FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201512<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201602
「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」また新たな追軍売春婦(自称慰安婦)の虚偽証言!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






韓国のハンギョレ新聞系の雑誌の慰安婦記事 (朝鮮語)「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」

韓国のハンギョレ新聞系の雑誌の慰安婦記事 (朝鮮語)「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」
韓国のハンギョレ新聞系の雑誌の慰安婦記事 (朝鮮語)「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」記事

https://twitter.com/Che_SYoung/status/688177424060698629
崔碩栄
‏@Che_SYoung
ハンギョレ新聞が発行する雑誌の慰安婦記事 (韓国語)
「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」
http://1boon.kakao.com/h21/contempt

すごい刺激的な記事だが、
私の疑問は➡日本軍服にジッパーあったの?
フリーライターとして韓国の反日主義などについて執筆活動を行っている。
9:54 - 2016年1月16日


崔碩栄は、韓国の教科書、新聞、TV、政府の発表から次々と出てくる間違いと矛盾に気が付き、悟りを開いた非常に珍しい韓国人だ。

その上で、崔碩栄は「韓国人同胞の認識を変えることは不可能に近い。」とも認識している。

現在は、フリーライターとして韓国の反日主義などについて執筆活動を行っている。



さて、韓国内では左翼新聞となるハンギョレ新聞系の雑誌の記事に慰安婦の証言として、「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」という記述があった。

もちろん、事実関係として有りえない虚偽証言だ。

日本軍の軍服にジッパー(チャック)は付いておらず、全てボタンだった。

https://twitter.com/Che_SYoung/status/688177424060698629
雄一郎
‎@fouta_3

@Che_SYoung
旧日本軍の軍服にはジッパーは付いていません。

米軍の空軍パイロットジャンバーには、確かに
前の開閉はジッパーでした。
つまり、第二次大戦から米軍はジッパーがついた
軍服を利用。

ですから、朝鮮戦争の慰安婦にはジッパーは
馴染みのある言葉でしょう。

9:55 PM - 16 Jan 2016


https://twitter.com/Che_SYoung/status/688177424060698629
大谷伍長 missileofjapan ‎
@missleofjapan

@Che_SYoung @kuni1ban 軍服は、ボタンしかありません。
ジッバーは現場で修理できません。
大東亜戦後も自衛隊もボタンです。
アメリカ軍は採用してたようです。

4:33 AM - 17 Jan 2016



昭五式夏衣上下の複製
昭五式夏衣上下の複製

日本軍下士官兵に支給された昭五式夏衣(下)
日本軍下士官兵に支給された昭五式夏衣(下)

ハンギョレ新聞が発行する雑誌の慰安婦記事(朝鮮語)「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」 日本軍服にジッパーあったの?
ハンギョレ新聞が発行する雑誌の慰安婦記事(朝鮮語)「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」 日本軍服にジッパーあったの?


軍服のズボンをジッパー(チャック)にすると、匍匐前進の時などに壊れやすくなる。

さらに、ジッパー(チャック)だと壊れやすい上に修理が困難だとの理由から、現在の陸上自衛隊のズボンも同じくジッパーではなくボタンを採用しているという。

一方、アメリカ軍では、1940年代からジッパーのズボンが登場し、1950年代のズボンにはジッパーとボタンが混在するようになる。
ジッパー(チャック)

いずれにせよ日本軍将兵がジッパーのズボンをはいていなかったことは確実なので、ハンギョレ新聞系の雑誌で証言した韓国人売春婦の前でジッパーを下したのは日本軍将兵ではなく、アメリカ軍将兵だった。

日本軍の被害者だと主張する自称慰安婦(追軍売春婦)の証言は嘘ばかりだが、このような嘘証言だと単純明快に嘘だと判明して、とても良い。

同じように非常に簡単に嘘だと判明する事例としては、「クリスマスには客が増えた」とか「ジープと馬車が待機していて連行された」などがある。




▼黄錦周▼(1993年「河野談話」の前に聞き取り調査した16人の一人)
自称性奴隷の黄錦周

自称性奴隷の黄錦周「私は日本人野郎を引き裂いて食べて死ぬつもりだ」
1993年7月「河野談話」に向けたヒアリング(聞き取り調査)
1927年12月1日生まれ。15歳で養女に行き、(1947年頃)19歳のとき、養い親に白い令状がきて義姉の代わりに行った。「吉林駅」からトラックでひどく寒い場所に連れて行かれ、軍人たちの相手をさせられた。4年目の(1951年か)8月に解放された。


1995年7月25日 【朝日新聞】元従軍慰安婦 黄錦周の世界2
「多い日で15人ぐらい、クリスマスには20人近かった」
(日本にクリスマスの習慣が入ったのは戦後)



http://www.awf.or.jp/3/oralhistory-00.html
証言1 金田君子(韓国)
証言1 金田君子(韓国)
金田君子さんは1921年10月22日に東京で生まれました。父は朝鮮人、母は日本人でした。生後すぐ実母と別れ、父の郷里へひきとられました。
(略)
中国へ連れて行かれて
明け方4時の汽車に乗り山海関まで行った。2時間ほど汽車が止まったので、私とよし子は逃げようとした。しかし出入口には憲兵が見張っていて、怖くなり、もどってきた。汽車の中で一晩寝て、2日目の11時ごろ天津駅に到着した。天津駅に降りると、完全武装の軍人たちがトラック1台、馬車1台、それにジープ車1台を出して待機していた。私たちは馬車に乗せられた。馬車に乗せられて北站という所に連れて行かれた。


・ソウルから天津まで列車で移動
→ソウル天津まで鉄道敷設してたとか旧日本軍すげー
→一晩でソウルから天津まで行ける列車すげー

・ジープ1台
→米軍の車両を持ってる日本軍すげー


そしてアジア女性基金からお金をもらった第一号となりました・・・と。

天津は1945年から47年まで米軍基地がありました。
ジープとかが出てきているので
本当に天津だったとすれば
おそらく米軍の慰安婦として韓国人に利用されたのではないかと思います。





次の事例は、おそらく様々な偽証言を1つにまとめた創作だと思うが、参考までに掲載しておく。
(典型事例)

http://blogs.yahoo.co.jp/ishikawaryou1/9410462.html
韓国「ニセ」慰安婦 50代の慰安婦も来日! 旧日本軍のへリコプター部隊にジープで拉致された??←第二次大戦中に日本軍はゼロ戦部隊だ!ジープはアメリカ軍!
金福童(キム・ボットン)
故郷の『朝鮮の村にジープに乗った日本軍』がやってきて誘拐され、
『日本軍のヘリコプター部隊』の基地に連れていかれ、
『クリスマス休暇中の日本兵』にコキ使われるなど
『昭和23年まで』解放されませんでした。

日本兵には毎日のように『ブーツで』けられるなど、イジメられましたが、
日本兵たちは全員『8発も連射できるライフル』を持っているので、
逃げたくても、とても逃げきれないと思いました。

『ペニシリンを数週間ごとに』注射されて痛い注射を繰り返しうたれました。


おそらく上記の記述は、様々な虚偽証言をまとめた創作だと思われるが、金福童(キム・ボットン)が今でも世界中を飛び回って多数の虚偽証言をまき散らしていることは事実だ。

近年では2013年9月18日に、金福童(キム・ボクトン)は、フランスで「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられた」などと真っ赤な嘘を大声で吐いたことが話題となった。


▼金福童(キム・ボクトン)の嘘のオンパレまとめ▼

http://d.hatena.ne.jp/MARC73/20130602/1370136389
1994年
「女性の人権アジア法廷―人身売買・慰安婦問題・基地売春を裁く」(1994年、明石書店)
証言・金福童
(一部抜粋)
私も十六歳のときに、そのころの「挺身隊」に入りました。
シンガポールには長くおりましたが、急に兵隊たちが来なくなりました。どうしたのだろうと思っていると、戦争が中断したと言うのです。
このようにただ戦争が中断したとだけ聞いたものですから、日本軍が降伏したということも知らないままで、国が解放されたのかどうかも秘密にされていたので、私たちにはわかりませんでした。このようにして、八年を過ごしたのです。


1926年生まれの金福童が16歳の時なら1942年だが、朝鮮で官斡旋の「女子(勤勞)挺身隊」が徴募されたのは、1944年3月からだった。
したがって、金福童が16歳の時(1942年)に「挺身隊」に入ったということは有りえない。
また、金福童は、全部で8年を過ごし、特にシンガポールには終戦時を含めて長くおり、終戦も知らないまま24歳(1950年)まで過ごしたと主張したが、1945年8月の日本の敗戦によってシンガポールを含むマレー半島には英国が戻り、英国による植民地支配が再開したので、終戦を知らずに1950年までシンガポールにいたなんて絶対に有りえない。



元売春婦の嘘吐き朝鮮人、金福童(キム・ボクトン)(87)
強制連行「私が証拠」by金福童
2013年5月24日に予定されていた橋下徹との面談を前に強気の反論を述べる金福童(2013年5月18日、沖縄で)

http://megalodon.jp/2013-0519-1344-37/article.okinawatimes.co.jp/article/2013-05-19_49398
2013年5月19日「沖縄タイムス」
 金さんは14歳のころ旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と言われて連行され台湾、広東、香港、マレーシア、スマトラ、インドネシアなど前線地で8年間、22歳になるまで慰安婦として従軍させられた。

http://megalodon.jp/2013-0520-1941-40/article.okinawatimes.co.jp/article/2013-05-20_49450
2013年5月20日「沖縄タイムス」
金さんは14歳のころ、旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と日本統治下の韓国から連行された。アジア各地の前線を転々とし、8年間、「慰安婦」を強いられた。


金福童が14歳のころは1940年であり、その時点から「8年間、22歳になるまで慰安婦として従軍させられた」とすると1948年まで慰安婦として従軍させられたことになる。
しかし、大東亜戦争は1945年に終わっており、1948年まで「慰安婦として従軍させられた。」とか「慰安婦を強いられた」などということは絶対に有りえない。


金福童は、一方的に嘘出鱈目を言いふらし、2013年5月24日に予定されていた橋下徹との面談を結局ドタキャン!
日テレ ミヤネ屋【大阪】橋下氏と元慰安婦金福童(キム・ボクトン)と吉元玉(キル・ウォンオク)面会ドタキャン 「なぜ…」準備奔走の市職員がっくり

http://chosonsinbo.com/jp/2013/05/0527ry03/
2013.05.27、朝鮮新報
(一部抜粋)
14歳の時に軍需工場に連れて行くと騙され、南洋群島の戦場に「慰安婦」として送られた。
最初、中国・広東の慰安所に入れられた。…広東から香港、マレーシア、スマトラ、インドネシア、ジャワ、シンガポール…、前線地帯の戦地を日本軍と共に転々とした金さん。「死にたくても死ぬことができなかった」と悲痛な面持ちで語った。
解放後、しばらく日本の陸軍病院に従事させられた。「看護婦の訓練をさせられ、患者に注射をしたり薬を出す仕事をした。患者たちに手術を施す時に血が足りなければ、私たち少女から輸血する、そのような残酷なこともあった」。


金福童は「前線地帯の戦地を日本軍と共に転々とした」と主張したが、日本軍には金福童のように広東から香港、マレーシア、スマトラ、インドネシア、ジャワ、シンガポール…と数千kmも移動した部隊も将兵もいない。
ましてや慰安婦がそれに随行することは有りえない。



●2013年9月18日、金福童(キム・ボクトン)(88)は、フランスで「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられた」などと真っ赤な嘘を絶叫!
金福童キム・ボクトン(88)「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。日本が誤りを悔いて慰安婦被害者の問題を解決できるように助けて」2013年9月18日フランスで響いた絶叫

http://megalodon.jp/2013-0921-0013-02/www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013092012432151429
フランスで鳴り響いた絶叫・・日本は謝りなさい
アジア経済(朝鮮語) 、2013年9月20日

「私たちは日本軍の奴隷だった」秋夕(チュソク)連休が始まった18日。雨が降るフランス、パリのシャイヨー宮前で韓国ハルモニの声が鳴り響いた。
(中略)
慰安婦被害ハルモニらを代表して証言者になったキム・ボクトン、ハルモニ(88)は「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。日本が誤りを悔いて慰安婦被害者の問題を解決できるように助けて」と話した。
(後略)

↑大日本帝国陸海軍は、昭和20年(1945年)に大東亜戦争が終わって、解体させられた。
だから、朝鮮戦争当時(1950年6月25日~1953年7月27日休戦)、日本軍は存在しなかった。


したがって、金福童が「朝鮮戦争当時 日本軍に無惨に踏みにじられた。」ということは絶対に有りえない!


韓国の元「慰安婦」が東京で会見、今も是正を求める

http://www.cnn.co.jp/world/35063940.html
韓国の元「慰安婦」が東京で会見、今も是正を求める
2015.04.30 Thu 15:42、CNN
(一部抜粋)
旧日本軍の性奴隷として扱われた1940年から5年間の悪夢は、今も鮮明によみがえるという。「私の唯一の願いは、過去についての記録を正すことだけ」

当時住んでいた韓国の村に日本人がやって来たのは、金さんが14歳の時だった。自宅と家族から離れて縫製工場で働くほかに選択肢はなかったといい、「行かないという選択肢はなかった」「行かなければ反逆者とみなされていた」と振り返る。

しかし金さんによると、行った先は縫製工場ではなく、複数カ国にある日本軍の売春宿だった。30人ほどの女性と一緒に1つの部屋に閉じ込められ、女性が強要されてはならないことを強制されたと金さんは話す。


「旧日本軍の性奴隷として扱われた1940年から5年間」という証言は、「前線地で8年間、22歳になるまで慰安婦として従軍させられた。」、「8年間、慰安婦を強いられた。」という2013年5月までの証言と明らかに食い違う。
また、金福童が14歳の時なら1940年だが、当時は朝鮮半島に国民徴用令は出ていないし、そもそも朝鮮では、朝鮮人女子に対して、徴用令は最後まで一度も適用されていない。
したがって、1940年に、日本人が韓国(朝鮮)の村に行って、14歳の少女を家と家族から引き離して縫製工場で働かせようとすることは有りえない。




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「日本軍はジッパーのズボンをはかない!嘘を吐くな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.