FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201511
生ポや補助金を朝鮮学校に寄付!黒岩祐治「生活保護世帯の寄付は自由。学費補助金の支給やめない」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






神奈川県の黒岩祐治知事
神奈川県知事の黒岩祐治「在日朝鮮人の生活保護世帯が『学費補助金』を朝鮮学校に寄付するのは自由!今後も朝鮮学校の生徒に『学費補助金』の支給を続ける」

http://www.sankei.com/life/news/151014/lif1510140027-n1.html
神奈川県知事、今年度の学費補助金支給の方針変えず 朝鮮学校補助金問題
2015.10.14 17:29更新、産経新聞

 神奈川県が朝鮮学校に通う児童・生徒へ直接支給する学費補助金が保護者から学校側へ「寄付」の形で納付させられていた問題で、黒岩祐治知事は14日の定例会見で、今年度の支給について「方針を変えるところには至っていない」と述べ、今年度も支給する方針であることを示した。

 この問題をめぐっては、県が7~9月にかけて県内5校の朝鮮学校に立ち入り調査したところ、生活保護世帯や非課税世帯を含む支給対象世帯の9割超が、学費補助金を納付していた実態が明らかになった。

 黒岩知事は「寄付という行為は自主性に基づいて行われているものだと思っている。生活保護世帯が寄付するのは大丈夫かなと心配される方もいると思うが、生活保護世帯は寄付をしてはいけないということは特にない。それぞれの判断に基づいた結果だ」との見解を示した。



>神奈川県が朝鮮学校に通う児童・生徒へ直接支給する学費補助金が保護者から学校側へ「寄付」の形で納付させられていた問題で、黒岩祐治知事は14日の定例会見で、今年度の支給について「方針を変えるところには至っていない」と述べ、今年度も支給する方針であることを示した。


日本国民が納めた税金が、「学費補助金」として朝鮮学校に通う児童・生徒へ直接支給されている。

これだけでも十分に憲法違反だ!


なぜならば、日本国憲法は外国人が日本の福利を享受することを認めていないからだ。

ところが、驚くべきことに、その「学費補助金」(日本国民の税金)が朝鮮学校に寄付されている!

これは、かなり悪質な行為だ。

にもかかわらず、神奈川県知事の黒岩祐治は、朝鮮学校に寄付している児童・生徒へ直接支給している学費補助金を今年度も支給し続けるという!

酷い話だ。






>この問題をめぐっては、県が7~9月にかけて県内5校の朝鮮学校に立ち入り調査したところ、生活保護世帯や非課税世帯を含む支給対象世帯の9割超が、学費補助金を納付していた実態が明らかになった。


さらに驚くべきことに、朝鮮学校に寄付している児童・生徒には、多くの生活保護世帯や非課税世帯が含まれていた!

日本国民が納めた税金が、学費補助金として朝鮮学校に寄付している児童・生徒に支給され、そのカネが朝鮮学校に寄付されているだけでも、許されないことだ。

ところが、さらに、そんな連中の多くが生活保護世帯や非課税世帯だというのだから、これは何重にも違憲・違法行為となり、絶対に許されないことだ!

上述したとおり日本国憲法は外国人が日本の福利を享受することを認めていないし、その上に生活保護法では明確に生活保護の支給対象を「日本国民のみ」と定めている。
生活保護受給率 日本人 2.6%、 在日朝鮮人 14.2% 、 在日中国人 1.6%

憲法違反をして学費補助金を受け取り、憲法違反と法律違反をして生活保護を受け取り、受け取ったそれらのカネを朝鮮学校に寄付しているというのだから、もはや放置できない事態だ!

生活保護世帯や非課税世帯も、朝鮮学校に通う児童・生徒に支給される学費補助金を朝鮮学校へ寄付として流していたことは、10月9日に判明した。

小川久仁子神奈川県議は、「寄付をする余裕があるなら生活保護を受給する資格はない。」と指摘したが、正論であり、当たり前のことだ!

小川久仁子委員は「寄付をする余裕があるなら生活保護を受給する資格はない。
朝鮮人が生活保護学費補助金を受けて、そのカネを朝鮮学校に回していることが判明!
小川久仁子県議「朝鮮学校に寄付する余裕があるなら、生活保護を受給する資格はない」

http://www.sankei.com/life/news/151009/lif1510090023-n1.html
朝鮮学校補助金問題 生活保護世帯も学費補助金を「寄付」
2015.10.9 16:55更新、産経新聞

 神奈川県が朝鮮学校に通う児童・生徒へ直接支給する学費補助金が保護者から学校側へ「寄付」の形で納付させられていた問題で、生活保護世帯や非課税世帯も学費補助金を納付していたことが9日、分かった。同日開かれた県議会県民企業常任委員会で県が明らかにした。

 県によると、生活保護を受給している5世帯のうち、4世帯が学費補助金計約52万円を納付。年収250万円未満の非課税世帯でも、49世帯のうち45世帯が計約841万円を納付していた。

 県私学振興課の秋山昌弘課長は「寄付の求めは学校の任意で、(県は)そこまでの関与ができない。生活保護世帯も非課税世帯も寄付については制限がない」と説明。小川久仁子委員は「寄付をする余裕があるなら生活保護を受給する資格はない。非課税世帯も、税金も払えないのに寄付をしているとすればゆゆしきことだ」と指摘した。






>黒岩知事は「寄付という行為は自主性に基づいて行われているものだと思っている。生活保護世帯が寄付するのは大丈夫かなと心配される方もいると思うが、生活保護世帯は寄付をしてはいけないということは特にない。それぞれの判断に基づいた結果だ」との見解を示した。


ふざけんな!黒岩!

そもそも朝鮮学校の存在を認めることがおかしい。

そして、学費補助金を在日朝鮮人に支給することは、憲法違反だ。

また、生活保護費を在日朝鮮人に支給することは、憲法違反で法律違反だ。

在日朝鮮人が生活保護費や学費補助金を受け取り、それらの資金を朝鮮学校に寄付することは、絶対に許されない!

朝鮮学校に寄付をする余裕があるなら、生活保護費(日本国民の税金)や学費補助金(日本国民の税金)を受給する資格はない!


▼注目事実▼
【生活保護受給率】
日本人  2.6%
在日朝鮮人 14.2%
在日支那人 1.6%

生活保護受給率 日本人 2.6%、 在日朝鮮人 14.2% 、 在日中国人 1.6%
生活保護受給率 日本人 2.6%、 在日朝鮮人 14.2% 、 在日支那人 1.6%



神奈川県の黒岩祐治知事
▼神奈川県知事の黒岩祐治の問題点▼

黒岩祐治は、元フジテレビのアナウンサーで、『新報道2001』の司会などをしていた。

黒岩祐治は、東日本大震災直後の平成23年(2011年)4月に投開票が行われた神奈川県知事選挙にて、「2011年夏までに5万~15万戸に太陽光パネルを設置する」「4年間で200万戸分の太陽光パネルを設置する」などと出来もしない公約を掲げて当選した。

しかし、投票日翌日(4月11日)の記者会見において、黒岩は「具体的な議会の日程などを考えると、時間がない。夏の冷房需要に間に合わせるということは別枠で考えないといけない。公約は修正させていただく」と発言し、突然公約の撤回を表明した。

さらに、平成23年(2011年)10月になると黒岩は、「4年間で200万戸分の太陽光パネル設置」との公約についても、「あのメッセージは役割を終えた。忘れてほしい」と述べ、撤回した。

つまり、黒岩祐治は、2011年3月11日の東日本大震災で発生した福島第一原発の事故に乗じて、直後の神奈川県知事選では「太陽経済」「ソーラーパネルの輝くキラキラ神奈川」という言葉を使って最初から出来もしない「太陽光発電の大量設置」を公約に掲げて当選したが、当選した翌日には「ウソでしたー!」と公約を破った詐欺師だ。

ソーラーパネルを持って演説していた神奈川県の黒岩祐治知事
ソーラーパネルを持って選挙演説していた黒岩祐治だが、当選翌日に公約を破った。

また、黒岩祐治は、平成23年(2011年)5月、大阪の橋下徹知事が「国旗、国歌を否定するなら公務員をやめればいい。もう(個人を)特定している。やらないなら府民への挑戦と捉えてやめてもらう。公務員だからといって守られるわけがない」と述べたことに対して、「強制されて国歌を歌うとか、強制されて日の丸に向き合うというのは本当の愛国の気持ちではない」と頓珍漢なイチャモンを付けた。(関連記事


平成25年(2013年)1月7日、「国の制度と県独自の補助金とは基本的に別もの」と述べ、教科書への拉致問題記述を要求しながらも、朝鮮学校に対する県の補助金支出を今後も神奈川県独自に行っていきたい考えを示した。


平成27年(2015年)10月14日、神奈川県が朝鮮学校に通う児童・生徒へ直接支給する学費補助金が保護者から朝鮮学校へ「寄付」させられていた問題で、「方針を変えるところには至っていない」と述べ、今後も朝鮮学校の生徒に学費補助金を支給し続ける方針を示した。

生活保護世帯や非課税世帯の在日朝鮮人学費補助金朝鮮学校に寄付していることが判明し、朝鮮学校に寄付をする余裕があるなら生活保護費や学費補助金を受給する資格はないはずなのに、そんな在日朝鮮人にも日本国民の税金から学費補助金を支給し続けると述べた。


左:『新版 朝鮮カルタ』牛辺さとし著(2015/9/19)
中:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「神奈川県は、朝鮮学校に寄付する在日に、生活保護や学費補助金を支給するな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.