正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
古賀茂明が古館と生喧嘩!報ステ降板の私怨を生放送で激白・マジキチ妄言!支那の工作員!消えろ!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






20150327 古館vs古賀 i am not abe

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1452961.html
古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”
[2015年3月28日0時21分] 日刊スポーツ
古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”

 元経済産業省官僚の古賀茂明氏(59)が27日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演し、番組を“ジャック”した。古舘伊知郎キャスター(60)と自身の番組“降板”を巡って、口論のような形に発展した。

 番組中盤、緊迫する中東情勢を伝える場面で、古舘が古賀氏に解説を求めると、この日が最後の出演になるという古賀氏が切り出した。

 古賀氏 ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。

 これまで古賀氏は同番組で、「I am not Abe」などと安倍政権に批判的な発言を繰り返していた。

 古賀氏 これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんのバッシングを受けてきた。それを上回る応援で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。

 降板した理由を話すと、古舘も「ちょっと待ってください。今の話は承伏できません」と対抗したが、古賀氏は「古舘さんもその時におっしゃりました。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。全部録音させていただきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させていただきます」と引かない姿勢で、いったん収束した。

 しかし、その後も「自分で作ってきました」と、「I am not ABE」と書かれた手製の紙を広げた。古舘は「番組ではこれまで川内原発に対する指摘や、辺野古の問題についても取り上げてきたじゃないですか」とたしなめると「私もツイッターでぜひ見てほしいと書きました。でも、それを作ってきたチーフプロデューサーが更迭されます」と反論。これには古舘も「更迭ではない。私は人事のことまでわからないけど、それは違う」と否定した。

 さらに古賀氏は安倍政権について「原発復権・官僚復権・行革埋没」と指摘するフリップを見せたが、古舘が「ちょっと時間もないので」と制止すると、古賀氏は「そういうことは言ってほしくなかったのですが」と渋々フリップを降ろした。続けてマハトマ・ガンジーの言葉をフリップで出し、「私が言いたかったのは、言いたいことはそのまま自然に言いましょうということ。裏で圧力をかけたりはやめましょう」と話した。


■動画
【放送事故】報道ステーション 古賀vs古舘
https://www.youtube.com/watch?v=tTeCj-yyoss
20150327 古館VS古賀
https://www.youtube.com/watch?v=NNw_JO8Qglo

古舘が古賀にニュースについてコメントを求める
古賀「ちょっとその話をする前に。テレビ朝日の早河(洋)会長と、古舘プロジェクトの佐藤(孝)会長の意向で今日が最後ということに(なりました)。これまで本当に多くの方に激励していただいた。一方で菅官房長官をはじめとして、官邸のみなさんのバッシングを受けてきましたたけれども。それを上回る皆さんの応援のお蔭で楽しくやらせていただきまして、本当にありがとうございました。」
古舘「ちょっと待ってください。今の話は私としてましては承伏できません。また4月以降も企画があれば出て頂きたいと思ってますし。古賀さんが全てテレビ側から降ろされるということは違うと想いますよ」
古賀「それはもし本当であれば有難いが、古舘さんもその時に言われましたよね。『この件に関してはお役に立てなかった。本当に申し訳ない』と。」
古舘「それは楽屋で、古賀さんの意向に沿って流れができていないんであるとすれば、大変申し訳ないと言いましたよ。しかし、さっきのは極端過ぎる。」
古賀「私は、全部録音させていただきましたので、そこまで言われるなら全て(データを)出させていただきますけれども!」
古舘「いや、こちらも、それば出させて頂くことになっちゃいます!古賀さん!」
古賀「いいですよ。」
古舘「うん、だから、ちょっとじゃーそれは置いて、ちょっと違うと思ってますが、じゃーイエメンの話、アメリカの話を」


古舘報道ステを元官僚古賀氏が“ジャック”
■動画
20150327 古館vs古賀 ROUND2
https://www.youtube.com/watch?v=6g8VMvFdRyA

「報ステ」古賀vs古舘書き起こしと放送後の古賀インタビューメモ

古賀「自分で作ってきました」
「I am not ABE」と書いた手製の紙を掲げる。
「I am not ABE」と書いた手製の紙を掲げる

古舘「番組ではこれまで川内原発に対する指摘や、辺野古の問題についても取り上げてきたじゃないですか」
古賀「私もツイッターでぜひ見てほしいと書きました。でも、それを作ってきたチーフプロデューサーが更迭されます」
古舘「更迭ではない。私は人事のことまでわからないけど、それは違う」

古賀「そこでですね、安部政権の…」
(ここで古賀氏は安倍政権について「原発復権・官僚復権・行革埋没」と指摘するフリップを出す)

古賀「そこでですね、安部政権の…」(ここでフリップを出す)
古舘「あ、すいません、時間がですね…」
古賀「だからそういうこと言わないで欲しかったんですよねー。(別のフリップを出して)これは古舘さんに送りたい言葉ですが(と前置きしてマハトマ・ガンジーの言葉を読む)」 20150327 古館vs古賀 i am not abe - コピー
『あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
世界によって自分が変えられないようにするためである』

「私が言いたかったのは、言いたいことはそのまま自然に言いましょうということ。裏で圧力をかけたりはやめましょう」

■動画
20150327 古館VS古賀 ROUND3
https://www.youtube.com/watch?v=0O5P6N2v-XU

20150327 古館vs古賀

https://twitter.com/ZeroE13A1/status/581460433887875072
きやすめ。ダイレクト @ZeroE13A1
ココ、番組終わりの挨拶に皆頭下げてるのに、古賀だけ内ポケットにペン締まってて頭下げてないんだよなー。
RT @mitos7 古舘の釈明発言、となりに古賀おったんか。てっきりぬいぐるみになってるかと…。 #tvasahi pic.twitter.com/pW5JduDrPW
ココ、番組終わりの挨拶に皆頭下げてるのに、古賀だけ内ポケットにペン締まってて頭下げてないんだよなー。
11:19 PM - 27 Mar 2015


https://twitter.com/mitos7/status/581460942669529090
ミトス@宮城 @mitos7
@ZeroE13A1 このあとのキャプもあるケド、ホンマや…。 #tvasahi pic.twitter.com/SWfUlaPvgJ
このあとのキャプもあるケド、ホンマや…。
11:21 PM - 27 Mar 2015


■動画(まとめ)
報ステ 古舘伊知郎VS古賀茂明 フル 2015年3月27日報道ステーション
https://www.youtube.com/watch?v=2YEpcT8O2l4






古賀茂明は、平成24年(2012年)3月にも、テロ朝「ワイドスクランブル」木曜のレギュラーを降板されそうになった際に、「ツイッター」などで騒ぎを起こし、降板の撤回(レギュラーでの出演継続)を勝ち取ったことがある。

古賀茂明は、この時の番組降板撤回(レギュラー出演継続)に味を占め、「報ステ」番組内でも異常なまでに揉め事を起こし、騒ぎ立て、話題になるように仕向けたのだと考えられる。

http://www.j-cast.com/2012/03/24126512.html?p=all
古賀氏「ワイド!スクランブル」降板騒ぎ テレビ朝日に視聴者から抗議殺到で「撤回」?
2012/3/24 15:02

(一部抜粋)

■「財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます」

古賀さんは21日に「ツイッター」で、「ワイド!スクランブル」のレギュラーコメンテーターは2012年3月22日放送が最後になる、と明かした。

“「四月からは降板しろと言われました。理由はまだよくわかりません。わかったらお知らせします」

そして23日、

“「たくさんのツイート、リツイート、さらには電話やメールをして下さった皆様のお蔭で、ワイドスクランブル木曜のレギュラーは復活しました」

と報告した。一人一人の力は小さくてもみんなで動けば世の中が変わるし、テレビ朝日にも様々な圧力と闘っている方々がいるから、そうした方々への応援をよろしくお願いしたい、としたうえで、

“「財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます。いろんなルートで。闘ってる人たちは孤立しがち。みんなの応援が命綱です」

と結んだ。

古賀さんの降板が伝えられたときに、原発再稼動に反対する発言が原因だろうというのがネットにおける大多数の意見だった。






古賀茂明は、支那の工作員だ。

後で説明するが、古賀茂明は、チベットや東トルキスタンや南モンゴルや南沙諸島などのことを棚に上げ、「中国は侵略はしていない。ビジネスや契約による進出しかしていない。かつて欧米が軍事力で植民地にしたのとは次元が違う。」などと、とんでもない妄言を吐いている。

古賀茂明にとって最後の出演となった3月27日放送のテロ朝「報道ステーション」でも強調していたが、古賀茂明は主に安倍政権の原発輸出(原発再稼働)と武器輸出(防衛政策)を批判している。

支那は日本の脱原発と防衛力弱体化を目指しているため、支那工作員の古賀茂明は支那のために一貫して日本の脱原発と防衛力弱体化を訴えてきた。

古賀茂明が支那のために日本の脱原発や防衛力弱体化を訴える際には、手段を選ばず、ありとあらゆるデマや妄言を垂れ流す。


平成24年(2012年)5月17日、古賀茂明は、テロ朝『モーニングバード』において大飯原発の再稼働を批判し、次のとおり発言した!


「火力発電所でわざと事故を起こす、あるいは事故が起きたときにしばらく動かさないようにして、電力が大幅に足りないという状況を作り出してパニックをおこすことにより、原子力を再稼動させるしかないという、いわば停電テロという状態にもっていこうとしているとしか思えない」

この時点において、古賀茂明が全く根拠のない個人的妄想を公共の電波を使って垂れ流していることは明白だった。

当時、大阪府市統合本部特別顧問という公的な地位にあった古賀茂明のテレビでの妄想垂れ流しは、到底許されざる無責任発言だった。

同日中に関西電力は、古賀茂明が主張した「停電テロ」を否定した。

当然、視聴者からも、多くの批判が寄せられた。

池田信夫も、すぐに古賀茂明の「停電テロ」妄想発言について批判した。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51789906.html
2012年05月17日23:16 池田信夫 blog
古賀茂明氏の妄想する「停電テロ」

関西電力は、きょうこういうお知らせを出した。

―――――
本日(平成24年5月17日)、テレビ朝日「モーニングバード」の番組内で、大阪府市統合本部特別顧問・古賀茂明氏の「火力発電所でわざと事故を起こす、あるいは事故が起きたときにしばらく動かさないようにして、電力が大幅に足りないという状況を作り出してパニックをおこすことにより、原子力を再稼動させるしかないという、いわば停電テロという状態にもっていこうとしているとしか思えない」というインタビューが紹介されましたが、当社として、そのような事を検討している事実は一切ありません。
―――――


関電がこんな異例の告知を出したのは、古賀氏が大阪府市の顧問という責任ある立場だからである。彼は右のような図まで事前につくらせていたのだから、これは冗談で言ったものとは考えられない。
古賀茂明氏の妄想する「停電テロ」

もし関電が意図的に停電を起こしたら刑事罰に問われるが、今まで日本の電力会社がそういう「停電テロ」をやった事実はない。古賀氏が電力業界について一般人の知らない事実を知っているのなら、具体的に説明すべきだ。もし何の根拠もない妄想なら名誉毀損であり、関電に謝罪すべきだ。

先日の記事では、古賀氏がおかしくなっている原因として3つの仮説を立てたが、どうやらその2つめ、つまりワイドショーで「受ける話」をする癖がついたという説が正しいようだ。私も演出する側にいたからわかるが、こういう「局側のいいたいこと」を言ってくれるゲストはありがたいので、つい何回も使ってしまう。すると相手も、打ち合わせのとき「どう言えばいいんですか?」などと迎合してくるようになる。

しかし勘違いしてはいけない。テレビ局は古賀氏を尊敬して彼を使っているのではなく、局として言うとまずいことを言ってくれる「便利屋」として使っているだけなのだ。状況が変わったら、テレビ局は彼を使い捨てるだろう。霞ヶ関は彼がいる限り維新の会を相手にしないから、橋下市長にとっても足手まといになるおそれが強い。もう引き時ですよ、古賀さん。あなたの歴史的使命は終わった。



古賀茂明の「関西電力の停電テロ」妄想発言については、鼻から全く根拠のないデマなので、古賀茂明は後日、釈明に追い込まれた。

「停電テロ」発言で釈明 大阪府・市特別顧問の古賀氏
2012年05月29日、時事通信

 大阪府と大阪市の特別顧問を務める古賀茂明氏は29日、関西電力が原発を再稼働させるしかないという状況をつくり出す「停電テロ」を仕掛けようとしている、との趣旨の発言を民放番組で行ったことについて、真意が十分に伝わらなかったと釈明した。

 古賀氏は同日、大阪市内で開かれた府と市の有識者で構成する「エネルギー戦略会議」に出席後、記者団に対し「経産省と関電が去年の夏から(今年の)春にかけて(電力確保のために)ほとんど何もやっていなかったのではないか、ということを言いたかった」などと説明した。



支那の意向である「日本の脱原発と防衛力弱体化」のために、古賀茂明はテレビに出演して、テレビ(公共の電波)を利用し続けたいだけなのだ。

支那工作員にとって、テレビに出演できるかどうかの違いは非常に大きい。

工作員を雇っている支那にとっては、テレビに出演している奴は利用価値が高いが、テレビに出演できなくなった奴は利用価値が大きく下がる。

したがって、工作員にとっては、テレビに出演できればテレビ局から出演料を受け取る上に、雇い主である支那からも高額の宣伝工作料金を受け取ることになる。

逆に工作員がテレビに出演できなくなると、テレビの出演料をもらえなくなるだけではなく、雇い主である支那から受け取る宣伝工作料金も大幅に減額されることになる。

だから、古賀茂明は、テレビに出演し続けるために必死なのだ。

古賀茂明が支那工作員であることは、支那の意向である「日本の脱原発と防衛力弱体化」を執拗に宣伝しているだけでなく、支那によるチベット武力侵略や東トルキスタン武力侵略や南沙諸島などへの武力侵略などのことを棚に上げ、「中国は侵略はしていない。ビジネスや契約による進出しかしていない。かつて欧米が軍事力で植民地にしたのとは次元が違う。」という主張からも一目瞭然だ。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156085/2
古賀茂明氏が直言「改革せず戦争する安倍政権止める勢力必要」
2015年1月2日
古賀茂明氏が直言「改革せず戦争する安倍政権止める勢力必要」
(前略)
■日本の“平和ブランド”をなくす安倍首相

 外交安全保障でも今年は分岐点です。安倍首相は、軍事力によって、日本の利益を守るという考え方です。しかし、俯瞰して世界を見てみると、中国に対する抑止力は軍事力よりもビジネスなんです。中国は国際世論によって非難され、ビジネスができなくなることをむしろ恐れている。

 欧米は中国が世界中を侵略していると言いますが、それはビジネスや契約による進出であり、かつて欧米が軍事力で植民地にしたのとは次元が違う。例えばアフリカの人たちは、中国を親友とは思っていないけれど、ビジネスではパートナー。植民地時代の方が許せない、と思っています。

 そんな中で、安倍首相は日本の“平和ブランド”をなくそうとしている。集団的自衛権の行使を容認するための安全保障法制の見直しなど、15年春以降、そうした方向性を決定的にしていく。その先には憲法改正です。

「改革はしないけど戦争はする」安倍政権の暴走を止めるためには、「改革はするけど戦争はしない」新たな政治勢力が必要だと思います。



古賀茂明は、露骨であからさまな支那工作員だ。

古賀茂明が上記発言をした半年前にも、支那は南シナ海の西沙諸島で船をベトナム船に体当たりさせるなどの軍事行動をしたばかりだった。

支那による南モンゴル軍事侵略、東トルキスタン軍事侵略、チベット軍事侵略は、現在進行形で継続中だ。

古賀茂明は、テレビ出演が大幅に減れば、雇い主であるお支那様からも冷遇されてしまうと知っているから、死に物狂いでテレビ出演にしがみ付こうとしている。


(参考)
―――――――
1949年、支那は、東トルキスタン共和国を侵略
1951年、支那の人民解放軍がチベットに侵攻(侵略)、現地民数百万人を大虐殺
画像:1959年、支那軍に連行されるチベットの人々

1959年、支那はインドと国境紛争を起こし、カシミール地方を武力占領
1969年、支那は珍宝島でソビエト軍と衝突
1979年、支那がベトナムを武力侵略

1988年3月、南沙諸島における領有権をめぐり支那人民解放軍がベトナム海軍を攻撃(赤瓜礁海戦)し、支那人民解放軍が勝利支配する。
■動画
中国海軍の犯罪の証拠 : チュオンサ諸島における惨殺
http://www.youtube.com/watch?v=Gz_mo9lhe0E


2000年、支那の軍艦が日本列島を一周。支那が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

2004年、支那が沖ノ鳥島は岩であり日本の領海とは認めないと主張
同年、支那の原子力潜水艦が石垣島の日本の領海を侵犯

2005年、支那が沖縄の日本帰属に疑問を示し沖縄は歴史的に支那のものと主張
また、支那は、東シナ海のガス田で勝手に開発開始。

2010年3月、支那政府は米国に南シナ海を『自国の主権および領土保全と関連した「核心的利害」地域と見なしている』との立場を、公式に通知。

2010年9月7日、尖閣諸島沖の日本の領海で支那漁船が海上保安庁の巡視船に2回も体当たりをした。

2014年5月8日、南シナ海で、支那船がベトナム側の船に体当たり!放水銃を発砲!
南シナ海・西沙諸島付近で中国船がベトナム艦船と衝突 JNN中国船がベトナム側の船に体当たり!放水銃を発砲
■動画
南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突(14/05/08)
https://www.youtube.com/watch?v=izzHbdU4888
中国船の体当たり ベトナム、報道機関に映像配布 Vietnam releases video on S. China Sea clash
https://www.youtube.com/watch?v=-0k5-jl7FTM

―――――――




さらに、平成27年(2015年)1月23日、古賀茂明が暴走!

何度も後藤健二の映像を高値で買い取って使用していたテロ朝の「報道ステーション」では、1月23日(金)の放送で、古賀茂明が【I am not ABE】のプラカードを掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言し、自分たちの責任を棚上げし、滅茶苦茶な政権批判を展開していた。
テロ朝の「報道ステーション」では、1月23日(金)の放送で、古賀茂明が「【I am not ABE】のプラカードと掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言し、自分たちの責任を棚上げし、

テロ朝の「報道ステーション」では、1月23日(金)の放送で、古賀茂明が「【I am not ABE】のプラカードと掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言し、自分たちの責任を棚上げし、
1月23日放送テロ朝「報道ステーション」、古賀茂明が【I am not ABE】のプラカードと掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言

後藤健二が殺害されたことに重大な責任があるテレビ朝日「報道ステーション」による責任転嫁に悪乗りして、その後、首相官邸前などで【I am not ABE】のプラカードを掲げている馬鹿なプロ市民たちが多数出現したから、呆れるばかりだ。
I am not ABE

テロ朝の「報道ステーション」では、1月23日(金)の放送で、古賀茂明が「【I am not ABE】のプラカードと掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言し、自分たちの責任を棚上げし、

テロ朝の「報道ステーション」では、1月23日(金)の放送で、古賀茂明が「【I am not ABE】のプラカードと掲げたい」、「安倍首相は本音では武器輸出などをやりたい」などと発言し、自分たちの責任を棚上げし、
後藤健二が殺害されたことに重大な責任があるテレビ朝日「報道ステーション」による責任転嫁に悪乗りして、その後、首相官邸前などで【I am not ABE】のプラカードを掲げている馬鹿なプロ市民たち


左:『大嫌韓時代』桜井誠著(2014/9/24) (2014/11/2)
中:「イスラーム国の衝撃」池内恵著 (2015/1/20)

右:「歴史通増刊」【歴史を見ればこの国の正体がわかる 雑誌】(2015/1/21)佐々木益荒男…反日宣伝を狙った支那軍の人民虐殺(P183-195)

「古賀茂明は消えろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.