FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201510
埼玉県警の大罪!ペルー人に殺された6人は埼玉県警に殺されたも同然!13日事情聴取中に逃亡許す
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






6人殺害ペルー人を逮捕、埼玉県警の大罪
▼埼玉県熊谷市の狭い範囲内でペルー人が3日間に6人殺害の流れ▼
9月13日13:30頃、地元消防が交番に「外国人が来て、片言で意味が分からない」と届け出。
埼玉県警がペルー人を事情聴取中に、喫煙所にタバコ吸いに行かせて、そのまま逃げられる!
ペルー人が住居侵入事件を起こす。
9月14日、ペルー人が50代の資産家夫婦の田崎稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)【2人】を殺害。
埼玉県警は、ペルー人を探すも見つけることができず。
9月15日、埼玉県警は、13日に起きた住居侵入事件でペルー人の逮捕状を取る。
しかし、埼玉県警は、近所などに警戒などの呼びかけなどは特にせず。
9月16日、ペルー人が一連の事件のすぐ近所の80代の女性【1人】を殺害。16:30頃、白石和代さん(84)が殺害されているのが発見。
埼玉県警熊谷署から続々と捜査員らが駆け出す。
その後、ペルー人は100メートルくらい離れている近所の母親と小学生の娘2人の合計3人が居た加藤美和子さん(41)宅に入る。
17:30頃、埼玉県警は、犯人のペルー人を発見。
埼玉県警の捜査員たちが加藤さんの家を囲み、「子ども2人!」などと連絡を取り合い、犯人対して「刃物を捨てろ!」などと叫ぶ。
しかし、埼玉県警は、すぐに突入せずに大人数で周囲を取り囲むだけ。

ペルー人は、母子【3人】を殺害し、自分の腕を切り付けた後に、2階から飛び降りて頭の骨を折って意識不明の重体となったため、ようやく埼玉県警がペルー人の身柄を確保。
家の中では、加藤美和子さん(41)と娘の小学生・美咲さん(10)、春花さん(7)のあわせて3人が血を流して殺害されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150917-00000011-nnn-soci
身柄確保のペルー人 事件前に署から逃走
日本テレビ系(NNN) 9月17日(木)6時36分配信
身柄確保のペルー人 事件前に署から逃走

 16日、埼玉・熊谷市の住宅2棟で計4人が殺害されているのが見つかった。関与したとみられるペルー人の男は現場の住宅から転落し、意識不明となっている。男は事件の3日前、警察署から逃走していた。

 警察によると、16日夕方、熊谷市の住宅の浴室で白石和代さん(84)が遺体で見つかり、さらに近くの住宅で加藤美和子さん(41)と小学生の姉妹、美咲さん(10)と春花さん(7)が1階と2階のクロゼットの中で死んでいるのが見つかった。

 警察は加藤さん宅の2階で刃物を持ったペルー人の男を発見し説得したが、男は自分の腕を切りつけ2階から転落。意識不明の重体となっている。

 警察によると、男はペルー国籍のナカダルデナ・バイロンジョナタン容疑者(30)。事件3日前の13日、市内の消防分署から「外国人が片言で何かを言っているが意味がわからない」などと通報があったため、熊谷警察署でナカダルデナ容疑者に任意で事情を聴いたが、署の外でタバコを吸わせていた時に逃走したという。

 ナカダルデナ容疑者は逃走直後に市内で住居侵入事件を起こし、翌14日には50代の夫婦が殺害される事件が発生した。警察は15日に住居不法侵入容疑で逮捕状をとり、行方を追ったが、16日にさらに4人が殺害されるに至ったもの。

 逃走を許した男が凶悪事件を次々引き起こしたとみられることについて、警察は会見で、「逃走した人物が今回の事件と関連していくというのは、当時はわかる状況ではなかった」と釈明している。



埼玉県警は、落ち度はなかったと主張している。
身柄確保のペルー人 事件前に署から逃走

しかし、私に言わせれば、ナカダルデナ・バイロンジョナタンに殺害された6人は、埼玉県警によって殺されたようなものだ!

まず、9月13日に、通報があったペルー人を事情聴取の際に、喫煙所にタバコを吸いに行かせてそのまま逃げられたというのがマヌケ過ぎる。

次に、その日のうちにペルー人が住居侵入事件を起こし、翌14日には近所で50歳代の資産家夫婦が殺害されたにもかかわらず、怪しいペルー人が逃走中であることを公表しなかった。

この時点で埼玉県警が13日に逃走したペルー人のことをことを公表していれば、その後同月16日にやはりすぐ近所で発生した合わせて4人の殺害事件を防ぐことができた可能性が高い。

さらに、16日の16:30頃に白石和代さん(84)が殺害されているのが発見された後、17:30頃に100mくらい離れた近所の加藤美和子さん(41)宅でペルー人を発見した後に、すぐに突入しなかったことについても大いに問題だ。

ペルー人の犯人は、僅か3日間で3人を次々と殺害しているのだから、何はともあれすぐに突入するべきだった。



――――――――――
▼埼玉県熊谷市の狭い範囲内でペルー人が3日間に6人殺害の流れ▼

9月13日13:30頃、地元消防が交番に「外国人が来て、片言で意味が分からない」と届け出。
埼玉県警がペルー人を事情聴取中に、喫煙所にタバコ吸いに行かせて、そのまま逃げられる!
ペルー人が住居侵入事件を起こす。

9月14日、ペルー人が50代の資産家夫婦の田崎稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)【2人】を殺害。
9月14日、埼玉県熊谷市の住宅で50代の夫婦が刃物のようなもので刺され、殺害された事件で、司法解剖の結果、死因は失血死だったことが新たにわかりました。
埼玉県警は、ペルー人を探すも見つけることができず。

9月15日、埼玉県警は、13日に起きた住居侵入事件でペルー人の逮捕状を取る。
しかし、埼玉県警は、近所などに警戒などの呼びかけなどは特にせず。

9月16日、ペルー人が一連の事件のすぐ近所の80代の女性【1人】を殺害。16:30頃、白石和代さん(84)が殺害されているのが発見。
6人殺害ペルー人を逮捕、埼玉県警の大罪

埼玉県警熊谷署から続々と捜査員らが駆け出す。
その後、ペルー人は100メートルくらい離れている近所の母親と小学生の娘2人の合計3人が居た加藤美和子さん(41)宅に入る。
17:30頃、埼玉県警は、犯人のペルー人を発見。
埼玉県警の捜査員たちが加藤さんの家を囲み、「子ども2人!」などと連絡を取り合い、犯人対して「刃物を捨てろ!」などと叫ぶ。
しかし、埼玉県警は、すぐに突入せずに大人数で周囲を取り囲むだけ。

ペルー人は、母子【3人】を殺害し、自分の腕を切り付けた後に、2階から飛び降りて頭の骨を折って意識不明の重体となったため、ようやく埼玉県警がペルー人の身柄を確保。
6人殺害ペルー人を逮捕、埼玉県警の大罪 熊谷 84歳女性と、母と小学生の娘2人の計4人死亡で、ペルー人男の身柄確保

6人殺害ペルー人を逮捕、埼玉県警の大罪 熊谷 84歳女性と、母と小学生の娘2人の計4人死亡で、ペルー人男の身柄確保

6人殺害ペルー人を逮捕、埼玉県警の大罪 熊谷 84歳女性と、母と小学生の娘2人の計4人死亡で、ペルー人男の身柄確保

家の中では、加藤美和子さん(41)と娘の小学生・美咲さん(10)、春花さん(7)のあわせて3人が血を流して殺害されていた。
――――――――――





埼玉県警で思い出されるのは、平成26年5月25日、しばき隊の「男組」14人が、西川口駅前でデモ参加者1人を待ち伏せし、14人がかりで1人に対して暴行を働き、特に格闘ジム所属の松本英一が執拗に目を狙って殴り続け、頬骨骨折させるという卑劣極まりない集団暴行・傷害事件を起こした際に、加害者14人を逮捕せずに被害者の1人を逮捕した大罪だ!

埼玉県警は、狂っているのだ!


移民受け入れ断固反対デモ行進 in 西川口
被害者なのに、なぜか埼玉県警に逮捕された内田伊織氏

【事件のおさらい】

平成26年5月25日、しばき隊の「男組」14人が、西川口駅前でデモ参加者一人を待ち伏せし、14人がかりで1人に対して暴行を働き、特に格闘ジム所属の松本英一が執拗に目を狙って殴り続け、頬骨骨折させるという卑劣極まりない集団暴行・傷害事件が発生した。

当該事件において、埼玉県警は、なぜか加害者14人を逮捕せず、加害者側から1人のみを逮捕し、事も有ろうに集団暴行によって骨折させられた被害者1人も逮捕してしまった!

――――――――――
●関連記事
移民受け入れ断固反対デモ行進in西川口・しばき隊発狂・毎年20万人移民法案で安部事務所の対応
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5460.html
「お隣だから」は固定観念!韓国と付き合うな!黒鉄ヒロシの新脱亜論・埼玉県警が被害者を不当逮捕
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5461.html
埼玉県警の不当逮捕の続報・被害者の視力回復せず!松本英一は格闘ジム所属・男組の組織的計画的犯行
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5464.html
(一部再掲載)

しばき隊 男組 松本英一の情報 T-BLOOD所属の格闘家
格闘技ジムに所属し、14人の集団で、1人のデモ参加者を襲撃し、目を執拗に殴り続けて顔を骨折させたレイシストしばき隊「男組」の松本英一容疑者
画像は【男組】若頭の牧田裕二郎(山口祐二郎)と戯れる松本英一


しばき隊 男組 松本英一の情報 T-BLOOD所属の格闘家
(4人組の画像の一番左の選手)


さて、上述したとおり、1人に対して集団で暴行した14人のうち、被害者の目の周辺を執拗に殴り続けて顔を骨折させて逮捕された松本英一は、総合格闘技ジム「T-BLOOD」に所属している。
しばき隊 男組 松本英一の情報 T-BLOOD所属の格闘家

しばき隊 男組 松本英一の情報 T-BLOOD所属の格闘家
■動画
PRE STAGE 61 松本英一。
https://www.youtube.com/watch?v=sdefq-RpXH8#t=26



https://twitter.com/Quamzin03350/statuses/466210492155850752
マツモトエイイチ‏@Quamzin03350
新風の奴らマジで殺してえ
22:36 - 2014年5月13日



格闘技ジムに所属し、集団で暴行に及び、被害者の目の周辺を執拗に殴り続けて顔を骨折させたのだから、松本英一の罪は非常に重い。

松本英一は、相手に重傷を負わせたことを実感していたようで、現場から一人素知らぬ顔をして立ち去ろうとしていた。

↓ ↓ ↓
【埼玉支部】移民受け入れ断固反対デモ行進in西川口2014/5/25デモ前おまけ
■動画
【埼玉支部】移民受け入れ断固反対デモ行進in西川口2014/5/25デモ前おまけ
https://www.youtube.com/watch?v=f09doddYyjM&feature=youtu.be



14人がかりで襲撃されて、そのうち格闘技ジム所属の一人からは執拗に目を殴られたため、相手の手を払い除けようとしたのだから、内田伊織氏の行動は明らかな正当防衛だ。

それなのに、相手の手にかすり傷を負わせたとして、内田伊織氏を逮捕した埼玉県警の責任は重大だ。

しかも、男組は14人がかりで襲撃しにもかかわらず、埼玉県警が松本英一しか逮捕しなかったことも不可思議だ。

https://twitter.com/Doronpa01/statuses/471545377108148224
桜井誠‏@Doronpa01
埼玉の移民反対デモで重傷を負った伊織氏の状況が幾らかでも分かりました。本人は「10人がかりで襲われてタコ殴りにされた。目を執拗に殴ってきて、現在視力も戻らない。自分は絶対に手を出していない。」というものでした。松本被告及び男組に対して刑事・民事で争う意思を明確にしていたそうです。
15:55 - 2014年5月28日


https://twitter.com/taroutosaburou/statuses/471547778825326592
太郎と三郎‏@taroutosaburou
@Doronpa01 10人まとめて逮捕されるべきなのになぜ被害者が逮捕されるのか?
16:05 - 2014年5月28日


https://twitter.com/congu_888/statuses/471587538285514752
Shangri-La‏@congu_888
@poponnkichi @Doronpa01 仰る通りです。およそ先進国の警察とは言えない川口署の稚拙対応に呆れてます。とりあえず、埼玉県警の監察か埼玉県公安委員会への申立てが必要ですね。身元も確かであり一方的な逮捕はおかしい。警察は朝鮮弁護士の言いなりでしょう。
18:43 - 2014年5月28日


■動画
10人に襲われて頬骨骨折させられて逮捕はおかしい!
https://www.youtube.com/watch?v=w-OYNXnni5Y

――――――――――
【要旨】
被害者は、警察に出頭する前に携帯からフェイスブックに次の書き込みを残していた。
『しばき隊10人以上に包囲された。目に指を入れて来た。盾になれるばいいけど。6人以上で一斉に暴行してきましたよ。僕は実況見聞のあとで警察署に行きます。しばき隊は全員連行。』
このFBの書込みからも、まさか自分が逮捕されるとは思っていなかっただろう。
しばき隊には、拘留中にも日当が出る。

善良な日本人は、10日も20日も拘留されたら、職場に迷惑をかけ、下手すると会社もクビになるかもしれない。
松本英一が5年くらい刑務所に入っても、被害者が会社をクビになって失職すれば、割に合わない。
しばき隊(男組)の弁護士は、待ち構えていたようにすぐに現場に現れた。
しばき隊のツイッターを見ると、ターゲットを定め、10人がかりで襲っている。
計画的かつ組織的な犯罪だ。

――――――――――

――――――――――


私も、内田伊織氏と話をし、いろいろと聞いた。

埼玉県警は、内田伊織氏が顔を骨折する程の重傷を負ったからこそ、内田伊織氏が在特会の重要人物だと勘違いし、12日間も身柄を拘束して家宅捜査やPCなどの押収まで行ったそうだ。

つまり、内田伊織氏の被害が大きかったからこそ、警察は内田氏を要注意人物として、不当に逮捕し、長期間身柄を拘束し、家宅捜索まで行ったようだ。

逆に、埼玉県警は、集団で暴行をした松本英一以外の連中を取り逃がして野放しにしてしまった。

松本英一に対する捜査は今も続いているとのことだが、松本英一も未だに起訴されていない。

埼玉県警の出鱈目っぷりは、許し難い!




■続報■
▼内田伊織氏に係る確実な情報▼
――――――――――
2015年1月27日

1.埼玉県警は「住所氏名を言わないと勾留延長するぞ」と取調室で脅迫した。

2.埼玉県警は「サインをしないと終わらないぞ」と言い、事実と異なる供述調書にサインをさせた。

3.埼玉県警は、病院内を手錠をしたまま3回連れ回した。

4.埼玉県警は、犯人14人を5月25日の事件時に全員逃がした上で、犯人の被害届けを受理した。

5.埼玉県警は、捜査情報をリークし、犯人を逃がした。
――――――――――


埼玉県警・貴志浩平 本部長
埼玉県警・阿波拓洋 刑事部長
埼玉県警・新井共実 捜査1課長

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C%E8%AD%A6%E5%AF%9F
▼埼玉県警察本部長▼
杵淵智行
平成26年 ( 2014年)1月31日~平成27年(2015年)8月24日
現在、警察大学校長

貴志浩平
平成27年(2015年)1月31日~


▼検挙率ワースト5▼
1 大阪府警
2 愛知県警
3 埼玉県警
4 三重県警
5 京都府警
全国47都道府県「警察力」ランキング



【告知】

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=852
カルト創価学会と繁華街に氾濫する外国人売春婦を叩き出せ!!

【開催日】 平成27年9月21日(月曜日、敬老の日)
【集合時間】 12時
【出発予定】 12時30分

【集合場所】 鶯谷公園
東京都台東区根岸1-3-17
JR山手線 鶯谷駅南口すぐ

【主催】政教分離を求める会
(副代表:有門大輔 =護国志士の会副長=)
連絡090-4439-6570

【共催】護国志士の会 外国人犯罪撲滅協議会 NPO法人外国人犯罪追放運動



左:『新版 朝鮮カルタ』牛辺さとし著(2015/9/19)
中:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「埼玉県警の大失態だ!大罪だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:事件・事故・社会問題・時事一般 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.