FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201601<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201603
清原和博を逮捕!覚醒剤を所持・ASKAは清原に「パソナの紹介で安倍さんを知ってるから大丈夫」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【速報】元プロ野球選手・清原和博容疑者を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕TBS
元プロ野球選手・清原和博容疑者を覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕!

「週刊文春」は2014年3月から清原の「薬物使用疑惑」を報道!
食事は韓国料理屋で取っていた!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000288-sph-soci
元プロ野球選手の清原和博容疑者、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕
スポーツ報知 2月3日(水)0時7分配信
元プロ野球選手の清原和博容疑者、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕元プロ野球選手・清原和博容疑者

 警視庁は2日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで、元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)を現行犯逮捕した。同日夜、港区の自宅マンションで覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑い。警視庁によると「覚醒剤は私のものに間違いありません」と容疑を認めているという。

 清原容疑者は大阪府岸和田出身。PL学園では1年時から4番打者として甲子園を沸かせ、プロ入り後は西武、巨人、オリックスで活躍。2008年に現役を引退し、野球解説者やタレント活動などをしていた。

 2014年3月に週刊誌に「薬物使用疑惑」を報じられて以降、仕事が激減。テレビ解説などの仕事がなくなり、評論家として活動も消滅した。知り合いのタレントを頼り、テレビ出演を懇願したこともあった。

 同年9月には、妻でモデルの亜紀さんとの離婚を発表。公私とも生活は荒れ、住まいはウィークリーマンションだった。フェラーリなどの高級外車に乗り、銀座で豪遊した現役時代とは対照的な生活を送った。食事はなじみの韓国料理屋で取り、日焼けサロン、サウナを転々とした。週末の楽しみは息子が出場する野球の試合をみることだった。

 現役時代に手術したひざの痛みがひかず、複数の痛み止めを服用を続ける中で、持病の糖尿病は悪化。ろれつが回らず、意識がもうろうとなる姿も目撃された。野球界復帰を目指し、ある学校法人幹部と会食した際は「ひざが痛くて、正座ができません」と謝罪したこともあった。

 昨年7月ごろから芸能関係者の後押しを受け、仕事を本格化。テレビCMやバラエティー番組出演などに復帰していた。これから、という時の逮捕だった。



>2014年3月に週刊誌に「薬物使用疑惑」を報じられて以降、仕事が激減。テレビ解説などの仕事がなくなり、評論家として活動も消滅した。知り合いのタレントを頼り、テレビ出演を懇願したこともあった。


テレビ業界は朝鮮人が支配する業界であり、テレビ出演で稼ごうなどと考えると碌なことはない。

2014年3月から清原の「薬物使用疑惑」を名指しで報じた週刊誌は「週刊文春」だった。


「週刊文春」2014年3月13日号
清原和博 緊急入院 薬物でボロボロ 「週刊文春」2014年3月13日号

「週刊文春」2014年4月3日号
清原和博は巨人時代から薬物をやっていた!「週刊文春」2014年4月3日号

2014年5月29日号

週刊文春 2014年5月29日号
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3983

ASKA逮捕!
「“シャブ愛人”栩内香澄美容疑者はパソナ人材派遣代表の接待秘書」
▼“薬物疑惑”清原和博と同じ運転手を雇っていた!
▼“舞妓愛人”も派遣……パソナ南部代表と芸能界汚染マップ

▼家族も共犯? 子供の家庭教師にも「一緒にやらない?」
▼札幌から福岡まで 暴力団員とのメールが示す入手ルート

▼一部抜粋▼
――――――――――
「現在もなおASKAが頑なに否認を続けているのは、誰かを守ろうとしているのではないか。芸能界で顔の広いASKAは、シャブを友人に分けていた、言わば仲介者ではないかとも言われています。当然、ASKAと関係が強く、栩内が勤めていたパソナルートも重要な捜査対象です」(麻薬Gメン)

元プロ野球選手の清原和博も、ASKA逮捕を受けて精神的に不安定な状態になっているという。

「ASKAの運転手だったIという人物が、その後、清原に運転手として雇われた」(清原の友人)というくらい、二人は結び付きが強く仲がいい。

以前、ASKAは『パソナの紹介で俺は安倍(晋三)さんを知っているから大丈夫』と清原にうそぶいたそうです。ところが、文春がシャブ疑惑を報じたあと、世間が忘れた頃に、本当に逮捕されてしまった。同じく文春に麻薬疑惑を書かれた自分はいったいどうなるんだという気持ちのようです」(同前)

「週刊文春」2014年5月29日号
――――――――――



清原和博は、「週間文春」などの薬物使用疑惑報道について、「糖尿病なだけ」「訴訟も視野に入れている」と反論していたが、結局は逮捕された。

なお、この頃には、東スポや女性セブンなども、名前を明記しなかったが、清原和博と推定できる記事を書いていた。


▼当時の東スポより一部抜粋▼

「警視庁の組織犯罪対策5課の関係者が元大物スポーツ選手の動向を探っています。以前も『ASKAは絶対パクる!』と言って、その通りになったので、当局は本気で狙いを定めているんだと思う。『7月までにしょっぴく!』と言っているんですが…」(闇社会の関係者)

この元アスリートは誰もが知る有名人。一流選手として活躍し、その知名度の高さは引退後も変わらず、メディアにも登場する。一方で薬物のウワサもつきまとい、そのイメージに〝影〟を落としていた。

「4月末にも、この元アスリートが都内の大学病院に搬送されたのを見ました。偽名でしたが、明らかに本人。症状は深刻らしく…大丈夫なんでしょうかね?」(目撃者)

「警察が元アスリートの内偵を始めた」と語る者も複数存在する。だが、それだけではない。この人物とASKAには奇妙な接点もあった。

「ASKAの元運転手が現在、元アスリートの運転手なんです。偶然ですかね?」(事情通)






>食事はなじみの韓国料理屋で取り、日焼けサロン、サウナを転々とした。


清原の普段の食事は、朝鮮料理だった!

これは「あの国のあの法則」が発動したと言って良い。

ASKA(宮﨑重明)も、2000年8月の韓国公演で失敗し、事務所は倒産し、覚醒剤使用に転落し、朝鮮カルト「創価学会」(パソナ)と関わって逮捕された。


上述したとおり、清原和博はASKAと密接につながっており、ASKAはパソナ代表の南部靖之(朝鮮カルト「創価学会」信者)と密接につながっている。
パソナグループ代表南部靖之(創価学会) 公明党 参議院議員 山本博司のHPより
創価学会信者でパソナ代表の南部靖之(公明党 参議院議員 山本博司のHPより)

ASKAは『パソナの紹介で俺は安倍(晋三)さんを知っているから大丈夫』と清原に豪語していたほどだ!

ASKAが「笑っていいとも」に出演した際にも、パソナグループ代表の南部靖之はスタジオに大きな花輪を贈っていた。
ASKAが「いいとも」に出演した際にも、パソナグループ代表の南部靖之は大きな花輪を贈っていた。

覚醒剤で完全にラリっていたときのASKAの様子
■動画
【ASKA逮捕!】いいとも覚醒剤で完全にラリっていたときのASKAの様子
https://www.youtube.com/watch?v=mNJqp82-_-Y
覚醒剤で完全にラリっていたときのASKAの様子
https://www.youtube.com/watch?v=YvcHb9MB1Zg



そもそも、ASKAと一緒に逮捕された栩内香澄美も、パソナグループの特別な“接待要員”だった。
メディカルアソシア栩内香澄美
――――――――――
「ある時点から彼女は南部代表が目をかける存在になり、南部代表の出張に同行したりしていた。そして、特別な“接待要員”になったのです。南部代表は元麻布に政財界のVIPを接待するための迎賓館『仁風林』を設けている。以前は赤坂にあった。そこで頻繁にパーティを催し、そういったVIPたちを栩内は接待するわけです。(中略)一方で、ASKAは南部代表のお抱えアーティストでした。パソナの様々なイベントに参加したり、また、そうしたVIPの接待パーティで歌を披露したりしていた。ASKAと栩内はそこで知り合い、交際をしていたわけです。社内では知る人ぞ知る仲でした」(パソナグループ幹部)

“接待要員”には、口が堅く清楚な女性たちが選ばれていた。こうした女性たちは芸能界とも縁が深かったという。

「栩内が大物ギタリストと仲が良かったということが報じられていましたが、あれは元たのきんトリオの野村義男のことです(野村の事務所は「大勢の人と食事したことがあるだけです」とコメント)。それだけではなく、南部代表はお気に入りの京都の舞妓Kをスカウトし、パソナグループに縁故入社させ、“接待要員”として重用していました。実はKはフォーク界の大物歌手の元彼女だったのですが、後に本人が女優にもなっています。しかも、KはASKAとも“愛人関係”にあったと言われている。ところが栩内とKは二人ともASKAに北海道のライブに招待されて、仲良く出かけていったことがあった。常人には理解できない“乱れたサロン”だったのです」(同前)

「週刊文春」2014年5月29日号
――――――――――





さて、多くの覚醒剤中毒者をつくり出しているパソナの代表である南部靖之(朝鮮カルト「創価学会」信者)は、政治家との交流も大好きで、パソナグループの会長を務めている竹中平蔵元総務大臣はもちろんのこと、他にも民主党の前原誠司元国交大臣、菅直人元首相、自民党の森喜朗元首相、そして、1月28日に辞任した甘利明経済再生相の後任となった石原伸晃経済再生相とも交際しているという。

平成27年7月8日、自民、公明、維新などの賛成多数で、国家戦略特区改正案が可決し、改正国家戦略法が成立し、大阪府と神奈川県では、在留資格のない外国人も「家政婦」になることができるようになった!

【国家戦略特区改正案】自民・公明・維新などの賛成多数で可決成立 大阪・神奈川では在留資格のない外国人も「家政婦」として働ける

家政婦のニダ
大阪府と神奈川県で、在留資格ない外国人も「家政婦」に

非常識極まりない驚くべき悪法だ!(詳細記事

アベノミクスの第3の矢(成長戦略)は、外国人労働者拡大やTPP妥結やカジノ導入など、道徳的にも治安的にも経済的にも日本を駄目にする売国政策のオンパレードだ!

竹中平蔵=国家戦略特区諮問会議委員=パソナ会長が、政府に対して、家事サポート外国人労働者を受け入れさせるのは、パソナを儲けさせるためであり、露骨な利益誘導だ。
竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金
「労働移動支援助成金」という巨額の税金をパソナに流し込んだり、【家事外国人労働者拡大】でパソナの家事代行サービスを支援したりし、露骨な利益誘導を推進するパソナの竹中平蔵会長(国家戦略特区諮問会議委員)

パソナの主要事業の一つに、「家事代行サービス」がある。
パソナグループの家事代行「家ゴトConcierge

日本が家事をサポートする外国人労働者を受け入れるだけでも、パソナの主要事業の一つである「家事代行サービス」にプラスになるが、そのための助成金まで付ければ、パソナは更に儲かる。

実際に竹中平蔵は、平成26年(2014年)3月から大幅拡充された「労働移動支援助成金」で、巨額の税金をパソナに流し込むという露骨な利益誘導を実行している。


さらに、上述した「改正国家戦略法」では、それまで大学病院などに限られていた外国人医師の勤務先も拡大した。

パソナは、覚せい剤中毒を何人もつくり出しているくせに、わが国でやりたい放題振る舞っている。

朝鮮カルト「創価学会」信者でパソナ代表の南部靖之、パソナグループ会長の竹中平蔵らのやりたい放題にさせていてはいけない!




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「覚醒剤には厳罰を!」
「自公連立や竹中は、創価学会パソナへの利益誘導やめろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.