FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201507<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201509
親日国家ベルギーを激怒させる佐野研二郎、大会組織委、TBS・べルギー公使アルベール・ダネタン
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






ベルギー国営通信社マジギレ「東京五輪組織委員会が暴言を吐いた!!!」 国際問題に発展へ
画像:【速報】ベルギー国営通信社マジギレ「東京五輪組織委員会が暴言を吐いた!!!」 国際問題に発展へ保守速報)より

http://nl.metrotime.be/2015/08/17/news/organisatoren-olympische-spelen-tokio-2020-halen-uit-naar-belgische-designer/
Organisatoren Olympische Spelen Tokio 2020 halen uit naar Belgische designer
ベルギー国営通信社マジギレ「東京五輪組織委員会が暴言を吐いた!!!」 国際問題に発展へ

Het organiserend comité van de Olympische Spelen in Tokio 2020 heeft uitgehaald naar de Belgische designer die een klacht heeft ingediend tegen het Internationaal Olympisch Comité (IOC). De Belgische designer, Olivier Debie, vindt dat het logo voor de Zomerspelen te veel gelijkt op het logo dat hijzelf ontwierp voor het Théâtre de Liège.
Het organiserend comité gaf in een Japanse mededeling enkele sneren aan de Belgische designer. Olivier Debie diende een klacht in tegen het IOC wegens plagiaat. Het logo voor de Spelen in Tokio werd ontworpen door de Japanse ontwerper Kenjiro Sano. Het Japans Olympisch Comité zegt dat ze de zaak met Debie wilden uitpraten. “We voorzagen hem (de ontwerper) van een gedetailleerde geschreven verklaring, maar de eiser koos ervoor om een klacht in te dienen in plaats van te luisteren”, luidt een van de verklaringen in de tekst.

Op het logo van het Théâtre de Liège berusten geen auteursrechten maar Debie zegt dat het Olympisch logo een kopie is van zijn werk voor het theater. John Coates van het coördinerend comité van het IOC zegt dat het IOC en het Japans Olympisch Comité uitvoerig gecontroleerd hebben dat er geen handelsmerk was voor het logo.

De Japanners zijn allerminst opgezet met de handelswijze van Debie en het theater. “Herhaaldelijk hun eigen beweringen verspreiden en een klacht indienen is gedrag van een openbare organisatie onwaardig”, aldus het statement.

Vorige week vrijdag bekende het kantoor van Sano nog dat zijn team ontwerpen van een ander bureau had gebruikt voor zijn reclamecampagne.

Op 22 september wordt de zaak van Debie om het gebruik van het logo te stoppen ingeleid voor de burgerlijke rechtbank van Luik.

bron: Belga

lees ook:



オランダ語の記事だが、タイトルと1段落目を英語に訳すと、次のとおり。

Organizers Olympics Tokyo 2020 lash out at Belgian designer

The organizing committee of the Olympic Games in Tokyo in 2020 has lashed out at the Belgian designer who has filed a complaint against the International Olympic Committee (IOC). The Belgian designer Olivier Debie, finds that the logo for the Summer too similar to the logo that he designed for the Théâtre de Liège.


上記の「lash out」「暴言を吐く」という意味だ!
――――――――――
研究社 新英和中辞典
lash out
(1) 〔…に〕激しく襲いかかる 〔at, against〕.
(2) 〔人に〕悪口[暴言]を吐く 〔at, against〕.
――――――――――



89:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 02:21:48.69 ID:g/+CKdfq0.net
>>63
主催オリンピック東京2020ベルギーのデザイナーで暴言を吐きます

過激なタイトル
これを読んで民衆が怒るのがこれから
明日以降大炎上待ったなし!


64:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 02:19:13.30 ID:Af+n1tHu0.net
>>47
国際問題化してるじゃねーか
マジで利権屋たひねよ

434:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 02:55:28.91 ID:EivIAykd0.net
>>363
>これ部数すげー多いぞー。

http://nl.metrotime.be/2015/08/17/news/organisatoren-olympische-spelen-tokio-2020-halen-uit-naar-belgische-designer/
>ベルギーはマジギレ
>東京五輪組織委員会が暴言を吐いたという見出しまで

この新聞はロンドン地下鉄の出入口に無料で毎日置かれている、
メチャクチャ部数の多い新聞。

佐野世界デビューじゃんww


513:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 03:01:43.93 ID:MWYT7XEg0.net
>>434
私の認識が正しいなら
47に提示したマジギレ記事元は、ベルギー国営通信社です

ベルガ通信 Belga ベルギーの国営通信社

ベルギー国営通信社が、タイトルで、組織委員会は暴言を吐いた
と激怒したということ

936:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 03:35:28.05 ID:JGuGXtrj0.net
>>47
翻訳にかけたらベルガ通信ってなってるな
まあ国際問題化してるし無能組織委の目を醒ますにはいい機会だな


955:名無しさん@1周年:2015/08/18(火) 03:36:39.52 ID:MWYT7XEg0.net
>>936
ベルギー国営通信社のことですよ
最悪ですわ
国営通信社が、組織委員会は暴言を吐いたと激怒記事




また、TBSもベルギー王室とベルギー国民を激怒させている!

【悲報】TBSがベルギー王室劇場を侮辱しベルギー激怒 TBS「炎上ビジネス。ロゴ問題のおかげで有名に」

http://www.cyzo.com/i/2015/08/post_23375_entry.html
五輪ロゴ盗作問題「売名でしょ?」指摘にベルギー激怒! もみ消しの裏にうごめく大手広告代理店の闇
2015.08.14
五輪ロゴ盗作問題「売名でしょ?」指摘にベルギー激怒! もみ消しの裏にうごめく大手広告代理店の闇

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムの盗作疑惑。作者のアートディレクター・佐野研二郎氏は盗作を否定したが、一部のテレビコメンテーターがベルギーのデザイナーの売名行為としたことで、同国の関係者が激怒している。

「この抗議で私たちにどんなメリットが生まれるのか、説明してもらいたい。デザインを盗まれたと叫べば、仕事が増えるとでも思っているのか。多くの日本人はそんな失礼な見解を持っていないと思うけど、物事の本質から話をそらしているとしか思えない!」

 電話取材に応じたリエージュ劇場の関係者を怒らせたのは、7月31日放送のTBS系『ひるおび!』に出演した八代英輝弁護士の見解だ。同劇場のロゴマークが五輪エンブレムと酷似していたことで抗議したベルギー側に対し「炎上ビジネスに見えなくもないですよね」としたもの。同番組に出演したコメンテーターの面々は一様に同じ見解で、共演者のタレント、デーモン閣下も追従。ベルギーの劇場を「有名なの?」とちゃかした。また、スポーツライターの玉木正之氏に至っては「おかげでベルギーの劇場も有名になった」と言いだす始末で、まるで意図的に意見をそろえているかのようだった。

 ただ、この問題は日増しに佐野氏への批判が大きくなっている。当初、大会組織委員会の役員も「国際的な商標登録の手続きを経ているので、このまま使用する方向」と明言していたが、佐野氏には別の盗作疑惑が続々発覚。現在では「エンブレムに問題がなくても、もしも作者が盗用の常習者だとなってしまったら、話は変わる」と、白紙撤回も示唆するようになっている。

 当初は佐野氏の盗作に否定的だった同業者の中にも、ほかの盗作疑惑の続出で態度を一転させた者が少なくない。サントリーのノンアルコールビールのキャンペーン商品でデザインしたトートバッグは、フランスパンのデザインが個人ブログの画像と完全に一致。パンの細かい焼き目まで合致しており、偶然の一致では片付けられない。

 ただ、前出役員は「問題は、このプロジェクトにはメディアと連動した大手広告代理店の利権が深く絡んでいるので、そこの折り合いをつけるのは新国立競技場並みに骨が折れる作業」だという。

 その詳細は語ってもらえなかったが、これは佐野氏の出身母体である広告代理店・博報堂のことと思われる。エンブレムの選定については審査委員に永井一正氏、長嶋りかこ氏ら、博報堂にゆかりのある面々による身内選考であったという見方がされており、あるテレビプロデューサーからは「八代弁護士の発言も、これでしょ」と関連付ける。



実は、ベルギーは、歴史的にも現在も大変な親日国家だ!

日清戦争で、アメリカの新聞が「日本軍が旅順で無辜の市民6万人を大虐殺した」とプロパガンダ(虚偽報道)をした際には、べルギー公使アルベール・ダネタン男爵が調査をして虚偽報道であること証明してくれた!

また、日露戦争直前に、ヨーロッパの新聞が「日露戦争が始まると在日外国人が虐殺される」とデマ報道をした際にも、べルギー公使アルベール・ダネタン男爵が当該デマを否定してくれた。

さらに、ダネタン男爵は、日露戦争の最中にも、「ロシア軍捕虜が虐待されている」とのデマ報道を是正する報告を発出してくれた。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog113.html
■3.虐殺事件の嘘を暴いたべルギー公使■

 そもそもべルギーと日本との本格的な交流は、1866年の日本国白耳義国修好通商及び航海条約の調印に始まるが、とりわけ明治26年から43年のあいだ日本公使を務めたアルべール・ダネタンが、敢然として明治日本の名誉を守った史実も特筆にあたいするものである。 

 例えば日清戦争での日本軍による旅順港占領の際に、無事の住民に対する虐殺が行われたとする記事が諸外国の新聞に報道されたことがある。ダネタンは事の真偽を確かめるべく調査に乗り出し、結局米国記者によって捏造された「虐殺事件」がまぼろしだったことを突き止め、べルギー本国政府に対して注意を促す次のような報告書を提出している。

「旅順港において日本軍によって行われたと伝えられる残虐行為は、新聞報道者、特に二ューヨーク・ワールド紙の記者によって多分に誇張されたものであった。私はそこに居合わせたフランス武官ラブリ子爵に会ったが、彼は私にこう断言した。殺された者は軍服を脱いだ兵士たちであり、婦女子が殺されたというのは真実ではないと。旅順港占領の数日前にほとんどの住民は避難しており、町には兵士と工廠の職工たちだけであった」(磯見辰典・黒沢文責・桜井良樹著「日本・べルギー関係史』)


http://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/140410/erp14041011340003-s.htm
【軍事情勢】“中国の蛮性”をベルギーは再び看破できるか
2014.4.10 11:34更新、産経新聞

 《パンダ》の語源は、国際世論の誘導も意味する《プロパガンダ》ではないかとの思い込みを持った。中国の習近平国家主席(60)が欧州歴訪中の3月末、ベルギーで見せつけた《パンダ外交》はそう誤解するに十分不気味だった。事実に基づく情報を源とする“善玉”を《ホワイト・プロパガンダ》、偽情報を潜ませる“悪玉”を《ブラック・プロパガンダ》と呼ぶ分類が、余計に黒白のブチが特徴のパンダを想わせる。日本も経験済みだが、愛くるしいパンダは中国を身近に感じ、平和的印象を勝手に醸成してしまう。しかし、ベルギーはブラック・プロパガンダに惑わされなかった在日特命全権公使アルベール・ダネタン男爵を輩出した国。今一度、パンダの後ろに隠れ、少数民族を虐殺し、自国民の自由を奪う中国の蛮性を看破してもらいたい。人権弾圧に敏感な現代欧州の矜恃が見たい。 .

ダネタン男爵の慧眼.

 ダネタン男爵は1893~1910年の長きにわたり日本に滞在した。その間、日本人の性行・性向を完全に見極め信頼。日清戦争(1894~95年)中、大日本帝國を国際的孤立の危機に追い込むブラック・プロパガンダに惑わされぬ慧眼を備えていた。.

 危機は主に、米紙の捏造記事拡散に因った。旅順軍港占領時「帝國陸軍が清帝國の非戦闘員・婦女子・幼児ら6万人を虐殺。逃げられたのは36人のみ」と報じたのだ。帝國陸軍の軍紀を把握する男爵は、旅順の面積や人口に鑑みても、6万人という数字に明らかな胡散臭さを直感したに違いない。調査を始め、本国に報告書を送る。.

 《日本は傷病者に配慮し、赤十字は皇后陛下の後援のもとで完璧なまでに仕事を遂行し(陸戦での傷病者保護を目的に、日本も1886年に加盟した)ジュネーブ条約は遵守されている》.

 《その場に居合わせたフランス武官ラブリ子爵より直接聞いたところ、殺されたのは軍服を脱いだ兵士で、婦女子が殺されたのは真実ではない。住民は占領前に避難、残っていたのは兵士と工廠の職工だけ。日本兵は無残に扱われた戦友の死骸を見ながら、何とか敵を捕虜にするだけにとどめた》.

 清國軍将兵は帝國陸軍将兵を殺し、遺体を切断して木や軒先に吊した。確かに、帝國陸軍将兵は陵辱への激昂を引きずりつつ戦を続けた。一方で、潰走を始めた清國軍将兵は軍服を脱ぎ捨て、民家に押し入り民間人の服に着替えた。《便衣兵》である。便衣兵は脱走の機会をうかがい、民家に籠もり帝國陸軍将兵を狙撃した。法律顧問として従軍した国際法学者・有賀長雄博士(1860~1921年)は「清國は全く戦争法規を守らない」と指弾するとともに、日清戦争時の《万国戦時公報 陸戦条規》の中でも銃殺を合法と断じた。一部外国紙は、非戦闘員に偽装した便衣兵に対する応射を「虐殺」と誤報したのだった。.


魚釣島に関し大嘘を投稿.

 日露戦争(1904~05年)前夜にも、欧州各紙が「日本人の外国人への憎悪が増し、日露が戦うと在日外国人が虐殺される」と伝えたが、これにも反論を発信した。.

 《外国人への憎悪や敵意は日本に存在しない。単身、あるいはメイドを連れただけで、外国人の婦人が日本各地を旅行している。在日外国人は仮に戦時下になっても日清戦争同様、全く安全である》.

 開戦後も、ロシア兵捕虜が虐待されている-との虚偽報道を是正する報告を発出した。.

 《海戦で沈没した艦の捕虜601人が日本軍に救出された。死者2名はロシア正教に従い葬られた。司式は、日本軍がジュネーブ条約に則り直ちに自由にした艦の従軍司祭が行った》
.

 百有余年後の2012年、在ベルギー中国大使がベルギー公用語・仏語の新聞に《魚釣島を中国領というのはなぜか》なる記事を投稿した。魚釣島を含め尖閣諸島は日本領土だが、記事は大使が《仏軍統合参謀本部の大佐が描いた地図をブリュッセルのギャラリー・ボルティエ通りの書店Schwildenで見付けた》ことから始まる。地図は《中国が15世紀初めには既に魚釣島を発見・管轄していた》ことを証明。以下延々と、歴史的事実を継ぎ接ぎして大嘘を大展開する。もちろん《中国人虐殺》や《ヒトラーを祀る●(=鯖の魚が立)國神社》も登場するお決まりのコース。.

 ただ、締めの殺し文句《第二次大戦中、留学中だった中国人女性の感動の逸話》は、ブラックかホワイトか、プロパガンダの真贋は判然としないが、極めて効果的な演出だった。女性が《ドイツ軍高官暗殺の報復として、ゲシュタポ=秘密警察の人質となった市民97人を、勇気と知恵を振り絞り救い出した》というストーリーだ。.

取り込まれる欧州.

 斯くして欧州は、中国への人道・安全保障上の警戒感を薄めるべく自らに言い聞かせ、中国の持つ魅力的な経済・金融力に取り込まれていく。.

 習氏は“スウェーデン”の自動車メーカー・ボルボのベルギー工場を視察したが、ボルボは2010年、中国の自動車メーカーが買収。エアバス70機購入を含む総額2兆5700億円もの売買契約をフランスと結ぶなど、歴訪各国で新たに大商談もまとめた。天安門事件(1989年)以降、欧州が続ける対中武器禁輸が、日本と米国の頭ごなしに解禁となる悪夢は直ぐそこに在る。.

 後ろめたさの払拭に励む欧州を内心嘲笑しているであろう習氏は、ベルギーでの講演で「他国の制度はまねしない」と、国家挙げての非道を正当化。中国国家主席として初訪問したEU(欧州連合)本部では「中国とEUという2大文明(?)の協力強化」を呼び掛けた。だが、EUの「文明」と、中国の「非文明」は相容れない。.

 1月に催された2013年度ベルギー絵画コンクールで、中国の気功集団・法輪功の迫害をテーマにした《不必要な死》が最優秀賞を受けた。迫害で亡くなった娘を抱く母親の目が、悲痛な気持ちを語る作品。法輪功には批判もあるが、作者の鋭い批判は紹介しなくてはならない。.

 「法輪功メンバーが不法逮捕され、殴打、虐待、酷刑を受けている。その期間は長く残酷。(絵画の背景に描いた)亀裂は、中国共産党が罪を犯す過程で自滅する将来を象徴する」.

 画家の気骨に東京・雑司ケ谷霊園に眠るダネタン男爵のDNAを認める。「自滅」が待ち遠しい。(政治部専門委員 野口裕之)



ベルギーに大恩がある事を、知りませんでした。

経済産業省 商務情報政策局情報経済課長 佐野 究一郎氏

データは連携してこそ価値を生む--経産省が「データ駆動型イノベーション」創出へ
http://japan.zdnet.com/article/35056152/

佐野氏お仲間

保守速報さんより

【衝撃画像】佐野擁護してた博報堂出身の森本千絵もパクリエイターだと発覚wwww Ernst HaeckelとTim Walkerの作品をパクっていたwwwww
http://hosyusokuhou.jp/archives/45088514.html

NewsU.S.さんより

【拡散】佐藤可士和も在日とズブズブだったことが発覚!!! パクリロゴが 酷 す ぎ た !!!
http://www.news-us.jp/article/424146217.html

恩を仇で返す

NewsU.S.さんより

【緊急拡散】佐野研二郎と博報堂は と ん で も な い 人たちを敵に回したらしいぞ !!! これは ガ チ で ヤ バ い !!!
http://www.news-us.jp/article/424083598.html#more

コメントより

ベルギー王室って皇室とも仲良い
大抵の王室ってのはロイヤル・ネットワークで繋がってるけど、
中でもベルギー王室と日本皇室は懇意

確か昨年末のファビオラ元王妃の葬儀には、皇后陛下がハードスケジュールを厭わず参列されたくらい

それにベルギーには日本は大恩があるんだぞ。
日清戦争で「日本軍による旅順虐殺」って米メディア発の誤報だか工作だか知らんけど
南京同様の事を仕掛けられて濡れ衣を着せられそうになった時に、
「いや、そんな筈ない」と調査して虐殺なんて無かったと冤罪を晴らしてくれたのがベルギー(とフランス)。
この時も国際社会は米メディアの虐殺記事を鵜呑みにして日本の主張や説明には一切耳を貸さずって言う
まるで少し前の慰安婦問題の状況と全く同じ展開だった。
日本の声は取り合わない国際社会にベルギー(とフランス)が証拠まで揃えて反論し覆してくれた訳。

そんな大恩ある国のデザインパクった挙句、開き直りとか…万死に値する。
日本人自身で、このパクラーにはケジメ付けさせないといけないと思う。
Posted by 名無し at 2015年08月13日 10:26
>>8/13 10:26

もうひとつ追加しといてあげる

そのときに日本の無罪を主張してくれたベルギー公使ダネタン男爵は
日露戦争のときに「露兵捕虜が虐待されてる」って報道されたときも
自身で調査して「そんなことはなかった」と発言してくれてる
そして日本で亡くなられて今は東京の雑司ヶ谷の墓地で眠っておいでだよ
この方はずっと日本を見守ってくださってるんだ

さらに、1923年の関東大震災のときに首都東京をはじめ
関東一円が大惨事になったってのはみんな知ってるよね?
このとき、WW1で日本がベルギーに援助したのを恩に感じてくれた
ベルギーの元兵士さんたちが凄く支援してくれたんだよ

そのときの義捐金の額(金額の問題じゃないけどさ)は
米英についで世界で三番目に多かったのがベルギーから
それにその後も王室メンバーをはじめ、長期的に継続して支援し続けてくれたんだ

WW2後、昭和の天皇陛下が欧州王族との関係修復に欧州訪問される
その仲介をしてくださったのも、当時のベルギー国王ボードワン1世陛下
(当然、当時の欧州各国の人たちからの反発は酷かったのはよく知られてる話
 でも天皇陛下は日本の未来のためにもそれに耐えてくださった)

ベルギーは小さい国かもしれないけれど
日本にとってはとても大きな恩のある国だ
この国に顔向けできないようなことをするのは
皇室の方々にももちろんベルギーの人たちにも俺たちのご先祖様にも申し訳ないよ
Posted by nanashi at 2015年08月13日 13:42

御協力お願い致します。

大和心への回帰さんより

緊急拡散! 10月初旬?!、テロ資産凍結法施行に向け、テロ支援者を警察庁へパブコメしよう!8/22まで!!
http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878/41069893.html

2015/08/15(土) 09:01:14 | URL | すずめ #- [ 編集 ]



左:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)
中:『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』ケント・ギルバート著(2015/5/26)
右:『素晴らしい国・日本に告ぐ!』テキサス親父著、ケント・ギルバート著(2015/5/22)



左:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15
中:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース750ml瓶×12(6×2)本入
右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6

「いい加減にしろ!佐野研二郎!組織委!TBS!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.