FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201507
加速する韓国MERS感染拡散!台湾はソウルへ渡航延期勧告を発令・日本は無策!NHKは安心強調
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






韓国でMERS感染拡大続く、200校閉鎖 隔離1300人超
韓国でMERS感染拡大続く、200校閉鎖 隔離1300人超
台湾政府は、韓国ソウルへの渡航延期勧告を発令!!

韓国のMERS感染者が5人増えて30人に!2人死亡・隔離対象者1300人超!1日で573人増!

http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN0OJ04L.html
韓国のMERS感染者が30人に、隔離対象は1300人
2015年6月3日16時05分

6月3日、韓国の保険福祉省は、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されたと発表した。仁川空港で2日撮影(2015年 ロイター Kim Hong-Ji)
6月3日、韓国の保険福祉省は、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されたと発表した。仁川空港で2日撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

 [ソウル 3日 ロイター] - 韓国の保健福祉省は3日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染者が新たに5人確認されたと発表した。これで韓国内の感染者は30人となる。

 5人の感染者のうち4人は、中東から帰国した後に感染が分かった男性(68)と同じ病院にいた。残りの1人は他の感染者を介して感染したケースだという。

 韓国ではこれまでに、MERSで2人が死亡している。

 MERSは、重症急性呼吸器症候群(SARS)と同様、コロナウイルスによって引き起こされる病気で、2012年に初めて人間への感染が確認された。治療法やワクチンは確立されていない。韓国当局は、感染が疑われる約1300人を検査もしくは隔離の対象としている。



韓国のMERS感染者の拡散が止まらない!

いや、加速している!

6月3日には、感染者が5人増えて30人になった!

既に2人が死亡している。

隔離対象者の数も1日で573人増加し、1300人超となった!

韓国政府は、感染拡散に追いつけない状況に陥っており、今後も拡散は加速しそうだ。

http://www.sankei.com/world/news/150603/wor1506030042-n1.html
隔離対象者が地方でゴルフ 当局が捜索 感染拡散に追いつけない朴政権
2015.6.3 20:09更新、産経新聞

3日、MERS感染が拡大し、ソウル市内の地下鉄内でマスク姿の人たち(聯合=共同)
3日、MERS感染が拡大し、ソウル市内の地下鉄内でマスク姿の人たち(聯合=共同)

【ソウル=名村隆寛】韓国で拡散する中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染では、後手に回る朴槿恵(パク・クネ)政権の対処が問題視されている。感染防止対策を急ぐ一方、感染の拡散に追いつけていない現状だ。

朴大統領は3日、官民合同の緊急会議を開き防疫態勢の問題点などを協議した。最初の感染者が確認されてすでに2週間。感染者や感染の疑いがある者が毎日増えるなか、感染を拡大させてはならないと大統領自らハッパをかけたかたちだ。

しかし、大統領の危機感は国民に十分伝わっていない。聯合ニュースによると、「自宅隔離」を命じられていたソウル市内に住む50代の女性が2日、夫ら15人とソウルから約330キロ南方の全羅北道にあるゴルフ場に行ったという。

自宅への電話に出ないため、保健当局の関係者が警察と捜し、ゴルフ場で女性を見つけたのは午後7時半。女性は「気がふさぐのでスッキリしようと思い、ゴルフに来た」と話している。

最初の患者からの感染が疑われた男性も5月に、医師の反対を押し切って出国し、中国で隔離されて感染が確認された。感染の疑いがあるのに忠告を聞かない一部の身勝手な行動に、当局は頭を抱えている。

朴大統領は1日の時点で、初動対応の重要性を指摘しつつも「拡散力の判断や接触者の確認、予防の広報など初動対応が不十分だった」と初期対応の甘さを素直に認めた。しかし、感染はその後も広がっており、2人が死亡した。朴政権は感染状況に加え、感染が疑われる国民の行動についても把握できていない。

感染が拡大の一途をたどるなかで、国民のなかには感染者の入院先も明らかにしない朴政権に対するいらだちも募りはじめている。

韓国メディアも漠然とした指示を出す朴大統領に批判を向けている。朝鮮日報は社説で「国家次元の非常事態だ」などと訴え、昨年4月の旅客船沈没事故にも似た当局の対応に懸念を強めている。



>最初の患者からの感染が疑われた男性も5月に、医師の反対を押し切って出国し、中国で隔離されて感染が確認された。感染の疑いがあるのに忠告を聞かない一部の身勝手な行動に、当局は頭を抱えている。


韓国は、感染の疑いがあった男を香港を含む支那に出国させたのだから、支那だって怒るのは当然だ。

その韓国人男は、家族がMERSに感染し自身も発熱していたのだから、強制隔離しなければならなかった。

実際に、香港政府は5月29日、その韓国人男が搭乗したアシアナ航空723便で席が近かった「濃厚接触者」の韓国人3人と支那人9人の計12人を強制隔離すると発表した。

日本にも、その韓国人感染者が乗ったアシアナ機が消毒されないまま、名古屋に運航されていたことも発覚している。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/02/mers-asiana-air-nagoya_n_7489906.html
MERS患者が搭乗したアシアナ機、消毒しないまま名古屋までフライト
The Huffington Post
投稿日: 2015年06月02日 14時04分
MERS患者が搭乗したアシアナ機、消毒しないまま名古屋までフライト

重い肺炎などを引き起こす中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)の感染者が搭乗した旅客機が、消毒されないまま、名古屋市近くの中部国際空港までフライトしていたことが分かった。感染の確認が遅れたことが原因。韓国紙「朝鮮日報」の経済ニュースサイト「韓国ビズ」が5月31日に報じた。
―――――
アシアナ航空によると、26日に(感染者の)Kさんが乗っていた仁川発香港行の723便は、MERS感染者が搭乗した事実を知らずにこの日の午後、香港での乗客を乗せ、韓国の仁川に戻ってきた。

この旅客機は27日にも、仁川と中国の大連、名古屋を往復しており、中国の長沙に到着したときに、疾病管理本部から「26日にMERS感染者が搭乗した」と通知を受けた。アシアナ航空は28日未明、中国長沙の乗客を乗せて仁川に戻ってきた723便に消毒作業を実施した。

(朝鮮ビズ「【MERS速報】感染者搭乗のアシアナ航空機、通報が遅れて2日間そのまま運航」 2015 05/31 18:36)
―――――
(以下略)



その後も、韓国政府の対応はズサンなままであり、航空機の消毒方法についても明確な指示を出せないでいることが発覚した。

韓国政府は、この期に及んで航空機の消毒方法すら指示できないため、航空各社が馬鹿丸出しで殺虫剤をまいて済ませているケースもある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000046-xinhua-cn
韓国政府は航空機のMERS消毒法分からず、殺虫剤をまくエアラインも・・韓国ネット「助けを求めてください」「大丈夫と自信満々だったことが…」
FOCUS-ASIA.COM 6月3日(水)21時47分配信
韓国政府は航空機のMERS消毒法分からず、殺虫剤をまくエアラインも・・韓国ネット「助けを求めてください」「大丈夫と自信満々だったことが…」

3日の韓国メディア・亜洲経済によると、中東呼吸器症候群(MERS)の感染が拡大する中、韓国政府がMERSコロナウイルスの消毒方法について明確な指示が出せないために、各航空会社がまちまちの方法で“消毒”していることが分かった。中には殺虫剤を使用している航空会社もあり、いずれの社も本当にMERSの消毒ができているかは確信できない状態だという。

韓国の国土交通部や保健福祉部、疾病管理本部は1日、韓国の航空会社8社の関係者を集めたMERS関連対策会議を開催した。会議の中では、国土交通部が各社に防疫に努めるよう要請したという。ところが、航空会社から具体的にどのような消毒剤を使用すべきなのかを問われると、明確な回答ができなかったという。業界関係者は、「政府はMERS感染経路も把握できず、ワクチンもない。航空機の消毒も、各社がそれぞれ対応する状況だ」と明かす。

各航空会社は、食品医薬品安全処に問い合わせるなどして「コロナウイルスに効果がある」という消毒薬を使用しているという。中には、病院で一般的に使われる消毒薬とともに、殺虫剤をまいている社もあった。だが、いずれの航空会社も「政府の指示もない状況で、独自に消毒剤を選択しており、MERSが消毒されていると保証するのは難しい」などと、“消毒”の効果は確信できない状態だ。殺虫剤を使用している社の関係者も「(消毒できているかは)断言できない。MERSに効く製品があれば、すぐ利用しない理由はない」と話しているという。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「どうか先進国やWHOに助けを求めてください。お願いします」

「どうしたらいいんだ?」

「街に人が誰もいない」

「SARSの時、検疫を厳しくしたおかげで患者は4人に止まり、WHOから表彰も受けた。自宅隔離とかありえない。きちんとしたところに隔離しろ」

「国際社会から韓国が隔離される」

「殺虫剤は、ゴキブリ対策だと見られる」

「感染者300万人に届く可能性が高まった」

「昨年は海、今年は陸地と空。もう地下に潜るしかないか」

「政府に危機対策能力がまったくない。国民は自らの力で生き残るしかない」

「朴大統領も韓国の飛行機も米国に到着した瞬間に、入国禁止」

「初期対応失敗。大丈夫と自信満々だったことが、こういう事態を引き起こした」

「海外脱出も不可能」

「ここまで来ると笑うしかない」

「保健福祉部も対策方法を知らない?どうしたらいい?情報が足りなすぎる」

「バスにも電車にも飛行機にも乗れない。全国民、自宅待機」

「保健福祉部を解体しろ」



韓国当局者は「MERSは300万人感染しないと非常事態ではない」という趣旨の発言をし、本気で拡散防止に取り組んでいない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00000055-rcdc-cn
MERS「300万人感染しないと非常事態ではない」、韓国当局者が発言=「こんなバカな政府見たことない!」「滅びるんじゃないの?」―中国ネット
Record China 6月2日(火)16時10分配信
(本文略)



韓国政府の管理があまりにも杜撰なため、こうなるとパンデミック(世界的流行)寸前だ!

日本にはまだ韓国人のMERS感染者が来ていることは確認されていないが、日本政府は急いで韓国人の入国禁止などの思い切った措置を取らないと手遅れになる。

実際に、既に台湾政府は、ソウルへの渡航延期勧告発令した!


台湾衛生福利部、韓国ソウルへの渡航延期勧告発令!!!…MERS

http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=26955
疾管署、ソウルへの渡航延期勧告発令
2015-06-02
台湾の衛生福利部疾病管制署(疾管署)、ソウルへの渡航延期勧告発令

韓国での中東呼吸器症候群(MERS、マーズ)の感染拡大を受けて、衛生福利部疾病管制署(疾管署)が2日、韓国のソウルへの渡航警戒レベルを第二級の渡航延期勧告、アラート(Alert)に引き上げた。

疾病管制署は、韓国で発見された一部の感染例は、一例目の感染者が治療を受けている病院での入院患者でなく、ソウルの病院では発熱検査を始めたことから、ソウルではすでに住宅区での集団感染が発生している可能性があるとして、必要がない場合、韓国への渡航を延期するよう勧告すると共に、韓国に渡航する必要があった場合、防護措置をちゃんととるほか、韓国の医療施設に行かないよう呼びかけた。疾病管制署はソウル以外の韓国の都市に対して、第一級の注意報ウオッチ(Watch)を発令した。

なお、衛生福利部疾病管制署は2日、ニュースリリースを発表、疾病管制署の郭旭崧・署長は6月1日、米国を訪問、滞在期間中、韓国の中東呼吸器症候群の感染状況について米国側と経験を分かち合うと共に、今後の協力計画についても話し合う予定。



台湾では、上記のソウルへの渡航延期勧告発令の前日までに、既に韓国旅行を計画していた台湾の観光客約1300人が旅行をキャンセルしていた。

http://www.recordchina.co.jp/a110370.html
MERS流行で韓国旅行業界に影響じわり、台湾人1300人が旅行キャンセル=韓国ネット「いよいよ始まった」「政府は『安全不感症』」
配信日時:2015年6月1日(月) 10時40分

2015年5月31日、韓国・マネートゥデイによると、中東を中心に流行する中東呼吸器症候群(MERS)ウイルス感染者が韓国で確認されていることを受け、韓国旅行を計画していた台湾の観光客約1300人が旅行をキャンセルしていたことが分かった。

韓国文化体育観光部によると、韓国観光公社の海外の31支社と韓国旅行業協会を通じ訪韓予約団体の動向を調べた結果、訪韓客の大半を占める中国と日本には特に影響が出ていなかったが、台湾から6月から7月にかけて予約していた観光客1295人が旅行をキャンセルしていたことが確認された。
(以下略)



日本政府も、急いで韓国への渡航禁止命令などの思い切った措置を取れ!

NHKなどは、6月2日放送の「ニュースウォッチ9」などのニュース番組で、国立感染症研究所の松山州徳という奴に、「韓国で感染が広がっているが、今のところ感染のつながりは追えている。患者と接触した人も把握できているので、韓国から日本にウイルスが侵入する可能性は低いと考えられる。」などと、事実に反する無責任な発言をさせていた。

国立感染症研究所の松山州徳室長は「韓国で感染が広がっているが、今のところ感染のつながりは追えている。患者と接触した人も把握できているので、韓国から日本にウイルスが侵入する可能性は低いと考えられる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150602/k10010100511000.html
6月2日 14時46分、NHK
(一部抜粋)
MERSコロナウイルスに詳しい国立感染症研究所の松山州徳室長は「韓国で感染が広がっているが、今のところ感染のつながりは追えている。患者と接触した人も把握できているので、韓国から日本にウイルスが侵入する可能性は低いと考えられる。ただ、患者と接触した人が600人以上になっているので、体調の変化などを十分に把握できないなどの漏れがあるかもしれず、リスクはゼロではない」と話しています。そのうえで、「現状では、国内の一般の人が不安を感じる必要はないが、医療機関は韓国の例を教訓に、患者の渡航歴の確認の徹底や疑い患者が出たらどう対応するのかなど、いま一度MERSへの対策を見直しておくことが大切だ」と指摘しています。



>国立感染症研究所の松山州徳室長は「韓国で感染が広がっているが、今のところ感染のつながりは追えている。患者と接触した人も把握できているので、韓国から日本にウイルスが侵入する可能性は低いと考えられる。…」


ハァ?

出鱈目を言うにも程がある!

6月2日の時点で、既に韓国政府は、感染の繋がりなんて追えていなかった!

患者と接触した人も把握できていなかった!

感染状況も、感染が疑われる国民の行動についても全く把握できていなかった。

韓国は、隔離施設がそもそも足りない上に、隔離すべき者どもが嫌がっているという理由で、自宅待機で誤魔化してる。

隔離対象者を自宅待機で誤魔化しているのだから、患者と接触した人など把握できるわけがない。

実際に、隔離対象者が地方でゴルフをしている。

そのような杜撰な管理の結果、6月3日には、感染者が5人増えて30人になった!

うち既に2人が死亡している。

隔離対象者の数も6月3日だけで573人増加し、1300人超となった!

これで、「韓国では今のところ感染のつながりは追えている。患者と接触した人も把握できているので、韓国から日本にウイルスが侵入する可能性は低いと考えられる。」などと良く言えたものだ!

NHKや国立感染症研究所の松山州徳は、馬鹿なのか、それとも虚偽報道なのか?!




さて、このような状況の中、日本サッカー協会は、6月5日~6月11日の日程で、U-15日本代表を韓国に遠征させようとしている。

現在、まだ「U-15日本代表 韓国遠征」の中止は発表されていない。

まさか、JFAは、このままU-15日本代表の韓国遠征を6月5日から強行するつもりなのか?!

http://www.jfa.jp/news/00006295/
U-15日本代表 韓国遠征(6/5~11)メンバー・スケジュール

スケジュール
6月7日(日)
AM/PM トレーニング

6月8日(月)
15:00 練習試合  vs. FC Hanam (Paju National Football Center)

6月9日(火)
15:30 練習試合  vs. U-15韓国代表(   〃   )

6月10日(水)
15:30 練習試合  vs. U-15韓国代表(   〃   )

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。


JFA
お問い合わせ先

〒113-8311
東京都文京区サッカー通り(本郷3丁目10番15号)JFAハウス
電話 03-3830-2004(代表) FAX 03-3830-2005







▼韓国でMERS感染拡散が加速しているその他の理由▼

韓国では、下水設備の問題とトイレットペーパーの紙質の問題から、トイレで紙が流れないことが多いため、使用済みのトイレットペーパーを流す習慣がない。

そのため、排便後に便を拭き取った紙は、備え付けのゴミ箱へ捨てられている。
韓国型の事情によりソウルの小中学校ではほとんどすべてが紙の流れないトイレとなっている
韓国型の事情によりソウルの小中学校ではほとんどすべてが紙の流れないトイレとなっている

また、韓国では備え付けの紙がなくなっていることが多く、紙がない場合には、そのゴミ箱の中に捨てられた使用済みの紙の中から比較的きれいな紙を抜き取って使用する習慣がある。

その上に、韓国ではトイレの後に手を洗う習慣がなく、殆どの韓国人はトイレの後に手を洗わない。


更に韓国では台所にトイレを設置している家庭も少なくない。

韓国の一般家庭 これなら料理しながら簡単に用を足すことが出来る。
韓国の一般家庭


韓国では、飲食店の料理人やコックも、便所の後に手を洗わずに料理をつくって客に出している。

さらに、韓国では飲食店の80%が日常的に食べ残しの使い回しを行っている。

このことは、韓国KBSテレビの調査で判明し、当時は日本のテレビなどでも報道された。

やってない飲食店が珍しい!韓国の「使い回し」
日刊ゲンダイ2008年12月26日掲載
(一部抜粋)

 年末年始はウォン安の韓国でグルメ三昧という人たちには、イヤ~な話だ。韓国保健福祉家族省などは、一向になくならない飲食店の食べ残しの使い回しを根絶するため、罰則強化や撲滅運動に取り組むことを決めた。

 実際、韓国の“使い回し事情”はすさまじい。KBSテレビが独自に調査したところ、実に80%の飲食店が使い回しをしていたというから、やっていない店のほうが珍しいのだ。

 客はどんな食べ残しを食わされているのか。一番多いのが「パンチャン」。韓国の飲食店では客が注文したメニューとは別に、キムチや塩辛、和え物、ナムル、韓国ノリなど数種類のおかずがタダでサービスされる。これがパンチャンで、店側は「ケチな店」と思われたくないので山盛りで出す。当然、大量の食べ残しが出るが、いちいち捨てていたら商売にならない。盛り直して次の客に出す店がほとんどというわけだ。そのまま出さなくても、キムチチゲの具や炒め物に使われたりする。


韓国の80%の飲食店が他の客の食べ残しを使い回していた問題で、韓国の保健福祉家族部は2009年4月、残った食べ物の再使用に関する改正食品衛生法施行規則を施行すると発表した。

食べ残しの使い回しを1年以内に4回以上摘発された食堂は、営業所の閉鎖処分を受けるというものだった。

しかし、逆に言えば、1年以内に4回以上摘発されなければ大事に至らないので、その後も改善していないのが実態だ。

実際に、2012年12月28日付け「新潟日報」は、雨宮処凛が韓国旅行で“店員の残飯を客に出す店”に出会い感動した記事を紹介している!(雨宮処凛と新潟日報は頭がおかしい)

韓国で店員の食べ残しを客に出す店に感動した雨宮処凛
韓国で店員の食べ残しを客に出す店を知り、感動した雨宮処凛

【新潟日報】雨宮処凛氏、韓国旅行で“店員の残飯を客に出す店”に出会い感動「世の中適当でいい。クレームつけると社会が殺伐」
【新潟日報】雨宮処凛氏、韓国旅行で“店員の残飯を客に出す店”に出会い感動「世の中適当でいい。クレームつけると社会が殺伐」
拡大画像

新潟日報 連載記事 「生きづらさ」を生きる 81(2012年12月28日)
韓国へ「解毒」の旅
店の人の適当さに感動


店の一角で何人かがかわるがわる食事を取るのだが、なんだかそっちの方が明らかに美味しそうなのだ。
特に客に出す炊飯器とは別の炊飯器のご飯を食べていたのだが、店の人用の方が明らかに炊きたて。
そこまではいいのだが、食事後が問題だった。
店の人たちは食べ終わると、残ったご飯を当たり前のように「客に出す方の炊飯器」に投入。
食べ残した人は、みんな当然ように私達に出される方の炊飯器に余ったご飯を戻していく。

その光景を見て、私は感動に打ち震えていた。
少し前、日本では高級料亭が余った料理を使い回したなどとして問題になったわけだが、お隣韓国のこの店では、従業員の食べ残しのご飯が堂々と客に提供されているわけである。
しかも、何の悪気もなく。


かたや日本では、いつから「消費者こそが一番偉い」という価値観が幅をきかせている。
ちょっとしたことでクレームをつけたりする社会は、どうしたって殺伐としてしまう。

しかし、「お金を払って残飯を食べさせられる」という貴重な経験をして、思った。
世の中、なんかもっと適当でいいんじゃないかな、と。
少なくとも、私はこの現場を目撃して目くじらを立てるような人とはお友達になりたくない。

今日もあの店では、店の人の食べ残しご飯が出されている。
そう思うと、なんだか笑いがこみ上げてくる。
また韓国に行ったら、私はきっとあの店にいくだろう。

=第2・4金曜掲載=
(抜粋)



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「日本政府は韓国への渡航禁止などの措置を急げ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.