正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201601
安田純平は拘束されるプロ?!「政府は取材の邪魔するな!でも拘束されたら身代金を払って助けろ」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






フリージャーナリスト・安田純平さんについて、武装勢力に拘束されたとの情報があることを国際団体が明らかにしました
安田純平(フリージャーナリスト、元「信濃毎日新聞」記者)
「俺たちの取材は自己責任なのだから、放っておいてくれ!」
「日本政府はすぐに『即刻退避しろ』と言ってくる。日本は、世界でも稀に見る臆病国家だ!」
「取材の邪魔をするな!」
「安倍政権とかネトウヨとかが根本的な問題だ。」
(でも、もしも俺がテロ集団に拘束されたら、日本政府はテロ集団の要求どおりに身代金を支払って俺を助けろ!)


http://www.nikkansports.com/general/news/1583598.html
安田純平さん生存、今月上旬確認 常岡氏が明かす
2015年12月25日9時7分、日刊スポーツ

 日本人のフリージャーナリスト安田純平さん(41)がシリア武装勢力によって拘束され身代金を要求されていると、国際的ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)が伝えた問題で、親交のあるフリージャーナリスト常岡浩介氏(46)は24日、身代金要求の事実を否定し、「12月上旬までの生存を確認している」と明かした。政府は事実確認中で、「全力で対応に努める」と説明した。

 安田さんは内戦取材のために6月下旬、シリア北西部イドリブ県に入ったとみられる。シリアでの取材経験があり、安田さんと親交もある常岡氏は「ご家族にも外務省にも、身代金要求があったという事実はない」と明言した。常岡氏は自身も含め、複数のジャーナリスト仲間が武装勢力側と間接的に情報交換しており、「12月上旬の時点では安田さんの生存が確認されていた」と述べた。

 常岡氏は、携帯電話のチャットメールで6月23日に交信。安田さんから「今、シリア。どの辺かは分からない」「すごく疲れた」などと反応があったという。トルコ側から山岳地帯を越えて越境したとみられ、その後に音信が途絶えた。

 常岡氏によると、安田さんを拘束したとされるイスラム過激派組織「ヌスラ戦線」は、反アサド政権の立場だが、たもとを分かった「イスラム国(IS)」とも対立。シリアに軍事介入を続けるロシアの空爆も受けており安否が懸念される。一方でヌスラは、これまでに外国人を拘束することはあっても殺害したことはない。昨年8月には、2年間拘束された米国の民間人が無事、解放されている。

 国境なき記者団は、内戦の続くシリアで武装勢力が安田さんを拘束し、期限を切って身代金を要求しているとの情報があると22日にホームページで公表。日本政府に対して救出に全力を尽くすよう求めた。

 菅義偉官房長官は24日の会見で、「報道は承知している。事実の性質から詳細については答えを差し控えたい」とし「邦人の安全確保は政府の重要な責務。全力で対応に努めている」と説明した。政府関係者によると、安田さんの拘束情報が入ったのは7月上旬。周辺国の在外公館を通じて情報収集にあたってきた。

 シリアでは今年1月に過激派組織「IS」にジャーナリスト後藤健二さんと湯川遥菜さんが拘束され、その後、殺害声明が公表された。政府筋は「こうした話は水面下で動くしかない」と、拘束情報の公表に苦慮している。

「国境なき記者団」(RSF)の声明が波紋を広げている
日本政府に対して救出に全力を尽くす(身代金を出す)よう求めた「国境なき記者団」(RSF)の声明(HP)




>日本人のフリージャーナリスト安田純平さん(41)がシリア武装勢力によって拘束され身代金を要求されていると、国際的ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)が伝えた問題で、親交のあるフリージャーナリスト常岡浩介氏(46)は24日、身代金要求の事実を否定し、「12月上旬までの生存を確認している」と明かした。


フリージャーナリストの常岡浩介(46)は、安田純平の友人であり、今回の件について「国境なき記者団」(RSF)に確認している。

「国境なき記者団」(RSF)に情報を持ち込んだのは、セキュリティーコンサルタント会社「CTSS」のニルス・ビルトという奴だ。

セキュリティーコンサルタント会社「CTSS」のニルス・ビルトという奴は、スウェーデン人の詐欺師だという。(ソース

「国境なき記者団」(RSF)は、スウェーデン人詐欺師のニルス・ビルトが持ち込んだ情報を真に受け、碌に確認もせずに、日本政府に対して安田純平の救出(身代金)を求める声明を出してしまったというのが真相のようだ。

▼スウェーデン人詐欺師のニルス・ビルト▼

https://twitter.com/aika2711/status/569092563921035264
TBS報道特集。CTSSジャパン ニルス・ビルト氏「あの演説(安倍総理エジプト演説)を聞いてイスラム国は日本は取引に関心がないと捉えた」「仮に私が交渉を任されたとしても、政治家にあのような演説をされたら、私の
TBS報道特集。
CTSSジャパン ニルス・ビルト氏「あの演説(安倍総理エジプト演説)を聞いてイスラム国は日本は取引に関心がないと捉えた」「仮に私が交渉を任されたとしても、政治家にあのような演説をされたら、私の立場は極めて厳しくなる」
19:13 - 2015年2月21日



安田純平は、過去にも武装勢力によって拘束されているが、なぜか不思議と殺害されずに生きたまま解放されている!
▼安田純平の拘束履歴▼
――――――――――
219 :名無しさん@1周年:2015/12/24(木) 22:59:50.46 ID:nfBTMF0+0
プロ拘束民

1回目:2003年イラク軍に拘束される
2回目:2003年イラク警察に拘束される
3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される
4回目:2009年MYUに拘束される
5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される

――――――――――


今年1月に後藤健二らがISによって拘束された際には、安田純平も常岡浩介も、テロ集団のISのテロに屈してISの要求どおりに身代金を支払えと主張していた。
後藤健二 KENJI GOTO JOGO
――――――――――
245: 日出づる処の名無し 2015/01/22(木) 13:51:23.09 ID:EAfbI+P5.net
★「身代金を支払え」 イスラム国への身代金提供、テロリストに屈しろと表明した人物一覧
井筒和幸 池田香代子 辛淑玉 アグネス・チャン 佐藤和孝
高橋和夫 赤星憲広 馬場さくら 橋本五郎
岩上安身 柳澤協二 常岡浩介 渡辺修孝 安田純平

★大暴言した人物達
近藤勝重 荒川強啓 吉田照美 宮台真司
「この人質事件の主犯は安倍首相である。」

――――――――――


今年に入って後藤健二ら複数の日本人がISによって殺害されたこともあり、日本政府はシリアなどで取材するジャーナリストに対して警告を強めた。

安田純平は、執拗に警告を発した日本政府に対して不満を抱き、反発していた。

つまり、安田純平たち多くの自称「フリージャーナリスト」は、「俺たちに自由に取材をさせろ!日本政府は邪魔するな!」、(でも、もしも俺たちがISのようなテロ集団に拘束されたら、日本政府はISなどのテロ集団に身代金を支払って俺たちを助けろ!)と主張しているのだ!!

安田純平は、今年6月までツイッターなどを更新しており、最後の更新をする直前にも、何度も日本政府を批判していた。

当時の安田純平の主張を簡単にまとめると、次のとおり。

安田純平
安田純平(フリージャーナリスト、元「信濃毎日新聞」記者)
「俺たちの取材は自己責任なのだから、放っておいてくれ!」
「日本政府はすぐに『即刻退避しろ』と言ってくる。日本は、世界でも稀に見る臆病国家だ!」
「取材の邪魔をするな!」
「安倍政権とかネトウヨとかが根本的な問題だ。」
(でも、もしも俺がテロ集団に拘束されたら、日本政府はテロ集団の要求どおりに身代金を支払って俺を助けろ!)

https://twitter.com/yasudajumpei/status/583861195532214272
安田純平
‏@YASUDAjumpei
戦場に勝手に行ったのだから自己責任、と言うからにはパスポート没収とか家族や職場に嫌がらせしたりとかで行かせないようにする日本政府を「自己責任なのだから口や手を出すな」と徹底批判しないといかん。
2:18 PM - 3 Apr 2015


https://twitter.com/YASUDAjumpei/status/611929652186193920
安田純平‏
@YASUDAjumpei 6月19日
シリアのコバニには欧米からもアジアからも記者が入っていて、フェミニストの若い女性やら学生メディアやってる大学生やらまで集まっているが、日本は経験ある記者がコバニ行っただけで警察が家にまで電話かけ、ガジアンテプからまで即刻退避しろと言ってくるとか。
世界でもまれにみるチキン国家だわ。

1:12 AM - 20 Jun 2015


https://twitter.com/YASUDAjumpei/status/612354459247751168
安田純平 ‎
@YASUDAjumpei
現場を否定するということは個々の人間の存在を否定するに等しいと思う。
せっせと取材の邪魔をする安倍政権とかその支持者とか、現場なんか見なくてもネット見てれば全て分かるとか言っているネトウヨとかネトサヨ陰謀論者とか、根本的な問題としてそのあたりが共通してあるのだと思って見ている。
5:20 AM - 21 Jun 2015


ジャーナリスト安田純平氏シリアで拘束か?ぶっ飛んだTwitter
■動画
ジャーナリスト安田純平氏シリアで拘束か?ぶっ飛んだTwitter
https://www.youtube.com/watch?v=1ZRG4SVkhXI



また、今年6月まで更新されていた安田純平のツイッターの最後の更新は、次のとおり。

https://twitter.com/YASUDAjumpei/status/612382136348332032
安田純平 ‎
@YASUDAjumpei
これまでの取材では場所は伏せつつ現場からブログやツイッターで現状を書いていたが、取材への妨害が本当に洒落にならないレベルになってきているので、今後は難しいかなと思っている。期間限定の会員制で取材経過までほぼリアルタイムで現場報告することも考えてたが、危険すぎてやっぱり無理そう。
7:10 AM - 21 Jun 2015






>安田さんは内戦取材のために6月下旬、シリア北西部イドリブ県に入ったとみられる。シリアでの取材経験があり、安田さんと親交もある常岡氏は「ご家族にも外務省にも、身代金要求があったという事実はない」と明言した。常岡氏は自身も含め、複数のジャーナリスト仲間が武装勢力側と間接的に情報交換しており、「12月上旬の時点では安田さんの生存が確認されていた」と述べた。


安田純平は6月に拘束されて12月まで生存しているものの、その半年間で一度も家族や外務省に身代金の要求がなかった。

不思議な誘拐(拘束)事件だ!






>国境なき記者団は、内戦の続くシリアで武装勢力が安田さんを拘束し、期限を切って身代金を要求しているとの情報があると22日にホームページで公表。日本政府に対して救出に全力を尽くすよう求めた。


上述したとおり、「国境なき記者団」(RSF)は、スウェーデン人詐欺師のニルス・ビルトが持ち込んだ情報を真に受け、碌な確認もせずに、日本政府に対して安田純平の救出(身代金)を求める声明を出してしまった。

「国境なき記者団」(RSF)に情報(ガセネタ)提供したスウェーデン人詐欺師のニルス・ビルトは、犯人グループとグルの可能性もある。

▼常岡浩介ツイッター▼
常岡浩介容疑者

https://twitter.com/shamilsh/status/679793891785084930?ref_src=twsrc%5Etfw
☪常岡浩介容疑者☪
@shamilsh
国境なき記者団に確認しました。
家族にも日本政府にも身の代金要求はないが、セキュリティーコンサルタント会社CTSSのニルス・ビルト氏に対して誘拐犯は数日後の期限を切って身の代金を要求したそうです。
しかし、ビルト氏は家族や日本政府の代理人ではなく、家族と連絡すら取っていません。

7:41 AM - 24 Dec 2015


https://twitter.com/shamilsh/status/679795120653205504
☪常岡浩介容疑者☪
@shamilsh
家族や外務省の了承もなく、勝手に犯人に接触して、金銭要求を伝えてきている状況です。
それでは、犯人側に荷担していることになってしまいます。
ビルト氏は先月末には「安田はもう死んだ」といって、お悔やみのメールを家族に送りつけてきたりしていました。

7:46 AM - 24 Dec 2015


https://twitter.com/shamilsh/status/680045377853079553
☪常岡浩介容疑者 ☪
‏@shamilsh
たったいま、ニルス・ビルト氏がぼくにメールしてきた。「身代金要求が嘘であるかのように語っているようだが…」
こちらからは、お前は日本政府の代理人でも安田くんの家族の代理人でもなく、お前の行動は犯人グループを誤解させている可能性が高い。安田くんの生命を危険に晒す、と伝えました。

12:20 AM - 25 Dec 2015


https://twitter.com/shamilsh/status/680270779263483904
☪常岡浩介容疑者 ☪
‏@shamilsh
安田くんを解放させようとしている友人たちにとって、ニルスは「ないよりはマシ」な存在でした。彼は他のリサーチャーの存在を知らず、勝手に動いているので、彼がもたらした情報とぼくらの情報が一致していたとき、その情報の信憑性が増すのです。間違ってる情報が多過ぎるので、単独では無用ですが。
3:16 PM - 25 Dec 2015





整理しよう。

安田純平は、過去にも武装勢力によって拘束されているが、なぜか不思議と殺害されずに生きたまま解放され続けている。

そして、今年になっても安田純平は、「俺たちに自由に取材をさせろ!日本政府は邪魔するな!」、(でも、もしも俺たちがISのようなテロ集団に拘束されたら、日本政府はISなどのテロ集団に身代金を支払って俺たちを助けろ!)などと主張していた!

今回また安田純平が拘束されているとされる事件においても、今年の6月に拘束されてから12月まで、犯人グループは家族にも日本政府にも身代金の要求しないまま安田純平は生存している。

今頃になって、スウェーデン人詐欺師のニルス・ビルトが、「国境なき記者団」(RSF)に、日本政府に対して救出に全力を尽くす(身代金を出す)よう求めさせた。

もう一度、拘束される常連となっている安田純平の拘束歴を振り返ってみよう。

――――――――――
1回目:2003年イラク軍に拘束される
2回目:2003年イラク警察に拘束される
3回目:2004年バクダットで武装勢力に拘束される
4回目:2009年MYUに拘束される(ジョーク、結婚のこと)
5回目:2015年ヌスラ戦線に拘束される
――――――――――


上記「安田純平の拘束歴」のうち、2004年4月の事件は、拘束される常連となっている不思議な安田純平の謎を解くカギになるかもしれない。

2004年4月、安田純平渡辺修孝の2人は、「イラク日本人人質事件」で拘束された日本人3人の人質(「イラク三馬鹿」=郡山総一郎、高遠菜穂子、今井紀明)の消息を掴むためイラクのファルージャに向かう途中、武装勢力によって拘束された。

郡山総一郎、高遠菜穂子、今井紀明
イラク三馬鹿(今井紀明、高遠菜穂子、郡山総一郎)

しかし、安田純平と渡辺修孝は、武装勢力に3日間だけ拘束されただけで解放され、外国人特派員協会で会見を行い、その後も左翼の報告会や講演会などで大活躍した。
拘束から解放された渡辺修孝と安田純平は日本外国特派員協会で記者会見
イラク三馬鹿の後追いで武装勢力に拘束されたが、すぐに解放され、笑顔で日本外国特派員協会で記者会見をする安田純平と渡辺修孝

安田純平は、「イラク・人間の盾」にも参加した。

「イラク日本人人質事件」(イラク三馬鹿事件)の後追いをして、イラクの武装勢力に3日間だけ拘束された地味な事件で、安田純平と一緒に拘束された渡辺修孝も、反日エセ右翼「一水会」の元メンバーで、超反日組織【米兵・自衛官人権ホットライン】(共同代表:いいだもも、小田実、瀬戸内寂聴、小西誠など)の在イラク駐在員だった。

渡辺修孝がイラク駐在員となっていた超反日組織【米兵・自衛官人権ホットライン】は、賛同団体に「日本キリスト教団神奈川教区基地」が名を連ねているとおり、「日本基督教団」の仲間だ。(PDF

つまり、安田純平と一緒に拘束された渡辺修孝は、「日本基督教団」(日本キリスト教団=西早稲田2-3-18=中核派や革マル派や朝鮮ウリスト教の仲間)とつながっている。

そこまで判明すれば、なぜ安田純平渡辺修孝が、「イラク三馬鹿」を後追いして拘束され、すぐに解放されたのかも分かってくる。
拘束から解放された渡辺修孝と安田純平は日本外国特派員協会で記者会見

「イラク三馬鹿」のうち、少なくとも今井紀明高遠菜穂子の2人は日本基督教団と深く関わっていたのだ。

今井紀明、高遠菜穂子、郡山総一郎

▼日本基督教団▼
(日本キリスト教団=西早稲田2-3-18)
【在日大韓キリスト教会との協約】
戦時中における罪責の反省から在日大韓キリスト教総会と協約を結び、その中で在日韓国・朝鮮人問題を受けて取り組み、在日大韓キリスト教会との宣教協力を決意すると述べている。
同協約では下記の3点を約している。
日本基督教団と在大韓会はそれぞの職制聖礼典を相互に認める。
日本基督教団と在大韓会は可能な限り各方面での宣協力を約する。
日本基督教団と在大韓会は特に在日韓国・朝鮮人の権問題へとりくみついて協力を約する。

http://kyodan.holy.jp/kd_k01.pdf
日本基督教団(日本キリスト教団)資料 実録 教団紛争史 (1)
第五章暴力の嵐
全共闘・中核派・革マル派等と連帯した


【人質事件おさらい】
・香田証生氏(「日本基督教団に連なる人物」教団声明より)
高遠菜穂子(日本基督教団内イベント参加経歴あり。関係者)
今井紀明(所属する「チェルノブイリのかけはし」=日本基督教団とされている)
・後藤健二氏(日本基督教団田園調布教会信徒)

【テロリストと繋がり】
・ハッサン中田考 (同志社大学神学部{←母体は日本基督教団}の元教授)

【人質ワナビー】
・杉本祐一(日本基督教団と各種イベント共催)



左:「日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)」富田安紀子著 2015/5/15
右:「日本が好きでなぜ悪い! - 拝啓、『日之丸街宣女子』から思いを込めて」富田安紀子著 2015/12/9



左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)

「安田純平は、自業自得!自己責任で!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.