FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201502<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201504
三原じゅん子「八紘一宇は大切な価値観」・朝日新聞が八紘一宇について虚偽報道・GHQの歪曲主張
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






http://www.asahi.com/articles/ASH3J6R68H3JUTFK00N.html
三原じゅん子氏「八紘一宇は大切な価値観」予算委で発言
2015年3月16日21時09分、朝日新聞

 自民党の三原じゅん子参院議員(比例区・党女性局長)は16日の参院予算委員会の質問で、「ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇(はっこういちう)であります」と述べた。八紘一宇は「世界を一つの家とする」という意味で、太平洋戦争中、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた。

 三原氏は、企業の国際的な課税回避の問題を取り上げる中で「八紘一宇の理念のもとに、世界が一つの家族のようにむつみあい、助け合えるような経済、税の仕組みを運用することを確認する崇高な政治的合意文書のようなものを、安倍総理こそが世界中に提案していくべきだと思う」と語った。

 答弁した麻生太郎財務相は「八紘一宇は戦前の歌の中でもいろいろあり、メーンストリーム(主流)の考え方の一つなんだと思う。こういった考え方をお持ちの方が、三原先生の世代におられるのに正直驚いた」と述べた。


三原じゅん子 日本が建国以来大切にしてきた価値観「八紘一宇」
■動画
三原じゅん子 日本が建国以来大切にしてきた価値観「八紘一宇」
https://www.youtube.com/watch?v=TCtwwOw-ByI





>自民党の三原じゅん子参院議員(比例区・党女性局長)は16日の参院予算委員会の質問で、「ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇(はっこういちう)であります」と述べた。


『日本書紀』の第三、神武天皇の条に「掩八紘而爲宇」=「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)と爲(なさ)む」という言葉がある。

この「掩八紘而爲宇」は、やがて「八紘一宇」として使用されるようになった。

「世界人類が一家同様、すなわち親子兄弟のように平和親睦の交際をなす」、「四海にあまねく徳を広げ、他国との関係で徳を守る」という価値観だ。






>八紘一宇は「世界を一つの家とする」という意味で、太平洋戦争中、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた。


これは、朝日新聞の間違った解釈であり、事実に反する。

朝日新聞は、断定的表現をしているので、悪意ある虚偽報道だ。

大東亜戦争中においても、責任ある指導者たちは、「八紘一宇」について、飽くまでも上述したとおり「世界人類が一家同様、すなわち親子兄弟のように平和親睦の交際をなす」「四海にあまねく徳を広げ、他国との関係で徳を守る」という正しい解釈をしていた。

戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部=占領軍)は、何とか日本を侵略者(悪者)に仕立て上げようとして東京裁判を開いたが、日本が侵略者(悪者)であることを証明できなかった。

日本による侵略を立証できずに困ったGHQは、「八紘一宇」という言葉に飛びつき、東京裁判で「八紘一宇という言葉が、日本が侵略国であることの証拠」だと歪曲して主張した。

GHQは、「八紘一宇」のことを「『全世界を、天皇を頂点とした1つの国家に統一する』という意味だった」として、日本による侵略のスローガンだったと言い掛かりをつけた。

戦中は日本人の中にも、一部において「八紘一宇」を膨張(支配地域や領土拡大)のスローガンのように勘違いして使用した者がいたことも事実だ。

一部の日本人が「八紘一宇」について、膨張(支配地域や領土拡大)のスローガンのように間違って使用していたことについては、東京裁判で東条英機も認めている。

――――――――――
質問=初代天皇の言葉だという「八紘一宇」というスローガンがありますか?
東条英機=はい。あります。
質=それは日本軍国主義者と日本の膨張を望んでいた国民のスローガンだったのですか?
東条=そのように使われました。
質=満州事変前の1925年から1931年そして、その後もそのスローガンを唱え、日本がその通り、アジア、太平洋に膨張すべきだと信じていた陸軍将校たちがいたのですか?
東条=この思想は国民に誤解されました。実際は精神的な意味だったのです。四海にあまねく徳を広げ、他国との関係で徳を守るという精神的な意味で使ったのです。
質=貴方はそう言うが、多くの将校はそのスローガンに現実的、実用的意味を持ち込んで膨張するため、国民を政治的に抑え付け、支配するために利用した、実際はそうだったわけですよね。
東条=責任ある指導者たちはあくまでも精神的な解釈をしていた。ただ、一部に誤解をした人々がいたということです。
質=陸軍将校のうちの大きなグループが、実用的意味づけを行ったというわけですね。
東条=陸軍将校の一部も、その間違った解釈をしていたかもしれない。
諸国間の関係は徳を基礎として進められるべきだと理解していた。そういう意味です。
質=国際法も、その徳の線上にあるのですか?
東条=国際法を遵守するという観念も、その精神的解釈の中に含まれます。
質=日本が自分の勢力圏を持つには領土の分配が必要だ、そうすれば諸国民が幸福に暮らせる、ということではなかったのですか?
東条=そうではない。領土の問題ではない。日本と中国、日本と満州、日本とフィリピンといった関係があり、沢山の条約があった。領土とか主権の問題ではなかった。
質=あなたは諸国が精神的に国際法に従って生きるという、だが、その場合国際法の一部として1、諸国間の紛争はすべて、戦争によらず、友好的な話し合いと調停によって解決をしなければならない。2、条約の締結国はその条約の条件や規定に同意し、それに従って行動すべきこと、は含まれないのですか?
東条=この精神的解釈論では諸国は互いに助け合うことになる。理論上では争いは起きないだろう。実際にそうした関係がきちんと守られるならば、諸国は友好的に調停に服するだろう。我々は多数の諸国と条約を結んだ、それを守らなかったのは、他の国々の方だ。
東条英機 東京裁判
(東京裁判)
――――――――――


このように、大東亜戦争中においても、責任ある指導者たちは、「八紘一宇」について、飽くまでも「世界人類が一家同様、すなわち親子兄弟のように平和親睦の交際をなす」「四海にあまねく徳を広げ、他国との関係で徳を守る」という正しい解釈をしていた。

したがって、朝日新聞記事の【八紘一宇は「世界を一つの家とする」という意味で、太平洋戦争中、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた。】は、完全な虚偽報道だ。


▼証拠▼
――――――――――
七、四十五代聖武天皇天平十二年(西暦紀元七百四十年)の詔書には「八荒に君臨す」とあり、五十代桓武天皇延暦二十二年(西暦紀元八百三年)の詔書には「八紘を臨馭す」とあり(中略)。初めはいづれも国内の四方八方、隅々までを指したものであります。然るに段々海外列国との(改段)交通が開けますと共に之を概念的に解釈して、世界人類が一家同様、即ち親子兄弟のやうに平和親睦の交際を為すと云ふ意味に用い、殊に近年八紘為宇と云はずして八紘一宇と云ふ熟語と用ふるやうになつたのは、益々此の意味を裏付けるものでありまして、同義語として四海一家、又は宇内一家、四海同胞、又は世界同胞等の熟語も流行するに至つたのであります。

482頁
(川田瑞穂の宣誓供述書)より。
東京裁判資料刊行会編『東京裁判却下未提出弁護側資料(第一巻』(平成七年二月)

――――――――――


結局、東京裁判でGHQは、「八紘一宇」という言葉をもってしても、日本を侵略国だと立証することができなかった。

それどころか、「八紘一宇」は、「日本が平和親睦の交際を目指し、他国との徳(条約)を守る」という意味で使われ、実際に日本がそのとおりに行動していた証拠の一つとされた。

ところが、GHQが言いがかりとして主張した「八紘一宇」のウソ解釈は、戦後今日に至るまで、左翼学者や今回の朝日新聞のような反日マスゴミなどによって事実に反する解釈が維持され、史実に反する歴史認識が流布され、悪用され続けている。

国語辞典にも、「第二次大戦中,大東亜共栄圏の建設を意味し,日本の海外侵略を正当化するスローガンとして用いられた。 」と大嘘が記載されている。


その結果、現在においても、反日マスコミや日教組教育に洗脳された多くの日本国民が、「八紘一宇という言葉は、『全世界を、天皇を頂点とした1つの国家に統一する』という戦前・戦中の侵略のスローガン(標語)だった」と間違った認識をしたままになっている。

しかし、「八紘一宇」の本当の意味は、戦前も戦中も戦後も、「世界人類が一家同様、すなわち親子兄弟のように平和親睦の交際をなす」「四海にあまねく徳を広げ、他国との関係で徳を守る」だ。

大東亜戦争中も、一部を除き、日本の責任ある指導者たちは、「八紘一宇」について、きちんと本来の意味どおりに解釈して実践していた。






>答弁した麻生太郎財務相は「八紘一宇は戦前の歌の中でもいろいろあり、メーンストリーム(主流)の考え方の一つなんだと思う。こういった考え方をお持ちの方が、三原先生の世代におられるのに正直驚いた」と述べた。


麻生太郎財務相が答弁の中で説明していた「宮崎県にある塔」というのは、宮崎市の平和台公園にある【平和の塔】(八紘之基柱、八紘一宇の塔)のことだ。

宮崎市の平和台公園には、秩父宮殿下による書『八紘一宇』が刻まれた【平和の塔】(八紘之基柱、八紘一宇の塔)がある。

宮崎市の平和台公園には、秩父宮殿下による書『八紘一宇』が刻まれた【平和の塔】(八紘之基柱、八紘一宇の塔)がある。


(参考)
漢字4文字分の発言を国会ですると炎上する日本www【八紘一宇】
■動画
漢字4文字分の発言を国会ですると炎上する日本www【八紘一宇】
https://www.youtube.com/watch?v=1idm-dGc-ro




左:『朝日新聞「大崩壊」の真相 なぜ「クオリティペーパー」は虚報に奔ったのか』西村幸祐著 (2014/11/2)
中:「イスラーム国の衝撃」池内恵著 (2015/1/20)

右:「歴史通増刊」【歴史を見ればこの国の正体がわかる 雑誌】(2015/1/21)佐々木益荒男…反日宣伝を狙った支那軍の人民虐殺(P183-195)

「朝日新聞は虚偽報道やめろ!馬鹿国民は勉強しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.