正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201508
韓国のパクリ!東京五輪おもてなし制服!舛添訪韓きっかけで朝鮮通信使や韓国のボランティアに酷似
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






舛添都知事の訪韓がきっかけで生まれた東京五輪「おもてなし制服」、ダサすぎと酷評

http://www.asahi.com/articles/ASH6T0TQ0H6SUCVL04X.html
ダサすぎ? 東京五輪「おもてなし制服」、ネットで酷評
2015年7月14日、朝日新聞

サすぎ? 東京五輪「おもてなし制服」、ネットで酷評
舛添要一・東京都知事(中央右)と五輪金メダリストの岩崎恭子さん(中央左)と記念写真に収まるボランティアたち=6月19日、東京都新宿区、竹花徹朗撮影

 東京五輪に向けて、外国人観光客を案内するために生まれたボランティアチーム「おもてなし東京」。期待の若手デザイナーを起用した制服がネット上で「ダサい」と酷評されてしまった。なんで、そうなっちゃったのか。

 「東京の誇りを担い、魅力を世界に発信してほしい」。6月19日に都庁であったボランティアたちの出発式で、舛添要一知事は約40人を笑顔で送り出した。知事が昨年韓国ソウルを訪れた際、赤い制服のボランティアが外国人の道案内をしているのを見たのが、きっかけだった。


 東京の制服は白地のポロシャツ。青いベストとストライプのネクタイを着用しているように見えるが、実際はプリント。帽子の水玉のリボンは、日の丸のイメージ。ポロシャツは1600枚、帽子とカバンは50個用意したという。

 ところが、この制服がお披露目されると、ネットからは否定的な声が相次いだ。「残念すぎる」とまとめサイトに出たり、ツイッターで「都がデザインに口出ししたのでは」と深読みされたり。「和服のほうが良かった」との意見や「逆に目立つからいい」との声も。写真週刊誌は見開きで「ダサすぎないか」。さんざんな反響に、都の担当者は「ボランティアの士気が下がってしまう」と心配する。

 デザインしたのは10人が参加したコンペを勝ち抜いた藤江珠希さん。英国のブランド、アレキサンダー・マックイーンで修業し、現在は自分の名を冠したブランドを手がけている。「人混みでもパッと目に付くことが大事。五輪のイメージに合う白、赤、青を基調に、ネクタイとベストはおもてなしと礼儀正しさを出したかった」と言う。

 制服を見たデザイナーのドン小西さんは「日本を象徴する“カワイイ”を採り入れ、未来を感じさせる」と好意的。ただ、斬新なものには違和感も伴う。「発表の場に藤江さんを同席させ、デザインの意図を話してもらえば、騒ぎにはならなかったのでは」と話す。



>東京五輪に向けて、外国人観光客を案内するために生まれたボランティアチーム「おもてなし東京」。期待の若手デザイナーを起用した制服がネット上で「ダサい」と酷評されてしまった。なんで、そうなっちゃったのか。


「ダサい」と酷評されている理由は、韓国のパクリだからだ。

東京五輪「おもてなし制服」は、韓国の外国人観光客対応ボランティアの制服のパクリと誤解されても致し方ない。

東京五輪「おもてなし制服」は、韓国の外国人観光客対応ボランティアの制服のパクリと誤解されても致し方ない。 パクリ元のソウルの制服の方が全然ましなわけだが・





>「東京の誇りを担い、魅力を世界に発信してほしい」。6月19日に都庁であったボランティアたちの出発式で、舛添要一知事は約40人を笑顔で送り出した。知事が昨年韓国ソウルを訪れた際、赤い制服のボランティアが外国人の道案内をしているのを見たのが、きっかけだった。


2014年7月23日~25日、舛添要一御一行は、ロッテホテルに11人が2泊3日して、1000万円超(一人約100万円!)を浪費して韓国を訪問した。
2014年7月23日~25日、舛添要一御一行は、ロッテホテルに11人が2泊3日して、1000万円超(一人約100万円!)を浪費して韓国を訪問した。
2014年7月23日~25日、舛添要一御一行は、ロッテホテルに11人が2泊3日して、1000万円超(一人約100万円!)を浪費して韓国を訪問した。


その際に、舛添要一は、赤い制服のボランティアが外国人の道案内をしているのを見た。
繁華街で外国人観光客対応に当たるボランティアにおすすめの店を尋ねる舛添要一知事(右)=7月24日、韓国・ソウル市の観光案内センター
繁華街で外国人観光客対応に当たるボランティアにおすすめの店を尋ねる舛添要一知事(右)=2014年7月24日、韓国・ソウル市の観光案内センター





>ところが、この制服がお披露目されると、ネットからは否定的な声が相次いだ。「残念すぎる」とまとめサイトに出たり、ツイッターで「都がデザインに口出ししたのでは」と深読みされたり。


いや、実際に舛添要一がデザインに口出ししたか、あるいは選考に深く関わっているとしか思えない。

今回のデザインの選考委員については、未だに謎のままだ。

どう見ても、今回選ばれた東京五輪「おもてなし制服」は、上記の韓国の外国人観光客対応ボランティアの制服のパクリとの誤解は免れない。

しかも、韓国をパクって、もっとダサくなってしまっている。

しかし、日本の首都東京が、韓国ソウルのボランティア制服をパクるなんてあってはならなないことだ。

このままでは韓国が今後もこれまでどおりに日本をパクっても、日本は韓国に文句を言えなくなってしまう。

日本が韓国のパクリを批判しても、韓国から「日本だって東京五輪で、韓国の観光客対応ボランティアの制服をパクったじゃないか!」と言われてしまう。






>「和服のほうが良かった」との意見や「逆に目立つからいい」との声も。写真週刊誌は見開きで「ダサすぎないか」。さんざんな反響に、都の担当者は「ボランティアの士気が下がってしまう」と心配する。


実際に和服の方が良かった。

今回選ばれた東京五輪「おもてなし制服」は、上記の韓国の外国人観光客対応ボランティアの制服のパクリなので、朝鮮通信使の服とも良く似ている。
【画像】東京五輪「おもてなし制服」が韓服と完全一致して批判殺到wwwww

↓ ↓ ↓

【画像】東京五輪「おもてなし制服」が韓服と完全一致して批判殺到wwwww

↓ ↓ ↓

【画像】東京五輪「おもてなし制服」が韓服と完全一致して批判殺到wwwww

【画像】東京五輪「おもてなし制服」が韓服と完全一致して批判殺到wwwww


いっそのこと、忍者など服装でおもてなしをする方が外国人は余ほど喜ぶに違いない!

忍者の格好で案内とかしたら外人さん喜んでくれそうなのにね




▼参考▼
ソチ五輪
ソチ五輪ボランティア

ロンドン五輪 ボランティア
ロンドン五輪 ボランティア
ロンドン五輪 ボランティア

ミラノ万博
ミラノ万博 ボランティア

45年前の大阪万博の方が品があってオシャレとかw
大阪万博 EXPO70 1970年デザイン
45年前 1970年の大阪万博 EXPO70

東京オリンピック2015年デザイン
東京オリンピック2015年デザイン


左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「韓国のパクリと誤解されるようでは駄目!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.