FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201512
支那のマスコミ支配、1位台湾、2位日本、3位アメリカ・米研究機関が警告・【日中記者交換協定】
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






米研究機関が警告!支那にマスコミが支配されている国、1位台湾、2位日本、3位アメリカ

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45291
米研究機関が警告、中国の情報工作に惑わされるな
虚偽の情報を発信し、メディアも操作

2015.11.18(水)[JBpress]
米研究機関が警告、中国の情報工作に惑わされるな 虚偽の情報を発信し、メディアも操作

中国の人民解放軍と共産党が、米国や日本、台湾の内部の意見や認識を中国側に有利に変えようとする謀略工作を密かに実施している。大いに注意しなければならない──米国の専門家たちが、中国当局の「政治戦争」に警告を発し、対策の必要性を強調した。

ワシントンの2つの大手研究機関「ヘリテージ財団」と「プロジェクト2049研究所」が10月に共催したシンポジウム「影響作戦=中国の東アジアや同盟諸国への政治戦争」での報告と警告だった。日本にも直接かかわる重大な課題だといえよう。

■ターゲットを3つのレベルに分けた秘密工作

このシンポジウムにおいて、プリンストン大学教授で中国や諜報の研究を専門とするアーロン・フリードバーグ教授が、中国当局が「政治戦争」と呼ぶ秘密工作の全体図について説明した。同教授はブッシュ前政権では副大統領の国家安全保障担当補佐官を務めた。

「中国当局による米国への秘密の影響力行使工作には、3つのレベルのターゲットがあります。第1は、中国が『古い友人』と呼ぶ、昔から対中交流に関与してきた著名な元政府高官や財界人などです。第2は、現役に近い前外交官や前軍人、学者など政策形成に近いエリート層です。第3は、中国や外交の研究者を含めた民間の一般層で、ここにはメディアも含まれます」

中国はどんな内容の「影響」を及ぼそうとするのか。フリードバーグ氏の説明によると、中国側は第1と第2のレベルのターゲットに対しては「中国を米国と対等の大国として受け入れ、東アジアでの中国の支配的な拡大を黙認させ、あるいは抵抗を弱めさせるための説得がなされる」のだという。第3のレベルのターゲットに対しては、主に「中国の台頭はあくまで平和的であり、国内問題に追われるため対外的にはそれほど強大にはなれない」というメッセージを送るとのことだった。この2つの発信内容の間には矛盾もあるわけだが、ターゲットが異なるから問題はないのだともいう。

では、中国のこの対米工作は誰が主体となって実行しているのか。

元国防総省中国部長のマーク・ストークス氏によると、中国の対外影響工作を実行しているのは人民解放軍総政治部と共産党中央宣伝部だという。

「中国共産党が、ソ連共産党や中国国民党の謀略工作の伝統を引き継いだやり方に加え、自分たちで独自に構築した闘争方式です」ともいう。

(略)

■中国が力を注ぐメディア戦略

ストークス氏は、中国によるこの種のメディア操作戦略は、台湾、日本、米国の順に資源や人材が多く投入されているのだとも報告した。

日本のメディア、特にテレビには、在日経験の長い中国人が頻繁に登場して、中国共産党を擁護する意見を述べる。

日本の識者が中国のテレビ番組に出演し、中国政府の対日政策を批判し、日本政府の政策に賛同するなどということは夢にも考えられない。日本人がたまに中国官営メディアに登場しても、中国政府の好む主張をする人たちだけである。

結果的に中国共産党は、日本に住む中国人の「識者」たちを利用し、自分たちの主張を効率よく日本で訴えていることになる。実際に中国側の対日影響工作がさまざまな形で展開されていると見てよいだろう。



>ストークス氏は、中国によるこの種のメディア操作戦略は、台湾、日本、米国の順に資源や人材が多く投入されているのだとも報告した。


まー、そんなところだろう。

支那が日本に投入している人材は、枚挙に暇がない。

NHKに特に多く投入されていることは、間違いない。

「支那の犬HK」の象徴的な具体的事例を挙げるとすると、例えばNHKによる「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、天安門大虐殺、北京大虐殺)の否定がある。

NHKは、天安門事件の4年後の1993年に、「天安門広場では虐殺はなかった。広場では一人も死んでいない!」と支那の主張どおりの放送をして、支那への忠誠を示した。

NHKがトンデモ放送をした頃、支那は日本を除く世界中から制裁措置を受けており、窮地に陥っていた。

NHKは、そんな支那を窮地から救出しようとした。

支那の犬HK 天安門事件(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)


北京の米国大使館からの最初の「秘密報告」は、銃撃などによる大虐殺が【長安街大通り】【天安門広場】の両方で起こったことをしっかりと報告している。

その他にも、天安門広場で大虐殺があったことは、山ほど存在する証拠映像などからも紛れもない事実だ!

ところが、当時、支那当局は、「6月4日未明、戒厳軍は天安門広場で、一人の学生も射殺していない。ひき殺してもいない。天安門広場では流血事件は一切なかった。」と発表した。

■動画
天安門事件
https://www.youtube.com/watch?v=hNlZiVKDW_4



その後も、支那は、「流血・殺戮は無かった。」と主張しているが、嘘吐き支那人の馬鹿馬鹿しい嘘を信じる馬鹿はどこにもいない。

と思いきや、ところがどっこい、NHKは、視聴者から受信料を巻き上げ、公共の電波を使用し、しっかりと支那が主張どおり報じた!

天安門事件から4年後の1993年に、NHKは、『クローズアップ現代』において、「天安門広場に居た市民や学生は、人民解放軍軍と武力衝突なく、撤退した。」「新しい証言と映像を基に検証した結果、『広場では一人も死んでいない』という侯德健の証言は極めて信憑性が高く、虐殺というものはなかったとはっきり言える。」と放送した。

3分でわかるNHKクローズアプ現代「天安門事件での虐殺は無かった」.
■動画
3分でわかるNHKクローズアプ現代「天安門事件での虐殺は無かった」.mpg
https://www.youtube.com/watch?v=C-8a255cx5c



2009年に米国で解禁された「北京の米国大使から本国政府へ送られた天安門事件についての最初の秘密報告」山ほどある多数の証拠映像などからも判るように、長安街大通りと天安門広場の両方において大虐殺があったことは間違いない。

「天安門広場では流血事件は一切なかった。」と主張する支那や、その支那の嘘に加担するNHKの事実隠蔽は明白だ。

こんな嘘番組を頻繁に垂れ流しておいて、受信料を取る「支那の犬HK」の行為は詐欺そのものだ。

NHKのみならずテレビ局は、いくら捏造偏向報道をしても、「言論の自由」「表現の自由」を盾にとって法的に罰せられないから、同様の出鱈目番組が繰り返されている。

支那の犬HK



なお、1989年の「天安門事件」の後、国際社会は、学生ら市民を大虐殺した支那に対して、投資を激減させるなどの制裁措置をとった。

支那は、その後何年間も、国際社会による制裁措置にあえいだ。

この支那の窮地に、いち早く手を差し伸べたのは、日本だった。

まず、1991年8月、竹下登元首相の強い働きかけもあり、海部俊樹首相が支那を訪問し、対支制裁を全面解除した。

しかし、日本が支那への制裁を解除しても、日本を除く世界は、支那への制裁を続行した!

次に、翌1992年、海部の後任となった宮沢喜一は、国際社会による支那への制裁も、何とかして解除させようとした!!

そこで、日本政府(宮沢内閣)は、日本国民の強い反対論を押し切って、天皇陛下の支那ご訪問を閣議決定し、世界による対支制裁措置解除の突破口にしようとした。

明らかな、日本政府(宮沢内閣)による天皇陛下の政治利用だった!


現実問題として、前年日本が真っ先に支那への経済制裁解除をしたものの、他の西側諸国はまだまだ支那に厳しい態度で臨んでいたが、天皇陛下の支那ご訪問は、そのような西側の制裁を解除させる決定打となった。

実際に支那の銭其シン元外相は、回想録で、天皇陛下の支那ご訪問について「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と書いている。


支那と、その手下である宮沢喜一や加藤紘一らは、天皇陛下を支那の広告塔として利用したのだ。

天皇陛下ご訪支の翌年1993年3月に、江沢民が国家主席に就任した。

そして、NHKは、このタイミング(1993年6月)で、『クローズアップ現代』において「天安門広場では虐殺はなかった!広場では一人も死んでいない」と放送した。

ところが、その翌年1994年に、江沢民は「愛国主義教育実施要綱」を伝達し、反日教育を強力に推進することにした!

1998年11月、江沢民は、日本に来た際、各地の講演などで、延々と日本軍国主義批判を繰り返し、反日行脚を続けた。

なかでも、天皇陛下の晩餐会での、江沢民の振る舞いは目に余るものがあった。

中山服を着込んだ江沢民は、天皇陛下の晩餐会で辟易するほど日本批判を続けたのだ。
1998年11月25日、元赤坂の迎賓館で開かれた非公式夕食会で、ご満悦の表情を浮かべる江沢民
1998年11月25日、元赤坂の迎賓館で開かれた非公式夕食会で、ご満悦の表情を浮かべる江沢民

まさに、支那は、恩を仇で返したのだ。

日本政府もNHKも、マジキチだ。

北京大虐殺の犯人を支援した日本政府とNHKは恥知らずだ!

■動画
「平成4年の天皇陛下の御訪中を振り返る」3-1(H19.4.18)

http://www.youtube.com/watch?v=xNGQMsJAW_M
3-2
http://www.youtube.com/watch?v=KOpjQaCT-9c
3-3
http://www.youtube.com/watch?v=iRpfQyMKxus





>日本のメディア、特にテレビには、在日経験の長い中国人が頻繁に登場して、中国共産党を擁護する意見を述べる。


確かに、このような番組も良くある。

昨日の当ブログ記事で挙げたアグネス・チャン(陳美齡)も、支那人工作員の一人だ。

アグネス・チャン(陳美齡)は、「中国政府はユニセフとも力を合わせてチベット族などの少数民族の支援を熱心に取り組んでいる」と露骨な嘘宣伝をした他にも、テレビ番組で次のような工作もしている。


▼平成24年(2012年)9月25日放送・フジテレビ「なかよしテレビ」のひとコマ▼
★アグネス 「日本の歴史教育は嘘! 中国や韓国の教科書が本当の歴史」
■動画
★アグネス 「日本の歴史教育は嘘! 中国や韓国の教科書が本当の歴史」
https://www.youtube.com/watch?v=wZM6tUNkYrg

アグネス・チャン
「反日教育のこと、今日でもうはっきりしましょう。」
「(中国は)反日教育はしてないんです。反日教育はしてない。歴史を教えてるだけです。」
「中国が教えてる歴史も、韓国が教えてる歴史も、アメリカで私が学んだ中国とアジアの歴史も一緒なんです。 日本の歴史だけが違うんです。」
「(日本人は)真実を教えてもらってないんです。」

アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

(その他のひとコマ)
北村弁護士
「じゃ、中国のいいところを述べてみてよ!」


森永卓郎
「中国はいいですよ。 」
「中国がいいのは、上海だけじゃなく北京にもメイド喫茶が4軒できたんです。上海では毎年アニメフェスもやってますし。」


http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2012/09/30_01/
●更新日 09/30●
アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

2012年9月25日に放送された、「なかよしテレビ」(フジ系)でのアグネス・チャンの発言が物議を醸している。

アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

中国の教育が話題になると、アグネスは「反日教育のこと、今日でもうはっきりしましょう」と述べて持論を展開した。「反日教育はしてないんです。あのね、反日教育はしてない。歴史を教えてるだけです」。これに対して弁護士の北村晴男は、中国では過去の誤った歴史を教えていると異論を唱えた。

するとアグネスは、「中国が教えてる歴史も韓国が教えてる歴史も、アメリカで私が学んだ中国とアジアの歴史も一緒なんです。日本の歴史だけが違うんです」。日本人は「教えてもらってない、真実を教えてもらってないんです」という。事実上、アグネスは日本の歴史教育を完全否定したことになる。

フジテレビ\なかよしTV\アグネスチャン\02アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!.

当サイトでは、文部科学省の初等中等教育局教育課程課に取材した。担当者によると、アグネスの一連の発言は知らなかったそうだ。概略を説明したところ、具体的にどのような内容を指してアグネスが批判しているのか不明なので、コメントのしようがないという。

学校で教える内容は、学習指導要領に定められたものということになっている。教え方は各学校に委ねているが、教材は文部科学省の教科書検定を通ったものだ。検定では歴史的事実に照らして内容を吟味しているので、もしアグネスが「この部分が真実ではない」と具体的に指摘するならば、それに対して説明できると担当者は述べた。

アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

番組中では、中国には政治・信条の自由が保障されていないという問題提起もあった。アメリカ人コメンテーターのスティーブ・ソレイシィは、カメラに向かって中国政府へのクレームを言えるかと中国人の出演者らに尋ねた。中国人らは「もちろん」と言い返したが、「じゃあ、お願いします」と言われると困惑。政府を批判した人物は皆無だった。


アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

アグネス・チャン、日本の歴史教育はウソと断言!

●詳細記事
アグネス「反日教育してない!日本の歴史教育はウソ!中国と韓国とアメリカが教えている歴史は一緒。日本の歴史だけ違う」・フジテレビ「なかよしテレビ」のひとコマ・アグネスチャンは支那共産党の工作員で詐欺師
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4813.html






▼日本の保守系と言われる最大手新聞社も支那の宣伝工作員である分かり易い事例▼
渡辺恒雄  靖国神社 支那の犬 中国
渡辺恒雄  靖国神社 支那の犬 中国

「北京週報日本語版」2007年8月10日より抜粋
渡辺恒雄
日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。
・・・
今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。
安倍氏は参議院選挙の後に引き続き首相でありつづけるが、私も彼に絶対に靖国神社に行ってはならないと進言しなければならない。
もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。
さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。

私は新しい首相ができるだけ早く中国を訪問するよう促し、そのほかに皇室メンバーの訪中を促し、皇太子が日中友好関係のためになることはよいことであり、それから胡錦涛主席の訪日を招請する。





実は日本と支那の間では【日中記者交換協定】 が締結されており、日本のマスコミは支那の意に反する報道を行わないことと約束させられている。

この【日中記者交換協定】については、支那ポチのハト派議員として知られる田川誠一元衆議院議員(11期)も、著書で述べている嘘のような本当の話だ!

田川誠一
田川誠一
日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】
■動画
日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】
http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY

【動画の要旨】
1964年に締結された【日中記者交換協定】によって、日本政府は支那を敵視してはならず、日本のマスコミは支那の意に反する報道を行わないことと決められている。
支那共産党は、日本のマスコミを支那のプロパガンダ機関として利用している。
共産支那によるチベットや東トルキスタンや内モンゴルへの侵略や大虐殺について、日本のマスコミは報道できない。
また、工作員に向けて発せられた【日本解放第二期工作要綱】では、支那が日本を支配する手段として日本のマスコミを徹底的に利用する具体的方法を詳細に述べている。
支那共産党は、日本のテレビ局内部に工作員を送り、役員などを取り込んできた。

日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】

日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】

【日中記者交換協定】
日中記者交換協定(にっちゅうきしゃこうかんきょうてい)は、日中国交正常化以前に、日本と中国の間で取り交わされた、日中双方の記者を相互に常駐させる取り決めのこと。日中記者協定とも呼ばれる。正式名は「日中双方の新聞記者交換に関するメモ」。
すなわち、中国政府(中国共産党)に不利な言動を行わない・日中関係の妨げになる言動を行わない・台湾(中華民国)独立を肯定しないことが取り決められている。違反すると、記者が中国国内から追放される。これらの協定により、中国に対する正しい報道がなされていないと批判がある。




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/17)予約注文
中:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「支那や韓国に支配されている日本のマスゴミを信用するな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.