正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201510
名護市民「人権侵害ない。翁長知事の発言はプロパガンダ!信じないでください!」国連人権理で反論
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






名護市民が国連人権理事会で翁長知事への反論演説「沖縄で人権侵害なんてない。翁長知事の発言はプロパガンダなので信じないでください!」「知事は尖閣狙う支那の脅威を無視している!」

http://www.sankei.com/politics/news/150922/plt1509220023-n1.html
「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」 国連人権理で辺野古賛成派が反論
2015.9.22 22:11更新、産経新聞

22日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説する名護市民の我那覇真子さん(左)=内藤泰朗撮影「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」 国連人権理で辺野古賛成派が反論
22日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説する名護市民の我那覇真子さん(左)=内藤泰朗撮影

【ジュネーブ=内藤泰朗】沖縄県の翁長雄志知事(64)は21日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設で「人権侵害が行われている」と訴えた。一方、22日には辺野古移設賛成派が「沖縄で人権侵害はない」「知事は尖閣諸島を狙う中国の脅威を無視している」と反論。人権理事会は、沖縄の基地問題で論争が交わされる異例の事態となった。

翁長氏は21日午後(日本時間同日深夜)、沖縄に米軍基地が集中する現状を紹介し、「人々は自己決定権や人権をないがしろにされている。あらゆる手段で新基地建設を止める覚悟だ」と主張した。

翁長氏が人権理事会で基地問題を持ち出したのは、この問題を国際世論に訴えかけ、移設をめぐり対立する日本政府を牽制する狙いがあるとみられる。

これに対し、駐ジュネーブの日本政府代表が21日、発言を求め、「日本の平和と安全を確保することが何より重要だ」と強調。長い時間をかけて辺野古移設を検討し沖縄県と合意した経緯を明らかにし、今後も県民に説明し、法に則して解決していくと語った。

22日には、別の非政府組織(NGO)が「日本政府は沖縄の先住民の自己決定権を尊重すべきだ」と述べ、翁長氏に同調する動きをみせた。

一方で移設賛成派にも発言の機会が設けられ、沖縄県名護市の我那覇真子(がなはまさこ)さん(26)が22日、翁長氏の「人権侵害」発言は「真実ではない。プロパガンダ(政治宣伝)を信じないでください」と呼びかけた。

沖縄生まれの我那覇さんは、沖縄が日本の他の地域と同様に人権が守られていると明言。「沖縄が先住民の土地だと主張することで沖縄を独立に導こうとする人たち、それを支持する中国こそが地域の平和と安定を脅かし、人権への脅威だ」と報告した。

さらに、尖閣諸島を抱える沖縄県石垣市の砥板芳行(といたよしゆき)市議会議員(45)の言葉を引用する形で、「中国が東シナ海と南シナ海でみせている深刻な挑戦行為を国連の皆が認識することが重要だ」と締めくくった。

翁長氏は21日の演説に先立ち、移設反対派の市民団体が主催したシンポジウムでも講演し、基地が「米軍に強制接収されてできた」と繰り返したが、沖縄県民が基地敷地の賃貸料などから利益を得ていることには触れなかった。

国連人権理事会で演説する沖縄県の翁長雄志知事=21日、スイス・ジュネーブ(共同)
国連人権理事会で演説する沖縄県の翁長雄志知事=21日、スイス・ジュネーブ(共同)



>沖縄県の翁長雄志知事(64)は21日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設で「人権侵害が行われている」と訴えた。


呆れた!

米軍の普天間飛行場を辺野古へ移設することで「人権侵害」だって?!

米軍の普天間飛行場のことを反日左翼やマスゴミが「世界一危険な基地」と称して散々非難してきたために、辺野古に移設することになったのだが、今頃になって「移設で人権侵害が行われているニダ!」と訴えている。

人権に配慮していることはあっても、人権侵害などない。

これを「人権侵害」と言うなら、本物の「人権侵害」の被害者は間違いなく怒る。






>一方、22日には辺野古移設賛成派が「沖縄で人権侵害はない」「知事は尖閣諸島を狙う中国の脅威を無視している」と反論。人権理事会は、沖縄の基地問題で論争が交わされる異例の事態となった。


アホの翁長が米軍普天間飛行場の辺野古への移設問題について「人権侵害」などと頓珍漢なことを言い出したから人権理事会が混乱を来たすのは当然だ。

翁長は、所構わず関係者に迷惑をかけることを厳に慎むべきだ。

国連「人権理事会」だって、「そんなの人権問題じゃねー!」と言いたいに違いない。

欧米各国も同様に、基地問題を「人権問題」として、国連の人権理事会で頓珍漢な主張をした沖縄県知事の翁長に冷ややかだ。

翁長が9月21日に、国連人権理事会で、基地問題のことを場違いな「人権問題」として主張したことについて、欧米メディアからは殆ど無視されてしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000009-okinawat-oki
欧米メディア、翁長知事演説の報道目立たず
沖縄タイムス 9月23日(水)10時43分配信

【平安名純代・米国特約記者】翁長雄志知事がスイス・ジュネーブの国連人権理事会で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対と米軍基地の過剰集中を訴えたことについて、欧米メディアはほとんど報じず、関心の低さが目立った。地元メディアをはじめ、国内主要紙なども大きく報じた日本とは捉えられ方が大きく異なり、県の発信能力も問われそうだ。
インディア・ドット・コム(電子版)は22日、NHKニュースの報道を引用し、「翁長氏は沖縄の人々は、人権をないがしろにされていると訴えた」などと述べ、翁長氏が地元の意向を無視する日本政府を批判したなどと報道。これを受け、日本政府代表部が「沖縄の基地負担軽減に最大限取り組んでいる。普天間基地の辺野古への移設は、危険性の除去を実現する唯一の解決策だ」などと反論したと報じた。






>一方で移設賛成派にも発言の機会が設けられ、沖縄県名護市の我那覇真子(がなはまさこ)さん(26)が22日、翁長氏の「人権侵害」発言は「真実ではない。プロパガンダ(政治宣伝)を信じないでください」と呼びかけた。


Good Job!

日本政府代表は、翁長の人権侵害発言に対して、今後も県民に説明し、法に則して解決していくと語ったようだが、それでは人権侵害との批判を明確に否定できていない。

名護市の我那覇真子さんのように、「翁長発言は、真実ではない。プロパガンダを信じないでください」と言う方が余ほど説得力がある。






>沖縄生まれの我那覇さんは、沖縄が日本の他の地域と同様に人権が守られていると明言。「沖縄が先住民の土地だと主張することで沖縄を独立に導こうとする人たち、それを支持する中国こそが地域の平和と安定を脅かし、人権への脅威だ」と報告した。
>さらに、尖閣諸島を抱える沖縄県石垣市の砥板芳行(といたよしゆき)市議会議員(45)の言葉を引用する形で、「中国が東シナ海と南シナ海でみせている深刻な挑戦行為を国連の皆が認識することが重要だ」と締めくくった。



素晴らしい正論だ。

演説の途中でマイクの調子が悪くなって少し中断があったようだが、堂々たる演説だった。

演説の様子は、You Tubeにも掲載されている。

沖縄メディアは死んでも報じたくない我那覇真子さんの国連演説
■動画
沖縄メディアは死んでも報じたくない我那覇真子さんの国連演説
https://www.youtube.com/watch?v=WYwizSCDdos


■動画
Item:4 General Debate (Cont'd) - 18th Meeting 30th Regular Session of Human
Rights Council
22 Sep 2015
http://webtv.un.org/watch/item4-general-debate-contd-18th-meeting-30th-regular-session-of-human-rights-council/4500789703001#full-text

我那覇真子の演説は、2:08:40~2:10:20



我那覇真子さんによる国連人権理事会での反論演説は、沖縄県の反日2紙などによる妨害工作を避けるために秘密裏に行われたそうだ。

今回の反論演説の前後の様子について、ブログ「狼魔人日記」で報告されている。

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/b76ac23f5f7079796814d5de525266f7
「知事の発言は嘘です!」、国連で我那覇真子さんが反論
2015-09-23
(一部抜粋)
「正す会」の代表である我那覇真子さんが、国連人権理事会で翁長知事の演説にカウンタースピーチをする計画は、沖縄2紙などの妨害工作を避けるため秘密裏に行われた。

そして昨夜22時過ぎ、ジュネーブの我那覇さんからカウンタスピーチに成功した旨の電話が入った。

その後記者会見も行われ、翁長知事と沖縄2紙の夢をもろくも打ち砕かれた。


スピーチ直後の記者会見
スピーチ直後の記者会見

我那覇さんよりカウンタースピーチ成功を報告するメールが入っているので紹介する。

――――――――――
皆様

halo!

我那覇です。

皆様にご報告です。

実は先程国連で翁長知事スピーチにカウンタースピーチをしてきました!

「同じ人権理事会の場で、昨日沖縄の知事が発言しましたが、それは真実から程遠いです。」

Nothing is further from the truth.

仲新城記者が国連の記事を書いています。
http://ironna.jp/article/2045

私のスピーチの内容に関しては、これから出ると思います。!

国連には、沖縄のメディア大集合!

しかし、しっかりと左翼退治をしてきました。

我那覇



(参考:平成25年の我那覇真子さんの演説=辺野古住民の本当の声)
若き愛国ヒロイン我那覇真子 沖縄マスコミの実態
■動画
若き愛国ヒロイン我那覇真子 沖縄マスコミの実態
http://www.youtube.com/watch?v=MejRmMRb_Ig






>翁長氏は21日の演説に先立ち、移設反対派の市民団体が主催したシンポジウムでも講演し、基地が「米軍に強制接収されてできた」と繰り返したが、沖縄県民が基地敷地の賃貸料などから利益を得ていることには触れなかった。


実際問題として、普天間飛行場の土地所有者たちは、その現状維持の長期化を目指して県内移転反対運動をしているという。

なぜ、普天間飛行場の土地所有者たちは現状維持の長期化を目指すのか?

実は、土地の所有者たちは、基地敷地の賃貸料などから大きな利益を得ている。

「軍用地」というのは、非常に優良な金融商品となっており、普天間飛行場がすんなり返還されてしまうと金融商品(軍用地所有)の価値が暴落するのだ。

『軍用地』は、沖縄の自衛隊基地、米軍基地のことを指すが、その基地の殆どは、国が個人の土地を借地(強制使用)しているのが現状だ。

「借地料」は、沖縄県全体で年間約900億円を国が地主さん達に支払っている。

この『軍用地』は、基地問題という一面も持ちながら、戦後の沖縄の経済を潤した収入物件でもあるのだ。

特に返還される見込みのない土地が人気があり高値で取引されている。

沖縄では個人はもちろん、会社や団体・組合などのお金の投資先として『軍用地』が重宝されている。

したがって、普天間飛行場の土地所有者たちは、現状維持が長期化すると得をする。

軍用地は土地の取引というより、金融商品の取引というのが沖縄では定着しております





さて、9月22日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前で、警備中の警察官に暴行を加えた公務執行妨害で、韓国人が現行犯逮捕された!

沖縄の米軍基地の移設反対運動に、韓国人が加わっていることが、またしても証明された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000013-okinawat-oki
辺野古、公務執行妨害の疑いで韓国人逮捕 「妊娠の妻押され腹が立った」
沖縄タイムス 9月22日(火)14時13分配信

名護署は22日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前で、警備中の警察官に暴行を加え公務を妨げたとして、職業不詳の韓国人男性(29)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。男性は「妊娠している妻を警察官が押したので腹が立って蹴った」などと話しているという。
ゲート前では、同日早朝から新基地建設に抗議する市民と警察のもみ合いがあった。

また大浦湾海上では、市民の抗議船2隻、カヌー19艇が午前から抗議行動を開始。工事作業は確認されていない。




今回は、名護市で生まれ育った我那覇真子さんが国連人権理事会で事実を演説してくれた。

実際に、名護市の地元民で辺野古への基地移設に反対している人は多数派ではないし、抗議活動に参加している人は殆どいない。

米軍基地移設に反対して活動している者の多くは、沖縄県以外の反日左翼や韓国人のような外国人が多い。






●当ブログ関連記事
沖縄の真実の動画にマスゴミ発狂・境界線を越え拘束→越えてないと主張→動画流出→流出けしからん
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5763.html
辺野古住民の声暴露!TVタックル「選挙のためによそから名護市に引っ越して来る。デモ隊は迷惑」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5758.html


(一部抜粋)

>ところが、番組の取材では、辺野古のとあるスナックで、デモ隊は辺野古住民ではなく、外部から訪れた人々なのだという証言が飛び出した。

▼その部分の画像▼
デモしている人たちは辺野古の人たちじゃないから
辺野古住民デモしている人達は辺野古の人たちじゃないから」

本当に辺野古住民はデモ隊に迷惑している.ビートたけしのTVタックル 150309
辺野古住民本当に辺野古住民はデモ隊に迷惑している」

選挙するために他所から辺野古に引っ越した人がいる.
辺野古住民選挙するためによそから名護市に引っ越しした人がいるの」


実際に、辺野古など沖縄で反対デモや妨害活動をしているのは、辺野古の住民ではなく、よそ者ばかりだ。
よそから来て沖縄でデモをするプロ市民たち
よそから来て沖縄でデモをするプロ市民たち



そして、辺野古で米軍基地移転に反対している「よそ者」については、日本人のよそ者だけにとどまらず、こともあろうに韓国人などの外国人まで参加しているから呆れてしまう。
韓国高校生12人も抗議 辺野古ゲート前 テコンドー披露し連帯
韓国高校生12人も抗議 辺野古ゲート前 テコンドー披露し連帯
韓国高校生12人も抗議 辺野古ゲート前 テコンドー披露し連帯

座り込みをする市民らにテコンドー演舞を披露する、韓国の以友高校の生徒ら=7日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前
座り込みをする市民らにテコンドー演舞を披露する、韓国の以友高校の生徒ら=7日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前


左:『新版 朝鮮カルタ』牛辺さとし著(2015/9/19)
中:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「翁長の嘘演説への素晴らしい反論演説だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.