FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201511<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201601
竹島周辺を産廃投棄区域に!1978年韓国・海保が外務省に伝えず・韓国ノリ輸入枠拡大!アシカ絶滅
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府
1978年に韓国が竹島周辺を産業廃棄物の投棄区域に!(二ホンアシカ絶滅)
2000年ごろに海上保安庁が把握も、外務省に報告せず!
日本政府、韓国に抗議、撤廃要請へ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20151211-00000001-ann-pol
竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府
テレビ朝日系(ANN) 12月11日(金)0時5分配信

韓国が日本の排他的経済水域内に産業廃棄物を投棄する区域を設定しているとして、日本政府は外交ルートを通じて抗議し、撤廃を求める方針です。

韓国が「産業廃棄物投棄区域」を設定しているのは島根県竹島周辺の日本の排他的経済水域内で、海上保安庁が保管している韓国の海図から分かりました。海上保安庁を視察した議員連盟によりますと、韓国は1978年から竹島周辺に産廃の投棄区域を設けていて、海上保安庁は2000年ごろから把握していたものの、外務省には伝えていなかったということです。議員連盟と面会した安倍総理大臣は「即刻、対処する」と応じました。日本政府は韓国に抗議し、区域の撤廃を求める方針です。

1竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府

1竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府
自民党の新藤義孝(海上保安庁を視察した議員連盟)
1竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府

1竹島周辺の産廃投棄区域 韓国に撤廃要請へ 政府



>海上保安庁を視察した議員連盟によりますと、韓国は1978年から竹島周辺に産廃の投棄区域を設けていて、海上保安庁は2000年ごろから把握していたものの、外務省には伝えていなかったということです。


これは、海上保安庁の大失態だ!

海上保安庁は、事なかれ主義で済まそうとしたのだろう。

海上保安庁は、韓国に対して抗議するために速やかに政府・外務省に報告するべきだった。






>議員連盟と面会した安倍総理大臣は「即刻、対処する」と応じました。日本政府は韓国に抗議し、区域の撤廃を求める方針です。


日本政府は、韓国に猛抗議し、竹島の周辺海域を産業廃棄物の投棄区域にしていることを撤廃させなければならない。

この問題は、日本の領土領海に他国が勝手に産業廃棄物を投棄するという許し難い外交問題だ。

大きな外交問題であり、これを機会に日本政府は、一気に竹島を日本に取り戻す機運を高めるべきだ!





1970年代まで、竹島周辺を中心に日本海には「二ホンアシカ」が生息していた。
貴重な竹島のアシカ絵はがき
竹島の「二ホンアシカ」の絵はがき

ニホンアシカの剥製 (大阪市立天王寺動物園)
ニホンアシカの剥製 (大阪市立天王寺動物園)

日本が竹島周辺で漁をしていた時代には日本の漁師もアシカを大量に捕獲していたが、戦後になって韓国が竹島を不法占拠するようになり、韓国人による乱獲や韓国軍による射撃訓練の的とされたため、1970年代に「二ホンアシカ」はついに絶滅した。

WWFによると、「二ホンアシカ」の繁殖は1972年(昭和47年)まで確認されており 、捕獲された個体が韓国の動物園で子供を出産したという記録が残されている。

1974年(昭和49年)に礼文島で幼獣一頭が捕獲され、1975年(昭和50年)に竹島で韓国の自然保護団体が目撃した記録が現在における最後のニホンアシカ目撃事例となっており、以後は生息の情報は得られておらず、絶滅したものとみられている。

韓国は、1975年(昭和50年)に竹島で「二ホンアシカ」が目撃された僅か3年後の1978年(昭和53年)に、竹島周辺を産業廃棄物の投棄区域にしたことになる!

「二ホンアシカ」の絶滅が危惧されていた真っ最中に、韓国が竹島周辺への産廃廃棄を開始したことにより、「二ホンアシカ」の生息は絶望的となり、絶滅は決定的となった!

http://www.sankei.com/world/news/150221/wor1502210015-n1.html
【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ アシカ絶滅の真相
2015.2.21 08:00更新 産経新聞

島根県が「竹島の日(2月22日)」を制定してから10年になる。日本では今もこの日はほとんど知られていないが、在韓日本人たちは毎年、島根県で行われる記念行事のことをいまいましげに伝える韓国マスコミのおかげ(?)でちゃんと記憶させられている。

竹島をめぐっては最近、日本政府の「内閣官房領土・主権対策企画調整室」のサイトが、島根県の元小学教諭が作った絵本『メチ(アシカ)のいた島』の動画を紹介したことに韓国側が反発。竹島のアシカを絶滅させたのは日本だとかみついている。

悪いことは何でも日本のせいにするのが韓国の反日手口だが、竹島のアシカだって戦後、韓国占拠の後も存在していたことを伝える資料は多い。島根県竹島問題研究会の下條正男座長が地元の山陰中央新報(1日付)に寄せた論評によると、1970年代の韓国紙は「警備隊員たちの銃撃で絶種」と伝えている。

最近、目にしたWWF(世界自然保護基金)の1977年度報告書では韓国人研究者さえ「最上の保護策は警備隊の島からの撤収だ」と主張している。韓国政府は島を「自然保護区」にし「天然記念物」に指定しているのに、年間20万人もの観光客を上陸させ反日イベントをやらせている。あれじゃアシカも寄りつかないだろう。(黒田勝弘)


39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@転載は禁止:2015/02/21(土) 12:04:28.55 ID:UnIkU3i/
>「警備隊員たちの銃撃で絶種」
そんな生易しい方法じゃ無いぞ。
陸上では動きの鈍いアシカを遊びで銃撃の的にしたり、更に動きの鈍い老体や幼体は蹴り殺したり踏み殺したりした。
それを笑いながらやってたのが韓国人だ。
書くならここまでちゃんと書けよ。



http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150301/frn1503011000002-n1.htm
韓国、トンデモ主張 竹島のニホンアシカ絶滅「日本の乱獲のせい」
2015.03.01、ZAKZAK
(一部抜粋)
竹島問題に詳しい拓殖大学の下條正男教授
「韓国が竹島を不法占拠した1954年当時、200~500頭のアシカが生息していた。それを絶滅させたのは、韓国の独島警備隊員であって、そのことは韓国紙も報じている。例えば、2006年2月23日のハンギョレ新聞(電子版)は『警備隊員が独島のアシカを食べていた』と書いている。2012年8月19日付の中央日報(電子版)も『独島守備隊が武器を調達する際、釜山のヤンキー市場に行き、アシカ1頭と引き替えに拳銃と小銃を取得した』と報じている」






韓国は、1978年からの竹島周辺のみならず、日本海の広範囲に産業廃棄物を投棄しまくっている!

1988年から韓国は、家畜糞尿と下水汚泥(スラッジ)など廃棄物を日本の近海へそのまま投棄している!

韓国の海洋専門家らは、『今すぐ廃棄物の海洋投棄を中止しても元の状態に戻るには少なくても100年はかかる』と話していて
■動画
ゴミ海洋投棄国家 韓国の実態(2008年「ムーブ」)
http://www.youtube.com/watch?v=YqVC1ObIFd0


家畜糞尿と下水汚泥(スラッジ)など廃棄物の海洋投棄
1988年から、韓国は、家畜糞尿と下水汚泥(スラッジ)など廃棄物を日本の近海へそのまま投棄している!


ところが、最近、日本の水産庁は、「韓国のり」の輸入枠を大幅拡大することで合意した!

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/151209.html
のりの輸入割当(IQ)に関する日韓協議の結果について
平成27年12月9日
水産庁

水産庁と韓国海洋水産部は、毎年ののりのIQ枠(輸入割当枚数)を10年後(2025年)に27億枚まで徐々に拡大すること等で合意しました。

1.概要
水産庁と韓国海洋水産部は、我が国が韓国から輸入するのりに関する協議の結果、12月9日(水曜日)、毎年のIQ枠(輸入割当枚数)を10年後(2025年)に27億枚まで徐々に拡大すること等で合意しました。

2.経緯
我が国が韓国から輸入するのりについては、2006年1月の日韓両国間の合意により、本年(2015年)までの10年間に、IQ枠を12億枚まで徐々に拡大してきました。
今回の協議は、当時の合意に基づき、2016年以降のIQ枠等について韓国海洋水産部との間で行ったものです。


ふざけるな!

韓国では、海苔の養殖場に、人糞、塩酸、硫酸、毒性の強い工業用農薬などが撒かれているため、「韓国ノリ」は相当汚染されている。
――――――――――
■韓国海苔の恐怖■
韓国海苔は、日本の板海苔の等級で比較すれば全体的に下級品であり、発色が悪く木目が荒い。[ウィキペディア(Wikipedia)より]
最近まで、海苔の養殖場に人糞を撒いていた。白いものが混じっていれば、トイレットペーパーかもしれない。
海苔の「あかぐされ病」の殺菌のため、本来禁止されているはずの硫酸や塩酸が使用されており、それらしきポリ容器が大量に日本海側に漂着している。
韓国海苔は賞味期限が切れると、ものすごい薬品の味がして、味付けに何を使っているのか疑わしい。(時事ニュースより)
山東省共産党委員会は、五輪ツーリング会場で突如発生した得体の知れない物を、海苔として韓国へ輸出することに決定した。
韓国の下水汚泥の70%以上が海洋投棄されている。なお日本は海洋投棄を全面的に禁止している。(朝鮮日報)
――――――――――

ゴミ海洋投棄の実態~下水汚泥、日本では0.2%、韓国は70%が海へ
ゴミ海洋投棄の実態~下水汚泥、日本では0.2%、韓国は70%が海へ(詳細記事

韓国ノリに衝撃の事実…硫酸・塩酸入り栄養剤が使用される=韓国
サーチナ 2011/12/28(水)

 韓国の全羅南道地域ノリ養殖事業組合は28日、道内のノリ業者が、ノリ養殖漁民向けに販売されている複合栄養剤の分析を全羅南道保険環境研究院に依頼したところ、硫酸と塩酸が検出されたと明かした。
木浦海洋警察は問題の栄養剤を回収し、成分の検査を行うなど捜査に着手した。複数の韓国メディアが報じた。

同研究院は、問題の栄養剤から硫酸を3.41%、塩酸を6.69%検出した。
栄養剤は肥料認可を得ており、市場に流通するノリ養殖用複合栄養剤に毒性が強い硫酸と塩酸が大量に含まれている可能性があるとして、懸念が広がっている。

 組合は木浦海洋警察と全羅南道に、徹底した調査を求める陳情書を検査結果と共に提出した。

 陳情書によると、分析を依頼した業者は問題の栄養剤について、『ノリを黒くつやがでるようにし、成長と収穫を促進させる』とノリ養殖漁民を惑わし、大量に供給し、海を殺している」と主張したという。

 組合の関係者は、青ノリに付着する不純物を取り除くために使われる塩酸の取り締まりは比較的行われているが、塩酸よりも毒性が強い硫酸に対しては関係機関も対応に苦慮しているという。
警察の関係者は、栄養剤に対する無機酸の基準値は設けられていないが、栄養剤の大量散布は生態系を破壊する恐れがあるため、関連法の適用を検討していると明かした。




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/17)予約注文
中:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「竹島を取り戻せ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:竹島は日本の領土である(韓国に不法占領されている) - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.