FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201601<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201603
奉祝式典「早く政府主催の式典を」・共産党系反対集会にはSEALDsも・祝!紀元節!建国記念の日
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






奉祝!紀元節!

2月11日は、2676年目の「紀元節」だ。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160211/k10010406011000.html
建国記念の日 各地で祝う式典や反対する集会
2月11日 18時38分、NHK
建国記念の日 各地で祝う式典や反対する集会

建国記念の日の11日、これを祝う式典や、反対する集会が各地で開かれました。

このうち東京・渋谷区の明治神宮会館では、神社本庁などで作る「日本の建国を祝う会」が式典を開き、主催者の発表でおよそ1200人が参加しました。
主催者を代表して國學院大学の大原康男名誉教授があいさつし、「世界各国で国民が建国記念の日を祝っており、わが国でもできるだけ早く政府主催の式典を開催して、国を愛する心を育てるべきだ」と述べました。そして「5月には三重県の伊勢志摩でサミットが開催され、世界に向けて日本のすばらしい精神性を発信する絶好の機会となる。誇りある国づくりへ向けて一層力を尽くすことを誓う」などとする決議が採択されました。

一方、東京・中央区では、歴史の研究者や歴史教育に携わる教職員など、主催者の発表でおよそ350人が参加して建国記念の日に反対する集会が開かれました。講演した千葉大学の栗田禎子教授は、「安全保障関連法を巡って戦争を直接知らない若い世代が平和憲法を守ろうと立ち上がったことは、戦争ができる国にしようという勢力にとって大きな誤算だったはずだ。憲法を守る戦いは今が集大成の時だと自覚することが大切だ」と述べました。
この後、集会では「憲法を礎に歴史の逆流を許さず平和なアジアと世界をつくり、立憲主義、民主主義に基づく新しい未来をひらこう」などとするアピールが拍手で採択されました。



>このうち東京・渋谷区の明治神宮会館では、神社本庁などで作る「日本の建国を祝う会」が式典を開き、主催者の発表でおよそ1200人が参加しました。
大原康男名誉教授があいさつし、「世界各国で国民が建国記念の日を祝っており、わが国でもできるだけ早く政府主催の式典を開催して、国を愛する心を育てるべきだ」
大原康男名誉教授があいさつし、「世界各国で国民が建国記念の日を祝っており、わが国でもできるだけ早く政府主催の式典を開催して、国を愛する心を育てるべきだ」
>主催者を代表して國學院大学の大原康男名誉教授があいさつし、「世界各国で国民が建国記念の日を祝っており、わが国でもできるだけ早く政府主催の式典を開催して、国を愛する心を育てるべきだ」と述べました。



近年、東京では、上記のNHKニュースでも取り上げられている「日本の建国を祝う会」主催の「奉祝中央式典」(明治神宮会館)「紀元節奉祝式典実行委員会」主催の「紀元節奉祝式典」(星陵会館)の2つが主な奉祝式典となっている。

平成24年12月の総選挙で、安倍晋三総裁の下、自民党は、「政府主催で建国記念の日を祝う式典を開催する」という公約を掲げた!

日本を、取り戻す。自民党安倍晋三の選挙公約

「日本を、取り戻す。」J-ファイル2012・自民党選挙公約全文
Ⅻ . 憲法・国のかたち
328 「 建国記念の日」、「主権回復の日」、「竹島の日」を祝う式典の開催
 政府主催で、2 月11 日の建国記念の日、そして2 月22日を「竹島の日」、4 月28 日を「主権回復の日」として祝う式典を開催します。


そして、当該公約を掲げて選挙戦を戦った安倍自民党は、有権者から選択され、政権を奪還した。

ところが、自民党は政権に復帰したにもかかわらず、安倍政権は「政府主催で建国記念の日を祝う式典を開催する」という公約を反故にした!

結局、その後も、首都東京では「日本の建国を祝う会」主催の「奉祝中央式典」(明治神宮会館)「紀元節奉祝式典実行委員会」主催の「紀元節奉祝式典」(星陵会館)の2つが主な式典となっている。





>一方、東京・中央区では、歴史の研究者や歴史教育に携わる教職員など、主催者の発表でおよそ350人が参加して建国記念の日に反対する集会が開かれました。講演した千葉大学の栗田禎子教授は、「安全保障関連法を巡って戦争を直接知らない若い世代が平和憲法を守ろうと立ち上がったことは、戦争ができる国にしようという勢力にとって大きな誤算だったはずだ。憲法を守る戦いは今が集大成の時だと自覚することが大切だ」と述べました。


この反日集会の主催は、「『建国記念の日』に反対し思想・信教の自由を守る連絡会(2・11連絡会)」だが、反日歴史研究団体東京都教職員組合などが中心となっており、共産党の影響下にある。

昨年の同集会で登壇したのは、出版労連、琉球新報、自治労連、共産党系のエセ学者などだった。(ソース:しんぶん赤旗

今年は、上記の栗田禎子のほか、SEALDsなどが登場しており、やはり共産党が主催しているようなものだ。

歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年2・11集会

http://www.torekiken.org/trk/blog/event/20160127.html
【歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年2・11集会】

【日時】 2016年2月11日(木) 午後1時半開会
【会場】 日本橋公会堂ホール4階 (中央区日本橋蛎殻町1-31-1)
【参加費】 500 円(高校生以下無料)

【報告】
「岐路に立つ世界と『戦争法』 ―現代史のなかで中東・日本・平和憲法を問い直す―」
栗田禎子(千葉大学教授)

【リレートーク】
・歴史教育・歴史教科の問題
・主権者を育てる教育を―教科書・道徳科・18歳選挙権
・吉見裁判から見る日本軍「慰安婦」問題
・SEALDsが語る ”民主主義って何だ”

主催 「建国記念の日」に反対し思想・信教の自由を守る連絡会(2・11連絡会)


▼集会の風景▼
歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年2・11集会

歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年

歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年
千葉大学の栗田禎子教授「安全保障関連法を巡って戦争を直接知らない若い世代が平和憲法を守ろうと立ち上がったことは、戦争ができる国にしようという勢力にとって大きな誤算だったはずだ。憲法を守る戦いは今が集大成の時だと自覚することが大切だ」

歴史に学び世界の平和を 立憲主義・民主政治を日本に「建国記念の日」反対2016年
「憲法を礎に歴史の逆流を許さず平和なアジアと世界をつくり、立憲主義、民主主義に基づく新しい未来をひらこう」などとするアピールが拍手で採択





残念な状態が続いている(日本政府主催の式典が行われない)のは、式典に限ったことではない。

戦後は学校でも、どのように『日本』が建国されたのかを殆ど教えていない。

ところが、1978年に発行されたアメリカの社会科教科書『アジア・アフリカ世界 - その文化的理解(The Afro-Asian World - A CULTURAL UNDERSTANDING)』(中等教育用)には、どのように『日本』が創られたのかを説明した記述があるという。

以下が、その米国の教科書にある「日本の建国」の概要だ。

――――――――――
※神々の国 Land of the Gods

 日本の子供たちは、学校で次のように学んでいる。
 イザナギという権威ある神が、その妻イザナミと共に「天の浮橋(Floating Bridge of Heaven)」の上に立った。イザナギは、眼下に横たわる海面を見降した。やがて彼は暗い海の中に、宝石を散りばめた槍をおろした。その槍をひき戻すと、槍の先から汐のしずくが落ちた。しずくが落ちると、次々に固まって、島となった。このようにして日本誕生の伝説が生まれた。

 またこの伝説によると、イザナギは多くの神々を生んだ。その中の一人に太陽の女神があった。女神は孫のニニギノミコトを地上に降りたたせ新しい国土を統治することを命じた。
 ニニギノミコトは大きな勾玉と、神聖な剣と、青銅の鏡の三つを持って、九州に来た。これらはすべて、彼の祖母から贈られたものであった。これら三つの品物は、今日もなお、天皇の地位の象徴となっている。
 ニニギノミコトにはジンムという孫があって、この孫が日本の初代の統治者となった。それは、キリスト紀元前660年の2月11日のことであった。

 何百年もの間、日本人はこの神話を語りついできた。この神話は、日本人もその統治者も、国土も、神々の御心によって作られたということの証明に使われた。現在のヒロヒト天皇は、ジンム天皇の直系(Direct Line)で、第124代に当たるといわれる。かくして日本の王朝は、世界で最も古い王朝(dynasty)ということになる。

参考「世界に生きる日本の心」名越 二荒之助
天瓊を以て滄海を探るの図
天瓊を以て滄海を探るの図(小林永濯・画)
右がイザナギ、左がイザナミ

――――――――――



イギリスの歴史学者アーノルド・J・トインビー
「12、13歳位までに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「祝!紀元節!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

舟橋龍一に懲役9~13年・反省なし!更生しない!死刑が妥当・少年法を廃止しろ!川崎中1殺害
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【川崎多摩川河川敷・上村遼太君殺害事件】(川崎中1殺害)・主犯の舟橋龍一 川崎市川崎区観音2-8-21懲役9年から13年の不定期刑の判決
【川崎中1殺害】上村遼太君を多摩川河川敷に連れて行き、真冬に全裸にして川に入れて泳がせ、結束バンドで拘束し、棒で殴ったり、工業用カッターナイフで顔や首など全身43カ所を切って惨殺した 主犯の舟橋龍一懲役9年から13年の不定期刑の判決

川崎中1殺害事件、上村遼太君を惨殺した主犯の舟橋龍一に近藤宏子裁判長は懲役9年以上13年以下の不定期刑を言い渡した。(平成28年2月10日、横浜地裁で)
川崎中1殺害事件、上村遼太君を惨殺した主犯の舟橋龍一近藤宏子裁判長懲役9年以上13年以下の不定期刑を言い渡した。(平成28年2月10日、横浜地裁で)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160210/k10010404621000.html
川崎中1生徒殺害事件 少年に懲役9~13年の判決
2月10日 15時36分、NHK
川崎中1生徒殺害事件 少年に懲役9~13年の判決、上村遼太君を惨殺した主犯の舟橋龍一に

去年2月、川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件で、殺人などの罪に問われリーダー格とされる19歳の少年に対し、横浜地方裁判所は「犯行は凄惨(せいさん)というほかなく、事件を主導した被告の責任は最も重い」として、懲役9年から13年の不定期刑の判決を言い渡しました。

去年2月、川崎市川崎区の多摩川の河川敷で中学1年生の上村遼太さん(当時13)が殺害された事件で、逮捕・起訴された3人の少年のうち、リーダー格とされる19歳の少年がカッターナイフで切りつけて殺害したなどとして殺人と傷害の罪に問われていました。
この少年の裁判員裁判で、検察は「被告は主導的な立場だった」として懲役10年から15年の不定期刑を求刑し、これに対して弁護側は「反省しており、更生できる」と主張し、懲役5年から10年に刑を軽くするよう求めていました。
10日の判決で、近藤宏子裁判長は「被告は被害者が暴行されたことを知人に告げ口したと邪推して怒りを募らせた。被害者に与えた恐怖や苦痛は甚大であり、首を何度も切りつけ真冬の川で泳がせた犯行は凄惨というほかなく、手口の残虐性が際立っている」と指摘しました。
そのうえで、「被害者を逆恨みし、知人からの報復や逮捕を恐れて殺害したのは自己中心的で短絡的な動機であり、強く非難される。ほかの2人の少年に指示するとともに、みずからも切りつけて犯行を主導しており、責任は最も重い」として、懲役9年から13年の不定期刑の判決を言い渡しました。
少年は、証言台で体を動かさずに下を向いたまま裁判長のことばを聞いていました。
最後に裁判長が「説明した判決について分かりましたか」と問いかけると、少年は小さな声で「はい」と返事をしていました。

■「刑が軽すぎる」父親がコメント

判決のあと、上村さんの父親が弁護士を通じてコメントを出しました。
上村さんの父親は、判決について、「刑が軽すぎると思います。私はどうしても納得することができません。遼太の命が軽く扱われているようで、かわいそうでなりません。反省しているとのことでしたが、そのようには思えません。今回の公判中、被告は1度も私たちを見ることはありませんでした」としています。

■弁護士「フェアに判断していただいた」

判決を受けて、少年の弁護士は記者会見を開き、「裁判所にはこちらの主張を十分に理解してもらい、フェアに判断していただいたと思います。これまで少年は狭い中でしか社会との接点がなかったが、今後は、年齢相応の社会性を身に付け、更生してもらいたい」と話していました。また、弁護士は控訴するかどうかについては明らかにしませんでした。

■裁判員「少年は反省し更生を」

判決のあと、裁判員の記者会見が開かれ、裁判員として参加した50代の男性は「被告の少年は反省して更生してもらい、本人と家族とで被害者に対しておわびしてほしい。二度と罪を犯さないよう祈っている」と話していました。また、補助員として参加した20代の男性は「報道でこの事件の残虐さを見ましたが、裁判ではそれだけでなく、被告の少年の事情などを見ることができた。少年は人を殺してしまったが、自分の罪がどういうものなのか考えてほしい」と話していました。



>この少年の裁判員裁判で、検察は「被告は主導的な立場だった」として懲役10年から15年の不定期刑を求刑し、これに対して弁護側は「反省しており、更生できる」と主張し、懲役5年から10年に刑を軽くするよう求めていました。


弁護側は「反省しており、更生できる」と主張したが、舟橋龍一は反省もしていないし、更生もできない。

NHKニュースやテロ朝の報道ステーションでは、舟橋龍一の知人や舟橋龍一を知る上村遼太君の友人などの意見を紹介していたが、「嘘も吐いているし、全く反省していない」などと述べていた。

平成26年(2014年)6月、舟橋龍一は、盗んだ原チャリの後ろに乗り、自転車に乗っていた見知らぬ老人を後頭部を鉄パイプで殴って大怪我をさせ、鑑別所送りになった。

半年後の12月に、舟橋龍一は「今回、きずつけてしまい申しわけございません」、「あの日自分は、よっていて、(略)やったあとになって、ざいあくかんがありました」、「深くはんせいしています」と大怪我を負わせた老人に、示談に関する弁護士の書面を添えて手紙を出した。

被害者が示談に応じれば、家庭裁判所が社会生活を送りながら更生させる処分を選択することがあるからだ。

12月25日に舟橋龍一は鑑別所を出て、被害者の老人は示談した。

ところが、舟橋龍一は示談の約1週間後(平成27年1月14日)に酒を飲み、万引きを断った上村遼太君の顔を長時間殴りまくって大怪我を負わせた。

そして、翌月2月20日、舟橋龍一は、また酒を飲んだ後に、13歳の上村遼太君を河川敷に呼び出し、全裸にさせて真冬の夜中に何度も多摩川を泳がせ、工業用カッターナイフで顔や首などを中心に全身43カ所を切って惨殺したのだ。

舟橋龍一が大怪我を負わせた老人に対して平成26年12月に「きずつけてしまい申しわけございません」、「よっていて、あとになって、ざいあくかんがありました」、「深くはんせいしています」などと書いた手紙も、今回の裁判での弁護側の「反省しており、更生できる」という主張も、全て嘘っぱちの出鱈目だ!

http://mainichi.jp/articles/20160201/k00/00m/040/116000c
川崎・中1殺害
「反省の言葉は何だったのか」2日初公判

毎日新聞2016年2月1日 08時20分

上村遼太さんの遺体が見つかった河川敷=川崎市川崎区で2015年3月、小川昌宏撮影

川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村遼太さん(当時13歳)が殺害された事件で殺人罪に問われたリーダー格の少年(19)=事件当時18歳=の裁判員裁判の初公判が2日、横浜地裁である。少年は事件の8カ月前に通行人を殴って大けがをさせていたが、被害者の男性(60)は謝罪の手紙を受け取り、示談に応じていた。「自分がもっと厳しい態度で臨んでいれば、事件は起きなかったかもしれない」。男性は複雑な思いで裁判を見守る。【大場弘行】
上村さん殺害事件で起訴されたリーダー格の少年(19)から男性(60)に送られてきた直筆の手紙=大場弘行撮影(一部画像を加工しています)
上村さん殺害事件で起訴されたリーダー格の少年(19)から男性(60)に送られてきた直筆の手紙=大場弘行撮影(一部画像を加工しています)

関係者によると、少年は2014年6月19日未明、川崎市川崎区内を走行中の原付きバイクの後部座席に乗り、自転車で帰宅途中だった男性の後頭部を鉄パイプで殴り、12針を縫う大けがをさせたとして検挙された。

半年後の14年12月、飲食店店長をしている被害者の男性の元に、見ず知らずの少年から手紙が届いた。「今回、きずつけてしまい申しわけございません」。2枚の便箋に1行おきに8行の文が書かれていた。「あの日自分は、よっていて、(略)やったあとになって、ざいあくかんがありました」「深くはんせいしています」

被害者が示談に応じれば、家庭裁判所が社会生活を送りながら更生させる処分を選択することがある。

男性に届いた手紙には「ちりょうひは払いたいとおもっています」という少年の言葉が記され、示談に関する弁護士の書面が添えられていた。

男性は「当たりどころが悪ければ死んでいたかもしれません。そうなっていた時のことを想像してみてください」と返事を書き、「これをきっかけに、社会人になって、人に迷惑をかけない人間ではなくて、人のため、社会のためになる人間になって」と伝えた。

少しでも責任を感じてもらおうと、約1年半の間、少年が自分で毎月1万円を支払う条件を付け、示談に応じることにした。15年1月、少年は両親とともに男性に会って直接謝罪し、二度と同じようなことをしないと約束した。男性を殴った理由は「酔っていてよく覚えていない」と話した。男性は手紙に書いた思いを改めて伝えて正式に示談し、高校を卒業するよう助言もした。

だが、関係者によると、少年は示談の約1週間後に酒を飲んで上村さんの顔などに激しい暴行を加えた。そして、同年2月20日に友人の少年2人=いずれも傷害致死罪で起訴=と酒を飲んだ後、上村さんを呼び出して河川敷で殺害したとして逮捕、起訴された。

少年は2日の初公判で起訴内容を認めるとみられ、4日まで3日間の審理が予定されている。

「あの時の反省の言葉は何だったのか」。男性は今も自問する。「どこにでもいるやんちゃな少年という印象だった。酒で暴力的な人格に変わってしまうのだろうが、何か鬱憤を抱えていたようにも思う」。裁判で少年の内面や置かれていた境遇が明らかになることを期待している。


なお、息を吐くように嘘を吐く舟橋龍一の母親はフィリピン人であり、父の母は韓国人だ!(関連記事

舟橋龍一の祖父(父の父)については分からない。

祖母(父の母)が韓国人なのだから、祖父(父の父)も韓国人の可能性が高いのだが、そうだとすると舟橋龍一には日本人の血が全く流れていないことになる。

仮に祖父(父の父)が日本人だとしても、舟橋龍一は25%しか日本人の血が流れていないことになる。






>ほかの2人の少年に指示するとともに、みずからも切りつけて犯行を主導しており、責任は最も重い」として、懲役9年から13年の不定期刑の判決を言い渡しました。


不定期刑というのは、少年事件に特有の刑罰であり、少年が更生できたら早めに刑を終わらせても良いという考えに基づいて存在している。

更生具合によっては刑期を早目に終える可能性があるので、少年の更生を促す可能性があると言われている。

幼さが残る上村遼太君の人生よりも短い9年から13年で自由の身になれるのだから気楽なものだ。

そもそも、最近の日本の刑務所は、週休完全2日制、土日祝祭日完全休日、残業なし、個室、三食付きだから、良い生活だ!

(参考)
刑務所での生活
週40時間勤務、週休完全2日制、土日祝祭日完全休日、残業なし、寮制度(個室)、三食食事つき
※必要時、無料で弁護士も利用できる!

刑務所は、週40時間勤務、週休完全2日制、土日祝祭日完全休日、残業なし、寮制度(個室)、三食食事つき 
http://netnonews.net/wp-content/uploads/2015/01/wpid-42TjmsT.jpg





>判決のあと、上村さんの父親が弁護士を通じてコメントを出しました。
>上村さんの父親は、判決について、「刑が軽すぎると思います。私はどうしても納得することができません。遼太の命が軽く扱われているようで、かわいそうでなりません。反省しているとのことでしたが、そのようには思えません。今回の公判中、被告は1度も私たちを見ることはありませんでした」としています。



明らかに刑が軽すぎる。

また、上村さんの父親が指摘したとおり、舟橋龍一は反省などしていない。

上述したとおり、舟橋龍一は、酔って老人に大怪我をさせたことについて「反省しています」と手紙を書いて鑑別所を出て示談したが、示談の1週間後にまた酔って上村遼太君に大怪我を負わせ、翌月に惨殺したのだ。


【意見陳述・被害者の父親】
http://www.kanaloco.jp/article/150443/1/
http://2ch-ita.net/upfiles/file18499.jpg






>判決のあと、裁判員の記者会見が開かれ、裁判員として参加した50代の男性は「被告の少年は反省して更生してもらい、本人と家族とで被害者に対しておわびしてほしい。二度と罪を犯さないよう祈っている」と話していました。


舟橋龍一は、反省もしないし、更生もしない!

無責任な期待をしてはいけない。

9年~13年後に出所したら、また同様の犯罪を繰り返し、被害者が出る。

今回、死刑にするべきだった!


少年法を廃止するべきだ!


少年法(昭和23年7月15日法律第168号)は、占領軍(GHQ)の指導の下に成立した法律だ。

戦後の混乱期に、食料が不足する中、生きていくために窃盗や強盗などをする孤児などの少年が激増し、また成人の犯罪に巻き込まれる事案も多く、これらの非行少年を保護し、再教育するために制定されたものだった。

戦後に、生きるために食料を盗んだ少年少女を全て刑務所に入れていたら刑務所が足りないために制定された特殊で一時的な法律だった。

そんな戦後の特殊ケースに占領軍(GHQ)によって制定された少年法が約70年経った今もそのまま存続していることが異常だ。

食料泥棒や、大人の犯罪に巻き込まれる少年がある程度減少した時点を見計らって、廃止すべき法律だった。

日本の少年法のように異常なまでに未成年者の犯罪者を甘やかす内容の法律は世界的にも珍しい。

今回の事件においても、3人が逮捕された直後に海外では、異常な日本の少年法を批判し、「日本は少年法を廃止すべき」とする意見が多数上っていた!(関連記事







  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)


━━━━━━━━━━
▼川崎市河川敷上村遼太君惨殺事件(川崎中1殺害)の経緯▼

上村遼太君は、5歳の頃から小学校6年生の7月まで、島根県隠岐諸島・西ノ島に住んでいた。
竹島は今も昔も隠岐の島
竹島は今も昔も隠岐の島

川崎中1殺害上村遼太さん島根県の隠岐(おき)諸島にある小学校から川崎市内に転校してきた
上村遼太君の島根県隠岐諸島での写真【西ノ島小代表上村遼太君の挨拶】

カミソン 上村遼太

上村遼太さん
平成25年
小学6年生の7月に、5歳から住んだ島根県隠岐諸島・西ノ島から、離婚した母親と共に川崎市に引っ越した。
明るくユーモアがあり、人の気持ちもよく分かり、誰からも好かれた上村君が島を離れる時、約70人の島民が島中から集まり、「遼太がんばれ」の横断幕を掲げ、友人らは「フレー、フレー、遼太!」と声を張り上げて追いすがった。
川崎市に転校後にも、明るい性格ですぐにたくさんの友達をつくった。

平成26年
4月に中学進学後も、バスケットボール部に入り、「かみそん」「うえりょう」のニックネームで親しまれていた。
カミソン 上村遼太君は何を見て笑っているんでしょう

6月19日未明
舟橋龍一は、盗んだ原付きバイクの後部座席に乗り、自転車で帰宅途中だった見知らぬ男性(60歳)の後頭部を鉄パイプで殴り、12針を縫う大けがをさせ、検挙された。

12月
舟橋龍一は、大怪我をさせた男性(60歳)に対して「きずつけてしまい申しわけございません」、「よっていて、あとになって、ざいあくかんがありました」、「深くはんせいしています」と示談に関する弁護士の書面を添えて、嘘の手紙を書く。

上村さん殺害事件で起訴されたリーダー格の少年(19)から男性(60)に送られてきた直筆の手紙=大場弘行撮影(一部画像を加工しています)

12月25日
舟橋龍一が、鑑別所から出てきて、すぐに上村遼太君と知り合う。

平成27年
上村遼太君は、1月から中学校を全休。
家にも殆ど帰らなくなった。

1月14日
横浜市日吉で、舟橋龍一は、酒を飲み、上村遼太君を青たんができるほど殴った。
「一緒に遊んでいた高校生のグループから万引きをするよう指示されて断ったことが原因で目をつけられ、朝から晩まで殴られた」
上村君は、目の下が変色するほど殴られ、左目には黒く大きなあざができていた。
上村遼太君1ヶ月前にボコボコにされて帰ってきたらしい
友人は「本当に、パンパンの状態で、顔面全部青タンだらけでした。めっちゃ怖がってましたね。『絶対言わないでください』って」と話した。

万引きや犯罪を命令されて拒否すると殴られる

1月中旬
上村君の小学校時代の同級生は、目の周りや腕、足にあざがあった上村君と会い、問い質すと上村君は「(年上の少年らに命令された)万引きを断ったら暴力を振るわれた」と打ち明けた。「学校に行ってバスケがしたいけど、学校には行くなと言われている」とおびえていた。
「(知り合いの少年グループと)縁を切りたいけど、怖くてできない」と友人に打ち明ける。
「いい先輩だと思ってグループに入ったのに、暴力振るわれて、どうすればいいんだろう」
夜、友人が川崎市内で偶然マスク姿の上村さんと出会い、冗談でマスクをはぎ取ると、頬が腫れ、唇が切れていた。「誰かにやられたのか」と問いただすと、上村さんは「怖いし、またやられるので言えない」と答えた。生徒は友人と「先生に話した方がいいんじゃないか」と相談し合ったが、関わらない方がいいという結論になり、黙っていた。

1月下旬
友人に対して「グループを抜けたいと言って、そこから暴力が激しくなって、毎日連れ回されて、おなか殴ったり、乗っかったり、本当にやばいって。やばい、殺されるかもしれないってと相談。
小学校から友人の女子生徒にも通信アプリ「LINE」で、昨年11月から関わるようになった年上のグループとの関係について「知り合いから暴力を受けている」「殺される」などと書いて相談。

2月12日
上村遼太君が舟橋龍一によって酷く殴られたことを知った上村君と親しい別のグループのメンバー5人が、舟橋龍一に説明や謝罪を求めて、舟橋龍一の家に抗議しに行った。
インターホーンで舟橋の母親が「今はいない」と言って揉めていると、舟橋の姉が出てきて「お前ら、どこ中だよ?」って問い詰め、「いいから舟橋龍一を出せよ」と揉め出したら、母親が警察呼んだ。
家の中に入って舟橋龍一と話をした警察官は、グループに「舟橋君、上村君と仲良さそうに電話で話していたよ。舟橋君も謝ってたし、上村君も許してた。だから、この件は終わりね」と伝えた。
グループのメンバーは警察官の馬鹿さ加減に呆れたが、結局5人は舟橋龍一に会うことができずに帰った。


2月中旬
舟橋龍一が、上村遼太君の自宅周辺でナイフを持ってうろついた。

「高校生に反発したので殺されるかもしれない。家を知られているので帰れない」

2月14日
23時頃、上村君が通話アプリLINE(ライン)で「やばい」「殺されるかもしれない」と同級生の女子生徒(13)にメッセージ。
「何があったの?」 (女子生徒)
「殴られた」(上村君)
「誰に?」(女子生徒)
「高校生の友だち」(上村君)
「なんで」(女子生徒)
「逆らったから、やられちゃった」(上村君)

2月19日
夕食時に、上村君が持っていたパンを「これ食べる?」と母親に差し出す。これが母との最後の会話。
夕食後、上村君が普段着で外出。


2月20日
舟橋龍一(18)、柴山和也(17、職業不詳)、樋口利生(17、自称無職)の計3人が、上村遼太君を多摩川河川敷に連れて行き、全裸にして川に入れて何度も泳がせながら、結束バンドで拘束し、棒で殴ったり、工業用カッターナイフで顔や首などを中止に全身43カ所を切った。
上村遼太君は、川の中で下半身が水に浸かったまま動かなくなった。
上村遼太君が死んだと思った3人は、上村遼太君を川の中に置き去りして、その場から逃げ去った。
しかし、実は、上村遼太君が川の中で動かなくなった時にはまだ死亡しておらず、その後に一人で這いつくばって堤防の下まで移動してから死亡した。
2月21日午前2時頃、上村君の死亡推定時刻
午前3時頃、犯人の3人は、河川敷から約600メートル南の公園トイレで上村君が着ていた衣服や靴などを燃やす。
午前6時15分頃、多摩川河川敷で遺体発見

遺体発見現場と上村さんのものとみられる衣服の燃えかすが見つかった場所
上村遼太君の遺体発見現場と衣服の燃えかすが見つかった場所
上村遼太(うえむらりょうた)君殺害 多摩川河川敷殺人事件 現場付近の地図

上村遼太(うえむらりょうた)君殺害 多摩川河川敷殺人事件 現場付近の地図
2月21日
警察が遺体の身元を発表

上村遼太君が遺体で見つかった多摩川河川敷に供えられた、メッセージの書かれたバスケットボール=24日午前、川崎市川崎区(メッセージを書いた人の名前をモザイク加工しています)
上村遼太君が遺体で見つかった多摩川河川敷に供えられた、メッセージの書かれたバスケットボール=24日午前、川崎市川崎区

2月27日
殺人容疑で川崎市川崎区観音2丁目8-21 に住む舟橋龍一(18)と、いずれも17歳で、自称無職および職業不詳の少年2人(樋口利生(りき)、柴山和也)の計3人を逮捕。
3人とも容疑を否認!


3月2日報道
舟橋龍一の供述
「上村を呼び出し、全裸にして川に入れて泳がせた」
「河川敷に上がって来たところでカッターナイフで切ったりした」
「暴行チクられ頭にきた」
「一緒に逮捕された17歳の2人もカッターナイフで(上村君を)切った」


3月3日報道
舟橋龍一の供述
「柴山和也自身も上村君を切りつけたり、死体を蹴って転がした」

3月4日報道
樋口利生の供述
「上村君の顔を切りました」

舟橋龍一の供述
「上村のスマホを取り上げた。川に投げ捨てた」
「カミソン(上村君)が皆から慕われていることに、むかついた」

3月6日
警察は舟橋龍一を殺害現場に立ち会わせて実況見分を行ったが、舟橋龍一は箱の中に入ったまま現場を移動した。
月6日、警察は舟橋龍一を殺害現場に立ち会わせて実況見分を行ったが、舟橋龍一は箱の中に入ったまま現場を移動した【川崎・上村遼太君殺人事件 17歳の少年B、事件後に証拠隠滅ともいえる行動

3月8日報道
樋口利生の供述
「ごめんね、と謝りながら上村さんのほおを切った」

3月12日
舟橋龍一の祖母(喜一の母)が韓国人だったことが確定(週刊文春)

━━━━━━━━━━




▼犯人情報▼
【川崎多摩川河川敷・上村遼太君殺害事件】(川崎中1殺害)
――――――――――
川崎市・上村遼太君殺人事件で逮捕された主犯の舟橋龍一
主犯の舟橋龍一(18歳)川崎市川崎区観音2-8-21
川崎市立川中島中学校の2年生の時と3年生の時に2回暴力事件を起こす(週刊新潮3月12日号)
2014年6月、盗んだ原チャリの後ろに乗り、自転車に乗っていた見知らぬ男性を後頭部を鉄パイプで殴り、鑑別所送りになり、戻ったのは同年12月25日。
市立川崎高校定時制を中退。
戻って来た舟橋は更生するどころか、それまで以上に無軌道に。


フィリピン人ホステスの母
海上コンテナトラックドライバーの父
韓国人の祖母、両親、2人の姉の6人家族

舟橋龍一の2人の祖母(左が母の母フィリピン人、右が父の母韓国人)
舟橋龍一の2人の祖母(左が母の母フィリピン人、右が父の母韓国人

焼酎を抱える舟橋龍一の両親、舟橋喜一(父親) 、jJocelyn Daulo(母親)
焼酎を抱える舟橋龍一の両親、舟橋喜一(父親) 、Jocelyn Daulo(母親)


川崎中1殺害の舟橋龍一とその祖母(韓国人)と2人の姉たち川崎市川崎区観音2-8-21
【川崎中1殺害】の主犯の舟橋龍一(右から2人目)とその祖母(韓国人)と2人の姉たち(川崎市川崎区観音2-8-21)
――――――――――




――――――――――
柴山 和也(しばやま かずや)
芝山和也
柴山和也(17歳:自称職人で、舟橋龍一の同級生)
神奈川県川崎市川崎区川崎市川崎区 藤崎四丁目18-3エレンシア川崎藤崎壱番館705

小学校時代から凶暴だった。

舟橋龍一に工業用の大型カッターナイフを渡し、カミソンの遺体を蹴って転がした。


中央:舟橋龍一 18歳、 右:柴山和也 17歳(全員が川崎市立川中島中学卒)
中央:舟橋龍一18歳、 右:柴山和也17歳

左から柴山和也、舟橋龍一
左から柴山和也、舟橋龍一
――――――――――




――――――――――
樋口利生(りき)17歳
樋口利生(りき) 17歳
樋口利生(りき)17歳
樋口利生(りき)17歳

樋口利生(りき) 17歳
舟橋龍一(18歳)、樋口利生(17歳)と柴山和也(17歳)
左から舟橋龍一(18歳)、樋口利生(17歳)、柴山和也(17歳)

樋口利生は、舟橋龍一と同様、フィリピン人の母親の元で育った。

樋口利生は、上村遼太君から「お兄ちゃん」と呼ばれて慕われていたにもかかわらず、事件の直前に舟橋龍一と一緒にいることを上村君に知らせずに上村君を呼び出し、舟橋龍一と柴山和也に引き合わせた!

そして、その後、上村遼太君が全裸にされて川で泳がされた後に、樋口利生も工業用カッターナイフで上村君の顔を切った!
――――――――――



左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「舟橋龍一は更生しない!少年法を廃止せよ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.