メイド・イン・ジャパン!
━━━━━━━━━━
■動画
https://www.youtube.com/watch?v=OSsZXj1tD2E






▼田原総一朗▼
田原総一朗は、日本初のAV男優だった!

全共闘の一員だった田原総一朗が東京12チャンネルディレクター時代に放送した番組で、日本初のAV男優に!

画像はイメージ(まさかの全裸結婚式 淫乱披露宴写真集! )
(画像は、イメージ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8E%9F%E7%B7%8F%E4%B8%80%E6%9C%97
Wikipedia:ウィキペディア
田原総一朗
東京12チャンネルディレクター時代[編集]

全共闘くずれのヒッピーたちが、全員全裸で結婚式をやることになった。
余興として花嫁が列席者全員とセックスをする。
スタッフも全裸で撮影していたが、花嫁がスタッフともセックスしたいと言い出したため、田原はみずから彼女とセックスし、そのシーンを撮影させた。
この「日本の花嫁」は、ゴールデンタイムで放映された[15]。


全共闘くずれのヒッピーたちが、全員全裸で結婚式をやって、余興として花嫁が列席者全員とセックスをし、更には番組スタッフともセックスをした結婚式の様子を追った『日本の花嫁』では、田原総一朗自身が花嫁とセックスして放送したため、水道橋博士は、田原総一朗のことを「日本初のエッチ男優」と評した。
田原総一朗は日本初のエッチ男優だった?!【やりすぎ都市伝説】
■動画
田原総一朗は日本初のエッチ男優だった?!【やりすぎ都市伝説】
https://www.youtube.com/watch?v=oXcAEtPafsg



ちなみに、近年、田原総一朗は、60年安保闘争では、誰も法案(条文)すら読まずに、ファッションで「安保反対デモ」に参加していたことを暴露している。(関連記事
田原総一朗「60年安保デモに参加したが誰も条文読んでなかった。ファッション反対。」
田原総一朗「60年安保デモに参加したが誰も条文読んでなかった。ファッション反対。」

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110810/280586/?P=4
田原総一朗の政財界「ここだけの話」
脱原発の風潮は60年安保闘争に似ている
2011.08.10

■条文を読まずに「安保反対!」と叫んでいた
(前略)
 当時、東大の安保闘争のリーダーは西部邁氏であった。私は西部さんに「吉田安保と岸安保はどこが違うのか。それぞれを読んだか」と聞いてみた。西部さんは「読むわけないだろう。岸がやることはろくなものではない。日本を戦争に導くだけだ」と言っていた。

 60年安保闘争に参加していた者はほとんど安保条約の中身など読んだこともなく、ただ反対していただけなのである。科学的・技術的な議論が行われない脱原発の動きは、この安保闘争とよく似ていると感じる。







▼鳥越俊太郎(ジャーナリスト)▼
鳥越俊太郎
日本の都道府県の数を55と回答した鳥越俊太郎

平成21年(2009年)4月、SMAPの草彅剛(チョナンカン)が港区赤坂の檜町公園で、酔っぱらって全裸になって「裸になって何が悪い」などと騒いでいたので公然わいせつの現行犯で逮捕された。

その日の生放送のテレビ番組で鳥越俊太郎は、「午前3時でしょ。公園でしょ。誰もいない所ですね。公然猥褻にならないじゃないですか。逮捕までしなくても良いと思うんだけどね。注意したら良いじゃん。」と発言して草彅剛(チョナンカン)を擁護し、逮捕した警察を非難した!(関連記事



平成25年(2013年)1月11日付け毎日新聞で、「日本は全国民が火の玉になって戦争に突入していった。絶対、戦争はしてはならない。僕はどんな状況になってもNOと言い続ける。戦争にNOと言えなくなったら死ぬ。」などと述べる!
●詳細記事
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4930.html
鳥越俊太郎「日本は全国民が火の玉になって戦争に突入していった。絶対、戦争はしてはならない。僕はどんな状況になってもNOと言い続ける。戦争にNOと言えなくなったら死ぬ。」・鳥越に生きる価値なし



平27年(2015年)11月10日
新語・流行語大賞の選考委員として、「I am not ABE」、「アベ政治を許さない」、「戦争法案」、「国民の理解が深まっていない」、「とりま廃案」、「シールズ(SEALDs)」、「自民党、感じ悪いよね」、「ラッスンゴレライ」などを候補に選出。



左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「ふざけるな!捏造、偏向、反日テレビ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.