正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201507
韓国のウリィ銀行東京支店に業務停止命令・歴代支店長が暴力団相手や新大久保でリベート受け不正融資
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






ウリィ銀行東京支店
暴力団や在日企業と不正取引をして業務停止命令を受けた韓国の『ウリィ銀行』東京支店

暴力団や在日企業などに不適切融資をした「ウリィ銀行」など韓国大手2行に行政処分

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HB3_Q5A610C1000000/
金融庁、韓国大手銀東京支店に業務停止命令 リスク管理体制に不備
2015/6/10 18:25、日経新聞

 金融庁は10日、韓国の大手銀行の一つ、ウリィ銀行東京支店に一部業務停止命令を出したと発表した。17日から7月16日までの1カ月間、新規の取引業務を禁止する。7月10日までに業務改善計画を提出するよう求めた。立ち入り検査で信用リスク管理体制などに「基本的な問題」があることが分かり、行政処分を決めた。

 金融庁によると、ウリィ銀行東京支店の一部の東京支店長は融資先関係者からリベートの恐れがある資金を受領したり、不適切な融資を自ら組成していたりしたという。反社会的勢力との取引を防止する体制にも不備があった。

 金融庁は同日、内部管理体制などに問題があったとして、韓国系銀行の中小企業銀行東京支店に業務改善命令を出した。7月10日までに業務改善計画を提出するよう求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



>金融庁は10日、韓国の大手銀行の一つ、ウリィ銀行東京支店に一部業務停止命令を出したと発表した。


金融庁が韓国の大手銀行の東京支店に「業務停止命令」を出したのは、昨年(平成26年)8月28日に韓国最大手の国民銀行に対して「新規の取引業務を4ヶ月間停止」の命令を出して以来だ。





>金融庁によると、ウリィ銀行東京支店の一部の東京支店長は融資先関係者からリベートの恐れがある資金を受領したり、不適切な融資を自ら組成していたりしたという。


ウリィ銀行東京支店の歴代の支店長は、同じ顧客に対して権限を超える金額の融資をしていたほか、融資先の関係者からリベートを受け取って不適切な融資を行ってきた。

昨年「業務停止命令」を受けた韓国最大手の国民銀行東京支店も、同じ顧客グループに対し貸出の制限を遥かに超える貸出をしてリベートを受け取るなどしていた。

殆どの韓国大手銀行の東京支店や大阪支店は、韓国人や在日韓国人や暴力団などの悪事の拠点となっている。






>反社会的勢力との取引を防止する体制にも不備があった。


韓国大手銀行の東京支店や大阪支店は、日本の金融機関に相手にされない反社会的勢力(暴力団、ヤクザ)との取引を行って稼いできた。

昨年「業務停止命令」を受けた韓国最大手の国民銀行東京支店も暴力団と取引をしていたし、平成22年(2010年)1月には韓国外換銀行大阪支店の支店長が暴力団の資金4億円を入金した際、預金残高証明書を発行して同行は3ヶ月間の新規事業停止を命じられた。

実際には、昨年業務停止命令を食らった『国民銀行』や今回業務停止命令を食らった『ウリィ銀行』など複数の韓国系銀行の東京支店は、日本の暴力団(ヤクザ)のフロント企業や韓国系企業に、総額600億円から1000億円もの不正融資を行っていたとされている。(関連記事

そもそも日本の暴力団員の半数近くが在日韓国人や在日朝鮮人なのだから(関連記事1関連記事2)、韓国の大手銀行の東京支店や大阪支店が暴力団と不正な取引をしやすい。

昨年4月には、ウリィ銀行東京支店と日韓の暴力団との不正取引のことを良く知る歴代ウリィ銀行東京支店長の一人が、韓国で変死体で発見された。

自殺として処理されたが、口封じか見せしめとして、日韓の暴力団によって消されたことは間違いない。

その頃は、他にも韓国の銀行の日本支店の不正融資疑惑事件の関連者が相次いで遺体で見つかった!

ウリィ銀行東京支店
ウリィ銀行の支店(資料写真)=(聯合ニュース)

http://japanese.joins.com/article/923/183923.html?servcode=400§code=430
ウリィ銀行の元東京支店長、全焼した車内で謎の死(1)
2014年04月09日09時42分、中央日報日本語版

韓国内の銀行の日本支店の不正融資疑惑事件について、関連者が相次いで遺体で見つかった。 8日金融圏によれば元ウリィ銀行東京支店長のK氏がこの日午前8時頃、京畿道楊州市長興面(キョンギド・ヤンジュシ・チャンフンミョン)で、遺体で発見された。警察などによればK氏は全焼した車内で遺体で発見されたという。楊州警察署の関係者は「発見当時すでに車が真っ黒に焼けており身元確認をするのが難しい状態だった」として「車両番号を確認した結果、K氏の車だという事実を確認し、現在遺体のDNA検査を行っている」と話した。

 K氏は昨年ウリィ銀行東京支店長として赴任し帰国後にウリィ銀行子会社役員に昇進した。K氏は最近ウリィ銀行東京支店の不正融資の容疑に関して金融監督院に出席して調査を受けていた。金融監督院はウリィ銀行東京支店の関係者たちが不正融資の代価として巨額のリベートを受け取った容疑が提起され検査を行っていた。ウリィ銀行はこれに先立ち自社監査の結果、東京支店で600億ウォン台の不正融資が発生したという事実を確認して金融監督院に報告した。金融監督院のイ・サング一般銀行検査局長は「最近の検査過程で、東京支店の不正融資に関する決定的証拠が出てきたが、このために負担を感じたのではないかと思う」と話した。


自殺の9割以上は他殺なんです
元東京都監察医務院長・上野正彦氏「自殺の9割以上は他殺なんです」


104 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )さん@転載は禁止:2015/06/10(水) 22:24:15.41 ID:KGMVT8kl
主に在日さん御用達の4銀行
韓国国民銀行 ⇒去年担保を過剰評価し、不正融資で業務停止命令
ウリィ銀行 ⇒同様に今回不正融資で業務停止命令 ☆
中小企業銀行 ⇒今回不正融資で業務改善命令 ☆
新銀行東京 ⇒ 在日に無担保で貸して返済できないことがわかり八千代銀行に吸収合併(都は撤退)








さて、昨年業務停止命令を食らった『国民銀行』や今回業務停止命令を食らった『ウリィ銀行』など複数の韓国系銀行の東京支店による不正取引相手は、暴力団(ヤクザ)だけではない。

新大久保の朝鮮人街の企業とも盛んに不正取引を行ってきた。

【新大久保バブル】の発生と【新大久保バブル】の崩壊については、韓流ブームの発生と崩壊にも関係しているだろうが、韓国系の国民銀行やウリィ銀行の東京支店による不正融資とその発覚(取り締まり)とも大いに関係している。


●詳細記事
新大久保で大恐慌!韓国の国民銀行東京支店がヤクザへの融資で業務停止・韓国人、倒産!5千円売春
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5640.html
(一部再掲載)

新大久保の「象徴」韓流百貨店が倒産 朴政権の反日政策で売上激減
新大久保の「象徴」韓流百貨店が倒産

日本のコリアン街に大恐慌・・・ショップの倒産、夜逃げ大急増、殺伐とした冬の嵐

http://wjn.jp/article/detail/8235066/
日本のコリアン街に異変! 韓国美人「売春」5000円
「週刊実話」2014年11月20日 特大号

韓流ブームで名を馳せたJR新大久保駅(東京・新宿区)周辺のコリアン街で、最近ショップの倒産、夜逃げが大急増。夜の帳が下りた裏通りには立ちんぼが増殖しており、以前はキラびやかだった韓流の街が、殺伐とした冬の嵐にさらされだしているのである。
その背景を、韓国ウオッチャーが解説する。
「コリアン街は韓流ブームの終焉、朴槿恵大統領の行った反日政策とヘイトスピーチで存亡の危機に立たされてきたが、ここにきてさらなる災いに見舞われている。それが昨年勃発した、韓国屈指の大手銀行『国民銀行』をはじめとする複数の韓国系銀行で起きた不正融資疑惑なのです。これら銀行の東京支店が、日本のヤクザのフロント企業や韓国系企業に、総額600億円から1000億円もの不正融資を行っていた疑惑が浮上。コリアン街に、大きな打撃を与えているのです

この不正融資疑惑は、昨年から韓国の金融監督院やソウル中央地検が捜査に乗り出し、すでに逮捕者が続出中。また、捜査の進展に伴い重要参考人の自殺が相次ぎ、韓国内では「超ド級の大疑獄」と報じられているほどなのだ。
だが、気になるのはこの疑惑が、なぜコリアン街の荒廃に拍車を掛けたのかという点だろう。これには、深刻な裏事情が存在するのである。前出の韓国ウオッチャーがこう続ける。
「事態を重く見た日本の金融庁が、今年8月に『国民銀行』の東京支店に年内の業務停止命令を出したからです。新大久保の韓流ショップや飲食店は、主に国民銀行をはじめとする韓国系銀行の東京支店から融資を受けており、これが原因で新大久保のコリアンタウンに大恐慌が起きたのです」

また、日本の金融関係者はこう明かす。
「実際、この不正融資疑惑で逮捕された某銀行の東京支店長は、『新大久保のコリアンタウンは俺が作った!』と豪語していたほど。ところが、『国民銀行』に業務停止命令が出たことで各銀行の審査が厳格化し、担保がないまま貸し付けていた案件や書類の偽造、過剰融資が白日のもとにさらされた。これにより、融資のストップや貸し剥がしが起き、倒産、閉店に追い込まれる店が相次いでいるのです

実際、コリアン街の衰退ぶりは凄まじい。今年8月には、就任前の朴大統領や金大中元大統領、韓流スターのイ・ソジン、K-POPアイドルのT-ARAなどが訪れたこともある高級焼き肉店『大統領』が閉店。
また、今春には韓流グッズなどの売り上げで、最盛期には16億円もの売上高があったコリアン街のシンボル『韓流百貨店』が、3億4000万円の負債で倒産に追い込まれているのだ。
「特に大きな影響を受けているのは、韓流ブームのピーク時に韓国系銀行から多額の融資を受けて中古ビルを買収し、家賃で稼いでいた輩や飲食店の若手経営陣たち。ビルの購入者は、ピーク時には坪10万~15万円の賃貸でも借り手が引きも切らない状態だったが、これが一転。今では半分以下の家賃でも借り手がつかない。飲食店も、銀行不祥事や韓国政府の反日政策で客が激減し、資金ショートしてしまったのです」
(同)

(以下略)



>「…ここにきてさらなる災いに見舞われている。それが昨年勃発した、韓国屈指の大手銀行『国民銀行』をはじめとする複数の韓国系銀行で起きた不正融資疑惑なのです。これら銀行の東京支店が、日本のヤクザのフロント企業や韓国系企業に、総額600億円から1000億円もの不正融資を行っていた疑惑が浮上。コリアン街に、大きな打撃を与えているのです」


「国民銀行」「ウリィ銀行」など韓国の銀行の東京支店は、日本の暴力団のフロント企業など反社会的勢力への資金源だった。
不正融資と秘密資金造成疑惑を受けているKB国民銀行の東京支店で、最低2名の前職支店長が、不正融資に連累されていることが知らされ、検察が捜査に乗り出した

日本のマスゴミは、韓国の大手銀行の東京支店による世界的な重大犯罪事件について殆ど報道していない。

外国の銀行の海外支店が、他国のマフィアに不正融資をしていたのだから、世界的な大問題であるにもかかわらず、日本のマスメディアは隠蔽と言えるほど報道を控えている。

韓国では勿論大きく報道されたほか、英フィナンシャル・タイムズ紙や米ウォールストリート・ジャーナル紙なども大きく報道したのだから、日本のマスゴミの報道の小ささは異常だ。






>また、日本の金融関係者はこう明かす。
>「実際、この不正融資疑惑で逮捕された某銀行の東京支店長は、『新大久保のコリアンタウンは俺が作った!』と豪語していたほど。ところが、『国民銀行』に業務停止命令が出たことで各銀行の審査が厳格化し、担保がないまま貸し付けていた案件や書類の偽造、過剰融資が白日のもとにさらされた。これにより、融資のストップや貸し剥がしが起き、倒産、閉店に追い込まれる店が相次いでいるのです」



ヤクザに不正融資をしていた「国民銀行」など韓国の銀行の東京支店は、新大久保の韓国人どもの店などへ無理な融資をしていた。
不正融資と秘密資金造成疑惑を受けているKB国民銀行の東京支店で、最低2名の前職支店長が、不正融資に連累されていることが知らされ、検察が捜査に乗り出した

昨年12月、韓国当局は、国民銀行の在日支店の元支店長と元副支店長を逮捕したが、その容疑は背任行為で、取引先から金品を受け取った見返りに過剰に融資していた。

逮捕された2人は、担保の水増しなどにより、本来融資できる上限を超えた融資もしていたため、その後起訴された。

韓国の最大手銀行「国民銀行」など韓国の銀行の東京支店は、ヤクザなど反社会的勢力へ不正融資をしてきたほか、新大久保の韓国人どもの店や企業に対しても、支店長らが金品の提供と引き換えに過剰な融資をしてきたのだ。

その国民銀行が、9月から4ヶ月間の業務停止中なので、それまで過剰に融資を受けてきた新大久保の韓国人どもの店や企業も、倒産が相次いでいるのだ。

投げ売り





>「特に大きな影響を受けているのは、韓流ブームのピーク時に韓国系銀行から多額の融資を受けて中古ビルを買収し、家賃で稼いでいた輩や飲食店の若手経営陣たち。ビルの購入者は、ピーク時には坪10万~15万円の賃貸でも借り手が引きも切らない状態だったが、これが一転。今では半分以下の家賃でも借り手がつかない。飲食店も、銀行不祥事や韓国政府の反日政策で客が激減し、資金ショートしてしまったのです」


ザマァ!

韓国最大手銀行の国民銀行の東京支店から過剰融資を受けて新大久保のビルなどの不動産を買い占めてきた朝鮮人経営者らが、次々と破綻している。

国民銀行からの過剰融資によって新大久保のビルなどの不動産を買収してきた朝鮮人どもは、新大久保周辺から日本人を追放していた!


せと弘幸Blog『日本よ何処へ』より

韓国人に占領されつつある街

(一部抜粋)

居住する複数の方々からメールを頂いたので紹介します。

① 最近のことですが、家主がこれまでの日本人から韓国人に代わったようで、在日韓国人が経営する不動産管理会社に変更になりました。このような賃貸物件はかなり増えているようです。

②日本人オーナーの時は値上げなどはなかったのに、突然値上げを言い渡され、それで嫌になって出て行った日本人がたくさんおります。どうも日本人には出て行って欲しいようです。

③以前なら修繕なども快くやってくれたのに、現在はいくら言ってもやりません。ただ、日本人が出て行った後に入居してきた韓国人の部屋はやっているようです。

④いくら言ってもラチがあかないので皆さん諦めています。そんなこうだで日本人は殆ど出て行きました。


⑤そこに入居してくるのは韓国人ばかりです。募集している広告を見たのですが、これまでの家賃より安く、保証人もいらないと表示されていました。私が入居する時には保証人が求めらていたのに、今は必要ないようです。

⑥韓国人が一旦借りると何人もの人間が出入りして、数ヶ月間単位で実際に住んでいる人間はコロコロ変わるようです。どうも不法滞在者が住んでいるのではないかと疑ってしまいます。夜遅くまでたくさんの韓国人が集まって騒いでいます。

⑦日本人を追い出して韓国人を入居させるために、役所も含めてそのようなコリアンタウン化が進められていると感じています。管理会社に苦情を言っても逆に「我慢しろあんたのせいで出て行ったら補償してくれるのか?」と言いがかりをつけられた。

⑧新宿区の方にも苦情相談で行きましたが、外国人差別になると言われ何のアドバイスもいただけなかった。ゴミ出し日を守ったこともなく、カラス除けの黒い網もしたことがありません。とにかくルールを守る気ないのです。


⑨最近目に付くのは韓国人だけではなく中国人も多い。コンビニで働く従業員には日本人は全く見かけません。日本人がドンドン減ってしまっているのを身に沁みて感じています。何か追い出されるのではと不安になるばかりです。

⑩日本人が肩身の狭い思いで暮らさねばならない。そんなコリアンタウンなど本当に嫌です。このままでは日本人は孤立するばかりで怖い。皆様の韓国人排斥運動だけが頼りです。頑張って下さい。



▼最近の関連記事▼

http://japan.hani.co.kr/arti/international/20911.html
[近くて遠い韓日2]広がる「嫌韓」...相次ぐ廃業で閑散とした韓流の街、新大久保
2015.06.06、ハンギョレ新聞
(本文略)



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「韓国の銀行の東京支店なんて要らない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:事件・事故・社会問題・時事一般 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.